Androidおすすめ

安いスマホおすすめ9機種|ドコモ・au・ソフトバンク・MVNOなどの人気端末・料金

【2020年】安いAndroidスマホおすすめ9機種をご紹介!ドコモ・au・ソフトバンク・格安SIMの人気格安スマホと、スマホを安く購入できるキャンペーンを解説。おすすめの安いiPhone・Androidスマホに機種変更したい方必見です。
新型ihone12噂 安いスマホおすすめ9機種|ドコモ・au・ソフトバンク・MVNOなどの人気端末・料金

月々の携帯料金を抑えるために、キャリアスマホから格安SIMに乗り換える人は多くいるはずです。月額料金はもちろん、端末代金もできるだけ安く抑えたいもの。

そこで本記事では、格安で購入できるおすすめのAndroid(格安スマホ)をご紹介していきたいと思います。

安いおすすめAndroidスマホ9機種|ドコモ・au・ソフトバンク・MVNO

ドコモ・au・ソフトバンク・格安SIMサービスで発売中の、安いAndroid機種をご紹介します。

Galaxy A20|ドコモ・au・UQモバイル|超優良コスパスマホ

出典:ドコモオンラインショップ

Galaxy A20は「見やすい大画面と使いやすさ、はじめてでも安心のスマートフォン」と紹介されている通り、スマホ初心者の方向けに「使いやすさ」を強く打ち出した製品となっています。

価格は今回ご紹介するモデルの中では最安価の2万円台。お買い求めやすい価格となっています。

  • 圧倒的に使いやすい!スマホデビュー向け端末
  • もちろん防水・防塵・おサイフケータイ搭載

Galaxy A20のスペック詳細まとめ

機種名 Galaxy A20
機種名 Galaxy A20
価格 ドコモ:21,384円
au:22,000円
UQモバイル:11,880円
本体サイズ 71mm×150mm×8.1mm
画面サイズ 約5.8インチ
重さ 約151g
CPU Exynos 7884B
RAM/ROM RAM3GB/ROM32GB
バッテリー 約3,000mAh
アウトカメラ デュアルカメラ
標準:約800万画素
インカメラ 約500万画素
カラー レッド・ホワイト・ブラック


圧倒的に使いやすい!スマホデビュー向け端末

Galaxy A20は、見た目こそ普通のスマホですが、スマホ初心者でも使いやすいシニア・キッズ向けの端末となっています。

スマホはアイコンが多くてわかりづらいと言われがちですが、Galaxy A20ならアイコンを大きく表示する「かんたんモード」があります。

表示アイコンもよく使うものだけを設定できるので、誰でも迷わず使うことが可能です。もしも使っていてわからないことがあれば、専門スタッフが対応してくれる「Galaxy Members」というサービスもあります。

もちろん防水・防塵・おサイフケータイ

出典:Samsung

端末の寿命やスペックという面でも、ガラケーを大きく上回る性能です。

エントリースマホながら、防水・防塵、おサイフケータイ機能を完備。キッチンやアウトドアで使っても、水濡れや砂埃を気にせず使うことができます。

増税後急速にキャッシュレス決済が増えてきいてるので、ぜひこの波に乗っておサイフケータイを活用していきまましょう。

AQUOS sense3|ドコモ・au・ソフトバンク|IGZOディスプレイが◎!

出典:ドコモオンラインショップ

AQUOS senseシリーズは、平均以上のスペックで価格を抑えたコストパフォーマンス代表モデルです。

キャリア・格安SIMともに人気が高く、AQUOS sense 3シリーズを待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。

AQUOS sense 3のコンセプトは、「1週間の電池持ちと、必要十分な使いやすさ」です。詳しいスペックを見ていきましょう

  • 必要十分な使いやすさ
  • シンプルだけど一味違ったカメラ搭載
  • ドコモ限定の「ディープピンク」あり
公式オンラインショップで
AQUOS sense3に機種変更!
docomo
公式サイトで機種変更
au
公式サイトで機種変更
SoftBank
公式サイトで機種変更

AQUOS sense3のスペック詳細まとめ

機種名 AQUOS sense3
価格 ドコモ:31,680円
au:36,720円
ソフトバンク:51,120円
本体サイズ 68mm×158mm×8.2mm
画面サイズ 約6.1インチ
重さ 約164g
CPU Qualcomm Snapdragon 630
RAM/ROM RAM6GB/ROM64GB
バッテリー 約4,000mAh
アウトカメラ デュアルカメラ
標準:約1,220万画素
広角:約1,310万画素
インカメラ 約800万画素
カラー ソフトピンク・シルバーホワイト・ライトカッパー・ブラック

必要十分な使いやすさ

オーバースペックぎみのスマホが増えている一方で、「ほどほど」のスペックをもつスマホの人気も高まっています。

AQUOS sense 3は、そんなコスパスマホの1つとして注目されている端末です。防水・防塵という壊れにくさに加え、顔認証・指紋認証、おサイフケータイに対応しています。

さらに1日1時間ほどの使用であれば、最大1週間という電池持ちを実現。ついついスマホの充電を忘れてしまう方でも、安心して使えるバッテリー容量です。

おサイフケータイや、文字やアイコンを大きく表示する「かんたんモード」も搭載しています。

最新スマホと比較すると決して高性能とはいえませんが、機能を抑えてわかりやすく使いたい方におすすめです。

シンプルだけど一味違ったカメラ搭載

出典:ドコモオンラインショップ

AQUOS sense 3のアウトカメラは、標準カメラと広角カメラのデュアル構造を採用しています。センサーは標準・広角どちらも約1200万画素なので、きれいな写真を撮影することができます。

新機能として、一本の動画から笑顔や動きなどの見どころをAIが抽出し、約15秒のダイジェストムービーを自動で作成する「AIライブストーリー」機能が追加されました。

日々の思い出の、素敵な瞬間だけをAIが見つけ出す画期的な機能といえます。

豊富なカラーバリエーション

ボディーカラーはメーカー発表のシルバーホワイト、ライトカッパー、ブラックの3つに加えて、ドコモオリジナルのディープピンクを揃えています。

Android製品には珍しいマットな素材で、高級感を演出してくれます。

公式オンラインショップで
AQUOS sense3に機種変更!
docomo
公式サイトで機種変更
au
公式サイトで機種変更
SoftBank
公式サイトで機種変更

arrows Be3|ドコモ|安いのに壊れにくいスマホ

出典:ドコモオンラインショップ

「割れない」「頑丈」を謳うarrowsの新作スマホ「arrows Be3」です

以前は「arrows Be」のみでしたが、今作から「arrows Be3」というようにモデルの後に数字が表記されるようになりました。

  • 「氷漬け」でも動くタフさ
  • 水洗いしても大丈夫な防水性
  • 片手操作が捗る「Exlider」がさらに進化

ドコモでarrows Be3を購入する

aroows Be3のスペック詳細まとめ

価格 34,056円
本体サイズ 約147mm×約70mm×約8.9mm
画面サイズ 約5.6インチ
重さ 約145g
CPU SDM450
RAM/ROM RAM3GB/ROM32GB
バッテリー 約2,780mAh
アウトカメラ シングルカメラ(約1220万画素)
インカメラ 約808万画素

「氷漬け」でも動くタフさ

arrowsシリーズといえば、割れない・壊れないが大きな特徴となっています。arrows Be3は前作を上回る頑丈さで、なんと「氷漬け」でも動くことが実証されました(※)。

氷漬けとはいかないまでも、歩いていてポロッと落としてしまった経験はあるのではないでしょうか。

arrows Be3は、1.5mの高さからコンクリートに落としても割れません。26方向から落としても割れないことが実証されているので、画面割れの心配はしなくて済みそうです。

携帯修理で痛い思いをした方、よくスマホを落としてしまう方は、arrows Be3なら安心ですね。

※ドコモの新作発表会で行われたデモンストレーションのこと。0℃~-5℃の温度の中でも着信している場面が公開されました。

水洗いしても大丈夫な防水性

arrows Be3のすごいところは、割れないだけでなく水濡れにも強い点です。

雨に濡れる程度の軽いものはもちろんのこと、スマホを直接水洗いしても大丈夫という強力な防水加工がされています。毎日使うスマホだからこそ、定期的に洗って清潔に保ちたいものです。

片手操作が捗る「Exlider」がさらに進化

頑丈さが取り柄と思われがちなarrowsですが、使い勝手のよさにも定評があります。arrows独自の「Exlider(エクスライダー)」を使えば、片手での操作性がぐんと上がります。

Exlider(エクスライダー)はスマホ背面に設置されたセンサーのことで、スクロールや文字の拡大が指1本でできる機能のことです。

前作の使いづらかった点がしっかりと改良され、片手でのサイト閲覧がしやすくなりました。通勤中にスマホでニュースを見ている方や漫画を読んでいる方に、ぜひとも試していただきたい機能です。

ドコモでarrows Be3を購入する

LG style2|ドコモ|バッテリー3,900mAhの長持ちスマホ

LG style2は誰もが使いやすい、幅広い年齢層の購入実績があるLG styleシリーズ。価格を抑えながらも、大容量バッテリーに見やすい大画面ディスプレイです。

  • スマホ最強クラスの3,900mAhバッテリー
  • 片手でも使いやすい「ミニビュー」搭載

ドコモでLG style2を購入する

LG style2のスペック詳細まとめ

価格 38,016円
本体サイズ 約158mm✕約76mm✕約8.6mm
画面サイズ 約6.0インチ
重さ 約176g
CPU Qualcomm Snapdragon 450
RAM/ROM RAM4GB/ROM64GB
バッテリー 約3,900mAh
アウトカメラ デュアルカメラ
約1,620万画素
約1,310万画素
インカメラ 約810万画素

スマホ最強クラスの3,900mAhバッテリー

毎日使うスマホだからこそ気になるのが、スマホのバッテリー容量。購入当初はあまり気になりませんが、しばらく使ってからも電池持ちがいいスマホがほしいものです。

LG style2はバッテリー容量3,900mAhと、2019年ドコモ新作スマホの中でも最大クラスといわれています。

普通に使う程度であれば、最大5日間充電しなくでもいけるほどのタフさ。スマホヘビーユーザーにありがたい仕様となっています。

片手でも使いやすい「ミニビュー」搭載

LG style2は、6.0インチの大画面ディスプレイですが、片手でも使いやすい工夫がなされています。「ミニビュー」という機能を使えば、利き手に画面を寄せることが可能です。

普段は大画面でゲームや動画を楽しみ、片手しか使えない時はミニビューで画面を寄せるといった使い方ができます。

ドコモでLG style2を購入する

iPhone 7|ドコモ・Y!mobile・J:COMモバイル

「iPhoneは高い」というイメージを持っている方が多いと思いますが、型落ちのiPhoneなら比較的安く購入することができます。

もちろん型落ちといっても、防水・防塵・おサイフケータイ対応といった必要な機能は一通りそろっています。最新機種のiPhoneと比べて本体サイズも小さいので、落として壊してしまう危険性や使いづらいといった心配もありません。

なるべく安いiPhoneが欲しいなら、iPhone 7といった型落ちのiPhoneを選択肢に入れるのもおすすめです。

iPhone 7のスペック詳細まとめ

価格 ドコモ:32,560円
Y!mobile:44,640円
J:COMモバイル:月額1,980円~(端末代込)
本体サイズ 約138mm✕約67mm✕約7.1mm
画面サイズ 約4.7インチ
重さ 約176g
CPU A10 Fusion
RAM/ROM RAM4GB/ROM32or128GB
バッテリー 約1,960mAh
アウトカメラ シングルカメラ
約1,200万画素
インカメラ 約700万画素

HUAWEI P30 lite|au|格安スマホながらトリプルカメラ搭載!

HUAWEI製品の中でも一際人気なのがliteシリーズ。シリーズ最新のHUAWEI P30 liteは、ミドルクラス初のトリプルカメラ搭載ということで業界でも話題になりました。

  • この価格帯でトリプルカメラを搭載
  • ROM128GBでPremiumなliteシリーズ
  • ProにはないSIMフリーモデルがある

auでHUAWEI P30 lite Premiumを購入する

HUAWEI P30 lite Premiumのスペック詳細まとめ

価格 32,400円
本体サイズ 約153mm✕約73mm✕約7.5mm
画面サイズ 約6.1インチ
重さ 約159g
CPU Kirin 710
RAM/ROM RAM4GB/ROM128GB
バッテリー 約3,340mAh
アウトカメラ トリプルカメラ
広角 約2400万画素
広角 約800万画素
被写界深度 約200万画素
インカメラ 約2400万画素

この価格帯でトリプルカメラを搭載

HUAWEI P30 Proがクアッドカメラになったことで、廉価版のP30 liteはトリプルレンズになりました。ハイエンドスマホでも未だデュアルレンズは多いので、P30 liteがいかにすごいかがわかります。

P30/P30 Proと違う点は、Leica監修レンズではない点。写真を撮り比べてみないとわかりませんが、P30/P30 Proに比べてレンズの質は若干落ちるようです。

とはいえ、3眼で撮影の幅が広がっていることは間違いないので、カメラ特化型のスマホならP30 liteに決まりでしょう。

ROM128GBでPremiumなliteシリーズ

HUAWEI P30 liteの後に「Premium」がついているのを不思議に思った方もいるかもしれません。

実は今回、128GBという大容量ストレージ(ROM)を搭載したため、「Premium」という名前がついたのです。128GBもあれば、動画や写真でデータが不足することはまずないので、長く大切に使うことができます。

ProにはないSIMフリーモデルがある

HUWEI P30 Proはキャリア発売のみのですが、P30 liteはSIMフリー版の発売が予定されています。

SIMフリーモデルであれば、3キャリアどの回線でも使えるので、乗り換えの時に便利です。

auでHUAWEI P30 lite Premiumを購入する

arrows U|ソフトバンク|はじめてのスマホにおすすめ

出典:ソフトバンク

次に紹介するのは富士通製の「arrows U」。ソフトバンクから富士通のスマホが発売されるのは5年前の「ARROWS A 301F」以来です。名称のUには「あなた」「ユニバーサル」「ユースフル」といった意味が込められています。

そのような意味合いを込められただけあり、「arrows U」のターゲットはスマートフォンの初心者、さらには手頃な価格で基本スペックにこだわるユーザー。初心者でも気軽に利用できる工夫が施されています。

ソフトバンクでarrows Uを購入する

「Google アシスタント」専用キーでラクラク操作

端末の右側面には「Google アシスタント」専用キーが配されており、キーを押すだけでGoogle アシスタントが起動します。

Google アシスタントとは端末に話しかけることで、スマホを操作することができる機能。Googleで検索することはもちろん、カメラやアラームを起動することも可能。スマホの使い方がわからなくても、キーを押して命令するだけでも利用可能です。

また、「Google アシスタント」の専用キーはGoogleアシスタントを起動させるだけではありません。予め設定をしておくことで、キーを長押しするだけで「ライト」「カメラ」「ズーム」「おサイフケータイ」のいずれかの機能を起動させることができます。

シンプルホームがスマホ初心者に優しい

arrows Uのホーム画面には、「シンプルホーム」が搭載されており、多くのユーザーが利用する厳選のアプリが大きなアイコン・文字で表示されます。

らくらくホンのようなホーム画面ですね。らくらくホンではないスマホを利用したいけど、スマホを使いこなす自信がない方はシンプルホームが大いに役立つと思います。

スマホ初心者向けでもカメラは高性能

スマホは基本スペックで選びたくても、カメラにはそこそこの性能を求める方もいるのではないでしょうか。arrows Uの背面には2つのレンズが搭載されており、「ポートレートモード」を利用すれば、手前の人物にピントを合わせて背景をぼかした写真も簡単に撮れます。

背景のぼかし具合も撮影した後に調整できるので、一眼レフで採ったような「ぼかし写真」を手軽に作れるのです。

ソフトバンクでarrows Uを購入する

LG K50|ソフトバンク|大画面・バッテリー持ち・カメラ性能がポイント

出典:ソフトバンク

ソフトバンクで発売されているスマホの中でも最安価格帯でありながら、大画面と高級感を併せ持つLG K50です。ターゲットにしているのはSNSなどのヘビーユーザーでディスプレイやカメラ、そして大容量バッテリーを重要視しながら、価格も抑えたいユーザーたちです。

ソフトバンクでLG K50を購入する

エコプレイモードで長時間の利用も可能

約3,500mAHの大容量バッテリーを搭載しており、一般的な使い方では3~4日間は充電なしでも利用できます。さらに長時間利用をサポートしてくれるのが「エコプレイモード」。動画コンテンツの再生中に画面が暗くなって、音声だけを聴ける機能です。 YouTubeなどで、音楽を聴くために長時間のコンテンツを再生する方もいますが、そのような利用方法にピッタリの機能です。

インドア利用が多い方におすすめのスマホ

家の中でゆっくり動画をみたい方にもおすすめのLG K50。6.26インチの大画面ディスプレイは動画を見るのにピッタリ。ただし、画質はHDプラスとそこまで高画質なわけではありません。高画質でない代わりに消費電力を抑えられる上に、3,500mAhの大容量バッテリーによって、バッテリーをきにすることなく動画視聴を楽しめます。

しかし、スマホの性能自体はそこまで高いわけではありません。本格的なスマホゲームを楽しみたい方などには、物足りない端末だとも言えます。

ソフトバンクでLG K50を購入する

安くスマホを機種変更できる最新キャンペーン

スマホを安く購入するには、割引キャンペーンを利用するのが必須です。この項では、各キャリアで実施中の割引キャンペーンをまとめました。

ドコモで利用できるキャンペーン

まずはドコモで利用できるキャンペーンを確認してみましょう。

スマホおかえしプログラム|ドコモ

  • 2019年6月1日(土)~

スマホおかえしプログラムは、端末を最大12ヶ月割引で購入できるキャンペーンです。端末を36回払いで購入し、次回機種変更時に端末を返却すると、残りの支払いが不要になるという仕組みです。

24ヶ月目で機種変更した場合、25~36ヶ月分(12ヶ月分)の支払いが0円になるので、最大12ヶ月分も割引を受けることができます。

このプログラムを利用すれば数万円安くなるので、型落ちiPhoneをさらに安く購入可能です。機種変更を考えている方は、欲しいiPhoneがプログラムの対象になっているか早速確認してみましょう!

ドコモでiPhoneを安く購入する!

下取りプログラム|ドコモ

  • 2014年12月1日(月)~

ドコモの下取りプログラムは、機種変更時に使っていたiPhoneを下取りに出すと割引が受けられるキャンペーンです。

最大72,545円も割引を受けることができるので、旧iPhoneを使う予定がない方はぜひとも使いましょう。綺麗な状態のiPhone以外にも、電源が入るものであれば画面割れのiPhoneも下取りしてくれます。

対象機種も幅広く、iPhone SE~iPhone XS Maxまでが対象です。ドコモでiPhoneを購入する際は、下取りプログラムを使って安く購入してくださいね。

ドコモでiPhoneを安く購入する!

端末購入割引|ドコモ

  • 2019年11月1日(金)~

他社スマホからドコモに乗り換える(MNP)方が対象の割引キャンペーンです。

乗り換え時に対象機種を購入すると、最大20,000円も端末代金から割引を受けることができます。対象機種になっているiPhoneは以下の3機種です。

  • iPhone 7(32GB)
  • iPhone 8(64GB)
  • iPhone XS(64GB)

乗り換えだけでiPhoneが2万円もやすく購入できるなんて、かなりお得ですよね。auやソフトバンクからドコモに乗り換えたい方は、対象機種を購入してドコモiPhoneを安くゲットしましょう。

ドコモでiPhoneを安く購入する!

より詳しくドコモで利用できるお得なキャンペーンを知りたい方は以下記事をご一読ください。

auで利用できるキャンペーン

ここからはauで利用できるキャンペーンを確認していきます。

アップグレードプログラムNX|au

  • 2019年11月1日(金)~

auアップグレードプログラムNXは、端末代金から割引が受けられるキャンペーンです。端末を36回払いで購入と同時にプログラムに加入し、25ヶ月目以降に機種変更すると、分割払いの残債(最大12ヶ月分)の支払いが不要になります。

機種変更時は、端末の残り代金が0円になる代わりに使っていた端末は回収されるという仕組みです。ドコモのスマホおかえしプログラムと似たようなものですね。

このプログラムを使うだけで、最大12ヶ月分の支払いがタダになります。対象機種の中に欲しいスマホがあれば、積極的に使いましょう。

対象機種

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro/11 Pro Max
  • iPhone XR
  • iPhone XS/XS Max

auでiPhoneを安く購入する!

下取りプログラム|au

auに乗り換える方も、既にauを契約中の方も使えるのが下取りプログラムです。auで端末を購入する際に使っていた端末を下取りに出すと、最大67,100円割引を受けることができます。

下取り前の機種はiPhone・Android・・ガラケー・タブレット等幅広く、画面が割れている機種も対象です。下取りした機種の代金はau WALLETポイントとして還元され、1ポイント1円で機種変更時の割引に使えます。

auでiPhoneを安く購入する!

より詳しくドコモで利用できるお得なキャンペーンを知りたい方は以下記事をご一読ください。

ソフトバンクで利用できるキャンペーン

最後に、ソフトバンクで利用できるキャンペーンをご紹介していきたいと思います。

トクするサポート|ソフトバンク

トクするサポートは、ソフトバンク独自の端末購入サポートの1つです。

端末を48回払いで購入し、25ヶ月目以降にソフトバンクで機種変更すると、最大24回分の支払いが不要になります

端末の割引規制が厳しくなる中、ユーザーが少しでもスマホを購入しやすいようにと配慮したサービスです。とはいえ、もちろん無条件に24回分の支払いが無料になるわけではありません。大きく分けて2つの条件があります。

  • プログラムの利用には390円/月(不課税)がかかる
  • 次回機種変更時に旧端末は回収される

「トクするサポート」に加入すると、月々390円(不課税)がかかります。例えば25ヶ月目に機種変更した場合、390円×24ヶ月=9,360円は必ずかかるというわけです。

ただし、9,360円かかったとしても「トクするサポート」に加入した方が端末代金は安くなります

また、トクするサポートでは機種変更時の残債が不要になる代わりに、使っていた端末をソフトバンクに返却します。

使っていたスマホと新しいスマホを交換するようなイメージですね。古いスマホは家に置きっぱなしになってしまうことが多いので、旧端末回収で割引が受けられると考えれば、かなりお得でしょう。

ソフトバンクでiPhoneを安く購入する!

下取りプログラム|ソフトバンク

新たにソフトバンクの端末を購入するときに、スマホ端末を下取りに出すことで通信料金の割引を受けられるキャンペーンです。ソフトバンクで機種変更、もしくは他社からソフトバンク乗り換えで最大60,600円分の還元を受けることができます。

このキャンペーンは、乗り換えの場合と機種変更の場合とでキャンペーン内容が分かれています。特典金額や、適用条件、対象機種などが異なるので、自分の場合はどのような金額や条件になるのかを確認することが重要です。

ソフトバンクでiPhoneを安く購入する!

安くて便利なコスパスマホに機種変更しよう!

ドコモ・au・ソフトバンク・格安SIMで購入できる、安いおすすめスマホをご紹介しました。

固定費を安くできればその分を貯金に回したり、趣味や自己投資にお金を使えるようになったり、心にゆとりも生まれ生活も豊かになるはずです。

本記事のおすすめスマホを参考にして、安いコスパスマホにぜひ機種変更しましょう!

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2019年11月11日

渡辺結 ― ライター
渡辺結 ― ライター

紙媒体の編集を経て、フリーのライターに。インフルエンサーでもなければ才能でもないですが、コツコツと地道に書いてます。年内にタイに移住する予定で、タイ語を猛勉強中。