最新iPhone 12/mini/Pro/Pro Maxの発売日決定!価格・スペック・予約開始日

iPhone 12シリーズの予約開始日・発売日が発表されました!iPhone 12/mini/Pro/Pro Maxの価格・スペックの違いや、iPhone 11シリーズから進化した点を解説します。最新iPhone 12シリーズを確実に手に入れる情報もまとめています。
新型ihone12噂 最新iPhone 12/mini/Pro/Pro Maxの発売日決定!価格・スペック・予約開始日

ついに発表されたiPhone 12シリーズ

iPhone 12シリーズはサイズ・カラーにバリエーションが多いことや、5G対応のモデルであるなど見所がたくさんです。

本記事ではiPhone 12/mini/Pro/Pro Maxの4モデルを比較し、どのモデルを買うべきかをまとめました。

解決しなかった方はこちら

最新iPhone 12の発表・発売・予約開始日

Apple Event

iPhone 12/12 Pro

  • 発表日:10月14日午前2時
  • 予約開始日:10月16日(金)
  • 発売日:10月23日(金)

iPhone 12 mini/12 Pro Max

  • 発表日:10月14日午前2時
  • 予約開始日:11月6日(金)
  • 発売日:11月13日(金)

事前の予想通り、iPhone 12/mini/Pro/Pro Maxの4モデル展開となりました!

iPhone 12/12 Proが10月発売、iPhone 12 mini/Pro Maxが11月発売予定となっています。

各キャリアの予約開始日と発売日は以下の通りです。情報は公式から発表され次第更新します。

iPhone 12 / iPhone 12 Pro
予約開始日 発売日
ドコモ 10月16日21時~ 10月23日
au 10月16日21時~ 10月23日
ソフトバンク 10月16日21時~ 10月23日

iPhone 12 mini / iPhone 12 Pro Max
予約開始日 発売日
ドコモ 11月6日22時~ 11月13日
au 11月6日 11月13日
ソフトバンク 11月6日 11月13日

最新iPhone 12の価格

機種 64GB 128GB 256GB
iPhone 12 mini 74,800円 79,800円 90,800円
iPhone 12 85,800円 90,800円 101,800円

機種 128GB 256GB 512GB
iPhone 12 Pro 106,800円 117,800円 139,800円
iPhone 12 Pro Max 117,800円 128,800円 150,800円

iPhone 12シリーズは、7万円台〜15万円台と発表されました!

2019年のiPhone 11シリーズが7万円〜16万円前後だったので、やや値下げされたようです。

2019年10月に端末の割引上限が2万円になって以降、ハイエンドモデルよりもコストパフォーマンスの高いスマホのトレンドができつつあります。

加えて、2020年4月のiPhone SE(第2世代)がiPhone史上最安だったことから、iPhone 12シリーズも低価格なiPhone 12 mini/Proに人気が集まりそうです。

▼キャリアでのiPhone 12シリーズの価格は以下のとおりです(税抜)。表はスクロールが可能です。

ドコモ au ソフトバンク
iPhone 12 mini
iPhone 12 64GB:92,160円
128GB:99,360円
256GB:112,320円
64GB:94,027円
128GB:98,418円
256GB:111,305円
64GB:100,800円
128GB:106,036円
256GB:119,127円
iPhone 12 Pro 128GB:117,360円
256GB:129,600円
256GB:154,080円
128GB:115,905円
256GB:127,920円
256GB:152,882円
128GB:125,018円
256GB:138,109円
256GB:163,636円
iPhone 12 Pro Max

最新iPhone 12のデザイン・サイズ

最新iPhone 12シリーズのデザインやサイズ、本体素材、同梱品についての情報をまとめました。

iPhone 12 mini iPhone 12 iPhone 12 Pro iPhone 12 Pro Max
ディスプレイ 5.4インチ 6.1インチ 6.1インチ 6.7インチ
容量 64/128/256GB 64/128/256GB 128/256/512GB 128/256/512GB
カラー ブラック
ホワイト
レッド
グリーン
ブルー
ブラック
ホワイト
レッド
グリーン
ブルー
ゴールド
シルバー
グラファイト
パシフィックブルー
ゴールド
シルバー
グラファイト
パシフィックブルー
チップ A14 Bionic A14 Bionic A14 Bionic A14 Bionic
カメラ 超広角・広角 超広角・広角 超広角・広角・望遠 超広角・広角・望遠
ズーム機能 2倍 2倍 4倍 4倍
LiDARスキャナ × ×
顔認証
指紋認証 × × × ×
5G対応

デザイン・本体素材

出典:Apple

iPhone 12シリーズは、「フラットエッジデザイン」と呼ばれるメタルフレームとディスプレイで構成されています。

フラットエッジデザインは 4・5・5sのような角ばったデザインで、iPhone 11シリーズのラウンドフォルムより耐久性に優れているのが特徴です。

出典:Apple

本体素材

  • iPhone 12 mini/iPhone 12:アルミニウム
  • iPhone 12 Pro/12 Pro Max:ステンレススチール

背面はiPhone 12 Pro/Pro Maxのみツヤけしのマットデザイン、iPhone 12/miniはツヤっとしたデザインとなっています。これはiPhone 11シリーズの時と同じですね。

スタンダードモデルのiPhone 12 mini/iPhone 12はアルミニウム、ハイエンドモデルのiPhone 12 Pro/12 Pro Maxはステンレススチールが使われています。

iPhone 12 Pro/Pro Maxのハイエンドモデルのみ、側面がツヤツヤしたステンレススチールです。

画面サイズ

  • iPhone 12 mini:5.4インチ
  • iPhone 12:6.1インチ
  • iPhone 12 Pro:6.1インチ
  • iPhone 12 Pro Max:6.7インチ

iPhone 12シリーズでは、史上初となる5.4インチと6.7インチが発表されました!

iPhone SE(第2世代)が4.7インチ、iPhone 11 Proが5.8インチなので、今回のiPhone 12 miniはその中間の大きさとなるでしょう。

iPhone 12/12 Proは6.1インチのため、iPhone 11と同じ大きさです。

iPhone 12 Pro Maxは6.7インチなので、6.5インチのiPhone 11 Pro Maxより少し大きめのサイズとなっています。

iPhone SE(第2世代)が小型サイズで人気を集めたことから、iPhone 12シリーズも5.4インチの小型モデルに人気が集まりそうな予感です。

カラー

iPhone 12 mini/iPhone 12

  • ブラック
  • ホワイト
  • PRODUCT(RED)
  • グリーン
  • ブルー

iPhone 12 Pro/12 Pro Max

  • ゴールド
  • シルバー
  • グラファイト
  • パシフィックブルー

iPhone 12/12 miniが5色、iPhone 12 Pro/Pro Maxが4色展開となりました!

iPhone 12/12 miniでは新色「ブルー」が、iPhone 12 Pro/Pro Maxでは新色「グラファイト」「パシフィックブルー」が登場です。

iPhone 11シリーズ同様、iPhone 12/12 miniが明るいのに対し、iPhone 12 Pro/Pro Maxは落ち着いたカラーリングとなっています。

同梱品

iPhoneは通常、有線イヤフォンである「EarPods」と電源アダプタとの「USB Type-C」が同梱されています。

しかし、今回のiPhone 12シリーズはEarPodsと電源アダプタが同梱されません。Lightningケーブルのみ同梱予定です。

同梱品を減らす理由は5G対応の部品コストが上昇し、それによる価格の高騰を抑えるためだと考えられています。

加えて今回、ワイヤレス充電器の「MugSafe」がiPhone向けに販売されることも大きな要因となっているようです。

イヤホン・充電器が付属しないことで、AirPodsとMugSafeの売れ行きが好調になるかもしれません。

最新iPhone 12のスペック

iPhone格安SIM通信アンケート

5G対応(Sub6)

iPhone 12シリーズではついに、全モデルが5G対応となりました!

5G対応となることでダウンロードの超高速化、ストリーミングの品質向上が見込まれています。iPhone初の5G対応となるため、記念すべきモデルとなりそうです。

Sub6対応は、4Gでも使用されていた6GHz帯以下の周波数を活用する5Gのことで、日本で展開が始まっている5Gもほとんどがこの周波数帯です。

カメラ性能

  • iPhone 12 mini/iPhone 12
    :超広角+広角
  • iPhone 12 Pro/12 Pro Max
    :超広角+広角+望遠+LiDARスキャナ
  • 暗い場所でのオートフォーカスが最大6倍速く
  • 広角・超広角でもナイトモード使用可能
  • 広角カメラの取り込み光量が27%アップ

iPhone 12 mini/iPhone 12が2眼、iPhone 12 Pro/12 Pro Maxが3眼カメラとなりました。

レンズの数はiPhone 11シリーズと同じですが、そこにLiDARスキャナが追加される点が昨年との違いです。

LiDARスキャナとは、奥行きを測ることができる機能をいいます。既にiPad Proに搭載されており、ポケモンGOのようなARを使ったゲームアプリ等で活躍しています。

もちろんゲーム以外にも、家具購入時のサイズ確認や健康チェック等にも利用可能です。

iPhoneにはまだ未搭載だったため、最新iPhone 12シリーズが初搭載となります。

今回のiPhone 12 Pro/Pro Maxで進化した機能として、「ナイトモードポートレート」と「Apple ProRAW」が挙げられます。

これまでのポートレートは、明るい場所かつ標準レンズの時しか使えませんでした。しかしiPhone 12 Pro/Pro Maxでは、ナイトモードや広角・超広角レンズの時も使用可能です。

「Apple ProRAW」はこれから搭載される新機能です。

詳しい情報はまだ公表されていませんが、カラーやホワイトバランスの微調整、ノイズ提言や露出の調整ができるようになるようです。

CPU

  • 他のスマホよりも50%速いCPUとGPU
  • 省電力でバッテリーが長持ち(トランジスタ数が40%増加)
  • Neural Engineが最大80%高速化(コア数が8個→16個)

新型iPad Air4同様、iPhone 12シリーズにも最新のA14 Bionicチップが搭載されました。

最新チップが搭載されたことで、バッテリー稼働時間や処理速度が向上しています。

A12とA13比べても、バッテリー駆動時間が4時間ほど伸びたので、今回搭載されるA14 Bionicプロセッサがどれほど性能が向上するのか楽しみですね。

ROM(ストレージ)

  • iPhone 12 mini:64・128・256GB
  • iPhone 12:64・128・256GB
  • iPhone 12 Pro:128・256・512GB
  • iPhone 12 Pro Max:128・256・512GB

iPhone 12 mini/iPhone 12は64GB〜、iPhone 12 Pro/12 Pro Maxは128GB〜となりました。

iPhone 12 mini/iPhone 12は価格を抑えたモデルとされているため、容量は64GBからではないかとの予想通りです。

RAM(メモリ)

Apple製品のリーク情報で有名なジョン・プロッサー氏は、iPhone 12シリーズのメモリを次のように予想しました。

メモリ

  • iPhone 12 mini/iPhone 12が4GB
  • iPhone12 Pro/12 Pro Maxが6GB

iPhone 11 Pro/Pro Maxが4GBなので、iPhone 12 Pro/Pro Maxは性能が上がる可能性が高いですね。

複数のアプリをマルチタスクで使う場合でも、高い操作性が発揮されると予想がされます。

バッテリー容量

  • iPhone 12 mini:2,227mAh
  • iPhone 12:2,775mAh
  • iPhone 12 Pro:2,775mAh
  • iPhone 12 Pro Max:3,687mAh

iPhone 12シリーズのバッテリー容量は、iPhone 11シリーズよりも若干少なくなると予想されています。

iPhone 11シリーズは、スマホの平均である3,000mAh前後搭載しています。それに対しiPhone 12シリーズは、2,227〜3,687mAhと予想されているのです。

バッテリー容量が減るとされる理由は、コスト削減です。iPhone 12シリーズは5G対応やLiDARスキャナといった新機能を搭載しながら、価格が下がると予想されています。

そのため、バッテリー容量を減らすことでコスト削減するのでは、と考えられているのです。

なお、Appleは公式でiPhoneのバッテリー容量を公表しておりません。そのため、あくまでこの記事で掲載したバッテリー容量は目安です。

ディスプレイ

iPhone 12シリーズは全てOLED(有機EL)ディスプレイ搭載となりました。これは、iPhone 11 Pro/Pro Maxと同じディスプレイです。

iPhone 11などに搭載されていた「LCD(液晶)ディスプレイ」は、バックライトを使って画面を照らします。一方のOLED(有機EL)ディスプレイは、1つ1つのピクセルが自ら発光するのです。

これにより明るい画面はさらに明るく、暗い画面はさらに暗く写り、綺麗なコントラストになります。

セキュリティ

指紋認証搭載との噂が出ていましたが、iPhone 12シリーズは全て顔認証のみとなっています。

コロナ禍によるマスク着用が促される昨今、Face IDでは認証されづらく不便ということがわかってきました。

また、直近で発売された第2世代のSEではTouchIDが搭載されているため、iPhone 12でTouchID復活が期待されていました

まとめ

iPhoneの最新機種である、iPhone 12シリーズはいかがでしたか?

従来のシリーズと比べて、サイズやカラーのバリエーションが多く、スペックが格段に上がっていたりと発売が楽しみですよね。

最新機種のiPhone 12シリーズの発表を待ちましょう。

iPhone格安SIM通信には最新iPhoneやApple製品を紹介している記事がありますので、ぜひご参考にしてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年10月16日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!