新型iPhone SE 3(第3世代)の発売日はいつ?指紋認証搭載?5Gに対応する?デザイン・スペック予想

iPhone SE 3(第3世代)のデザイン・スペック予想まとめ!過去の傾向から発売日や搭載プロセッサ、カメラ性能を予想しました。5Gに対応する?指紋認証はホームボタンに内蔵される?iPhone SE(第3世代)の最新情報が気になる方は必見です。
楽天モバイルiPhone13 新型iPhone SE 3(第3世代)の発売日はいつ?指紋認証搭載?5Gに対応する?デザイン・スペック予想

2016年に初登場したiPhone SEシリーズは、片手に収まるコンパクトなサイズ感と価格の安さで根強い人気を誇っています。2020年には第2世代が発売され、世界中で大きな注目を集めました。

最近になって新型iPhone 13シリーズに続き、2022年に5G対応の「iPhone SE(第3世代)」が発表・発売されるのではないかと言われています。

そこで今回は、過去の傾向からiPhone SE(第3世代)のデザインやスペックなどを予想しました。小型で安い最新iPhoneが欲しい方は、ぜひ最後までお読みください。

\10,000円キャッシュバック!/

新型iPhone SE 3(第3世代)発表・発売日はいつ?

Appleは、例年3月頃と9月頃に新型iPhoneを発表・発売する傾向があります。

実際に最新のiPhone 13シリーズが9月に発表・発売されたことを考えると、iPhone SE(第3世代)も2022年3月~4月頃に発売されると予想できます。

過去の発売スケジュールから見て、3月の第4週にAppleイベントにて発表され翌週に発売される可能性が高いでしょう。

新型iPhone SE 3(第3世代)発売スケジュール予想

  • 発表日:2022年3月24日(木)?
  • 予約開始日:2022年3月25日(金)?
  • 発売日:2022年4月1日(金)?

2020年に発売されたiPhone SE(第2世代)は新型コロナウイルス流行の影響によりやや発売時期がずれ込みましたが、今回は上記のスケジュールで発売されるのではないでしょうか。

以下は、iPhone SE(第1世代)とiPhone SE(第2世代)の発売スケジュールです。iPhone SE(第3世代)の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

過去の発表・発売スケジュール

iPhone SE(第1世代) iPhone SE(第2世代)
発表日 2016年3月21日(月) 2020年4月16日(木)
予約開始日 2016年3月24日(木) 2020年4月17日(金)
発売日 2016年3月31日(木) 2020年4月24日(金)

新型iPhone SE 3(第3世代)の価格予想

iPhone SE(第3世代)は、現行モデルのiPhone SE(第2世代)からスペックが向上することを考えると、5%程度値上げする可能性があります。

ストレージ容量は現行モデルと同じ64GB・128GB・256GBになると予想しているので、iPhone SE(第3世代)の販売価格は以下のようになるかもしれません。

iPhone SE 3(第3世代)の価格予想

  • 64GB:52,000円~55,000円?
  • 128GB:57,000円~60,000円?
  • 256GB:70,000円~73,000円?

上記のような価格になったら、5G対応iPhoneの中でもっとも安いモデルです。iPhone 12シリーズやiPhone 13シリーズよりも安価な価格で5G通信を体験できることが、iPhone SE(第3世代)の最大の目玉になるでしょう。

最新のiPhoneは10万円を超えることも珍しくないので、手頃な価格でiPhoneを使いたい方はiPhone SE(第3世代)の発表を待ちましょう。

以下は、iPhone SE(第1世代)とiPhone SE(第2世代)の発売当初の販売価格です。iPhone SE(第3世代)の価格は過去の傾向から予想したので、こちらも参考にしてください。

iPhone SE(第1/2世代)発売当初のApple販売価格

ストレージ容量 iPhone SE(第1世代)
販売価格(税込)
iPhone SE(第2世代)
販売価格(税込)
16GB 58,080円
64GB 71,280円 49,820円
128GB 54,780円
256GB 66,880円

新型iPhone SE 3(第3世代)のデザイン・カラー予想

次に、新型iPhone SE 3(第3世代)のデザインやカラーを予想しました。今回、デザインの刷新や新色の追加はあるのでしょうか。

デザイン予想|パンチホールカメラになる?

  • iPhone SE(第2世代)と同じデザイン?
  • ノッチ・ベゼル幅が狭くなる?
  • 角ばったデザイン・パンチホールカメラに変更?

旧モデルのiPhone SE(第1世代)は角ばったデザインでしたが、2020年4月に登場したiPhone SE(第2世代)は丸みを帯びたデザインに刷新されました。

今回発売が予想されているiPhone SE(第3世代)は、現行モデルと同じ丸みを帯びたデザインになることが考えられます。

出典:Apple

このデザインは側面がカーブしていることで手にフィットしやすく、片手で操作したい方にぴったりです。ノッチやベゼル幅の縮小など細かな変更は考えられますが、見た目は大きく変わらないでしょう。

しかし、iPhone 12シリーズ以降、iPhoneは角ばったデザインに回帰しています。このことから、iPhone SE(第3世代)も角ばったフラットデザインになる可能性が考えられます。

また、iPhoneにおいて長年言われ続けているノッチレスのデザインがiPhone SE(第3世代)で採用されるのではと予想されているようです。その場合、パンチホールカメラが搭載されて本体いっぱいに画面が広がるモデルになるかもしれません。

カラー予想|新色ピンク・グリーン登場?

  • ブラック・ホワイト・PRODUCT(RED)?
  • 新色サーモンピンク・グリーン・ラベンダー・ライトブルー追加?

iPhone SE(第3世代)は、現行モデルと同じブラック・ホワイト・PRODUCT(RED)の3色が引き継がれると予想しています。この3色は人気の定番カラーなので、iPhone SE(第3世代)でも登場する可能性が高いでしょう。

また、近年iPhoneは新型モデルの登場と同時に新色が追加されています。そのため、iPhone SE(第3世代)でも定番カラーに加えて新色が追加されるかもしれません。

現時点で有力なのは、サーモンピンク・グリーン・ラベンダー・ライトブルーといった淡いカラーです。新色が追加されたらさらに大きな注目を集めるので、公式からの発表を待ちましょう。

新型iPhone SE 3(第3世代)のスペック・性能予想

続いて、新型iPhone SE 3(第3世代)のスペック・性能の予想をまとめました。iPhoneは年々性能が向上していますが、新型iPhone SE 3(第3世代)はどうなのでしょうか。

友だち追加でお得なキャンペーン情報をゲット!
LINE友だち追加

画面サイズ・ディスプレイ予想|第2世代と同じ?

  • 画面サイズ:4.7インチ?
  • ディスプレイ:LCDディスプレイ採用?

現行モデルのiPhone SE(第2世代)は、画面サイズが4.7インチのLCD(液晶)ディスプレイを搭載しています。今回登場が予想されるiPhone SE(第3世代)も、同様の画面サイズ・ディスプレイを採用するようです。

最新のスマホは6インチを超える大型なモデルが多く、動画視聴やゲームプレイを楽しみたい方に適しています。一方で、本体サイズが大きいため片手操作が難しいことがデメリットとして挙げられます。

その点iPhone SE(第3世代)は片手操作に適したサイズ感なので、小型スマホ派のユーザーにぴったりです。

iPhone格安SIM通信アンケート

プロセッサ予想|A14 Bionic搭載?

Appleは毎年、数字を変えてiPhone用の新しいプロセッサを開発し新型モデルに搭載しています。例えば、iPhone 12シリーズにはA14 Bionic、iPhone 13シリーズにはA15 Bionicが搭載されました。

なおiPhone SEシリーズはいわゆる廉価版という位置付けなので、既存のプロセッサが採用される傾向があります。実際に、iPhone SE(第2世代)は前年に発売されたiPhone 11シリーズと同じA13 Bionicを採用しています。

そのため、iPhone SE(第3世代)ではA14 BionicまたはA15 Bionicが搭載されるでしょう。販売価格を抑えるためのコストカットを考えると、A14 Bionicが有力かもしれません。

iPhone 12シリーズと同等の頭脳をもつモデルが5万円台から購入できるので、かなりコストパフォーマンスに優れたモデルといえるでしょう。

カメラ予想|デュアルカメラ搭載?

  • メイン+超広角のデュアルカメラ構成?
  • 画素数・f値が向上する?

これまで、iPhone SEシリーズはメインカメラが1つのシングルカメラ構成でした。しかし、iPhone SE(第3世代)では、メインカメラと超広角カメラを組み合わせたデュアルカメラ構成になることが期待されています。

また、画素数やf値も向上すると予想しているので、カメラ性能においてiPhone SE(第2世代)から大幅に進化するでしょう。

生体認証予想|指紋認証搭載?

iPhone SE(第3世代)の生体認証は、現行モデルに引き続きホームボタン内蔵型の指紋認証(Touch ID)が搭載される可能性が高いです。

ホームボタンを廃止して電源ボタンまたはディスプレイにTouch IDを内蔵するのではとも予想されていますが、低価格を実現するためにはホームボタン内蔵型が有力といえます。

バッテリー予想|2,500mAh以上?

iPhone SE(第3世代)では、現行モデルよりも大容量のバッテリーが搭載されると予想しています。iPhone SEシリーズは他のモデルに比べるとバッテリ持続時間が短めですが、iPhone SE(第3世代)のバッテリー容量は2,500mAh以上になるようです。

iPhone SE(第1世代)とiPhone SE(第2世代)のバッテリー容量を見ると、バッテリー容量において大幅に向上することがわかります。

iPhone SE(第1/2世代)のバッテリー容量

iPhone SE(第1世代) iPhone SE(第2世代)
バッテリー容量 1,624mAh 1,821mAh

また、高性能なチップが搭載されることにより効率的に動作するので、現行モデルよりも長時間のバッテリー持ちが期待できます。

5G予想|5Gに対応する?

2020年3月よりキャリアの5Gサービスが開始してから、5G対応のスマホが続々と発売されています。Appleが開発しているiPhoneも、iPhone 12シリーズ以降すべて5G対応モデルです。

そのため、iPhone SE(第3世代)も5Gに対応することが予想されます。ただし、ミリ波には対応せずSub6のみ対応するモデルになるでしょう。

現在5G対応エリアは拡大中なので、5G対応モデルをお得に購入したい方はiPhone SE(第3世代)を検討してみてください。

対応コネクタ予想|USB-Cに変更?

iPhoneにおいて長年言われ続けているのが、充電端子の変更です。これまでiPhoneは、Lightning端子を採用していました。

しかし、iPhone SE(第3世代)ではUSB-C端子に変更される可能性があるようです。USB-CとはiPadや他社のスマホで採用されている充電端子で、Lightningよりも転送速度が速いことが特徴として挙げられます。

大容量のデータをLightningよりも素早く転送できるので、USB-Cへの変更に期待したいところです。

新型iPhone SE Plusも発売される?

最近ではiPhone SE(第3世代)の他に、「iPhone SE Plus」が発売されるのではないかと言われています。

iPhone SE Plusは画面サイズが6.1インチ程度とiPhone SEシリーズの中では大きめのモデルになるようです。またホームボタンが廃止され、側面の電源ボタンにTouch IDが搭載されると予想されています。

ただし、発売は2023年頃になることが考えられるので、情報の公開はまだ先になるでしょう。

新型iPhone SE 3(第3世代)発売日まで待つべき?

iPhone SE(第3世代)を待つべき人

  • 高性能チップ搭載の小型iPhoneが欲しい人
  • 最新iPhoneを安く手に入れたい人
  • USB-C端子のiPhoneを使いたい人

今回は、iPhone SE(第3世代)のデザインやスペックの予想を紹介しました。現行モデルからの主な変更点としては、A14 Bionic搭載・デュアルカメラ・5G対応・USB-C端子などが挙げられます。

画面サイズなど外観は変わらないと予想しているためマイナーチェンジ程度に留まりそうですが、スペック・性能が向上する可能性は高いでしょう。

iPhone SE(第3世代)は低価格ながらハイスペックモデルに劣らない性能をもつモデルになると考えられるため、コスパ重視の方におすすめです。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年10月14日

miku ― ライター
miku ― ライター

学生時代はずっとベースを弾いていました。最近は暇さえあれば映画鑑賞。時間がゆっくりと流れる映画が好きです。