2019新型iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの最新機能まとめ | Apple Special Event情報他

2019年9月発売予定の、新型iPhoneの最新情報をお届けします!現在予想されているiPhone XI(11)の新機能について、徹底解説しています。2019年の新型iPhoneでは、一体何が進化するのでしょうか?気になるポイントをご紹介します。
新作iPhone先行予約方法 2019新型iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの最新機能まとめ | Apple Special Event情報他

2019年9月20日に発売する新型iPhone 11シリーズの公式情報が、9月11日(水)午前2時に発表されました。

日本ではかなり多くのiPhoneユーザーがいるため、しばらくは新型iPhoneの情報でネットは持ちきりになること間違いありません。

今年の新型iPhoneは、カメラやワイヤレス充電などを中心に、さらなるレベルアップを遂げたモデルとして発売されます。

今回は、新型iPhone 11シリーズの公式発表された情報を徹底解説します。また、今後のアップデートで追加予想されている機能についてもまとめています。

2019年の新型iPhone 11シリーズでは、一体何が進化するのでしょうか?気になるポイントをご紹介します。

新作iPhoneの名前

2019年新作iPhoneは、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxと発表されました!

    【2019年新作iPhoneの名前】
  • iPhone XR後継機→iPhone 11
  • iPhone XS後継機→iPhone 11 Pro
  • iPhone XS Max後継機→iPhone 11 Pro Max

iPhone XRの後継機がiPhone 11、XS/XS Maxの後継機がiPhone 11 Pro/11 Pro Maxとなりました。2017年がX(10)、2018年がXS(10s)だったため、2019年はiPhone 11となったのでしょう。

公式発表以前から「iPhone 11でほぼ確定」と言われていたので、今年は予想しやすかったのではないでしょうか?

話題になったところでいうと、2019年8月10日の有名リーカーCoinX氏のツイートが挙げられます。

「iPhone(の名前)に"Pro"?ここ数年の中でも馬鹿げたネーミング構想だ」とツイートし、世間を騒がせました。

CoinX氏は、2018年発売の新作iPhone「iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR」の名称を正確に言い当てたリーカーです。2019年もしっかり予想を的中させてくれました!

ProはiPadやMacでも採用されているモデル名なので、2020年以降の新作iPhoneにもProが採用されると思われます。

新作iPhone 11の発表・予約・発売日

気になるiPhone 11シリーズは、以下の日程で発売されます。

    【iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max】
  • 発表日:2019年9月10日(火)
  • 予約開始日:2019年9月13日(金)
  • 発売日:2019年9月20日(金)

iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの予約は、9月13日(金)21時開始です。Apple公式、ドコモ・au・ソフトバンクのオンラインショップ全て同時開始となります。

なお、各キャリア店舗では1日遅れの9月14日(土)予約開始のため、オンラインショップが最速です。

土曜日ということもあって混雑は避けられないため、手間をかけずに早く予約するならオンラインショップです。

確実にiPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxを手に入れるなら、こちらから予約しましょう!

新作iPhone 11の価格

2019年新作iPhone 11シリーズの価格もついに発表されました。

トリプルカメラ搭載で価格の高騰が予想されていましたが、なんと値下がりしたのです!さっそくiPhone 11シリーズの価格を見てみましょう。

現行iPhoneの価格表

iPhone 11は全容量10万円を切っており、非常に手頃な価格になっていますね。iPhone 11/11 Pro/11Pro MaxとXR/Xs/Xs MAXを比較するとわかりますが、全機種1万円ほど値下がりしています。

性能がアップしたのに価格が下がるなんて、嬉しいこと尽くしです。人気色を中心に、iPhoneの在庫は無くなってきている模様。可能な限り早めの予約をおすすめします!

新型iPhone 11 | スペック・新機能まとめ

新型iPhone 11シリーズには多くの新機能が搭載予定ですが、価格を抑えることに成功した理由は一体何なのでしょうか?

今年から新しく搭載される機能と、新型iPhone 11シリーズのそれぞれの仕様を確認しながら探っていきましょう。

ここでは、iPhone XRの後継機である「新型iPhone 11」のスペックについて紹介します。

カラー

2019年の新型iPhone 11のカラー展開は、ブラック・グリーン・イエロー・パープル・(PRODUCT)RED・ホワイトの6色です。

豊富なカラーを揃えているので、何色を選ぼうか悩んでしまいます。

昨年に発売されたiphone XRは、「ホワイト」「ブラック」「レッド」「ブルー」「イエロー」「コーラル」の6色で展開されました。

2019年新型iPhone 11シリーズと、現行モデルの人気・おすすめカラーを比較して、色選びの参考にしてみてくださいね。

インチ数・重さ

新型iPhone 11のインチ数と重さは以下の通りです。

    【iPhone 11インチ数・重さ】
  • インチ数:6.1インチ
  • 重さ:194g

2018年モデルのiPhone XRと、全く同じインチ数・重さとなりました。

昨今のiPhoneは、プロセッサの向上に伴い、大きくなりすぎて片手操作がしづらい上に、重くなってしまうことが問題になっていました。

そのため、新型iPhone 11の大きさ・重さが変わらないのは、多くのユーザーにとって朗報ではないでしょうか。

ディスプレイ

新型iPhone 11のディスプレイは、以下の通りです。

    【iPhone 11ディスプレイ】
  • Liquid Retina HDディスプレイ
  • LCD Multi‑Touchディスプレイ
  • 1,792 x 828ピクセル解像度、326ppi
  • True Toneディスプレイ
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • 触覚タッチ

iPhone 11のディスプレイは、四隅に丸みを持たせてデザインされています。

Liquid Retina LCDとは、現実世界に近い色を持つフルスクリーンのことです。新型iPhone 11では大画面の恩恵を受けることができそうです。

他にも、True Tone技術も進化を遂げて、周囲の光をセンサーで感知し、人が実際に見る色に自動的に近付けることができます。

コンテキストメニューとショートカットを使って、いつも使う機能にすばやくアクセスできるなど、ディスプレイ機能の進化が多く見られます。

耐水/防塵性能・背面ガラス

2019年の新型iPhone 11と、iPhone11 Pro/Pro Maxは、スマホ史上最も頑丈な背面ガラスを搭載しています。

前面と背面のガラスは、二重のイオン交換プロセスで強化されています。

また、2倍の水深に耐える耐水性能にも優れています。

iPhone 11シリーズの耐水性能は、最大水深2メートルで30分間となっています。これは、iPhone XRの2倍の深さを誇っています。

新型iPhone 11シリーズは、ダイビングなどのシーンでも活躍する次世代スマホといえるでしょう。

デュアルカメラ

新型iPhone 11のデュアルカメラは、iPhone 7シリーズ発売以来の大型アップデートが行われています。

新型iPhone 11は、メインカメラとウルトラワイドレンズ2機とも12メガピクセルのカメラにバージョンアップしました。

さらに、写真処理機能についても機能向上しているとし、セマンティックレンダリングで写真撮影中にも光の調節が簡単になるものとしています。

新しい撮影機能としては、Appleのポートレートモードの強化が挙げられます。これはiPhone 11の広角レンズにより実現するもので、ペットなどでも、より被写体を生かした撮影が可能となります。

なによりも今回の機能向上の目玉は、iPhoneに初めて登場するナイトモードです。光が足りない状態においても、質の高い写真撮影が可能となります。

環境によっては、iPhoneは光学手ブレ補正でISO感度やシャッタースピードを調整し、シャープで生き生きとした写真を生み出してくれます。

フレームレート60 fpsの4Kビデオの撮影、スローモーキャプチャ、タイムラプス、シネマティック・ビデオスタビライゼーションと、動画についても、Appleは今回さまざまな新モードをつけてきています。

そして、メインもウルトラワイドカメラもダイナミックレンジがさらに広くなっています。 フロントカメラでもスローモーセルフィーが撮れるようになります。

バッテリー

2019年新型iPhone 11は、前回モデルのiPhone XRよりもバッテリーの持ち時間は1時間長くなり、バッテリーの寿命は格段に上がりました。

ビデオ再生は最大17時間、オーディオ再生は最大65時間まで持続可能。高速充電に対応しており、30分で最大50%の充電ができるということです。

プロセッサ

新型iPhone 11もiPhone 11 Pro/Pro Maxも、スマートフォンの中で最も速いチップが搭載されます。モデル名はT8030「A13 Bionic」。

7nmのA13 Bionicプロセッサを搭載し、新型iPhone 11は、現行のどのスマホよりも最速のCPUとGPUです!

A12 Bionicと比較して、処理スピードも、グラフィックパフォーマンスも、ニューラルエンジンも20パーセント速くなったとしています。

また、新型iPhone 11には、Wi-Fi 6が新機能として追加されます。ワイヤレスでのネットワーク接続がさらに速くなり、これから秋に向けて次世代サードパーティ製のルーターとの連係もよりスムーズになります。

新型iPhone 11 Pro/Pro Max | スペック・新機能まとめ

ここからは、iPhone XS/XS Maxの後継機である「新型iPhone 11 Pro/Pro Maxのスペックについて紹介します。

カラー

2019年の新型iPhone 11 Proシリーズのカラー展開は、スペースグレイ・シルバー・ゴールド・ミッドナイトグリーンの4色です。

噂されていたグリーンは、ミッドナイトグリーンという深い緑色での発売となりました。

どれも洗練されたシックなイメージで、おしゃれの一部としてもいつもとは違う自分を演出してくれるはずです。

インチ数・重さ

新型iPhone 11 Proシリーズのインチ数と重さは以下の通りです。

    【iPhone 11 Proインチ数・重さ】
  • インチ数:5.8インチ
  • 重さ:180g
    【iPhone 11 Pro Maxインチ数・重さ】
  • インチ数:6.5インチ
  • 重さ:226g

2018年モデルのiPhone XS/XS Maxと比べると、新機能の追加により端末本体の重さには多少の変化はあるものの、インチ数は据え置きとなりました。

昨今のiPhoneは、新型モデルが発表されるたびにインチ数の増加により片手での操作が難しくなっていました。

そのため、新型iPhone 11 Proシリーズの大きさが変わらないのは、多くのユーザーにとって朗報ではないでしょうか。

ディスプレイ

新型iPhone 11 Proシリーズのディスプレイは、以下の通りです。

    【iPhone 11 Pro/Pro Maxディスプレイ】
  • Super Retina XDRディスプレイ
  • Multi-Touchディスプレイ
  • HDRディスプレイ
  • True Toneディスプレイ
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • 触覚タッチ

iPhone 11 Proシリーズのディスプレイは、四隅に丸みを持たせてデザインされています。

Super Retina XDRディスプレイは、1つではなく2つの新しいピーク輝度を持ち、それらをいつ使うべきか検知します。日光の下では最大800ニトまで上がり、屋外で撮影した写真をその場で選ぶときに打ってつけです。

さらに、Extreme Dynamic Rangeのコンテンツを見る時には最大1,200ニトまで輝度が上がります。

他にも、True Tone技術も進化を遂げて、周囲の光をセンサーで感知し、人が実際に見る色に自動的に近付けることができます。

コンテキストメニューとショートカットを使って、いつも使う機能にすばやくアクセスできるなど、ディスプレイ機能の進化が多く見られます。

トリプルカメラ

新型iPhone 11 Proシリーズのトリプルカメラは、iPhone 7シリーズ発売以来の大型アップデートが行われています。

従来の広角(26mm F1.8)+望遠(52mm F2.0)の2眼に、今回新たに加わった超広角レンズ(13mm F2.4)を備えています。

新型iPhone 11と同様に、新機能として、Appleのポートレートモードの強化が挙げられます。これは広角レンズにより実現するもので、ペットなどでも、より被写体を生かした撮影が可能となります。

特に、今回の機能向上の目玉はiPhoneに初めて登場するナイトモードです。光が足りない状態においても、質の高い写真撮影が可能となります。

環境によっては、iPhoneは光学手ブレ補正でISO感度やシャッタースピードを調整し、シャープな写真を生み出してくれます。さらに、新技術「Deep Fusion」が新型iPhone 11 Proシリーズに新登場します。

連続で9枚の写真をすばやく撮影し、ニューラルエンジンを使ってそれぞれの角度の最もすぐれた写真をつなぎあわせ、合成画像を作成するというものです。

Apple最高峰のカメラ技術を楽しむことができる「トリプルカメラ」を、是非体験してみませんか。

▼iPhone 11 Proのカメラ実機レビューしています。どのような写真が撮影できるのか、撮影から編集加工までぜひご覧ください。

バッテリー

2019年の新型iPhone 11は、昨年のiPhone XRよりもバッテリーの持ち時間は1時間長くなっています。

しかし、新型iPhone 11 Proシリーズは、iPhone XSと比べてバッテリーの持ち時間はなんと4時間も長くなるようです。

「簡易充電器を忘れてしまった」「充電の消費がもったいないから、外出先では写真を撮らない」なんて悩みを、新型iPhone 11 Proシリーズが解決してくれます。

新型iPhone 11/Pro/Pro Max | 共通点・違い

ここでは、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の違いを紹介します。

新型iPhone 11/Pro/Pro Maxの共通点

新型iPhone 11シリーズの共通点は、以下の通りです。

    【iPhone 11シリーズの共通点】
  • iOS 13
  • Neural Engineを搭載したA13 Bionicチップを搭載
  • Touch IDを廃止、Face IDの採用
  • 3D Touchを廃止、触覚タッチの採用
  • インカメラは1200万画素
  • ワイヤレス充電、高速充電
  • eSIM対応
  • Apple Pay対応
  • 防水機能
  • 外部接続端子はLightingのまま

新型iPhone 11とProシリーズの違い

新型iPhone 11とProシリーズの違いは、以下の通りです。

    【iPhone 11とProシリーズの違い】
  • 11は液晶、Proシリーズは有機EL
  • Proシリーズの方が輝度・コントラスト比が高い
  • 11はデュアルカメラ(広角+超広角)
    Proシリーズはトリプルカメラ(広角+超広角+望遠)
  • 11は6色、Proシリーズは4色展開
  • 128GBは11のみ、512GBはProシリーズのみ

新型iPhone ProとPro Maxの違い

新型iPhone ProとPro Maxの違いは、以下の通りです。

    【iPhone ProとPro Maxの違い】
  • サイズはProが5.8インチ、Pro Maxが6.5インチ
  • バッテリー容量はPro Maxの方が大きい

新型iPhone 11シリーズの新機能・噂は的中した?

ここでは、9月11日(日本時間)の新型iPhone 11が発売される前に噂されていたリーク情報をご紹介します。今年はどれくらい多くのユーザーが予想を的中させたのでしょうか。

Apple Pencil対応…的中せず

新型iPhoneの噂に毎回追加されているものの、なかなか採用されていないのがApple Pencilへの対応です。

Business Insiderによると、新型iPhone 11シリーズはApple Pencilに対応する可能性があるそうです。近年、Apple Pencilは年々対応デバイスを増やしており、今年発売されたiPad miniにも対応しました。

他にも、SamsungのGalaxy NoteはSペンを本体内に搭載しており、Bluetoothを搭載しているのでApple Pencilと同時使用が可能です。

今年の新型iPhoneは、Apple Pencilに対応するのではと話題になっていましたが、結局採用されることはありませんでした。

画像:https://youtu.be/o4kQkwzZi3k

Split View…的中せず

iPhoneの画面が上下に分かれて、2つのアプリケーションを同時に開いて見ることができる「Split View」が搭載されるのではないかという予想があります。

iPhone1つで2つの作業を同時にできるようになれば、PCいらずの生活になりそうですが、今回の発表ではアナウンスがありませんでした。

ただし、今後iOSのアップデートなどで対応する可能性も。

画像:Introducing iPhone XI — Apple

水中撮影機能…的中(?)

一昔前のiPhoneは水に弱かったため、水回りでスマホを使いたい方の選択肢に上がりにくいモデルでした。

しかし、前モデルのiPhone XSで、30分以上の水没にも耐えられるレベルにまで防水機能が高められました。そこに加えて、新型iPhone 11シリーズでは、水中撮影までが可能になるのではないかと言われています。

情報元は、Appleがアメリカの特許商標庁に「Submersible Electronic Devices with Imaging Capabilities」という電子デバイスを使って、水中で撮影するときの色や画像を調整する技術の特許申請をしたことです。

iPhone 11の耐水性能は最大水深2mで30分間。これはiPhone XRの2倍の深さとなっています。さらに、iPhone 11 Proは最大水深4mで30分間。耐水性能的には4倍になっています。

ただし、公式から「水中撮影が可能」というアナウンスが出ているわけではありません。カメラニア

画像:Introducing iPhone XI — Apple

進化した「Siri」…的中(?)

これまで操作補助的なことしかできなかった「Siri」が、呼びかけるだけで音楽再生、商品の注文、エアコンや電気のON/OFF等ができるようになるのではないかと言われています。

こちらの噂については、長らく発売を待望されていたAppleのスマートスピーカー、HomePodの発売によって現実のものとなりました。

スマート家具・家電、照明や空調とHomePod/iPhoneを接続させることで生活のあらゆる動作をSiriへの呼びかけで行うことができます。

ワイヤレス給電…的中せず

新型iPhone 11シリーズのすべてのモデルが、双方向のワイヤレス充電をサポートすると噂されていました。

ワイヤレス充電とは、スマホをワイヤレスで充電するだけでなく、スマホが充電器となって他のデバイスをワイヤレスで充電できる機能で、一部Androidでは既に採用されています。

Apple製品を愛用しているユーザーからすると、発売されたばかりのAirPods 2やiPad、Apple WatchをiPhoneの背面に乗せて充電するといったことが可能になり、旅行やビジネスの場面で大いに活躍するはず……と大いに期待されていたのですが、残念ながら今回のiPhone 11には未搭載となりました。

画像:Introducing iPhone XI — Apple

USB-typeCに変更…的中せず

開発者向けに提供されたばかりのベータ版「iOS 13」には、新型iPhone 11シリーズに「USB-C」が搭載される可能性を示しているようです。

2015年3月に発売されたMacBookには新規規格「USB Type-C」が搭載され、とても話題になりました。

USB-C端子とは、端子の上下を問わないUSB端子です。また、従来のUSB端子は入力が「Type-A」出力が「Type-B」と分けられるのが一般的でしたが、「Type-C」では入出力どちらにも対応しているという特徴があります。

そのため、新型iPhone 11シリーズにUSB-C端子が採用されれば、機器ごとにケーブルを使いわける必要がありません

現時点で、USB-C端子が搭載された機器は限られていますが、今後発売されるPCやスマホなどに搭載される可能性は高いといわれていましたが、噂に終わってしまいました。

画像:Introducing iPhone XI — Apple

次世代3Dセンサー搭載…的中せず

現在発売されているiPhoneには、「TrueDepth(トゥルーデプス)カメラシステム」という3Dセンサーが搭載されています。

しかし、Appleは次世代の3Dセンサーチップにも興味を示しています。今回は、SONYが開発している次世代センサーをiPhoneに搭載させるかもしれません。

レーザーパルスを送出してから反射するまでの時間を測定し、奥行きを計る技術で自動運転などにも用いられています。

このセンサーを用いれば、顔認識だけでなく様々なものを計測して数値化できるため、多方面の分野で活用されることが期待されています。

静止物だけでなく、動いているものも読み込りが可能となるので、VRやARといった分野でも使われることでしょう。

iPhone 11ではマルチアングルFace IDが採用されるのみとなりましたが、来年度に発売されるiPhone/iPadには搭載されると噂されています。

デュアルBluetooth…的中せず

現行のiPhoneは、1台の端末しかBluetooth接続できませんが、新型iPhoneは2台の端末とBluetooth接続ができるようになるかもしれません

実際に、デュアルBluetoothは「Huawei P20Lite」に搭載されています。

新型iPhoneXI/11シリーズにデュアルBluetoothが搭載されれば、エクササイズなどのシーンでAppleWatchなどのスマートバンドと、イヤホンを同時に接続することができます。

またイヤホンを使用しながら、車載用のBluetoothナビゲーションに接続が可能になったりと、機器の活用の幅がぐっと広がりますが、今回は非対応となりました。

5G対応…的中せず

先日、日本でも大手携帯キャリアや楽天に対して5Gの許可が下りたという報道がされ、確実視されていた5G回線ですが、今回は非対応となりました。

Samsungなど大手スマホメーカーが、5G対応スマホの発表を計画している中で、この判断には様々な意見があるようです。

Samsungは、来年に5G対応Galaxyのリリースを計画しており、OppoやHuaweiもそ、れぞれ5G対応スマホの発表を予定しているとされており、来年発売の2020モデルでは5G回線が利用できることでしょう。

Wi-Fi 6対応…的中

Barclaysによると、新型iPhone 11シリーズには次世代Wi-Fi規格「Wi-Fi 6」が採用されるとの予想があります。

Wi-Fi 6は、データの転送速度がWi-Fi 5に比べて向上するだけでなく、スマートフォンなどの消費電力を抑えられるメリットがあります。

また、同時に通信できる機器の数が増えることで、コンサート会場などの回線が混み合う環境でも、通信の安定性が向上するようです。

Wi-Fi 6規格に対応したルーターなどはまだ少ないですが、2019年には多くの端末機器で対応する見込みです。Appleは、業界団体Wi-Fi Allianceのメンバーとして、Wi-Fi 6規格の制定にも関わっています。

これまでの新規格Wi-Fiにも早期に対応していることから、2019年9月発売予定の新型iPhoneには、Wi-Fi 6が採用される可能性が高いと予想されていましたが、見事的中しました。

3D Touchの廃止…的中

2019年発売の新型iPhoneすべてのモデルで、iPhone 6sから搭載されている機能「3D Touch」が廃止されるといわれています。

3D Touchとは、iPhoneが画面に加えられた圧力の大きさを感知し、プレビュー画面を表示したり機能に応じたメニューを表示したりすることができる、実用的な機能です。

しかし、3Dタッチを廃止してiPhoneの生産コストを下げることで、デザインやスペック、カメラなどの多機能を充実させることが可能になります。

アナリストのミンチー・クオ氏は、ほとんどのiPhoneユーザーは3D Touchの廃止を気にしないだろうと述べています。

また、XRでは3D Touchに代わって「Haptic Touch(長押し)」が採用されました。新型iPhoneで3D Touchが廃止される理由として、Taptic EngineがiPhone内でスペースを多く占めることがあげられます。

コストをかけて無理に3D Touchを搭載するくらいなら、その分バッテリーを増量するということなのかと噂されていましたが、見事的中となりました。

3D Touchの代わりに「触覚タッチ」(Haptic Touch)が採用されています。

Smart Frameの搭載…対応せず

望遠・広角・超広角レンズの3種類のカメラを備えるであろうiPhone XSの後継機「iPhone XI(11) Pro」と、iPhone XS Maxの後継機「iPhone XI(11) Pro Max」。

この2機種には、「Smart Frame」という新機能が追加されると予想されています。

Smart Frameとは、広角カメラを使って、画面に収まっている領域の範囲も抑えておくことで、撮影後に見切れていた範囲も含めて切り取ることができるという機能です。

iPhone 6Sから追加された「Live Photos」では、写真に収めることで被写体の周りの「時間」を切り取ることができます。

一方で、新型iPhoneでは被写体の周りの「空間」まで拡張して記録することができるとされていましたが、今のところ詳しい情報は分かっていません。

ノッチ部分が無くなる…的中せず

iPhoneには、フロントカメラが置かれた「ノッチ」と呼ばれる切り欠き部分がありました。

iPhoneのノッチを模倣してデザインされたAndroidスマホも多いのですが、画面が欠けて見えることから、デザインについては賛否両論ありました。

新型iPhone 11シリーズで、もし、このノッチ部分がなくなれば、画面に欠けがないのでより美しくなるのではないかと考えられていましたが、iPhone 11にはノッチは存在しています。

画像:iPhone 11 — Full Screen

Apple製品に詳しいデザイナーの予想動画がある!

実は、知る人ぞ知る、Apple製品に詳しいデザイナーのガンホー・リー氏が、Youtube上で予想デザイン動画を公開しています。

ガンホー・リー氏は、これまでにもiPhoneのコンセプト動画を数多く制作しています。

最近では、2018年9月の公式発表前に「iPhone XS/XS Max」のリーク情報をまとめたコンセプト動画を公開して、話題を集めました。

今回新たに公開された動画で描かれている「iPhone 11」は、外見上は現行iPhoneとの変化は小さいものの、かなり現代的なデザインといえそうです。

大枠のデザインこそiPhone XS/XS Maxと同じですが、背面にトリプルカメラを備えた仕様になっています。

本体の側面は、最新モデルのiPad ProやiPhone SEのようなすっきりとしたデザインと、iPhone XS/XS Maxに採用されたステンレスの光沢ある素材が組み合わされています。

iPhoneのリーク情報が出る度にコンセプト動画も一新されているので、定期的にのぞいてみるといいかもしれません。

指紋認証の廃止…的中

iPhone Xから搭載された、顔認証システムの「Face ID」。

Face IDは非常に高度な技術を使っており、スマホのセキュリティ機能を1ランク上げたと言っても過言ではないでしょう。指紋認証による「Touch ID」は、Face IDの登場により過去の技術と思われがちです。3D TouchとともにTouch ID(指紋認証)も廃止されると予想されていましたが、見事的中となりました。

しかし、今でもTouch IDの開発は進められており、新しいデバイスに搭載され、次世代のセキュリティとされる情報も上がっています。

Touch IDからFace IDに変わったのは、iPhoneからホームボタンが消えたタイミングです。今のiPhoneでどう指紋認証するのか、気になる方もいるかもしれません。

既にディスプレイ上で指紋認証をする技術は実現しており、内蔵型の指紋認証を採用している端末が登場しています。

また、新しいTouch IDは超音波を使った指紋認証とも言われており、これまでよりもスピードも精度も格段に向上。

将来的にTouch ID と Face ID の複合認証になることも予想されており、とても高いセキュリティレベルを実現する予定です。

iPhoneがここまでの高いセキュリティレベルを実現しようとしているのは、iPhoneをパスポートとして使うことまで構想に入れているからだと言われています。

パスポートは国家保安上の問題にも繋がる重要なツールなため、厳重な管理が求められていますが、もしiPhoneのセキュリティ技術が向上すれば実現可能な日が来るかもしれません。

画像:OPPO R17 Neo

2019年新型iPhone 11シリーズの予約方法

今回は、2019年9月20日(金)に発売が決定した、新型iPhone 11シリーズの新機能をご紹介しました。

最近のiPhoneは前モデルと比較すると、革新的な進化を見ることが少なくなっているかもしれません。

しかし、Android市場で各社が新機能を発表している中で、今年の新型iPhone 11シリーズでは、リーク情報にはない驚きの新機能を見ることができるかもしれません。

新型iPhoneのカメラ機能は毎年大きく進化しているので、2019年のiPhone 11シリーズもカメラに期待です。

また、2019年新型iPhoneをドコモ・au・ソフトバンク・アップルストアで予約する方法をまとめました。

注目が集まる2019年の新型iPhoneを、確実に手に入れるためにも、ぜひチェックしてくださいね。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年09月13日

北野ゆき ― ライター
北野ゆき ― ライター

関連キーワード