ワイモバイル

ワイモバイルのSIMカードを差し替える方法と初期設定|iPhone・Android別

ワイモバイルでは対応しているSIMカードは2種類です。端末にSIMカードのみ差し替えを行う場合はどのような手順で、差し替え後にどのような初期設定を行い、作業中は何に注意すればよいのか解説します。ワイモバイルで格安SIMフリースマホを考えている方は必読です。
ワイモバイル ワイモバイルのSIMカードを差し替える方法と初期設定|iPhone・Android別

ワイモバイルではいくつかのiPhoneを販売していますが、販売されていないiPhoneは使えないのでしょうか。

結論からいうと、ワイモバイルで販売しているiPhone以外も使えます。しかし、使えるようにするにはSIMロックの解除、またはSIMフリー版の端末を購入する必要があります。

2022年9月に新型のiPhone 14の発売が予定されており、iPhone 14を買うと同時にワイモバイルを利用したいという方もいるのではないでしょうか

そこでこの記事ではワイモバイルでiPhoneを使用する方法と、動作確認のとれているiPhoneについて詳しく説明しています。

ワイモバイルでiPhoneを利用したいという方はぜひ参考にしてください。

ワイモバイルでiPhoneを使用する方法

ワイモバイルでiPhoneを使う方法は2つあります。

1つはワイモバイルで契約するときにセット購入する方法、もう1つは手持ちのiPhoneをそのまま使用する方法です。

ワイモバイルでiPhoneをセット購入する

ワイモバイルの契約時にiPhoneをセットで購入して使う方法があります。ワイモバイルで取り扱っている機種のみセット購入が可能です。

月々の料金プランと、iPhoneの代金の支払い方法を選んで契約します。端末の代金は一括、または36回か24回の分割を選べます。

ワイモバイルで現在取り扱っている機種は次の通りです。

機種 データ容量 価格
iPhone 12 64GB 111,600円(税込)
iPhone 12 128GB 119,520円(税込)
iPhone 12 256GB 135,360円(税込)
iPhone 12 mini 64GB 71,280円(税込)
iPhone 12 mini 128GB 76,320円(税込)
iPhone 12 mini 256GB 100,080円(税込)
iPhone SE(第3世代) 64GB 73,400円(税込)
iPhone SE(第3世代) 128GB 81,360円(税込)
iPhone SE(第3世代) 256GB 99,360円(税込)

iPhone 14/iPhone 14 Prp発売時期

appleのイベントが9月8日(現地時間の9月7日)に行われることが決定しました。例年通りのスケジュールだと、iPhone14/インバータ対応14 Proの発表がそこであり、そのまま9月9日に予約開始、9月16日に発売開始ではないかと予想されています。

ただ、ワイモバイルでは、「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone SE(第3世代)」の販売はされていますが、「iPhone13」シリーズの販売はされていません。このことから、iPhone14シリーズがワイモバイルで購入することができるのはまだ先だと予想されます。

iPhone 14/iPhone 14 Pro発売価格

新型iPhoneの発売と同時に気になるのが、新機種の価格なのではないでしょうか。

こちらも正確な情報はまだ出ていませんが、iPhone13と価格据え置きではないかと考えられています。

iPhone 14の予想価格は以下の通りです。

(税込) 128GB 256GB 512GB 1TB
iPhone 14 98,800円 110,800円 134,800円
iPhone 14 Max 110,800円 122,800円 134,800円
iPhone 14 Pro 122,800円 134,800円 158,800円 182,800円
iPhone 14 Pro Max 134,800円 146,800円 170,800円 194,800円

ちなみに、iPhone13の価格は下記の表の通りです。(Apple Store価格)

iPhone13 99,800円(税込)~
iPhone13Pro 144,800円(税込)~

現在の世界的半導体不足を鑑みると、値上がりするかもしれません。

また、アメリカドルでは価格据え置きかもしれませんが、現在のかなりの円安状況を照らし合わせると、日本円で購入する際は値上がりしている可能性も大いにあります。

公式発表されるまで分かりませんが、値上がりすることは十分に考えられます。

SIMフリーのiPhoneにワイモバイルのSIMを入れる

すでにiPhoneを持っている場合、ワイモバイルでSIMカードのみの契約を行い、SIMカードを交換するとそのまま利用可能です。

ただし、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアで購入したものだと、SIMロックがかかっている可能性があります。その場合、そのままでは使えないので、SIMロックの解除を行う必要があります。

ドコモ・au・ソフトバンク別のiPhoneSIMロック解除方法については、こちらをご覧ください。

また、SIMロック解除を行った場合や、中古スマホを購入して格安SIMを利用するときには、APN(アクセスポイントネーム)と呼ばれる、インターネットへの接続先を指定する設定が必要になります。

詳しくは、ワイモバイルの初期設定・APN設定手順をまとめた記事を参考にしてください。

ワイモバイルで動作確認済のiPhone

ワイモバイルで動作確認のとれている機種は次の通りです。

機種名 本体モデル番号 使用可否
iPhone SE(第3世代) A2595
iPhone 13 A2631
iPhone 13 mini A2626
iPhone 13 Pro A2636
iPhone 13 Pro Max A2641
iPhone 12 mini A2398
iPhone 12 Pro Max A2410
iPhone 12 Pro A2406
iPhone 12 A2402
iPhone SE(第2世代) A2296
iPhone 11 Pro Max A2218
iPhone 11 Pro A2215
iPhone 11 A2221
iPhone XS Max A2102
iPhone XS A2098
iPhone XR A2106
iPhone X A1902
iPhone 8 Plus A1898
iPhone 8 A1906
iPhone 7 Plus A1875
iPhone 7 A1779
iPhone SE A1723
iPhone 6s Plus A1687
iPhone 6s A1688
iPhone 6 Plus A1524
iPhone 6 A1586
iPhone 5s(SIMフリー版) A1453
iPhone 5c ×
iPhone 5 ×

iPhone 5s以降のモデルはSIMフリーに対応しています。iPhone 5c、iPhone 5はSIMフリーではないのでワイモバイルでは使用できません。それ以前のiPhoneは、SIMフリー版ではないので使用不可です。

また、ソフトバンクで契約していたiPhoneでも、ワイモバイルでのSIMカードを使うためにSIMロック解除が必要です。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

iPhone 14はどのようなスペックになる?

iPhone 14は、どのような新機能が搭載され、機能性が上がるのでしょうか。

新機種が発売される前は、さまざまな憶測がネット上で飛び交い、それを上回るスペックのiPhoneが発売されることも過去には何度かありました。

ここからは、現在、噂されているiPhone 14のスペックを紹介していきます。

iPhone 14のディスプレイ

こちらも詳細な発表はありませんが、iPhone 14とiPhone 14 Proのディスプレイのサイズは前作同様6.1インチとみられています。

しかし、iPhone14Proは常時点灯ディスプレイが搭載されるとの情報があります。これは、Apple Watchと同じようにスリープ状態でも時計などを薄い文字盤で映し続ける機能のことです

しかし、この機能はiPhone14Proのみ搭載されるとの噂です。

iPhone 14のカメラ

iPhone 14 Proのカメラはさまざまな性能が向上するといわれています。

まず、画素数が4,800万画素にアップします。画素数がアップすると、解像度が上がりますが、画質自体は落ちてしまう可能性があります。

そのため、ピクセルビニング技術も同時に搭載し、受講部の面積を大きくすることも予想されています。

また、望遠レンズが進化するのではないかとの情報もあり、ますますiPhoneのカメラ機能は向上する見込みです。

iPhone14のCPU

iPhone14のCPUはiPhone13と同じようにA15のままなのではないかとみられています。

しかし、iPhone14ProはA16になると噂されています。

CPUはパソコンにも搭載されており、その機器の計算能力や処理スピードに関わるため、非常に重要な検討要素になります。

ディスプレイやカメラなど、iPhone 14 Proのみ性能が上がることが多いですが、iPhone Proモデルは上位モデルなので、仕方ないかもしれません。

こちらの記事では、iPhone 14の最新情報について更に詳しく解説しています。気になる方はぜひチェクしてみてください。

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイルでは「シンプルS/M/L」として3種類の料金プランが用意されています。

※ここで紹介する速度は、あくまで理論値です。お住まいの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

プラン名 シンプルS シンプルM シンプルL
データ通信容量 3GB 15GB 25GB
月額料金(税込) 2,178円 3,278円 4,158円
割引後
月額料金(税込)(※)
990円 2,090円 2,970円
速度制限時の
通信速度
最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps

※家族割引サービス適用時

この基本使用料金に、iPhoneをセット購入し、分割払いにした場合には端末代金が追加されます。

シンプルMとシンプルLはデータ容量超過した場合でも最大速度が1Mbpsなので、LINEなどでテキストメッセージの送受信や、Skypeなどのアプリを使って通話、画像や動画の少ないWebページの閲覧も可能です。

以下の記事では、ワイモバイルの新料金プランについて詳しく解説しています。ワイモバイルでiPhoneを使いたい方は、こちらもあわせてご一読ください。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

端末をSIMロック解除してワイモバイルで使用する方法

手持ちの端末にSIMロックがかかっている場合、SIMロック解除をしてから、ワイモバイルで利用するためにAPN設定を行います。

  1. MNP予約番号入手
  2. iPhoneのSIMロック解除
  3. ワイモバイルで契約
  4. ワイモバイルのSIMカードを差し込む
  5. APN設定

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)予約番号は、現在使っている携帯会社に申請して取得します。現在契約しているのがソフトバンクの場合は、MNP予約番号は必要ありません。

iPhoneのSIMロックが解除されていない場合は、契約中のキャリアでSIMロック解除を行いましょう。

ワイモバイルではSIMのみの契約を行い、SIMカードが届いたら、Wi-Fi環境のある場所でAPN設定を行います。

iPhoneの電源がオフになった状態でSIMカードを差し込んでください。

電源を入れて、ワイモバイルの専用ダウンロードページから、プロファイルをインストールします。インストールが終わったら、Wi-Fiを切断してワイモバイルでモバイル通信ができるか確認してください。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

eSIMの設定方法

eSIMとは、携帯会社を乗り換える際などに、スマホにデータをダウンロードすることで簡単に乗り換えることができる新しいSIMの形です。

従来は現在使用しているスマートフォンを利用しながら他の携帯会社に乗り換える場合、SIMカードに取り替えなければなりませんでした。

面倒な作業なのですが、eSIMに対応している携帯会社であれば、それらの作業が無いため、非常に便利です。

それでは、eSIMに対応している場合、どのように設定すれば良いのでしょうか。ここからは、eSIMの設定方法について解説していきます。

申し込み方

eSIMの申し込みは、店頭に行かなくても完結できます。eSIMの申し込み方法は以下の通りです。

eSIMの設定方法

  1. ワイモバイルのオンラインストアにアクセス
  2. 「メニュー」から「アクセス」をタップ
  3. 「eSIM」を選択
  4. 自分に合ったプランとオプションを選択
  5. 契約者情報を入力していく
  6. 本人確認書類をアップロード
  7. 同意事項に同意し、申し込み完了

本人確認書類などに不備があると、時間がかかってしまったり、再度申し込みをし直さなければならないため注意しましょう。

オンラインでの設定方法

オンラインでも簡単に設定できるのがeSIMaの便利なところです。

まず、申し込み完了後、メールが届きます。メールに記載されているURLをクリックし、ワンタイムパスワードの受け取り方を設定してください。

メールアドレスか音声通話によって、ワンタイムパスワードを受け取ることが可能です。

ワンタイムパスワードは6桁であり、そのパスワードを入力すればQRコードが表示されます。

QRコードを読み取り、モバイル通信プランを追加をクリックします。

「設定」から「モバイル通信」に進み、「モバイル通信プラン」が追加されたことを確認してください。追加されていれば、回線の切り替え手続きをeSIM利用開始のお手続き画面の案内に従って行いましょう。

15分程度で切り替えが完了できるので、携帯電話を再起動すれば設定完了です。

ワイモバイルの最新キャンペーン

こちらからは、ワイモバイルの最新キャンペーンを紹介します。

対象スマホがお得!大特価スマホセール

  • 特典:対象スマホの機種代金から割引
  • 条件:ワイモバイルオンラインショップで対象スマホを購入する

ワイモバイルでは、オンラインショップから購入すると対象スマホから割引されるお得なキャンペーンを実施しています。対象スマホは、以下の通りです。

対象スマホ 割引適用後
販売価格(税込)
Xperia Ace III 31,680円
4,320円
Libero 5G II 21,960円
1円
AQUOS wish2 21,960円
1,980円
OPPO Reno7 A 37,800円
15,120円
iPhone SE(第3世代)
[64GB]
73,440円
51,840円
もっと見る
iPhone 12
[64GB]
111,600円
90,000円
AQUOS wish 21,960円
1円
かんたんスマホ2+ 31,680円
9,800円
Android One S9 36,000円
1円
Android One X5 54,000円
18,000円

コスパ抜群の最新機種が対象なので、機種変更を検討している方は必見です。

【ワイモバイル】詳細はこちら

最大13,000円相当のPayPayボーナス

  • 期間:2022年7月1日~
  • 特典:PayPayポイント最大13,000円相当プレゼント
  • 条件:エントリー&乗り換え(MNP)・新規でシンプルS/M/Lを契約

ワイモバイル契約で、最大13,000円相当のPayPayポイントがもらえるキャンペーンを開催中です。

SIM/eSIMへ申し込みをすると10,000円相当プレゼントされ、さらに申し込み前にエントリーすることで、最大3,000円相当を追加で受け取れます。

もらえる特典額はプランによって異なり、シンプルSが最大3,000円相当、シンプルMが最大10,000円相当、シンプルLが最大10,000円相当となっています。

シンプルS シンプルM シンプルL
他社回線からの乗り換え 3,000
ポイント
10,000
ポイント
10,000
ポイント
新規契約 - 6,000
ポイント
6,000
ポイント

PayPayポイントの付与時期は、開通月の翌月末を予定しています。

いずれも日にちや曜日に関係なく毎日もらえるチャンスがあるので、ぜひこの機会にワイモバイルを検討してみましょう。

【ワイモバイル】詳細はこちら

ワイモバイルで契約中のiPhoneを修理する方法

ワイモバイルで契約したiPhoneが万が一故障した場合の修理先について説明します。

ワイモバイルではなくApple正規店で対応可能

ワイモバイルで契約したiPhoneが故障した場合に修理してもらうのはApple正規店になります。ワイモバイルではiPhoneの修理ができません。

Apple Storeで予約して修理に出すか、全国に100店舗以上あるApple正規サービスプロバイダで相談しましょう。

購入から1年間の製品保証がついているので、その1年間に起きた自然故障については無償で対応してくれます。

ワイモバイルでAppleCare+も加入可能

ワイモバイルでiPhoneを契約した場合もAppleCare+に加入できます。

加入すると修理保証とテクニカルサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます。ただし加入できるのはiPhone購入日当日のみです。

また、ワイモバイルが提供している「故障安心パックプラス」との併用はできません。

自然故障なら代替機を貸してもらえる

iPhoneの修理の際、自然故障で、Apple正規店に持ち込みで修理依頼した場合には代替機の貸し出しを行っています。

しかし、ディスプレイが割れて交換するなどの有償修理になった場合や配送修理では代替機の貸し出しを行っていない場合もあります。

AppleCare+に加入している場合には、サービス内容に「エクスプレス交換サービス」という、交換サービスがあります。

詳細

楽天モバイルのiPhoneに関するQ&A

最後に楽天モバイルのiPhoneに関するよくあるQ&Aを紹介していきます。

こちらはよく質問される項目でもありますので、最後に確認しておきましょう。

SIMフリースマホなのに電波がつながらない

SIMフリースマホなのに電波がつながらないAPNの設定がうまくできていない可能性があります。まずは、APN設定を見直しましょう。

また、構成プロファイルがダウンロードされていないこともあります。Wi-Fiもしくはモバイルデータ通信でインターネットに接続して、ワイモバイルのAPN設定用の構成プロファイルをダウンロードしましょう。

メールの設定方法は?

iPhoneでメールアドレスを設定する際、アプリによってメールアドレスの形式が異なります。設定できるアプリとその形式は以下の通りです。

アプリ アドレスの形式
メール @yahoo.ne.jp
MMS @yahoo.ne.jp
SMS 携帯電話番号
iMessage 携帯電話番号
Apple ID

ワイモバイルならほとんどのiPhoneが使用可能!

ワイモバイルでは現在、iPhone SE(第3世代)とiPhone 12が販売されており、新規契約の際にSIMカードとセットで購入できます。

また、現在iPhoneを使用している場合、動作確認済の端末でSIMロックが解除されていれば、そのままワイモバイルのSIMカードで利用可能です。

ワイモバイルで購入したiPhoneは、Apple正規店で購入した場合と同じ1年間の保証がついています。購入当日であればAppleCare+に加入してさらに保証を補強できるので検討してみてください。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

公開日時 : 2022年09月06日

el buho ― ライター
el buho ― ライター

京都在住のフリーランスライター。スポーツと音楽とダーツとDIYを愛する。いつか海外に移住したいと企んでおり、投資の勉強中。左利きだが右投げというややこしさ。血液型がA型であることがすぐにバレる傾向にある。

関連キーワード