海外旅行ではレンタルWiFiがお得|選ばれる理由と各社の特徴を比較

海外でも使えるレンタルWiFiをご存知ですか。海外旅行に行く際は、レンタルWiFiを用意しておくと通信料金がお得になります。レンタルWiFiが選ばれている詳しい理由や自分に合ったものを探せるよう各社を比較をして紹介します。
【公式】カシモWiMAX 海外旅行ではレンタルWiFiがお得|選ばれる理由と各社の特徴を比較

旅行先の海外でスマホを利用するとき、レンタルWiFiを持って行くと、その国や土地の通信状態に影響されることなく快適なネットライフを送れます。

ただし、便利なレンタルWiFiにも注意点があります。自分に使い勝手のよいレンタルWiFiを選べる各社比較や注意点などを詳しく解説します。

海外旅行でレンタルWiFiをおすすめする理由

海外旅行においてレンタルWiFiがおすすめの理由は3つあります。

料金がわかりやすい

レンタルWiFiがおすすめの理由1つ目は、料金のわかりやすさです。

海外でスマホやタブレットを使用する際不安になるのは、高額な料金がかかってしまうということではないでしょうか。

レンタルWiFiではその心配がなく、高額請求がくることはありません。

高額請求の可能性を防げる

海外に行っても使用しているキャリアと現地が提携している場所であれば、キャリアの回線を利用できます。キャリアの回線が届く範囲であればそのWi-Fをi利用できるため、高額請求が来ることはありません。

しかし、キャリアの回線が届かない場所に行ってしまうと現地の回線と接続されてしまいます。

この状態はデータローミングといい、契約している料金プラン外の料金が発生するため高額請求へと繋がります。

データローミングしないためには、設定画面からデータローミングの項目を見つけオフしておきましょう。

ただし、データローミングをオフにするとモバイルデータ通信はできません。通信を行うには、レンタルWiFiを持ち歩くなどWiFi環境を作る必要があります。

定額料金で安心

キャリアごとに海外での利用も含めた定額料金のプランがあります。このプランの多くはWiFi利用を基本としているため、WiFiを使用していないときはデータ通信量がかかります。

一方、レンタルWiFiは定額料金のため、通信料の使いすぎを心配する必要がありません。

ただし、キャリアにより条件がついている場合もあるので確認しておきましょう。例えば、ドコモの海外パケ・ホーダイを契約している場合、24.4MBまで1,980円/日(非課税)でそれを超えると2,980円/日(非課税)で利用できます。

どんなに利用しても速度制限のないうれしいプランですが、レンタルWiFiを用意しておけば最低限の料金になります。また、レンタルWiFiも1日単位の定額制です。

セキュリティ面で不安が少ない

空港や大手チェーンの飲食店、ホテルなど、公衆の無料WiFiがある国も多くありますが、セキュリティが低いためパスワードや個人情報などが流出する恐れがあります。

一方、レンタルWiFiはセキュリティ面もしっかりしているため、パスワードや個人情報が流出することはありません。

ウィルスに感染する可能性があるフリーWiFiを利用するよりも、1日数百円で安全・安心を得られるならレンタルWiFiのほうが圧倒的にお得です。

複数人で利用するとお得

WiFiは複数台接続可能です。そのため、レンタルWiFiを使う人数は、多ければ多いほどお得になります。ただし、利用できる台数制限が設けられているため、その範囲内になります。

例えば、レンタルWiFiの台数制限が10台、10人で使用するとします。レンタルWiFiの利用料が1日600円(税抜)、3日分の1,800円(税抜)の場合、10人で割れば1人あたりの利用料金は180円(税抜)と安く利用可能です。

海外のレンタルWiFi5社比較

海外旅行に便利なレンタルWiFiを提供している5社を比較してみましょう。

グローバルWiFi イモトのWiFi jetfi Wi-Ho! ジャパエモ
対応国数 200ヶ国以上 200ヶ国以上 100ヶ国以上 200ヶ国以上 200ヶ国以上
1日の定額料金 4G:570円(税抜)~ 4G:540円(税抜)~ 4G:680円(税抜)~ 4G:980円(税抜)~ 4G:430円(税抜)~
接続可能台数 5台まで 5台まで 端末により、5~8台 5台まで 5台まで
支払い方法 クレジットカード、コンビニでの後払い、請求書払い(法人のみ) クレジットカード、コンビニでの後払い、Amazon Pay クレジットカードのみ クレジットカード決済、コンビニでの後払い、Amazon Pay クレジットカードのみ
複数ヶ国プラン あり あり あり あり ヨーロッパ周遊のみ

対応地域が多いグローバルWiFi

グローバルWiFiは、国内18空港に38ヶ所のカウンターが設けられており、手続きのしやすさが魅力です。また、ハワイ・韓国・台湾・ロサンゼルスの空港などでもレンタルWiFiを受け取れます。

グローバルWiFiの特徴

アメリカ・カナダ・ハワイ・東南アジア・韓国・台湾・ヨーロッパなど、200以上の国と地域に対応しています。

24時間365日の安心サポートがあり、LINE・Skype・メール・電話で問い合わせが可能なので急なトラブル時も安心です。また、渡航中に契約している容量を使い切ってしまっても容量追加が可能です。

WEB規定申込期限内に申し込むと早割特典が適用されお得です。業界最多の国と地域で使えるグローバルWiFiは、初めてレンタルWiFiを使う人におすすめです。

実際のレンタル料金

グローバルWiFiのレンタル料金の計算方法は(1日の定額料金+オプション)×渡航日数=レンタル料金(税抜)です。

1日当たりの容量のプランには、通常(300MB)・大容量(600MB)・超大容量(1.1GB)・無制限の4種類があります。また、定額料金は渡航先の国と通信容量と回線速度によって変わります。

定額料金の一例は以下の通りです。

渡航先 容量 1日の定額料金(4G)
ハワイ 通常(300MB) 1,170円(税抜)
大容量(600MB) 1,470円(税抜)
超大容量(1.1GB) 1,670円(税抜)
無制限 2,370円(税抜)
韓国 通常(300MB) 870円(税抜)
大容量(600MB) 1,170円(税抜)
超大容量(1.1GB) 1,370円(税抜)
無制限 2,070円(税抜)
台湾 通常(300MB) 1,170円(税抜)
大容量(600MB) 1,370円(税抜)
超大容量(1.1GB) 1,570円(税抜)
無制限 2,070円(税抜)

例えば、ハワイへ通常(300MB)を3日レンタルした場合の料金を計算してみましょう。オプションはなしとします。

1日あたりの通常(300MB)は1,170円(税抜)なので(1,170円+0円)×3日=3,510円となります。料金は早割や延滞金などにより変動しますが、だいたい3,150円(税抜)で3日間レンタル可能です。

返却までの流れ

グローバルWiFiは、インターネットから申し込みます。申し込み後の受取・返却方法は3種類です。

受取・返却場所 受取・返却方法 手数料もしくは配送料
空港 国内18ヶ所の空港の35ヶ所のカウンターで受取・返却可能。 受取手数料500円(税抜)
宅配便 出発日の2日前15時までに指定住所へと配送。返却は帰国日当日に同梱の元払い伝票にて配送手続きする。 配送料500円(税抜)
渡航先の現地 ハワイ・韓国・台湾・ロサンゼルスの空港もしくは現地のグローバルWiFiオフィスで受取・返却可能。 受取手数料500円(税抜)

空港受取の場合、カウンターに並ばすに受け取れる専用ロッカーが設けられています。受取専用ロッカーがあるのは、成田・羽田・中部国際・関西国際・伊丹・新千歳・福岡・北九州・鹿児島・みやこ下地島です。

また、宅配便での返却の場合、帰国時刻が16時を過ぎてしまうときは、翌日の16時までに返送すれば大丈夫です。返却時間を過ぎてしまうと延長料金が発生します。

グローバルWiFiのお申し込みはこちら

キャンペーンがお得なイモトのWiFi

ゼネラルリサーチが行ったアンケートで、お客様満足度No1・海外旅行者が選ぶNo1・顧客対応満足度No1に輝いたのがイモトのWiFiです。様々なキャンペーンが定期的に行われているので、利用前にチェックしてみてください。

イモトのWiFiの特徴

年間100万人以上が利用する人気の高いイモトのWiFiには、豊富な期間限定キャンペーンや早割があり、お得に利用できます。

期間限定キャンペーンは定期的に用意されており、最大50%OFFで利用可能です。また、期間限定キャンペーンがないときでも早割を活用すれば、最大20%で利用できます。

早割は30日前の予約で10%OFF・45日前の予約で15%OFF・60日前の予約で20%OFFです。さらに、韓国やハワイなど、イモトのWiFiが指定する国では大容量オプションを無料で利用できます。

実際のレンタル料金

イモトのWiFiのレンタル料金の計算方法は(1日の定額料金+オプション)×渡航日数=レンタル料金(税抜)です。

1日当たりの容量のプランには、大容量(500MB)・ギガ(1GB)・無制限(使い放題)・30日パック(500MB)があります。定額料金の一例は次の通りです。

渡航先 容量 1日の定額料金(4G)
ハワイ 大容量(500MB) 1,580円(税抜)
ギガ(1GB) 1,880円(税抜)
無制限(使い放題) 2,380円(税抜)
30日パック(500MB) 28,000円(税抜)
韓国 大容量(500MB) 680円(税抜)
ギガ(1GB) 1,580円(税抜)
無制限(使い放題) 2,080円(税抜)
30日パック(500MB) 14,200円(税抜)
台湾 大容量(500MB) 1,080円(税抜)
ギガ(1GB) 1,580円(税抜)
無制限(使い放題) 2,080円(税抜)
30日パック(500MB) 19,500円(税抜)

例えば、ハワイへ大容量(500MB)を3日レンタルした場合の料金を計算してみましょう。オプションはなしにします。

1日あたりの大容量(500MB)は1,580円(税抜)なので(1,580円+0円)×3日=4,740円となります。料金は早割や延滞金などにより変動しますが、だいたい4,740円(税抜)で3日間レンタル可能です。

返却までの流れ

イモトのWiFiは、インターネットから申し込みます。申し込み後の受取・返却方法は3種類です。

受取・返却場所 受取・返却方法 手数料もしくは配送料
空港 新千歳・成田・羽田・中部・関西国際・福岡空港のカウンターで受取・返却可能。24時間返却BOXもあり。 受取手数料500円(税抜)/台です。
宅配 出発2日前の16時までに指定の場所へ配送。返却は帰国日の翌日までに発送手続きを行う。

配送料500円(税抜)/台です。また、返却時の配送料は利用者負担。

東京本社 出発2日前の17時までに受取。返却は帰国後2日以内。 無料

帰国日から2日以上経ってしまうと延滞金が発生します。延滞金は1台あたり2,000円(税抜)/日です。

海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi

かけ放題プランがあるjetfi

jetfiは世界100カ国以上の国で利用可能です。格安で大型バッテリー内蔵の海外WiFiルーターをレンタルできます。

jetfiの特徴

jetfiには、海外WiFiルーターに通話機能が搭載されているjet-phoneがあります。レンタル料金は1日180円(税抜)で時間を気にせずかけ放題です。

ただし、通話にかかるパケット通信量は、IP電話のため利用しているプランの容量から使用されます。また、jetfiには、出張やホームステイ、留学に最適な長期割プランがあります。

30日以上滞在する方に向けた最大64%お得に利用できるプランです。国際電話をメインで使いたい方や長期利用したい方におすすめです。

実際のレンタル料金

jetfiのレンタル料金の計算方法は(1日の定額料金+オプション)×渡航日数=レンタル料金(税抜)です。

1日当たりのプランにはアジアプラン・グローバルプラン・無制限の3種類があります。容量は350MB・500MB・1GB・無制限の4種類です。

長期割プランの容量は30日・60日・90日の3種類があり、容量は500MBのみです。料金のわかりやすさも魅力のjetfiの通信料は、次の表を参考にしてください。

プラン 容量・日数 アジアプラン グローバルプラン 無制限
通常レンタル 350MB 680円(税抜) 980円(税抜) なし
500M 980円(税抜) 1,280円(税抜) なし
1GB 1,280円(税抜) 1,580円(税抜) なし
無制限 なし なし 1,580円(税抜)
長期割プラン 30日 12,800円(税抜)(426円/日)

15,500円(税抜)(516円/日)

なし
60日 23,000円(税抜)(383円/日) 29,000円(税抜)(483円/日) なし
90日 31,500円(税抜)(350円/日) 40,500円(税抜)(450円/日) なし

アジアプランは中国・香港・マカオ・日本・台湾・韓国・シンガポール・マレーシア・インドネシア・フィリピン・タイ・ベトナム・カンボジア・ラオス・カザフスタン・モンゴル・インド・バングラデシュ・スリランカ・パキスタン・ネパール・ミャンマー・アラブ首長国連邦・サウジアラビア・カタール・バーレーン・イスラエル・ヨルダンで利用できます。

グローバルプランは世界100ヶ国以上で対応しています。無制限プランは北アメリカ・アジア・ヨーロッパの28ヶ国です。

例えば、ハワイへ350MB容量のものを3日レンタルした場合の料金を計算してみましょう。オプションはなしにします。

1日あたりの350MB容量は980円(税抜)なので(980円+0円)×3日=2,940円となります。料金は早割や延滞金などにより変動しますが、だいたい2,940円(税抜)で3日間レンタル可能です。

返却までの流れ

jetfiは、インターネットから申し込みます。申し込み後の受取・返却方法は3種類です。

受取・返却場所 受取・返却方法 手数料もしくは配送料
空港

空港内のカウンターもしくはコンビニ、郵便局で受け取り。返却は、返却パックに入れてカウンターもしくはポストに投函。

カウンター受取手数料650円(税抜)。コンビニ・郵便局受取手数料1,250円(税抜)。
宅配 出発日の前日に指定した住所に配送。返却は返却パックに入れてポストに投函し。 配送料1,250円(税抜)。(返却パックの料金含む)
コンビニもしくは郵便局 指定したコンビニもしくは郵便局で受け取り。返却は返却パックに入れてポストに投函。 受取手数料1,250円(税抜)。(返却パックの料金含む)

帰国日から5日以上経過しても返却しなかった場合、延滞金2,000円 (税抜) /日が発生します。

iPhone格安SIM通信アンケート

送料無料もあるWi-Ho!

200ヶ国以上で利用できるWi-Ho!は、累計250万人以上の方が利用しているテレコムスクエア社のサービスです。送料無料特典もあります。

Wi-Ho!の特徴

Wi-Ho!では、AI自動翻訳機のレンタルがあります。約50ヵ国語に対応しているAI自動翻訳機550円(税込)/日と約40ヵ国語に対応しているAI自動翻訳機330円(税込)/日の2種類です。

初心者でも簡単に操作できて使いやすさ抜群の双方向翻訳機なので、言語に自信がないときや初めての海外旅行で不安なときにおすすめです。

また、Wi-Ho!は多くのレンタルWiFiを提供している会社で必要な配送料が、申し込み時の利用料金の総額3,000円(税込)以上で無料になるサービスがあります。

実際のレンタル料金

Wi-Ho!のレンタル料金の計算方法は(1日の定額料金+オプション)×渡航日数=レンタル料金(税抜)です。

1日当たりの容量プランには、通常プラン(300MB)・大容量プラン(500MB)・1ギガプラン(1GB)・無制限プラン(無制限)があります。定額料金は次の通りです。

渡航先 容量 1日の定額料金(4G)
ハワイ 通常プラン(300MB) 750円(税抜)
大容量プラン(500MB) 1,050円(税抜)
1ギガプラン(1GB) 1,250円(税抜)
無制限プラン(無制限) 1,850円(税抜)
韓国 通常プラン(300MB) 750円(税抜)
大容量プラン(500MB) 1,050円(税抜)
1ギガプラン(1GB) 1,250円(税抜)
無制限プラン(無制限) 1,750円(税抜)
台湾 通常プラン(300MB) 590円(税抜)
大容量プラン(500MB) 890円(税抜)
1ギガプラン(1GB) 1,090円(税抜)
無制限プラン(無制限) 1,590円(税抜)

例えば、ハワイへ通常プラン(300MB)を3日レンタルした場合の料金を計算してみましょう。オプションはなしにします。

1日あたりの通常プラン(300MB)は750円(税抜)なので、(750円+0円)×3日=2,250円となります。料金は早割や延滞金などにより変動しますが、だいたい2,250円(税抜)で3日間レンタル可能です。

返却までの流れ

Wi-Ho!は、インターネットから申し込みます。申し込み後の受取・返却方法は2種類です。

【セル内の改行は禁止です】

受取・返却場所 受取・返却方法 手数料もしくは配送料
空港 国内8ヶ所の空港の10ヶ所のカウンターで受取・返却が可能。返却BOXあり。 なし
宅配 出発前日までに指定の場所へ配送し。返却は帰国日の翌日までに発送手続きを行う。 受取手数は550円(税抜)。返送料着払いの場合は全国一律1,100円(税込)となり、返送料元払いの場合は実費負担。

返却が2日以上経ってしまうと延滞金が発生します。延滞金は1台あたり契約したプランの1日分の料金です。

Wi-HO!

お得な料金のジャパエモ

ジャパエモは、15年以上も海外用のデバイスを取り扱ってきた実績があります。海外WiFiルーターだけでなく海外SIMフリースマホと海外SIMを組み合わせた格安スマホの提案もしている会社です。

ジャパエモの特徴

各社比較表でもわかる通り、ジャパエモは他社と比べてかなり安い料金設定です。さらに、他社では1日単位で料金が発生する補償レンタル機器プランも、日数に関係なく1,500円(税抜)で入会できます。

15年以上も海外用のデバイスを取り扱ってきた実績があるジャパエモのWiFiルーターは、持ち運びに便利なポケットにすっぽり入るサイズです。重量も100~230gと軽く、バッグに入れていても邪魔になりません。

実際のレンタル料金

ジャパエモでは渡航先別のプランがあり、利用期間が3日間や5日間など決められています。そのため、渡航先に何日間行くプランにするのかを調べるだけで料金がわかります。

また、1日当たりの容量はすべて500MBで、無制限プランはありません。例えば、ハワイに行くために5日間レンタルを希望したとすると、料金は3,750円になります。

ジャパエモでは自由に日数を変更できないため、希望する利用期間のプランがないときは他社の利用をおすすめします。

返却までの流れ

ジャパエモは、インターネットから申し込みます。申し込み後の受取・返却方法は2種類です。

受取・返却場所 受取・返却方法 手数料もしくは配送料
空港 国内16ヶ所の空港で受取・返却が可能。返却BOXあり。 受取手数料2,200円(税抜)
宅配 出発日の2日前までに指定した住所へと配送。返却は帰国の翌日までに専用封筒に入れてポストに投函。 配送料1,100円(税抜)

返却が2日以上経ってしまうと延滞金が発生します。延滞金は1,000円(税抜)/日です。

海外でWiFi利用するときの注意点

便利なレンタルWiFiにも、利用に関して注意点があります。海外でのWiFi利用の注意点と対策について見てみましょう。

申請した国以外では使用しない

レンタルWiFiは、申請した国以外でも電波を送受信できます。しかし、レンタルWiFiの定額料金が適用されるのは申請した国のみです。

そのため、うっかり申請していない国以外でレンタルWiFiを使用すると定額プラン適用外の電波を受信するため高額請求につながります。

申請した国をしっかり覚えておき、申請していない国ではWiFiルーターの電源をオフにしておきましょう。

利用制限に気をつける

海外用レンタルWiFiは、短期間に使いすぎると利用制限がかかることがあります。利用制限については各社で決められています。

日常的に短期間で大容量通信を行う方は、事前に借りる予定の会社の規約を確認しておきましょう。100MB使用の目安の一部は次の通りです。

この程度であれば利用制限がかかる可能性は、ほぼありません。

バッテリー切れに注意

利用頻度によってはバッテリーの持ち時間も少なくなるため、外出途中でバッテリー切れになることがあります。

特に通信容量を気にせず使える無制限プランを利用していると、WiFiルーターを持ち歩く機会も多くなり稼働時間も長くなります。

急なバッテリー切れにも対応できるように、モバイルバッテリーを携帯しておくと安心です。モバイルバッテリーは海外用WiFiをレンタルした会社で借りられることもあります。

最適なレンタルWiFiで快適な海外旅行をしよう

自分の使い方に合ったレンタルWiFiを利用して快適な海外旅行をしましょう。海外用レンタルWiFiを提供している会社は複数あります。

渡航先や利用期間、料金、受取・返却のしやすさなどを考慮して自分に合うものを探すのが大切です。1人でも複数人でも利用できるレンタルWiFiで、最高の思い出を作りましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年02月13日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。