ワイヤレス充電器でのiPhone充電方法|おすすめワイヤレス充電器15選

これまでiphone 充電器は、コードに繋いで充電するケーブル型が一般的でした。しかし、最近ではワイヤレス型の充電器が登場し、徐々に普及しつつあります。ここではワイヤレス充電器の種類や特徴のほか、おすすめの製品についても併せて紹介します。
ワイモバイル新プラン ワイヤレス充電器でのiPhone充電方法|おすすめワイヤレス充電器15選

 iPhoneを充電する際、従来はコードを繋いで充電を行うケーブル型の充電器が、主に利用されていましたが、最近ではワイヤレス型の充電器が登場し、その種類も徐々に増えつつあります。

ワイヤレス充電器の仕組みや、対応機種および、充電器の種類について見ていきましょう。さらに、おすすめのワイヤレス充電器なども併せて紹介します。

目次

\初回限定3ヶ月無料!/

ワイヤレス充電とは

これまでiPhoneに限らず、スマートフォンを充電する方法として、コードに繋いでコンセントに直接抜き差しするのが一般的でしたが、ワイヤレス充電器の登場によりコードを使わなくても充電が可能になりました。

ここではまず、さまざまな種類のワイヤレス充電器について見ていきましょう。さらに、メリットやデメリットのほか、おすすめのワイヤレス充電器を紹介します。

コード不要でワイヤレス充電できる

ワイヤレス充電とは従来のコード型と異なり、コードやケーブルが無くても充電できるタイプのことを言います。

通常iPhoneを充電するには、コードに繋ぐと同時にケーブルに差し込みます。しかし、ワイヤレス充電器はこれらを必要としません。

ワイヤレス充電器の場合、コードが不要なため、その都度iPhoneを充電ケーブルから抜き差す手間もなく、直接本体への充電が可能となりました。

電磁誘導方式によって充電をおこなう

ワイヤレス充電器には「電磁誘導方式」が採用されており、スマホ内のコイルに交流電流を流すことで、充電ができる構造になっています。

次に仕組みですが、まず充電パッドには送電用のコイルが入っており、電気を流すことで磁界が発生し、空気中に放出されます。これとは反対にスマートフォンには受電用のコイルが入っているため、端末を充電パッドに近づけると、磁界に反応して電力に変換されます。

これにより、スマートフォンに電気を送ることが可能になり、コードやケーブルが無くても充電ができるようになりました。

ワイヤレス充電の対応機種

ワイヤレス充電はコードやケーブルを必要としないため、非常に便利な機能です。しかし、すべてのスマートフォンが、ワイヤレス充電としての機能を備えているわけではありません。

これまで、ワイヤレス充電器はiPhone・Galaxy・NEXUS・V30+ L-01Kの4種類のみの対応でしたが、最近ではワイヤレス充電に対応した機種も増えつつあります。

また、iPhoneでワイヤレス充電に対応している機種や注意事項を解説します。

ワイヤレス充電に対応した機種

これまでワイヤレス充電に対応した機種は、iPhone、Galaxy、NEXUS、V30+ L-01Kの4つのみでした。しかし、近年ではワイヤレス充電に対応した機種が、徐々に増えつつあります。ここでは、ワイヤレス充電が可能なスマートフォンを、メーカー別にまとめました。

この中でもソフトバンクは、販売されているスマートフォンのうち、約2割~3割がワイヤレス充電に対応していますが、他のメーカーと比べ、対象となる機種を探すのが難しいかもしれません。

iPhoneのワイヤレス充電対応機種

iPhoneでワイヤレス充電に対応している機種は、次の通りです。

  • iPhone8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR

ただし、iPhone8以降のモデルでなければ、ワイヤレス充電に対応していません。また、iosバージョンアップを行った場合でも、ワイヤレス充電ができないので知っておくと便利です。

ワイヤレス充電器の種類と特徴

ワイヤレス充電器には「パッド型」「スタンド型」「マウント型」の種類があります。ここではそれぞれの特徴や、メリット・デメリットについて解説します。

平置きタイプのパッド型

スタンダードな平置きタイプのパッド型は、どんな大きさのスマートフォンでもコイルの位置が合わせやすく、充電器が置けるスペースさえあれば場所を選びません。

ただし、平置きタイプのパッド型充電器のうち、滑り止めがついていない製品には注意しましょう。この場合、充電中にスマートフォンがずれやすくなることから、設置場所によっては落下して破損してしまう可能性も否定できません。

そのためにも、平置きタイプの充電器を購入する際、できれば滑り止めがついているものを選ぶのがおすすめです。

立てかけるタイプのスタンド型

主に仕事がデスクワークで、ワイヤレス充電器を設置するならスタンド型タイプの充電器が良いでしょう。このスタンド型充電器は、スマートフォンが自然な角度で目に入りやすいのが特徴です。

たとえば、顔認証などの機能を採用している機種の場合、その都度スマートフォンを持ち上げなくても、ロック解除が可能です。

その反面、コイルの位置が合わせにくいことから、使っているスマートフォンが充電器に対応しているか、事前に調べておきましょう。

車載用として利用できるマウント型

車内でスマートフォンを充電したいのであれば、マウント型の充電器がおすすめです。また、充電以外にも端末をカーナビとして使用したり、音楽を聴くためのツールとしても使えることから、上手く活用すると良いでしょう。

また、スマートフォンを端末の両サイドからホールドして、ズレ落ちない仕掛けが搭載されていることや、直接シガーソケットから電力が供給できるというメリットがあります。

ワイヤレス充電の種類別の使い方と注意点

ワイヤレス充電器は、それぞれの種類によって使い方が異なります。ここでは使用方法やスマートフォンの設置方法のほか、注意点についても解説します。

パッド型の使い方

パッド型充電器を使用する場合、まずワイヤレス充電器を電源に接続し、スマートフォンをワイヤレス充電器の上に置きます。

充電器がうまく作動していれば、数秒後には充電が開始されます。しかし、充電器の種類によって、上手く使えないなどのトラブルが発生する可能性も否定できません。

また、トラブルを未然に防ぐためにも、メーカー推奨の充電器を使用すると良いでしょう。

スタンド型の使い方

スタンド型はワイヤレス充電器にUSBケーブルを接続し、スマートフォンを立てかけることで充電が開始されます。充電中はLEDランプが点灯されるため、充電の状況をすぐに把握することが可能です。

また、横置きでの充電が可能なため、動画を見ている最中に充電の必要がある場合でも、画面が見やすく感じることでしょう。

しかし、パッド型に比べ、形状が複雑なことから価格が高い傾向にあるので、押さえておくと良いかもしれません。 

マウント型の使い方

車の運転中に音楽を聴いたり、スマートフォンをカーナビとして使用する機会が多いのであれば、マウント型の充電器がおすすめです。

マウント型充電器の設置方法ですが、まずエアコンの送風口に挟みこむように設置し、ホールド部分を左右に取り付けることで使用が可能となります。ただし、エアコンの送風口の仕様によっては、取り付けることができないので注意して下さい。

また、ホールド部分がしっかりとスマートフォンを支えてくれるので、運転中も落下の心配がありません。反対にスマートフォンを取り外す時は、解除ボタンを押せば、簡単に取り外しが可能です。

厚みのあるケースや電気の通しにくいケースは外す

ワイヤレス充電器に、iphoneなどの端末をセットすることで、電流を発生させることにより、電力が供給される仕組みとなっています。

また、スマートフォンケースを取り付けた状態で、充電できるものもありますが、通常の充電方法に比べ、充電効率は下がってしまうかもしれません。

そのため、厚みのあるものや電気が通りにくいスマートフォンケースは、スムーズに充電を行うためにも、あらかじめ取り外しておくことをおすすめします。

ワイヤレス充電のメリット

従来のケーブル型と比べ、ワイヤレス充電器にはさまざまなメリットがあります。たとえば、置くだけで充電ができたり、充電端子を意識する必要がありません。このほかにも、感電のリスクの軽減やUSBの消耗を防ぐことができます。

置くだけなので楽

ワイヤレス充電器には、さまざまな種類がありますが、縦・横・斜め、どの方向にiPhoneを置いても、簡単に充電できるのが特徴です。

また、従来の充電器のようにコードの位置を気にせず、好きな場所に設置できるほか、その都度ケーブルから抜き差しする必要もありません。

スマートフォンを充電器から離せば充電がストップし、置けばすぐに充電が始まるので、これまでの充電器に比べ、簡単に充電することができます。

感電のリスクがほとんどない

コード式の充電器は長期間使用することで、コード部分の破損や亀裂が生じ、断線を引き起こすことによって漏電や感電の恐れがあり、非常に危険です。

これに対し、ワイヤレス充電はコードが無いことから、感電や漏電のリスクがありません。また、電気パッドによる電力供給には安全装置が付いています。

しかも、充電の仕組みはコイルに反応して電力を生み出すことから、普通に使用する分には、感電のリスクもほとんどないと言えるでしょう。

スマホやiPhoneの最新情報をいち早くお知らせ!
LINE友だち追加

USBケーブルの消耗を防ぐことができる

USBケーブルは長期間使用すると、断線などによって破損する可能性があり、最悪ケーブル自体が使えなくなってしまうことがあります。この場合、USBケーブルを修理するか、もしくは新しいものを購入する必要があります。

しかし、ワイヤレス充電器はUSBケーブルを使用しなくても充電が可能なので、ケーブルの破損などの心配がありません。

また、USBケーブルを保管しつつ、iphoneを充電することができることから、ケーブル消耗の負担を減らすことができるでしょう。

充電端子を意識する必要がない

iphoneやスマートフォン、タブレットなどに使用される充電端子は、次の3種類が採用されています。

  • Lightning(ライトニング)
  • microUSB(マイクロユーエスビー)
  • USB-C(ユーエスビーシー)

主にAndoroidスマートフォンやタブレットでは、microUSB・USB-Cが使われていますが、iphoneの場合、独自に開発されたLightningが採用されています。

そのため充電の際、それぞれに対応している充電端子を選んで利用する必要があります。

これに対し、ワイヤレス充電は国際標準規格である「Qi(チー)規格」に対応していれば、充電端子を意識する必要がありません。

また、ワイヤレス充電器は日々進化していることから、将来的には機種変更をした場合でも、そのまま使える可能性が高くなるでしょう。

見た目がかっこいい

スマートフォン充電器のイメージとして、コードを置くだけのシンプルなデザインのものを想像する人が多いかもしれません。

実は、ワイヤレス充電器が徐々に普及してきたことにより、機能性のほかにも、見た目がお洒落でかっこいい形状の製品が、次々に販売されています。

さらに、種類によっては最新技術を駆使したような充電器もあるので、常に新しいものや優越感を感じたい人にはおすすめです。

また、一度ワイヤレス充電器を利用すれば、これまでのコードタイプの充電器が不便に感じてしまうかもしれません。

ワイヤレス充電のデメリット

ワイヤレス充電器はさまざまなメリットがある一方で、デメリットについても指摘されています。たとえば、ケーブル型と比べ充電スピードが遅いことや、メーカーによって性能に差があることなどがあります。

ケーブルと比べて充電が遅い

ケーブル型の充電器と比べ、ワイヤレス型は充電スピードが遅くなってしまうため、急速充電するには不向きです。

まずiPhoneなどの端末は、一定以上の熱を持つとバッテリーが悪くなります。しかも、ワイヤレス充電器は端末との間が密着しており、端末側の熱が上がるのを防ぐため、電流の限界が決められているのが理由とされています。

これに対しケーブル型の場合、ダイレクトに電力をためることができるので、ワイヤレス型より速く充電することができます。

しかし、現在でも端末側の熱対応の技術が進められていることから、今後はこの問題も解決されていくでしょう。

\初回限定3ヶ月無料!/
iPhone格安SIM通信アンケート

位置がちゃんと合っていないと充電できない

ワイヤレス充電器は、どの方向からでも充電することが可能ですが、iPhoneを置く位置によっては、充電されない場合があります。

たとえば、「就寝中に手が端末に接触し、朝起きたら位置がずれていて充電されていなかった」などの事例もあるので、注意しましょう。

このようなことから「充電を確実に行いたい」のであれば、ケーブル式の充電器を選んだ方が良いかもしれません。

メーカーによって性能の差がある

スマートフォンの普及と同時に、現在ではさまざまな種類のワイヤレス充電器がありますが、メーカーによって性能に差があります。そのため、ワイヤレス充電器びに失敗しないためにも、購入前にあらかじめチェックしておきましょう。

また、ワイヤレス充電器にはコイルが搭載されていますが、メーカーによって「コイル数」が異なります。ほとんどの場合、充電器に搭載されているコイルの数は1~3個ですが、コイルの数が多いほど充電可能な範囲が広くなります。

ただし、コイル数が多い製品は値段が高くなる傾向にあるので注意して下さい。

このほかにも、どのメーカーを選ぶかによって充電性能や使い勝手が異なるので、それぞれの違いを比較しながら、購入することをおすすめします。

機種とは別売りなのでお金がかかる

iPhone 8以降のモデルには、ワイヤレス充電器が標準装備されていますが、それ以前の機種にはケーブル式の充電器が付属しています。

つまり、新しくワイヤレス充電器に切り替えるためには、別途購入する必要があり、余計な費用が掛かることが、デメリットの一つと言えるでしょう。

充電器へのケーブル接続は必要

iPhone端末と充電器を、直接ケーブルに接続する必要はないのですが「充電器自体」はケーブルに接続しなければ使用することができません。

つまり、ワイヤレスと言いつつも、完全にケーブルが不要となるわけでは無いので、ケーブル自体は必要なので、注意しましょう。

Apple純正ワイヤレス充電器

iPhoneであれば充電器はAppleが純正品ですが、2019年9月以降に登場したiPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxや、iPhoneXS/8シリーズには、すでにワイヤレス充電器が付属しています。

最近では、さまざまな最新のワイヤレス充電器が発売され、平置きやスタンドタイプ・マウント型はもちろん、台座が魔法陣のように光る充電器も登場しました。

また、メーカーによっては使い勝手が悪かったりするため、iPhoneを安心して使いたいのであれば、ワイヤレス充電器は純正のApple製品を選んだほうが良いかもしれません。

おすすめのワイヤレス充電パッド型

ワイヤレス充電器には、さまざまな種類があります。ここではまず、ワイヤレス充電器の基本形でもある「パッド型」の製品には、どのようなものがあるのか紹介します。

Anker PowerPort Wireless 10

充電中、端末をバイブレーションモードにしているときにメールなどを受信した場合、充電器からずれてしまうことで、充電ミスを起こしてしまう可能性があります。

しかし、Anker PowerPort Qi 10には「滑り止め加工」が施されているため、途中で充電ができなくなるという心配もありません。

また、独自のマルチ保護技術が搭載されており、電子回路のショート防止・温度管理・サージプロテクターなどの保護機能が内蔵されています。

さらに、Anker PowerPort Wireless 10は、最大10W出力で急速充電が可能なことから、充電にかかる所要時間が気になる人にはおすすめの製品です。

XVIDA

スロベニアのアクセサリーブランド「XVIDA」は平置きではありますが、垂直に立ったデザインとなっているのが特徴です。

このXVIDAは、パッド部分が垂直になっているため、従来のパッド型のように台に並行して置く必要がありません。

しかも垂直と言うより、やや後方に曲がったデザインとなっているため、手で持ったときの感覚に近いことから、充電中でも使いやすく感じるでしょう。

これに加えて、磁石の力で端末本体をしっかりとホールドするため、ズレや落下などの心配がありません。

Spigen ワイヤレス充電器

Spigen(スピゲン) ワイヤレス充電器は、縦横の大きさが8cmと小型タイプのモデルのため、持ち運びが便利なのに加え、素早い急速充電に対応しています。

置くだけで簡単に充電ができることに加え、スマートフォンにケースが付いている場合でも、薄いタイプのものであれば、装着したままでも充電が可能です。

また、充電内部には安全防止策として、過電圧・過電流・過充電を抑止していることから、安心して充電することができるでしょう。

ただし、電源アダプターは付属していないため、別途用意する必要がありますので、押さえておくと良いかもしれません。

Ewin Qi ワイヤレス充電器

充電器の厚さが8mmと極薄で、しかも重量が約60gとなっているため、出張や旅行に出かけることが多い人には最適です。

また、デザインがお洒落でスタイリッシュなことから、インテリアとしても優れた充電器です。

しかも、機種を選ぶことなく使用できるのが特徴で、これからワイヤレス充電を試したいと思っているなら、まずはEwin Qi ワイヤレス充電器を選んでみてはいかがでしょうか。

このほか、40℃以上の高温にならないよう、温度調節機能が設定されていることや、アイドリングモードが搭載されているため、無駄な消費電力を抑えることができます。

mophie wireless charging base

mophie wireless charging baseは、Qiワイヤレスチップを搭載した国際標準規格対応の充電ベースで、iPhone 8、8 Plus、Xに最適化された充電器です。

さらに、Apple storeでも販売されているため、iPhoneユーザーにはおすすめです。

また、充電器本体は360度ゴム製となっており、かつ滑り止め仕上げ加工で、安定して置けるように設計されていることから、iPhone 端末を傷付けることがありません。

もし、iPhoneを安全に充電したいのであれば、この「mophie wireless charging base」を選びましょう。

おすすめのワイヤレス充電スタンド型

お洒落でスタイリッシュな「ワイヤレス充電スタンド型」は、充電しながらでも動画やSNSを楽しむことが可能です。しかも、ワイヤレス充電スタンド型には「急速充電機能」が付いている製品が多く、早く充電したい人にはおすすめです。

Seneo Qi ワイヤレスチャージャ

iPhoneはもちろん、Galaxyでも充電ができるSeneo Qi ワイヤレスチャージャは、折りたたむことでパッド型にもなる2in1の製品です。

しかも、コイルが3つ搭載されているので、充電面積が広いことから、大きいサイズのスマートフォンでも、充電ミスのリスクが軽減されるでしょう。

また、縦置きと横置きの両方で充電ができるにも関わらず、安定性があるため、充電中に落下する心配がありません。

特に動画を見たり、SNSをチェックしながら充電を行いたい人にはおすすめな製品です。

NANAMI Quick Charge 2.0 

Quick Charge(クイックチャージ)2.0とは、米国QUALCOMM社が開発した、スマートフォンを高速で充電できる規格のことを言います。

このNANAMI Quick Charge 2.0は、ワイヤレスタイプでありながら、素早い充電が可能なため、使い勝手の良さを感じることでしょう。

充電部分が2つのコイルによって設計されているため、充電面積が広いのが特徴で、縦置きはもちろん、横置きにも対応していることから、多くのユーザーにも好評のようです。

さらに、安全性も高く「過充電対策機能付き」なことから、過充電によるバッテリーを消耗させるリスクがありません。

ワイヤレス充電器スタンドHoosoome 4-in-1

特にAppleユーザーにとって利便性の高いワイヤレス充電器です。これ1つで、スマホ2台・Airpods・Apple Watchの4台を同時に充電できます。

スマホはiPhoneだけでなく、Andoroidにも対応しています。

充電速は従来より最大1.5倍の速さで急速充電が可能、ほとんどのスマホでケースをつけたまま充電できるのも嬉しいポイントです。

充電機器が多くてもスタイリッシュにまとめることができるので、卓上もごちゃごちゃせずスマートに充電できます。

Seneo 急速充電ワイヤレス充電器

ユーザーの声を元に改良された第2世代折りたたみ式ワイヤレス充電器です。

iPhoneやsamsungなど13機種の急速充電に対応しており、通常の1.4倍もの速さで充電することができます。

折りたたみ式のため、平置き型としてもスタンド型としても使え、旅行や出張など出かける際にも便利なワイヤレス充電器です。

Anker Power Wave 7.5 Stand

Anker Power Wave 7.5 Standは、2つの充電コイルが内蔵されており、かつ縦置きと横置きのどちらにも対応しているため、使用するシーンに応じて、柔軟に変更することができます。

また、通常のスマートフォンは5W出力に対し、iPhoneの場合、最大7.5w出力での急速充電が可能となりました。

PowerWaveは、スマートフォンケースを付けたままでも充電することができますが、厚さが5mm以上ある場合は、効率よく充電するためにも、事前にケースを取り外しておきましょう。

おすすめのワイヤレス充電マウント型

車の中でスマホマウントを設置して、動画を見たりカーナビとして利用する人が多いかもしれません。また、最近では車の中でも充電が可能な「マウント型」の充電器も登場しました。

ここでは、さまざまなマウント型ワイヤレス充電器の中でも、特におすすめな製品について紹介します。

Anker Power Wave 7.5 Car Mount

スマートフォンを固定するマウント部分は、横置きや縦置きなど360度自在に調節が可能なため、好きな角度に固定できるので、使い勝手の良い仕様となっています。

さらに、QuickCharge 2.0/3.0対応のシガーソケットプラグを取り付けることで、iPhoneなら最大7.5w、SamsungのGalaxyの一部の商品は、最大で10wの急速充電が可能です。

スマートフォンケースを付けたままでも充電することができますが、5mm以上の厚みがある場合は、充電できない可能性があるので、事前に取り外しておきましょう。

また、Anker社独自の「多重保護システム」が搭載されており、温度管理や異物検知を行ってくれるため、長期的に安心して利用することができます。

Adonit 自動クランプワイヤレス車載充電器

通常のマウント型の充電器と異なり、ワンタッチボタンが搭載しているので、携帯電話を片手で簡単に取り外すことができるのが特徴です。

Adonit 自動クランプワイヤレス車載充電器は、国際標準規格の「Qi認証ワイヤレス充電」が採用されています。これにより、一度USBケーブルを充電パッドに接続すれば、デバイスを取り付けるなどの面倒な作業が解消されるようになりました。

また、急速充電も可能で5W標準充電に対し、iPhoneなら最大で7.5w、Androidでは最大約10wの高速充電が可能です。

さらに伸縮アームに加え、360度回転機構が採用されていることから、運転中でも見やすい角度に調整できるというメリットがあります。

Belkin BOOST↑CHARGE™ワイヤレス充電車載ホルダー

エアコンの吹き出し口に取り付ければ、急速充電ができることに加え、アームグリップがしっかりしていることから、悪路でもスマートフォンが落下する心配がありません。

しかも、サイズ調整が可能なことから、デバイスの大きさに合わせることができるため、スマートフォンだけではなく、タブレットなども取り付けが可能です。

また、ケースを付けたまま充電ができるほか、2年製品保証が付属しているので、安心して利用することができるでしょう。

GAZEON for CAR 自動ホルダー付き車載ワイヤレス充電器

スマートフォンを赤外線センサーに近づけることでホルダーが開き、しかも、端末を充電器にセットすれば、自動的に固定されるという画期的な「自動開閉ホルダー型」の充電器です。

さらに、置くだけで充電が可能なQi認証取得の安心設計となっており、iPhone なら最大10wまで急速充電することができます。

また、強力吸盤タイプのスタンドが付属しており、エアコンの吹き出し口以外のほかに、ダッシュボードへの取り付けが可能なため、設置場所にも困りません。

ただし、ダッシュボードの素材によっては、利用することができない場合があるので注意しましょう。

Qi ワイヤレス充電器 車載 ホルダー(2019年最新改良版)

交換可能な360度回転アタッチメントにより、エアコンの吹き出し口以外にも、車のフロントガラスやデスクでも使用が可能です。

スマホを乗せる位置を調整することも可能で、またアームの角度や長さも調節できるので便利です。

用途に合ったワイヤレス充電器を選択しよう

これまでスマートフォンを充電するには、USBケーブルに直接接続するタイプの充電器が主流でしたが、徐々にワイヤレス充電器が一般化しつつあります。

まだまだワイヤレス充電器には、さまざまな欠点がありますが、これらの問題も少しずつ改善されていくことでしょう。

また、ワイヤレス充電器の種類には、平置き型やスタンド型のほか、車にも取り付けが可能なマウント型の充電器も登場しています。

これからもワイヤレス充電器を理解し、さまざまな用途に応じて上手く活用しつつ、 iPhoneをさらに便利に使いこなせるようになりましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年11月03日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード