Androidおすすめ

タブレットやスマホを子供に持たせるには|制限をかける方法とアプリ

子供にスマホやタブレットを持たせるなら、使用制限をかけて渡すのがおすすめです。制限をかけることで不適切な使い方を防ぎ、かつ使用状況の管理もしやすくなるからです。上手な制限のかけ方を知り、ネットのトラブルから子供を守りましょう。
新型ihone12噂 タブレットやスマホを子供に持たせるには|制限をかける方法とアプリ

スマホやタブレットは非常に便利であり、安全や教育のために子供に持たせたいと思う人も多いでしょう。

子供が大きくなると1人で外に出かけることも増えるため、いつでも連絡が取れるようにスマホを持たせておくと便利です。

また、勉強の幅を広げるために、タブレットを持たせて、アプリを使った教材も利用するのも良いでしょう。

スマホやタブレットを子供に持たせる場合に心配なのがネットを通じたトラブルであり、これを回避するには使用制限をかけることが大切です。

上手に制限をかけて使用方法を限定し、子供に持たせても大丈夫なようにしましょう。

フィルタリング機能は使うべきか

スマホやタブレットには、ネットの有害サイトやアプリを遮断するフィルタリング機能があります。

これをつけることで使用は大幅に制限され、各種サイトやアプリが閲覧・利用できなくなります。フィルタリング機能は使用制限をかけるには適していますが、反面自由度が損なわれるというデメリットがあります。

フィルタリング機能では、場合によっては害のないサイトまでブロックされることもあり、使い勝手が悪くなりやすいことは覚えておきましょう。

フィルタリング機能はメリット・デメリットがありますが、子供に持たせる場合にはつけるべきか、考えておくことが大切です。

子供を危険から守りサポートするため必須

ネットのトラブルから子供を確実に守りたいなら、フィルタリング機能は必須です。フィルタリング機能は有害なサイトをブロックするだけではなく、使用時間の制限もできます。

スマホやタブレットの使いすぎを防ぐことで依存症の防止にもなり、メリハリをつけて端末を利用できるでしょう。

また、間違って課金しないためにもフィルタリング機能は必須であり、特にネットの使い方が理解できていないうちは、つけておいた方が無難でしょう。

フィルタリング機能も万能ではないため、事前に使い方はきちんと説明しなければなりませんが、機能をつけることで大部分のトラブルを防げることは確かです。

制限をかける前に子供と相談

フィルタリング機能は便利ですが、つけるなら事前に子供とよく話し合っておいた方が良いでしょう。

子供の了承を得ずにフィルタリングをつけてしまうと、本来やりたかったことができない、あるいは信用されていないと感じ、不満を覚えてしまう可能性があります。

親子の信頼関係にひびが入る可能性もあるため、何のために制限をかけるのか、どのような必要性があるのかは説明しておきましょう。

また、フィルタリング機能には段階があるため、どの程度使用を制限するかも話し合って決めることが大切です。相談の上でお互いに納得できる点を見つけ、共通の認識を持ってフィルタリング機能を使いましょう。

AndroidとiPhoneの制限機能の違い

AndroidとiPhoneでは搭載されているOSが違うため、各種機能が異なります。細かい機能や性能の違いはありますが、大きな違いは初期搭載されている制限機能です。

iPhoneの場合、ペアレンタルコントロールという機能制限が初期搭載されており、設定内から機能を制限して、子供に渡すことができます。

しかし、Androidではペアレンタルコントロールに該当するものは搭載されていないため、設定からでは機能制限がかけられません。

Androidで制限をかけるには、別途アプリをインストールし、それを利用しなければならないことは覚えておきましょう。

アプリ設定次第でよりカスタマイズして機能制限をかけられるのはAndroidの特徴ですが、反面設定が面倒で、複雑になりやすいです。より簡単に制限をかけたいなら、初期搭載の機能が使えるiPhoneがおすすめでしょう。

Androidの簡易的で無料の制限方法

Androidの端末で機能制限をかけるには、アプリをインストールしなければなりませんが、実はブラウザ上で簡易的に制限をかけることは可能です。

簡易的な制限なら無料で簡単に行えるため、余計な手間をかけずスムーズに設定ができるでしょう。

ただし、かけられる制限は一部に限られており、機能制限まではできないことは理解が必要です。Androidで無料で簡単にかけられる制限は、全部で3つあります。

Googleセーフサーチ機能を利用

Googleにはセーフサーチ機能があり、これはブラウザ上で簡単に設定し、利用できます。

検索画面から設定を押し、セーフサーチフィルターをオンにすることで、検索結果から不適切なものを除外することができます。

暴力的なコンテンツやアダルトサイトを表示したくない場合におすすめの方法ですが、完璧に除外されるとは限らないため注意が必要です。稀に該当するはずのコンテンツが表示される可能性もあるため、セーフサーチ機能だけに頼らず、正しい使い方を教える必要があります。

また、ブラウザ上での設定のため、他のページから検索した場合は適用外になるため注意しなければなりません。例えば、GoogleからYahoo!JAPANに飛び、そこから検索した場合はセーフサーチのフィルターは設定されていません。

Yahoo!JAPANでも同様にフィルターをかけることは可能なため、使用する可能性があるページでは、全てセーフサーチをかけておくと良いでしょう。

YouTubeの制限付きモードを利用

YouTubeで不適切な動画を表示したくないなら、制限付きモードを利用しましょう。制限付きモードは、YouTubeの設定画面から簡単に切り替えることができます。

ページで設定が可能なため、すぐにオンオフの切り替えができてしまうことが難点で、設定の場所さえ知っているなら子供でも簡単に解除が可能です。

利用するなら子供に設定の場所を教えない、あるいは教えた上でなぜ制限をつけるのか説明し、納得させてから利用するのが良いでしょう。YouTubeの制限付きモードは、ブラウザ版・アプリ版の両方で使用できます。

GooglePlayストアの使用制限を利用

GooglePlayストアでは、設定画面から使用の制限がかけられます。設定から「保護者による使用制限」へと進むと暗証番号を設定して制限の内容を変更できます。

制限は「アプリとゲーム」「映画」「音楽」の3つに分けられ、それぞれ制限の幅を細かく調整できる点が特徴です。

制限をかけることでアプリのダウンロードを制限することができ、不適切なコンテンツの使用だけではなく、課金によるトラブルも回避できます。

子供のタブレット使用制限ができるアプリ

Android端末でより細かい使用制限をかけるには、アプリのダウンロードが必要です。

制限がかけられるアプリは複数あり、それらを組み合わせることでピンポイントに限定した使用を実現できます。

子供にスマホやタブレットを持たせる場合は、不適切なコンテンツを排除したり、トラブルを未然に防ぐために使用環境を上手に制限しなければなりません。

利用できるアプリを知って、ネットのトラブルから上手に子供を守りましょう。

ファミリーリンク

ファミリーリンクは13歳未満の子供用Googleアカウントが作れるアプリで、親のGoogleアカウントとリンクさせることで、より詳細な使用制限がかけられます。

ダウンロードするアプリや閲覧するサイトの制限はもちろん、時間制限もかけられるため、メリハリをつけて子供に使わせたい人におすすめです。

また、何をどれくらいの時間使ったかもチェックできるため、子供の端末の使用状況も簡単に把握し、管理できます。加えて、端末の位置情報の確認もできるため、子供がどこにいるかも素早く確認でき、安全面でも優れたアプリでしょう。

YouTubeの視聴ができないため、動画の視聴を楽しみにしている子供の場合は注意が必要ですが、細かく制限をかけられるため、使い勝手は優れています。

YouTube Kids

YouTube Kidsは子供向けの動画が優先的に表示されるアプリで、子供でも使いやすい画面表示になっています。ページの表示が簡易的になるため、直感的に操作もしやすく、端末の使い方を覚えさせるのにも役立つでしょう。

動画の検索機能はオンオフの切り替えが可能で、不適切なコンテンツの排除も可能です。使用時間の制限をかけられるオフタイマー機能も搭載されており、長時間の動画の見過ぎも防げます。

子供向けのアプリのため、動画再生時の広告表示も従来より少なく、快適に利用しやすいでしょう。

YouTube Kids
無料
(2018.12.21時点)
posted with ポチレバ

SecureKids

SecureKidsはAndroidで使える機能制限アプリの1つですが、無料版と有料版があります。それぞれで機能が異なるため、どちらを使用すべきか違いから判断しましょう。

また、便利なアプリですが、使用時には注意点もあります。特徴と注意点を把握し、正しい方法で使用することが大切です。

無料版と有料版の違い

無料版と有料版の違いは利用できる機能にあり、有料版ならインターネットの閲覧や検索の制限、使用時間の制限まで可能です。

無料版の場合は、一部機能が削除され、使用時間の制限はかけられません。しかし、他に使える機能は多く、無料版でも十分便利に利用できます。

まずは無料版を使ってみて、さらに機能が必要と感じた場合は有料版に切り替えるのがいいでしょう。

利用情報が保存されるので注意

SecureKidsは無料版、有料版ともに便利なアプリですが、アプリを使用した際の利用情報が保存されるため注意しなければなりません。

どのような用途で使用しているのか、閲覧履歴や位置情報など、個人を特定されない範囲で情報は監視され、利用されます。

これは利用規約にも書いているため、事前に確認し、納得した上で使用することが大切です。

個人が特定されない範囲での利用のため、悪用される心配はほとんどありませんが、気になる人は避けた方が無難でしょう。

SecureKidsをダウンロードする

携帯会社による無料アプリ

携帯会社では「あんしんフィルター」という無料の機能制限のサービスを提供しているため、これを利用するのもおすすめです。

大手キャリア3つなら利用が可能で、フィルタリング機能や使用時間の制限なども可能です。

キャリアごとに詳細な内容や設定方法は異なるため、契約先に応じて使い方を確認しておきましょう。

Fireタブレットの制限方法

FireタブレットはOSに使用制限の機能が搭載されているため、簡単に設定が可能です。設定画面から「機能制限」へと進み、「スイッチ」をタップします。

パスコードの入力を求められるため、入力して「終了」をタップした後「制限する機能」へと進みましょう。ここから詳細な制限をかけることができ、使い方に応じて設定を変更できます。

子供が上手にインターネットを使えるようにサポート

スマホやタブレットを子供に持たせる場合は、安全に使えるよう大人がトラブルから守り、サポートしなければなりません。

特に端末を始めて使用する場合は、正しい使い方をきちんと教えることが大切で、説明した上で使用制限もかけましょう。

制限機能だけに任せず、子供自身に使い方を覚えさせることも大切です。使用制限はあくまでサポート的な機能であり、本当に大切なのは間違った使い方をさせないことです。

各種機能も上手に使いながら子供をサポートして、ネットの便利さと同時に怖さも教えて、安全に使わせることを心がけましょう。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2018年12月29日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード