• インターネット

パソコンをインターネットに接続する方法|不具合の原因と対処法も解説

【公式】カシモWiMAX パソコンをインターネットに接続する方法|不具合の原因と対処法も解説

初めてパソコンとインターネットを接続するときは初期設定が必要です。

しかし設定をおこなう機会は多くないため、初めての人はもちろん、引っ越しや買い替えなどで久しぶりに設定が必要になったとき、うまく接続できずに困った経験がある人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、パソコンのインターネットの接続方法を有線・無線、Windows・Macにわけて詳しく解説します。簡単設定用のディスクがない場合でもコントロールパネルから設定可能です。

またWiFiルーターの設定方法と、通常の接続方法ではつながらないときの対処法も解説しています。

パソコンのインターネット初回接続の設定方法

Windows、Mac各初期設定の方法に加え、WiFiへの接続方法についても説明します。

Windows

Windows PCとインターネットを接続する方法について、有線接続、無線接続の場合にわけて説明します。

また無線接続の場合は、Windows7とWindows10で手順が異なるため、それぞれの手順についても説明します。

光回線(有線接続)の場合

Windowsの場合、設定用ディスクから設定できますが、コントロールパネルからでも設定可能です。ここではコントロールパネルでの設定方法を解説します。

設定には光回線のプロバイダから提供される、ユーザー名・パスワードの情報が必要です。事前に準備しておきましょう。

設定の手順は次の通りです。

  1. 「コントロールパネル」を開く
  2. 「ネットワークとインターネット」を開く
  3. 「ネットワークと共有センター」を開く
  4. 「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を開く
  5. 「インターネットに接続します」を選択して「次へ」
  6. 「ブロードバンド」を選択
  7. プロバイダから提示されているユーザー名(アカウント名)・パスワードを入力
  8. 「このパスワードを記憶する」にチェック
  9. 「接続名」には好きな名前を入力して「接続」をクリック
  10. 「インターネットへの接続を使用する準備ができました」と表示されたら完了

なおWiFiルーターを使う場合でも、光回線自体に初めて接続するときは、まずONU(光回線終端装置)に有線接続してインターネット設定を完了させてから、ルーターの接続設定をおこなうとスムーズです。

WiFi(無線接続)の場合

Windows PCにWiFi機能が標準搭載されているかどうかで異なります。

WiFi機能が標準搭載されていない場合は、WiFiルーター付属のUSBまたはWiFi接続用のUSBを新規購入し、パソコンに接続してインストールしておきましょう。

ここではそれぞれ手順が違うため、Windows10とWindows7にわけて解説します。

なおパソコンとWiFiルーターの距離が離れている場合は、ルーターに記載されているSSIDとパスワードをあらかじめメモしておくとスムーズです。

Windows10の場合

WiFi標準搭載またはUSBのインストールが完了後、パソコン画面に表示されるWiFiアイコンから設定します。

接続の手順は次の通りです。

  1. タスクバーにあるWiFiアイコンをクリック
  2. 接続したい無線LANルーターのSSIDを選択して「接続」をクリック
  3. セキュリティ キー(WiFiルーター記載のパスワード)を入力して「次へ」
  4. 選択したSSIDが最上部に表示され、「接続済み」になれば完了

WiFiアイコンがない場合

WiFiルーターを使える状態でアイコンの表示がない場合は、表示設定がオフになっている可能性があります。以下の手順でアイコンを表示できます。

  1. タスクバーの空白部分(日付表示付近)を右クリック
  2. 「タスクバーの設定」をクリック
  3. 「通知領域」にある「タスクバーに表示するアイコンを選択します」をクリック
  4. 「ネットワーク」を「オン」に切り替える
  5. WiFiアイコンが表示されることを確認する

Windows7の場合

WiFiアイコンが表示されないこともあるため、コントロールパネルから設定を行います。

  1. 「コントロールパネル」を開く
  2. 「ネットワークとインターネット」にある「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリック
  3. 「ネットワークと共有センター」から「ネットワークに接続」をクリック
  4. 一覧に利用可能なWiFiのSSIDが並ぶため、選択して「接続」をクリック
  5. セキュリティ キー(WiFiルーター記載のパスワード)を入力して「OK」

Macの場合

Macをインターネットに接続する方法を有線・無線に分けて解説します。

光回線(有線接続)の場合

MacはWiFi接続が標準のため、LANケーブルだけでは接続できません。有線接続用のEthernetケーブルを用意しましょう。

手順は次の通りです。

  1. MacとONUまたはルーターをEthernetケーブルでつなぐ
  2. アップルメニューから「システム環境設定」を選択
  3. 「ネットワーク」をクリック
  4. 左下の「+」をクリック
  5. 「インターフェイス」の右にあるプルダウンメニューから「PPPoE」を選択
  6. 「Ethernet」の右にあるプルダウンメニューから「Ethernet」を選択
  7. サービス名は任意で入力し「作成」をクリック
  8. プロバイダから提示されているユーザー名(アカウント名)・パスワードを入力
  9. 「パスワードを記憶する」にチェックがあることを確認
  10. 「適用」をクリックして終了

WiFi(無線接続)の場合

MacにはWiFi接続機能が標準搭載されているため、USBを別途購入する必要はありません。以下の手順で接続設定をおこなえば完了です。

  1. メニューバーのWiFiアイコンをクリック
  2. 「ほかのネットワークに接続」を選択
  3. 「セキュリティ」のポップアップメニューをクリック
  4. ワイヤレスセキュリティのタイプを選択
  5. ネットワーク名・セキュリティプロトコル・パスワードを入力して「接続」
\最短当日発送!/
【公式】カシモWiMAX

WiFiルーターの設定方法

パソコンのインターネット接続に関連して、WiFiルーターを初めて使うときの設定方法も解説します。

  1. WiFiルーターをONUにLANケーブルで接続する
  2. ランプの点滅がおさまったらパソコンで設定を開始
  3. 候補のSSIDから選択・セキュリティキー入力などWiFiの接続設定を行う
  4. ブラウザを起動してルーターの説明書に記載されているURLを入力
  5. 接続が完了されたことが表示される

なおWiMAXやソフトバンクエアー、ホームゲートウェイなどの場合は、ルーター自体にWiFi機能が備わっているため、手順1の作業は不要です。

パソコンがインターネットに接続できない原因・対処法

通常の設定方法に従って作業してもインターネットに接続できないことがあります。その原因と対処法を解説します。

ルーター・パソコンなど機器の不調

ルーター・パソコンといった機器の故障だけではなく、静電気や熱が溜まっている場合でも機器に不具合がおき、一時的につながらなくなることがあります。

不具合の原因を判断するために必要なルーターの接続状況の確認方法と、対処方法を解説します。

Windowsならルーターとの接続状況をコマンドで確認できる

パソコン以外のデバイスはルーターに接続できているという場合は、パソコン本体の不調が考えられます。なお有線接続のパソコンのみつながらない場合は、LANが断線している可能性もあります。

ほかのデバイスも接続できない場合は、ルーターの不具合かもしれません。

どこで不具合が起きているのか、明確に判断する方法があります。

パソコンのipconfig・pingというコマンドをつかって、接続設定を確認しましょう。

項目 確認できること
ipconfig パソコンとルーターがつながっているかどうか
ping ルーター・デバイス・インターネット上のサーバーとデータの送受信ができているかどうか

ipconfigの使い方

  1. Windowsメニューの検索窓に「cmd」と入力
  2. 黒背景に白文字の画面が表示されたら「ipconfig」と入力してエンターキーを押す

「IPv4 アドレス」「デフォルト ゲートウェイ」が「192.168.」などの同系統であれば、パソコンとルーターは接続できていると考えられます。

pingの使い方

  1. Windowsメニューの検索窓に「cmd」と入力
  2. 黒背景に白文字の画面が表示されたら「ping(半角スペース)ルーターのIPアドレス」を入力
    ※ルーターのIPアドレスはipconfigの「デフォルトゲートウェイ」に記載されている番号
  3. 送信テストが始まる

ルーターと接続できていれば「パケット数」の項目で「損失=0」と表示されます。

もしも「損失」の項目が0ではなく、ルーターと接続できていないことがわかれば、機器の接続や設定をやりなおすことで改善する可能性があります。

各機器を再起動してみる

一時的な不具合は、再起動で改善することがあります。熱や静電気多く溜まっている場合は、電源を切ってから電源プラグも抜き、しばらく放置してから再起動するとよいでしょう。

なお熱や静電気による不具合が頻発する場合は、ルーターやパソコンの設置場所に問題があります。機器を取り囲む障害物を排除して空気の流れをつくったり、直射日光・各家電から遠い位置に置いたりしましょう。

デスクトップPCなら内部を掃除してみる

パソコン内部にほこりが溜まっていると静電気や熱がこもりやすいため、こまめに掃除することで不具合の頻度を低くできます。

自分で掃除する場合は、静電気が機器に不具合を及ぼす可能性があります。

そのため化繊やセーターは着用せず、ドアの面や壁などを手のひら全体で触るか、静電気除去グッズなどを使用して、体にたまっている電気を放出してから作業しましょう。

不安な人は、パソコンのクリーニングをおこなっている業者に依頼しましょう。簡易クリーニングであれば2,000~4,000円程度、細かなパーツまでの徹底清掃であれば5,000円~が相場です。

iPhone格安SIM通信アンケート

セキュリティ対策ソフトが干渉している

WiFi接続の場合、パソコンに入れているセキュリティ対策ソフトが接続を拒否している可能性があります。

セキュリティソフトの設定を変更する

セキュリティソフトの設定を厳しめから簡易に変更するか、一時的に無効化して接続を試してみましょう。ネットにつながるようであれば、セキュリティソフトが原因であると考えられます。

ただし強固なセキュリティを保持するためには、簡易設定や無効化をそのままにするのはおすすめできません。セキュリティソフトを別のものに変えたり、細かな設定をおこなって安全性はキープしておきましょう。

回線またはプロバイダで通信障害が起きている

台風などの災害・停電などによって回線自体に不具合が起きていたり、プロバイダのサーバーで不具合が生じたりしている場合は、通信障害でつながらないことがあります。

この場合はユーザーにできることはほとんどなく、改善を待つよりありません。ただしDNSサーバーエラーの場合はサービスを替えることで改善する可能性があります。

DNSサーバーを替えてみる

パソコンの画面に「DNSサーバーがみつかりません」といったエラーが表示されている場合は、DNSサーバーを変更してみましょう。

特にアクセスが集中する夕方から夜にかけて問題が生じる場合は、一度試してみるとよいでしょう。

DNSサーバーは、ユーザーが要求した情報を機械にわかる言語に変換するサーバーです。基本的には契約しているプロバイダが保有しているものの、DNSサーバーは任意で変更できます。

接続しているネットワークのプロパティを開いて、インターネットプロトコルからDNSサーバーを変更しましょう。代表的な変更先はグーグルの「8.8.8.8」「8.8.4.4」です。

\格安がずーっと続く!/
【公式】カシモWiMAX

ルーターに接続しているデバイスが多すぎる

WiFiルーターには機器ごとに接続できるデバイスの上限があります。パソコン・スマホ・タブレット・ゲーム機・IoT家電などの接続しているデバイス数が、上限を超えていないかを確認しましょう。

またデバイス数に問題はなくても、1つのデバイスで大量のデータの送受信を行っているときは、ほかのデバイスの通信ができなくなることもあります。

家具の配置や間取りの問題

WiFiルーターとパソコンまでの間に家具や壁が多いと、電波が届きにくくなります。

またWiFiが使用する周波数2.4GHz帯は、電子レンジなどの周波数と混線しやすいため、家電類はルーターと距離をとるのが理想です。

ワンルームなどで配置を変えるのが難しい場合は、ルーターのチャンネルを家電機器に干渉しない5GHz帯に変えてみましょう。

中継機を導入してみる

家具家電の配置・間取りに問題がある場合は、電波の届く範囲を拡大できる「中継機」を導入することで改善できる可能性があります。

中継機自体はインターネットに接続する機能をもっていませんが、WiFiルーターと送受信することでWiFiエリアを広くできます。WiFiルーターと使用するデバイスの階が違うときにも役立ちます。

なお家電製品との干渉が原因だと考えられる場合は、5GHz対応のルーターと中継機を組み合わせて電波干渉も回避しましょう。

\最短当日発送!/
【公式】カシモWiMAX

自分でできるところまで接続設定を試してみよう

パソコンをインターネットに接続するための通常設定から、うまくいかないときの原因と対処法まで解説してきました。

コントロールパネルなどを使って設定する機会は少なく、難しく感じてしまいがちですが本記事で紹介した流れに沿って手順を進めていくことで設定できます。

設定後にインターネットに繋がらなかったとしても慌てずに、対処法を実践することで改善することがほとんどです。

万が一何をしても繋がらない、原因が突き止められないといった場合は、光コンセントや回線の不具合等も考えられますので、一度プロバイダに問い合わせてみるとよいでしょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では、インターネットの契約や切替えをご検討中のお客様の電話相談を受け付けております。

相談後は、お客様のご希望があった場合にのみご連絡いたしますので、しつこい連絡や勧誘の心配はございません。

何度でも相談無料・加入の強要は一切ございませんので、インターネットに関してお困り方はぜひお電話ください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年11月27日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード