ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える手順と注意点とは|2社を徹底比較

近年は、月々の料金がお得な格安スマホが登場しています。このうちワイモバイルの場合、Tポイントの付与などお得な特典やキャンペーンが充実しています。ここでは、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える手順と注意点について解説していきます。
BIGLOBEmobile20190724_desc ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える手順と注意点とは|2社を徹底比較

近年は、月々の料金がお得な格安スマホの登場によって、大手キャリアからの乗り換えを検討している人も多い傾向にあります。

また、ワイモバイルの場合、Tポイントの付与やYahoo!プレミアムに無料で入会できるなど、お得な特典やキャンペーンが充実しています。また、ワイモバイルはソフトバンクのサービスであるため、他の格安スマホサービスと比較し通信速度も早く、サービスもかなり充実しています。

本記事では、さらにお得にスマホを利用したいという方向けに、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える手順と注意点について解説していきます。

ワイモバイルとソフトバンクの違いは?2社を徹底比較

ここでは、ワイモバイルとソフトバンクの比較を行っていきます。

データ容量|「お得」に「大容量」ならワイモバイル

まずはワイモバイル・ソフトバンクのデータプランについてそれぞれまとめていきます。

ソフトバンクのデータ料金プラン

料金プラン 月額料金/データ量
ウルトラギガモンスター+ 5,980円/50GB
ミニモンスター 2,480円/1GBまで
4,480円/1GB超2GBまで
5,980円/2GB超5GBまで
6,980円/5GB超

ワイモバイルのデータ料金プラン

料金プラン 月額料金
スマホベーシックプラン S 1,980円/4GB
スマホベーシックプラン M 2,980円/12GB
スマホベーシックプラン R 3,980円/17GB

比較して分かる通り、料金プランについては圧倒的にワイモバイルがお得かつシンプルとなっています。

とにかく大容量のデータを使用したい、あるいは1GBの通信ぐらいしかスマホを使用しない、という方にとってはソフトバンクの方がお得かもしれませんが、ほとんどのパターンでワイモバイルの料金プランの方がお得になるでしょう。

また、ソフトバンクについてはこの料金に300円のインターネット使用料金がつくなど、別途料金が必要になりますがワイモバイルは必要ありません。とにかくお得にスマホを使用したいという方はワイモバイルを選択するべきでしょう。

ワイモバイルのお申し込みはこちら

BIGLOBEmobile20190724_incontent

通話サービス|ワイモバイルは10分間までの通話が無料

続いて、ソフトバンクの通話料金について見ていきましょう。

オプション名 月額料金 オプション内容
オプション未加入 通話30秒ごとに20円
準定額オプション 月額500円 1回5分以内の国内通話が無料
定額オプション 月額1,500円 国内通話無料

audocomoといった他キャリアと比べても、通話料金については高くも安くもありません。

一方で、ワイモバイルは「スマホプランS/M/L」に10分間の国内通話無料オプションが既に付いています。10分を超過すると、ソフトバンクと同じく30秒につき20円の通話料金が別途かかります。

さらに、「スーパーだれとでも定額」(月額1,000円)に加入すれば他社を含めたすべての端末への国内通話が無料になります。通話機能をかなり重要しているユーザーでも安心してワイモバイルに乗り換えることが可能です。

先述の通り、ワイモバイルの料金はソフトバンクよりもはるかに抑えられている一方で、通話オプションなどについてはかなり充実しています。いわば、「ソフトバンクよりも安いソフトバンク」のようなものでしょう。

もちろん、データの上限量など、ソフトバンクが優れている点も多数ありますが、「料金を抑えたい」「ほどほどに通話機能を使いたい」「データ通信もしっかり使いたい」という方はソフトバンクよりワイモバイルの方が合っているかもしれません。

ワイモバイルのお申し込みはこちら

Y!mobileのお申込みはこちら

対応機種|最新iPhoneならソフトバンク

比較の最後に、ソフトバンクとワイモバイルで使える機種について確認してみましょう。

当然、ソフトバンクについては現在発売中の機種が使えるのですが、今回は例としてソフトバンクオンラインショップで購入できるiPhoneとその値段を表にしてまとめてみました。

機種名 容量:値段
iPhone XR 64GB:¥106,560
128GB:¥112,800
256GB:124,800
iPhone XS Max 64GB:¥149,760
256GB:¥168,600
512GB:¥192,960
iPhone XS 64GB:¥136,800
256GB:¥155,040
iPhone X 64GB:¥109,440
256GB:¥127,680
iPhone 8 Plus 64GB:¥98,160
256GB:¥116,640
iPhone 8 32GB:¥86,400
256GB:¥104,640

また、ソフトバンクでは2019年9月に出ると予想されている新型iPhoneも発売すると考えられます。最新端末をお得に手に入れられるので、より新しいiPhoneを使いたい方はソフトバンクオンラインショップで購入するのがよいでしょう。

一方、ワイモバイルで使用できる端末は以下の通り。

機種名 機種代金
iPhone7 33,696円~
iPhone 6s 実質0円
iPhone SE 実質0円

ワイモバイルではキャンペーンなどを利用すると機種代金が実質0円になる端末があるなど、ソフトバンクと比較すると非常に安価でiPhoneを利用することが可能です。

また、モデルは旧式になりますが、その他Androidのモデルなども充実しています。「最新機種でなくてもいいので、とにかく携帯料金を安くしたい」という方はワイモバイルを選択するべきでしょう。

ワイモバイルのお申し込みはこちら

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるメリット

大手キャリアのソフトバンクから格安スマホのワイモバイルに乗り換えた場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

月々の料金がお得になる

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合、料金が安くなることが最大のメリットだといえるでしょう。ソフトバンクとワイモバイルの同等の料金プランを基準として比較してみましょう。

ソフトバンクの基本料金は、「通話基本プラン+準定額オプション」を選択し、データ定額料については、使った分だけ料金を支払う「ミニモンスター」の3GB分を選択します。一方のワイモバイルは、「スマホプランS」を選択しています。

基本料金だけを比較すると1年目は、約2,000円と同じ価格ですが、2年目以降はソフトバンクの方が安い価格で設定されています。

しかし、ソフトバンクはデータ定額量をつけると5,980円別途かかり、データ定額料の有無で月々の合計金額に差が生じることがわかります。

同じソフトバンク回線を使用している「LINEモバイル」や「nuroモバイル」と比較すると、ワイモバイルよりも月々の料金が安く設定されています。

ソフトバンク店舗で契約できる

格安スマホの場合、大手キャリアと比べると実店舗が少ないという特徴があります。その理由としては、人件費や家賃などをコストカットしていることが挙げられます。

その分オンラインストアで簡単に契約できるため、店舗に出向いて長い待ち時間を迎えることなく、自分のペースで手続きできるというメリットがあります。

なお、ワイモバイルは、ソフトバンクのグループ会社であるため、ソフトバンクの店舗でワイモバイルの取扱いが広がりつつあります。

Yahoo!プレミアムに無料で入会できる

Yahoo!プレミアムとは、Yahoo!ショッピングなどのコンテンツをお得に利用できる会員サービスのことで、通常であれば月額462円の支払いが必要です。

しかし、ワイモバイルのユーザーになると、月額462円のYahoo!プレミアムに無料で入会できるというメリットがあります。Yahoo!プレミアムの会員になると、コンビニの新商品が抽選で当選したり、10,000冊以上の電子書籍が読み放題になるサービスなど、特典が盛りだくさんです。

また、普段からYahoo!ショッピングを利用している場合、ポイントアップキャンペーン期間でなくても5倍になり、10日や15日などの0や5がつく日には、さらにポイントがアップするのでお得なショッピングが楽しめます。

お得な「Enjoyパック」

ワイモバイルのユーザーで、ワイモバイルが指定する料金プランに契約している場合、月額500円で「Enjoyパック」に加入できます。

この「Enjoyパック」に加入すると、Yahoo!ショッピングで使える500円クーポン・パケット500円分・Yahoo!ショッピングなどの利用でポイントが最大12倍というお得な特典を受けることができます。

また、加入の初回月に関しては月額500円が無料になるため、さらにお得です。なお、Yahoo!ショッピングで使える500円クーポンとパケット500円分は、毎月受け取れます。

ワイモバイルの加入を検討している方は、実質0円でEnjoyパックに加入する方法14時認しておきましょう。

ソフトバンクが設置するWiFiが無料

ワイモバイルのユーザーになると、ソフトバンクが設置しているWiFiスポットを無料で利用できます。WiFiのサービスエリアは幅広く、主要駅やカフェなど様々です。

また、ソフトバンクが設置するWiFiスポットは日本でもトップクラスであるため、出張や旅行の際にも便利です。なお、契約している料金プランや端末によって接続具合が異なり、現在は、「0001」・「0002」・「mobilepoint」という3種類のアクセスポイントのみを採用しています。

SIMカードの契約でお得な特典

ワイモバイルでは、端末を購入しない場合、SIMカードのみの契約ができます。SIMカードのみを契約すると、以下のようなお得な特典を受けることができます。

ワイモバイルでは、他社からワイモバイルに乗り換える人でキャンペーンページから申し込みした人を対象として、10,000円を還元するキャンペーンを開催しています。

なお、このキャンペーンは、店舗では受け付けておらず、Webで契約することが条件となっています。

データ増量が無料

ワイモバイルでは、他社からの乗り換えで契約した人を対象として、データ増量オプションの月額料金500円が、24カ月無料になるキャンペーンを実施しています。

なお、対象となる料金プランは、スマホプランS・M・Lの3種類で、2017年9月1日から現在も継続して実施されています。

ワイモバイルのお申し込みはこちら

実際にワイモバイルに乗り換えた人の口コミと評判

続いて、実際にワイモバイルに乗り換えた人の口コミと評判を見ていきましょう。

いい評判|値段、通信速度、使い心地

こちらのユーザーは格安スマホにありがちな通信トラブルとも無縁かつ安くスマホを利用できるということで、継続してワイモバイルを使用しているそうです。

こちらのユーザーもSoftbankからY!mobileにMNPで乗り換えたということです。使い勝手はソフトバンクからほとんど変わらないということで、早く乗り換えなかったことを後悔しているとのことです。

悪い評判|通信速度が遅い時がある

ワイモバイルの通信速度に問題があるとの口コミも寄せられています。しかし、ワイモバイルはソフトバンク回線を使っている関係上、格安SIMの中では通信速度についてはかなり整っています。どうしてもお昼時や人が多いエリアなどで携帯を使用する際、通信速度が遅い時はワイモバイルの速度が遅いときの対処法を試してみましょう。

ワイモバイルのお申し込みはこちら

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える手順

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合、ワイモバイルがソフトバンクのグループ会社であることから、ソフトバンクの店舗のみで解約と契約を同時に行えるというメリットがあります。

契約方法の選択

ワイモバイルには、ユーザーに合わせて2つの契約方法を展開しています。ワイモバイルに乗り換える前に、以下の契約方法のどちらを選択するか検討しましょう。

回線のみの契約

現在使用している端末や、自分で端末を準備する場合、回線のみの契約をします。この場合は、SIMカードを端末にセットすることになるため、SIMカードのサイズをあらかじめ確認しておくようにしましょう。

端末の購入とセットで契約

ワイモバイルの契約と同時に端末を購入する場合、端末の購入とセットで契約します。ワイモバイルでは、iPhoneとandroidの両方を取り扱っており、新品を手に入れることができます。

ソフトバンクにMNPの申請

ワイモバイルの契約方法を検討後は、現在契約しているソフトバンクにMNPの申請をします。この手続きは、ソフトバンクの店舗か電話にて受け付けています。

なお、MNPを申請すると、MNP転出手数料として3,240円かかり、契約の更新月以外では、違約金がかかるので注意が必要です。また、他社の大手キャリアでは、これらの方法以外にWebで申請できる方法を設けていますが、ソフトバンクには設けられていないことがデメリットです。

MNPの申請後、MNP予約番号が発行され、この予約番号をワイモバイルの契約時に提示することになります。

ワイモバイルで契約手続き

ワイモバイルの契約は、店舗とオンラインストアのどちらかで手続きできます。なお、ワイモバイルの店舗は、全国に約1,000店舗と少なめですが、ソフトバンクの店舗で手続きできる場合もあります。

店舗の場合

ワイモバイルの契約を店舗でする場合、ソフトバンクで発行されたMNP予約番号・免許証などの本人確認書類・印鑑が必要です。また、月々の料金をクレジットカードで支払う場合は、本人名義のクレジットカードも持参します。

Webの場合

ワイモバイルの契約をオンラインストアでする場合、ソフトバンクで発行されたMNP予約番号が必要です。なお、免許証などの本人確認書類については、スマホのカメラで撮影したものなどをアップロードできる仕組みとなっています。

また、支払い方法によっては、本人名義のクレジットカード・通帳が必要です。

回線の切り替え

ワイモバイルと契約後、契約時に記入した住所宛てに、数日間を経てSIMカードや端末が届きます。なお、回線を切り替える前に、データの移行準備などを忘れないようにしておきましょう。

回線の切り替えは、SIMカードなどが届いた翌日までに自動で切り替えられますが、自分で切り替えたい場合は、サポートセンターに問い合わせるとよいでしょう。

また、これまでに契約していたソフトバンクの解約については、ワイモバイルに回線が切り替えられたと同時に自動で解約という運びになるので安心です。

ワイモバイルのお申し込みはこちら

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える時の注意点

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える場合、MNP予約番号の有効期限やSIMロックを予め解除しておくなど、以下のようにさまざまな注意点があります。

ワイモバイルは格安スマホという立場であるため、基本料金が1,980円という低価格を実現しています。この料金は、加入翌月から1年間という期限付きで基本料金が1,000円割引されます。

そのため、2年目以降は基本料金が2,980円と大幅に料金がアップするので注意が必要です。したがって、スマホをほとんど利用しない場合、大手キャリアでもほとんど料金が変わらないというケースもあります。

端末のSIMロックは解除が必要?

2015年5月以降に発売された端末は、原則としてSIMロックが解除できることになっています。また、2019年9月からは、中古端末でもSIMロック解除が義務化され、ユーザーの選択肢はより広くなるといえます。

しかし、所有している端末を利用してワイモバイルで契約する場合、端末のSIMロックを解除しなければなりません。SIMロックの解除方法については、ソフトバンクで購入した端末の場合、店舗とオンラインのどちらかで手続きできます。

ただし、SIMロックを解除する場合、解除手数料が発生し、端末によって手数料や解除方法が異なるので注意が必要です。

MNPには有効期限ってあるの?

MNP予約番号には、予約してから15日間という有効期限があるので注意が必要です。そのため、オンラインストアでワイモバイルの契約をする場合、審査に時間を要するため、早めに手続きすることをおすすめします。

また、契約時に入力間違いや記載間違いがあると、手続きがスムーズに進まない可能性があるので、きちんと確認するようにしましょう。

SIMカードのサイズってどうやって選ぶの?

SIMカードには、標準・micro・nanoという3種類があります。また、端末によってSIMカードのサイズは異なるため、使用予定の端末に合うサイズを選択する必要があります。

なお、SIMカードのサイズは、端末の本体に型番の記載がある場合もありますが、端末を販売しているメーカーの公式サイトなどで確認してもよいでしょう。

ワイモバイルのお申し込みはこちら

店舗でMNPの予約とワイモバイルの契約を同時にしよう

ワイモバイルは、ソフトバンクのグループ会社であるため、ソフトバンクのWiFiスポットが無料で使えたり、通信環境が安定しているなど、グループ会社ならではのメリットがあります。

また、他社の格安スマホに乗り換える場合、全く異なる会社となるため、別の店舗に出向くケースがほとんどです。

しかし、ワイモバイルの場合、ソフトバンクの店舗でも契約できるなど、店舗を渡り歩く必要がないので便利です。

さらに、ワイモバイルのキャンペーンや特典は充実しているため、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて、お得で充実したスマホライフを手に入れましょう。

ワイモバイルのお申し込みはこちら

  Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2020年03月12日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。