ドコモ光申し込み手順解説|料金を2万円も安く契約できる代理店やプロバイダも!

ドコモ光の申し込み方法は複数あり、契約内容も多岐にわたります。申し込みの方法やプランの選択次第で、お得度は変わるため注意しなければなりません。基本的な申し込み方法から細部のポイントまで知り、ドコモ光をお得に始めましょう。
【公式】カシモWiMAX ドコモ光申し込み手順解説|料金を2万円も安く契約できる代理店やプロバイダも!

ドコモ光は、通信速度の速さや月額料金の安さが人気の光回線です。

ドコモスマホとのセット割もあり、契約を検討している方も多いのではないでしょうか?

本記事ではドコモ光の申し込み方法と、最大2万円安く契約できるおすすめ代理店を解説していきます。

光回線の新規契約を考えている方は、通信速度の速さや月額料金の安さを比較し、おすすめ光回線を解説した記事もご覧ください。

ドコモ光をネットから申し込む前に知っておく前提知識

ここでは、ドコモ光をインターネットから申し込む前に知っておきたい前提知識についてお伝えします。

ドコモ光とは?光コラボの中では人気商品

出典:ドコモ光

ドコモ光はNTTドコモが提供する光回線サービスです。NTTと消費者が直接契約をする場合はフレッツ光、ドコモ光のように別の事業者が間に入ると〇〇光のようにサービス名が変更になります。このように光回線と提携を結ぶサービス形態を「光コラボレーション」と呼びます。

近年は、このサービス形態が多くなり、例えば、ソフトバンクなどの通信事業者、楽天コミュニケーションズやTSUTAYAといった有名企業、日本海ガスやミツウロコなどのライフライン企業、アットホームや旭化成などの不動産系企業など他業種500社以上の事業者が参入しています。

 消費者にとっては、企業の参入により価格競争が高まり低価格で光回線が使える、あるいは独自のキャッシュバックが受けられるといったメリットがありますし、NTTとしても営業の工数が惹かれますので、いずれにもWinWinな事業形態です。それら光コラボ事業者の中で、ドコモ光のシェア率はなんと過去3年を通して首位を維持。そのシェア率は45.4%と過半数を占める勢いで人気を高めています。(参考:MM総研)

申し込み窓口とネットをおすすめする理由

前置きが長くなりましたが、そんなドコモ光はスマホとのセット割も受けられるため申込先としては

などの方法が挙げられます。

ドコモオンラインショップで申し込む

自宅から簡単に申し込みたい人は、ドコモオンラインショップから申し込みましょう。ドコモ光と検索し、公式ホームページにアクセスすると、申し込み画面が表示されます。ホームページでは詳細な契約内容や各種特典も掲載されているため、これらも細かく確認しておくとよいでしょう。

同じドコモ光を利用する場合でも、プランの組み方次第で利用の条件は大きく違ってきます。ドコモ光自体をお得に使える環境にあっても、契約内容で失敗して損をすることもあるため、注意しなければなりません。

ホームページで情報を情報を収集し、月額料金のシミュレーションもしてから契約するのがおすすめです。

電話で申し込む

ネットでの申し込みに不安があるなら、電話を利用するのもおすすめです。ドコモ回線からなら「151」、その他の回線からなら「0120-800-000」でサポートセンターに繋がります。それぞれ窓口は同じで、両方とも受付時間は9時から20時と決まっています。

最初は総合の音声ガイダンスに繋がるため、該当するものを選び、オペレーターに繋いでもらいます。オペレーターとは相談しながら決められるため、分からない点があっても安心して進められるでしょう。電話での申し込みは便利ですが、時間帯によっては繋がりづらいこともあるので、注意しなければなりません。

基本的には平日の夕方から夜以降のリラックスタイムと休日は、終日混みあう傾向にあります。音声ガイダンスからなかなか進まないということも多いため、可能な限り平日の日中を狙うとよいでしょう。

ドコモショップに行って申し込む

ドコモ光はNTTドコモが運営しているサービスのため、スマホ同様ドコモショップからも手続きが可能です。ドコモショップは全国にあり、店舗によって営業時間が若干異なるため注意が必要です。スマホやタブレットを契約している場合でも、必ずしもその店舗を利用する必要はありません。

端末契約をした店舗とは別のところで申し込んでもよいため、便利に使えるところを選びましょう。ドコモショップなら対人で手続きが進められ、分からないところは聞きながらプランを決められます。

しかし、余計なオプションへの加入の営業を受けたり、店が混雑していたりして、なかなか契約が完了しないこともあるでしょう。じっくり時間をかけたい人にはおすすめですが、手早く済ませたい人にはやや不向きな方法と言えます。

【300×250】株式会社ネットナビ/ドコモ光

家電量販店で申し込む

店舗による違いはありますが、家電量販店からドコモ光の申し込みをできる場合があります。ヨドバシカメラやヤマダ電機だと申し込み窓口を設置していることが多いため、近くにあるなら覗いてみましょう。家電量販店からの申し込みは、基本的にはドコモショップと同じで対人形式で手続きをします。

そのため、相談しながら時間をかけて行いたい人におすすめですが、細部の契約内容が異なることもあるため注意が必要です。ドコモショップ経由でしか受けられない特典と、家電量販店でしか受けられない特典とで、メリットが異なります。

店舗ごとに違いがありますが、家電量販店ならではのメリットが、存在することは理解しておきましょう。ただし、特典があるといっても公式より弱いことも多く、場合によっては損になることもあります。サポートやサービスが充実しているのは公式のため、家電量販店は何かのついでに立ち寄る程度でもよいでしょう。

プロバイダのキャンペーンサイトから申し込む

ネットを利用するには、回線だけではなく、プロバイダとも契約しなければなりません。ドコモ光は回線とプロバイダが一体型になっていることが多く、プロバイダ経由で回線の申し込みも可能です。プロバイダによって内容は違いますが、それぞれ独自の特典を提示していることも多いでしょう。

月額料金の割引やキャッシュバックといった、金銭的メリットのある特典を多数つけるプロバイダも少なくありません。プロバイダが用意しているキャンペーンサイトなら、期間限定で破格ののサービスが受けられることもあるため、積極的に利用しましょう。

この中で編集部がおすすめしたいのは「プロバイダのキャンペーンサイトから申し込む」方法です。その前にここで気になるのはプロバイダと代理店といった光回線事業者以外の名前です。それぞれどのような役割があり、違いがあるのか見ていきましょう。

代理店とプロバイダの違い

光回線と契約する際は、代理店やらプロバイダといった名前を聞く場面が多くなります。ドコモ光と契約をしたいのに、どうして代理店やプロバイダを挟む必要があるのか、両者の違いは何か気になる方も多いのではないでしょうか。申し込みの前にこれら事業の仕組みを理解していきましょう。

プロバイダとは?光回線との違い

【プロバイダと光回線との違い】

  • プロバイダの役割:光回線とユーザーをつなぎインターネットに接続する
  • 光回線の役割:インターネット回線を提供する

まず、プロバイダについてです。プロバイダは「ISP(インターネットサービスプロバイダ)」の略で「ISP」や「接続事業者」と呼ばれることもあります。プロバイダの主な役割は、私たちユーザーのPCやスマホをインターネット回線に接続することですが、他にもメールアドレスやセキュリティソフト、IP電話回線の提供などを行なっています。日本で有名なところだと、OCNやBIGLOBEなどはよく広告も見ますし、聞いたこともあるのではないでしょうか。

出典:ドコモ光

いわば接着剤のような役割なので、プロバイダ単体ではインターネットに接続できません。インターネットに接続するには「回線」と「プロバイダ」の両方の契約が必要です。両方の契約が必要=面倒、と思った方もいるかもしれませんが、光コラボレーション事業では回線とプロバイダの契約窓口は一本化されていますので、請求先が2社から来たり、問い合わせ窓口が分かれているといったこともありません。

ただし、100%安心というわけではなく、①料金システムが少々複雑になったり、②悪質な事業者が営業をかけてくる、といったケースもありますので注意が必要です。この記事では、信用ができる事業者を紹介しています。気になる方は記事の中盤で紹介していますので併せてご覧ください

一方の回線事業者の役割は、回線を提供することです。今回のドコモ光を例にすれば、提供するのがNTT東日本やNTT西日本です。他にもauひかりを提供するのはKDDIがあります。光回線以外でいうとJ:COMといったケーブル回線を提供する事業者もあります。

代理店とは?プロバイダとの違い

【代理店とプロバイダ】

  • プロバイダとは:光回線とユーザーをつなぎインターネットに接続する事業者
  • 代理店とは:回線やプロバイダと代理店契約を結んだ販売権を持つ事業者

プロバイダについて理解できたところで、続いては代理店について見ていきましょう。代理店の役割は一言で言うと、光回線やプロバイダに代わって契約を取ることです。有名なところでは「ソフトバンク光」の代理店「アウンカンパニー 」、「ビッグローブ光」の代理店「NNコミュニケーションズ 」、「ドコモ光」の代理店「ネットナビ」、「NURO光」の代理店「アシタエクリエイト 」などがあります。

プロバイダ選びが肝心

以上が光コラボ事業と、プロバイダ、代理店の違いです。「プロバイダのキャンペーンサイトから申し込む」方法が最もおすすめなのですが、その理由は以下の通りです。

  • 親元のフレッツ光と契約するよりも月額料金が安くなる
  • プロバイダ独自のキャッシュバックキャンペーンがある
  • 工事費用が無料になる場合がある
  • 光コラボレーションが通信事業者である場合、スマホとセット割引が適用される

ドコモ光どこに申し込むのがお得?

プロバイダからドコモ光に申し込んだ方がお得な理由について理解できたところで、実はドコモ光のプロバイダだけでも26社ほど存在していて、正直、どの事業者と契約をすればいいのかわかりづらいのが現状です。

しかし、プロバイダとの組み合わせ次第で、お得度は大きく変化しますのでここでは選び方のポイントを紹介していきます。

主には以下の4つの項目に分けられます。

プロバイダを選び基準

  • 月額料金はタイプAを扱っている
  • キャッシュバックの金額が大きい
  • WiFiルーターを無料で貸し出してくれる
  • セキュリティ無料サービスの有無
  • v6プラスに対応している

プロバイダ選びの基準

おすすめのプロバイダ事業者を紹介する前に一つずつ見ていきたいと思います。

月額料金はタイプAを扱っている

ドコモ光はプロバイダに応じて3つの料金プランに分かれます。下の表に、それぞれの料金の違いと提供しているプロバイダについてまとめました。

これを見るとわかるように、タイプAの方がタイプBに比べて200円安いことがわかります。安いタイプだ品質がよくないのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、タイプAとタイプBで違う点は、料金とプロバイダの種類の違いだけです。

マンション 戸建て 主なプロバイダ
タイプA 4,000円 5,200円 GMOとくとくBB、ぷららなど18社
タイプB 4,200円 5.400円 OCN、@TCOM、TNCなど6社
フレッツ光 4,300円 5,500円

年間にすると2,400円ほどですが、品質も速度も同じなのに少し損をした気分になってしまいますね。編集部では、タイプAをおすすめします。

またドコモ光はフレッツ光の光コラボレーションサービスですが、フレッツ光を単独で契約した場合も少し高くなるのでこちらもおすすめできません。

キャッシュバックの金額が大きい

キャッシュバック金額はGMOとくとくBBが、最大2万円とかなり大きい金額をバックしてくれています。その他、事業者ごとにキャッシュバック金額は異なりますので、詳しくは下の一覧表でチェックして見てくださいね。

WiFiルーターを無料レンタル・設定サポート・セキュリティソフトあり

また、「WiFiルーターの無料レンタル」「初期設定サポート」「総合セキュリティソフト」の特典の有無は、プロバイダごとに違いますが、上記で紹介したプロバイダはいずれも特典がついているのでおすすめです。また。インターネットは、いざ接続してみると案外繋がらないなんてことは大いにあります。ここで紹介したプロバイダはいずれも初期設定サポートがついていますので安心できます。

なお、これらのWiFiルーターは、v6プラスに対応しています。この規格に対応したWiFiルーターやプロバイダは多くありませんので、無料でレンタルできるのは非常にお得だと考えることができます。

さらに、ウィルスのリスクからご自身の端末を守ること、セキュリティソフトを入れることは最近だろ常識ですが、ここで紹介したプロバイダは無料で総合セキュリティソフトを利用できます。それぞれ期日が決まっていますが、無料期間が終わっても、オプションで払い続ければ利用継続もできます。

v6プラスに対応している

出典:GMOとくとくBB

インターネットは、通信速度が命ですが「v6プラス」とはフレッツ光ネクスト回線を利用したインターネットのことです。これまではIPv4という接続方式が使用されていたのですが、接続できる台数に制限があり接続機器の方が多くなると回線が混雑し、非常に遅かったのですが、IPv6という新しいタイプの規格が登場し通信速度は向上しました。

さらに、IPv6がさらに進化したv6プラスが登場し通信速度が下り最大1Gbpの高速通信が実現しました。なおこの数値は理論値なので実際の速度を保証するものではありません。

おすすめの申し込み先はネットナビ

出典:ドコモ光
  • 高額キャッシュバックがもらえる
  • 好きなプロバイダと契約できる
  • 開通前のモバイルWiFiレンタル無料

ドコモ光を契約するなら、ネットナビという代理店がおすすめです。ネットナビをおすすめする理由は、大きく分けて3つあります。

1つ目の理由は、高額キャッシュバックがもらえる点です。ネットナビでは現在、最大2万円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

オプション契約込みで17,000円〜20,000円、オプションなしでも15,000円がもらえるのです。引越し等でお金がかかる方にとって、高額な現金キャッシュバックがもらえるのは嬉しいですね。

2つ目の理由は、好きなプロバイダと契約できる点です。ドコモ光の中にも、GMOとくとくBBやDTIといった様々なプロバイダがあります。

同じドコモ光でも、プロバイダによって月額料金やサービス内容が違います。1つのプロバイダしか選べない代理店もある中、ネットナビならほぼ全てのプロバイダが選べるのです。

3つ目の理由は、開通前のモバイルWiFiが無料でレンタルできる点です。光回線は通常、契約から開通まで1ヶ月程度かかります。

その間インターネットが使えないのは不便ですよね。ネットナビなら、ドコモ光開通前の間モバイルWiFiを無料で借りることができます。

ネットナビでドコモ光を契約すると、他の代理店にはない様々なメリットがあるのです。どこで契約しようか悩んだら、迷わずネットナビを契約しましょう!

【ドコモ光】最大2万円キャッシュバックはこちら

ドコモ光をネットから申し込む手順・方法は

出典:ドコモ光

ドコモ光では工事費無料です。ここでは、申し込む際にかかる時間や料金、手順について解説します。

ドコモ光の工事|料金はいくらかかる?

工事費
工事費無料キャンペーン(一般的に40,000円前後)
事務手数料
3,000円

キャンペーンには工事費が無料になるものもあり、これを使うと数万円分の費用を浮かせられます。キャンペーン内容は期間ごとに変動するため、現在どのような特典があるのか、細部までチェックしておくことが大切です。仮に工事費無料のキャンペーンがなくても、他の特典からメリットが受けられるなら、お得な申し込みは可能でしょう。

一方、契約の際には事務手数料がかかってきますので、注意しましょう。

ドコモ光の工事|時間はどれくらいかかるの?

契約申し込みからネットの利用開始には時間がかかることも多く、新規契約の場合は特に時間を要します。その時々の状況によって違いますが、新たに回線を引く、大掛かりな工事が必要な新規契約だと、1カ月以上かかることも少なくありません。

フレッツ光からの転用だと、回線はそのままですが、利用開始には立ち会い不要の工事が必要です。そのため、1~3週間程度かかることが多く、転用でも即時利用開始とはなりません。繁忙期は特に時間がかかりやすい傾向にあり新年度を目前に控えた2~3月は特に混みやすいため注意が必要です。

工事自体は通常のスケジュール通り進んでも、工事に来てもらうまでに時間がかかることも少なくありません。利用者が増える時期ほど、混みやすく時間がかかりやすいため、可能なら繁忙期から少しずらして契約するのが賢明でしょう。

ドコモ光を申し込む時の流れ

実際の契約に備えて、ドコモ光の詳細な申し込みの流れを把握しておきましょう。

  • ドコモ光のエリアを検索する
  • ドコモ光へ新規で申し込む
  • 開通日と工事日が確定する
  • ドコモ光の利用が開始される

申し込みは4つのステップで進めます。何をすべきか詳細まで把握しておくと、いざ契約をする際も焦らずスムーズに進められるでしょう。

ドコモ光のエリアを検索する

ドコモ光はフレッツ光と同様の回線を使用しているため、まずはNTT東日本と西日本のどちらのエリアにあるか知っておかなければなりません。エリア検索は、ドコモの公式ホームページからでもできます。どちらのエリアに該当するか知り、その後詳細なエリア検索を行います。

エリア検索の結果は、問題なく使用できる地域なら契約を進めましょう。利用に向かない地域の場合は、他の光回線サービスを探すことが大切です。

参考:ドコモ光エリア検索

ドコモ光へ新規で申し込む

利用可能なエリアの場合は、そのまま申し込みに進みましょう。申し込み時に必要なものは、申請方法によって違います。基本的にはドコモ端末の携帯電話番号やネットワークの暗証番号と身分証明書が必要です。

また、ドコモ端末の契約者がドコモ光の新規契約をする場合は、端末の契約者本人である照明もしなければなりません。契約時には事務手数料が税別3,000円必要なため、これも用意しておきましょう。

開通日と工事日が確定する

申し込みの際には、今後の詳細なスケジュールを決めます。新規契約の場合は、開通工事が必要ですが、自宅の状況によって工事の内容は異なります。立ち会いが必要な場合と不要な場合があるため、これも事前に確認しておかなければなりません。

また、工事日だけではなく、開通予定日も通知されるため、これも覚えておきましょう。新規契約は申し込んですぐにネットが使えるようになるわけではありません。ネットが使えるようになるまでは時間がかかり、2週間から1カ月程度かかることも多いです。

申請をしてから完了まで時間がかかりやすいため、スケジュールは余裕を持って押さえておきましょう。基本的には、ネットをするまで1カ月は待たなければならないと考えるべきです。

ドコモ光の工事費がいくらかかるのか、工事費を安くする方法を解説した記事もご覧ください。

特典を利用してドコモ光をお得に始めよう

申し込みの方法は多岐にわたり、組み合わせも豊富です。どの方法、組みわせで申し込むかによって、メリットは違うため、契約時の特典は細部までチェックが必要です。充実した特典を受けてドコモ光を契約し、少しでもお得にネットライフを充実させましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
ソフトバンク光公式代理店

公開日時 : 2020年06月08日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード