オンラインゲームにおすすめのWiFi回線はコレ!遅い・落ちる時の対処法も解説

オンラインゲームができるWiFiが知りたいという方必見!オンラインゲームにおすすめのWiFiを紹介します。WiFiの種類や選び方を徹底解説。光回線工事ができない場合は工事不要の置き型WiFiやモバイルルーターも選択肢に入れましょう。繋がらない・突然落ちる時の対処法も解説していますので、ぜひ参考にしてください。
【公式】カシモWiMAX オンラインゲームにおすすめのWiFi回線はコレ!遅い・落ちる時の対処法も解説

オンラインゲームに必要な通信速度やオンラインゲームにおすすめのWiFi回線が知りたい方は多いのではないでしょうか。

WiFi回線を契約するにも種類が多すぎるので、料金や特徴などを比較するだけで時間がかかってしまいます。

そこで、本記事では以下の項目などついて解説していきますので参考にしてみてください。

では、さっそくオンラインゲームにおすすめのWiFi回線をチェックしていきましょう。

オンラインゲームにおすすめなのは光回線

オンラインゲームにおすすめの回線は有線タイプの中の光回線です。

光回線とは、光ファイバーを利用してデータを送受信する通信回線のことをいいます。

光回線は無線WiFiのように電磁波の影響を受ける心配がありません。そのため、「通信速度が速い」だけでなく、非常に「安定している」という特徴があります。

回線が安定することで、「突然ネットが繋がりにくくなったり、急に動作がカクカクしたり」といったことを防ぐことができ、速度が安定して出るので、ストレスなくインターネットが利用できるものとなります。

光回線はモバイルルーターやホームルーターなどの無線WiFiと比較すると安定した高速通信ができます。また、Ping値が低くラグが少ないのも光回線の特徴です。

光回線がオンラインゲームな点は次のとおりです。

  • 光回線は無線WiFiよりも圧倒的に速度が速い
  • データ容量を気にせず無制限で使える

光回線は無線WiFiよりも圧倒的に速度が速い

回線の種類 通信速度
(下り理論値)
回線工事 持ち運び
光回線 
〜10Gbps
必要 不可
ホームルーター
〜4.2Gbps
不要 不可
モバイルルーター
(WiMAX・キャリア)

〜3.0Gbps
不要 可能
モバイルルーター
(クラウドSIM)
×
〜150Mbps
不要 可能

光回線は有線でネットに接続できるため、無線のWiFiルーターに比べて速く・安定した通信環境で利用できます。

最近では、WiFiルーターのスペックが向上していて、光回線並みの速さがでる端末もあります。そのため、「全くゲームができない」というわけではないものの、ラグが発生することが多いようです。

そのため、ラグが発生すると困るようなオンラインゲームを利用する場合は、光回線を利用しましょう。

データ容量を気にせず無制限で使える

ポケットWiFiやホームルーターなどの無線WiFiは「無制限プラン」であっても完全に無制限というわけではありません。

短時間で大容量のデータを消費すると、通信速度が制限される可能性があります。

そのため、比較的データをたくさん使うオンラインゲームを長時間行う場合は、制限の不安がない光回線の利用がおすすめです。

光回線とWiFiの違いについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、もっと知りたいという方はぜひ参考にしてください。

オンラインゲーム用WiFi・回線の選び方3つ

前述したとおり、オンラインゲームには光回線がおすすめですが、全ての人が光回線を契約すべきというわけではありません。

回線工事ができない場合や引っ越しの予定があって光回線以外のWiFiでゲームをしたいという人も多いでしょう。

中には、無線接続のWiFiでも比較的快適にオンラインゲームができるものもあります。自分の目的や状況に合わせて最適なWiFiを選んでください。

ここでは、オンラインゲーム用のWiFi・回線の選び方について解説します。

  • 1.通信速度(回線速度)選ぶ
  • 2.Ping値で選ぶ
  • 3.回線の種類で選ぶ

選び方1.通信速度(回線速度)選ぶ

ゲームの種類 必要な速度の目安
シューティング系ゲーム 50Mbps〜70Mbps
アクション系ゲーム 30Mbps〜50Mbps
ソシャゲ・スマホゲーム 1Mbps〜10Mbps

下り速度の実測値(目安)

  • 光回線:200〜500Mbps
  • ホームルーター:50〜150Mbps
  • モバイルルーター:10〜100Mbps

オンラインゲームに必要な通信速度は、ゲームのジャンルによって異なりますが、基本的には30Mbps程度は必要と考えてください。

光回線かホームルーターの実測値であれば、速度面に関しては問題なく利用できるでしょう。

速度について

そもそも、通信速度とは1秒間に送受信できるデータ量のことを指していて、データ量が多いほど通信速度は速くなり、少ないほど遅くなります。

単位はGbpsやMbps、Kbpsなどで、この中で一番大きい単位はGbpsとなっていて、換算すると1Gbpsは1000Mbpsで、1Mbpsは1000Kbpsとなります。

また、通信速度には「上り速度」と「下り速度」があり、「上り速度」はデータを送信する時の速度のことを指し、主にデータをアップロードする時の速度です。

「下り速度」はデータを受信する時の速度を指していて、サーバーからデータを受信する時の速度です。WiFiでゲームをする際は下り速度の方を重要視する必要があります


なお、インターネット回線を提供している会社が公表している通信速度はあくまでも理論値です。

実際の速度とはことなりますので、速度比較サイトなどで実測値を比較しましょう。

point!
  • オンラインゲームを快適に利用するなら、下り速度が30Mbps以上は必要

選び方2.Ping値で選ぶ

Ping値の実測値(目安)

  • 光回線:10〜25ms程度
  • ホームルーター:40〜60ms程度
  • モバイルルーター:40〜60ms程度

まず、Pingとはコンピュータがネットワークを介して相手(別のコンピュータやサーバーなど)に到達できるか確かめるためのツールやコマンドを指します。

オンラインゲームではこのPingを使って時間を計測しますが、その値をPing値と言います。

意味は送受信にかかる応答時間のことで、数値が低いほどラグ(ゲーム内の動作のズレ)が少ないため、快適にゲームをすることができます。

Ping値が高いときにおきる現象としては、対戦ゲームで攻撃を当てたり避けたりしたのにダメージを受けたり与えられないケースや、対戦のマッチングができないケースがあります。

最悪、ゲームが強制終了してしまうこともあるので注意が必要です。

FPSやTPSを快適にプレイしたい場合は20ms以下の回線を選びましょう。

point!
  • 多人数の対戦ゲームを楽しむならPing値20ms以下の光回線がおすすめ
\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

選び方3.回線の種類で選ぶ

オンラインゲーム用のWiFi・回線を選ぶ上で、まずは自分にはどの種類のWiFiがあっているのか決める必要があります。

基本的には、以下の3種類で、この中から最適なものを選ぶのがおすすめです。

回線の種類 光回線 ホームルーター モバイルルーター
通信環境
開通工事 必要 不要 不要
ゲーム利用
おすすめ

ゲーム次第
×
不向き

名前は聞いたことがあるけれど、それぞれの特徴や違いがわからないという方も多いでしょう。

これからそれぞれの回線の特徴を解説していきます。

1.光回線【有線接続で安定した通信が可能】

メリット デメリット
1.速度が速く安定している
2.通信制限がない
3.ラグが発生しにくい
1.回線工事が必要
2.費用が割高
3.自宅以外では使えない

光回線は、3つの回線の中で一番安定した通信ができます。回線工事が可能であれば、光回線を契約するのがおすすめです。

光ファイバーを自宅まで引き込むため、通信環境が安定していて速度が速いというメリットがあります。また、突然落ちるなどのトラブルも発生しにくいです。

デメリットは、開通工事に1〜2ヶ月ほどかかるためすぐに使えない、工事費用が数万円かかるといった点でしょう。

しかし工事費用に関しては、キャンペーンによって無料になる場合も多いため、実質負担なしで利用することも可能です。

2.ホームルーター【工事不要の置くだけWiFi】

メリット デメリット
1.データ無制限で使える
2.端末によっては光回線並みに速い
3.すぐに使える
1.完全無制限ではない
2.光回線に比べて通信品質が劣る
3.外では使えない

ホームルーターは、工事不要でコンセントに挿すだけですぐにインターネットが使えます。利用する回線によってはオンラインゲームのプレイも可能です。

住んでいる建物で回線工事ができない場合は、ホームルーターを選びましょう。

ホームルーターなら光回線のように開通工事がいらないので、最短で契約したその日から利用可能です。

通信の安定性や速度は光回線よりは劣りますが、モバイルルーターよりは安定した高速通信ができます。

デメリットは、通信制限がかかる可能性があり、持ち運びができません。転勤が多い方や引越しの予定がある方は、ホームルーターがおすすめです。

3.モバイルルーター【無線接続で持ち運び可能】

メリット デメリット
1.料金が比較的安い
2.外出先でも使える
3.すぐに使える
1.完全無制限ではない
2.光回線に比べて通信品質が劣る
3.無制限プランが少ない

モバイルルーターは持ち運びができる点が最大のメリットです。

光回線やホームルーターは持ち運びできないので、外出先でもゲームを楽しみたい場合はモバイルルーターを選びましょう。

デメリットは、モバイルルーターは、充電が必要・速度が不安定といったことがあります。持ち運ぶ際にはモバイルバッテリーも一緒に持っておくのがおすすめです。

ゲームのプレイに関しては、モンストやパズドラなどスマホのソシャゲ系であれば問題ないでしょう。

しかし、光回線やホームルーターに比べると速度が遅い・ラグが発生しやすいため、シューティングゲームやアクションゲームの利用には不向きです。

point!
  • 回線工事ができるなら光回線一択
  • 工事なしのWiFiで選ぶならホームルーター
  • 外出先でもソシャゲをしたいならモバイルルーター

オンラインゲームのおすすめ光回線4選

オンラインゲームにおすすめできる光回線を4つ紹介します。

くわしく解説していきますので、光回線を選ぶ際の参考にしてください。

光回線 月額料金(税込) 通信速度
戸建て マンション 下り平均 Ping値
NURO光 5,200円 5,200円~
5,700円
516.9Mbps 13.51ms
auひかり 5,940円 4,180円 486.0Mbps 15.33ms
ソフトバンク光 5,720円 4,180円 321.9Mbps 16.37ms
ドコモ光 5,720円 4,400円 271.3Mbps 19.42ms

※通信速度は「みんなのネット回線速度」で計測された直近3ヶ月の平均値です。

1.NURO光

NURO光 出典:NURO光
NURO光 G2D
(2年契約プラン)
G2T
(3年契約プラン)
戸建て 5,700円(税込) 5,200円(税込)
マンション 5,700円(税込) 5,200円(税込)

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズが提供しているインターネット通信サービスです。

NURO光の通信速度は下り最大2Gbpsで、光コラボの速度より速いのが特徴です。複数の端末を同時接続しても安定した高速通信ができます。

※こちらで紹介した数値は、あくまで理論値です。お住いの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

【NURO光公式】詳細はこちら

おうち割光セット

ソフトバンクスマホを持っている方は、NURO光を契約するとおうち割光セットが適用されます。スマホの月額料金から最大1,100円(税込)が永年割引されるので、お得に利用できます。

おうち割光セットを適用するためには、NURO光でんわへの加入が必要です。月額料金がかかりますが、セット割の割引額を考えるとお得に利用できます。

NURO光でんわ月額料金

  • 東日本:550円(税込)
  • 西日本:330円(税込)

【NURO光公式】詳細はこちら

お試し特典

3ヶ月間、月額料金500円(税込)でお試しできる特典があります。万が一速度や料金に満足できなかった場合は契約解除料・工事費残債が無料で解約できます。

エリアや電波が不安な方も安心して、NURO光を利用できる点がメリットです。

【NURO光公式】詳細はこちら

NURO光の口コミ

こちらの口コミを見ると、ドコモ光からNURO光に乗り換えて、ゲームが快適になっているようです。

シューティングゲームなどは、ネット環境が結果を左右するため、実際に使っているユーザーの評判がよい回線を選びましょう。

【NURO光公式】詳細はこちら

2.auひかり

フルコミット
auひかり 月額料金
戸建て 5,610円(税込)
マンション 4,180円(税込)

auひかりはKDDIが提供する独自回線を利用した光回線です。

auひかりのマンションの月額料金は建物の設備によって異なります。自分の住んでいるマンションがどのタイプなのかは、auひかりの公式サイト内で確認しましょう。

auひかりは、auユーザーだとスマホの月額料金から永年1,100円(税込)が割引されます。通信速度は1Gbps5Gbps10Gbpsから選べて、月額料金も異なります。

※こちらで紹介した数値は、あくまで理論値です。お住いの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

auスマホユーザーで、オンラインゲーム用の回線を契約したいのであればauひかりがおすすめです。

【auひかり】詳細はこちら

auひかりの口コミ

こちらのユーザーさんは、他社からの乗り換えにかかる違約金をauひかりに負担してもらえたそうです。

ネット契約は違約金などがネックになって乗り換えを諦める人も多いですが、違約金を負担してもらえると気軽に乗り換えやすくなりますね。

また、速度面についても安定したと書いてて、auひかりへの乗り換えに満足しているようです。

【auひかり】詳細はこちら

3.ソフトバンク光

ソフトバンク光 月額料金
戸建て 5,720円(税込)
マンション 4,180円(税込)

ソフトバンク光はソフトバンクが提供する光コラボです。

ソフトバンクユーザーがソフトバンク光を契約すると、スマホの月額料金から永年1,100円(税込)割引されます。通信速度は最大受信速度1Gbpsの高速通信が可能です。

※こちらで紹介した数値は、あくまで理論値です。お住いの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

【ソフトバンク光】詳細はこちら

ソフトバンク光の口コミ

実際にソフトバンクを利用している人のツイートをみると、いつゲームをしてもラグくないという口コミがありました。

また、オンラインゲームを利用するならソフトバンク光の10Gがおすすめとツイートしている人もいました。

【ソフトバンク光】詳細はこちら

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

4.ドコモ光

出典:ドコモ光 代理店 株式会社ネットナビ
ドコモ光 月額料金
戸建て 5,720円(税込)
マンション 4,400円(税込)

ドコモ光はドコモが提供する光コラボです。

ドコモ光では最大受信速度10Gbpsのプランも一部エリアで提供しています。

※こちらで紹介した数値は、あくまで理論値です。お住いの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

ドコモユーザーがドコモ光を契約すると、スマホの月額料金から最大1,100円(税込)が永年割引されます。ドコモのスマホを持っていて、オンラインゲーム用の回線がほしい方はドコモ光がおすすめです。

【ドコモ光公式】詳細はこちら

ドコモ光の口コミ

こちらのユーザーさんは、プロバイダを自由に変更できるドコモ光が最強と評価しています。

通信状況は利用する環境に左右されるため、プロバイダを自由に変更できるというのは大きなメリットと言えますね。

【ドコモ光公式】詳細はこちら

オンラインゲームが繋がらない・落ちる時の対処法3つ

オンラインゲームの途中で通信が繋がらない際・切れる・の対処法を3つ紹介していきます。

  • 速度制限がかかっていないか確認
  • 有線接続を試してみる
  • ルーターの設置場所を変える

それぞれの対処法についてくわしく解説します。

対処法1.速度制限がかかっていないか確認

オンラインゲームをしている際に急に速度が遅くなった・繋がらなくなった際は、ネット回線の速度制限がかかっている可能性があります。

ホームルーターやモバイルルーターは、月間データ容量が30GBなどの上限が設けられていることがあります。

月間のデータ容量を超えると、月末まで速度がかなり低下するのでオンラインゲームをするのは難しいでしょう。オンラインゲームをする頻度が高い方は、データ容量無制限で使える回線を選ぶのがおすすめです。

対処法2.有線接続を試してみる

回線とゲーム機を無線接続している場合は、有線接続に切り替えると速度や切れてしまう現象を改善できる可能性があります。

有線接続はノイズや他の電子機器の干渉を受けにくいので、無線接続よりも安定した通信が可能です。

また、ケーブルもCAT6A準拠のケーブルがゲーム用としてはおすすめですので、無線である必要がないのなら有線で快適にプレイしましょう。

対処法3.ルーターの設置場所を変える

ホームルーターやモバイルルーターを使っている方は、ルーターを窓際に設置してみてください。テレビ台の裏など物に囲まれている場所は避けましょう。

家の中心よりもできるだけ外に近い場所にルーターを設置すると、電波を拾いやすく通信が安定しやすいです。

また、ルーター自体を変えるのも有効な手段なので、できる限りハイエンドのルーターを使ってスピードを出せる環境を作りましょう。

モバイルルーターで外出先でもオンラインゲームを楽しむ

オンラインゲームには光回線が一番おすすめと紹介しましたが、外出先でオンラインゲームを楽しみたいのであれば、モバイルルーターが最適でしょう。

モバイルルーターを使ってオンラインゲームをする際のポイントを紹介していきます。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

モバイルルーターを使う際のポイント

モバイルルーターを使用してオンラインゲームをするのであれば、次の2つの点に注意しましょう。

  • 有線接続する
  • モバイルバッテリーを持ち運ぶ

有線接続する

モバイルルーターは、光回線やホームルーターに比べると通信が不安定になりやすく、速度も遅いです。

快適にオンラインゲームをしたいのであれば、無線接続ではなく有線接続で利用するのがおすすめです。有線接続にすることで、少しでも通信を安定させ速度が速くなる可能性があるからです。

モバイルバッテリーを持ち運ぶ

モバイルルーターは充電式のため、外出先で使用する場合はモバイルバッテリーも一緒に持っていくことをおすすめします。

ルーターの充電がなくなり電源が切れてしまうと、WiFiの接続も同時に切れてしまうので注意が必要です。

モバイルルーターは「カシモWiMAX」がおすすめ

出典:カシモWiMAX

モバイルルーターを契約するのであれば、「カシモWiMAX」がおすすめです。

(税込) カシモWiMAX
縛りなしプラン
月額料金 4,378円
端末代(36回) 605円/月
端末分割払い
サポート(36回)
-605円/月
合計 4,378円

「カシモWiMAX」は初月の月額料金が1,408円(税込)で利用でき、2ヶ月目以降の料金はずっと変わりません。さらに、端末代金が0円なのも「カシモWiMAX」をおすすめしたい理由の1つです。

WiMAX+5Gの最大受信速度は2.7Gbpsで、WiMAX史上最速の通信速度が利用できます。データ容量無制限で使えるので、オンラインゲームをたくさんする方も安心して楽しめます。

※こちらで紹介した数値は、あくまで理論値です。お住いの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

モバイルルーターを契約したい方は、ぜひ「カシモWiMAX」を検討してみてください。なお、「カシモWiMAX」はモバイルルーターだけではなく、ホームルーターも契約可能です。

【カシモWiMAX公式】詳細はこちら

オンラインゲームの通信回線に関するよくある質問

オンラインゲームの通信回線に関するよくある質問にお答えします。

ゲーミングルーターとWiFiルーターの違いは?

ゲーミングルーターとWiFiルーターの違いは、機能性です。

ゲーミングルーターには、オンラインゲームをするためにあると嬉しい機能が搭載されています。

ゲーミングルーターに搭載されている機能

  • オンラインゲームの通信を優先させるQoS
  • ゲーム中のラグを減らせるWTFFast

一方でゲーミングルーターは、価格が高い、ゲーム以外の用途ではオーバースペックといった点がデメリットです。

ゲームのために、とことんこだわりたいのであれば、ゲーミングルーターを選ぶのもいいでしょう。しかし、ゲームメインではないのであれば、WiFiルーターがおすすめです。

置き型WiFi・ホームルーターのPing値は?

コンセントに挿すだけで使えるホームルーターのPing値は40〜50ms程度です。

  • ドコモ home 5G:51.05ms
  • ソフトバンクエアー:42.55ms
  • WiMAX(au):45.48ms

※「みんなのネット回線速度」で計測された直近3ヶ月の平均値です。

オンライン対戦ゲームをプレイする場合は、ある程度ラグが発生する可能性を念頭に置いておいた方がよいでしょう。

なお、ホームルーターの料金比較やお得に申し込む方法は、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひあわせて参考にしてみてください。

ゲームプレイに必要な回線速度は?

一般的にゲームプレイするには30Mbpsが必要と言われています。しかし、プレイしたいゲームによって必要な回線速度は変わります。

中でも「フォートナイト」や「Apex」などのシューティングゲームは、速い回線速度が必要です。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

オンラインゲーム用WiFiは光回線がおすすめ

オンラインゲームにおすすめのWiFiについてくわしく解説してきました。光回線は安定した高速通信ができるのでオンラインゲームにおすすめのインターネット回線です。

オンラインゲームにおすすめの回線は光回線、オンラインゲームに必要な通信速度は10〜30Mbpsです。

どうしても工事ができない・引っ越しを控えているという場合は、ホームルータを利用しましょう。

外出先でもオンラインゲームを楽しみたい方は、モバイルルーターの検討をおすすめします。そして外出のときは、モバイルバッテリーを忘れずに持っていきましょう。

この記事を参考にしていただき、快適なオンラインゲームを楽しんでください。

公開日時 : 2022年12月20日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!