WiFiルーターの設定方法|端末ごとにわかりやすく紹介

WiFiルーターの設定は手順さえ知っていれば難しくありません。これから「自宅でもWiFi環境を整えたい」人向けに、WiFiルーターの設定方法を端末ごとに紹介します。あわせて、WiFiが遅いときの原因と対処法も取り上げます。
【公式】カシモWiMAX WiFiルーターの設定方法|端末ごとにわかりやすく紹介

「WiFiを取り入れたいけれども、ルーターの設定方法がわからない」と困っていませんか。

WiFiルーターの設定方法は、接続したい端末ごとに異なりますが、手順を知っておけば難しいことではありません。今回は端末ごとにWiFiルーターの設定方法を解説します。

ほかにも、WiFi環境を整えるためにすることやWiFiが遅いときの原因と対処法も取り上げます。

まず、WiFi環境を整える

WiFi環境を整えるためには、インターネット回線に契約したり、モバイルWiFiルーターを契約したりする方法があります。ここでは、こうしたWiFi環境を整えるためにすることを詳しく紹介します。

インターネット回線に契約する

WiFiを使ってインターネット接続をしたい場合、光回線などのインターネットに契約する必要があります。そして、提供されたWiFiルーターとモデムONUを接続しなければなりません。

今の主流は光回線

インターネットの契約は現在、ADSLではなく光回線が主流です。回線によっては、WiFiルーターオプションが無料、または格安で提供されているため、自分に合った回線を選びましょう。

おすすめの回線は、次の通りです。

それぞれ格安、もしくは無料でWiFiルーターが提供されています。また、強い回線の光回線をWiFiにすることで、複数人が同時接続できるだけではなく、無制限にネット回線に接続できるメリットがあります。

家族暮らしの自宅で使用するなら、光回線が最適な選択肢だといえます。

無線LANルーターやモデムONUに接続

インターネット回線を契約したら、WiFiルーター(無線LANルーター)とモデム・ONUを接続します。モデム・ONUは、プロバイダなどから提供される機器で、ネット接続に欠かせないアイテムです。

WANの端子にLANケーブルを接続すれば、ネット環境の初段階が整います。

モバイルWiFiルーターを契約する

WiFiルーターには、「ホームルーター」と呼ばれる据え置きタイプや持ち運びできる「モバイルWiFiルーター」といった種類があります。

据え置きタイプは、コンセントに差し込んで使う種類で、電波の届く範囲が広く工事不要で簡単に使用できますが、自宅以外では使えません。モバイルWiFiルーターは、外出先でもWiFiが使える種類です。

固定回線でネットに接続しない場合は、モバイルWiFiルーターの方が便利です。

モバイルWiFiルーターにもデメリットはあります。それは同時接続可能数が多くないことと、時間帯・場所などによって通信速度が大きく落ちてしまうことです。

電波の届く範囲も広くないため、家族用のWiFiルーターとしてはおすすめできません。

外出先では「WiFiスポット」を利用する手もある

「WiFiスポット」を利用することで、外出先でもWiFiを使えます。WiFiスポットは、カフェやコンビニなどの店舗、駅や公共施設にあることが多いです

WiFiスポットを利用する際、利用登録やSNSアカウントとの連携などが必要になるケースも少なくありません。接続する方法は、必要事項を入力するだけです。

提供元が分からないWiFiスポットは、ユーザーをはめることを目的とした「罠WiFi」が潜んでいるケースもあるため、ログインが必要なサイトでIDやパスワードを入力するようなことは避けましょう。

SSIDに鍵マークがついていれば、やり取りが暗号化されているため、なりすましなどの被害に遭いにくいです。

iPhoneやiPadのWiFi設定方法

Appleユーザーの人は、iPhoneやiPadのWiFi設定方法を知りたくないでしょうか。iPhoneやiPadをWiFiにつなぐことで、通信速度が速くなったり、通信料金の節約になったりします。

またWiFiは、iOSのアップデートに欠かせないものです。iPhoneのバックアップが自動でできることもメリットに挙げられるでしょう。

そこでここでは、iPhoneやiPadのWiFi設定方法を詳しく紹介します。

iPhoneやiPadのWiFi設定手順

iPhoneやiPadのWiFi設定手順は、ホーム画面の設定を開き、「WiFi」をオンにして、パスワードなどを入力するだけです。こうしたWiFi設定手順を細かく解説します。

1.ホーム画面から設定を開く

はじめにiPhoneやiPadのホーム画面の「設定」を開き、「WiFi」を押します。

そして、「WiFi」がオンになっていることを確認します。

2.WiFiをオンにした後

WiFiがオンになっていることを確認した後、その下側に、ネットワークが一覧で表示されます。ネットワークによっては利用できませんので、注意が必要です。

3.WiFiルーターの裏の確認

続いて、WiFiルーターの裏にあるネットワークの名前(SSID)を選択し、パスワードを入力しましょう。

ネットワーク一覧にSSIDが表示されない場合、ルーターの電源が入っているか確認することをおすすめします。パスワードが正しく入力できれば、設定完了です。

パスワードは、英数字がランダムになっているものが多く、大文字と小文字も混在しているため、間違えないように入力しましょう。

iPhoneやiPadも設定は同じ

iPhoneやiPadも、設定方法に違いはありません。どちらも、上記の手順でWiFiを接続します。一度パスワードを入力して接続すれば、再度パスワードを入れる必要もないため、ネット接続に手間がかかりません。

iPhoneやiPadがWiFiにつながらない場合は、WiFiがオンになっているのかチェックしましょう。一度オフにしてオンに変えることで、不具合が解消されるケースもあります。

端末自体を再起動したり、ネットワークの登録をやり直したりしても、問題を解決できる可能性はあります。それでもWiFiにつながらなかった場合は、ルーターに問題があるかもしれません。

Androidのスマホ・タブレットのWiFi設定方法

Androidのスマホ・タブレットのWiFi設定方法も、基本的にはiPhoneやiPadと同じです。

Androidのスマホ・タブレットをWiFiに接続することで、モバイルデータ通信量を節約できたり、安定したインターネット接続ができたり、他のネットワーク機器とつなげられたり、様々なメリットがあります。

ここでは、設定手順やSSID・パスワードが不明な場合の対処方法を詳しく紹介します。

Androidの設定手順

Androidで設定する際は、ホーム画面の設定を開き、WiFiをオンにして、WiFiルーターの裏を確認し、パスワードを入力するだけです。

1.ホーム画面から設定を開く

まずは、ホーム画面の「設定」を開き、「WiFi」をタップします。「WiFi」は、OSのバージョンや端末によって、「無線とネットワーク」「接続」といった項目にあるケースもあります。

2.WiFiをオンにする

「WiFi」がオフになっている場合は、スライドさせて「オン」に設定しましょう。そうすると、現在確認できるネットワーク一覧が表示されます。

3.WiFiルーターの裏の確認

接続するネットワーク(SSID)は、WiFiルーターの背面や側面のラベルに記載されています。記載されているネットワーク名を探し、選びましょう。

4.パスワードを入力する

最後はパスワードを入力するだけです。パスワードは、ネットワークと同じように、WiFiルーターの背面や側面のラベルに記載されています。パスワード入力後、「接続」をタップすれば、WiFi接続完了です。

ちなみにWiFiの接続を切る場合は、WiFiを「オン」から「オフ」にするだけです。

また、アプリなどを使ってWiFiの設定ができるWiFiルーターの機種もあります。

SSIDやパスワードが不明な場合

SSIDやパスワードが不明な場合でも、WiFiに接続可能です。それは、ルーターのWPSボタンを押す方法です。ルーターのどこかに「WPS」と表記されているボタンを探してください。

メーカーによっては、「らくらく無線スタート」や「AOSS」といった呼び名になっています。

WPSによるWiFi接続の手順は、「WiFi」の設定から「詳細設定」を選択し、「WPSプッシュボタン」を選びます。

その後、ルーターのWPSボタンを長押しすれば、画面に「WPSの設定に成功しました」と表示され、WiFiに接続完了です。

PCと無線LANルーターを接続する方法

PCと無線LANルーターを接続する方法も、SSIDを選び、ネットワークセキュリティキーを入力するだけです。ここではWindows10を例に、WiFiの接続方法を解説します。

Windows10の場合のWiFi接続

Windows10の場合、スクリーンの右下のインターネットアイコンをクリックします。WiFiマークを選ぶと、色が青く変わります。

接続したいSSIDを選択する

SSID一覧が表示されたら、接続したいSSIDを選びましょう。SSIDがわからない人は、ルーターの裏などを確認してください。

また、「自動的に接続」にもチェックを入れておきましょう。

ネットワークセキュリティキーを入力

SSIDを選択後、ネットワークセキュリティキーを入力します。

大文字小文字を区別して入力し、「次へ」をクリックし、「接続済み」と表示されていれば、接続完了です。ブラウザーを開いたり、インターネットにつながるのかどうか確認しましょう。

パスワード入力時、右側にあるマークをクリックすれば、文字が表示されるので、入力しやすいです。

WiFiのアイコンが表示されない場合は

WiFiのアイコン(インターネットアイコン)がスクリーン下のタスクバーにない場合は、日時のあたりを右クリックし、タスクバーの設定をクリックします。

続いて、「通知領域」の「タスクバーに表示するアイコンを選択します」を選び、「ネットワーク」を「オン」にしましょう。そうすれば、右下にアイコンが表示されます。

WiFiが遅いときの原因と対処法

WiFiが遅いときの原因と対処法は、次の通りです。

  • WiFiルーターの周囲に障害物がある
  • 回線が混雑している
  • 家電による電波干渉が影響
  • WiFi環境のチェックをする

こうした原因と対処方法を知り、快適なネット生活を実現させましょう。

WiFiルーターの周囲に障害物がある

WiFiルーターと端末の距離が遠かったり、間に障害物があったりした場合、WiFiが遅くなる可能性があります。WiFiは、ドアを開けるのか閉めるのかだけでも、届きやすさが変化するものです。

距離や障害物などによってWiFiが届きにくい場合の対処方法は、ルーターを自宅の真ん中辺りに設置しましょう。家の隅に置くと、電波の届くエリアが限定されてしまう可能性があるからです。

また、ルーターを高い位置に設置すれば、電波が届きやすいです。直に床に置くと、家具などが障害物になってしまいます。このように、設置場所を変更することで、快適なネット環境を構築可能です。

ルーターにアンテナがついている場合、それを調整することでも電波を届きやすくさせます。アンテナを横向きにすると縦への電波を強くでき、アンテナを垂直にすると横への電波を強められるでしょう。

また、広い場所に住んでいる人は、WiFi中継機を使用することで、より広いエリアに電波を飛ばせます。2~3階建ての家に住んでいる場合は、WiFi中継機を使用すれば電波強度が上がります

回線が混雑している

複数の端末を同時にWiFi接続している場合、回線が混雑し、WiFiがつながりにくいです。この場合の対処方法は、無線チャネルを変更することで、それぞれの無線LANネットワークへの影響を防ぎます。

また、WiFiルーターの性能がよくない場合も、回線が混雑する可能性があり、高性能なルーターに買い替えることで、問題を解決できるでしょう。ルーターを選ぶ時は、「同時接続台数」もチェックしてください。

さらに、有線接続でも遅さを感じる場合は、通信回線に問題があるため、プロバイダを変更する必要があります。

回線が混雑しているだけではなく、インターネットの利用料金が未払いになっている場合、インターネット回線そのものがつながっていない状態になり、WiFiを利用できなくなってしまう可能性もあります。

そのため、回線使用料やプロバイダへの料金が滞納している状態ではないかもチェックしましょう。

また、使用中のケーブルが汚れいてたり、古くなっていたりすることで、通信速度に影響する場合もあります。WiFi機器の使用期間が長い場合は、一度メンテナンスをしてみると解決するかもしれません。

家電による電波干渉が影響

電子レンジやコードレス電話などWiFiと同じ周波「2.4GHz帯」の電波を発している家電が近くにあった場合、電波干渉が起こり、WiFiが遅くなります。

ほかにも、Bluetoothスピーカーや無線機能を持つ家電があった際は、電波干渉を引き起こしやすいです。家電による電波干渉が影響の場合は、親機や子機、中継器を移動させましょう。

設置する場所を選べない人は、5GHz帯対応のルーターを導入することでも、問題を解決できます。また別の周波数に対応している電話もありますので、導入を検討してみましょう。

ルーターの通信方式で広く普及しているのは2.4GHzで、場所によっては電波が混雑しています。5GHzであれば、混雑していないことが多く、安定したネット環境を目指せるでしょう。

家電以外にも、次のような場所には、注意が必要です。

  • 水槽や花瓶など水が入ったものの付近
  • 本・土壁など水分を吸収しやすい場所
  • 2階などルーターから離れた場所
  • 床や窓際
  • 金属製の棚

ホームルーターは、約50~60mの範囲、モバイルルーターは約10~15m程度の範囲まで接続できることが一般的です。

WiFi環境のチェックをする

WiFi環境は、アプリを用いたりWebサイトを使ったりして、チェックすることが可能です。アプリでおすすめなのは、「WiFiミレル」です。

「WiFiミレル」は、WiFiの電波状況を0~100の数値で測定できます。やり方は、WiFiを接続して、アプリを立ち上げるだけです。数字が大きい場合、電波状況は悪くありません。

また、チャンネルを変更できる機能も備わっているため、WiFi通信を快適にできるでしょう。

ネット速度環境チェックサイトである「スピードチェック」でも、回線速度をチェック可能です。

WiFiルーターを確認して設定しよう

WiFi環境を整えるためには、インターネット回線に契約したり、モバイルWiFiルーターを契約したりする方法があります。

強い回線の光回線をWiFiにすることで、複数人が同時接続できるだけではなく、無制限にネット回線に接続できるメリットがあります。モバイルWiFiルーターは、外出先でもWiFiが使えるタイプです。

iPhoneやiPad、Androidのスマホ・タブレットでも、WiFi接続方法に大きな違いはありません。

設定画面からWiFiをオンにして、SSIDを選択し、パスワードを入力するだけです。PCと無線LANルーターを接続する方法も、ほとんど同じです。

そんなWiFiが遅いときの対処法は、ルーターを自宅の真ん中辺りや高い場所に設置したり、高性能なルーターに買い替えたりすることです。電波干渉が影響の場合は、親機や子機、中継器を移動させましょう。

WiFiルーターを確認して、端末とWiFiを接続し、快適なネット生活を実現させませんか。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年02月14日

菅野 辰則 ― ライター
菅野 辰則 ― ライター

最新ガジェット、家電、デバイスが大好物。秋葉原、ネットショップでコスパの高い中古端末に目を光らせている。iPhone・iPadを格安SIMとWiMAXで利用中。趣味はダンス、週4日のトレーニングを欠かさない。

関連キーワード