Androidおすすめ

携帯代・スマホ代を安くする方法|今すぐ確認できるポイントやおすすめの料金プランを解説

この記事では、月々の携帯代、スマホ代を安くする具体的な方法について解説しています。また、月々のデータ容量の使用状況に合わせておすすめの料金プランについても取り上げているため、ぜひ参考にしてみてください。
UQモバイル 携帯代・スマホ代を安くする方法|今すぐ確認できるポイントやおすすめの料金プランを解説

現在使用している携帯電話代やスマートフォン代を見直したい、月々の出費を抑えたい、と考えている人は多いのではないでしょうか。

この記事では、そのような希望を持っている方に向けて、携帯代、スマホ代を安くするためのポイントについて解説しています。

また、月々のデータ容量の使用状況に応じたおすすめの料金プランについても説明しているため、ぜひ参考にしてみてください。

携帯代を安くする5つの方法

月々の携帯電話代金を安くする方法と、どのくらい安くなるのかの目安は以下の通りです。

  • キャリアから格安SIMに変更する:2,000〜6,000円程度安くなる
  • 加入プランを変更する:1,000〜3,000円程度安くなる
  • 不要なオプションを解約する:0円になる(加入オプションによる)
  • 通話は無料通話アプリを使う:0になる(通話時間による)
  • WiFiを利用する:0〜5,000円程度安くなる

ここでは、これら5つの方法について詳しく解説します。

1.キャリアから格安SIMに変更する

現在契約しているのがau、ソフトバンク、ドコモの3大キャリアである場合、格安SIMに乗り換えることで月々の料金が安くなります。

場合によっては数千円単位での節約ができるため、月々の費用負担を抑えたい人には最もおすすめの方法です。

格安SIMは自社で独自の回線を所有せず、3大キャリアが所有する回線を借りてサービスを提供しているため、設備費用などがかからず、その分利用料金を安くしています。

また、格安SIMによっては実店舗を持たないケースもあり、人件費や店舗運営費を浮かして利用料金に反映しているケースもあります。

2.加入プランを変更する

他社への乗り換えはしたくないという人でも、加入しているプランを見直すだけでも、利用料金が安くなります。

例えば、現在契約している基本プランをチェックしてみてください。もしかしたら自分にとっては不要な機能やサービスを含んだプランを利用しているかもしれません。

実際に、毎月のデータ容量が50GBの契約を結んでいるにも関わらず、月々の使用量が数GBしかないというケースもあります。

また、通話料金が高くなっている人はかけ放題プランを契約することで、通話料が抑えられ、結果的に月々の負担も減るかもしれません。

加入プランと月のデータ使用量の確認方法

携帯電話やスマートフォンを利用している人の中には、自分が契約しているプランを把握していない人もいるでしょう。

そのような時は、各携帯電話会社の会員ページから確認できます。もし会員ページのアクセス方法などがわからない場合は、店舗に直接足を運んで相談してみるといいでしょう。

3.不要なオプションを解約する

携帯電話・スマートフォンの契約をする際に、加入すると料金が安くなるといった理由から有料オプションに加入した人は多いのではないでしょうか?

また、オプションに加入したものの、ほとんど使用しておらず、料金だけ払い続けている人もいるはずです。

そのような人は、不要なオプションを解約することで利用料金を安くできます。

ただし、有料オプションだからといってむやみに解約するのは避けてください。中にはサポートオプションなど、普段は使用しないものの、困ったときなどに使用するものもあるためです。

有料オプションを解約する際は、その内容をしっかりと確認してからにしてください。

なお、3大キャリアが提供している主な有料オプションには以下のようなものがあります。

auの主な有料オプション

  • 電話きほんパック
  • 安心ケータイサポートプラス
  • 通話定額2/通話定額ライト2
  • 通話定額/通話定額ライト
  • 三者通話サービス
  • auスマートパスプレミアム/auスマートパス
  • 使い方サポート

ソフトバンクの主な有料オプション

  • とく放題
  • テザリングオプション
  • iPhone基本パック
  • Netflix
  • アニメ放題
  • AppPass
  • ブック放題

docomoの主な有料オプション

  • dマーケット(dtv、dマガジン、dグルメなど)
  • クラウド容量オプション
  • いちおしパック
  • スゴ得コンテンツ
  • my daiz
  • あんしんパックモバイル
  • あんしんパックホーム

加入オプションの確認方法

加入オプションの確認も基本プラン同様、各社の会員ページから行えます。

会員ページの使い方がよくわからない場合は、店頭での相談や電話サポートを利用するといいでしょう。

\初回限定3ヶ月無料!/

4.通話は無料通話アプリを使う

通話料金がかさんでいる人は、標準搭載の通話サービスではなく、無料通話アプリの利用がおすすめです。

具体的には、LINEやSkypeなどが挙げられます。これらのアプリはインターネット環境さえあれば通話料金なしで利用できるため、普段から通話が多い人にとっては大きな節約となるでしょう。

ただし、データ通信による通話となるため、通信環境が不安定だと通話も不安定となるため、場所や話し相手に応じて標準の通話サービスと使い分けるなどしてください。

5.WiFiを利用する

毎月のデータ容量が増え料金がかさんでいる人はWiFiの利用がおすすめです。スマートフォンにWiFiを接続してインターネットやSNSなどを利用すれば、データ容量の消費が抑えられます。

データ容量が抑えられれば、料金が高くなる心配もないほか、通信制限がかかり制限を解除するために追加料金を支払うといったこともありません。

WiFiを利用する場合、モバイルWiFiを契約するほか、自宅にインターネット回線があれば、WiFiルーターを設置して利用することもできます。

WiFiならカシモWiMAXがおすすめ

「どの会社のWiFiを選べばいいか迷う」という方は、株式会社MEモバイルが提供するカシモWiMAXの利用を検討してみてください。こちらは、UQコミュニケーションズから回線を借りる形でWiMAXサービスを提供しています。

初月1,518円(税込)、次月以降3,289円(税込)という安さで利用できるため、格安SIMなどと組み合わせて利用すれば、利用料金をかなり抑えることができるでしょう。

なお、カシモWiMAXは、キャッシュバックプランや必須加入のオプションなどはなく、提示されている月額料金のみの支払いで済む非常にシンプルな料金体系です。そのため、家計簿の計算なども行いやすいでしょう。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランはこちら

スマホやiPhoneの最新情報をいち早くお知らせ!
LINE友だち追加

携帯代が安くなる格安SIMの注意点

ここでは、格安SIMを利用する際の注意点について解説します。

なお、以下の記事では、格安SIM各社の速度や料金を比較しています。乗り換えを検討している方は、こちらも参考にしてみてください。

キャリアメールが使えなくなる

auやソフトバンク、ドコモといった大手キャリアと契約している方は、キャリアメールが使用できますが、格安SIMに乗り換えるとキャリアメールが使用できなくなります。

一部格安SIMでは、独自のメールアドレスが利用できるケースもありますが、多くの場合はフリーメールを利用することになります。

キャリアメールで各種サービスに登録している場合は、乗り換え前に変更する必要があるでしょう。

\初回限定3ヶ月無料!/
iPhone格安SIM通信アンケート

支払い方法はクレカ払いが主流

格安SIMにもよりますが、クレジットカードによる支払いが主流で、口座振替に対応していないケースもあります。

そのため、現在口座振替で支払いを行なっている方は注意してください。

また、クレジットカードを持っていない人は、乗り換えに当たって新たにクレジットカードを作っておくといいでしょう。

使えない端末もある

他社から乗り換える方の中には、SIMカードと端末をセットで購入しようとしている方もいるでしょう。格安SIMの場合、大手キャリアと比べて、セット購入できる端末の数が少ない傾向にあります。

また、最新機種に関しては大手キャリアなら発売直後から入手可能ですが、格安SIMの場合取り扱い開始まで時間がかかるケースもあるため注意が必要です。

速度の安定度がキャリアよりも劣る

先ほども説明しているように、格安SIMは大手キャリアから回線を借りてサービスを提供しており、利用できる回線網には限りがあるため、時間帯によっては通信が混雑するケースもあります。

例えば、平日昼間は通信速度が低下することも珍しくありません。混雑していない時間帯であれば、通信速度の遅さを感じることもありませんが、時間帯によっては注意が必要です。

容量別携帯キャリア料金プランのおすすめ

ここでは、毎月のデータ容量別におすすめの料金プランを紹介します。自分自身がどのくらいのデータ容量を使用しているのか確認し、自身にあったプランを選んでみてください。

\初回限定3ヶ月無料!/

毎月20GB以上使う人

まずは、毎月20GB以上使用する人におすすめのプランです。

使い放題MAX 5G

「使い放題MAX 5G」は、auが提供する料金プランです。デザリングなどの上限は30GBまでですが、そのほかのデータ容量は使い放題となります。

通常は6,580円(税込)/月で利用できますが、一定の条件を満たすと、4,928円(税込)/月になります。条件は以下の鳥です。

  • 家族割プラス(3人以上)を利用している
  • auスマートバリューを利用している
  • au PAY カードお支払い割を利用している

なお、データ容量の合計が3GB以下の月は、データ利用料が1,650円(税込)自動的に割引となります。

auのプランを確認する

メリハリ無制限

「メリハリ無制限」は、ソフトバンクが提供する料金プランです。

毎月50GBまで使用できるサービスとなっており、対象の動画サービスおよびSNSは使い放題になる「動画SNS放題」も利用可能です。各種割引を利用することで月額4,928円(税込)〜で利用できます。

また、1ヶ月のデータ使用量が3GB以下の月は自動的に1,650円(税込)が割引となります。この場合、月額3,278円(税込)~で利用可能です。

ソフトバンクのプランを確認する

毎月7GB~20GB使う人

続いては、毎月7GB〜20GB程度使用する人におすすめの料金プランを紹介します。

ドコモの「ahamo」

「ahamo」は、ドコモが2021年3月26日から提供開始予定の新しい料金プランです。

1ヶ月20GBまで利用可能で、5分以内の通話も無料となっています。月額料金は2,970円(税込)です。

ahamoのプランを確認する

auの「povo」

「povo」は、auが2021年3月23日から提供開始予定の新しい料金プランです。

1ヶ月20GBまで利用可能で、550円(税込)/月で5分間通話かけ放題が利用できます。

月額料金は2,728円(税込)です。また、220円(税込)/月で24時間データ使い放題が、550円(税込)で1GBのデータ追加も行えます。

povoのプランを確認する

ソフトバンクの「LINEMO」

「LINEMO」は、ソフトバンクが2021年3月17日から提供開始予定の新しいインライン専用の料金プランです。

1ヶ月20GBまで利用でき、LINEをデータ容量の消費なしで利用できる「LINEギガフリー」もついてきます。

また550円(税込)/月で5分以内の国内通話無料となるオプションが利用できるほか、1,650円(税込)/月で通話時間や回数の制限なしで国内通話がかけ放題になるオプションも利用可能です。

povoのプランを確認する

毎月7GB未満使う人

続いては、毎月7GB未満と、それほどデータ容量を必要としていない人におすすめの料金プランを紹介します。

ギガライト

「ギガライト」はドコモが提供している料金プランです。

月々2,178円(税込)〜の利用ができるプランであり、1~7GBまでの間で月々のデータ量に応じて料金が決まります。

使用量に応じて料金が決まるため、WiFiなどと組み合わせて利用すれば、安く抑えることも可能です。

ドコモのプランを確認する

毎月使うデータ量がバラバラな人

最後に、月によってデータ量が異なる人におすすめのサービスとして、楽天モバイルが提供する「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」を紹介します。

こちらは、1ヶ月のデータ使用量に応じて支払い料金が決まる仕組みのプランです。データ使用量と支払い料金の関係は以下の通りです。

  • 0〜1GB:0円
  • 1GB超過後〜3GB:1,078円(税込)
  • 3GB超過後〜20GB:2,178円(税込)
  • 20GB超過後〜:3,278円(税込)

20GBを超えてからは、いくら使用しても3,278円(税込)であるため、料金負担が大きくなる心配がありません。

楽天モバイルのプランを確認する

スマホ代を見直して安くしよう

今回は、月々の携帯代、スマホ代を安くしたい人に向けて、料金を抑える方法から、格安SIMに乗り換える際の注意点、おすすめの料金プランなどについて解説しました。

料金プランやオプションをチェックすると、使用していないにも関わらず毎月お金だけ支払っているケースが意外と多くあります。

ぜひ、料金プラン等の見直しを行い携帯代を少しでも安く抑えてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年01月20日

渡辺結 ― ライター
渡辺結 ― ライター

紙媒体の編集を経て、フリーのライターに。インフルエンサーでもなければ才能でもないですが、コツコツと地道に書いてます。年内にタイに移住する予定で、タイ語を猛勉強中。

関連キーワード