iPhoneの電源がすぐに落ちる・つかない・再起動する原因と対処法|バッテリー修理方法

iPhoneでは、電源が落ちる不具合が生じることがあります。不具合には必ず原因があり、簡単な対処法を試すだけで改善できることもあります。不具合の原因だけでなく、故障を招かないためのポイントも知り、トラブルにも上手に対処することが大切です。
ワイモバイル新プラン iPhoneの電源がすぐに落ちる・つかない・再起動する原因と対処法|バッテリー修理方法

スマホの中でも高いシェア率を誇るiPhoneは、シンプルで使い勝手がよいことから人気です。

便利に使えるアイテムですが、ときには急に電源が落ちるというトラブルに見舞われることもあります。

何度も電源が勝手に落ちるようなら、原因を特定して対処しなければなりません。なぜiPhoneの電源が落ちるのか原因と対処法を知り、予防策を講じることが大切です。

\初回限定3ヶ月無料!/

iPhoneの電源がすぐに落ちる原因

iPhoneは精密な機器のため、細かな要因によって電源が落ちるという不具合が生じます。原因は数多くありますが、代表的なものには以下が挙げられます。

  • アップデートによる不具合
  • 高温での使用
  • バッテリーの劣化
  • データが重くなっている
  • 製造段階での不具合
  • 水没による故障

まずは電源が落ちる原因を知り、自身の場合はどれに該当するか考えることが大切です。

アップデートによる不具合

定期的に最新バージョンが公開されるiPhoneですが、アップデートによって電源が落ちてしまうことがあります

アップデート後に追加された新機能が正常に作動していなかったり、アップデートによってシステムが変更されていたりすると、電源が落ちることが多いです。

本来ならより便利に使えるはずのアップデートでも、場合によってはマイナスに働く可能性があることは理解しておかなければなりません。

アプリの不具合

アプリの不具合により処理落ちすることで、電源が落ちてしまうこともあります。

アプリのバージョンが古かったりOSに対応していなかったりすると、不具合が起きてしまいます。アプリのバージョンを最新に保ちOSに対応しているアプリを使用するようにしましょう。

スマホの発熱・高温での使用

精密機器であるiPhoneは、熱を嫌います。本体が熱くなりすぎると内部がオーバーヒートして故障するため、高温時に故障を避けるため電源が落ちることがあります。

連続使用が続いたり暑いところで放置していたりすると、電源が落ちるどころか、ある程度温度が下がるまで電源が入りません。iPhoneは温度変化に弱いため、高温になり過ぎないよう注意して扱う必要があります。

バッテリーの劣化

本体の寿命によって電源が落ちることもあり、特にバッテリーの劣化具合が大きく関係します。バッテリーが劣化すると、電力供給がスムーズにいかなくなります。

そのため仮に充電が100%あっても、電力供給自体が上手くいっていないため電源が落ちてしまうことも多いです。

バッテリーは経年によって劣化するため、同じ端末を何年も使っている場合はこれが原因である可能性が高いです。

また、使用期間が短くても、連続使用や高温の環境に放置するといった使い方次第では早期に劣化を招いてしまうこともあります。

データが重くなっている

iPhoneの不具合には本体そのものだけが関係しているとは限らず、内部の環境が影響することもあります。

特にデータ容量は電源との関係性が強く、データ量が膨大で重たくなっていると電源が落ちやすいです。

本体に保存しているデータが多いだけではなく、高い処理速度を必要とする操作を実行している場合も、電源は落ちやすくなります。ハイスペックのiPhoneでも処理の限界はあり、限界に近づくほど電源が落ちやすいです。

製造段階での不具合

ごくまれなケースですが、製造段階での不具合、つまり不良品であるために電源が落ちるということもあります。購入してすぐ電源が何度も落ちるようなら、不良品ではないか疑う必要があります。

製造時点でのミスは必ず起きてしまうもののため、不運と考えるしかありません。

初期不良の不良品の場合は、メーカーかキャリアに申し出ると交換してもらえます。購入してすぐに不具合が頻発する場合は、早めに交換を申し出ることが大切です。

水没による故障

本体故障によって電源が落ちるケースも多く、特に水没が関係することは多いです。iPhoneは多少の水濡れでは故障しませんが、完全防水ではないため注意が必要です。

本体全部が水に浸かってしまうと故障する可能性は高く、電源が落ちるどころか起動しなくなる可能性もあります。

また、水没の場合、すぐに故障の症状が出るとも限りません。内部に入り込んだ水が数日後に機器の故障を招くこともあり、水濡れしてから数日のタイムラグを経て、不具合を発生させることもあります。

使用しているiPhoneの状態が気になる方やトラブルが見受けられる方は、ぜひ以下の記事を読んでiPhoneの買い替えを検討してみてくださいね。

スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

iPhoneの電源が落ちる場合の対処法

電源が落ちる原因は複数あり、それぞれに対処法があります。不具合が頻発しているなら、素早く対処することが大切で、対処法を試して問題の解決を図りましょう。

リセットする

工場出荷時に設定を戻すことで、スムーズに起動する可能性があります。複数設定をしている場合は、不要なものを解除していくと不具合が防げることもあります。

また、初期化までするのは面倒な場合は、本体を再起動するだけでも問題ありません。

再起動によって一部設定がリセットされ、これだけで問題が解決することもあります。

まずは再起動で様子を見て、それでも改善されない場合にリセットと段階を踏むのがおすすめです。

OSを最新版にアップデートする

アップデートによって不具合が生じた場合は、次のアップデートで問題解決が図れることが多いです。

改善されたバージョンが出るまではある程度時間がかかりますが、バグの修正が実行されることは確かです。アップデートで失敗したからといって、次回以降更新しないのはよくありません。

むしろさらなるアップデートをしないと不具合は生じたままなので、最新の情報は常にチェックしておく必要があります。

\初回限定3ヶ月無料!/
iPhone格安SIM通信アンケート

データを軽くしてメモリの負担を減らす

データ容量を軽くすることでメモリの負担を減らせるため、処理落ちを防止できます。

以下を参考にメモリの負担を軽減してみてください。

ストレージ・キャッシュを整理する

写真や動画などのiPhone本体に保存してあるデータは「iCloud」などのクラウドサービスを利用することでデータを削減できます。

また、アプリやブラウザでは起動を早めるために一時的に必要な「キャッシュ」と呼ばれる仕組みを組み込んでいるものがあります。

この「キャッシュ」もアプリと同じように、溜まれば溜まるほど消費データ容量が増えてしまうため、各アプリの設定で削除するようにしましょう。

iPhoneストレージの空き容量の確認・増やす方法については以下の記事で紹介しています。

使わないアプリのアンインストール

データ容量をすっきりさせることも大切なため、不要なアプリはアンインストールするのがおすすめです。

全く使っていないアプリでも、インストールされているだけで容量を使用しています。

容量が軽くなると電源落ちが改善されるだけではなく、本体の処理速度が上がる場合もあります。データの詰め込み過ぎはよくないため、定期的にデータの見直しを図ることが大切です。

バックグラウンドを見直す

マルチタスクをすると電源は落ちやすくなるため、バックグラウンドのアプリはできるだけ消しておくことが大切です。

使っていないものまでバックグラウンドで起動しっぱなしになっていると、本体への負荷が大きくなります

バッテリーの早期劣化にも繋がるため、不要なものから閉じていくことが大切です。アプリの起動にはパワーが必要なため、頻繁に使うものは反対にバックグラウンドで起動させっぱなしにしたほうがよいです。

使うものは常時起動、不要なものは適宜消去することで、本体への負荷を最低限に減らせます。

スマホの発熱を防ぐ

iPhoneが熱くなると、急に電源が落ちてしまったり、電源が入らなくなったりする可能性があります。

以下に気を付けて発熱を防止してみてください。

アプリを終了させる

重いゲームアプリを動かしたり複数のアプリを起動させたりすると、CPUに負荷がかかって熱を発します。

ゲーム機やパソコンはファンが冷却してくれますが、iPhoneには冷却装置がありません。iPhoneは、本体の金属部分に熱を逃して放熱するという方法で冷却されているため放熱よりもCPUへの負荷が大きくなってしまった時にiPhoneが熱くなります。

バックグラウンドアプリなど複数のアプリを起動してある場合は必要なアプリ以外は終了させましょう。

ながら充電をしない

寝る前やパソコン作業をしつつなど、充電しながらiPhoneを使用している方も多いのではないでしょうか。

充電しながらiPhoneを使うと熱を逃しにくくなり、バッテリーに負荷がかかります。日々バッテリーに負荷をかけ続けていると、バッテリーが劣化して発熱しやすいです。

また、Apple純正品以外の充電ケーブルの使用も、iPhoneが熱くなる原因の1つです。

非正規ケーブルの中にはケーブルの品質が低く、安全に充電できないものもあります。こうしたケーブルを使い続けているとバッテリーに負荷がかかり、iPhoneが熱くなってしまうケースがあるようです。

暖まる場所での使用を控える

室温が高い中での使用や直射日光が当たる場合など、使用環境が原因の発熱もあります。

室内はともかく屋外の温度は変えることができないため、使用を控える・直射日光を当てないといった工夫が必要です。

復元を行い初期化する

問題解決の最も簡単な方法は、初期化してリセットすることです。リセットによって解決する問題は多いですが、この時必ずバックアップを取っておかなければなりません。

初期化したデータは復元できず、バックアップを取っていないと全てのデータが失われてしまいます。

iCloudまたはパソコンに接続してiTunesに保存しておくことが大切で、本当に必要なもののバックアップが取れているかは、確認しなければなりません。

初期化によって問題解決することは多いですが、不具合によっては解決しないこともあります。データが消失し、かつ不具合も直らないといった最悪の事態を招かないためにも、バックアップは確実に取ることが大切です。

iPhoneのバックアップ方法とデータの復元手順については以下の記事を参考にしてください。

バックアップからの復元方法

過去にバックアップをしていれば、そのバックアップファイルから復元させることができます。

やり方は、パソコンとiPhoneをUSBケーブルでつないで、iTunesを起動させます。iTunesの端末設定から「バックアップから復元」を選択します。

この操作により、最後にバックアップされたときの状態に戻すことが可能です。

リカバリーモードからの復元方法

iTunesを使用し、リカバリーモードから復元させることもできます。

この方法を行う際には、注意点が1つあります。必ず、パソコンとiPhoneが自動同期しない設定にしてから行ってください。

この設定にしておかないと、パソコンとiPhoneを接続した途端にファイルの同期が始まってしまうので注意しましょう。

準備ができたら、パソコンとiPhoneをつないでiTunesを起動させます。iTunes画面のポップアップ表示から「復元」を選択します。

初期化を行うと全てのデータが削除されるので、必ずバックアップを取ってから復元作業は行うようにしましょう。

iTunesに認識されなければDFU復元をする

パソコンとiPhoneをケーブルで繋いでもiTunesに認識されない状態であれば、DFU復元による方法を試してみましょう。

このやり方は、大抵の状況から復元できる方法なので、この機会にぜひ覚えておきましょう。

手順は、まずiPhoneとパソコンをケーブルで接続してから、iPhoneを強制終了させます。

再起動して電源が入ったら、電源とホームボタンを同時に10秒長押しします。その後、電源ボタンのみ離して、さらにホームボタンは10秒長押しします。

「iTunesへ接続してください」と表示されたら、iTunesに自動検出されて復元可能となります。

バッテリー交換を行う

バッテリーの劣化が疑わる場合はバッテリーの交換を行いましょう。

使用状況によって劣化の進み具合は様々ですが、パフォーマンスが低下してきたらバッテリーの交換が必要とされています。

iPhoneの場合、バッテリーの状態が80%を下回るとバッテリーが著しく劣化している状態とみなされるため、交換した方がよいでしょう。

iPhoneのバッテリー交換の目安や交換方法については以下の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

起動時にリンゴマークでフリーズする原因と対処法

iPhoneの起動準備中を示すリンゴマークが繰り返し表示されてフリーズする現象を「リンゴループ」と呼ばれます。

リングループの原因と対処法を紹介します。

ソフトウェアの不具合

ソフトウェアの問題としてOSが不具合を起こしている可能性があります。

一時的なトラブルによってくるくる画面から先に進まなくなっている場合、一度強制的に再起動すれば通常通り起動するようになることがあります。

また、OSの復元を行い初期化することで問題を解決できる可能性があります。

その他には、アップデート途中でiPhoneのバッテリーが切れてしまい、アップデートが完了できずに失敗するという事例も数多くあります。

特にiOSのアップデートは時間がかかるので、アップデート中に充電切れを起こしてしまうことが多いようです。

アップデートが失敗した場合、それが原因でフリーズしてしまう可能性は大いにあります。

iPhoneがリンゴループになる原因や対処法は、こちらの記事で詳しく解説しています。

内部基盤やパーツの損傷

落下や水没などの衝撃で内部の基盤やパーツを損傷すると、アップルロゴが表示された状態でフリーズしてしまう場合があります。

この場合、自分自身で修理することは無理なので、iPhoneの修理業者に依頼をしましょう。

おすすめのiPhone修理業者

おすすめのiPhone修理業者3選紹介します。

自分に最適な業者を選べるように、iPhoneの修理を依頼するときの参考にしてみてください。

iCracked

出典:iCracked
  • 総務省の登録修理業者で安心
  • 修理パーツで初期不良が生じた場合90日間保証
  • 即日修理可能

iCracked(アイクラックト)の「iTechサポート」ではスマホが動かない、再起動を繰り返すなどのトラブル全般についても要因を探り解決をサポートしてくれます。

サポート料金1回税抜3,300円(税込)(時間目安:約30分)で、経験豊富な技術者が相談を引き受けてくれます。

また、iCracked Storeでは対面カウンターで修理・対応を行っており、お客様はその全行程を目の前で見ることができるので、プライバシーの詰まった端末を預けることに抵抗がある方におすすめです。

iCracked Storeへ予約をしてから来店すれば即日修理が可能なので、通常待ち時間ゼロで案内される点も魅力です。

iCrackedでiPhoneを修理する

アイサポ

出典:アイサポ
  • 即日修理可能
  • 最短10分

メーカー修理価格と比べて最大80%オフ、最短10分からの即日修理対応が魅力のiPhone修理業者です。

5%永久割引で、次の修理からずっと5%割引されるという嬉しいサービスを提供しています。

店舗の営業時間内であれば、予約なしの飛び込みでの持ち込み修理にも対応してくれます。急いでいるときには予約の時間も惜しいので、直接店舗を訪れた方が早いかもしれません。

公式サイトにはチャットが設置されており、リアルタイムで問い合わせもできるようになっています。問い合わせは、チャット以外にお問い合わせフォームや電話でも対応してくれます。

また、公式サイト上で問い合わせ内容をリアルタイムで表示しています。

2018年度の国内最大級のゼネラルリサーチによる調査で、修理満足度1位三冠を受賞していることからも、実績は十分の業者といっていいでしょう。

アイサポでiPhoneを修理する

いざというときのために原因と対処法を理解しておこう

iPhoneでは電源が落ちるという不具合が出やすいものの、対処法は複数あります。原因ごとに実行すべき対処法が異なるため、まずはなぜ電源が落ちるのか、根本的な理由を探ることが大切です。

もしもの場合に備えて原因と対処法を知り、電源が落ちる不具合にも上手に対処しましょう。

そのほか、iPhoneが故障したときの対処法や、地域別のおすすめ修理店を紹介した記事もあるので、iPhoneを直したい方、iPhoneが故障したときのために備えたい方はご覧ください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年12月23日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード