[2020年]Apple Watch全シリーズの選び方!サイズ・バンド・素材とおすすめの組み合わせ

【2020年最新】Apple Watch全シリーズと選び方を完全解説!Series 3〜6のケースサイズ・素材・バンドの選び方とおすすめの組み合わせをまとめました。モデルごとの違いを知りたい方も必見です。
新型ihone12噂 [2020年]Apple Watch全シリーズの選び方!サイズ・バンド・素材とおすすめの組み合わせ

Apple Watchは、Appleが2015年4月から販売している腕時計型スマートウォッチです。

iPhoneの通知を受けることができたり、Apple Payにも対応していることから、iPhoneユーザーの中には使っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなApple Watchの選び方について紹介していきます。Apple Watchの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

Apple Watchの選び方

Apple Watchは2015年に販売が始まり、その後1年ごとにApple Watch Series 1~6モデルが登場してきました。

Appleでは現在、Series 3・Series 6・SEの3つのモデルが販売されています。AmazonなどではSeries 4を取り扱っていますが、多くの販売店・オンラインストアではSeries 3/6/SEの購入ができます。

ここでは、Apple Watchの選び方について解説していきます。

シリーズ

まずは、Series 3・Series 6・SEのどれにするか選択しましょう。

Series 3は2017年9月発売、Series 6・SEは2020年9月発売のシリーズ。価格を重視するなら、比較的安く購入できるSeries 3がおすすめです。

スペック面に関しての大きな違いは、搭載しているプロセッサーです。Series 3の32ビットデュアルコアプロセッサに対し、SEはそれよりも最大2倍速い64ビットデュアルコアプロセッサを搭載し、さらにSeries 6に搭載されているS6 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)はSeries 5と比べ、最大20パーセント高速というハイスペックです。

アプリの起動スピードなど操作性に大きく変わるため、快適に使用したい方や高性能なものを使いたいという方には、Series 6がおすすめです。

価格は抑えたいけど、ある程度スペックを求める方は、SEがおすすめです。

その他にも、機能の違いがあるため、自分に必要かどうかをチェックして判断しましょう。

  • 価格重視→Series 3
  • コスパ重視→SE
  • 性能重視→Series 6

ケースサイズ

出典:Apple

次に確認しておきたいのが、ケースのサイズです。

Apple Watchのケースは基本的に大サイズと小サイズの2種類が用意されています。Series 3は42mmと38mm、Series 6とSEは44mmと40mmから選べます。

操作がしやすく画面が見やすいのは大サイズコンパクトでスタイリッシュな印象になるのは小サイズなので、使いやすい方を選びましょう。

  • 見やすさ重視→44mm or 42mm
  • コンパクトさ重視→40mm or 38mm

ケースの素材

Series 6は、ケースの素材をアルミニウム・ステンレススチール・チタニウムの3種類の中から選択することができます。選ぶ素材によって価格が変わるため、自分の好みに合わせて選びましょう。

ステンレススチールは、サファイアクリスタルガラスが使用されていて強度が強く傷つきにくいことが特徴です。

価格がもっとも安く手軽につけやすいアルミニウムは、やや軽く1日中つけたり運動するときに使いたいという方におすすめです。

アルミニウム以外は、Series 6のGPS+Cellularモデルのみ選択可能です。見た目を重視したい方は、ケースの素材にもこだわって選んでみましょう。

Series 6のケースには、以下のカラーが用意されています。

  • アルミニウム:シルバー/スペースグレイ/ローズゴールド/ブルー/(PRPDUCT)RED
  • ステンレススチール:シルバー/グラファイト/ゴールド
  • チタニウム:チタニウム/スペースブラック

SEのケースには、以下のカラーが用意されています。

  • アルミニウム:シルバー/スペースグレイ/ローズゴールド

素材によって名称は違うものの、シルバー系・ブラック系・ゴールド系・ブルー系・レッド系の5種類があると言っていいでしょう。

後ほど紹介するバンドのカラーと合わせたり、普段の服装に合わせたり、好みのカラーを選択することができます。

なお、Series 3はアルミニウムのシルバーとスペースグレイの2色展開です。

セルラー・GPSモデル

Apple Watchには、「GPSモデル」と「GPS+Cellular(セルラー)モデル」があります。

どちらもiPhoneと連動して使用することができますが、GPS+CellularモデルはLTE通信にも対応しています。

iPhoneが近くになくてもアプリやメールなどのデータ通信が可能になるため、iPhoneを持たずにApple Watchだけを身に着けて外出したいという方におすすめです。

特に、スポーツやフィットネス時には、iPhoneを持ち歩く煩わしさがなく便利に活用できます。

ただし、GPS+Cellularモデルを使用する場合は、大手キャリアのドコモ・au・ソフトバンクのいずれかとオプション契約をして、iPhoneも同じキャリア契約することが条件となります。iPhoneを格安SIMで利用している方は注意してください。

詳しくは、Apple WatchのGPSとセルラーモデルの違いを解説した記事をご覧ください。

ストレージ容量

ストレージ容量は、Series 3とSeries 5の大きな違いの1つです。Series 3は、8GBと16GBの2種類ありますが、Series 6とSEはすべてのモデルが32GBとなっています。

そのため、Apple Watchに写真をたくさん保存したり音楽をダウンロードしたいという方は、ストレージ容量が大きいSeries 6かSEを選びましょう。

Apple Watchで音楽をダウンロードしない方や、大容量のデータを保存しないという方は、Series 3の8GBでも十分です。

バンド

▼スポーツバンド 出典:Apple ▼スポーツループ 出典:Apple ▼レザー 出典:Apple ▼ステンレススチール 出典:Apple

Apple Watchの魅力は、豊富な種類の中から好みのバンドを選び、自分好みにカスタマイズできるところです。

スタンダードな防水性のスポーツバンドや、カジュアルなスポーツループバンド、高級感のあるレザーバンドもあります。一般的な腕時計のようなステンレススチールバンドもあるため、シーンに合わせて使い分けができます。

それぞれカラーバリエーションも豊富なので、気分に合わせて付け替えることも可能です。

なお、Apple Watchのバンドは、ケースのサイズによって異なるので、購入する際は使用しているApple Watchに合うサイズかどうかを確認しましょう。

こちらの記事では、Apple Watchのおすすめバンドをまとめています。

現行Apple公式から発売されている3モデルを動画で比較しました。

Apple Watch Series 6/SE/5/4/3を一覧比較

現在の最新モデルはSeries 5ですが、新モデルではないSeries 3も十分な機能を搭載しているため、人気が高く選ぶ人も多いようです。

スペックやサイズなど、どのような違いがあるのでしょうか。Appleでは取り扱いが終了しているSeries 4もあわせて比較してみました。

機種名 Series 3 Series 4 Series 5 Series SE Series 6
発売年月 2017年9月 2018年9月 2019年9月 2020年9月 2020年9月
価格(Appleでの販売価格) 19,800円~ 45,800円~
(Appleでは取扱なし)
42,800円~
(Appleでは取扱なし)
29,800円~ 42,800円~
ケースサイズ 38mm/42mm 40mm/44mm 40mm/44mm 40mm/44mm 40mm/44mm
重さ 38mm:26.7g
42mm:32.3g
40mm:30.1g
44mm:36.7g
40mm:30.8g
44mm:36.5g
40mm:30.49g
44mm:36.20g
40mm:30.5g
44mm:36.5g
厚さ 11.4mm 10.7mm 10.7mm 10.4mm 10.4mm
チップ S3(32bitデュアルコア) S4(64bitデュアルコア) S5(64bitデュアルコア) S5(64bitデュアルコア) S6(64bitデュアルコア)
ストレージ 8GB/16GB 16GB 32GB 32GB 32GB
バッテリー駆動時間 最大18時間 最大18時間 最大18時間 最大18時間 最大18時間
防水 水深50mの耐水性能 水深50mの耐水性能 水深50mの耐水性能 水深50mの耐水性能 水深50mの耐水性能
ディスプレイ常時表示機能 × × ×
デジタルクラウン デジタルクラウン 触覚的なクリック感に対応 触覚的なクリック感に対応 触覚的なクリック感に対応 触覚的なクリック感に対応
心拍センサー 光学式心拍センサー 第2世代光学式心拍センサー 第2世代光学式心拍センサー 第2世代光学式心拍センサー 第2世代光学式心拍センサー
転倒検出 ×
位置情報 GPS GPS GPS/コンパス GPS/コンパス GPS/コンパス
ケースの素材 アルミニウム アルミニウム/ステンレス アルミニウム/ステンレススチール/チタニウム/セラミック アルミニウム アルミニウム/ステンレススチール/チタニウム

【用途別】Apple Watchおすすめの選び方

スポーツ時やビジネスの場など、様々なシーンで活用できるApple Watch。

好みだけでなく、用途別に使いやすいモデルを選ぶことをおすすめします。

なるべく安く手に入れたい

新品で購入する場合、価格が安いのはSeries 3です。Apple Payやその他基本的な機能は搭載されているため、Series 6やSEで新登場した機能は必要ないという方には十分でしょう。

また、Apple Watchを中古で購入するという方法もあります。初代・Series 1・Series 2・Series 4・Series 5は、Appleでの販売が終了しているため中古品のみ手に入れることができます。

そのため、Apple Watchをなるべく安く手に入れたい方は、Series 3を新品で購入するか、中古品を購入しましょう

ビジネス・スーツにも合わせたい

Apple Watchは、カジュアルな腕時計というイメージが強いですが、実はビジネスシーンでも活躍します。

スケジュールの確認や、目的地までのおおよその移動時間を教えてくれる機能など、仕事に役立つ機能が充実しているのです。

ビジネスシーンで使用したい場合は、ケースやバンドの色をシルバー系やブラック系にすれば、スーツにも合わせやすく問題ないでしょう

また、ケースは高級感ある素材を選んだり、バンドもレザーや一般的な腕時計のようなステンレススチールを選ぶとより自然なスタイルになります。

さりげなく付けたい・華奢に見せたい

一般的な腕時計よりもサイズが大きいため、主張が強いと感じてしまうApple Watchですが、自然に見えるおしゃれなバンドもたくさん販売されています。

有名な人気ブランドからもApple Watchのバンドが販売されているため、さりげなく付けたい方はバンドで工夫してみましょう。ケースサイズも小さい方を選択すると、より華奢な印象になります。

さらに、Apple Watchは「Hermès」とのコラボ商品も発売しています。通常のApple Watchよりも価格は高くなりますが、見た目にこだわりたい方にはおすすめです。

カジュアルな私服に合わせたい

Apple Watchをカジュアルな私服に合わせたいなら、細めのシリコンバンドもしくは布製のスポーツループタイプがおすすめです。

Apple Watchのバンドはカラーバリエーションも豊富なので、その日のコーディネートに合わせて付け替えることも可能です。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年09月16日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード