iPhoneを学割でお得に購入|学割の条件や注意点についても紹介

iPhoneの購入を検討してい人の中には少しでも安く購入できないかと考える人は多いでしょう。iPhoneは、購入の際に学割を利用するとお得にiPhoneが手に入れられます。この記事では学割でのiPhoneの購入方法や注意点を解説しています。
ワイモバイル新プラン iPhoneを学割でお得に購入|学割の条件や注意点についても紹介

「iPhoneが欲しいけれど、価格が高くて手が出ない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。最新機種だと10万円をこえるものもあり、購入のときに躊躇する人も少なくないでしょう。

学生ならなおさら、少しでもiPhoneを安く手に入れたいと考えるのではないでしょうか。また、学生でなくても対象年齢以内の人であれば学割を利用してお得にiPhoneを購入できます。

この記事では、学割を利用してiPhoneを購入する方法を解説しています。少しでもiPhoneにかける費用を安く抑えて運用したい人は必見です。

\4/7まで申込と一年無料!/

iPhone購入でApple学割は使えない

学割のサービスは、大手キャリアでもAppleでも行われています。しかし、AppleでiPhoneを購入の際に学割は利用できないので注意が必要です。

iPhoneはAppleの学割対象外

Appleで学割を利用して購入できる商品は、MacやiPadシリーズです。

下記の商品は学割の対象外です。

  • iPod
  • iPhoneシリーズ
  • アクセサリ
  • 整備済み製品
  • 他社製品

つまり、AppleでiPhoneを購入する場合に学割は利用できません。学割を使って少しでも安くiPhoneを購入したい場合にはApple以外での購入を検討しましょう。

大手キャリアや格安SIM社で購入するしかない

iPhoneはAppleの店舗やオンラインストア以外にも、大手キャリアや格安SIMでも販売しています。

そのため、学割を使ってiPhoneをお得に購入したい場合には、学割サービスを行っているキャリアを探して、iPhoneを購入するとよいでしょう。

学割は毎年おおよそ時期が決められていて、12月頃から5月頃まで開催されています。

学割を使ってお得にiPhoneを利用したいなら、この時期を見逃さないようにしてiPhoneを購入しましょう。

【PR】J:COMモバイルでU26学割開催中

J:COMモバイルでは、月額基本料金から最大2,000円割引される「U26学割」を実施しています。

26歳以下の方で、「J:COM MOBILE Aプラン 長期期間タイプS」の5GB以上のプランを新規で申し込む場合が対象です。

  • 期間:2020年11月20日~2021年1月20日
  • 対象データ容量:5GB /10GB / 20GB

U26割は、26歳以下の利用者だけでなく同居している家族の月額料金も割引されます。割引の対象となるのは、最大5回線までです。

また、U26割を適用するには1年間の継続利用が条件の「長期タイプS」を契約する必要があります。

J:COMモバイルのお申込みはこちら

J:COMモバイルの学割

U26学割は、SIMと端末を同時に申し込む場合とSIMのみを申し込む場合で割引額が異なります。

  • SIMと同時に端末を申し込む場合
    →開通翌月より月額1,000円(税抜)×24か月割引
  • SIMのみを申し込む場合
    →開通翌月より月額2,000円(税抜)×12か月割引 + 開通14か月目より月額1,000円(税抜)×12か月割引

U26学割が適用されるのは、5GB以上のプランです。それぞれの割引が適用された月額料金を見ていきましょう。表示価格はすべて税抜です。

SIMのみ月額基本料金

月間データ容量 1年目 2年目 3年目以降
1GB 980円
5GB 980円 1,980円 2,980円
10GB 1,980円 2,980円 3,980円
20GB 2,980円/td> 3,980円 4,980円

U26学割でSIMのみを契約する場合は、開通翌月から12か月間は月額2,000円、開通14か月目から12か月間は月額1,000円割引されます。5GBプランなら、1GBプランと同じ月額980円で利用可能です。

端末セット月額料金

月間データ容量 2年間 3年目以降
1GB 980円
5GB 1,980円 2,980円
10GB 2,980円 3,980円
20GB 3,980円 4,980円

SIMと端末のセットで申し込む場合は、開通翌月より24か月間月額1,000円割引されます。

10GB・20GBプランは、月間データ容量超過後に速度制限がかかっても、通信速度最大1Mbpsと速いことが特徴です。また、余ったデータ容量は翌月に繰り越して使えるので、無駄なく利用できます。

J:COMモバイルのU26学割は、本人だけでなく家族みんながお得になる割引サービスなので、26歳以下の方はぜひ申し込んでみてください。

J:COMモバイルのお申込みはこちら

J:COMモバイルのおすすめスマホ

J:COMモバイルでは、SIMと一緒に購入できる端末が販売されています。どれも月額料金と合わせるとお得に購入できるので、機種変更を検討している方はチェックしてみましょう。

今回は、販売されている端末の中からおすすめのスマホを紹介します。

iPhone SE(第2世代)

出典:引用

高性能チップを搭載したコストパフォーマンスに優れたスマホ「iPhone SE(第2世代)」。J:COMモバイルなら、J:COM MOBILE端末割が適用されてお得に購入できます。

iPhone SE(第2世代)は、iPhone 11シリーズと同じチップを搭載しているため、低価格ながらその実力は十分。処理速度が速く、アプリの起動やゲームプレイもサクサクと快適に操作できます。

カメラもシングルレンズですが、高性能チップによる先進的なシステムで、美しく綺麗な写真を簡単に撮影することが可能です。

画面サイズが4.7インチの小型モデルなので、小さめのスマホを求めている方にもおすすめの1台です。

J:COMモバイルのお申込みはこちら

Galaxy A20

出典:J:COM

Galaxy A20は、防水・防塵対応はもちろん、おサイフケータイなど基本的な機能が充実しているスマホです。また、3,000mAhの大容量バッテリーを搭載し、約5日間のバッテリー持ちを実現しています。

J:COMモバイルなら、日常使いに十分なGalaxy A20をお得に購入できるので、携帯料金をなるべく抑えたい方におすすめです。

J:COMモバイルのお申込みはこちら

iPhoneを学割で購入する方法

ここでは、キャリアごとの学割を利用したiPhoneの購入方法や、学割でiPhoneを購入できる格安SIMについて見ていきましょう。

au・ドコモ・ソフトバンクで購入

大手キャリアでは、年末から春頃にかけて毎年学割キャンペーンが行われています。この学割キャンペーンを利用すると、お得にiPhoneを購入できます。

端末とのセット購入をすることで月額料金が安くなり、さらにお得にiPhoneを利用できるので、それぞれのキャンペーン内容をチェックしてみましょう。

ソフトバンクの場合

出典:ソフトバンク

ソフトバンクの学割は、初めてのスマホユーザー向けの「スマホデビュープラン」と、動画・SNSを楽しみたい方におすすめの「メリハリプラン」から選択できます。

ソフトバンク学割

  • 受付期間:2020年10月23日~2021年5月31日
  • 対象者:利用者年齢が5歳から22歳以下
  • 対象となる手続き:新規契約・乗り換え(MNP/番号移行)・機種変更・契約変更
  • 対象プラン:スマホデビュープラン / メリハリプラン

スマホデビュープランの学割は、1年間月額基本料が990円(税込)~になることに加え、5分以内の国内通話無料や1年間データ容量が2倍などの特典がつきます。

データ容量が50GBのメリハリプランの場合、月額基本料から最大2,580円/月割引され、対象サービスなら動画やSNSが使い放題です。

さらに、どちらのプランも人気iPhoneの端末代金が安くなるので、iPhoneをお得に購入したい22歳以下の方は、ソフトバンクの学割に申し込んでみましょう。

【ソフトバンクの学割】詳細はこちら

auの場合

出典:au

auでは、29歳以下の方が対象の学割キャンペーン「auワイド学割」を実施しています。auワイド学割は、22歳以下と23~29歳以下の2種類に分けられます。

auワイド学割

  • 受付期間:2020年10月16日~2021年5月31日
  • 適用条件1:29歳以下の契約者または利用者が、新規契約(他社からの乗り換えを含む)・機種変更・契約変更をすること
  • 適用条件2:対象料金プランに新たに加入するかすでに加入していること
  • 適用条件3:【22歳以下】「auワイド学割 U22 MAXプラン」または「auワイド学割 U22 ピタットプラン」に加入すること
    【23歳~29歳以下】「auワイド学割 U29 MAXプラン」に加入すること

29歳以下であれば、上記の条件を満たしていれば学生でなくても適用されます。

なお、新規契約の際は機種を持ち込む場合でも対象です。また、機種変更の際は、au ICカード(SIMカード)の変更を伴う場合、持ち込みでの契約も対象となっています。

auワイド学割は、4Gプラン・5Gプランが用意されており、契約するプランによって割引額が異なるので申し込む前に確認しましょう。

最大合計15,360円の割引が受けられるお得なキャンペーンなので、iPhoneの利用料金を安く抑えたい29歳以下の方は、ぜひ利用してみましょう。

【auワイド学割】詳細はこちら

ドコモの場合

出典:ドコモ

ドコモの学割キャンペーン「ドコモのロング学割」は、22歳以下の方が割引の対象です。22歳以下の方であれば、月々の料金から最大3,850円(税込)を最大6か月間割引されます。

さらに、7か月目以降も23歳の誕生月を迎えるまで、毎月最大1,100円(税込)割引されるお得なキャンペーンです。

ドコモのロング学割

  • 受付期間:2020年10月30日~2021年5月31日
  • 対象者:利用者年齢が22歳以下の方
  • 対象となる手続き:機種変更・契約変更・新規契約・乗り換え(MNP)
  • 対象プラン:ギガホ / ギガライト / 5Gギガホ / 5Gギガライト

割引キャンペーンの中には申し込みが必要なものが多いですが、ドコモのロング学割の場合は、面倒な手続きが必要ありません。対象のプランに対象となる手続きで契約すると、22歳以下なら自動的に割引が適用されます。

【ドコモのロング学割】詳細はこちら

ドコモのロング学割の詳しい内容や割引額は、以下の記事を参考にしてください。

格安SIMで購入

学割キャンペーンを実施している格安SIMは多くありません。そのため、学割を利用して格安SIMでiPhoneを購入する場合、学割が行われているか、iPhoneの取り扱いがあるかを確認しましょう。

学割キャンペーンを実施中かつ、iPhoneの取り扱いがある格安SIMは以下の通りです。

各社学割の対象年齢や条件が異なるので、事前に確認しておきましょう。

格安SIMでは、端末とのセット購入でiPhoneがお得に手に入る場合があります。iPhoneを安く購入したい方は、格安SIMもチェックしてみてください。

\4/7まで申込と一年無料!/
iPhone格安SIM通信アンケート

大手キャリアよりも格安SIM社の方がお得

iPhoneをお得に購入するには、月額料金が安いところを選ぶとよいでしょう。

大手キャリアと格安SIMを比べると、格安SIMの方が月額料金は安く設定されています。そのため、できるだけ安くiPhoneを利用したいなら格安SIMがおすすめです。

ただし、格安SIMでは大手キャリアから回線の一部を借りて運営しているため、時間によっては通信が不安定になる場合があります。また、サポート面でも実店舗がないなどの不便な点があります。

このようなデメリットはありますが、格安SIMでは設備費や人件費を抑えているため、安い金額でスマホサービスが提供できるのです。

格安SIMとキャリアの違いやお得情報は、こちらをご参考にしてください

iPhoneを学割で購入する際の注意点

iPhoneを学割を利用して契約する場合には、注意点があります。

事前に確認して学割を使い、お得にiPhoneを手に入れましょう。

iPhone本体は割引されないので注意

学割を利用してiPhoneを購入する場合には、基本的には端末代金の割引ではなく、月額料金の割引です。

解約や乗換した場合は本体の分割支払いが残る

大手3大キャリアでは、基本的には解約時に端末代金の残金が残っている場合には、解約後も毎月の端末代金の支払いは続きます。

解約時に一括で請求されることはありません。また、一括で支払いたい場合には、一括で支払うこともできます。しかし、解約後にはほかのキャリアを契約する人がほとんどでしょう。

もしもその際、端末を新しくするのであれば、端末代金を二重で支払うことになり負担になる可能性があります。

端末代金の購入を分割にする際には、契約内容やサービス内容を確認し、どれくらいそのキャリアでスマホを利用するかを考えてから契約するとよいでしょう。

格安SIM社で購入する場合は通信速度に注意

iPhoneを快適に使用するためには、通信速度のチェックが大切です。

格安SIMの中には通信速度が遅いものもあるので事前に確認してから契約しましょう。

通信速度が安定している格安SIM社を選ぶ

格安SIMは、月額料金の安さが魅力です。

しかし、安くサービスを提供できるのは、大手キャリアの回線を利用したり、契約をインターネットのみの受付にしたりと様々な工夫がされた結果です。

そして、キャリアの回線の一部だけを借りてサービスの提供を行っているため、混雑する時間帯には通信が不安定になる場合があります。速度も大手キャリアに比べると、遅い場合があります。

そのため、格安SIMを選ぶときには、通信品質が安定している格安SIMを選ぶことが重要です。

例えば、ワイモバイルUQモバイルは比較的通信速度が安定しているのでおすすめです。

このように、快適にiPhoneを利用するためには、契約前に通信速度などもチェックする必要があります。

学割の申請期間に注意して申し込む

学割キャンペーンは毎年、年末から春頃にかけて開催されています。

学割を利用するには、対象年齢や契約条件を満たした人が、受付期間内に契約手続きを行わなければなりません。

学割の受付期間は、キャリアによって異なります。だいたい11月頃から始まり、翌年の5月末頃までが多いようです。

申し込み期間を一日でもすぎると学割が適用されないので、日にちに余裕をもって手続きを行いましょう。

契約時の年齢で対象が判断される

学割の適用は、申し込み時の年齢が対象年齢以内であれば適用されます。もしも、学割適用期間中に誕生日を迎えて対象外の年齢となったとしても、学割の適用は継続されます。

申し込み日を1日でもすぎると、同じ契約をしても学割は適用されません。また、対象外の年齢になってしまうと、申込期間内であっても学割の適用はされません。

そのため、学割を利用する際には申込期日に余裕をもって行う必要があります。

学割を使わずにiPhoneを格安で使用する方法

学割を利用しても安くなるのは、一定の期間のみです。

より安くiPhoneを利用したいのであれば、譲り受けるか中古を利用すると安くすみます。

ほかにも、iPhoneを安く使う様々な情報をまとめましたので、ぜひ合わせてご覧ください。

使用していないiPhoneを譲ってもらう

iPhoneは端末価格が高いものが多く手がでないという人も多いでしょう。

iPhoneを安く利用したいなら、親などから使わなくなったiPhoneを譲ってもらい、そのiPhoneを使用すれば端末代金はかかりません。

大手キャリアや格安SIMでは、SIMだけの契約を受け付けています。iPhoneが手元にある場合には、iPhoneを持ち込んでSIMの契約を行えばiPhoneが利用できます。

この方法が最もiPhoneを安く利用できる方法です。

ただし、キャリアで動作確認ができていない端末は使用できない場合があります。

iPhone本体を持込で契約を行う場合には、事前に動作確認ができているかを確認してから契約を行いましょう。

格安SIM社で中古のiPhoneを購入する

iPhoneが手元にない場合には、iPhoneを安く購入するには中古のiPhoneを選ぶという方法があります。

格安SIMでは、中古のiPhoneを取り扱っている会社もあり、新品よりも安い価格でiPhoneが購入可能です。

契約とiPhoneの購入を一緒に行うことで、格安でiPhoneが手に入れられる格安SIMもあります。

このように、中古や未使用品を選べば安くiPhoneを手に入れられます。

学割を使ってお得にiPhoneを購入しよう

iPhoneの価格は高額なため、学割が利用できる年齢ならできる限り学割を使ってお得にiPhoneを手に入れたいものです。

学割を利用すると月額料金等が割引されて、お得にiPhoneが利用できます。

事前に適用条件をチェックして、お得に学割を利用してiPhoneを購入しましょう。

学割を利用したスマホ契約方法とキャンペーンを紹介しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

子どもに最新のiPhoneを買ってあげたい方は、学割以外に様々な最新iPhone情報とお得購入方法を紹介した記事をご参考にしてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年01月28日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。