OCN光

マンションで光回線工事の許可・確認は必要?工事内容・費用とできない場合の対処法

マンションで光回線を導入する場合、状況によってはオーナーの許可が必要です。この記事では、マンションで光回線工事の許可や確認が必要かどうかをまとめました。工事内容や費用も併せて解説しているので、マンションで光回線の導入を検討している人は必見です。
【公式】カシモWiMAX マンションで光回線工事の許可・確認は必要?工事内容・費用とできない場合の対処法

光回線を導入する際は開通工事が必要です。しかし、マンションの場合、オーナーの許可が必要だったり工事ができなかったりするケースがあります。

この記事では、マンションで光回線工事の許可が必要かどうか、工事ができないケースなどをわかりやすくまとめました。

光回線工事ができない場合の対処法も併せて解説しているので、マンションで光回線の導入を検討している人はぜひ参考にしてください。

マンションで光回線工事の許可は必要?

光回線工事の許可が必要かどうかは、光回線がマンションのどこまで導入されているのかがポイントです。

工事許可の要否
マンションに光回線が導入されていない 必要
光回線が共有部分まで通っている 必要
光回線が専用部分(室内)まで通っている 不要

【必要】新規で光回線を導入したい

光回線がマンションに導入されていない場合、工事が必要です。

マンション向けプランは回線を共同で利用します。そのため、戸建て向けプランに比べて月額料金が安価です。

しかしマンション向けプランはオーナーの許可が必要だったり、契約者数を一定数以上集める必要があったりと導入のハードルが高いことが特徴です。

そこで近年は、マンションの各入居者がそれぞれ戸建て向けプランを契約する方法も増えています。

利用したい光回線が「マンションで戸建て向けプランを利用可能」としていれば、戸建てプランの契約が可能です。

ただし、マンションプランと戸建て向けプランのどちらを導入する場合も、建物に穴をあけるためオーナーの許可は必要です。

【必要】穴あけやビス止め作業が発生する

マンションの共有部分まで光回線が通っている場合、専用部分への配線工事を行えば光回線が利用できます。

最近のマンションではよくみられるケースで、この場合は屋外の工事は必要ありません。マンションにどの光回線事業者が導入されているのかを確認しましょう。

【不要】室内に配線整備が整っている

すでに回線がマンションの専有部分あるいは室内まで引き込まれている場合、オーナーに許可を得る必要はありません。

この場合光回線業者と契約し、モデムやルーターを設置するだけで光回線が利用できます。

光回線の工事内容・費用

光回線の工事内容と費用を解説します。

工事内容

マンションの工事内容は、回線の引き込み状況によって異なります。

マンションに光回線が導入されていない場合

  1. 共有設備へ光ファイバーケーブルを引き込む
  2. 共有部分を通じて専用部分(室内)まで回線を引き込む
  3. 光コンセントを設置
  4. 光コンセントにONU(光回線終端装置)を接続して完了

マンションに光回線が導入されていない場合、まずは共有設備へ光ファイバーケーブルと呼ばれる回線を引き込みます。

次に共有部分を通じて専用部分(室内)まで回線を引き込み、室内の壁面に光コンセントを設置します。

光コンセントとは、光回線とONU(光回線終端装置)の接続箇所で、インターネットを利用するための光回線専用のコンセントのことです。

光コンセントにONU(光回線終端装置)を接続して完了です。

光回線が共有部分まで通っている場合

  1. 共有部分を通じて専用部分(室内)まで回線を引き込む
  2. 光コンセントを設置
  3. 光コンセントにモデムを接続して完了

回線が共有部分まで引き込まれている場合は、専有部分(室内)に回線を引き込むところから作業がスタートします。その後の手順は同じで、光コンセントにONU(光回線終端装置)を接続すれば完了です。

光回線が専用部分(室内)まで回線が通っている場合

  1. 光コンセントにモデムを接続するだけで完了

この場合、工事なども不要です。

工事費用

代表的な光回線事業者の工事費の目安をまとめました。

ドコモ光 16,500円(税込)~19,800円(税込)
auひかり 33,000円(税込)〜41,250円(税込)
ソフトバンク光 2,200円(税込)〜26,400円(税込)
NURO光 44,000円(税込)
楽天ひかり 2,200円(税込)~19,800円(税込)

すでにフレッツ光または他社の光コラボを利用している場合は、乗り換えの際に工事費用は発生しません

光コラボとは、NTT東日本とNTT西日本が回線事業者に光回線の卸売り販売するサービスモデルのことで、ドコモ光やソフトバンク光、楽天ひかりが光コラボに該当します。

また、光回線事業者によっては「工事費が実質無料になるキャンペーン」を実施している場合もあるため、お得に契約できることがあります。

マンションで光回線を導入する流れ

一般的なケースの「光回線が共有部分まで通っている」場合の流れについて解説します。

手順1.申込み・工事日程の調整

インターネットを利用するには回線とプロバイダの契約が必要です。マンションに備えられている光回線を確認し、利用するプロバイダを決めて契約しましょう。

申し込みは、家電量販店や携帯ショップからも行えますが、24時間受付可能なWebサイトがおすすめです。必要に応じてパソコンやWiFiルーターを用意しておきます。

後日、担当者から工事についての連絡があるので、工事日を決めましょう。

手順2.開通工事

マンションの共有設備まで回線が導入されている場合、室内まで引くための配線工事と光コンセントの設置工事が必要です。

基本的に工事は30分〜1時間ほどで完了します。

工事日当日、回線を室内まで引き込み、室内の壁面に光コンセントを設置したら、光コンセントとONUを接続します。

手順3.宅内機器の設定

光回線の工事完了後、設定などは自分でする必要があります。

WiFiルーターやパソコンを接続・設定すれば、インターネットが利用できるようになります。

マンションで光回線の工事ができないケース

光回線を導入する際には基本的に開通工事が必要です。しかし、工事自体ができないケースもあります。

マンションで光回線の工事ができないケースを詳しく解説します。該当するかどうかを確認してください。

マンションが光回線の対応エリア外

マンションが対応エリア内でなければ、工事はおろか契約すらできません。対応エリアは回線事業者ごとに異なります。

また、全国に対応している回線事業者でも一部地域はエリア外のケースもあります。公式サイトで対応エリアを確認できるので、必ずチェックしてから申し込むようにしましょう。

すでに決まった光回線が導入されている

マンションの共有部分まで光回線が通っている場合、他社の光回線を導入することは難しいでしょう。

マンション向けプランは、利用条件に一定以上の契約者数を設定しているケースも少なくありません。一定数の契約者数を集める必要があるため、導入のハードルも高くなります。

建物の構造上ケーブルが引けない

マンションの構造によっては工事や契約ができないケースもあります。

工事ができないケース

  • 光ファイバーケーブルを分配する集合装置に空きがない
  • 配管の詰まりや破損
  • 外壁の問題から配管が通せない

光回線の工事ができない場合の対処法

マンションで光回線を導入したくても工事ができない場合でも、別の方法でインターネットを利用できます。

光回線の工事ができない場合の対処法を解説します。自身にとって適した方法を検討してみてください。

他に契約可能な回線を探す

契約したい光回線の工事ができない場合、利用可能な他の回線事業者を探してみましょう。

たとえばマンションが契約したい光回線の対応エリア外だった場合、対応エリアの回線事業者であれば工事できる可能性が高いです。

別の回線事業者を探す場合は、おすすめのインターネット回線を比較しているこちらの記事も参考にしてください。

工事不要なモバイル回線を契約する

インターネット回線の中には、工事不要で利用できるモバイル回線もあります。モバイル回線は、専用ルーターで電波を受信することでインターネットが利用できます。

専用ルーターにはモバイルタイプと据え置きタイプの2種類があります。

モバイル回線は工事が不要なため、申し込みから利用開始までがスムーズです。光回線の工事ができない場合は検討してみましょう。

WiMAXのおすすめはカシモWiMAX

カシモWiMAX 出典:カシモWiMAX

自宅だけでなく外出先でもインターネットを利用したい場合は、モバイルタイプのWiMAXを検討してみましょう。

WiMAXを取り扱うプロバイダはたくさんありますが、おすすめはカシモWiMAXです。

  • 業界最安級の月額料金
  • 最短当日発送で送料無料
  • 5Gサービスも利用可能

カシモWiMAXの月額料金は業界最安級で、1,408円(税込)~利用できます。申し込み処理後はすぐに発送準備に入るため、最短当日発送で端末の受け取りまでがスムーズです。

また、2021年4月22日からは5Gサービスを開始しており、初月は0円で利用できる点も魅力です。初月0円はアンケート送付が条件です。

【カシモWiMAX公式】詳細はこちら

(税込) 3年プラン 2年プラン
初月 1,408円
1ヵ月目 4,455円 4,708円
端末料金 0円
データ容量 実質無制限

ホームルーターならソフトバンクエアー

ソフトバンクエアー 出典:ソフトバンクエアー

自宅のみでインターネットを利用する場合は、据え置きタイプホームルーターを取り扱うソフトバンクエアーがおすすめです。

  • コンセントに差すだけですぐに利用可能
  • スマホとのセット割がある
  • データ容量が無制限

ソフトバンクエアーは端末の受け取り後、コンセントに差すだけで利用できるので面倒な設定が不要です。

ソフトバンクまたはワイモバイルのスマホとセット契約した場合、毎月のスマホ代から最大1,100円(税込)が割引されます。

【ソフトバンクエアー公式】詳細はこちら

(税込) ソフトバンクエアー
Airターミナル5 Airターミナル4/4 NEXT
基本料金 5,368円
端末代金
(36回払い)
1,980円 1,650円
割引 -1,980円 -2,838円
月額料金 5,368円 〜24ヶ月目:4,180円
25ヶ月目〜:5,368円

短期の場合はレンタルWiFiを利用する

インターネットを利用したい期間が短期の場合は、レンタルWiFiの利用を検討してみましょう。

レンタルWiFiは、光回線やモバイルWiFiのように回線契約しなくても一定期間インターネットが利用できるサービスです。

1日単位で利用できるため、費用を最小限に抑えられます。モバイルWiFiと同じく工事や設定が不要なので、端末を受け取り次第インターネットを利用できます。

ポケットWiFiの短期レンタルについてこちらで詳しく紹介しています。

マンションの状況に合わせてインターネット環境を構築しよう

光回線を導入する際は基本的に工事が必要です。

マンションで工事をする場合、導入状況によってオーナーの許可が必要になります。

  • マンションに光回線が導入されていない場合:必要
  • 光回線が共有部分まで通っている場合:必要
  • 光回線が専用部分(室内)まで回線が通っている場合:不要

光回線が共有部分まで通っている場合、導入されている光回線に申し込みましょう。専用部分まで通っている場合は光コンセントにONUを接続すれば完了です。

マンションに光回線が導入されていない場合や、建物の構造上工事ができない場合は、工事不要なカシモWiMAXやソフトバンクエア―がおすすめです。

マンションの導入状況に合わせて、インターネット環境を構築してください。

公開日時 : 2021年11月04日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!