どの光回線の通信が速い?遅くなる理由やおすすめキャリアを解説

スマホの利用データ量が気になる、オンラインゲームの途中で通信が切れて困る、もしそう思うなら光回線をもう一度考え直した方がいいかもしれません。ここでは光回線のポイント、「通信速度」について詳しく解説し、その仕組みやおすすめキャリアを紹介します。
【公式】カシモWiMAX どの光回線の通信が速い?遅くなる理由やおすすめキャリアを解説

スマホが普及して魅力的なコンテンツが増えてきましたが、データが大容量で通信速度が気になる時代になってきました。

そんなとき自宅で快適に利用できる光回線は利用しやすく、料金面でもお得になることから、今やあって当然のインフラになりつつあります。

しかし提供会社が多く、あまり詳しくない人には選ぶことが大変です。今回、光回線の通信速度についての基礎知識から、回線選びのポイントを紹介します。

光回線の速度の基礎知識

光回線を選ぶ時、最も重要なのは設置する場所での実際に使う時の通信速度です。

ただ広告などを見ると「下り最大〇〇Mbps」などと表示されていますが、その速度が実際使う時の速度とどう違うのか、よくわからないのではないでしょうか。

速度の上りと下りとは

速度を表す数値には「上り」と「下り」がありますが、これらはデータ通信では「データが移動する方向」を表しています。

速度の単位は「bps(ビー・ピー・エス)」

速度を表す単位は「bps」で、「bit per second(ビット・パー・セカンド=1秒あたりの送信ビット数、つまり送信するデータ量)」を省略したものです。

重さや長さの単位と同様、1bpsの1,000倍が1K(キロ)bps、さらに1,000倍が1M(メガ)bps、そのさらに1,000倍が1G(ギガ)bpsと表されます。

「下り」通信はネットから端末にデータを受信すること

「下り」通信は、インターネットからパソコンやスマホといった端末がデータを受信する通信をいいます。

考えてみるとホームページの閲覧では表示するテキストや画像のデータを、動画を見るなら動画データをネットから受信していますから、下り速度が遅いときによく「通信が遅い」と感じることがわかります。

そのため通信速度の速さはほとんどの場合、下り通信のことを指します。

広告によく「下り最大〇〇Mbps」と上りではなく下りが表示されているのはそのためです。

「上り」通信は端末からネットに向けてデータを送信すること

一方「上り」通信は、端末からインターネットに向けてデータを送信する通信のことで、LINEやメールでテキストや画像・動画を送信したり、オンラインゲームではこちらの操作をネットに送信することを指します。

多くの場合、下り通信に比べデータ量は少なく、そのためあまり重視される機会は多くありません。

ただオンラインゲーム、特にアクション系のゲームでは、一瞬の判断が勝敗を分ける場合があります。少しでも速く操作を送信できた方が、スコアにもプレイの快適さに大きく影響するからです。

光回線の速度とネットの使いやすさ

では、今度は実際に使う上でどのくらいの速度でどの程度の使い心地なのか、おおよその目安を紹介しましょう。

30Mbps以上 オンラインゲームや株取引など速度が必要な操作がストレスなくできる
10〜30Mbps 高画質動画やホームページを快適に見ることができる
1〜10Mbps 低画質動画やホームページの閲覧に問題がない
1Mbps以下
  • LINEやメールなどテキスト送受信ができる
  • 動画は数秒おきに止まるなどストレスを感じる

光回線の平均的な実測値は、100〜300Mbps程度です。モバイル回線を使うWiMAXやケーブルテレビなど他の通信が10〜50Mbpsであることを考えると、文字通り「ケタ違い」に速いことがわかります。

3つの理由で光回線の速度は遅くなる

光回線は高速で通信できますが、中にはその速度を十分発揮できないことがあります。ここではそのよくある理由を3つ解説します。

また、いつでも高速インターネットを使いたい方は、まずはこちらの記事を参考し、各回線の特徴を理解しましょう!

元々速度が出ない光回線の契約や機器

そもそも光回線の最大速度が上り・下りとも1Gbps以上に対応していなければ、高速通信は期待できません。

例えば、フレッツ光でも、マンションVDSLタイプやBフレッツで最大100Mbps、ハイスピードタイプで最大200Mbps程度ですし、J:COMの12Mコース・120Mコース・320Mコースも、今となっては遅い部類に入ります。その場合は速いプランへ変更したり他の回線に乗り換えると改善することができます。

また回線と端末をつなぐ通信機器も遅い原因になります。無線・有線のルーターやLANケーブル、パソコンやスマホなどの端末も、高速通信に対応しているものと対応していないものがあるのです。

LANケーブルならCAT5e以上、無線ルーターの通信規格ならIEEE802.11acかIEEE802.11ad以上であれば、高速通信にも十分対応できます。

光回線の速度は地域や時間帯の影響があるから

光回線の速度表示が「最大〇〇Mbps」とされているのは、それが理論上可能な最大値であり、常にその速度で通信するわけではないことを示しています。

この変動が、提供するエリアや場所、夕方から夜にかけてなど使う時間帯によって通信速度が変わるからです。

そのため各社は、できる限り通信速度を理論値に近づける努力をする「ベストエフォート」というポリシーでサービスを提供しています。どのユーザーにもできる限り契約に合わせた最高品質の通信を提供しようと努力はしますが、全てのユーザーに同じサービスが提供されているわけではないのです。

ただ、ベストエフォートは本来かかる光ファイバー回線の高額な費用を、複数の利用者で分担し個々の金銭的負担を軽くするメリットももたらしていますから、安価に利用するためには仕方ない違いだとも言えます。

通信障害が起きている

これまで快適に利用できていたのに、突然通信ができなくなったり、極端に速度が下がってしまっていたら、光回線に何らかのトラブルが起きている可能性があります。

端末やルーター・LANケーブルなどに不備がないことを確認したら、提供会社の公式サイトに障害情報がないか確かめてみましょう。

速度が速い光回線会社を選ぶポイント

では実際に、速度が速い光回線会社を選ぶとき、どのような点をチェックすると良いのでしょうか。

最大速度が速い通信プランがある

まず手始めに「最大速度」をチェックしましょう。この速度が高いほど実際の通信速度も高いだろうと考えられるからです。現在なら「最大1Gbps」以上であれば合格です。

中には通常のプランはそれより遅い速度で、高速通信は別プランとしていることもあります。そんなときはそのプランの基本料金や利用のための条件などを確認し、長く使うために費用負担が適切かどうかも併せて検討しましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

光回線会社のサービスや信頼性

光回線に限らず、通信で重要なのは速度であり品質の「信頼性」です。

最高速度が高くてもよく通信できなくなったり、トラブル対処に時間がかかってしまっては困ります。そんな信頼性については、ネットの口コミ情報が参考になります。特にネガティブな口コミは、同様の内容が多いほど問題がある可能性があります。

また利用時以外でも、設置工事に関する信頼性も非常に重要です。

どんな大手の提供会社でも実際の設置工事は下請け業者が手がけます。実際に部屋に入られるので、できるだけ安心できる業者に依頼したいところですが、申し込み時にそこまでの指定はできないのが普通です。

特に賃貸物件の場合、後々大家さんや管理会社との間でトラブルにならないよう「壁に穴は開けない」「この部屋に設置してほしい」など重要なことは、業者に対して少し細かすぎるくらい、念入りに主張するのが肝心です。また、設置に関してどのような制限があるか、あらかじめ尋ねておきましょう。

不備は工事の後にわかることもあります。工事の際、連絡先や工事担当者名も必ず控えておくと、いつでも問い合わせることができるので安心です。

測定速度は口コミを参考にする

通信速度は地域や時間帯、利用状況などさまざまな要素に影響されます。

その情報を共有するためか、特に通信速度については測定結果をTwitterなどに口コミとして投稿しているものが多く見られます。使っている状況が似ていたり、近隣地域のものもありますから、目を通しておくと参考になります。

どこで・いつごろ・どんな使い方でという要素は、通信速度の評価には欠かせません。

提供会社の広告だけをあてにするのではなく、現実的な速度を把握するためにも積極的に口コミを利用しましょう。

おすすめの光回線会社5選

ここからはいよいよ、実際にお勧めできる光回線会社を紹介します。

通信速度はもちろん、料金や信頼性など総合的に質の高いサービスを提供している会社ばかりですので、利用に求める要素や今の通信環境などを加味して、最も適した光回線を具体的に考えてみましょう。

スマホと同時契約で割引「SoftBank光」

 SoftBank光 出典:ソフトバンク光

スマートフォン事業でも有名なソフトバンクは、NTTフレッツ光回線をSoftbank光として独自にサービス提供しています。通信速度は最大1Gbpsで、ネット動画もオンラインゲームもストレスなく楽しめます。

料金は集合住宅なら月額3,800円からと利用しやすく、ソフトバンクのスマホや携帯を利用していれば、セット割引が受けられたり、他社からの乗り換えなら、元回線の解約違約金全額をキャッシュバックがあるなど料金面で手厚いのも魅力です。

SoftBank光のお申込みはこちら

一部地域では最高速度10Gbpsの「au光」

フルコミット 出典:フルコミット

もし利用する地域が対応していれば、au光の「au光ホーム10ギガ」なら最高速度10Gbpsの通信が利用できます。

もちろんそれ以外の地域でも最大1Gbpsですから十分満足に高速通信ができます。

auはスマホ・携帯電話はもちろん、auでんきという電気事業も展開しています。

au光はこれらとの同時利用するとポイント還元やキャッシュバック、セット割引「auスマートバリュー」などお得なサービスを受けられます。他にお得なキャンペーンもありますから、適用条件をよく見てうまく活用しましょう。

【auひかり】最大6万円キャッシュバックはこちら

リーズナブルで速い「NURO光」

出典:NURO光

NURO光(ニューロひかり)の最大の魅力は、下り最大2Gbpsの高速通信です。ただ提供エリアが関東・東海・関西・九州のそれぞれ一部地域に限定されているのが残念なところです。

利用料金は、回線利用料金・プロバイダ料金・無線LAN・セキュリティサービスがセットで月額4,743円ととてもお得で、オールインパックのわかりやすさも魅力です。

NURO光

定期契約更新でポイントがもらえる「ドコモ光」

出典:ドコモ光

スマホ・携帯キャリア大手のドコモも「ドコモ光」という光回線サービスを提供しています。

通信の最大速度はもちろん1Gbpsで、ドコモのスマホとまとめるとスマホの料金が利用している限りずっと割引されます。さらに2年更新毎にもらえるdポイント(期間・用途限定)3,000ポイントもちょっとうれしいポイントです。

サポート体制の充実はドコモ光の大きな魅力です。

特に月額880円の「あんしんパックホーム」は、ドコモ光の設定や困った時のサポート、セキュリティサービス、ドコモ光につながるパソコンなどの機器保証がセットになっているので、これから光回線を使う人には頼りになるでしょう。

【ドコモ光】最大2万円キャッシュバックはこちら

安定した高速通信の「フレッツ光」

NTTが提供しているフレッツ光では、高速通信の「フレッツ光ネクスト」なら最大1Gbpsがおすすめです。

他にも最大100Mbps、最大200Mbpsのプランもありますから間違えないように注意しましょう。

中には、信頼性・安定性や評判から「やっぱり通信はNTT」という人もあるでしょう。全国をカバーして歴史があることからも安心できる通信会社であることは確かです。

料金面でも「ギガ推し!割引」や「にねん割」などお得になるオプションも用意されていますから、総合的に他社と比較・検討しましょう。

フレッツ光を申し込む

ほかにも、モバイル回線と固定回線を比較した記事もありますので、ご自身に合った回線を選ぶ際の参考にしてくださいね。

速度の速い光回線で快適なネット環境

自宅で使う光回線は、ほとんどがデータ量に制限がなく、モバイル回線と同じか、それ以上の通信速度で利用できますが、問題は「どの光回線会社を選ぶか」に絞られます。

その際は、広告の最大速度を確認して口コミで実際の評価を確かめ、今の通信環境が適合するかどうかがポイントになります。

通信に速度が求められる時代になってきました。だからこそ通信速度はもちろん、利用料金や制限・必要な負担や特典などを総合的に検討し、最も安定して利用できる光回線を選ぶのが肝心です。

快適なネット環境の要素の一つとして、自分にぴったりな光回線をじっくり検討しましょう。

また、インターネット回線を徹底比較した記事もありますので、ぜひ合わせてご参考にしてください。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年06月26日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!