Androidおすすめ

ソフトバンク料金プランおすすめはこれだ!料金プラン変更・確認方法も解説

ソフトバンク料金プランを比較し、おすすめの料金プランをご紹介します。ソフトバンクの料金プランの選び方や、料金プランを見直し、最安プランで組む方法もまとめました。ソフトバンク料金プランの変更方法・確認方法が知りたい方も必見です。
Yahoo!モバイル20190717 ソフトバンク料金プランおすすめはこれだ!料金プラン変更・確認方法も解説

ソフトバンクは、定期的に新料金プランを導入しながら進化しています。

以前の料金プランに比べてシンプルになりましたが、どのように選べばよいかわからない方も多いのではないでしょうか?

本記事ではぴったりなプランを選べるよう、ソフトバンク料金プランについて解説します。ぜひ、普段スマホをどう使っているのか思い出しながら選んでみてください。

目次

ソフトバンクの料金プランの仕組み

ソフトバンクの料金は、以下の3つの要素から成り立っています。

  • 通話プラン
  • データプラン
  • その他割引やキャンペーンなど

それぞれ選択肢があり、自分に合った料金プランを自由にデザインできるのは大きなメリットです。ここではそのベースとなる「通話プラン」と「データプラン」を紹介します。

通話プランは3種類

ソフトバンクの通話プランは、「基本通話プラン」をベースとして、それに追加するオプションとして「準定額オプション」と「定額オプション」を選べるようになっています。

基本通話プラン

基本通話プランは無料通話分がついていない、まさに基本となるプランです。通話料は30秒ごとに20円と高めですから、通話自体が非常に少ない人向けのプランだと言えます。どのプランを選択しても、ウェブ使用料の300円は加算されます。

準定額オプション

1通話あたりの時間は長くないが頻繁に電話をかけるなら、基本通話プランに月額500円(税別)をプラスした「準定額オプション」がおすすめです。

5分以内の国内通話が何度でも無料なので、短い報告など必要なことだけ連絡するためにだけ通話する人にはぴったりです。

定額オプション

通話時間が長い人なら、基本通話プランに月額1,500円(税別)をプラスして「定額オプション」にしましょう。24時間いつでも国内通話が無料なので、一度の通話が長いなら通話回数が多くなくてもこのオプションがお得です。

何と言っても「通話時間を気にしなくていい」のは大きなメリットです。あまり会えない人と電話で話すとき、「今どれくらいの料金かな」などと気にしていてはせっかくの時間が台無しでしょう。

また仕事に使うなら、「5分すぎるので切ります」など言えるはずもありませんから、もはや必須と言えます。

データプランは2種類

通話プランは3種類でしたが、データプランはよりシンプルに2種類だけです。ズバリ「たくさん使うかどうか」だけで決められるので非常に選びやすくなっています。

ミニモンスター

ミニモンスターをおすすめするのは、自宅や職場にWi-Fi環境があるなど、4G・LTEを使ったデータ使用量が比較的多くないユーザーです。

月額料金は使用データ量によって変わる「変動制」となっています。後述しますが、2GBまでなら「ミニモンスター」が、2GBを超えたらもう一つの「ウルトラギガモンスター+」がお得です。データプランを選ぶときはデータ使用量が「2GBを超えるかどうか」で判断しましょう。

ウルトラギガモンスター+

ソフトバンクのデータプランの最大の特徴はこの「ウルトラギガモンスター+」と言ってよいでしょう。50GBという大容量に加え、一般的によく使われるSNSサービスが無制限で使い放題となるため、特にWi-Fiを持たないユーザーを中心に高い人気のあるプランです。

ただし、対象SNSのすべてのデータ使用量が無制限というわけではなく、例えば「LINE通話の使用データ量は対象外」など細かい条件があります。また、他のプランと月額料金にも大きな差があるため、ある程度のデータ量で収まっている場合はかえって割高と感じることもあるようです。

【追記】2019年9月13日~ソフトバンク新料金プラン登場!

2019年9月13日から、ソフトバンクの新料金プランが登場し、2年間の契約期間の縛りと解除料がかからなくなります。

また、デバイスごとに異なっていた月額基本料が、どのデバイスでも月額980円と統一されました。この基本プランは2つあり、どちらも月額980円です。

月額(税抜) 対象端末
基本プラン(音声) 980円 スマホ、ケータイ
基本プラン(データ) 980円 タブレット、モバイルWi-Fiルーター

「基本プラン(音声)」は、同一家族割引グループ内の国内通話であれば24時間無料です。(それ以外の国内通話は30秒あたり20円)

新料金プラン向けの割引「1年おトク割」

スマホ・携帯電話向けのプランは以下の2つです。2年契約(2年縛り)と契約解除料のない新料金プランになります。

  • ミニモンスター
  • ウルトラギガモンスター+

名称に変更はありませんが、内容が変わることに伴い、新料金プラン向けの割引として「1年おトク割」が用意されています。これは、ソフトバンクを新規契約または機種変更で、毎月1000円の割引が12ヵ月適用されるサービスです。

各プランの料金・特徴を解説します。両プランとも「基本プラン(音声)」加入で月額980円はかかるので、それをふまえて最安の月額料金もご紹介します。

「ミニモンスター」はデータ容量消費が毎月2GB未満の人向け

月額料金は使用したデータ容量によって変動します。

データ容量 月額料金(税抜)
(データ通信料)
1GB未満 3,000円
2GB未満 5,000円
5GB未満 6,500円
50GB未満 7,500円

上記の月額料金と「基本プラン(音声)」月額980円(税抜)から、ミニモンスターに申し込み時に自動適用される「1年おトク割」で、1年間は毎月1,000円が割引されます。つまり、1GBだと月額2,980円(2年目以降3,980円)で1年間利用できます。さらに「おうち割」や「光セット」を適用すると最安月額1,980円です。毎月あまりデータ容量を消費しない人にはおすすめです。

ウルトラギガモンスター+(プラス)はSNSヘビーユーザー向け

ウルトラギガモンスター+(プラス)は、主要SNS12社の通信量使い放題とデータ定額50GBの大容量プランがセットになったサービスです。

「基本プラン(音声)」月額980円と「ウルトラギガモンスター+」月額料金6,500円から、「1年おトク割」が適用されるので、1年間は毎月1,000円が割引されます。つまり、月額6,480円(2年目以降7,480円)です。さらに、「みんな家族割+(4人)」・「おうち割 光セット」を適用すると最安月額3,480円です。

以下のSNSが対象なので、それらをよく使う人にはおすすめです。

  • YouTube
  • AbemaTV
  • TVer
  • GYAO!
  • クラシル
  • Hulu
  • スタディサプリ
  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • TikTok

さらにいまなら、2019年9月30日(月)までに「ウルトラギガモンスター+」を適用した方を対象に、期間限定で国内での全データが使い放題となる「ギガ使い放題キャンペーン」を実施中です。

端末代金最大半額の「半額サポート」が「半額サポート+」に

もともとあった端末購入の際に最大半額になる「半額サポート」が、「半額サポート+(プラス)」に変わります。「半額サポート」は、ソフトバンクで端末を48回払いで購入し、25ヵ月目以降の買い替え時に旧機種回収で最大24回分の旧機種の支払いが不要になるプログラムです。「半額サポート+」では以下の点が変更されました。

  • プログラム利用料390円/月(不課税)×24ヵ月分=9,360円かかる
  • 対象デバイスがスマホに加え、ケータイ・タブレットなど増えた
  • ソフトバンク回線利用が必須条件でなくなった(ソフトバンクでの端末購入は必須)

割引やサポート内容が変更されましたが、ソフトバンクの新プラン登場で一番特筆すべきは「2年間の契約期間の縛りと解除料がかからなくなる」点です。

上記については、以下の動画でも解説しています。

ソフトバンクで料金プランを確認する

ソフトバンクの料金プランを変更する方法

料金を変更するなら手続きが必要です。ソフトバンクの料金プランを変更する手続きの方法は、以下の3つの中から選ぶことが出来ます。

1.ソフトバンクショップで変更する

多くのユーザーが最も安心できる確実な方法は、ソフトバンクショップに行ってスタッフに変更してもらうことです。

誤った認識や各プランとの細かな関連・料金の差額についても専門のスタッフから教えてもらうことができ、その場で手続きが完了できるからです。

特にスマホや携帯電話の仕組み・料金に詳しくない人や、検討する時間を節約したい人にとってはこれ以上の方法はないかもしれません。

曜日や時期、時間帯によっては長時間待たなくてはならないこともありますから、あらかじめ予約しておきましょう。

2.オンラインで変更する

他にも「オンラインで」手続きすることもできます。インターネットに接続しているスマホ・タブレットやパソコンを使い、My Softbankに自分のIDとパスワードでログインすれば、料金の変更も含めた手続きが可能です。

3.LINEで変更する

ユニークな方法として、ソフトバンクではLINEでの料金プラン変更もあります。まずLINEで「ソフトバンク公式アカウント(@SoftBank)」を友達に追加し、トーク画面左下の「LINEで簡単確認」を選択し、右上に現れた「契約内容」をタップしてください。

その後「料金プランの変更」の下にある「チェック」をタップすれば選択できるプランが表示されます。

ソフトバンクで料金プランを変更する

ネットでソフトバンク料金プランを変更する方法

時間がない人、近くにソフトバンクショップがない人には、ネットでの変更が簡単で便利です。ただ、手続きの際には多くの画面が表示されるため、ここでは料金プラン変更の際の流れを紹介します。

1.My Softbankにアクセスする

まず最初に、スマホやインターネットに接続されたパソコンを使ってMy SoftBankへ自分のIDを使ってアクセスします。

スマホなら右上の「メニュー」をタップして「契約・オプション管理」を選択し、パソコンなら画面上部の「契約・オプション管理」をクリックします。

2.契約・オプション管理を選択する

「契約・オプション管理」画面に移ったら、そのメニューにある「料金プラン」を選択し、さらに表示された「通話基本プラン」を選択してその下の「年間契約」「通話オプション」を選択してください。

その後データ定額サービスで希望するデータプランを、次にテザリングオプションを申し込むか申し込まないかを順番に選択します。

3.変更内容を確認して同意する

その下にある「変更内容を確認する」をタップすると画面下部に「同意する」チェックボックスが現れます。チェックしてその下の「申し込み」ボタンをタップすれば手続きは完了です。

4.変更後に書類が郵送される

手続きが完了したら、その確認のためユーザーへその書類が郵送されます。これはSMSで送ることもでき、手続きの中でどちらにするかを選べます。SMSを希望すると、メッセージが届いたらすぐにMy SoftBankで確認できます。

ソフトバンクのおすすめオプション

My SoftBankでは、料金プランだけでなくさまざまなオプションサービスも変更できます。より便利に、安心して利用するためのオプションは、使い方に応じてあらかじめ手続きしておく必要があります。

あんしん保証パック

携帯電話やスマホは屋外を持ち歩くため、落下などによる破損や水没・紛失の危険があります。

端末は高価ですから修理費用や買い換え代金も高額で、どんなに余裕がなくてもスマホを使うために支払わなくてはならないという困った状況に追い込まれることも少なくありません。

そんなときの費用を抑えてくれるのが「安心保証パック」です。水濡れ・全損・盗難・紛失・破損はもちろん、メモリーデータ復旧サポートや配送交換など便利なアフターサービスがセットで月額500円または650円です。

万が一高い費用を請求されることを考えるとぜひ加入しておきたいサービスです。

iPhone 基本パック

使っている端末がiPhoneなら、安全・安心に使うために必要なサービスがセットになった「iPhone 基本パック」もおすすめできます。

身近なところでは留守番電話や割込通話、便利なものとしてグループ通話や、ネット上の安全にセキュリティーチェッカーや迷惑電話ブロックといった役立つ機能がセットで月額500円と格安だからです。

ソフトバンクまとめて請求

もし、ソフトバンクでスマホを使いさらに自宅などでソフトバンク光も利用していたら、まとめて一括請求にすることができます。支払い管理が楽になり、金額も把握しやすくなります。

あんしん保証パック with AppleCare Services

「あんしん保証パック with AppleCare Services」は、iPhoneに対して2年間の修理保証とテクニカルサポートを提供するサービスです。

落下などの不慮の事故で破損したiPhoneを破格の7,800円で、期間中最大2回まで修理できます。iPhoneはスマホの中でも特に高価ですから、よほどの自信がない限り加入しておきたいところです。

デザリングオプション

スマホで接続する4G・LTE回線を、別のパソコンやタブレットなどでも使えるようにするのがテザリングオプションです。一般には有料ですが、データプランの容量によっては無料である場合もあります。

加入しておけばパソコン・タブレットだけでなく携帯ゲーム機も簡単にネット接続できるので非常に便利です。

ソフトバンクでオプションサービスを確認する

【乗り換えで2万円】最新iPhone11シリーズ/Pixel4もキャッシュバック!

最新のiPhone11シリーズ/Pixel4に乗り換えて現金20,000円キャッシュバックを手に入れよう!

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.comでソフトバンクへ乗り換えると、なんとすぐに現金20,000円がキャッシュバックされます。

取り扱い機種の中には最新のiPhone 11シリーズまで!ぜひこの機会にソフトバンクへ乗り換えましょう。

  • au,docomo端末からの乗り換え:20,000円現金キャッシュバック
  • 機種変更:5,000円現金キャッシュバック
  • ソフトバンクでんき契約:追加で最大10,000円の現金キャッシュバック
【月額料金例】
<iPhone11 64GBの場合>
通信プラン:ウルトラギガモンスター+(データ定額50G+)
  • 通話基本プラン 1,058円 ※通話料21.6円/30秒
  • データ定額50GB+ 7,020円
  • 端末代金 1,860円(48ヶ月)
  • 1年おトク割 -1,080円×12
  • おうち割  -1,080円
  • 下取りプログラム -900円(24ヶ月)※iPhone8下取りの場合
  • ------------------------------------------------------------

    合計 6,878円~

【対象機種 機種代金】

  • iPhone11 64GB 1,860円×48(89,280円)
  • iPhone11 128GB 1,980円×48(95,040円)
  • iPhone11 256GB 2,250円×48(108,000円)
  • iPhone11 Pro 64GB 2,650円×48(127,200円)
  • iPhone11 Pro 256GB 3,040円×48(145,920円)
  • iPhone11 Pro 512GB 3,590円×48(172,320円)
  • iPhone11 ProMax 64GB 2,970円×48(142,560円)
  • iPhone11 ProMax 256GB 3,370円×48(161,760円)
  • iPhone11 ProMax 512GB 3,910円×48(187,680円)

複数台購入の場合は「みんな家族割+」適用で上記からさらに最大月額2,160円割引となります。

人気のiPhone11シリーズでキャッシュバックが手に入るなるなんて、今回のキャンペーンを使わない手はありません。

キャンペーン価格で購入するには、以下の条件を満たす必要があります。

    【キャンペーン適用条件】
  • ドコモ・au・格安スマホ(au・ドコモ系回線)からの乗り換え(MNP)であること(※1)
  • ウルトラギガモンスター+(データ定額50GB+)の加入(翌々月10日以降に変更可)
  • データ定額&携帯自体の契約を1年間継続(データ定額は翌々月10日以降に変更可)
  • 基本パック(初月無料、以降月540円)への加入(※2)
  • 複数ある保証のオプションの中からいずれかひとつのご加入(648円~1,252円/月)(※3)
  • 割賦24回の契約は対象外となります。

ソフトバンクに乗り換えてキャッシュバックをもらう!

ソフトバンクの料金がお得になる割引サービス

料金を構成するものの一つに「その他の割引・キャンペーン」があります。普段あまり気にしないものばかりですが、料金を決める大切な要素なのでできるだけ正しく知っておきたいものです。

半額サポート+

スマホは新しくなるたびに値上がりしており、いくら割賦でもその負担は上がる一方で、支払うにも限度があります。

それを買いやすくする仕組みがこの「半額サポート+」です。以前まで24回割賦だった毎月の支払いを48回まで延長して月あたりの支払いを大幅に抑え、さらに25カ月目でその端末を回収することを条件に新しい機種へ変更します。

それにより、それまで使っていた端末の未払い金額が免除、つまり結果として半額になるのです。

機種変更するとき、下取りに出す人がほとんどではないでしょうか。とすれば、これはただ端末を半額で手に入れられるメリットの大きな、利用しないともったいないサービスだと言えます。

半額サポート+は終了する?

2019年9月26日、総務省からソフトバンクの半額サポート+に「半額の経済的負担で購入できるとは言いがたく、50%オフ等のような表示は、消費者に誤認を与える恐れがある」との注意喚起を行いました。

これを受け、ソフトバンクは購入者に誤解を与えないよう「半額サポート+」のプログラム名を変更することを検討しているということです。

そのため、「半額サポート+」の名前が変わるだけで、サービスそのものが終了するわけではないと思われます。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

みんな家族割+

「みんな家族割」は、ソフトバンクのスマホを持っている家族の人数によって料金が割引されるサービスです。一人だけソフトバンクスマホを使うより圧倒的に安くなる仕組みになっています。

  • 1回線:割引なし
  • 2回線:1人あたり500円割引
  • 3回線:1人あたり1,500円割引(合計4,500円割引)
  • 4回線:1人あたり2,000円割引(合計8,000円割引)

ただし、割引されるのはウルトラギガモンスター+のユーザーだけです。ミニモンスターのユーザーは回線数にはカウントされますが割引はされません。

おうち割光セット

ソフトバンクが提供するスマホとソフトバンク光をセットで契約すると、契約している限り毎月1,000円割引されるのがこのおうち割光セットです。

さらにうれしいのは、離れて住む家族も対象として家族全員(最大10回線)が対象だということです。スマホばかり4人家族なら2年間でなんと9万6,000円割引され、家計にとって大きな助けになります。

学割放題

25歳以下の学生の申し込み限定で、3カ月基本料が無料になる「学割放題」も人気です。

初めて使う学生はどれだけデータ量を使うかわからないという不安がありますが、学割放題を使えば3カ月の間どれくらい使うか様子を見ることができます。この期間に自分のおよその使用量が見えてくるでしょう。

最初の払い過ぎ・ムダな追加料金を防ぐ意味でもとても役立ちます。

【終了】iPhone XR ハッピープライスキャンペーン

iPhoneXRを対象とした「iPhoneXRハッピープライスキャンペーン」では、適用条件を満たしていれば機種代金から1万800円が割引されます。

現在は終了していますが、また魅力的なキャンペーンが発表される可能性があります。

ソフトバンクオンラインショップでスマホを購入する

ソフトバンク料金プランの注意点

ソフトバンクで料金プランを変更するときは、あらかじめ知っておかなくてはならない注意点もあります。ここでは個別のプランだけではない総合的な注意点を考えます。

解除料が発生する場合がある

今使っているスマホが2年契約で、更新月以外であるにも関わらず「2年契約なしプラン」に変更すると1万260円の解除料がかかります。

これは単純に2年契約自体を途中で解除することになってしまうためです。料金プランを変更する際は、2年契約であるかどうかも大きなポイントになるのです。

みんな家族割+はウルトラギガモンスター+のみ

ソフトバンクのスマホを使っている家族が多いほど割引額が高くなる「みんな家族割」ですが、割引されるのはウルトラギガモンスター+の家族だけです。ミニモンスターの家族は割引されません。もし家族全員がミニモンスターなら誰も割引を受けられないことになります。

プラン変更は機種変更のタイミングがベスト

ユーザーの多くは端末代金を割賦で支払っています。端末代金の割引は料金プランを限定している場合も多く、ただプランを変更するだけで大幅に請求額が上がってしまうことも十分あり得ます。窓口で詳しくチェックすれば避けられますが、一番安心なのは機種変更と同時にプラン変更することです。

機種変更はほとんどが割賦の支払いが終わって手続きします。そのため割引プランに制限されることなくプラン変更が可能だからです。

料金プランの反映は翌請求月から

料金プランは変更手続きしたその日から適用されるわけではありません。料金計算は原則として「1カ月ごと」なので、適用されるのは翌請求月からです。大容量プランに変更したからといってすぐにどんどん使ってしまわないよう注意しましょう。

請求締日は契約時期によって違う

ソフトバンクでは、料金の請求締め日はユーザーの契約時期によって定められているため、誰もが同じ日でないことにも注意が必要です。そのためプラン変更の適用反映の時期もそれぞれ異なります。

もし請求締め日がわからなくなったら、プラン変更の前にカスタマーサービスで確認しておきましょう。

ソフトバンクで料金プランを確認する

自分の使い方に合った料金プランを選択しよう

スマホの料金はその関連まで含めると複雑です。

できることならソフトバンクショップでスタッフに細かに相談しながら絞り込みたいところですが、難しい場合は要素を一つずつ確認しながらネットで手続きするしかありません。スマホの使い方は人それぞれで、使うタイミングや量は異なり、ぴったりな料金プランが一つではないからです。

目先のキャッシュバックや特典に惑わされず、料金プランを構成する要素をしっかり把握し、自分の使い方に合うものを選ぶことが重要です。ベストな料金プランは妥協なく、長い目で見て選びましょう。

ソフトバンクで料金プランを確認する

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2019年09月18日

おっきー ― ライター
おっきー ― ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード