iPhoneを買って最初にするに必要なアクティベーションについて

iPhoneを買ったらまず初期設定をします。その一連の流れの中で行うアクティベーションとは一体どんなことをしているのでしょう?万が一、アクティベーションロックがかかってしまったときに、慌てないようにアクティベーションについて理解していきましょう。
新作iPhone先行予約方法 iPhoneを買って最初にするに必要なアクティベーションについて

「アクティベーション」や「アクティベーションロック」という言葉を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

通常iPhoneを利用する最初の段階で必要な作業なので、多くの人がその後操作を忘れてしまいがちです。普段はあまり意識をすることがないかもしれませんが、売却や譲渡などでiPhoneの持ち主が変るときときや、何かの不具合でiPhoneを初期化した際に必要な作業です。この機会にぜひ是非知っておいてください。

アクティベーションとは何か

iPhoneのアクティベーション(activation)とは、iPhoneを有効(Active)にする、利用開始設定のことをさします。ですので、アクティベーションしないとiPhoneを使うことはできません。

新品のiPhoneを購入したときや、iPhoneを初期化した際には必ず行わなければならない操作です。アクティベーションにはSIMカードを正しく挿入したiPhone端末とAppleIDが必要です。アクティベーションを行うことで、iPhone端末とAppleIDを紐づけ、iPhoneの持ち主を登録します。アクティベーションの際はAppleのアクティベーションサーバと通信が必要になるためSIMカードが必要です。

iPhoneを使えるようにするアクティベーションに対して、アクティベーションロックという言葉も聞いたことがあるでしょうか? アクティベーションロックとは、紛失や盗難など何らかの理由で本来の所有者の手元にiPhoneがない状態のとき、iPhoneが他人によって勝手に初期化され不正に利用されることを防ぐ為にある機能です。「iPhoneを探す」をオンにすると、自動的にアクティベーションロックがかかる仕組みになっています。

アクティベーションロックがかかっている場合、iPhone端末に紐づいているAppleIDとパスワードを入力しないと、以下の操作を行うことができません。

  • iPhone端末上で「iPhoneを探す」をオフにする。
  • iPhone端末のデータを消去する。
  • iPhoneの再アクティベーションを行う。

アクティベーションロックに似た言葉に、パスワードロックという言葉がありますがiPhone自体の操作を防ぐパスワードロックとは違い、iPhoneの所有権の変更や盗難を防ぐための機能でありパスワードロックと併用することが可能です。

アクティベーションロックの解除の仕方

では、実際に初期化をする必要などがある場合、アクティベーションロックを解除するにはどのような操作を行なったらいいのでしょう?

方法は「iPhoneを探す」をオンにすることで、アクティベーションロックがかかる仕組みの反対で、「iPhoneを探す」をオフにすることで、アクティベーションロックが解除できます。

「iPhoneを探す」をオフにするには、下記の2つの方法があります。

  1. 1.対象iPhone端末上で操作する。→iPhone端末が手元にある場合の方法です。
  2. 2.ブラウザからiCloudにアクセスし操作する。→iPhone端末が手元になくてもできる方法です。

AppleIDでログインする

アクティベーションロックを解除する方法は2つありますが、いずれの方法でも、iPhone端末に紐づけられているAppleIDとパスワードを入力する必要があります。

何かしらの誤作動で再起動したときなど、いつも使っているiPhoneにアクティベーションロックがかかってしまうことがあります。そんなときは1.の方法で対処します。アクティベーションロック画面が出てきたときは、慌てずに自分のAppleIDとパスワードを入力しましょう。

AppleIDを複数持っている方は、iPhone端末が紐づいているAppleIDが分からなくならないように気をつけてください。AppStoreで利用しているAppleIDと一致していない場合もありますので、「設定」から端末に紐づいているAppleIDを確認し、控えておくといいでしょう。

フリマアプリやオークションなどで購入するときは注意

自分の端末ならば、自分のAppleIDを入力することで解決するので、大きな問題はなさそうです。

問題が起こりやすいのは、フリマアプリやオークションで他の人が利用していたiPhone端末を譲りうけた場合です。

譲り受けたiPhone端末が、前の所有者のAppleIDに紐づいたままになっていると、アクティベーションロックを解除するのに、前の所有者のAppleIDとパスワードを入力しなければならなくなってしまいます。前の所有者と連絡が取れる状態ならば、前述の2.の方法でアクティベーションロックを解除します。前の所有者にブラウザからiCloudにアクセスしてもらい、AppleIDとiPhone端末の紐づけを削除してもらいます。具体的な方法は、下記のAppleのサポートページも参考にしてください。

「iPhone を探す」のアクティベーションロックを無効にする

前の所有者と連絡がとれればいいのですが、連絡がとれなかったらアクティベーションロックの解除はできず、そのiPhoneは使えないことになってしまいます。フリマアプリやオークションに出品されているiPhoneは、出品者が確実にiPhone端末のリセットをしてくれているとも限りませんし、出品者が所有者でない可能性もありますので、購入する時には十分に注意する必要があります。

では、購入前に購入者自身でアクティベーションロックがかかっていないことを確かめる術はあるのでしょうか? iPhone端末にはIMEIという大切な情報があります。IMEI(International Mobile Equipment Identity)とは、日本語で端末識別番号と呼ばれ、世界中のiPhone端末1台1台に割り振られているIDです。まずは、出品されているiPhoneの商品説明にIMEIが明記されていることを確認しましょう。このIMEIを使ってそのiPhone端末の様々な状態を確認することができます。

昨年末頃までは、Apple公式サイトにIMEI入力でそのiPhone端末にアクティベーションロックがかかっているか否かを調べるページがあったのですが、現在はそのページが閉鎖されてしまいました。非公式ではありますが、下記サイトで「iPhoneを探す」がオンになっているかオフになっているか確認することができます。公式サイトではないのであくまで参考までにご確認ください。

アクティベーションロックの状態を確認する

IMEIを入力すると、シリアルNOなど端末情報が表示されます。その中の「Find My iPhone」の欄がONになっているかOFFになっているか確認しましょう。

その他にもIMEIから知り得る情報があります。各通信キャリアのサイトでは、端末本体の残債があるなどの理由でネットワーク利用制限がかかっている端末かを確認することができます。IMEIに紐づく情報は、購入していいiPhene端末であるか否かを判断する重要な材料になります。

フリマアプリやオークションなどでiPhoneを購入するときは、IMEIが明記されているか確認し、端末の状態を購入者自身で確認するようにしましょう。

まとめ

iPhoneのアクティベーションについて説明してきました。

  • iPhone はアクティンベーションしなければ使えません!
  • アクティベーションロックがかかった端末はアクティンベーションできません!
  • アクティベーションロックは所有者のAppleIDがわからないと解除できません!

最近は、iPhoneの中古端末の売買がずいぶん盛んになってきました。安くiPhoneを手に入れられることは魅力的ですが、せっかく買ったiPhoneが使えないなんてことがないように注意しましょう。

購入者側になるときに注意が必要なのはもちろんですが、売却者側になるときも、すべてのデータと設定をリセットし「iPhoneを探す」がオフにして、キレイな状態にして購入者が困らないようにしておきましょう。

今回はあまりふれていませんが、アクティベーションする際にはSIMカードが必ず必要になります。iPhone を手に入れるときにはSIMカードも準備してください。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2017年08月12日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード