JCOM_iPhone7

auひかりの引越し手順・工事費・撤去費用解説!移転手続きと新規契約どっちがお得?

今回は引っ越しの際に必要なauひかりの手続きについて説明します。auひかりをそのまま移転する場合や解約し乗り換える場合、その注意点などを詳しく解説!引っ越しで忙しくて、ネット回線の手続きまで手が回らない……という方の助けになればと思います。
auひかりの引越し手順・工事費・撤去費用解説!移転手続きと新規契約どっちがお得?

引越し準備は大変で、荷造り以外にもすべきことは数多くあります。自宅にネット回線を引いている場合は、この手続きも必要です。

auひかり回線を使用している場合は、引越しに伴い手続きが必要ですが、状況によってやるべきことは変わります。

引越し時の手続きにはどのような選択肢があるのか、それぞれの違いも含めて知っていきましょう。

「引っ越ししてすぐにネットを使いたい」という方には、工事不要で使えるおすすめインターネットWiFiを解説した記事をご覧ください。

auひかり引越し時の選択は2つ

auひかりを利用している場合、引越し時に取れる選択肢は、「移転」「解約」の2つに分けられます。

移転は契約を続行し、引越し先でもau光を使う方法です。移転の場合も手続きは必要で、引越し先でも自動的に使用できるわけではないため注意が必要です。

解約は引越しに伴いau光の契約を打ち切るやり方ですが、この場合は解約して終わりか、他社に乗り換えるかに選択肢が分かれます

解約して終わりなら、解約手続きのみで完了しますが、乗り換えなら他社回線と新規契約を結ばなければなりません。

自宅でのネット利用の必要性があるなら、基本的には解約だと乗り換えを選択する場合もあるでしょう。基本的には移転と解約のどちらかを選びますが、例外的に解約してauひかりで新規契約をし直すという方法もあります。

これは別名義での契約が必要なため、他者名義での契約が可能な場合のみ利用できる方法です。

auひかりを引越し先で使う場合

引越し先でもauひかりをそのまま使う場合は、移転の手続きを行います。スムーズに手続きを完了させるには、手続きの手順や費用を知っておくことが大切です。

移転だと他社回線を検討する必要がないため、それほど手間はかからないのが特徴です。ただし、注意点も存在するため、各種ポイントは細部まで把握しておかなければなりません。

auひかり引越し(移転)にかかる費用

移転時には、主に以下の費用がかかります。

  • 初期費用(工事費)
  • 登録料
  • 初回基本設定費用

初期費用の工事費は、割引のキャンペーンを利用すると、実質無料のため心配はないでしょう。通常なら、戸建てだと37500円、マンションだと3万円かかります。

移転の場合は、基本的には撤去工事は不要ですが、環境によっては必要な場合もあります。

撤去工事には1万円かかるため、これもコストの試算に入れておきましょう。登録料は一律800円、書記基本設定費用は、6,800円です。

ただし、初期基本設定費用は、割引を適用することで、2,000円での利用が可能です。通常は上記3つの費用で移転できますが、新規契約時の初期費用が残っている場合は、それを一度精算しなければなりません。分割払いにし、残金があるならそれもコストに上乗せされるため注意が必要です。

auひかり20200203_incontent

auひかり引越し(移転)手続きの流れ

auひかりの移転は、以下の手順で行います。

    • KDDIへ連絡
    • 回線工事日と新しい電話番号の通知
    • 利用開始の案内と宅内機器が送付
    • 光回線工事の実施
    • 機器を接続し利用開始

移転手続きをするには、まずはKDDIへ連絡しなければなりません。連絡は公式ホームページから行うため、下記サイトのフォームから行いましょう。また、契約しているプロバイダが「au one net」以外の場合は、それぞれのプロバイダに連絡し、移転手続きを進めなければなりません。

連絡後、順次移転に関する連絡や手続きが進められますが、全て完了するまでに1カ月以上かかります

そのため、引越し先や日程が決まった段階で素早く連絡しなければなりません。連絡が遅れてしまうと、一定期間ネット回線が利用できない可能性もあるため注意が必要です。

auひかり引越し(移転)の注意点

手順を踏んで手続きを進めることで、移転はスムーズに完了しますが、一部注意点があることは覚えておきましょう。

注意点が守れていないと、手続きが滞ったり、思わぬところで失敗したりします。auひかり移転時の注意点は、大きく2つに分けられます。

引越し先で利用できない可能性もある

移転手続きを行うことで、引越し先でも継続して利用が可能ですが、これはauひかりのサービス対象エリアだった場合に限られます。

引越し先がサービスの対象外のエリアの場合、当然引き続きの利用はできないため注意が必要です。

これは移転だけができないわけではなく、解約して新規契約もできません。移転手続きを進めても、引越し先の状況次第では強制解約になります。継続して利用したいなら、引越し先でも使えるか、事前に確認しておかなければなりません。

プロバイダの引越しキャンペーンを見逃さない

auひかりは複数のプロバイダと契約が可能で、それぞれで違ったキャンペーンを実施しています。プロバイダによっては引越しする人を対象にしたキャンペーンを実施していることもあるため、これを見逃さないようにしましょう。

内容はプロバイダごとに、その時々で違いますが、通常よりもお得に利用しやすいのは確かです。キャッシュバックや移転にかかる費用の割引といったサービスを提供していることもあるため、引越し前にチェックしておきましょう。場合によっては引越しに伴い、プロバイダの変更を視野に入れることも大切です。

auひかりを解約して乗り換える場合

引越しの際にauひかりを解約し、乗り換える場合は、移転以上に手間がかかるため注意が必要です。大きく分けるとauひかりの解約手続き、他社回線での新規契約の2つの手順を踏まなければなりません。それぞれ費用がかかり、かつ移転とは違った注意点も存在します。

auひかり解約にかかる費用

auひかりの解約に伴う費用は、以下の3つです。

  • 契約解除料
  • 撤去工事費
  • 初期費用の残金

auひかりは契約年数が決まっており、更新月以外の解約は解除料がかかります。契約内容によって違いますが、7,000~15,000円程度かかるため注意が必要です。撤去工事費は、光回線の撤去が必要な場合のみ発生します。

費用は28,800円とやや高額で、戸建てもマンションも費用は同じため注意しましょう。初期費用の残金は、残っている場合のみ一括返済となります。分割払いにしている場合は、対象になる可能性があるため、支払い状況は事前に確認しておきましょう。

auひかり乗り換えの流れ

auひかりを解約し、他社に乗り換える流れは以下のとおりです。0

  • プロバイダに連絡
  • 撤去工事と解約キットの送付
  • 新規回線での契約

移転の際にはプロバイダによってはKDDIに連絡しますが、解約の場合は全てプロバイダに連絡します。プロバイダに連絡し、解約の旨を伝えて、解約日の設定や工事日の擦り合わせを行います。

光回線の撤去工事を行い、解約手続き自体は終了ですが、場合によっては解約キットを送付しなければならないこともあるため注意が必要です。

手続きが完了した後は、乗り換え先の回線を探します。どこに乗り換えても構いませんが、乗り換え先には早めに連絡することが大切です。

乗り換え先への連絡が遅くなると、自宅にネットを引くのが遅くなり、引越し後スムーズに利用を開始できない場合があります。移転と同様、1カ月以上はかかると考え、予定が決まり次第、各方面へ連絡しておきましょう。

auひかり解約時の注意点

移転の場合と同様、解約手続き時にも注意点があります。注意点は大きく2つですが、移転の場合とは内容が異なることも理解しておきましょう。解約時ならではの注意点を知り、失敗のないよう手続きを進めることが大切です。

2018年3月1日以降の契約者は撤去工事費がかかる

解約する場合は、いつauひかりを契約したが重要です。2018年3月1日以降に契約している場合は、解約時に必ず撤去工事費がかかるため注意しなければなりません。これ以前に契約した人なら、引越し時の環境に応じて撤去工事は任意のため、費用がかからない場合もあります。

撤去工事費の28,800円は痛手になりやすいため、契約したのが最近という人は、ある程度のコスト負担は覚悟しておきましょう。

プロバイダの契約解除料にも注意

解約時期によってはauひかり回線の契約解除料だけではなく、プロバイダによる契約解除料もかかります。プロバイダによって契約の内容や条件は異なり、契約解除料の金額も違うため注意が必要です。

中には更新月以外でも契約解除料がかからないというものもあります。プロバイダごとの取り決めでコストが発生するかどうかの段階から異なるため、事前チェックは必須でしょう。

auひかりは移転と解約どっちがおすすめ?

移転でも解約して乗り換えでも、コスト負担は必ずあるため、どちらがお得か悩む人は多いでしょう。それぞれにメリット・デメリットがあるため、一概にどちらが正解とは決まっていません。

しかし、状況によってよりお得になる選択は異なるため、どの場合にどちらを選択すべきか、ケースによる違いを知っておきましょう。

乗り換えた方がお得な場合が多い

お得度で考える場合は、基本的には解約して乗り換えがおすすめです。auひかりは移転の場合でも費用が発生し、これが高くつくことも少なくありません。キャンペーン実施期間ならお得に乗り換えられることもありますが、少なからず費用負担があることは覚えておきましょう。

乗り換えの場合も同様にコストはかかるものの、乗り換え先によっては費用の一部、あるいは全部を負担してくれることもあります。

解約にかかる契約解除料の負担や、新規契約時のキャッシュバックといった、サービスを用意するものも多いです。充実したサービスを受けられる場合は、乗り換えの方が圧倒的にお得というケースも多いでしょう。

乗り換えるなら、通信速度や月額料金を比較しておすすめ光回線を解説した記事をご覧ください。

携帯電話がauの場合は乗り換えない方が良い

スマホやタブレットをauキャリアで契約しており、auスマートバリューを適用しているなら移転がおすすめです。他社に乗り換えてしまうと、使える割引がなくなってしまい、損をする可能性が高いです。

auひかりは、auユーザーを対象としたサービスが豊富なため、キャリアを乗り換える予定がないなら、移転がおすすめでしょう。ただし、乗り換え先で現状より高い割引が受けられるなら話は別です。

auで契約していても、他社回線のほうがお得に使えるなら、乗り換えを検討しても良いでしょう。提供されるサービスや適用される割引額を見て、移転か乗り換えか決めるのが大切です。

家族がいるならauひかりを新規契約する手も

家族や同居人がいて、新規契約が可能なら、解約後新規で加入し直すという方法もあります。新規契約の場合は、申し込み特典が豊富で、工事費の無料や高額なキャッシュバック、月額料金の割引などが用意されています。

受けられる特典はその時々で変化しますが、単に移転するよりお得な場合が多いでしょう。新規契約が可能な状態なら、移転を望む場合でもどちらがお得か一度考えるのがおすすめです。

ただし、契約時期によっては解約すると高い撤去工事費がかかるため、これも試算に入れなければなりません。移転の場合は費用が無料、あるいは1万円程度であり、撤去工事費発生の有無や差額も踏まえ、契約方法を検討しましょう。

auひかりの引越しの手続きは早めに準備しよう

移転でも解約でも、引越しによる手続きをするなら早めに行わなければなりません。手続き開始が遅れてしまうと、ネットの解約や新規開通が遅くなり、ネットが使えない期間が出てくる可能性もあります。

最低でも1カ月以上の余裕は必要なため、スケジュールが決まり次第早めに行動し、スムーズにネットの手続きを完了させましょう。

auひかり20200203_incontent

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2020年02月13日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード