[2020年]最も安いポケットWiFiは?月額2000円以下なのに無制限!

テレワーク需要が高まる中でポケットWiFiを採用する企業が増えています。ポケットWiFiは光回線のような面倒な工事や設定が一切不要で、最短当日発送のプロバイダが多いです。安いだけでなく、通信速度や通信制限の条件などについても紹介しています。
【公式】カシモWiMAX [2020年]最も安いポケットWiFiは?月額2000円以下なのに無制限!

この記事でわかること

  • 無制限なのに安いポケットWiFi
  • 海外で使えるポケットWiFi
  • リモート作業におすすめのポケットWiFi

テレワークの需要が高まる中で、ネット環境にポケットWiFiを採用する企業が増えています。

ポケットWiFiなら最短当日発送のプロバイダが多く、契約した翌日からWiFiを利用できます。

ポケットWiFiのプロバイダは数が多いので、実際どれを契約したらいいのか迷っている方も多いと思うので、この記事を参考にしてください。

また、海外出張時に役立つポケットWiFiや、キャリアのポケットWiFiも紹介しているので、目的やシーンに合わせたポケットWiFiを契約しましょう。

2020年|最もおすすめのポケットWiFiは「カシモWiMAX」のWX06

出典:カシモWiMAX

ポケットWiFiには様々なプロバイダ、機種があるため比較が必要です。

初めてポケットWiFiを契約する方は、この後解説する、ポケットWiFiのメリット・注意点や種類、選び方などをじっくり読んでいただきたいです。

しかし、「早く安いポケットWiFiが知りたい!」「これまでにもポケットWiFiを契約したことがある」という方のために、現在最もおすすめのポケットWiFiをご紹介します。

現在コストパフォーマンスの観点から最もおすすめなポケットWiFiは、「カシモWiMAX」人気機種のWX06です。

カシモWiMAXであれば、人気端末のWX06を最短当日発送してくれるため、すぐにネット環境を整えることができます。

実際にカシモWiMAXのWX06を契約した場合と、Y!mobileとdocomoで最新ポケットWiFiを契約した場合のシミュレーションをしてみましょう。

カシモWiMAX
『WX06』
Y!mobile
『603HW』
docomo
『N-01J』
プランギガ放題アドバンスオプションデータMパック
月額料金(初月)1,380円4,380円6,900円
データ容量無制限無制限5GB
速度制限3日間10GBの利用で1Mbpsに制限3日間10GBの利用で1Mbpsに制限5GB利用で128kbspに制限
契約期間3年3年3年

速度制限については後ほど詳しく解説をしますが、1MbpsとはYouTubeの再生が標準画質で問題なく見れる程度です。また128kbspは超低速で、メールの送受信がやっとというくらい速度が制限されます。

表を見ていただくと、カシモWiMAXなら、速度制限がほとんどない上、業界最安級の月額料金で契約できることがわかります。

月額料金を抑えてとにかく安くWiFiを契約したい方にはおすすめです。

カシモWiMAXはキャッシュバック制度ではなく、月額の利用料が最初から割引になる制度です。そのため、実質キャッシュバック制度を取り入れているプロバイダと大きな差はありません。

キャッシュバックの手続きなく、毎月お得にポケットWiFiを使いたい場合はカシモWiMAXがおすすめですよ。

【最短当日発送】カシモWiMAXでWX06を契約する!

ポケットWiFiの月額料金の仕組み

携帯料金と同じく、ポケットWiFiも割引額や月額料金が非常に分かりにくくなっています。お得にポケットWiFiを契約するために、まずは月額料金の仕組みを確認してみましょう。

ポケットWiFiとは?

「ポケットWiFi」は、元々ソフトバンク・ワイモバイルのモバイルルーターを示す名前でした。しかし、現在はキャリアに関係なく「持ち運びできるWiFi」のことを「ポケットWiFi」と呼んでいる方が多くなっています。今回の記事でもモバイルWiFiサービス全体を「ポケットWiFi」と記述しているので、ご注意下さい。

ポケットWiFiを利用すれば、ビジネスシーンやプライベートでも、ノートPCをネットに繋げて使用したり、タブレットやゲーム機に接続し、楽しむこともできます。もちろん、お手持ちのスマホと接続することも可能です。

スマホ、PC、タブレット、ゲーム機器など1台のポケットWiFiで様々な機器をネットに繋げることができ、一人暮らしの方も家族でも快適なネット環境を作ることができます。

回線契約をして月額料金を払って利用する

どこでも場所を問わずさまざまな機器を接続できるポケットWiFi。

これまでの固定回線では、ネット回線とプロバイダー両方契約しなければなりませんでしたが、ポケットWiFiは、各キャリアのもつLTEなどの回線を1つのサービスとして提供しているので、プロパイダーとの契約だけでよいのです。

契約する方法は、携帯ショップ、家電量販店、ネットショップがあります。

いずれも契約した場合は、月額料金を払って利用となります。

細かい料金設定など各キャリアによって差がありますので、自分のライフスタイルにあったポケットWiFiを選んでください。

また、契約方法によってキャンペーンが異なり、キャンペーンの利用でさらにお得にポケットWiFiを契約できることもありますので、気になるものを調べてみてください。

ポケットWiFiの月額料金の内訳

ほとんどの場合、ポケットWiFiはクレジットカード支払いでの契約となります。そのため、勝手に口座から料金が引き落とされており、月額料金がわかりにくいというデメリットも存在します。

ポケットWiFiの契約にかかる料金は以下になります。

  • 初期契約事務手数料(平均3,000円程度)
  • 端末購入費用
  • 月額料金

端末購入(レンタル)費用は端末によって変動します。また、月額料金は契約月によって大きく変わるプロバイダも存在するため、契約時にしっかり確認しておきましょう。

また、支払いとは逆に、割引される料金も存在します。

  • キャッシュバックキャンペーンによる現金・ポイントのキャッシュバック
  • 割引キャンペーンによる月額料金割引

キャッシュバックは申し込んだ後すぐに受け取れるわけではなく様々な手続きを踏まなければならないため、キャッシュバック受け取り忘れをしてしまう方、途中で諦めてしまう方も多いです。

契約後に送られてくるメールを確認しないと受け取ることが出来ないものなどが存在するため、条件をしっかり確認しておく必要があります。注意しましょう。

ポケットWiFiの選び方

ポケットWiFiの選び方について、以下3つの観点からくわしく説明します。

  • 実質月額料金
  • 通信速度・速度制限
  • 通信エリア

実質月額料金が安いもの

最も大切なことは、もちろん月額料金が安いものを選ぶことです。料金は、2,000円~4,000円が一般的ですが、高いものは6,000円~7,000円程度のプランもあります。

また、各キャリアでお得なプランのキャンペーンや期間限定キャッシュバックなどを行なっているところもあるので、チェックしてみてください。

たとえば、3年間解約せず使い続けるという契約をすると今だけ、毎月使えるデータ量を7GBから無制限にできますというようなものです。

1つのキャリアをみてすぐに決めず、様々なキャリアを見て料金などを比較して決めるのも1つの手です。

速度制限の条件がゆるいもの

これからポケットWiFiを選ぶ方やルーターの変更をしようと思っている方は、速度制限の上限がゆるいものを選ぶことをおすすめします。

ポケットWiFi(WiMAX)には、いわゆる「3日で10GB縛り」などデータ利用に上限が存在します。この上限を超えてデータを利用すると、速度制限がかかってしまいます。

無制限以外は、規定の通信量を越えてしまうと速度制限がかかってしまいますので、自分の求めるプランに合わせてポケットWiFiを選びましょう。

通信エリアが広いもの

契約したにも関わらず通信エリア外だったら快適なネット生活を送ることはできません。

自宅や周辺がポケットWiFi通信エリア内なのか気になるルーターの対応エリアや通信速度などを知りたい方は公式サイトなどで調べると通信エリアをみることができます。

また、お店でも確認してもらうことができるので通信エリアを知りたい方は定員さんに調べてもらいましょう。

少しずつポケットWiFiは技術改革しているので、今まで繋がりにくいといわれていたビルなどでも快適な通信速度を実現できる日もそう遠くないかもしれません。

無制限なのに安いポケットWiFiを比較

おすすめのポケットWiFiは、速度が速く、ギガ放題プランまたは制限なしのものがよいでしょう。

WiMAXはそれらの特性を持っているのでおすすめです。詳しく見ていきましょう。

カシモWiMAX|業界最安級のWiMAX

出典:カシモWiMAX
  • 業界最安級の月額料金
  • 通信容量無制限で使用可能
  • 最新機種が利用可能
カシモWiMAX ギガ放題 ライトプラン
初月・1ヶ月目 1,380円 1,380円
2ヶ月目〜 3,610円 2,990円
3年間合計 131,340円 109,020円
年間平均 43,780円 36,340円

※端末代、初期費用などを除く月額料金の合計。

カシモWiMAXは、月額1,380円~という業界最安級の料金設定です。

「安すぎて怪しい」と思われるかもしれませんが、キャッシュバックキャンペーンがない分、元々の月額料金が安くなっているという仕組みです。

加えて、インターネット広告で集客をしているため、宣伝広告費が安いことも理由として挙げられます。月額料金が安いだけでなく、最新機種も端末代金無料、送料無料で即日発送も嬉しいポイントです。

実際カシモWiMAXを契約した70%のユーザーは、月額料金の安さが決め手となっているようです(※1)。

もちろん、月額料金が安いからといって品質が劣ることは全くありません。UQ WiMAXと同じ通信回線を使っているため、快適に安くWiFiを使えます。

【業界最安級】カシモWiMAXの料金プランを見てみる

※1:調査機関:株式会社MEモバイル
調査方法:2020年6月1日から9月30日までに開通した契約者にメールでアンケートフォームを配信
調査期間:2020年10月9日から10月14日まで
調査目的:サービスの改善及び向上

【最もおすすめ】通信速度に定評あり!W06

W06は、2019年1月25日に発売されたモバイルルーターです。WiMAXルーター史上最速の、下り最大1.2Gbpsという高速通信が可能になっています。この通信速度は最新端末であるWX06よりも速いため、通信速度を重視する方はW06を契約するのがおすすめです。

高速通信に加え、繋がりにくかった場所でも電波をャッチしてくれる「高性能ハイモードアンテナ」を搭載。電波が弱い場所でも安定した速度で通信できます。

また、一度に16台もの機器を接続できるので、家族での利用や法人利用にもおすすめです。

【業界最安級】W06のお申し込みはこちら

BIGLOBE WiMAX 2+

出典:BIGLOBEWiMAX
BIGLOBE WiMAX ギガ放題
初月・1ヶ月目 0円
2ヶ月目〜 3,980円
1年間合計 43,780円

※端末代、初期費用などを除く月額料金の合計。

BIGLOBE WiMAXは、WiMAX 2+とLTEが使えるハイブリット高速通信サービスがあり、通信データ最速度は440Mbpsで、普段使いには申し分ない速度。auのスマホを使っている方なら、auスマートバリュー加入で月額料金が最大1,000円も安くなります。

ギガ放題プランの場合、通常4,880円の月額料金が口座振替で3,145円、クレジットカード払いで3,345円と、初期費用がかさむ最初の1~2ヶ月間に割引されるのが嬉しい点です。

ハイスピードモードでは、3日間で10GB、ハイスピードエリアモードでは月に7GBを越えるデータ通信を行うと速度制限がかかりますので注意してください。ハイスピードエリアモードのオプション料金がかからないのも嬉しいポイントです。

料金プランも月単位で変更することができ、通信エリアもどんどん拡大していく予定なのでおすすめです。

BIGLOBE WiMAX 2+について詳しく知りたい方はこちら

それがだいじWiFi

出典:それがだいじWiFi
  • 月額3,250円の定額制で安心
  • トリプルキャリア対応で海外でも使える
それがだいじWiFi
プラン名 100GB保証プラン
月額料金 3,250円
データ容量 100GB
契約期間 2年
解約金 最大28,700円
選べる端末 U3
エリア NTT docomo/au/SoftBank回線エリア

それがだいじWiFiはクラウドSIMなので国内のトリプルキャリアに対応し、どこでも安心して繋がります。

また、世界134の国や地域でも使うことができ、海外旅行や出張もこれ1台持っておけばOKです。SIMカードを入れ替える必要もないので、頻繁に海外に行く方には特におすすめです。

月に利用できる通信容量は100GBまでと決まっていますが、多くのWiMAXに存在する3日間の制限はありません。最短で即日発送も可能なため、ネット環境をすぐに整えたい方にぴったりです。

それがだいじWiFiのお申込みはこちら

UQ WiMAX2+

出典:UQ WiMAX
UQ WiMAX ギガ放題
初月(日割り) 3,880円
1ヶ月目〜 3,880円
2年間合計 46,560円+初月の日割り料金
年間平均 23,280円

※端末代、初期費用などを除く月額料金の合計。

テレビのCMでも有名なUQコミュニケーションズのUQ WiMAX。ギガ放題プランは3年契約で月額4,380円です。

通常、料金が発生するLTEオプション料金は無料となっています。auスマホとセットで月額料金が最大1,000円安くなるのもおすすめポイントです。

データ通信最速度は440Mbpsでauの4G LTEも使えるので、地下鉄などでも繋がりやすいので場所を問わず使うことができます。

おすすめのオプションプランとして、複数のWiMAX機器を使い分けたい場合に機器の追加や家族でポケットWiFiを持つとき2台目の月額料金が安くなるファミ得パックなどもあるので、お得にポケットWiFiを使うことができます。

また、プラン変更が自由にできたり、月380円で盗難・紛失時の保障、端末修理サービスもつけることができるので安心です。

【キャッシュバックあり】UQ WiMAXについて詳しく知りたい方はこちら

【当サイト限定特典】3,000円キャッシュバック!

UQWiMAXの契約を考えている方にビッグニュースです!

当サイト経由でUQWiMAXを申し込むと、なんと3,000円の現金キャッシュバックをもらうことができます!公式サイトでは実施していない、当サイト限定のお得なキャンペーンです。

    【対象契約プラン】
  • ギガ放題プラン

WiMAXで現金キャッシュバックを行っているところはあまりないので、安く契約したい方にはぜひおすすめです。キャッシュバックの適用方法もとても簡単なので、併せて確認していきましょう。

▼STEP1.キャッシュバックをもらうには、お申し込みはこちらからUQWiMAXのサイトに飛びます。

▼STEP2.UQWiMAX商品「Speed WiFi NEXT WX05」「WiMAX HOME 01」の2モデルから、注文する商品を選びます。

▼STEP3.必要項目をすべて選択してから、最後に「お申込み」をタップします。

▼STEP4.必要項目の確認画面に、キャッシュバック適用の表示がされていれば完了です。

キャッシュバックがもらえるのは、サービス開通月の翌月です。

サービス開始から1ヶ月後に、申し込んだ際に登録したEメールに「口座指定案内メール」がUQWiMAXから届きます。メールに記載されたURLのページから指定の口座番号を入力すれば、翌営業日までにキャッシュバック金額が振り込まれます。

メールが届いてから30日以内に手続きをしないともらえないので、受け取り忘れのないように注意してくださいね。

【キャッシュバックあり】UQ WiMAXについて詳しく知りたい方はこちら

GMOとくとくBB WiMAX2+

出典:GMOとくとくBB WiMAX
GMO WiMAX ギガ放題 7GBプラン
初月(日割り) 3,609円 3,609円
1ヶ月目〜2ヶ月目 3,609円 3,609円
3ヶ月目~ 4,263円 3,609円
3年間合計 152,814円+初月の日割り料金 129,924円+初月の日割り料金
年間平均 52,141円(発送月3,609円の場合) 44,511円(発送月3,609円の場合)

※端末代、初期費用などを除く月額料金の合計。

GMOとくとくBB WiMAXはデータ量月間の制限がないギガ放題プランは、月額4,263円。キャンペーンで1、2カ月は3,609円で利用することができます。

データ通信最速度は708Mbpsととても早いのでぜひおすすめです。複数台の申し込みでも割引が適用されるので、ビジネスシーンでも役に立ちます。

キャッシュバックキャンペーンも行われることが多いので、よりお得にポケットWiFiを持つこと可能です。もし満足行かなければ、20日以内に解約違約金なくキャンセルすることもできます。

平日15時半、土日祝14時までの申し込みで、在庫があれば全国送料無料で即日発送してくれるのでおすすめです。

時間を過ぎてしまった場合は、翌日配送となるので早くポケットWiFiが欲しい方は余裕を持って時間内に申し込みましょう。

GMO とくとく BB WiMAXについて詳しく知りたい方はこちら

Mugen WiFi|30日おためしキャンペーン実施中

出典:Mugen WiFi

Mugen WiFiは利用容量最大100GB・トリプルキャリアに対応しており国内外で使用できるWiFiです。

いわゆる「3日で10GB縛り」、3日間で10GB以上利用すると一時的に速度制限がかかってしまうこともありません。「MUGEN格安プラン」であれば下り最大150Mbpsで常に利用可能です。

また、現在はで「30日間おためし全額返金キャンペーン」を実施中。申し込んでみたものの、サービスに満足できなければ30日以内に解約理由・決済番号を問い合わせフォームへ連絡すれば全額返金されます(※詳細な条件は公式サイトをご確認ください)。

ポケットWiFiを申し込むのがはじめての方でも安心して申し込めるサービスになっています。

Mugen wifiに申し込む

THE WiFi|速度制限なし・データ容量無制限

出典:THE WiFi

加藤浩次さんが出演しているCMで認知度を高めているTHE WiFi。速度制限なし・データ通信容量無制限が強みのサービスとなっています。

ドコモ・au・ソフトバンクのエリアと15万ヶ所以上のWifiスポットにも対応しています。さらに手続き不要で海外使用可能・5Gにも対応予定!

プランはTHE WiFiプランとTHE WiFiライトプランの2種類。料金は以下のとおりです。

THE WiFi 1ヶ月目:3,480円の日割り
2ヶ月目~3ヶ月目:3,480円
4ヶ月目以降:3,842円
THE WiFiライト 一律3,480円

THE WiFiプランは、全国15万ヶ所以上のWiFiスポットに対応しています。2つの料金プランの差異はこの一点しかないため、月額約400円でWiFiスポットを利用するかしないかを考えて契約するのが良いでしょう。

【THE WiFi】を契約する

ポケットWiFiの端末から選ぶ

ポケットWiFiは現在契約できるもので10台近くのラインナップがあります。最高速度・重さ・カラー・連続使用時間・対応エリアのスペックが機種によってことなります。

大きな違いは無いものの利用期間は比較的長いものになるので、おすすめのポケットwifiを紹介しているので、参考しながら選びましょう。

海外でポケットWiFiをおすすめする理由

海外へ行くときに必ずおすすめされるポケットWiFi。その理由はなぜなのかみていきましょう。

WiFiスポットを探す手間が省ける

ポケットWiFiを持たずに海外へ行ってしまうと、まずWifiスポットを探さなければなりません。

ホテル、カフェ、空港などにフリーWifiがあるところも増えてきていますが、その都度お店の人に「フリーWifiはありますか?」と確認しなければなりません。

そしてパスワードを打ち込むなどかなり手間がかかり、その場所から離れてしまうとWIfiは使えなくなってしまいます。そんなとき、自分のポケットWiFiを持っていれば、快適にネットにつなぐことができます。

すぐに翻訳アプリや地図アプリを開けるのでとても便利です。フリーWifiは、基本的にセキュリティがかかっていないので、ビジネスの大切なファイルや個人情報などが不正アクセスされる可能性もあります。

その点、自分のポケットWiFiがあればセキュリティ面も強化されているので安心・安全だといえるでしょう。

ホテルのWiFiは高額で使用できない

無料Wifiありますというホテルではない限り、有線LANでの接続のみだったり、Wifi接続が有料になるところがほとんどです。

なにもわからずに使ってしまってあとで高額請求がくることもありますので注意しましょう。24時間で2,000~3,000円だったり、高級ホテルだともっと高額なところもあるようです。

ホテルを予約する前にしっかりと下調べをして問い合わせをする必要があります。

無料のフリーWifiは、電波が悪く繋がらなかったり、セキュリティはかなりゆるく個人情報が漏れたり、ウイルスに感染してしまう恐れもありますので注意してください。

いざ海外にいって高額のWifiを使用するより、あらかじめポケットWiFiを用意しておきましょう。

無料のフリーWifiもホテルのWifiもその場所を離れると使用できなくなります。自分のポケットWiFiがあるとホテルはもちろん、外出先でも快適にネットを使い楽しむことができます。

日本のスマホ使用で高額請求されることも

海外旅行に行ってスマホなどをたくさん使い、後日高額請求がきたという話は少なくありません。

日本で定額料金プランに入っていたとしても、違う国についた瞬間にその国の回線に自動接続されてしまうことがほとんどです。

海外での定額料金プランに入っていない限り、データ通信した分はそのまま後日請求されてしまいます。無料のWifiでない限り、海外でデータ通信をするとその分請求されます。

海外では、着信を受ける側にもお金が発生し、海外で日本の携帯電話同士で通話した場合も日本の回線を通しての通話になるので高額請求されてしまいますので注意しましょう。

高額請求されないためには、海外のデータ通信機能をオフにして、通話やインターネットを使わない方は機内モードに設定します。

Wifiがあるところでのみインターネットを使う方は、機内モードとWifi設定をオンにしておくと通話以外は利用することができます。

海外で使える安いおすすめポケットWiFi3選

海外でポケットWiFiを使うならレンタルがおすすめです。手続きが簡単で、レンタル料が無料などおすすめポケットWiFiをみていきましょう。

イモトのWiFi

さまざまな世界の国で旅をしているイモトアヤコも使っているレンタルWifiです。

世界200カ国以上の国と地域で使うことができます。1日680円~と格安でありながら、現地通信会社と直接アクセスし、3G・4GLTE回線なので通信速度がとても早いのです。

Wifiルーター本体の機器レンタル料は無料で、必要な費用は定額のデータ通信料金のみというのも嬉しいポイントとなっています。

使い方も簡単で電源を入れてパスワードを入力すれば、Wifiを接続して使うことができるようになっているので、機械が苦手という方も安心して使うことができます。

申し込み期限は、出発2日前の16時までで、受取返却は、国内6空港、郵送、東京本社で行います。カスタマーサポートは24時間365日対応してくれますので、海外旅行でもビジネスでも安心して使うことができそうです。

イモトのWiFiを契約する!

グローバルWiFi

世界200以上の国と地域で使えるパケット定額制の海外用のレンタルWifiで、世界30以上の通信会社と提携し、現地通信会社の回線を利用しているため通信速度も早く、細かく選べる料金プランがあります。

早期に申し込みをする早割や長期レンタルによる長期割も適用となり、より安くレンタルすることが可能です。

オプションで、安心保証加入や中国語・英語・韓国語に対応した翻訳機やマルチ変換プラグ、モバイルバッテリーをレンタルすることもできます。

受取や返却は、自宅に郵送はもちろん、国内15空港・1港、ハワイ、韓国、台湾の現地でも可能です。セキュリティもしっかりしているので、ビジネスシーンでも活躍できます。

ウェブサイトから申し込みをして、クレジット決済やコンビニ、郵便局、銀行支払を選択します。あとは、空港や郵送、現地で機器を受け取るだけ。

簡単に申し込めてLINEでも専用ダイヤルでも24時間サポートしてくれるので安心して海外へ行くことができます。

グローバルWiFiを契約する!

Wi-Ho!

格安のレンタルWifiならテレコムスクエア。1カ国1日390円からとアジアヨーロッパなどさまざまな国へ行くなら1日980円からと選択でき、世界100カ国に対応しています。

モバイルアワードにて海外部門のレンタルWifiで最優秀賞を受賞。総合満足度や料金、使いやすさ、通信速度など7項目で第1位ですので、安心・安全なことがよくわかりますね。

使い方がわからない場合やトラブルが起きた場合は24時間サポートしてくれます。受け取りも返却も3,000円以上なら送料無料で自宅まで郵送してくれ、国内6カ所の空港でも受付してくれ、羽田空港では24時間対応可能となっています。料金プランはシンプルに2種類。通常プランと大容量プランがあるので、旅行などのプランに合わせて細かく選択することができるのでおすすめです。

1台でアジア約15カ国使えるものやヨーロッパ約40カ国使えるものまで幅広くありますので公式サイトでチェックしてみてください。オプションで安心保証に加入したり、モバイルバッテリーやUSBカーチャージャーを申し込むこともできます。

Wi-HO!を契約する!

海外対応のおすすめポケットWiFi端末

SIMフリーで海外でも使えて、モバイルバッテリー機能もついているそんな便利なポケットWiFiも近年ではニーズが高まってきています。海外に対応できる優秀なおすすめポケットWiFiをみていきましょう。

GlocalMe G3 モバイル WiFi ルーター

SIMフリーで世界中100数か国と地区にフリーローミング。

ルーターの代金は、約21,000円と少し高めではありますが、海外へ多く行く予定のある方は、このルーターを一台持っておけば、海外へ行くたびにWifiをレンタルしたり手間のかかる設定をしなくても済みます。

すぐに4G LTEに接続されるので高速通信で快適なネットを楽しむことができます。

また、モバイルバッテーリも搭載されていますので、スマホなどの充電がピンチになったときも役に立つでしょう。

基本的な操作は、アプリで行うので最初にアプリをダウンロードしましょう。

アプリを通して料金をチャージして、必要な分だけ定額データパッケージを購入すると100数カ国と地区で快適にネットを楽しむことができます。

Huawei SIMフリーモバイルwi-fiルーター E5577S

SIMフリーでモバイルバッテリーとしても使用できるポケットWiFiです。

国内はもちろんさまざまな国の通信方式に対応しています。本体もスリムな設計になっていて重量も約112gと軽量で、コンパクトで持ちやすく持ち歩きにはもってこいの商品です。

Wifi接続は最大10台まで可能で連続待受時間は最大約600時間、最長約12時間の連続通信が可能。バッテリー容量は3000mAhと大容量で、日中ずっと使うこともできます。

専用のアプリをダウンロードすれば、わざわざルーターを出さなくてもスマホなどで電池の残量などをすぐに確認できるのも嬉しいポイントです。

また、専用アプリを持っている方同士でSDカードシェア機能を利用すると写真の共有が簡単にできるので旅行の際にもよい活躍をしてくれるでしょう。

SIMフリーの長時間使用可能なポケットWiFi。連続待受時間約1560時間、連続通信約18.5時間。

Wifiルータとして、モバイル端末を充電するバッテリーとしても使えて、一台で二役できるので、旅行や出張にも最適です。

バッテリーは国内PSE認証取得済なので安心して使用することができます。

通信方式は、AXGP ・LTE ・3G ・GSMとなっていて超高速通信にも対応でき、USBデザリングと合わせて最大9台までWifiに接続することができます。

自動スリープ機能もついているので、節電効果もあり専用アプリをダウンロードすることによって、データ通信量や電池の残量、接続台数を一気に確認することができるのでとても便利です。

また、過充電過放電の保護や温度など9つのバッテリー保護機能がついているので、安心・安全で快適なネットをサポートしてくれます。

ポケットWiFiの注意点

料金も安くすぐに使えるメリットの多いポケットWiFi。どういった注意点があるのかみていきましょう。

通信速度が不安定

固定の光回線は、最大通信速度が1Gbpsなのに対し、ポケットWiFiはこれまで400Mbpsほどしかありませんでしたが、近年ポケットWiFiも進化し続けているので最大通信速度は700Mbpsまでになりました。

ですが、固定回線に比べれば、まだ、通信速度は不安定です。

その理由として、使いすぎによる速度制限やWifiルーター同士が電波干渉している可能性やルーターが古いなどが挙げられます。

ルーターが古すぎると通信速度はだんだんと不安定になっていきますので、購入したお店やコールセンターに問い合わせをして相談してみるのも1つの手段です。

通信制限がある

通信速度無制限というポケットWiFiがありますが、実際には通信制限があります。

使いすぎてしまうと制限がかかり速度が遅くなるのです。

比較的安価なポケットWiFiは、1カ月に高速通信できるデータ量が7GBまでと決まっているものもあり、データ量が決まっていないポケットWiFiは月額料金などが高く設定されています。

3日間で3GBや3日で10GB使うと速度制限がかかり、制限後の通信速度も1Mbps~128Kbpsとプロバイダーによって違いがあります。契約時にしっかりと確認する必要がありますね。

電波が届かない場合がある

以前は、せっかくポケットWiFiを契約したのに電波が悪くてなかなか使えないという声も多かったようです。

使いすぎによる速度制限や接続できる台数を越えていたなどの理由やポケットWiFiの電波の特性として壁の厚い屋内は苦手という理由です。

たとえば、地下やコンクリートの厚いビルの中、人混みでWifi電波が入り乱れているというのもポケットWiFiが繋がりにくい原因。

人の少ない地上に出て、接続台数などに問題がないのにも関わらず接続状態が悪かったらルーターか電波塔になんらかの障害が起きている可能性があります。

また、室内では電子レンジや冷蔵庫の近くにポケットWiFiを置くと電波干渉をしてしまいますので注意しましょう。

持ち歩く必要がある

場所を問わずどこでも使えるポケットWiFiですが、使うためには必ず持ち歩かなければいけないので注意が必要です。

たまには雰囲気を変えてノートPCやタブレットを持ってカフェで仕事をしようと出かけたのにポケットWiFiを忘れてしまっては、インターネットに接続することができないので、せっかく気分転換もかねて外出したのにもったいないですよね。

また、ポケットWiFiは必ず充電をしなければならないので、しっかり充電をして持ち歩く必要があります。

少し手間はかかるかもしれませんが、外出先でも快適にインターネットをできるのでぜひ持ち歩くことをおすすめします。

ポケットWiFiの使い方・契約でよくある質問

役に立ちそうなイメージのあるポケットWiFiですが、そのメリットについて詳しく解説していきます。

外出先でもインターネットが使える?

ポケットWiFi最大のメリットは、外出先でもインターネットを使えるということ。ポケットWiFiは持ち運びができるので、自宅でゲーム機やタブレットなどを接続して楽しむことはもちろんですが、カフェや旅行先でもポケットWiFiが1つあれば、ノートPCで仕事の資料を作成したり、スマホで動画や音楽をみることもできます。

外での仕事が多い方やフリーランスで活躍している方は、場所を問わず使うことができるポケットWiFiは本当におすすめです。

近年では、さまざまな飲食店などにフリーWifiが普及されていますが、セキュリティや通信速度が遅かったりと外出先での仕事などはあまりはかどりませんでした。ですが、自分のポケットWiFiを持ち運ぶだけで場所を問わず、どこにいてもインターネットが使えるので一番のメリットといえます。

光回線に比べて月額料金が安くなる?

光回線は、月額料金が約6,000円なのに対して、ポケットWiFiは、月額料金が約2,000~4,000円と安くなっています。

ポケットWiFiは、場所を問わず自宅内でも外出先でもどこでも使うことができるにも関わらず、格安の料金設定となっているのでおすすめです。お手持ちのスマホなどのデータ通信容量を少なめで契約し、ポケットWiFiを日常的に使うことによってスマホなどの月々の料金が安くなるというメリットもあります。

工事不要で届いたらすぐ使える?

光回線は、契約して回線工事を行う必要があるので、インターネット開通となるまでに3~4週間かかってしまいます。

詳しくは、光回線の工事にかかる期間や費用をまとめた記事も合わせてご覧ください。

その点、ポケットWiFiは、工事が必要ないので、契約して即日~1週間以内に手にすることができます。設定もパスワードやアクセスキーを入力するだけなので簡単にWifiに接続でき、インターネットを使うことができるのです。

仕事の都合で転勤が多い方やインターネットを早く使いたいという方におすすめです。これからネット回線を契約すると考えている方はぜひ、メリットがたくさんのポケットWiFiをおすすめします。

ポケットWiFiで快適なネット生活を

ポケットWiFiには、プロバイダーによって月額料金が違い、さまざまなサポートや特典がついているものもありました。

海外出張や海外旅行に行くかたは、ぜひ海外でも使えるポケットWiFiをおすすめします。日常生活でもポケットWiFi1つあれば、どこにいても快適にネットをすることができます。

通信速度制限や月額料金などライフスタイルに合わせたポケットWiFiを選ぶことによって快適なネット生活を送ることができるでしょう。

電波が届くところでポケットWiFi1つあれば、どこでもネット回線を使用することができ、これからプライベートはもちろん、ビジネスシーンでも活躍でき、あなたのキャリアプランも広がるかもしれませんね。

ポケットWiFiをあなたの日常生活に取り入れて豊かな生活を送りましょう。

【最短当日発送】カシモWiMAXを契約する!

  iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年11月16日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!