• 特集

タブレットをカーナビ化する!おすすめのカーナビアプリ・固定アイテムを紹介

カーナビに使用するタブレットの選び方についてまとめています。この記事では、タブレットをカーナビ化する際の使い方、カーナビ化に向いているタブレット、タブレットを固定するためのおすすめのアイテム、おすすめのカーナビアプリも紹介しています。
【公式】カシモWiMAX タブレットをカーナビ化する!おすすめのカーナビアプリ・固定アイテムを紹介

カーナビを探している人の中には車載カーナビではなく、タブレットをカーナビとして使用したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

タブレットをカーナビ化すると様々なメリットがあります。

しかし、すべてのタブレットがカーナビ化できるわけではありません。そのためカーナビ化できるタブレットを選ぶ必要があります。

この記事では、カーナビに使えるタブレットの選び方やおすすめのタブレットを紹介しています。候補をいくつか紹介しているので、その中から自分に合うものを見つけましょう。

タブレットを固定するアイテムや、おすすめのカーナビアプリも紹介しているので、そちらもぜひ参考にしてください。

タブレットをカーナビ代わりに使用するメリット

カーナビの代用としてタブレットを使用するメリットは、いくつかあります。コスト面や汎用性において、タブレットならではの強みがあることがポイントです。

カーナビよりも安く購入できる

カーナビを購入しようとすると平均で50,000円~10万円程度かかり、純正カーナビをつけると10万円以上することもあります。しかしタブレットなら、10,000円程度から購入可能です。

また、常に新しい地図の状態にするためには、少なくても年に1回は有料でデータを更新する必要があります。

料金は依頼先の業者やカーナビの種類によりますが、更新料と工賃込みで15,000円~30,000円程度が目安です。

一方タブレットをカーナビの代わりとして使用する場合、データ更新料はかかりません。

購入する費用だけではなく、データ更新料も含めて、タブレットはコスト面でメリットがあります。

カーナビ以外にも使用方法がある

カーナビとしてだけではなく、アプリやインターネットを通じて周辺の観光地やレストランを検索するなど、タブレットには様々な使用方法があります。また、容量が大きければ動画や音楽再生もできて便利です。

タブレットはアプリをダウンロードできるという点で汎用性があるので、幅広く自由な使い方ができます。

例えば長距離のドライブでは、好きな音楽を再生したり、休憩中にインターネットやアプリで楽しんだりできるので、退屈することはありません。

メールアプリをダウンロードして仕事に活用することも可能です。

タブレットをカーナビ化して使用する方法

タブレットをカーナビ化する手順は、次の通りです。

  1. SIMカードをタブレットにセット
  2. カーナビアプリをインストール
  3. 使用するアプリに応じて設定(アカウント登録やログイン、目的地登録、音声調整など)

タブレットをカーナビ化する場合、SIMモデルをおすすめします。通信回線契約をして、SIMカードを手に入れましょう。

SIMスロットを取り出しピンで開け、¥SIMカードを入れます。

SIMカードの設定は各SIMカードの説明書に記載してあります。SIMカードをセットできたら、好みのカーナビアプリをインストールしましょう。

なお、Googleマップは最初からインストールされていることが多いので、場合によりアプリのインストールの手順は必要ありません。

例えばGoogleマップを使用する場合、アカウント登録後にログインをしている状態から使用することで、目的地などを保存できます。また、先に目的地を登録しておくとワンタッチで経路が出て便利です。

他のカーナビアプリを使用する場合も、メニューボタンなどから基本設定ができます。

カーナビとして使用するタブレットの選び方

カーナビとして使用できるタブレットの選び方のポイントをまとめました。順に紹介していきます。

SIMモデルを選ぶ

タブレットはモバイルWiFiを契約したり、テザリング機能を利用したりして、WiFiを使用する方法もあります。しかし、ルーターやスマホなど一緒に持ち歩く必要があり、また電波も安定しません。

そのためタブレットをカーナビ化する際は、SIMモデルをおすすめします。

SIMモデルは、通信回線契約をする必要もあります。通話が不要なら、格安SIMを選ぶとコストを抑えられるのでおすすめです。

通信回線契約をしたら、別途で毎月の通信料金の支払いが必要です。

通信料金はプランによりますが、安いものだと月々1,000円以下で契約できることもあります。データの制限があれば料金は安くなりますが、使用の自由度は低くなるので注意しましょう。

GPS機能が付いているものを選ぶ

地図アプリを使用するには、GPS機能が欠かせません。必須ではないですが、より精度を高めたいならプラスアルファで次の機能が付いているかどうかもチェックしてみましょう。

  • 現在地を補足する「加速度センサー」
  • 向いている方向の精度を高める「電子コンパス」
  • タブレットの角度を感知する「ジャイロセンサー」

サイズは大きすぎない8インチ程度がおすすめ

スマホよりも大きくPCよりも小さい8インチ程度がおすすめです。設定スペースに余裕があれば10インチ程度でもよいです。

一般的にカーナビのサイズは、7インチくらいが定番だとされています。小さすぎると地図が見えにくく、使い勝手が悪いです。しかし大きすぎるタブレットでは固定できません。

そのため、7~10.5インチがカーナビとして使いやすいサイズだといえます。スペースにより選ぶ大きさが異なるので、先に搭載するスペースを確認してから選びましょう。

小さくて軽いものを選ぶと、ホルダーに取り付けやすく、取り外して持ち歩きやすいというメリットもあります。

容量は余裕をもって選ぶ

RAMの容量は、カーナビ以外に動画視聴や音楽の再生をする場合、2~3GB以上のものがおすすめです。ROMの容量は、32GBか64GBをおすすめします。

例えば、毎週100km程度走る場合、月々2~3GB程度は利用できるプランを選ぶとよいでしょう。

ROMの容量は、カーナビと少しネットを使用するくらいなら16GBあれば使えます。しかし、動画視聴や音楽の再生、写真などのデータを保存するなど、幅広く使いたいなら64GB以上は必要です。

予測がつかないなら、間を取って32GBを選択するのも手です。容量が増えるほど制限がなく自由度は高くなりますが、その分料金も高くなります。

何に使用したいかを考えて容量を選ぶようにしましょう。

カーナビ化して使用するのにおすすめのタブレット

カーナビ化して使用するのにおすすめのタブレットをいくつか紹介します。7~10インチ程度、SIMモデル(LTEモデル)という点を重視して選びました。

さらに機能性の高さやコストパフォーマンスの高さも重視しています。カーナビの代用としてタブレットの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

ALLDOCUBE M5X

4G LTE接続用のデュアルSIMカードスロットを使用しており、WiFi制限はありません。また、10.1インチの2,560×1,600解像度のスクリーンも魅力です。

きれいな画面で、カーナビ以外に動画視聴やゲーム、アプリなども思い切り楽しめるでしょう。デュアルスピーカーが搭載で音楽を聴くのも楽しめます。

動画視聴やゲームなどはバッテリーをすぐに消耗しそうだと不安に思うかもしれません。しかし、低消費電力と6,600mAhの大容量バッテリー搭載により、パワーを長く維持するため、長時間ドライブも安心です。

10.1インチの大きさがあるのに10,000円台で手に入るので、コスパの面でも選ぶメリットがあります。

サイズ(幅×高さ) 17.2cm×24.1cm
重量 508g
ディスプレイ 10.1インチ
メモリサイズ(RAM/ROM) 4GB/64GB

iPhone格安SIM通信アンケート

Huawei MediaPad T2

7インチサイズでコンパクトかつ軽量なNano SIM対応のLTEモデルです。

持ち運ぶのに便利なサイズ感で、「スマホでは物足りないけど、大型タブレットほど大げさなものは必要ない」人におすすめします。

大容量バッテリーが搭載されているので、長時間ドライブでも安心です。メインカメラは1,300万画素、インカメラは500万と、画素高解像度のカメラも内蔵しています。

カメラ機能が充実していることもあり、タブレットをスマホのように持ち運んで使いたい人におすすめです。

さらに、画質調整、視力保護モードなど目にやさしい機能が搭載されているため、タブレットで本を読む人、活字が多い辞書アプリを使う人などにもおすすめです。

容量は「RAM:2GB」「ROM:16GB」あるので、多少はネットや動画視聴、アプリなども楽しめます。

しかし、大容量とまではいかないので、どちらかというとカーナビとしての使用がメインの人におすすめします。

サイズ(幅×高さ) 10.6cm×18.7cm
重量 259g
ディスプレイ 7インチ
メモリサイズ(RAM/ROM) 2GB/16GB

ALLDOCUBE M8

10,000円台前半で手に入るので、コスパが高いことが魅力です。

デュアルSIM設計・4G LTE対応SIMモデルです。8インチ、3GB/32GB、重量345gで、上記で紹介した2つのタブレットの中間ほどのスペックだといえます。

大きさもカーナビ化して使うにはちょうどいい大きさではないでしょうか。

容量に余裕があり機能も良いので、カーナビ以外の機能もフル活用したい人におすすめです。例えば映画なら21本ほど、音楽ファイルは7,000ほど保存できます。

また、8.4mmとスリムな設計なので、片手で簡単に持ち運んで外出先でもたくさん使えます。大きさもカーナビ化して使うにはちょうどいい大きさではないでしょうか。

カーナビとしての使用だけでは、もったいないくらいの容量はあります。また、アプリの読み込みが速いので、ストレスを感じにくいでしょう。

サイズ(幅×高さ) 12.3×21.5cm
重量 345g
ディスプレイ 8インチ
メモリサイズ(RAM/ROM) 3GB/32GB

おすすめのカーナビアプリ3選

カーナビに利用できるアプリは色々ありますが、その中でも使用しやすくおすすめのものを3つ厳選しました。Yahoo!カーナビとGoogleマップは、定番の無料アプリとしておすすめです。

Yahoo!とGoogleという大手が提供しているだけあり、どちらを選んでも信頼度の高さは抜群なので、好みで選びましょう。

もう1つのカーナビタイムは有料ですが、使い勝手が良いカーナビアプリです。より優秀なカーナビアプリを探している方はぜひチェックしてみてください。

それでは各アプリの内容の詳細を解説していきます。

Yahoo!カーナビ

カーナビに特化した無料アプリで、操作方法もカーナビによく似ています。今までカーナビを使用してきた人は、すぐに慣れるでしょう。

また、オフラインでも操作できるので、通信速度を気にする必要もありません。

広い道を優先的に案内してくれるため、安心です。交通規制や渋滞も考慮してくれたり、高速道路の複雑なジャンクションはイラストで案内してくれたりと、様々な機能を備えています。

他にも運転をサポートしてくれる便利機能が満載です。はじめての道に不安がある人、カーナビアプリを使うことがはじめての人におすすめです。

Yahoo!カーナビ -【無料ナビ】渋滞情報も地図も自動更新
Yahoo!カーナビ -【無料ナビ】渋滞情報も地図も自動更新
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

Googleマップ

Yahoo!カーナビと並ぶ、定番の無料カーナビアプリの1つです。人気のカーナビアプリを使いたい人におすすめします。

大手Google社提供という信頼度の高さに加えて、距離や到着時間、渋滞情報が正確だと評判です。乗換案内や経路を何パターンか提案してくれるなど、カーナビとしての機能性も満足できることでしょう。

リアルタイムで現在地を共有し、予定到着時間を計算してくれる機能も便利です。予定到着時間がわかれば、その後の予定も立てやすくなります。

また、オフラインでも経路を検索して移動できるので、通信容量や速度の心配もありません。

Google Maps Go - ルート案内、交通情報、乗換案内
Google Maps Go – ルート案内、交通情報、乗換案内
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

カーナビタイム

こちらは有料アプリです。ユーザーが通った道が反映される機能があるなど、常に最新の情報で地図が表示されます。最新の地図情報の更新料は無料です。

オフラインでは、地図検索だけでなく音声ナビゲーションもできます。音声で入力ができるので運転中でも操作ができ、便利です。

他にも、これまで以上に渋滞を回避できる超渋滞回避ルートや、ショートカットができる抜け道ルートなど、快適な走行をサポートする様々な機能がついています。

これまで使っていたカーナビで、地図情報が古く、新しい道がないなど困った経験がある人や、無料カーナビを使っていて不満があった人、オフラインでたくさん利用したい人などにおすすめです。

カーナビタイム 渋滞情報/駐車場/高速道路/オービス/オフライン/ドライブ/ナビ/ドライブレコーダー
カーナビタイム 渋滞情報/駐車場/高速道路/オービス/オフライン/ドライブ/ナビ/ドライブレコーダー
開発元:NAVITIME JAPAN CO.,LTD.
無料
posted withアプリーチ

タブレットを固定するのにおすすめアイテム

タブレットをカーナビとして使うなら、車にしっかり固定させる必要があります。固定させる主な方法は、ホルダータイプ、吸盤タイプ、マグネットタイプの3種類です。

それぞれに特徴があるので、自身の好みで選びましょう。3種類のタイプの中から、おすすめのアイテムを厳選して紹介します。

スマホの車載ホルダーについてこちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

GP-PRO タブレットホルダー

「超強力粘着ゲル+真空」により強力に吸着して貼り付くホルダータイプです。振動や衝撃を受けても取れにくく、タブレットを守ってくれる安心感があります。

安定してタブレットを固定できることも、よく選ばれている理由の1つでしょう。7~10.5インチのタブレットに対応しており、前述でおすすめしたすべてのタブレットに使用できます。

また、工具不要で簡単に取り付けできるので、面倒なことが苦手な人や、取り付け作業が不慣れな人にもおすすめです。

アームは190度可動、ホルダーは360度回転します。位置や角度の調整も思いのままできるのは、嬉しいポイントです。ただし、一部の車種は装着に適さないことがあるので、事前によく確認しましょう。

Hisea JP 車載ホルダー

クリップ式ホルダーで、4~6インチのスマホでも使えます。エアコンの送風機やサンバイザー・ヘッドレストなど、装着できる場所の選択肢がたくさんあり、好みの場所に取り付けられるのもメリットです。

日常でカーナビを使用する機会がほとんどなく、普段はスマホを固定させて使いたい人は、検討してみてはいかがでしょうか。

スマホは5.8cm~9cmに対応、タブレットは横幅11~18.5cmに対応しています。ホルダーは360度回転で好きな角度で見ることができるなど、位置・角度調整も可能です。

Nikatto 【進化版】車載ホルダー

強力ゲル素材を使用した真空吸盤により、ダッシュボードやガラスなどにしっかり固定できるホルダーです。ガタガタ道でも安定していますが、重要のあるタブレットの使用は負荷がかかるのでおすすめできません。

スマホや軽量のタブレットで使用しましょう。スマホやタブレットの横幅は、約11.5cm~約18.5cmまで対応可能です。

どうしても重量のあるタブレットを固定する場合は、こちらのホルダーを2個使用することをおすすめします。

アームの可動、ホルダーは360°回転により、角度調整が自由にでき、自分が見やすい角度で使えることもおすすめポイントです。

また、多少なら凹凸のある場所でも取り付けられますが、安定感を高めたいなら、なるべく平らな場所に取り付けましょう。

タブレットをカーナビ化するとメリットがたくさんある

タブレットをカーナビとして使用するメリットはたくさんあります。特に大きなメリットは、導入費用が抑えられることと、カーナビ以外にも様々な用途に使えることでしょう。

ネット検索ができたり、アプリが使えたり、容量が大きければ動画や音楽を楽しめたりします。また、音声でカーナビを操作できるのもメリットの1つです。

カーナビとして使用することを前提にタブレットの購入を検討するなら、紹介したおすすめのタブレットや固定するアイテム、おすすめのカーナビアプリなどをぜひ参考にしてください。

種類は色々あり、それぞれメリットがあるので、自分に合うものを選びましょう。

光回線/Wi-Fi お申し込み電話相談を受け付け中!

iPhone格安SIM通信では光回線や、Wi-Fiなどインターネットの利用開始やお切替えを検討中のお客様に電話相談を受け付けております。

ソフトバンクの正規代理店DRMの専門オペレータがお客様のご要望に合わせて、ソフトバンク光やソフトバンクAirをご案内させていただきます。

今すぐ無料相談!
SoftBank 光
SoftBank Air
iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年09月21日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード