ドコモの格安SIMはどこを選ぶ?おすすめの主要10社を徹底比較

ドコモ回線の格安SIMサービスおすすめ11社の、月額料金・通信速度・キャンペーンを徹底比較しました。ドコモ系回線の格安SIM・MVNOの料金プランや速度、割引・キャッシュバックキャンペーンを比較し、乗り換えたい方に向けてお得な格安SIM回線をご紹介します。
BIGLOBEmobile20190724_desc ドコモの格安SIMはどこを選ぶ?おすすめの主要10社を徹底比較

今よりも通信料を安くしたいので格安SIMにしたいと思ってはいるものの、「どの格安SIMを選ぶべきか」というのが気になりますね。

格安SIMは使う回線により、au系・ソフトバンク系・そしてドコモ系の3つの種類に分かれます。

ドコモ系の格安SIMを選べばドコモの対応周波数帯(Band)を利用できるので、どこでも繋がりやすいなど他の回線にはないメリットがたくさんあります。

これから、ドコモ系の格安SIMへの乗り換えについて詳しく解説していきます。

月額料金を安く抑えてスマホを使いたい方は、ドコモの新料金プラン「ahamo」もおすすめです。ahamoについて詳しく知りたい方は、ahamoのメリット・デメリットを解説している以下の記事を参考にしてください。

ドコモ回線の格安SIMを選ぶ5つのメリット

格安SIMへの乗り替えを検討する際には、「繋がりにくいのではないか」という不安の声をよく耳にします。

しかし、ドコモといえば、国内トップシェアにあり、市街地はもちろん、他のキャリアが弱いとされている山間部などでも質の高い通信サービスを提供しているキャリアです。

ここでは、そんなドコモ回線の格安SIMを選ぶメリットを5つあげてみます。

▼現在ドコモを契約しており、ドコモ回線の格安SIMへ乗り換えを考えている方は、ドコモの解約方法・MNP転出方法を紹介している以下記事をご一読ください。

SIMロック解除なしでドコモ端末が使える

SIMカードとは、「Subscriber Identity Module Card」の略称で、契約者各自に固有の電話番号などの識別情報が登録されているものをいいます。

このカードをスマホなどの端末に挿すことにより、通話や通信のサービスを利用できます。なお、携帯電話キャリアにて端末を購入した場合、専用SIMカードは最初から挿し込まれた状態です。

SIMロック解除とは?

携帯電話キャリアで契約した端末には、そのキャリアでしか利用できなくするために「SIMロック」というロックがかけられていて、他社のSIMカードに差し替えることができません。

「SIMフリー(別名:SIMロックフリー)」とは、SIMロックがかけられていない状態のことです。そして、SIMロック解除とは、SIMロックがかかっていない状態に設定を変更することをいいます。

SIMロック解除の義務化

2015年5月、通信業界における競争促進のため、総務省が「SIMロック解除に関するガイドライン」を改正しました。大手キャリアに対し、SIMロックの解除が義務付けられたのです。

このことにより、ドコモの端末であれば、ドコモから回線を借用しているドコモ系のMVNOを選ぶと、SIMロックの解除なしでSIMカードを差し替えることが可能になりました。

SIMロック解除端末は海外でも利用できる

SIMロックをしていない端末を海外で使いたい場合は、割高になるデータローミング通信を利用するか、現地にて携帯端末を借りるかの2者択一しかなく、その利便性には問題がありました。

しかし、SIMロック解除をしている端末であれば、周波数や通信方式が合っている海外のSIMカードに差し替えるだけで、データ通信を利用することが可能です。

電波網が広くどこでも繋がりやすい

スマホは、ネットや電話のデータ通信をするのに電波を使用しています。そして、その電波はさまざまな周波数帯(Band/バンド)に分けられています。

各キャリアは、総務省から特定の周波数帯を割り当てられているので、キャリアごとに使用できる周波数帯が異なります。また、スマホごとにも受信できる周波数帯が決まっており、キャリアの保持する周波数帯に対応していなければ、データ通信ができません。

ドコモの対応対応周波数帯(Band)の特徴

一般的に、日本で快適にスマホを使うのであれば、Band 1・ Band 3・Band 8・Band 18・Band 19・Band 41・ Band 42を抑えるとよいといわれています。

ドコモの電波網が広くてどこでも繋がりやすいのは、これらの重要な周波数帯(Band)中の6つに対応しているからです。6つというのはauやSoftBankと比べて最多となります。

また、ドコモが割り当てられているBandは、他キャリアと比べ、あらゆる周波数帯に幅広く対応しているのも、繋がりやすい理由の1つです。

【ドコモの対応Band一覧】

  • Band 1(2.0 GHz-2.1 GHz):
    日本のキャリア3社すべてが採用、海外のキャリアも多くが採用しています。
    ドコモではまずまずの高速帯域(最大112.5Mbps)で、エリアも広いです。
  • Band 3(1.7 GHz-1.8 GHz):
    東名阪エリア限定の周波数帯です。Band1よりも高速(最大150Mbps)で、高速通信を担当しています。
  • Band 19(800 MHz):
    Band1では足りない部分を広くカバーするための周波数帯で、繋がりやすい「プラチナバンド」です。
    周波数が低いため、速度は遅いものの地下や山間部でも繋がりやすいです。速度は75Mbpsとなります。
  • Band 21(1.5 GHz):
    日本独自の周波数帯で、地方都市など局所地域にて補完的に用いられています。限定的な地域のみで使われているため、重要度は低いです。
  • Band 28(700 MHz):
    Band19と同様プラチナバンドですが、まだ局地的にしか使用されていません。未だ重要度は低いものの、今後大事になる可能性が高いです。
  • Band 42(3.5 Ghz):
    キャリアアグリゲーションで用いる帯域で、高速通信に用いられています。速度は驚愕の294 Mbp。
    今後のドコモ回線の整備を考慮すると対応していたほうがよいと思われます。

※キャリアアグリケーションとは、複数の周波数帯の電波を束ねてデータ通信をする技術のことで、ドコモでは「Premium 4G」と呼んでいます。

2019年3月27日より、受信速度が最大1288 MbpsとなるPremium 4Gのサービスを開始しました。Premium 4Gの主軸となるのが、Band 42なのです。

なお、ドコモの電波網の広さは以下のサイトでも確認できます。

ドコモサービスエリア検索

他の回線より格安SIMの選択肢が広い

格安SIMを提供している格安SIM会社(MVNO: Mobile Virtual Network Operator)は、大手キャリアから無線通信の設備や回線を借り受けて、音声通話やデータ通信のサービス展開を運営しています。

また、MVNOが回線を借りる際にレンタル費用が発生するのですが、中でもレンタル料金が安いのが、ドコモです。

格安SIMには、ドコモ回線のものが非常に多くみられます。つまり、ドコモの回線を利用している格安SIMが多い理由は、多くのMVNOが運営をしやすくするため、回線レンタル料金が安いドコモを選んでいるからなのです。

そのため、3大キャリアの中では、一番安いドコモ回線のMVNOが多く、一番高額のSoftBank回線が少なくなっています。他の回線よりも格安SIMの選択肢が広い点は、ドコモ回線のものを選ぶ上で大きなメリットです。

好みのSIMフリー端末を探せる

格安SIMを提供しているMVNOの多くがドコモ回線を利用しているので、対応業者ごとの端末の選択肢も増え、好みのSIMフリー端末を探せるのもメリットといえます。

現在は、各業者よりさまざまなプランが登場しているため、自分に合った格安SIMプランが選びやすいのも魅力です。

なお、ドコモ回線を利用しているほとんどのMVNOが「データ通信専用プラン」と「音声通話対応プラン」をそれぞれ設定しています。

詳しくは後述しますが、多くの選択肢の中から、必ず自分にぴったりのプランが見つかるはずです。

iPhoneを利用してテザリングができる

テザリングとは、iPhoneやandroidスマホをWiFiルーターとして利用する機能のことをいいます。この機能により、WiFi環境ではない場所でも、ノートパソコンやタブレットなどをインターネットに接続できます。

ドコモ系の格安SIMの場合は、すべてのiPhone(iPadも可)でテザリングをおこなうことが可能です。

ただし、SIMフリーでないドコモ端末のandroidを利用する場合のみ、テザリングがおこなえないケースがあります。

ちなみに、au系の格安SIMは、一部のiPhoneでテザリングができないように制限がかけられています。また、SoftBank系の格安SIMは、そもそもMVNOが少ない状況ではあるものの、LINEモバイルとマイネオが提供する「SoftBankプラン」のみ、iPhoneでテザリング機能を使用できます。

毎月安い料金でiPhoneを使いたいなら、ぜひこちらの記事をご参考にしてください。

スマホ・ガジェットのトレンド情報を配信中!
LINE友だち追加

ドコモ格安SIM10社の特徴を紹介

データ通信で大容量を要する人におすすめの格安SIMを10社ご紹介します。つぎに紹介している大容量プランには、データ通信だけではなく、音声通話が含まれています。

【PR】mineo

mineo 出典:mineo
  • 格安SIMのサービス満足度2年連続1位
  • ドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア対応
  • mineoユーザー同士で余ったギガを共有できる

mineoは、サービス満足度2年連続1位(※1)の人気格安SIMです。数多くの格安SIM会社がある中、2年連続獲得の実績は並大抵のことではありません。

mineoの特徴は、mineoユーザー同士のコミュニティ活動や助け合いが活発な点です。例えばコミュニティサイト「マイネ王」では、Q&Aフォームや掲示板で情報交換し、mineoユーザー同士が問題解決をしています。

さらに、mineoユーザー同士が余ったパケットを「フリータンク」にシェアし、ギガが足りないユーザーを助ける活動もあります。フリータンクは、サービス開始から1度もパケットが枯渇したことがないそうです。

それくらい、ユーザー同士の助け合い精神が活発な格安SIMとなっています。

mineoの月額料金プラン

そんなmineoは、2021年2月に新料金プラン「マイピタ」を発表。

月間基本データ容量 デュアルタイプ
(音声通話+データ通信)
月額料金
シングルタイプ
(データ通信のみ)
月額料金
1GB 1,298円(税込) 880円(税込)
5GB 1,518円(税込) 1,265円(税込)
10GB 1,958円(税込) 1,705円(税込)
20GB 2,178円(税込) 1,925円(税込)

5GBが1,518円(税込)と、これまでの格安SIMの平均相場、3GBで1,600円の価格を塗り替えかなりお得なプランになっていることがわかります。

さらに、20GB2,178円(税込)と、こちらも大手キャリアの格安プランに対抗した安い価格で利用できます。

【mineo】料金プラン詳細はこちら

※1:MMD研究所は「2019年9月格安SIMサービスの利用動向調査」「2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査」参照

月額料金割引キャンペーン

出典:mineo
  • 期間:2021年2月1日~2021年5月31日
  • 特典:翌月から3か月間月額料金から1,080円割引
  • 条件1:デュアルタイプかつ5GB以上のコースを新たに申し込む
  • 条件2:mineo通信サービス利用開始後に、デュアルタイプ10GB以上のコースに契約変更の申し込みをする
  • 条件3:すでにシングルタイプを利用中の方で、デュアルタイプ10GB以上のコース契約変更の申し込みをする

2021年2月1日より、mineoの料金プランが新しくなりました。新料金プラン「マイピタ」の提供開始に伴い、月額基本料金から3か月間1,080円割引されるキャンペーンを実施しています。

上記の条件いずれかに該当する方が対象で、mineoに新規申し込みをする方もすでにmineoを利用している方も適用されます。デュアルタイプを契約することが条件となるため、シングルタイプは割引対象外です。

なお、新規契約の場合は5GB以上のコース、mineoユーザーの方は10GB以上のコースが割引の対象となっています。割引適用後の月額料金は、以下を参考にしてください。

基本データ容量 月額料金 キャンペーン適用後料金
(3か月間)
1GB 1,298円(税込) 1,298円(税込)
5GB 1,518円(税込) 新規契約:330円(税込)
mineoユーザー:1,518円(税込)
10GB 1,958円(税込) 770円(税込)
20GB 2,178円(税込) 990円(税込)

mineoの新料金プラン「マイピタ」は、旧プランよりもお得で利用しやすい料金設定になったので、スマホの料金を安く抑えたい方におすすめです。現在の月額料金を見直して、mineoに申し込んでみましょう。

【mineo】最新キャンペーンはこちら

パケット放題最大4ヶ月無料キャンペーン

出典:mineo
  • 期間:2021年2月1日~2021年5月31日
  • 特典:パケット放題の月額料金を利用開始月から最大4か月間無料

mineoでは、通常月額385円(税込)の「パケット放題」の利用料が、最大4か月間無料になるキャンペーンを実施しています。

パケット放題は、最大500kbpsでデータ通信が使い放題になるサービスです。対象サービスに制限がないため、様々なサービスで利用できます。

500kbpsは、メールなどのテキストメッセージのやり取りや、Webサイト・SNSの閲覧、音楽ストリーミング、標準画質の動画視聴が問題なく利用できる通信速度です。

パケット放題を使う場合は、mineoのアプリまたはマイページから「mineoスイッチ」をオンにするだけで、すぐにパケット放題の通信速度が適用されます。

データ容量を気にせずネット通信を行いたい方は、パケット放題の無料キャンペーンを活用してみましょう。

【mineo】最新キャンペーンはこちら

5G通信オプション最大6ヶ月無料キャンペーン

出典:mineo
  • 期間:2021年4月1日~2021年6月30日
  • 特典:5G通信オプションの月額料金を利用開始月から最大6か月無料

こちらは、mineoの5G通信オプション(月額220円[税込])が最大6か月無料になるキャンペーンです。5G通信オプションは、対応エリアで次世代通信「5G」が利用できるサービスとなっています。

なお、各キャリアの5G通信が可能な対応エリアおよび、各プランの適用条件は公式サイトを確認してください。

最新の5G対応端末をmineoでお得に利用できるので、ぜひこの機会に申し込んでみましょう。

mineoのお申込みはこちら

OPPO製スマホ購入で電子マネープレゼント

出典:mineo
  • 期間:2021年4月1日~2021年5月31日
  • 特典:EJOICAセレクトギフト(電子マネーギフト)2,000円分プレゼント
  • 条件:OPPO Reno3 AもしくはOPPO A73を購入する

mineoで「OPPO Reno3 A」または「OPPO A73」を購入すると、「EJOICAセレクトギフト」2,000円分がプレゼントされます。購入方法は、新規・機種変更どちらでも対象です。

EJOICAセレクトギフトとは、Amazonギフト券・nanaco・WAONポイント・楽天Edy等、様々な電子マネーなどと交換できる電子マネーギフトのことを指します。

対象の2機種は、低価格な上に優れた性能をもつ高コスパスマホです。本体価格は、OPPO Reno3 Aが38,280円(税込)、OPPO A73が29,568円(税込)となっています。

人気のOPPO製品をお得に購入できるチャンスなので、mineoで機種変更したい方はぜひOPPO Reno3 A・OPPO A73を手に取ってみてください。

mineoのお申込みはこちら

▼iPhone格安SIM通信では、OPPO Reno3 Aの実機レビューと、OPPO A73の実機レビューをしています。スペックや機能が気になる方は、こちらを参考にしてください。

掲載しているキャンペーンは予告なく終了する可能性があります。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル 出典:BIGLOBEモバイル
  • 料金が安い+キャンペーンが豊富
  • 動画/SNS使い放題サービスがある
  • 「シェアSIM」でデータ容量を分け合える

BIGLOBEモバイルは、動画やSNSが使い放題の「エンタメフリー・オプション」が人気の格安SIMです。

エンタメフリー・オプションとは、対象SNSをいくら使ってもギガが消費されず、使い放題になるオプション。対象は全21サービスかなり多く、以下のサービスもカウントフリーで使い放題です。

  • YouTube
  • U-NEXT
  • Apple Music
  • Spotify
  • dマガジン
  • 楽天マガジン

BIGLOBEモバイルの月額料金プラン

BIGLOBEモバイルでは2021年2月に、音声通話SIMの料金改定がありました。

音声通話SIM(税込) データSIM(税込)
SMSあり
(タイプA/D)
SMSあり
(タイプA/D)
SMSなし
(タイプD)
1GB 1,078円
1年間※770円
- -
3GB 1,320円
1年間※770円
1,122円 990円
6GB 1,870円
1年間※1,320円
1,727円 1,595円
12GB 3,740円
1年間※3,190円
3,102円 2,970円
20GB 5,720円
1年間※5,170円
5,082円 4,950円
30GB 8,195円
1年間※7,645円
7,557円 7,425円
データ追加
チャージ
330円(税込)/100MB

データ通信量を気にせず、動画を視聴したい、音楽を聴きたい、電子雑誌を読みたいという方はぜひチェックしてみてください。

【限定特典あり】BIGLOBEモバイルキャンペーン詳細をチェック

楽天モバイル

楽天モバイル 出典:楽天モバイル

楽天モバイルは2020年4月にMNOのサービスを提供開始。国内通話かけ放題、データし放題のプランで注目を集めました。

  • 3,278円(税込)完全データ使い放題
  • 国内通話かけ放題

2021年4月に新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」の提供を開始した楽天モバイル。

「Rakuten UN-LIMIT VI」では、毎月消費したデータ容量に応じて月額料金が決まります。

Rakuten
UN-LIMIT Ⅵ
Rakuten
UN-LIMIT Ⅴ
提供開始時期 2021年4月1日 -
月額料金
(税込)
~1GB 0円 3,278円
1~3GB 1,078円
3~20GB 2,178円
20GB~ 3,278円
通話オプション かけ放題
Rakuten Linkアプリを使えば無料
データ容量超過後速度 最大1Mbps
5G通信

大手キャリアの大容量プランは6,000円代後半と相場と比べやや高いですが、楽天モバイルなら半額以下の月額3,278円(税込)で使い放題。データ容量無制限のプラン自体珍しいことに加え、格安料金で使える点は大きな魅力ですよね。

さらに楽天モバイルでは、国内通話かけ放題も3,278円(税込)の料金プランに含まれています。楽天モバイル同士の通話だけでなく、他社携帯にかける際の通話も無料になるので、通話料金がかなり節約できるはずです。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

LINEモバイル

出典:LINEモバイル

※LINEモバイルは2021年3月31日(水)に新規申し込みを終了します。

乗り換えを検討している方は、新料金プラン「LINEMO」のメリット・デメリットを解説した記事をご覧ください。

  • 全プラン無料でLINE使い放題
  • 最安660円/月~という破格の料金
  • LINEの年齢認証・ID検索可能

LINEモバイルは、全プランでLINEが使い放題になる珍しい料金プランが特徴です。シンプルでわかりやすいプランを提供していましたが、2021年3月31日をもって新規受付を終了しました。

すでにLINEモバイルを契約している方は、引き続きサービスを利用できますが、これから新たに申し込むことはできません。

LINEモバイルに申し込みたい方や、主な連絡手段としてLINEを活用している方は、ソフトバンクのオンライン専用新料金プラン「LINEMO」を検討してみましょう。

LINEMOは、LINEモバイル同様LINEのデータが使い放題になるプランを提供しています。月額2,728円(税込)でデータ容量20GB使えるお得なプランなので、チェックしてみてください。

LINEMO公式サイトはこちら

QTモバイル

出典:QTモバイル

QTモバイルは、BBIQ等のインターネット回線を提供しているQTnetの格安SIMです。

  • 余ったデータが繰り越せる
  • 格安SIMには珍しい無制限かけ放題がある

格安SIMには珍しい「時間無制限のかけ放題プラン」があるため、大手キャリアから乗り換える方にもおすすめできます。

また、使いきれなかったデータ容量を翌月に繰り越しできるのも大きな特徴となっています。データ容量の繰り越しができれば、少ないギガ数でもうまくやりくりできるためさらなる節約が可能です。

QTモバイルの月額料金プラン

QTモバイルは2021年3月にDプランの値下げを発表しました。これまで、「データ+通話コース」では、1GB1,595円(税込)だったところ2GB使えて1,100円(税込)に割引にした他、以下の通り料金が変更されました。

回線 au回線 ドコモ回線 ソフトバンク回線
利用開始月
〜6ヵ月目まで
7ヵ月目以降 利用開始月
〜6ヵ月目まで
7ヵ月目以降
1GB データ通信
+
通話
979円(税込) 1,595円(税込) - 1,254円(税込) 1,870円(税込)
データ 770円(税込) 880円(税込) - 770円(税込) 880円(税込)
2GB データ通信
+
通話
- - 1,100円(税込) - -
データ - - 770円(税込) - -
3GB データ通信
+
通話
1,089円(税込) 1,705円(税込) 1,540円(税込) 1,364円(税込) 1,980円(税込)
データ 880円(税込) 990円(税込) 990円(税込) 880円(税込) 990円(税込)
6GB データ通信
+
通話
1,859円(税込) 2,475円(税込) 1,760円(税込) 2,134円(税込) 2,750円(税込)
データ 1,540円(税込) 1,705円(税込) 1,430円(税込) 1,540円(税込) 1,705円(税込)
10GB データ通信
+
通話
2,959円(税込) 3,575円(税込) 1,980円(税込) 3,234円(税込) 3,850円(税込)
データ 2,640円(税込) 2,805円(税込) 1,650円(税込) 2,640円(税込) 2,805円(税込)
20GB データ通信
+
通話
5159円(税込), 5,390円(税込) 2,200円(税込) 5379円(税込), 5,610円(税込)
データ 4,400円(税込) 4,620円(税込) 1,870円(税込) 4,400円(税込) 4,620円(税込)
30GB データ通信
+
通話
7,359円(税込) 7,590円(税込) 3,300円(税込) 7,579円(税込) 7,810円(税込)
データ 6,600円(税込) 6,820円(税込) 2,970円(税込) 6,600円(税込) 6,820円(税込)

QTモバイルの月額料金プランの変更点

  • 3GB1,650円(税込)→1,540円(税込)
  • 6GB2,475円(税込)→1,760円(税込)
  • 10GB3,575円(税込)→1,980円(税込)
  • 20GB5,390円(税込)→2,200円(税込)
  • 30GB7,590円(税込)→3,300円(税込)

データ容量が多くなりに連れて、お得度は上がっていきますね。特に、6GB以上使う場合の割引額は700円〜400円程度です。ネットはあまり使わないという人も多く使う人にもおすすめです。特に格安SIM各社の料金改定は20GBまでのところが多く、大容量で安く使っていきたいという方にもおすすめです。

【QTモバイル】キャンペーン情報はこちら

イオンモバイル

出典:イオンモバイル
  • 0.5GBから50GBまで幅広く選べる新料金プラン
  • 全国のイオン200店舗でサポートが受けられる
  • 毎月余ったデータ容量は翌月末まで繰越可能
  • 電話専用アプリ「イオンでんわ」で通話料が半額に
  • 複数デバイス、家族で分けあえるシェアプランがある

イオンモバイルでは、2021年4月1日より0.5GBから50GBまで幅広く選べる新料金プランの提供を開始しました。音声プランの20GBで月額2,398円と大手通信キャリアの格安プランと比較しても価格が安くなっています。

複数のデバイスを持っている人や、家族で契約する人には、最大SIM5枚分まで高速データ容量を分け合える、シェア音声プランもおすすめです。

なお、イオンモバイルは、全国のAEONがサポート店になるのも魅力といえます。大手通信キャリアの格安プランではオンライン専用窓口。また、多くの格安SIMでは店舗が少なく、相談できるサポート体制が十分とは言えません。

その点、イオンモバイルなら、全国のAEONでサポートしてもらえるので、格安SIMの利用が初めての人でも安心して契約できます。

さらに、電話専用アプリ「イオンでんわ」を使えば、通常22円(税込)/30秒のところ半額の11円/30秒から使えます。10分以内の国内通話が935円(税込)の通話オプションもありますのが、一回あたりの通話時間が短い人や毎月85分も電話しないという人は、電話代も節約できます。

イオンモバイルの月額料金プラン

イオンモバイルでは、「えらべるって、うれしい。」をコンセプトに2021年4月より「さいてきプラン」と「さいてきプランMORIMORI」の提供が開始されました。

音声プラン シェア音声プラン データプラン
500MB 1,023円(税込) - -
1GB 1,078円(税込) - 528円(税込)
2GB 1,188円(税込) - 748円(税込)
3GB 1,298円(税込) - 858円(税込)
4GB 1,408円(税込) 1,738円(税込) 968円(税込)
5GB 1,518円(税込) 1,848円(税込) 1,078円(税込)
6GB 1,628円(税込) 1,958円(税込) 1,188円(税込)
7GB 1,738円(税込) 2,068円(税込) 1,298円(税込)
8GB 1,848円(税込) 2,178円(税込) 1,408円(税込)
9GB 1,958円(税込) 2,288円(税込) 1,518円(税込)
10GB 2,068円(税込) 2,398円(税込) 1,628円(税込)
12GB 2,178円(税込) 2,508円(税込) 1,738円(税込)
14GB 2,288円(税込) 1,618円(税込) 1,848円(税込)
20GB 2,398円(税込) 2,728円(税込) 1,958円(税込)
30GB 4,378円(税込) 4,708円(税込) 3,938円(税込)
40GB 5,478円(税込) 5,080円(税込) 5,038円(税込)
50GB 6,578円(税込) 6,908円(税込) 6,138円(税込)


「さいてきプラン」では、0.5GB~1GBの単位で段階的に料金が変わります。自分に最適なプランを選べる点は他社にはない魅力と言えるでしょう。「さいてきプランMORIMORI」では、データの消費量が多い方におすすめです。20GBはシェア音声プランで2,728円(税込)です。1契約につき、最大5枚のSIMカードをシェアできますので、家族で使えば一人当たり4GB545円から使える計算です。

なお、イオンモバイルはドコモとauの回線を利用できて、ドコモ回線プランの場合、「データSIM」「SMS付きデータSIM」の2種類から選べます。au回線プランでは、追加料金なしでSMSを使用できます。

60歳以上限定!やさしいプラン

今回の料金改定に併せて、60歳以上の方限定の「やさしいプラン」も値下げされました。

「やさしいプラン」では、通信速度が最大500Kbpsに減速となる代わりに、通常料金よりも安くなります。通常の通信速度に比べると低速ですが、LINEやニュース記事の閲覧等、基本的なサービスは十分に利用できます。

データ容量は、200MBプランから8GBプランまで選べます。また、シェアプランもあるので家族でデータ容量を分け合うこともできます。

データ
容量
音声
プラン(税込)
シェア
音声プラン(税込)
データ
プラン(税込)
0.2GB 968円
3GB 1,078円 638円
6GB 1,408円 1,738円 968円
8GB 1,628円 1,958円 1,188円

データ容量が不足したときは、やさしいプランを利用している方限定で1GB528円(税込)から追加できます。当月に利用せずに余ったデータ容量は、発行日から3か月後の末日まで繰り越しが可能です。

10分以内の電話を頻繁にする方には、月額935円(税込)の「やさしい10分かけ放題オプション」がおすすめです。こちらは、イオンでんわ10分かけ放題と、スマホの設定や操作説明を気軽に聞ける「電話サポート」がセットになったオプションです。

さらに、対象の端末(「AQUOS sense2」)を購入してやさしいプランを契約すると、店頭にて初期設定やデータ移行のサービスをお得な価格で利用できます。※ 店頭お申込みのみとなりますので注意してください。

サポートが充実しているイオンモバイルで、スマホデビューしてみましょう。

イオンモバイルのお申込みはこちら

IIJmio

出典:IIJmio
  • 格安SIMでありながらeSIM対応・5G対応
  • 専用アプリからの発信で通話料半額
  • シェアプランあり
  • 格安端末の種類が豊富
  • 光回線とのセット割引がある
  • 店舗でも即日開通可能

IIJmioはフルMVNOの業態を持つ老舗の格安SIMです。格安SIMでありながらいち早くeSIMサービスの提供を開始させ、注目を集めました。電話専用アプリ「みおふぉんダイアル」を使うことで、通常の通話料金22円(税込)/30秒が半額の11円(税込)/30秒で使うことができます。

IIJmioは、全国のビックカメラ店舗で取り扱いの他、コジマやソフマップなどの家電量販店、イオンなどのショッピングモールで即日開通も可能です。

IIJmioの月額料金

IIJmioは、2021年4月1日から新料金プラン「ギガプラン」の提供を開始しました。

これまで、「ミニマムスタートプラン」「ライトスタートプラン」「ファミリーシェアプラン」の3種類に別れたプランでしたが、ギガプランではシンプルに一体化。

データ
容量
音声SIM
(税込)
SMS専用SIM
(税込)
データ専用SIM
(税込)
eSIM
(税込)
2GB 858円 825円 748円 440円
4GB 1,078円 1,045円 968円 660円
8GB 1,518円 1,485円 1,408円 1,100円
15GB 1,848円 1,815円 1,738円 1,430円
20GB 2,068円 2,035円 1,958円 1,650円


音声通話は一体となった音声SIMでは20GB2,068円(税込)で使うことができ、キャリアの格安プランと同じデータ容量を700円から900円ほど安く使えることがわかります

さらに、NTTの光回線サービスを卸した「IIJmioひかり」と一緒申し込むことで「mio割」としてIIJmioひかり回線から毎月660円(税込)割引となります。引越しなどで自宅の光回線も一緒に契約を検討していた方は、検討してみるとよいでしょう。

【IIJmio公式】キャンペーン最新情報はこちら

OCNモバイルONE

出典:OCNモバイルONE
  • 10GB1,760円から利用可能
  • 毎月好きなコースに自由に変更可能
  • 3種類のかけ放題オプションから選べる
  • 電話専用アプリ不要で通話料が半額に

NTTコミュニケーションズが提供する「OCNモバイルONE」。2021年夏にドコモの子会社化が予定されています。

NTT傘下というだけに、かけ放題プランが充実。通話定額、10分の準定額、よく利用する3ナンバーへの通話が0円のかけ放題と3つのプランがあります。

また、毎月好きなコースに変更できます。月間のデータ消費量を見直し、最適な料金で使い続けることができますね。

OCNモバイルONEの月額料金

OCNモバイルONEは、2021年4月1日に料金改定を行いました。これにあわせて月間20GBおよび30GBのコースは新規申し込みの受け付けを停止しています。

データ容量 音声SIM
(税込)
SMS専用
SIM(税込)
データ専用
SIM(税込)
1GB 770円 - -
3GB 990円 990円 858円
6GB 1,320円 1,320円 1,188円
10GB 1,760円 1,760円 1,628円


内容は、音声SIM・1GB 1,298円(税込)から770円(税込)に、主力の3GBが1,628円(税込)から990円(税込)に、6GB 2,178円(税込)から1,320円(税込)に、10GB 3,168円(税込)から1,760円と最大800円ほどの値下げです。

また、4月7日からは、電話専用アプリ「OCNでんわ」が、アプリを通さずスマホに標準搭載されている電話アプリから利用できるようになりました。これは、ドコモからプレフィックスを付与されたことによるもので、引き続き半額の11円(税込)/30秒で利用で通話を行えます。

【OCNモバイルONE】最新キャンペーンはこちら

nuroモバイル

出典:nuroモバイル
  • 3GB792円(税込)から使える
  • 翌月のデータを前借りできる
  • 1GB550円(税込)でデータチャージ可能
  • 余ったデータ容量を家族や友人にプレゼントできる

nuroモバイルは、「NURO光」と同じソニーネットワークコミュニケーションズが提供する格安SIMです。

他社と比べた際のメリットにデータ前借り制度があります。これは翌月のプラン容量を前借りして利用できるサービスです。少しデータ容量が足りなかった時などに追加料金などを支払わなくても翌月のデータを使えるので、データのやりくりが可能です。

さらに、1GB550円(税込)でデータチャージが可能な他、回線に関係なく、家族や友人にパケットをプレゼントできる「パケットギフト」もメリットと言えるでしょう。

nuroモバイルの月額料金

2021年4月1日に提供を開始した新料金プラン「バリュープラス」では、3GB 792円(税込)から提供。従来の格安SIMの平均相場3GBあたり1,600円という価格帯からは想像できない安さです。

プラン名 VSプラン VMプラン VLプラン
データ容量 3GB 5GB 8GB
音声通話付きSIM 792円(税込) 990円(税込) 1,485円(税込)
データ通信
+
SIM
792円(税込) 990円(税込) 1,485円(税込)
データ通信 627円(税込) 825円(税込) 1,320円(税込)


もともと、2GBで1,540円(税込)だったところが8GBで1,485円(税込)と同じ金額で使えるデータ容量が単純に4倍程度と考えることもできます。

さらにそこに加えて、契約翌月から3カ月ごとにギガが付与されれる「Gigaプラス」も開始。それぞれの継続特典は以下の通り。

  • 5GBプランは3GBプレゼント
  • 8GBプランは6GBプレゼント

チャージに換算すると、1,500〜3,000円ほどの額になりますので、継続するたびにお得感があります。

nuro mobileで格安SIMを契約する

日本通信SIM

日本通信 出典:日本通信
  • 20GB2,178円(税込)で70分間の国内通話が無料
  • 有料の健康管理アプリがセットになったプランが登場

日本通信は、国内初の格安SIM事業サービスを提供したことで有名です。「日本通信SIM」は、従来の「b-mobile」とは異なり、NTTドコモとの協議により音声卸料金を原価ベースで調達できるようになり、2020年12月に誕生した新しいブランドです。

これにより、b-mobileの各種プランは、日本通信SIMにサービス変更が可能となりました。

日本通信SIMの月額料金

日本通信SIMの新しい料金プランは3つです。

合理的
20GBプラン
合理的
かけほプラン
Wスマート
プラン
月額料金
(税込)
2178円 2,728円 1,738円
データ容量 20GB 3GB 3GB
データ追加 1GBあたり275円


「合理的かけほプラン」では、3GBの使えて2,728円(税込)、ここに24時間のかけ放題が付いています。「合理的かけほプラン」では、20GBのデータ容量が使え2,178円(税込)、ここに70分間の国内通話が無料で付いてきます。キャリアの格安プランに対抗した料金設定に加え、70分間の電話が付いていますので、お得であることがわかります。

「Wスマートプラン」は、健康管理アプリ「FiNC Plus」がセットになったプランで、3GBのデータ容量と70分間の国内通話が付いて1,738円(税込)で利用可能。月額480円(税込)の有料アプリは無料で利用できます。

他社にはない魅力的な価格と特典が付いたプランです。

日本通信のお申込みはこちら

ドコモで格安SIMにする時の注意点

ドコモ系の格安SIMに乗り替える際には、大きく3つの注意点があります。特に、現在ドコモで契約している人は、解約のタイミングにより解約金がかかってしまう点に気をつけてください。

せっかくの格安プランへの乗り替えなので、うっかり損をしないようにしましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

解約のタイミングによっては契約解除料がかかる

解約の月が契約更新月でない場合は、契約解除料がかかってしまいます。

そのため、乗り替え先の格安SIMで、解約金の補助などのサービスがないのであれば、解約のタイミングには注意しましょう。

なお、契約満了月は、契約内容や機種変更などのタイミングにより異なります。自分の契約満了月は、以下の方法で確認できますので、乗り替えの前には必ず把握しておくようにしてください。

  • My docomoにログインして「ご契約内容確認・変更」より確認
  • dアカウントを持っていない人は「151」のフリーダイヤルで確認

電話番号の引き継ぎは事前に申請が必要

電話番号を変えずに次の携帯会社と契約できる制度のことを、「MNP(携帯番号ポータビリティ)」といいます。

格安SIMに乗り替える際、家族や友人など周りの人たちに新しい電話番号を伝えてまわる手間が省けます。

MNPで乗り替える場合には、乗り替え先である格安SIMと契約する前に、現在のキャリアから「 MNP予約番号」を取得しておきましょう。

ただし、MNP予約番号には15日間の有効期限があり、有効期限を過ぎると失効してしまうので気をつけてください。

古いスマホでの格安SIM利用は損する可能性も

【要点!格安SIMにするときの注意点】

  • 解約のタイミングによっては解約金10,450円(税込)がかかる
  • 電話番号の引き継ぎは事前に申請が必要
  • 古いスマホでの格安SIM利用は損することも

「まだ使えるから」と、古いスマホで格安SIMを利用するケースが少なくありません。

しかし、古くなっているスマホは、既にバッテリーが消耗していたり、OSが古くてコンテンツが利用できないことが多いです。

また、現在のスマホほど対応Bandが広くないので、受信できる電波が少なかったりもします。

近年では、契約する格安SIMで端末も一緒に購入すれば、高いコスパで最新機種を手に入れられます。

結果的には新品を使用するほうが、不自由さを感じることなくスマホ体験を楽しめるのです。

無理をして古いスマホで格安SIMを使うと、損をしてしまう可能性がある点は心に留めておきましょう。

\初回限定3ヶ月無料!/

ドコモ回線で格安SIMを使う場合に確認しておくこと

ドコモ回線の格安SIMを使用する際には、通信速度が格段に落ちる昼間の時間帯に注意しなければなりません。

また、キャリアメールが使えなくなることや、支払い方法が限定されることもデメリットとしてあげられます。

大手キャリアより回線速度が不安定

格安SIMは、キャリアより間借りして電波帯域を提供しているので、大元のドコモと比べると通信速度が不安定になったり、通信制限がかかりやすかったりします。

特に、利用する人が多い昼間の12~13時頃には、通信速度が1Mbpsを下回ることも頻繁にみられるため、動画の視聴などに支障をきたしてしまう場合があります。

格安SIMを検討している方は、格安SIMとキャリアの違いやお得情報を、こちらご参考にしてください。

キャリアメールは使用できなくなる

キャリアが提供しているコンテンツの中で、利用者が多い「キャリアメール」が使用できなくなります。キャリアメールとは、「~@docomo.ne.jp」というメールアドレスのことです。

その代わりとして、Gmailなどのフリーメールや、格安SIM業者が独自に提供するメールサービスを利用しましょう。Gmailは、Googleのアカウントがあればすぐに使え、パソコンをはじめ他のモバイルと同期して利用できるので便利です。

なお、ドコモで提供されているその他のサービス「dポイント」においては、dアカウントを継続利用する手続きをおこなえば、dポイントは失効されません。しかし、現時点で多くのポイントが貯まっているのであれば、乗り替え前に使い切っておいたほうがよいでしょう。

支払い方法が限定される

月々の携帯料金と合わせての支払いができるキャリア決済は、有料のアプリの購入時や課金にも使用できる便利なサービスです。しかし、格安SIMでは、利用者の多いこちらのサービスも使えなくなってしまいます。

格安SIMに乗り替えてからの支払い方は、クレジットカードで支払うか、もしくはiTunesカードやGoogle playギフトカードなどのプリペイドカードを使用してチャージする方法に限定されます。

一方、ドコモのコンテンツを紐付けるのに使う「docomo ID」の取得はできるので、格安SIMに乗り替えたとしても、dビデオやdアニメストア等の有料映像は引き続き楽しむことが可能です。

自分の使い方に合ったドコモの格安SIMを選ぼう

ドコモの格安SIMには、ドコモの回線を使用しているためどこでも繋がりやすかったり、他の回線よりも格安SIMの選択肢が広かったりと、多くのメリットがあります。

さらに、SIMロック解除なしでドコモ端末が使え、気軽に乗り替えられるので、現在ドコモユーザーなら特におすすめです。

ドコモの格安SIMを販売しているMVNOが設定している料金プランや通信容量、キャンペーンは多種多様です。

そのため、ドコモの格安SIMへの乗り替えを検討している人は、これまで見てきた料金の比較表を参考にしながら、普段自分がどのようなスマホの使い方をしているかを振り返ってみましょう。

そうすれば、自分の使い方に合ったドコモの格安SIMを選べ、満足できるはずです。

ドコモ光の他にも、スマホとセット割を適用していたりと快適かつお得に利用できる光回線は10社以上あります。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年04月01日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!