AirPodsの修理方法・値段!故障・紛失時の保証・自分で修理はできる?

AirPodsが故障した場合や紛失した場合のサポートについて紹介します。AirPodsの不具合を感じたら何をしたらいいのか、修理に出す前に自分で試して見ることや修理を出す場所、修理の流れ、費用など具体的に解説していきます。
楽天モバイル20220722 AirPodsの修理方法・値段!故障・紛失時の保証・自分で修理はできる?

AirPodsはBluetoothでのワイヤレス接続のため、スマートフォンから離れた場所でも音楽が聴けて、再生・停止・早送りなどの操作もできるなど、多くの便利な機能があります。

しかし、本体故障だけでなく音の調子が悪くなったり片方のみ紛失してしまうなど問題が起こりがちです。

今回は、AirPodsが故障した場合や紛失した場合に修理前にできることや、どのような手順で修理に出したらよいか、また修理代金や修理にかかる期間を修理対応場所ごとに解説します。

きちんと修理して心地よく使用しましょう。

\お得にスマホを契約しよう!/

AirPodsを修理に出す前に自分で試してみること

AirPodsが壊れたかもと思ったときに、まず自分試してみてたいことを紹介します。

Bluetoothを再接続する

AirPodsはワイヤレスのため接続が不安定なことが問題点です。

不具合を感じたらまずはAirPodsをリセットしiPhoneとBluetoothを再接続してみましょう。接続が原因であればこの方法で解決できます。

Apple サポートに問い合わせる

Bluetootを再接続しても解決できない場合はAirPodsの故障が考えられます。Apple サポートに問い合わせましょう。

保証期間内であるかどうかまたは故障内容によって修理費用が異なります。Apple サポートに問い合わせる前に、故障の症状を明確にしましょう。

例えば、「AirPodsが充電できない」、「AirPodsに接続できない」、「左右どちらかまたは両方のAirPodsから音が聞こえない」などです。

充電ケースのふたの裏側に記載されているAirPodsのシリアル番号をApple StoreのHPで入力すると保証期間内かどうかも確認することができます。

また、問い合わせにはシリアル番号が必要となるので手元に控えておくとよいでしょう。

AirPodsが不調になる環境を把握する

修理がスムーズになるようにAirPodsが不調になる環境や状況を把握しておくとよいでしょう。例えば、家の中や地下鉄にいるとき、人が多い場所などです。

AirPods(第3世代)
が購入できるのはこちら
Amazon
公式サイト
au
公式サイト
docomo
公式サイト

AirPods修理の対応場所

AirPodsの修理は、Apple Storeか正規サービスプロバイダへ直接持ち込みましょう。

正規サービスプロバイダはカメラのキタムラ、クイックガレージの2社が該当します。

正規サービスプロバイダではApple の純正部品で修理が行われ、修理者にはApple からマニュアルが配布されていて、修理を請け負う前に研修を受けています。

非正規店で修理を依頼した場合、次回以降正規店で修理ができなくなる可能性があるため、Apple Storeか正規サービスプロバイダに持ち込みましょう。

カメラのキタムラは店舗数が多いため自宅付近で修理対応店舗を事前に探しておくと便利です。

AirPods(第3世代)
が購入できるのはこちら
Amazon
公式サイト
au
公式サイト
docomo
公式サイト

Apple Storeでの修理の流れ

ここでは、Apple Storeでの修理の流れ、修理にかかる費用やその期間について説明します。Apple Storeで修理するには、まず事前に来店予約をしましょう。

来店予約せずに行くとかなりの時間待たなければならない可能性があります。Apple サポートのHPからネットで予約可能です。または、電話で問い合わせましょう。

持ち込むときに必要なものは、AirPods本体と充電ケース、レシートなどの購入証明書、オリジナルパッケージの3点のうちいずれか1点です。修理する本体とそのシリアル番号が必要です。

不具合の内容が紛失や損傷を含まない自然故障の場合、Apple 製品限定保証またはApple Care+の保証対象である場合は無料で修理可能です。

「過失や事故による損傷」や「バッテリーサービス」、「紛失・盗難」などで修理料金が異なります。また、Apple Care+forHeadphonesに加入している場合はApple Care+サービス料で交換可能です。

以下にそれぞれの料金を表にしています。

  • 過失や事故による損傷
Apple Care+サービス料(毎回) 保証対象外修理サービス料金
3,700円(税込) 8,580円(税込)(片方)

  • バッテリーサービス
  • Apple 製品限定保証は、バッテリーの欠陥は保証対象ですが、通常使用による劣化については保証対象外となります。
Apple Care+サービス料(毎回) 保証対象外修理サービス料金
0円 5,940円(税込)(片方)

  • 紛失・盗難

Apple Care+forHeadphonesの保証は適用されません。紛失した場合の交換料金7,800円(片方)がかかります。

修理にかかる期間は、在庫があればその場で受け取れますが、在庫がない場合は取り寄せになるため手元に届くのに数日かかります。すぐに欲しい人は事前に予約店舗に在庫確認をおすすめすします。

AirPods(第3世代)
が購入できるのはこちら
Amazon
公式サイト
au
公式サイト
docomo
公式サイト

カメラのキタムラでの修理の流れ

ここでは、カメラのキタムラでの修理の流れ、修理にかかる費用やその期間について説明します。

カメラのキタムラで修理するには、まず事前に来店予約をしましょう。HP下にある修理予約ボタンで事前に予約すると待たずにスムーズに対応可能です。

また、予約をしていない場合は、長時間の待ち時間発生や修理の受付ができない場合があるため事前の予約がおすすめです。

全国64箇所に修理カウンターを展開しているので、自宅近くの店舗を探してみるとよいでしょう。

持ち込むときに必要なものは、AirPods本体と充電ケース、レシートなどの購入証明書、オリジナルパッケージの3点のうちいずれか1点です。修理する本体とそのシリアル番号が必要です。

Apple Care+の保証期間内であれば3,700円(税込)のサービス料で2回まで受けることができます。材質上や製造上の欠陥による問題が起きている場合、および過失や事故によるAirPodsの損傷が生じた場合に利用できます。

「過失や事故による損傷」や「バッテリーサービス」、「紛失・盗難」などすべてのケースにおいて以下の料金が適用されます。

Apple Care+サービス料(2回まで) 保証対象外修理サービス料金
3,700円(税込) 11,022円(税込)(片方)

カメラのキタムラでの修理費用はApple Storeでの料金と異なる場合があるので、行きやすさや予算またはApple Care+サービス料などと相談しましょう。

修理にかかる期間は、在庫があればその場で受け取れますが、在庫がない場合は取り寄せになるため手元に届くのに数日かかります。すぐに欲しい人は事前に予約店舗に在庫確認をおすすめすします。

AirPods(第3世代)
が購入できるのはこちら
Amazon
公式サイト
au
公式サイト
docomo
公式サイト

クイックガレージでの修理の流れ

ここでは、クイックガレージでの修理の流れ、修理にかかる費用やその期間について説明します。

クイックガレージで修理するには、まず事前に来店予約をしましょう。HPで来店の予約ボタンで事前に予約すると待たずにスムーズに対応可能です。

また、予約をしていない場合は、長時間の待ち時間発生や修理の受付ができない場合があるため事前の予約がおすすめです。

全国11箇所に修理カウンターを展開しています。全体的に店舗数が少なく、地域によっては店舗がありません。予約時に自宅付近にあるか必ずチェックして下さい。

持ち込むときに必要なものは、AirPods本体と充電ケース、レシートなどの購入証明書、オリジナルパッケージの3点のうちいずれか1点です。修理する本体とそのシリアル番号が必要です。

  • 過失や事故による損傷または紛失・盗難
Apple Care+サービス料(2回まで) 保証対象外修理サービス料金
3,700円(税込) 10,780円(税込)

  • AirPodsバッテリー修理
Apple Care+サービス料(2回まで) 保証対象外修理サービス料金
3,700円(税込) 8,800円(税込)

Apple Care+のサービス利用料は現金払いのみとなります。

修理にかかる期間は、在庫があればその場で受け取れますが、在庫がない場合は取り寄せになるため手元に届くのに数日かかります。すぐに欲しい人は事前に予約店舗に在庫確認をおすすめします。

AirPods(第3世代)
が購入できるのはこちら
Amazon
公式サイト
au
公式サイト
docomo
公式サイト

AirPodsを片方だけなくした場合

AirPodsの片方だけ紛失した場合の対処法を紹介します。

「iPhoneを探す」アプリで見つける

事前にiCloudで設定しておくと「iPhoneを探す」アプリでAirPodsの位置を知ることができます。

iPhone等のiOSデバイスからicloud設定で「iPhoneを探す」と「最後の位置情報を送信」をオンにしておきます。AirPodsが最後にBluetooth接続した位置が地図上で見ることができます。

音を鳴らして見つけることもできます。また、左右いずれかを指定して鳴らすこともできます。

家の中や無くした場所が広範囲でなければ音を鳴らして見つけると便利です。

iPhoneを探すをダウンロードする

詳しくは、iPhoneを探すの使い方や設定手順を解説した記事をご覧ください。

片方だけ再購入する

Apple Storeもしくは正規サービスプロバイダに製品を持ち込み、「紛失や故障による修理」を依頼することでAirPods片方を購入できます。HPにて来店予約する際は「紛失や故障による修理」で予約するとスムーズです。

Apple サイトのストア内でのAirPodsの片方のみの販売は行っていないので注意しましょう。

Apple Storeでの購入は、片方8,580円(税込)です。

正規サービスプロバイダのカメラのキタムラでの購入は片方11,022円(税込)、クイックガレージでの購入は片方10,780円(税込)です。

新しく購入した片方のAirPodsを使用するには、まずiPhone等のiOSデバイスのBluetoothがオンになっていることを確認し、両耳のAirPodsを充電ケースに入れます。

ふたを開けた状態でiPhoneに近づけ、充電ケースの背面の設定ボタンを長めに押し続けます。本体のランプが白く点滅したら完了です。

\お得にスマホを契約しよう!/
\お得にスマホを契約しよう!/
AirPods(第3世代)
が購入できるのはこちら
Amazon
公式サイト
au
公式サイト
docomo
公式サイト

AirPodsが故障したときは原因を明らかにしよう

AirPodsが故障したときは、修理に出す前に「Bluetoothを再接続する」「Apple サポートに問い合わせる」「AirPodsが不調になる環境を把握する」ことを自分で試してみましょう。

不具合の原因を把握しておくことでApple Storeか正規サービスプロバイダでの修理がスムーズにできます。

また、AirPodsが故障する前に保険に入っておくのがおすすめです。こちらの記事では、AirPodsが加入できるモバイル保険の料金・補償内容を解説しています。

公開日時 : 2020年07月17日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード