• 格安SIM
  • 更新日:2024年06月19日

格安SIMのおすすめ20社徹底比較!容量別や選ぶポイントを解説

格安SIMのおすすめ20社徹底比較!容量別や選ぶポイントを解説

※当記事はPRを含みます。詳しくはこちら
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

高い携帯料金を安くするには、格安SIMの契約がおすすめです。格安SIMを使えば、大手キャリアよりも安い料金でデータ通信や通話を楽しめます。

しかし、格安SIMは提供事業者が多くあるため、どれに乗り換えればよいか迷いがちです。

この記事では、格安SIM20社を徹底比較しました。そのうち上位12社は、より詳しくサービス内容を紹介しています。

格安SIMの選び方や、容量別のおすすめ格安SIMも紹介しているので、格安SIMを検討している人はぜひ参考にしてみてください。

格安SIMで通信費を節約して、家計の改善を目指しましょう。

目次

人気格安SIM20社比較表

iPhone

ここでは、格安SIM20社の料金や通信速度、支払方法などを一覧表にまとめました。

料金(税込) 回線 通信速度 通話料
(税込)
eSIM 支払方法
楽天
モバイル
〜3GB:1,078円
3〜20GB:2,178円
20GB~:3,278円
楽天
au
115.24Mbps 22円/30秒
※専用アプリ
 利用時は無料
あり 口座振替
クレジットカード
デビットカード
IIJmio ・音声SIM/eSIM
2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
30GB:2,700円
40GB:3,300円
50GB:3,900円
ドコモ
au
41.25Mbps 11円/30秒 あり クレジットカード
LINEMO 3GB:990円
20GB:2,728円
ソフトバンク 70.04Mbps 22円/30秒 あり 口座振替
クレジットカード
mineo ・マイピタ
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円

・マイそく(無制限)
最大3Mbps:2,200円
最大1.5Mbps:990円
最大300kbps:660円
最大32kbps:250円
ドコモ
au
ソフトバンク
54.71Mbps 22円/30秒
※アプリ利用時は
 10円/30秒
あり クレジットカード
日本通信
SIM
1GB:290円
10GB:1,390円
30GB:2,178円
ドコモ 38.06Mbps 11円/30秒 あり クレジットカード
povo 1〜150GB:0円〜12,980円
※トッピング形式
au 98.72Mbps 22円/30秒 あり クレジットカード
後払い(ペイディ)
HIS
モバイル
・自由自在プラン
(音声+データ+SMS)
1GB:550円
3GB:770円
7GB:990円
20GB:2,190円
50GB:5,990円
ドコモ 118.45Mbps 9円/30秒 あり クレジットカード
NURO
モバイル
3GB:627円〜
5GB:825円〜
10GB:1,320円〜
15GB:1,625円
20GB:2,699円
40GB:3,980円
ドコモ
au
ソフトバンク
43.58Mbps 22円/30秒
※NUROモバイル
 でんわ利用時は
 11円/30秒
あり クレジットカード
ahamo 20GB:2,970円
100GB:4,950円
ドコモ 63.32Mbps 22円/30秒 あり 口座振替
クレジットカード
UQ
モバイル
1〜15GB:2,277円〜3,465円
4GB:2,365円
20GB:3,278円
au 108.75Mbps 22円/30秒 あり 口座振替
クレジットカード
コンビニ払い
ペイジー
ワイ
モバイル
4GB:2,365円
20GB:4,015円
30GB:5,115円
ソフトバンク 85.35Mbps 22円/30秒 あり 払込用紙
口座振替
クレジットカード
PayPay
Links
Mate
100MB〜1TB:517円〜49,852円 ドコモ 43.93Mbps 22円/30秒
※MatePhone
 アプリ利用で
 11円/30秒
あり クレジットカード
専用ポイント
irumo 0.5GB:550円
3GB:2,167円
6GB:2,827円
9GB:3,377円
ドコモ 57.76Mbps 22円/30秒 あり 口座振替
クレジットカード
BIGLOBE
モバイル
1GB:1,078円
3GB:1,320円
6GB:1,870円
ドコモ
au
19.12Mbps 22円/30秒 なし 口座振替(データSIMのみ)
クレジットカード
イオン
モバイル
・音声プラン
0.5〜200GB:803円〜11,858円

・シェアプラン
1〜200GB:1,188円〜12,188円

・音声プラン(60歳以上)
0.2〜10GB:528円〜1,628円
ドコモ
au
26.27Mbps 11円/30秒 あり
(au回線のみ)
クレジットカード
QT
モバイル
2GB:1,100円
4GB:1,540円
6GB:1,760円
10GB:1,980円
20GB:2,200円
30GB:3,300円
ドコモ
au
ソフトバンク
44.61Mbps 11円/30秒 あり クレジットカード
J:COM
MOBILE
1GB:1,078円
5GB:1,628円
10GB:2,178円
20GB:2,728円
au 58.85Mbps 22円/30秒 あり クレジットカード
エキ
サイト
モバイル
・Fit(段階料金プラン)
~3GB:690円
~7GB:1,430円
~12GB:1,980円
~25GB:3,245円

・Flat(定額料金プラン)
3GB:1,210円
12GB:1,650円
20GB:2,068円
25GB:2,970円
30GB:4,400円
40GB:7,700円
50GB:11,198円
ドコモ
au
63.43Mbps 22円/30秒
※エキモバ
 でんわ利用時は
 11円/30秒
なし クレジットカード
LIBMO 3GB:980円
8GB:1,518円
20GB:1,991円
30GB:2,728円
ドコモ 23.15Mbps 22円/30秒 なし クレジットカード
y.u.
mobile
5GB:1,070円
10GB:2,970円
20GB:4,170円
ドコモ 37.21Mbps 22円/30秒
※専用アプリ利用時は
 11円/30秒
なし クレジットカード

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

上位12社は格安SIMおすすめランキングで詳しく紹介しています。

容量別のおすすめ格安SIMも記事の後半で紹介しているので、ぜひ格安SIM選びに役立ててください。

格安SIMおすすめランキング

SIMカードを挿入する様子

おすすめの格安SIMをランキング形式で紹介します。料金や通信速度など、様々な項目を比較しながら、自分に合う格安SIMを見つけてください。

格安SIMおすすめランキング

  • 楽天モバイル|無制限プランを安く利用したい人向け
  • IIJmio|他社乗り換えなら端末を安く購入できる
  • LINEMO|LINEアプリのデータ消費はゼロ
  • mineo|定量プラン・無制限プランから選べる
  • 日本通信SIM|10GB以上なら一部かけ放題オプション無料
  • povo|あまり通話しない人・データ消費の変動が激しい人向け
  • HISモバイル|7GBの音声通話付きプランが1,000円以下と格安
  • NUROモバイル|利用開始月は月額料金0円
  • ahamo|通話・データ通信どちらもよく利用する人向け
  • UQモバイル|auユーザーなら使用感そのまま!割引適用もあり
  • ワイモバイル|2台目以降から各スマホに毎月割引が適用される
  • LinksMate|SNS・ゲームのデータ消費が90%オフ

楽天モバイル|無制限プランを安く利用したい人向け

楽天モバイル バナー
楽天モバイル
料金(税込) 〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
20GB〜:3,278円
回線 楽天
au
通信速度 115.24Mbps
通話料
(税込)
22円/30秒
※専用アプリ利用時は無料
eSIM あり
支払方法 口座振替
クレジットカード
デビットカード
キャンペーン 最新情報はこちら

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

楽天モバイルは、無制限のデータ通信ができて最大3,278円(税込)と安価で利用できるのが特徴です。

データ使用量に応じて料金が変わり、3GBまでは1,078円(税込)、3GB〜20GBまでは2,178円(税込)で利用できます。

回線は楽天とauの2つが利用できます。2つが自動で切り替わるため、旅行や出張で様々な地域へ行っても、幅広いエリアで通信が可能です。

平均通信速度も100Mbps以上と十分な速度が出ているため、格安SIMでも快適に利用できます。

また、専用アプリ「Rakuten Link」を使えば通話料が無料です。電話をかける際はアプリを利用することで、さらに料金を抑えられるでしょう。

クレジットカードはもちろん、口座振替やデビットカードでの支払いができるのも嬉しいポイントです。

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

【最新】楽天モバイルのキャンペーン

楽天モバイルでは、条件を満たすと楽天ポイントがもらえるお得なキャンペーンを多数実施しています。

  • 対象iPhone購入で最大32,000円相当分の特典進呈
  • 対象スマホ購入で最大12,000円相当分お得
    または26,930円(税込)割引
  • 楽天モバイルを紹介すると最大13,000ポイントプレゼント

人気のiPhoneを購入したい方や下取り可能な方は、キャンペーンでさらにお得になる可能性があります。

他にも楽天モバイルでは様々なキャンペーンを実施しているので、気になる方はさっそく公式サイトをチェックしてみましょう。

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

IIJmio|他社乗り換えなら端末を安く購入できる

IIJmio バナー
IIJmio
料金(税込) ・音声SIM/eSIM
2GB:850円
5GB:990円
10GB:1,500円
15GB:1,800円
20GB:2,000円
30GB:2,700円
40GB:3,300円
50GB:3,900円
回線 ドコモ
au
通信速度 41.25Mbps
通話料
(税込)
11円/30秒
eSIM あり
支払方法 クレジットカード
キャンペーン 最新情報はこちら

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

IIJmioは、プランの幅広さや料金の安さが特徴の格安SIMです。

2~50GBまでの8つのラインナップがあり、自分のデータ通信利用状況に合わせてプランを選べます。5GBは990円(税込)、20GBは2,000円(税込)なので、20GB以下ならかなりお得です。

他社からの乗り換えでは、スマホ代が割引されるキャンペーンも利用できるので、乗り換え時の費用を大幅に削減できるでしょう。

通話料は30秒ごとに11円(税込)と他社と比べて料金が安いので、通話の利用が多い方にもおすすめです。

回線はドコモとauの2つがあるので、乗り換え元のキャリアや居住地に合わせて好きな方を選べます。※データSIMはドコモ回線のみです。

通信速度は他社と比べるとやや劣ります。しかし、日常生活では十分快適に利用できる速度です。

ゲームや動画視聴を外でする場合は、より高速な格安SIMも検討するとよいでしょう。

【IIJmio公式】詳細はこちら

【最新】IIJmioのキャンペーン

IIJmioは、キャンペーンが充実している格安SIM(スマホ)の1つです。スマホの割引セールや月額料金割引など、常時様々なキャンペーンを展開しています。

  • 他社からの乗り換えで人気スマホ大幅値引き
  • ギガプランへの申し込みで初期費用が410円(税込)~
  • 通話定額オプションが最大6ヵ月間410円(税込)割引

IIJmioは、端末の種類が豊富なだけでなく、端末の割引サービスが充実しています。乗り換えと同時に機種変更を検討している方はキャンペーン情報をチェックしましょう。

スマホだけでなく、タブレットやPCをお得に購入できるキャンペーンも実施しているので、気になる方はチェックしてください。

以下の記事では、IIJmioの評判を紹介しています。速度に関する口コミも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

【IIJmio公式】詳細はこちら

LINEMO|LINEアプリのデータ消費はゼロ

LINEMO
LINEMO
料金(税込) 3GB:990円
20GB:2,728円
回線 ソフトバンク
通信速度 70.04Mbps
通話料
(税込)
22円/30秒
eSIM あり
支払方法 口座振替
クレジットカード
キャンペーン 最新情報はこちら

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

LINEMOはLINE利用がお得な格安SIMです。LINEの利用では基本的にデータを消費しないため、ギガフリーでトークや通話が楽しめます。

データ消費量が抑えられるので、動画視聴やSNSなどほかの作業にデータ容量を使えます。

また、ソフトバンクのオンライン専用プランであり、回線はソフトバンクと同等のものを利用可能です。

平均速度も70Mbps以上と安定しており、ブラウジングやメールなどの軽い作業はもちろん、ゲームのような負荷のかかる作業もサクサクこなせます。

LINEMOはクレジットカードだけでなく、口座振替での支払いにも対応しています。口座振替に対応している格安SIMは貴重です。

【LINEMO公式】詳細はこちら

【最新】LINEMOのキャンペーン

LINEMOでは、魅力的なキャンペーンを多数実施しています。現在LINEMOで実施中のキャンペーンは、以下の通りです。

  • 他社からの乗り換えでスマホプランに申し込むと10,000円相当のPayPayポイントがもらえる
  • 新しい番号または他社からの乗り換えでミニプランに申し込むと5,940円相当のPayPayポイントがもらえる
  • 1GBにつき550円(税込)のデータ追加購入が最大半年間最大3GBまで無料
  • LINEMO契約から7ヵ月目まで通話定額オプションが無料

LINEMOはPayPay残高で利用料金の支払いができるので、キャンペーンを上手く活用すれば実質無料になります。

小容量プランをお得に契約したい方、格安SIMを試しに使ってみたいという方は、ぜひLINEMOを試してみてください。

以下の記事では、LINEMOの評判を紹介しています。メリット・デメリットも解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

【LINEMO公式】詳細はこちら

mineo|定量プラン・無制限プランから選べる

mineo バナー
mineo
料金(税込) ・マイピタ
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円

・マイそく(無制限)
最大3Mbps:2,200円
最大1.5Mbps:990円
最大300kbps:660円
最大32kbps:250円
回線 ドコモ
au
ソフトバンク
通信速度 54.71Mbps
通話料
(税込)
22円/30秒
※アプリ利用時は10円/30秒
eSIM あり
支払方法 クレジットカード
キャンペーン 最新情報はこちら

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

mineoでは、大手3キャリアから契約する回線を選択できます。

現在利用中の回線を選択できるため、対応エリアや乗り換え後の使い勝手はそのままです。

プランは定量プランの「マイピタ」と、低~中速で無制限のデータ通信ができる「マイそく」があります。

なかでも「マイピタ」の10・20GBプランは、最大1.5Mbpsで無制限通信ができる「パケット放題 Plus」が無料で付いてくるためおすすめです。

速度は制限されますが、データ容量を使い切ってしまっても月末まで安心して利用を続けられます。

通話料は専用アプリ「mineoでんわ」を使えば10円(税込)/30秒です。通常料金の54%OFFで利用できます。

【mineo公式】詳細はこちら

【最新】mineoのキャンペーン

mineoで現在実施中のキャンペーンをまとめました。mineoの申し込みを考えている方は、事前に確認しておきましょう。

  • かけ放題サービスが初月無料

以前は端末セットでお得になるキャンペーンを開催していましたが、終了しています。しかし、mineoでは様々な端末を取り扱っているので、詳細をチェックしてみましょう。

【mineo公式】詳細はこちら

日本通信SIM|10GB以上なら一部かけ放題オプション無料

日本通信SIM バナー
日本通信SIM
料金(税込) 1GB:290円
10GB:1,390円
30GB:2,178円
回線 ドコモ
通信速度 38.06Mbps
通話料
(税込)
11円/30秒
eSIM あり
支払方法 クレジットカード
キャンペーン 最新情報はこちら

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

日本通信SIMは、料金の安さと電話のしやすさを両立している格安SIMとなっています。

30GBプランの月額料金は2,178円(税込)です。30GBでも2,000円台で利用できるので、料金を抑えて大容量の通信ができます

通話料は11円(税込)/30秒です。専用アプリが不要であるにもかかわらず、大手キャリアの半額で通話できます。

かけ放題オプションもあり、10GBと30GBのプランには「月70分」か「毎回5分」のどちらかを無料で付けられます。

仕事やプライベートでよく電話する人にとっては嬉しいサービスです。

一方で、通信速度はやや物足りなさを感じるため、程よくデータ通信を使う人におすすめな格安SIMです。

【日本通信SIM公式】詳細はこちら

【最新】日本通信SIMのキャンペーン

日本通信SIMでは、現在キャンペーンを実施していません。

しかし、日本通信SIMはキャンペーンなしでも、月額290円(税込)~・通話かけ放題オプションも月額390円(税込)~と安く利用できます。

【日本通信SIM公式】詳細はこちら

povo|あまり通話しない人・データ消費の変動が激しい人向け

povo バナー
povo
料金(税込) 1GB〜150GB:0円〜12,980円
※トッピング形式
回線 au
通信速度 98.72Mbps
通話料
(税込)
22円/30秒
eSIM あり
支払方法 クレジットカード
後払い(ペイディ)
キャンペーン 最新情報はこちら

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

povoは、自分で好きなようにプランを組み立てられるのが特徴の格安SIMです。

データ容量やオプションなどをトッピングして、自分だけのオリジナルプランを作成できます。

自分自身でプランを作成・変更できるので、月々のデータ消費量の変動が激しい場合やあまり通話をしない方におすすめです。

トッピングメニューによって有効期限が異なっており、月に20GBほど使用するなら大容量のトッピングを購入した方が実質料金を安くできます。

データ通信トッピングの有効期限は以下の通りです。

  • 1GB・390円(税込):7日間
  • 3GB・990円(税込)/20GB・2,700円(税込):30日間
  • 60GB・6,490円(税込):90日間
  • 150GB・12,980円(税込):180日間

poboはauのオンラインプランであり、回線はauと同じです。

高品質なau回線が利用でき、高速通信が期待できます。データ容量を激しく消費するゲームやライブ動画の視聴も難なくこなせます。

ただ、大手キャリアのオンラインプランで唯一口座振替に対応していないため、povoへ乗り換えたい場合はクレジットカードを用意しましょう。

ペイディカードなら最短5分で即日発行が可能なので、すぐにpovoを利用できます。年会費や発行手数料もかかりません。

【最新】povoのキャンペーン

現在povoで開催されているキャンペーンは、以下の通りです。

  • povoに乗り換え&対象トッピング購入で最大10,000円相当のau PAY 残高が還元される
  • povo新規契約&キャンペーンコード入力でデータボーナス321GB(3日間)プレゼント

povoでは、データ容量の増量やau PAY 残高還元のキャンペーンが開催されています

HISモバイル|7GBの音声通話付きプランが1,000円以下と格安

HISモバイル バナー
HISモバイル
料金(税込) ・自由自在プラン
(音声+データ+SMS)
1GB:550円
3GB:770円
7GB:990円
20GB:2,190円
50GB:5,990円
回線 ドコモ
通信速度 118.45Mbps
通話料
(税込)
9円/30秒
eSIM あり
支払方法 クレジットカード
キャンペーン 最新情報はこちら

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

HISモバイルは、プラン料金や通話料の安さが特徴の格安SIMです。

特に、3GBは770円(税込)、7GBは990円(税込)と他社よりも安く利用できます。>屋外でスマホを使う機会が少ない人にぴったりの格安SIMです。

通話料は9円(税込)/30秒です。大手キャリアの約60%OFFで、本記事で紹介する格安SIMの中では一番安い通話料となっています。

電話が長引いても料金負担が大きくないため、ついつい長電話しがちな人でも安心して利用可能です。

平均通信速度は100以上Mbpsと高い値が出ています。しかし、地域や時間帯によってややばらつきがあるようです。

【HISモバイル公式】詳細はこちら

【最新】HISモバイルのキャンペーン

HISモバイルの最新キャンペーンは以下の通りです。格安SIMをお得に使うためにも、事前にチェックしておきましょう。

  • オンラインツアー100コース以上が見放題「IKU×MIRU」が30日間無料
  • 海外Wi-Fiレンタルいつでも20%OFF

HISモバイルは、日本通信と旅行会社HISが提供しているサービスです。そのこともあり、旅行に関連したキャンペーンがあるのが他の格安SIMにはない魅力となっています。

【HISモバイル公式】詳細はこちら

NUROモバイル|利用開始月は月額料金0円

NUROモバイル バナー
NUROモバイル
料金(税込) 3GB:627円〜
5GB:825円〜
10GB:1,320円〜
15GB:1,625円
20GB:2,699円
40GB:3,980円
回線 ドコモ
au
ソフトバンク
通信速度 43.58Mbps
通話料
(税込)
22円/30秒
※NUROモバイル
 でんわ利用時は
 11円/30秒
eSIM あり
支払方法 クレジットカード
キャンペーン 最新情報はこちら

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

NUROモバイルは大手3回線に対応する幅広い通信網と、小容量プランの料金の安さが特徴です。

3GBが627円~(税込)、5GBが825円(税込)~と安く使えます。すべてのプランでデータの翌月繰越も可能で、データが余っても無駄になりません。

NUROモバイルでんわを活用すると、通常22円(税込)/30秒の通話料が半額になります。

5分間・10分間・無制限の3つのかけ放題オプションもあるので、通話頻度に合わせて加入するとよいでしょう。

また、音声通話付きSIMのVS・VM・VL・VLL(3・5・10・15GB)プランなら、利用開始月の月額料金は無料になります。

乗り換えなら、さらに3ヵ月間割引価格で利用できてお得です。

【NUROモバイル公式】詳細はこちら

【最新】NUROモバイルのキャンペーン

NUROモバイルのキャンペーンは以下の通りです。

  • NEOプランに新規・乗り換えで申し込むと13,000円キャッシュバック
    NEOプランWなら16,000円キャッシュバック
  • 新規・乗り換えで格安SIMプラン バリュープラスの基本料金が初月0円

NUROモバイルを新規契約もしくは他社から乗り換え(MNP)で、NEOプランの月額料金2,699円(税込)が12ヵ月間実質1,391円(税込)になります

NEOプランWは、月額料金3,980円(税込)が12ヵ月間実質2,315円(税込)で利用可能です。

また、格安SIMプランのバリュープラスでは、月額料金が初月0円になります。さらに、新規契約の場合はその後1ヵ月間、乗り換えの場合は3ヵ月間割引が続きます。

  • VSプラン(3GB):792円(税込) → 396円(税込)
  • VMプラン(5GB):990円(税込) → 495円(税込)
  • VLプラン(10GB):1,485円(税込) → 990円(税込)
  • VLLプラン(15GB):1,790円(税込) → 1,097円(税込)

いずれのキャンペーンも音声通話付きSIMが対象です。キャンペーン終了時期は未定となっています。

【NUROモバイル公式】詳細はこちら

ahamo|通話・データ通信どちらもよく利用する人向け

ahamo バナー
ahamo
料金(税込) 20GB:2,970円
100GB:4,950円
回線 ドコモ
通信速度 63.32Mbps
通話料
(税込)
22円/30秒
eSIM あり
支払方法 口座振替
クレジットカード
キャンペーン 最新情報はこちら

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

ahamoは、通話とデータ通信のどちらもよく活用する人向けの格安SIMとなっています。

プランは、20・100GBの2つです。20GB以上の大容量プランが提供されているので、屋外で頻繁にデータ通信をする人でも安心です。

回線はドコモと同じで、幅広いエリアでの通信ができます。

ドコモは山間部や海沿いでもつながるように基地局を設置しており、他社よりも利用できるエリアが広い回線です。

また、基本料金に5分以内の国内通話無料サービスが含まれています

外出時に通話をよくする場合や、auやソフトバンクがつながりにくいエリアに住む人は、ahamoへの乗り換えを検討しましょう。

【ahamo公式】詳細はこちら

【最新】ahamoのキャンペーン

現在実施中のキャンペーンは以下の通りです。その他のキャンペーンは都度公式サイトをチェックしてください。

  • 新規契約・乗り換えの方は対象機種が最大44,000円(税込)割引またはdポイント進呈

ほかにも、NetflixやYouTube Premiumなどをお得に利用できるキャンペーンもあります。

【ahamo公式】詳細はこちら

UQモバイル|auユーザーなら使用感そのまま!割引適用もあり

UQモバイル バナー ※内容は記事更新日時点の情報です。最新の情報については必ず公式サイトをご確認ください。
UQモバイル
料金(税込) ・トクトクプラン
~1GB:2,277円 (割引適用で990円)
1~15GB:3,465円 (割引適用で2,179円)

・ミニミニプラン
4GB:2,365円 (割引適用で1,078円)

・コミコミプラン
20GB:3,278円
回線 au
通信速度 108.75Mbps
通話料
(税込)
22円/30秒
eSIM あり
支払方法 口座振替
クレジットカード
コンビニ払い
ペイジー
キャンペーン 最新情報はこちら

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

UQモバイルは、様々なタイプのプランとサブブランドならではの安定感が特徴の格安SIMです。ユニークな3つのプランは、多くのユーザーが満足できるクオリティです。

  • トクトクプラン:1GBから15GBまでの間で使った分だけ料金がかかる
  • ミニミニプラン:4GBまで使えて親子割やインターネット割を使うと料金が安くなる
  • コミコミプラン:20GBのデータ容量と10分間かけ放題がセットで使える

毎月のデータ通信量にばらつきがある人はトクトクプラン、屋外でスマホを使わない人はミニミニプラン、電話もデータ通信もよくする人はコミコミプランが適しています。

UQモバイルはauのサブブランドです。auの回線をそのまま使えるため、auから乗り換えれば同じ使い勝手のまま料金を安くできます。

auの家族割やセット割は、UQモバイルでも引き続き適用されます。auユーザーが乗り換えを検討するなら、ぜひUQモバイルを乗り換え先候補としておきましょう。

ただし、コミコミプランは家族割やインターネット割を使えないため要注意です。

【UQモバイル公式】詳細はこちら

【最新】UQモバイルのキャンペーン

UQモバイルでは、SIMのみで契約する方もスマホをセットで購入する方もお得になるキャンペーンを随時実施中です。

UQモバイルをお得に申し込みたい方は、キャンペーン情報を事前にチェックしておきましょう。なお、auまたはpovoからの乗り換えが対象外の場合もあるので注意してください。

【UQモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイル|2台目以降から各スマホに毎月割引が適用される

ワイモバイル バナー ※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください。
ワイモバイル
料金(税込) ・シンプルプラン2 S
4GB:2,365円
(割引適用で1,078円)

・シンプルプラン2 M
20GB:4,015円
(割引適用で2,178円)

・シンプルプラン2 L
30GB:5,115円
(割引適用で3,278円)
回線 ソフトバンク
通信速度 85.35Mbps
通話料
(税込)
22円/30秒
eSIM あり
支払方法 払込用紙
口座振替
クレジットカード
PayPay
キャンペーン 最新情報はこちら

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

ワイモバイルは、家族での利用がおすすめな格安SIMです。2台目以降から毎月1,100円(税込)/台が割引されます。

さらに、インターネット割やクレジットカード割などの割引を使えば、よりお得にスマホを使えます。

プランはスマホをあまり使わない人向けの4GB、誰にでもちょうどよい20GB、データ通信をたくさん使いたい人向けの30GBの3つです。

多くの人が快適に使えるプランが揃っており、大人も子どもも安心して利用できます

ただし、UQモバイルと同様、割引を使えなければ料金は割高です。特に、30GBプランは割引がないと5,000円を超える金額となるため、大手とあまり値段が変わりません。

PayPayカードやソフトバンク光、ソフトバンクエアーなどを利用している人は、ぜひワイモバイルを検討してみてください。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

【最新】ワイモバイルのキャンペーン

ワイモバイルでは、PayPayポイントがもらえるキャンペーンや、対象スマホが割引になるキャンペーンを実施中です。

  • 新規契約または他社から乗り換えで最大20,000円相当のポイント還元
  • 対象スマホ大特価放出:1円(税込)~

大特価スマホセールは、オンラインストア厳選の人気スマホが対象です。対象スマホは時期によって異なるので、ワイモバイルの公式サイトで確認してください。

また、オンラインストア限定の在庫一掃セールを実施している場合もあります。スマホをお得に購入できるセールなので、見逃さないようにしましょう。

【ワイモバイル公式】詳細はこちら

LinksMate|SNS・ゲームのデータ消費が90%オフ

リンクスメイト
LinksMate
料金(税込) 100MB 〜1TB:517円〜49,852円
回線 ドコモ
通信速度 43.93Mbps
通話料
(税込)
22円/30秒
※MatePhone
 アプリ利用で
 11円/30秒
eSIM あり
支払方法 クレジットカード
専用ポイント
キャンペーン 最新情報はこちら

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

LinksMateは、ゲームや動画視聴をよくする人におすすめの格安SIMです。

100MBから1TBと幅広いデータ容量ラインナップが用意されており、少ししか使わない人も毎月たくさん使う人も契約しやすくなっています。

月額550円(税込)を支払えば、対象のゲームやSNSなどでのギガ消費が90%OFFとなるカウントフリーオプションに加入できます。

加入すればより長い時間ゲームや動画視聴、音楽鑑賞などができるため、屋外でコンテンツを楽しみたい人におすすめです。

LinksMateでは、専用ポイント「LP」でも支払いができます。LPは銀行やコンビニなどで購入や決済が可能です。※LP購入時は別途手数料が発生します。

【LinksMate公式】詳細はこちら

【最新】LinksMateのキャンペーン

以下に、現在実施中のLinksMateキャンペーンをまとめました。

  • 対象機種の購入で4点セットプレゼント

LinksMateでは、OPPO Reno9 AまたはOPPO A79 5Gの購入で、トートバッグ・アダプター・クリアファイル・スマホスタンドがもらえるキャンペーンを実施中です。

期間限定のキャンペーンなので、LinksMateとの契約を検討している場合は早めに申し込みをしましょう。

【LinksMate公式】詳細はこちら

【容量別】おすすめ格安SIMを比較

iPhone

データ容量ごとに分けて、おすすめの格安SIMを比較します。どの格安SIMを契約するか決めきれない人は、ぜひ参考にしてください。

【無制限】おすすめ格安SIMを比較

ここでは、無制限プランを提供しているおすすめ格安SIMを比較しました。

料金(税込) 回線 通信速度 通話料
(税込)
eSIM 支払方法
楽天
モバイル
3,278円 楽天
au
115.24Mbps 22円/30秒 あり 口座振替
クレジットカード
デビットカード
mineo 最大3Mbps:2,200円
最大1.5Mbps:990円
最大300kbps:660円
最大32kbps:250円
ドコモ
au
ソフトバンク
54.71Mbps 22円/30秒
※アプリ利用時は
 10円/30秒
あり 口座振替
※eo光を利用している場合
クレジットカード
povo 330円(24時間)
9,834円(7日間✕12回分)
※トッピング形式
au 98.72Mbps 22円/30秒 あり クレジットカード
後払い(ペイディ)

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

現在、無制限プランを提供している格安SIMの数は多くありません。しかし、上記3つは無制限プランがある数少ない格安SIMとなっています。

以下の記事では、格安SIMの無制限プランを詳細に比較しています。無制限プランを利用したい方は、ぜひこちらもご覧ください。

無制限のおすすめ格安SIMは「楽天モバイル」

楽天モバイル バナー

無制限プランでおすすめの格安SIMは楽天モバイルです。

楽天モバイルは、どれだけデータ通信を使っても最大3,278円(税込)で済みます。

料金は大手キャリアの無制限通信プランよりも、約2~4,000円ほど安いです。大手キャリアで割引が適用されたとしても、楽天モバイルの方がお得に利用できます。

通信速度は100Mbps以上で、無制限プランを提供する格安SIMの中でも高速です。

無制限・安さ・速度のバランスが良いので、無制限プランを提供する格安SIMでもかなり快適にスマホを利用できます。

支払いには楽天ポイントも利用可能です。楽天サービスをよく使っている人はポイントを貯められるだけでなく、スマホの料金をポイントで支払えます。

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

【中容量】おすすめ格安SIMを比較

ここでは、中容量プランのあるおすすめ格安SIMを比較しました。

20GBプランの格安SIM比較

以下では、20GBプランがある格安SIMの料金や通信速度などを表にまとめました。

料金(税込) 回線 通信速度 通話料
(税込)
eSIM 支払方法
IIJmio 2,000円 ドコモ
au
41.25Mbps 11円/30秒 あり クレジットカード
LINEMO 2,728円 ソフトバンク
au
70.04Mbps 22円/30秒 あり 口座振替
クレジットカード
mineo 2,178円 ドコモ
au
ソフトバンク
54.71Mbps 22円/30秒
※アプリ利用時は
 10円/30秒
あり 口座振替
※eo光を利用している場合
クレジットカード
povo 2,700円(30日間)
※トッピング形式
au 98.72Mbps 22円/30秒 あり クレジットカード
後払い(ペイディ)
HIS
モバイル
2,190円 ドコモ 118.45Mbps 9円/30秒 あり クレジットカード
NURO
モバイル
2,699円 ドコモ
au
ソフトバンク
43.58Mbps 22円/30秒
※NUROモバイル
 でんわ利用時は
 11円/30秒
あり クレジットカード
ahamo 2,970円 ドコモ 63.32Mbps 22円/30秒 あり 口座振替
クレジットカード
UQ
モバイル
3,278円
(コミコミプラン)
au 108.75Mbps 22円/30秒 あり 口座振替
クレジットカード
コンビニ払い
ペイジー
ワイ
モバイル
4,015円
割引適用で2,178円
(シンプルプラン2 M)
ソフトバンク 85.35Mbps 22円/30秒 あり 払込用紙
口座振替
クレジットカード
Links
Mate
2,970円 ドコモ 43.93Mbps 22円/30秒
※MatePhone
 アプリ利用で
 11円/30秒
あり クレジットカード
専用ポイント
イオンモバイル ・音声プラン
1,958円

・シェアプラン
1人:2,288円
2人:2,508円
3人:2,728円
4人:3,168円
5人:3,608円
6人:4,048円
7人:4,488円
8人:4,928円
ドコモ
au
26.27Mbps 11円/30秒 あり
(au回線のみ)
クレジットカード
QTモバイル 2,200円 ドコモ
au
ソフトバンク
44.61Mbps 11円/30秒 あり クレジットカード
J:COM
モバイル
2,728円 au 58.85Mbps 22円/30秒 あり クレジットカード
エキ
サイト
モバイル
2,068円
(Flat(定額料金プラン)
ドコモ
au
63.43Mbps 22円/30秒
※エキモバ
 でんわ利用時は
 11円/30秒
なし クレジットカード
LIBMO 1,991円 ドコモ 23.15Mbps 22円/30秒 なし クレジットカード
y.u.
mobile
4,170円 ドコモ 37.21Mbps 22円/30秒
※専用アプリ利用時は
 11円/30秒
なし クレジットカード

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

20GBプランを提供している格安SIMは多くあり、月額2,000~4,000円ほどで利用できます。そのため、格安SIM選びに悩む人も多いでしょう。

20GBプランの格安SIMを選ぶ際は、安さ・通信速度・通話の利用頻度などでどの点を重視するかで選びましょう。

20GBのおすすめ格安SIMは「IIJmio」
IIJmio バナー

IIJmioは、20GBプランが2,000円(税込)と他社よりも安くなっています。

通話料は11円(税込)/30秒です。他の格安SIMでは20円以上のところも多いため、よく通話する場合でもお得に利用できます。

回線をドコモとauの2つから選べるのも嬉しいポイントです。居住エリアや使用感などに合わせて好きな方を選べます。※データSIMはドコモ回線のみです。

IIJmioでは、スマホの大幅値引きキャンペーンを定期的に実施しています。他社乗り換えの場合、端末もかなりお得に購入できるため、よりお得に乗り換えが可能です。

【IIJmio公式】詳細はこちら

10GBプランの格安SIM比較

以下では、10GBプランがある格安SIMの料金や通信速度などを表にまとめました。

料金(税込) 回線 通信速度 通話料
(税込)
eSIM 支払方法
IIJmio 1,500円 ドコモ
au
41.25Mbps 11円/30秒 あり クレジットカード
mineo 1,958円 ドコモ
au
ソフトバンク
54.71Mbps 22円/30秒
※アプリ利用時は
 10円/30秒
あり 口座振替
※eo光を利用している場合
クレジットカード
日本通信
SIM
1,390円 ドコモ 38.06Mbps 11円/30秒 あり クレジットカード
NURO
モバイル
1,320円~ ドコモ
au
ソフトバンク
43.58Mbps 22円/30秒
※NUROモバイル
 でんわ利用時は
 11円/30秒
あり クレジットカード
Links
Mate
1,870円 ドコモ 43.93Mbps 22円/30秒
※MatePhone
 アプリ利用で
 11円/30秒
あり クレジットカード
専用ポイント
イオンモバイル ・音声プラン
1,848円

・シェアプラン
1人:2,178円
2人:2,398円
3人:2,618円
4人:3,058円
5人:3,498円
6人:3,938円
7人:4,378円
8人:4,818円
ドコモ
au
26.27Mbps 11円/30秒 あり
(au回線のみ)
クレジットカード
QTモバイル 1,980円 ドコモ
au
ソフトバンク
44.61Mbps 11円/30秒 あり クレジットカード
J:COM
MOBILE
2,178円 au 58.85Mbps 22円/30秒 あり クレジットカード
y.u.
mobile
2,970円 ドコモ 37.21Mbps 22円/30秒
※専用アプリ利用時は
 11円/30秒
なし クレジットカード

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

格安SIMで提供されている10GBプランは、月額1,000~2,000円台で利用できる場合が多いです。

以下の記事では、10GBプランのおすすめ格安SIMを紹介しています。

10GBプランのおすすめ格安SIMは「日本通信SIM」
日本通信SIM バナー

日本通信SIMの10GBプランは、料金が1,390円(税込)と安価で利用できます。

10GB以上のプランの場合は、月70分かけ放題または5分間かけ放題のどちらかを無料で付帯できるため、よく通話を利用する方におすすめです。

キャンペーンは実施していないものの、そもそもの通常料金が安く設定されています。そのため、途中で料金が上がったりせず、安い月額料金のまま利用可能です。

【日本通信SIM公式】詳細はこちら

【小容量】おすすめ格安SIMを比較

次に、小容量プランのあるおすすめ格安SIMを比較しました。

5GBプランの格安SIM比較

5GBプランがある格安SIMの料金や通信速度などを表にまとめました。

料金(税込) 回線 通信速度 通話料
(税込)
eSIM 支払方法
IIJmio 990円 ドコモ
au
41.25Mbps 11円/30秒 あり クレジットカード
mineo 1,518円 ドコモ
au
ソフトバンク
54.71Mbps 22円/30秒
※アプリ利用時は
 10円/30秒
あり 口座振替
※eo光を利用している場合
クレジットカード
NURO
モバイル
825円〜 ドコモ
au
ソフトバンク
43.58Mbps 22円/30秒
※NUROモバイル
 でんわ利用時は
 11円/30秒
あり クレジットカード
Links
Mate
1,210円 ドコモ 43.93Mbps 22円/30秒
※MatePhone
 アプリ利用で
 11円/30秒
あり クレジットカード
専用ポイント
イオン
モバイル
1,298円 ドコモ
au
26.27Mbps 11円/30秒 あり
(au回線のみ)
クレジットカード
J:COM
MOBILE
1,628円 au 58.85Mbps 22円/30秒 あり クレジットカード
y.u.
mobile
1,070円 ドコモ 37.21Mbps 22円/30秒
※専用アプリ利用時は
 11円/30秒
なし クレジットカード

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

5GBプランの場合は、月額1,000円台で利用できる格安SIMがほとんどです。

よく通話を利用する場合は、通話料もしっかりチェックしましょう。アプリなどの利用で通話料が割引になる格安SIMもあります。

以下の記事では、5GBのおすすめ格安SIMを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

5GBプランのおすすめ格安SIMは「NUROモバイル」
NUROモバイル バナー

NUROモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクの回線に対応しています。そのため、乗り換えた場合も使用感はそのままです。

月額料金は825円~(税込)で、データ容量5GBであるVMプランは利用開始月の料金が無料になります。乗り換えの場合はさらに、3ヵ月間495円(税込)の割引価格で利用可能です。

また、NUROモバイルでんわを活用すると、通常22円(税込)/30秒の通話料が半額になります。

【NUROモバイル公式】詳細はこちら

3GBプランの格安SIM比較

3GBプランがある格安SIMの料金や通信速度などを表にまとめました。

料金(税込) 回線 通信速度 通話料
(税込)
eSIM 支払方法
LINEMO 990円 ソフトバンク
au
70.04Mbps 22円/30秒 あり 口座振替
クレジットカード
povo 990円(30日間)
※トッピング形式
au 98.72Mbps 22円/30秒 あり クレジットカード
後払い(ペイディ)
NURO
モバイル
627円~ ドコモ
au
ソフトバンク
43.58Mbps 22円/30秒
※NUROモバイル
 でんわ利用時は
 11円/30秒
あり クレジットカード
Links
Mate
902円 ドコモ 43.93Mbps 22円/30秒
※MatePhone
 アプリ利用で
 11円/30秒
あり クレジットカード
専用ポイント
irumo 2,167円 ドコモ 57.76Mbps 22円/30秒 あり 口座振替
クレジットカード
BIGLOBE
モバイル
1,320円 ドコモ
au
19.12Mbps 22円/30秒 なし 口座振替
クレジットカード
イオンモバイル 1,078円 ドコモ
au
26.27Mbps 11円/30秒 あり
(au回線のみ)
クレジットカード
エキ
サイト
モバイル
1,210円
(Flat(定額料金プラン)
ドコモ
au
63.43Mbps 22円/30秒
※エキモバ
 でんわ利用時は
 11円/30秒
なし クレジットカード
LIBMO 980円 ドコモ 23.15Mbps 22円/30秒 なし クレジットカード

※通信速度は、「みんなのネット回線速度」で直近3ヵ月に計測された2024年6月時点での情報です。

3GBプランであれば、月額1,000円前後で利用できる格安SIMが多いです。

3GBの場合は、主にWiFi環境で利用するなら問題なく利用できるでしょう。屋外で利用する際は、無料WiFiを利用するか利用を控える必要がありそうです。

以下の記事では、3GBプランのおすすめ格安SIMを紹介しています。

3GBのおすすめ格安SIMは「LINEMO」
LINEMO

3GBプランでおすすめの格安SIMは、LINEMOです。

LINEMOの魅力は、なんといってもLINEアプリの利用ではデータを消費しない点です。

WiFiがない場所でもLINEアプリは気にせず利用できるため、3GBプランでも安心して利用できます。

回線はソフトバンクと同じであり、ソフトバンクからの乗り換えであれば不便なくスムーズに活用できます。

【LINEMO公式】詳細はこちら

格安SIMに乗り換えるとどのくらい安くなる?

貯金

格安SIMと大手キャリアとでは、どれくらい料金が異なるのでしょうか。

MMD研究所の調査によれば、格安SIMと大手キャリアには以下のような料金差があるとの結果が出ています。

通信キャリア 月額料金
(通信代+通話料)
の平均額
大手キャリア 4,691円
格安SIM1,634円
通信会社に支払っている通信量 表 出典:MMD研究所

格安SIMと大手キャリアとで、1ヵ月あたり約3,000円、年間で約36,000円の差があります。

大手キャリアの契約期間が長い人ほど、格安SIMユーザーとの料金差は広がってしまうのです。

年間36,000円を節約できれば、貯蓄や投資に回せる金額が増えたり、旅行に行ける回数が増えたりとお得です。

「今の携帯料金の支払いが厳しい」と感じる人は、格安SIMへ乗り換えると驚くほど負担が減るでしょう。

格安SIMを選ぶポイント

ポイント

格安SIMを選ぶ際は、以下の4つのポイントを重視しましょう。

自分自身が重視したい項目を中心に、様々な内容を比較して最適なものを選んでください。

データ容量を決める

「通信費は削減したいけど、通信制限や低速になるのは我慢したくない」という人は、データ容量を決めてから格安SIMを選びましょう。

格安SIMによって、プランのデータ容量は異なります。

屋外で頻繁にスマホを使うのであれば、10GB〜20GBの中容量や30GB、50GBの大容量プランを契約しましょう。

屋外でスマホを使う機会が少ない人は、3GB〜5GB程度の小容量プランが安く済むためおすすめです。

どのプランを契約してよいかわからない場合は、1GBでできる作業量をチェックしておきましょう。

用途 1GBでできること
ブラウ
ジング
約3,400ページ
メール
送受信
約2,000通
SNS LINE:約3〜55時間
Instagram:約1〜2時間
X(旧Twitter):約3.5〜4時間
音楽
鑑賞
約250曲(1曲5分換算)
動画
視聴
約2時間(YouTube・中画質)

月額料金で比較する

より月々の支払いを抑えたいなら、月額料金を重点的にチェックしましょう。同じデータ容量でも格安SIMによって料金が異なります。

例えば、格安SIM数社の1GBプランの料金は以下のとおりです。

通信キャリア 1GBプラン料金
(税込)
HISモバイル 550円
日本通信SIM 290円
mineo 1,298円

各社を比較して、最もお得に使えそうな格安SIMを契約しましょう。

また、格安SIMは料金に強みのある分野が異なります。小容量プランが安い格安SIMもあれば、大容量プランがお得に使える格安SIMもあります。

乗り換えを検討している格安SIMのすべてのプラン料金を比較し、より安いプランがどれなのかチェックしておくと料金面で損をしません。

ただし、料金を重視しすぎると通信速度に物足りなさを感じたり、使いにくいサービスがあったりと不満を抱く場合があります。

料金以外の項目も比較しながら格安SIMを選ぶとよいでしょう。

通信速度を調べる

通信速度を調べておくと、契約後に後悔するケースが少なくなります。

通信速度が遅いと、インターネットの読み込みやQRコード決済アプリの立ち上げに時間がかかり、快適な利用ができません。

ゲームや動画視聴のような負荷のかかる作業を屋外でよくする人は、30Mbps以上の速度が出る格安SIMの契約がおすすめです。

実測値をまとめたWebサイトで、各社の通信速度を手っ取り早く確認できます。

例えば、「みんなのネット回線速度」では、格安SIMや大手キャリアの回線速度をユーザーがレポートとして投稿しています。

実際に回線を使っている人が報告してくれるため、リアルな数値を確認可能です。通信速度を重視したい人は、ぜひ事前にサイトをチェックしてみてください。

ただし、居住地によって実測値は異なるので参考程度に考えましょう。

通話時間を考慮する

電話をよくする人は、1回の通話時間がどれくらいか確認しておくとプランを選びやすくなります

通話をよくする人におすすめなのが、かけ放題オプションです。格安SIMでも大手キャリアと同様にかけ放題オプションがあります。

5分間や10分間など1回の通話時間が決められているものや、無制限で通話ができるものなど、オプションの種類は様々です。

ahamoや日本通信SIMの一部プランなど、一部ではかけ放題サービスが基本料金に含まれている格安SIMもあります。

お得に通話ができる格安SIMを選べば、友人や家族との電話の時間を気兼ねなく楽しめるでしょう。

以下の記事では、格安SIMの通話料金を比較しています。通話をよく利用する方は、ぜひこちらも参考にしてください。

キャンペーンをチェックする

乗り換え時のキャンペーンを活用すれば、ポイントや特典が受け取れてお得です。

特に、大手キャリアのオンラインプランやサブブランドでは、乗り換え時に多くのポイントが受け取れる場合があります。

  • ahamo:dポイント
  • UQモバイル・povo:Pontaポイント
  • ワイモバイル・LINEMO:PayPayポイント
  • 楽天モバイル:楽天ポイント

対象のポイントを貯めたり使ったりしている人にとっては、一度にまとまったポイントを受け取れるためお得です。

ただし、キャンペーンを重視しすぎると、乗り換え後のサービスに不満を感じたり料金の削減効果が薄かったりと損をする場合があります。

魅力的なキャンペーンも重視したいところですが、ほかの項目も比較しながら格安SIMを選ぶのがおすすめです。

以下の記事では、格安SIMのキャンペーンを比較しています。お得に契約したい方は、こちらもあわせてお読みください。

格安SIMの乗り換え前に知っておきたいQ&A

Q&A

ここでは、格安SIMに乗り換える前に知っておきたい疑問点をまとめました。乗り換え時や格安SIMを選ぶときの参考にしてください。

乗り換え手続きはめんどくさくない?

格安SIMの乗り換え手続きは「MNPワンストップ」の開始により、誰でも簡単にできるようになりました。

MNPワンストップは、乗り換え先の携帯会社で手続きすることで電話番号をそのまま引き継ぐ方式です。

以前は乗り換え元の携帯会社でMNP予約番号を取得する必要がありましたが、MNPワンストップ対応の携帯会社では予約番号が不要となりました。

MNPワンストップに対応している携帯会社は以下の通りです。

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • ahamo
  • povo
  • LINEMO
  • 楽天モバイル
  • 日本通信SIM
  • mineo

簡単に電話番号を引き継げるため、格安SIMへの乗り換えで面倒な手間は少なくなりました。

乗り換えにかかる費用は?

乗り換え時には、事務手数料が発生する場合があります。たとえば、mineoやIIJmioでは3,300円(税込)の手数料が発生します。

また、povoは1年以内に同じ契約者名義で6回線以上の新規契約をする際に限り、事務手数料3,850円(税込)がかかる仕組みです。

このほか、SIMカードやeSIMの発行手数料がかかる場合があります。契約前に公式サイトで初期費用がいくらかチェックしておきましょう。

格安SIMの速度は遅いって本当?

格安SIMの速度は速いものもあれば遅いものもあります。格安SIMは大手キャリアから回線を借りる形で提供しているサービスです。

回線が混雑すると対応しきれなくなり、速度が低下してしまう場合があります。

とはいえ、どの格安SIMも日常で使うのに支障が出るほど速度が遅いわけではありません

格安SIMはどの機種にも対応している?

格安SIMはiPhoneとAndroidの様々な機種に対応しています。しかし、古い機種や国内で流通の少ない一部機種には対応していない場合があります。

格安SIMの公式サイトで、動作確認済みの端末を事前にチェックしておきましょう。

また、2021年9月以前に購入した機種には、SIMロックがかかっている場合があります。

SIMロックされていると、契約先以外の回線は利用できません。SIMロックは、現在契約しているキャリアの店舗や公式サイトから解除手続きが可能です。

ドコモ回線からau回線、au回線からソフトバンク回線というように乗り換えで回線が変わる場合は、SIMロックを解除しておきましょう

以下の記事では、自分でSIMロック解除する方法を解説しています。こちらも参考にしてください。

キャリアのメールアドレスは引き続き使える?

格安SIMではキャリアメールを使えないケースが多いです。

大手キャリア利用時に使っていたメールアドレスを乗り換え後も引き続き使いたい場合は、キャリアメールの持ち運びサービスを活用しましょう。

ただし、持ち運びには毎月一定の料金がかかるため、支出を増やしたくない方はフリーメールの利用を検討してみてください。

なお、UQモバイルやワイモバイルのサブブランド、楽天モバイルでは独自のキャリアメールが使えます

格安SIMにかけ放題はある?

大手キャリアと同様、格安SIMにもかけ放題オプションが存在します。

格安SIMによって「5分かけ放題」「月70分までかけ放題」というように時間が決められているものもあります。

格安SIMは料金が安いため、多くのプランでは、かけ放題オプションをつけても5,000円以下で利用可能です。

通話をよくする人は、格安SIMのかけ放題オプションの料金で比較するのもよいでしょう。

格安SIMの選び方・おすすめの格安SIMまとめ

スマホを操作する様子

格安SIMおすすめランキング

  • 楽天モバイル|無制限プランを安く利用したい人向け
  • IIJmio|他社乗り換えなら端末を安く購入できる
  • LINEMO|LINEアプリのデータ消費はゼロ
  • mineo|定量プラン・無制限プランから選べる
  • 日本通信SIM|10GB以上なら一部かけ放題オプション無料
  • povo|あまり通話しない人・データ消費の変動が激しい人向け
  • HISモバイル|7GBの音声通話付きプランが1,000円以下と格安
  • NUROモバイル|利用開始月は月額料金0円
  • ahamo|通話・データ通信どちらもよく利用する人向け
  • UQモバイル|auユーザーなら使用感そのまま!割引適用もあり
  • ワイモバイル|2台目以降から各スマホに毎月割引が適用される
  • LinksMate|SNS・ゲームのデータ消費が90%オフ

格安SIM20社の比較やおすすめランキング、格安SIMの選び方、容量別おすすめ格安SIMについて解説しました。

格安SIMは、事業者ごとにサービス内容や特徴が異なります。自分が何を重視してスマホを使いたいのかが明確になれば、自分に合う格安SIMやプランがわかります。

毎月の支出額の高さや家計への負担の大きさを考えれば、大手キャリアでスマホを使うよりも格安SIMの方がお得です。

格安SIMへ乗り換えて毎月の支出を減らし、余裕ある暮らしを実現しましょう。

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード