Androidおすすめ
  • スマホ

【au】スマホのテザリング設定・申込方法|評判・注意点・料金を紹介!無料で使える?

auのスマホではテザリングが使えます。これを利用することで、スマホを媒介にしてネット接続が可能です。テザリングを使うには申し込みや設定が必要です。評判や注意点も含めて利用方法を知り、知識を深めて便利に使いこなしましょう。
モバイル保険 【au】スマホのテザリング設定・申込方法|評判・注意点・料金を紹介!無料で使える?

大手キャリアであるauは、充実したサービスを提供しており、便利に使えるのが特徴です。提供サービスのひとつにテザリングがあり、これを使うことでスマホをモバイルルーター代わりにして、ネットに接続できます。

auのスマホでテザリングを使うには、オプションの申し込みが必要です。機能の特徴から使用方法まで理解を深め、便利な機能を上手に使いこなしましょう。

目次

auのテザリング機能の特徴

auのテザリングを使いこなすには、まずは基本的な特徴から知ることが大切です。

  • 利用シーンに応じてテザリングの種類が選べる
  • 料金はプランによって異なる
  • 申し込み当日から使える
  • テザリング中でも電話の発着信が可能
  • 有料か無料かに限らず申し込みが必要
  • 解約したい場合も自分で手続きが必要

これらの点への理解を深め、基礎知識を身につけていきましょう。

利用シーンに応じてテザリングの種類が選べる

テザリングは接続方法が、以下の3つに分けられます。

  • WiFiテザリング
  • Bluetoothテザリング
  • USBテザリング

それぞれスマホを媒介にして、別の通信機器でネットに接続できる点は共通しています。しかし、接続の方法や特徴は違うため、それぞれを使い分けることが大切です。

接続方法を使い分けることで幅広いシーンに対応でき、より便利にテザリングが使えるでしょう。

WiFiテザリングとは?

WiFi電波を使って接続するテザリングは、複数機器に同時接続できるのが特徴です。最大5台まで接続でき、対応している機器の範囲も広いです。

WiFi対応の機器なら接続が可能なため、タブレットからパソコン、その他通信機器にも利用できるでしょう。

また、データ通信は高速で、比較的安定性も高く使い勝手にも優れています。動画の視聴や、複数人でネット回線をシェアするといった使い方に向いているでしょう。

Bluetoothテザリングとは?

Bluetooth機能を使ったテザリングは、1台のみの接続です。接続する機器もBluetoothに対応している必要はありますが、パスワードの入力が不要で、簡単に繋げられるのは魅力でしょう。

最初の設定を行うだけで、後は親機と子機でBluetoothをオンにするだけで接続できます。

また、WiFi接続に比べるとバッテリー消費量は少なく、およそ10分の1程度の充電消費で接続が可能です。

充電ができない外出先での使用に向いており、長時間テザリングを使用する人におすすめの方法でしょう。

USBテザリングとは?

スマホごとに対応したUSBケーブルを使った、有線接続でのテザリングも可能です。

有線接続のため、1台限りの接続ですが、その分安定性は高いです。電波環境に左右されづらいのが特徴で、通信速度、安定性ともに優れているのが魅力でしょう。

また、パソコンと接続する場合、機種によってはテザリングを使いながら充電が可能です。

バッテリー消耗が激しいのはテザリングで悩みやすいポイントですが、これが解消できるのは非常に便利でしょう。

パソコン接続で使用することが多く、長時間使いたい人やビジネスでの利用におすすめの接続方法です。

料金はプランによって異なる

テザリング機能は無料で利用できるわけではなく、オプションとして加入しなければなりません。ただし、一部無料で使える場合もあり、加入しているプランによって料金は異なります。

申し込みの際にはプランを確認し、料金がかからないか確認しておくと良いでしょう。プランごとによる金額の違いはなく、有料の場合はどれも月額550円(税込)で利用できます。

料金プランごとのテザリングオプション料金をまとめてみました。

【テザリングオプション利用料金無料】

  • データMAX 5G
  • データMAX 5G Netflixパック
  • ピタットプラン 5G
  • auデータMAXプラン Netflixパック
  • auデータMAXプランPro
  • auフラットプラン7プラスN
  • ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)
  • auピタットプランN(s)
  • ケータイシンプルプラン/ケータイカケホプラン
  • VKプランS(N)/VKプランM(N)


【テザリングオプション利用料金 550円(税込)/月】

  • auフラットプラン20N/25 NetflixパックN
  • タブレットプラン20

申し込み当日から使える

テザリング機能の申し込みは、My au、ショップ、電話全ての方法で行えます。ショップと電話は申し込み当日から利用でき、My auから申し込んだ場合は、時間帯によっていつ適用されるかが異なります。

9時から20時までの申し込みなら当日から使えますが、20時以降の申し込みだと翌日9時以降からの適用となるため注意しましょう。

また、どの方法で申し込んだ場合でも、テザリングを使うには一度スマホを再起動しなければなりません。当日適用の場合でもこれは同じため、申し込み後は必ず再起動しましょう。

テザリング中でも電話の発着信が可能

テザリングを使って通信機器の接続をしている場合でも、親機で電話の発着信は可能です。しかし、音声通話を使用している場合は、そちらが優先されます。そのため、一時的に接続が切れてしまうことは理解しておきましょう。

着信を受けただけでは通信が切れることはないため、重要なデータ通信をしているなら、それを終えてから電話に出ることが大切です。

有料か無料かに限らず申し込みが必要

加入しているプランによって、テザリングが有料か無料かは異なりますが、どちらの場合でも使うには申し込みが必要です。たとえ無料に該当するプランでも、申し込みなしでは機能が使えないことは覚えておきましょう。

申し込みは契約途中からだけではなく、契約時にも可能です。テザリング機能を使いたいなら、新規契約や機種変更の際に、最初から申し込んでおくと良いでしょう。

解約したい場合も自分で手続きが必要

利用するには自身で申し込まなければならないのと同様、解約も自分で行わなければなりません。テザリングはオプションのため、いつ解約しても違約金は発生しません。

本体契約のように期間の縛りがないため、不要になったらすぐに解約することが大切です。使わないのに加入し続けていると、有料の場合は月額料金がかかり続けるため注意しなければなりません。

auでお得に機種変更する

auでテザリング機能を申し込む時の流れ

テザリングの申し込み方法は、以下の3つです。

  • パソコンやスマホで申し込む場合
  • auショップで申し込む場合
  • 電話で申し込む場合

どの方法でも申し込みさえ完了したなら、テザリングが使えます。方法ごとの違いを知り、もっともやりやすい方法で申し込みましょう。

パソコンやスマホで申し込む場合

My auにアクセスすることで、パソコンやスマホから申し込みが可能です。まずはサイトにログインし、オプションのメニューからテザリングを選ぶだけで申し込みできます。

9時から20時までに申し込んだ場合は、申し込み後5~10分後にスマホを再起動しましょう。再起動完了後、申し込みが反映されているなら、即時テザリングが使えます。

\新キャンペーン続々登場!/

auショップで申し込む場合

店舗での申し込みの場合は、スタッフにテザリングのオプションに加入したい旨を伝えるだけで済みます。難しい設定もなくオプションを追加してくれるため、やり方がよく分からない人におすすめでしょう。

店舗によって営業時間が多少前後するため、最寄りの店舗はいつまでやっているか事前に確認しておくのがおすすめです。

auショップで申し込む場合に必要なもの

ショップでテザリングを申し込む場合は、以下の3点が必要です。

  • 印鑑
  • 本人確認書類
  • テザリングに加入したいスマホ

本人確認書類はコピーは不可で、原本での申し込みとなるため注意が必要です。テザリングを適用する際には、スマホを操作しながら設定を行うため、該当端末の持ち込みは必須です。

法人の場合は、法人印や社員証、名刺といったものが必要で、個人の場合と必要なものが違うことも覚えておきましょう。

電話で申し込む場合

電話申し込みの場合、auで契約している端末からかけるなら「157」で繋がります。au回線以外からかける場合は、「0077-7-111」にかけましょう。電話では音声ガイダンスに従って操作を進めた後、オペレーターに繋がります。

オペレーターにテザリングに加入したいことを伝えると、手続きをしてくれます。申し込み完了後、数分して再起動すると、テザリングは使用可能です。

auでお得に機種変更する

テザリングでギガをたくさん使う場合は、事前に大容量プランに変更しておきましょう

詳しくは、auの料金プラン変更手順と変更すべきタイミングで解説しています。

auのスマホでテザリングを設定する方法

テザリングを使うには、申し込み後に端末で設定をしなければなりません。設定方法はOSによって異なります。

  • iPhoneでテザリング機能をオンにしたい場合
  • Androidでテザリング機能をオンにしたい場合

iPhoneとAndroid、それぞれの方法を知り、スムーズにテザリングを使いましょう。

iPhoneでテザリング機能をオンにしたい場合

iPhoneの場合は、以下の手順で操作します。

  • 設定アプリからインターネット共有をタップ
  • インターネット共有のタブをオン
  • 「WiFiとBluetoothをオンにする」をタップ
  • 子機で接続設定をする

まずは設定からインターネット共有を開き、テザリング機能をオンにしましょう。オンにすると接続方法についての表示が出ます。

すでに全ての接続方法を許可している場合は、この表示は出ません。テザリングがオンになっている状態で、通信機器に接続すると、子機でネットが利用できます。

iPhoneでテザリング機能を使うための準備とは

テザリングを使うための準備は、接続方法によって異なります。WiFi接続なら、接続するSSIDとパスワードの確認が必要です。Bluetoothの場合は、親機のネットワーク名を確認しておきましょう。

USB接続の場合は、親機と子機、両方に対応するケーブルが必要です。使用したい接続方法に合わせて事前準備を行うことが、スムーズにテザリングを使うためには大切です。

Androidでテザリング機能をオンにしたい場合

Androidの場合は、以下の手順で操作します。

  • 設定アプリからネットワーク設定を開く
  • テザリングの項目を開く
  • 接続方法ごとの設定をオンにする
  • 子機で接続設定をする

端末によって多少の違いはありますが、基本的には設定からネットワーク関連の項目に進むとテザリングの項目が出てきます。

「その他の設定」「無線とネットワーク」といった名称があるなら、それをタップしましょう。テザリングの項目では、WiFi、Bluetooth、USBの設定画面に分けられます。

全てをオンにしなくても、使用する接続方法に絞って設定を変えることも可能です。親機の設定完了後は、子機で接続方法に合わせた設定をして準備は完了です。

Androidでテザリングが切断されてしまう場合は

Android端末では、テザリングで接続してから5~10分程度端末の操作がないと、自動で接続が切れます。これは初期設定によるもののため、不便に感じるなら設定を変更しましょう。

端末によって詳細な設定画面は違いますが、「テザリング」の項目から自動切断時間は変更可能です。

「省電力」「接続待ち時間」「タイムアウト」といった設定画面から操作できるため、これらから自動切断時間を変更しましょう。

auでお得に機種変更する

auのテザリング機能に関する注意点

テザリングは便利な機能ですが、一部注意点もあります。

  • テザリングも通信速度制限の対象になっている
  • テザリングオプション特典の受付はすでに終了している
  • テザリングが有効にならない場合は電源をオフにする
  • 通信制限はデータチャージで解消することができる
  • 海外で使うと別料金が発生する

上手に使いこなすためにも、注意点への理解も深めておくことが大切です。

テザリングも通信速度制限の対象になっている

加入しているプランごとに上限は違いますが、auでは月間データ使用量に制限があります。これを超えると通信速度制限がかかりますが、テザリングもこの対象のため注意しなければなりません。テザリングを使う場合、子機で使用しているデータ使用量は、全て親機の負担になると考えましょう。

通信制限がかかるとネットは低速となり、当然テザリング機能の通信性能にも影響します。テザリングの使用自体は可能でも、ネットが低速で使い勝手が悪くなってしまうため、データ使用量には注意が必要です。

速度制限を気にしたくない方はポケットWiFiの導入をおすすめします。おすすめなWiFiを徹底比較したので、気になる方はあわせてお読みくださいね。

テザリングオプション特典の受付はすでに終了している

有料プランでも最大2年間無料でテザリングが利用できる特典がありましたが、2019年4月現在では終了しています。そのため、無料プラン以外は全て利用には全て月額550円(税込)がかかります。

今後も無料のキャンペーンが実施される可能性はありますが、明確に決まっているわけではありません。キャンペーンは日々変動するため、お得に使えるタイミングがないか、常にチェックしておくことが大切です。

テザリングが有効にならない場合は電源をオフにする

オプションの申し込みをしても、すぐにはテザリング機能が有効にならない場合があります。これは申請内容の反映に時間がかかっているからで、数分待って再起動しなければなりません。申し込み後、端末を再起動しないとテザリング機能は使えないため注意が必要です。

申し込んだはずなのにいつまでも使えないという場合は、再起動していない可能性が高いです。オプションは使用の有無に関係なく、加入している時点で料金が発生するため、加入したままいつまでも使えないということにならないよう注意しましょう。

通信制限はデータチャージで解消することができる

通信制限にかかった場合は、翌月になるまで待つか、データチャージをして解消できます。データチャージならすぐに制限はなくなりますが、その分コストがかかるため注意が必要です。チャージ量が多すぎると、テザリングを使うよりもモバイルWiFiをレンタルしたほうが安い場合もあるでしょう。

必ずしもテザリングが便利でお得とは限らないため、使用環境に応じては別のネット利用方法も考えなければなりません。

海外で使うと別料金が発生する

テザリング自体は海外でも使えますが、国内での使用とは違って高額なパケット料金がかかるため注意しなければなりません。そもそもテザリングに限らず、海外でのモバイル通信には高いパケット料金がかかります。

コストを抑えるには公共WiFiやレンタルのモバイルWiFiを使う、プリペイド式のSIMを買うといった工夫が必要です。国内と同じ感覚で使っていると、帰国後に高額な請求が来るため注意しなければなりません。

auでお得に機種変更する

auのテザリングの良い評判

auのスマホでテザリングを使うべきか悩んでいるなら、良い評判を参考にして、魅力をさらに知っていきましょう。

  • ルーターやLANケーブルを準備する手間がなくて良い
  • 思っていたよりも速度が速い
  • スマホの電波が繋がればどこでも利用できる

どのような点が便利かを知ることで、使用時のイメージもしやすく、加入の後押しにもなります。

ルーターやLANケーブルを準備する手間がなくて良い

テザリングは親機となるスマホと、接続する子機が揃っているだけで通信できます。USB接続の場合は、それぞれに対応するケーブルが必要ですが、準備するものといってもそれだけです。

回線契約をする場合だと、ルーターやLANケーブルを買ったり、回線の開通工事をしたりしなければなりません。これと比較すると準備は圧倒的に楽で、時間もコストもかけずに利用できるのは大きな魅力でしょう。

思っていたよりも速度が速い

通常通り回線を使用する場合と、テザリングで接続した子機では、子機のほうがどうしても通信速度は下がります。しかし、通信速度が下がるといっても、動画の視聴程度なら問題なくできる速さです。

思いのほかスピードが出て快適に使えるといった意見は多く、よほど特殊な環境でない限り、不便を感じることはないでしょう。

電波環境が悪かったり、接続台数が多いとスピードは落ちますが、それでもネットを見るだけなら十分な速度が確保されていることも多いです。通信性能は優れており、どの接続方法でも一定以上の品質を保てているのも魅力でしょう。

スマホの電波が繋がればどこでも利用できる

WiFiやBluetoothでの接続に関しては、電波環境があるだけで利用可能です。子機の通信機器以外に準備するものがなく、荷物が少なくて済むのも魅力でしょう。

外出先での使用が多い人にとっては、スマホと子機の準備だけで使えるため、荷物がかさばらないのも嬉しいポイントです。

auでお得に機種変更する

auのテザリングの悪い評判

auのテザリング機能では、残念ながら悪い評判もあります。

  • 有料化するのはおかしい
  • データがすぐ一杯になってしまう
  • ゲームをプレイするのは向かない
  • スマホのバッテリー消費が大きい

良い評判だけではなく、悪い評判も知って、利用するかどうかの検討に役立てましょう。

有料化するのはおかしい

プランによって違いはありますが、auでは一部テザリングは有料オプションで加入しなければなりません。その他大手キャリアや格安SIMでは、テザリングは無料としているところも多く、有料に不満を持つ人は少なくありません。

プランの組み合わせ次第では無料利用も可能ですが、選択肢が限られてしまう点が評判の悪さに繋がっています。

データがすぐ一杯になってしまう

通信量の消費が激しいのはテザリングのデメリットで、速度制限にかかりやすいです。特に複数台同時接続していると、データ使用量は爆発的に増加します。

連続使用していると、すぐにデータ使用量が上限に達してしまい、通信制限がかかるのは多くの人がデメリットに感じているポイントです。

ゲームをプレイするのは向かない

通信速度の速さから、テザリングを使ったオンラインゲームのプレイは可能です。しかし、快適に利用できるかどうかはゲームの種類によって違い、一部不向きな場合もあります。解像度が高かったり、動作が複雑で速かったりするゲームは、テザリングのスピードでは快適な利用が難しいでしょう。

通信速度自体はそれほど遅くないものの、通信の安定性はやや低いです。キャリアの回線や固定の光回線に比べると、テザリングの通信品質は格段に劣ります。使用用途次第では、便利に使えない場合があるのも、悪い評判が立ってしまう原因です。

スマホのバッテリー消費が大きい

テザリング中は通信量の消費だけではなく、バッテリー消費量も爆発的に増えます。100%に充電していても、テザリングを連続使用していると、すぐに充電切れになってしまうことも多いです。

バッテリー消費が大きいため、外出先での使用は必要最低限に抑えたり、モバイルバッテリーを持ち歩いたりしなければなりません。親機のバッテリーを気にしながらの使用となるため、長時間使うことを想定している人は、不便を感じやすいでしょう。

auでお得に機種変更する

auでテザリング機能を使うのがおすすめな人

良い評判、悪い評判を踏まえると、テザリング機能は全ての人におすすめできるわけではありません。

  • ネットが急に使えなくなってしまった人
  • 容量の大きいプランに加入している人
  • 外出先でネットを使って仕事がしたい人
  • ネットをすぐに使いたい人

これらの特徴に当てはまる人におすすめの機能と言えるため、自身の使用環境をチェックして、テザリングを使うべきか考えてみましょう。

ネットが急に使えなくなってしまった人

自宅で固定回線を引いていたものの、それが突然使えなくなった場合には、テザリングの使用がおすすめです。固定回線は常に安定して使えるわけではなく、電波障害や電線トラブルによって、一時的に使えなくなることもあります。

テザリングは固定回線には劣るものの、緊急時の使用ならそれほど問題なく使えるでしょう。メインで使うというよりは、サブで使うことを想定したほうが、テザリングは便利に利用しやすいです。

容量の大きいプランに加入している人

快適にテザリングを使うには、ある程度容量の大きいプランに加入しておかなければなりません。20GB以上の大容量プランに加入している人なら、テザリングも利用しやすく、おすすめ度は高いです。

ただし、容量が大きいプランに加入していても、テザリング使用以前の自体で上限いっぱいまで使用している人は注意が必要です。テザリングがおすすめなのは、あくまでデータ容量に余裕がある場合に限ります。

すでに上限ぎりぎりまで使っているのに、テザリングまで使ってしまうと、すぐに制限がかかってしまうため注意しなければなりません。

外出先でネットを使って仕事がしたい人

普段からパソコンを使うことが多く、外出先でもネット接続の必要性があるなら、テザリングがおすすめです。パソコンでのネット閲覧、メールのチェック程度なら、テザリングを使ってもそれほどデータ量の消費はありません。

移動時の必要な時に、必要な分だけ接続するという方法なら、データ容量がそれほど大きくないプランでも、問題なく使えるでしょう。外出先でネットに接続する必要はあるものの、モバイルWiFiをレンタルするほどではないなら、テザリングで代用するのがおすすめです。

ネットをすぐに使いたい人

自宅に固定回線を引く予定で、開通するまでの繋ぎにテザリングを使うのもおすすめです。業者や時期によって違いはありますが、回線工事は申し込みから数週間しないと実施されないことも多いです。工事を待っている間も、すぐにネットを使いたいなら、しばらくの間はテザリングで間に合わせるのが良いでしょう。

テザリングならオプション加入だけですぐにネットが使えるため、モバイルWiFiのように機器のレンタル契約も不要です。即座に使い始められ、ネットが通るのと同時に解約も可能なため、期間を絞っての利用もおすすめでしょう。

auでお得に機種変更する

auのデザリングを利用してどこでも自由にネットを楽しもう

auでは加入しているプランによって、テザリングが無料かどうかは異なります。たとえ有料でも月額550円(税込)という安価で利用でき、便利に使えるのは確かです。

注意点もありますが、気を付けて使うならマイナス点も回避できます。テザリングを上手に使いこなし、auのスマホをさらに便利に利用しましょう。

auでお得に機種変更する

公開日時 : 2021年07月07日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード