• 格安SIM
  • 更新日:2024年06月18日

3GBプランの格安SIMおすすめ比較!最安はどれ?速いのは?

3GBプランの格安SIMおすすめ比較!最安はどれ?速いのは?

※当記事はPRを含みます。詳しくはこちら
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

「サブとして2台目のスマホが欲しい」「子どものスマホを契約したい」「インターネット通信はほぼWiFiで足りている」そんな方におすすめしたいのが、 3GBで契約できる格安SIMです

1GBだと月の途中で容量制限がかかってしまうことが心配ですが、3GBもあれば自宅・公共WiFiと併用して 容量制限を気にせずに使うことができるでしょう

今回の記事でご紹介するのは、 毎月3GB使えるおすすめの格安SIMです

格安SIMなら小容量プランの月額利用料金相場は 1,000円未満 とかなり高コスパです。

数ある格安SIMの中から厳選した通信事業者を、料金・通信速度の観点から比較しているので、これから格安SIMへの契約を検討している人はぜひ参考にしてください。

月3GB使えるおすすめ格安SIMの前に、3GBでどのくらい使えるか知りたい方は、以下をご確認ください。

3GBでどのくらい使える?

現在大容量プランなどでスマホの契約をしている人は、「 3GB 」という数値がどの程度なのか気になることでしょう。

結論からお伝えすると、 3GBはメールやLINE、Webサイトの閲覧がメインなら十分な容量です。もちろん、ゲーム・動画を楽しみたいなら通信制限を気にしながら使う必要がありますが、自宅でも外出先でもWiFi環境が整っていることが多いようなら心配はないでしょう。

次の表は、スマホのインターネット通信における用途別の通信量目安です。

3GBを基準にまとめているので、まずはこちらをご覧ください。

3GBでできること

  • メールの送受信:約3,000通~約30万通
  • Webサイトの閲覧:約1万ページ
  • LINEのトーク・通話:約150万回・約150時間
  • ゲーム:約30時間
  • YouTube動画の視聴:約1時間半~4時間

ご覧の通り、メールやLINEのやりとりであれば相当数の通信ができるので、通信制限を気にせずに使うことができます。

Youtubeなどの動画の視聴だと長時間の視聴は難しいので、通勤途中の電車の中などWiFiのない環境で使用する人には向いていないでしょう。

格安SIMの3GBプランが向いている人の特徴

格安SIMの3GBプランがおすすめの人

  • 毎月のスマホ代を節約したい人
  • 利用目的がメールやLINE、ブラウザ閲覧、SNS閲覧メインの人
  • 自宅にWiFi環境が整っている人
  • 2台目のサブスマホが欲しい人
  • 子ども用のスマホが欲しい人
  • 電話やメールしかほとんど使用しないシニア

格安SIMの3GBプランが向いている人の特徴としてまずあげられるのは、 とにかく料金を安く抑えたい方です

さらに、ゲームや動画視聴はあまりせず、メールやLINEやSNS利用が大半の人が該当します。

また、自宅にWiFi環境が整っていて、スマホ利用場所がほぼ自宅に限られる人も3GBで十分でしょう。Youtube視聴やスマホのオンラインゲームで大容量通信をする人でも、生活圏のほとんどにWiFiがあれば通信速度を気にする必要はありません。

そのほかにも、冒頭でもお伝えしたような2台目の サブスマホや子ども用スマホをお求めの方、電話やメール利用がメインのシニアの方などにもおすすめです。

3GBで足りないと感じる方は、5GBや10GBも視野にいれるとよいでしょう。

5GB・10GBでできることは以下の通りです。

5GBでできること

  • メールの送受信:約100万通
  • Webサイトの閲覧:約1.8万ページ
  • LINEのトーク・通話:約250万回・約200時間
  • ゲーム:約50時間
  • YouTube動画の視聴:約7時間

10GBでできること

  • メールの送受信:約200万通
  • Webサイトの閲覧:約3.3万ページ
  • LINEのトーク・通話:約500万回・約550時間
  • ゲーム:約100時間
  • YouTube動画の視聴:約10時間

3GBと比べると、動画の再生時間やゲームを楽しめる時間が楽しめるため、外出先でも動画やゲームを楽しみたい方は3GB以上のプランがおすすめです。

以下の記事では、5GBのおすすめ格安SIM10GBのおすすめ格安SIMについてまとめています。ぜひ本記事と併せてご覧ください。

3GBプランの格安SIMを選ぶポイント

格安SIMを選ぶポイントとして重視したいのが、次の4つです。

この後ご紹介する格安SIM事業者各社でもお伝えしますが、これらに重きを置いて比較することで自分の利用スタイルにぴったり合った格安SIMを選ぶことができます。

それぞれ見るべきポイントをさらに細分化してご紹介するので、次の表も参考にしてください。

プランの料金で選ぶ

まずは単純に3GB程度のプランを基準にした料金で比較するようにしましょう。

格安SIMの各事業者が提供しているプランには、 「データ通信のみ」「SMS+データ通信」「音声通話+SMS+データ通信」の3つが存在します。

その中で、1GB・3GB・10GBなどのデータ容量の上限が設けられている仕組みです。気になっている格安SIM事業者に3GBぴったりのプランがあるのかも確認をして比較検討しましょう。

なお、3GBのプランを用意している格安SIM事業者は LINEMO(月額税込990円/3GB)や HISモバイル(月額税込580円/3GB)、DTI SIM(月額税込924円〜/3GB)などです。

余裕を持って3GBプラン以上のプランで契約したい場合は、 UQモバイル(月額税込1,078円/4GB)や LinksMate(月額税込550円~/3GB)がおすすめです。

回線の種類で選ぶ

格安SIM事業者は、大手キャリアのように自社で回線を持っていません。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの大手キャリアの回線を使用してスマホ通信をする仕組みです。

そのため、対象とする格安SIM事業者がどの回線を使用しているのかを確認しましょう。

選ぶ基準としてまずみておきたいのが、ご自身の生活における購買スタイルがどの大手キャリアの経済圏かということです。経済圏内であれば ポイントの還元率が上がったり、自宅の固定回線とのセット割や家族割の適用が可能になったりと、多くのメリットがあります。

例えば、PayPayをよく利用する方の場合、 PayPayポイントが貯まりやすいLINEMOなどが該当します

pontaポイントを貯めている方ならUQモバイルなどがおすすめです

また、MNP乗り換えをすることによって割引率が高いキャリアもおすすめです。例えば、大手キャリアから格安SIMに乗り換えをすることで、 キャッシュバック が受けられることもあります。

各社のキャンペーンについてはこの次の章でご紹介するので、各社のキャンペーンもぜひチェックしてください。

SIMのタイプで選ぶ

格安SIMのSIMタイプは、次の3つです。

  • データ通信のみ
  • SMS+データ通信
  • 音声通話+SMS+データ通信

ブラウザの閲覧やLINEのみ利用する場合はデータ通信のみのSIMタイプで十分ですし、通話する機会が多い人は音声通話付きプランがおすすめです。

なお、SIMタイプは一度契約をして変更をしたい場合、手続きに少々手間がかかります。心配な方は、最初は 余裕を持って音声通話付きにしておくと安心でしょう。

通信速度で選ぶ

3GBといえども、スマホを利用する上で通信速度の速さで選ぶことも欠かせません。

格安SIMは大手キャリアよりも通信速度が劣りますが、その中でも速い・遅いの差が大きくあります。

快適に感じる速度の最低基準は、 下り速度が30Mbpsで上り速度が10Mbps程度です

速度重視の方におすすめな格安SIMはこの記事の中盤で紹介しているので、この数値を目安に比較しましょう。

3GBの格安SIMを料金比較!

3GB程度のプランで契約できる格安スマホの各事業者において、各社の料金をご紹介します。

以下の表は安い順でご紹介していますが、通信速度や回線ブランドの種類が異なりますので、ご自身の使用環境に合わせて比較検討してください。

キャリア 月額料金(税込) 通話料金(税込) 速度
(下り)
割引
キャンペーン
回線の種類
LinksMate
(3GB)
音声通話+データ+SMS:902円
SMS+データ:682円
データ:550円
通常:22円/30秒
MatePhone利用:11円/30秒
10分かけ放題オプションを利用:10分以内無料(以降、11円/30秒)
43.93Mbps OPPO端末購入キャンペーン ドコモ
HISモバイル
(3GB)
音声通話+データ+SMS:770円
データ:580円
通常料金:9円/30秒
5分かけ放題
:500円/月
完全かけ放題
:1,480円/月
118.45Mbps サマーセール(端末代金割引) ドコモ
ソフトバンク
DTI SIM
(4GB)
データ通信:825円
データ通信/SMS:935円
データ通信/SMS/10分かけ放題:1,650円
10分以内の通話:無料
10分を超えた場合:11円/30秒
11.47Mbps ドコモ
LINEMO
(3GB)
音声通話+データ+SMS:990円 通常料金:22円/30秒
5分かけ放題:550円/月
無制限かけ放題:1,100円/月
70.04Mbps ・他社からの乗り換えで最大5,940円相当のPayPayポイントプレゼント
・通話定額オプションが7ヶ月目まで無料
ソフトバンク
UQモバイル
(ミニミニプラン:4GB)
音声通話+データ+SMS:1,078円 通常料金:22円/30秒
10分かけ放題:880円/月
月間最大60分かけ放題:660円/月
無制限放題:1,980円/月
108.75Mbps 他社からの乗り換えで最大10,000円相当のau PAY 残高を還元 au
ワイモバイル
(シンプル2S:4GB)
音声通話+データ+SMS:2,150円 通常料金:22円/30秒
10分かけ放題:880円/月
無制限かけ放題:1,980円/月
85.35Mbps ソフトバンクからの乗り換えで基本料初月0円特典 ソフトバンク
QTモバイル
(4GB)
音声通話+データ通信:1,540円
データ通信のみ:990円/月
通常料金:11円/30秒 44.61Mbps 最大15,000円キャッシュバック ドコモ
au
ソフトバンク

引用:みんなのネット回線速度

※上記は、2024年6月直近3ヶ月に計測された通信速度の平均値を計算したものです。通信速度は場所・時間帯・通信環境によって変動するため、あくまでも目安として考えてください。

データのみのプランを契約した場合、最も安い格安SIMはLinksMate(月額利用料金:税込418円〜)でした。

通話もデータ通信もバランスよく使いたい方は、LINEMO(月額利用料金:税込990円)がおすすめですが、3GBを超える可能性がある方はUQモバイルやワイモバイルの4GBプランを検討しても良いでしょう。

3GBが安い!おすすめの格安SIM

前項でご紹介した格安SIM事業者のうち、3GBプランが安い4つの格安SIM事業者を厳選してご紹介します。

それぞれの格安SIM事業者の特徴やおすすめポイント、キャンペーンの詳細などをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

キャリア 月額料金(税込) 通話料金(税込) 速度
(下り)
割引
キャンペーン
回線の種類 データ追加料金(税込)
HISモバイル
(3GB)
音声通話+データ+SMS:770円
データ:580円
通常料金:9円/30秒
5分かけ放題
:500円/月
完全かけ放題
:1,480円/月
118.45Mbps サマーセール(端末代金割引) ドコモ
ソフトバンク
200円/1GB
LinksMate
(3GB)
音声通話+データ+SMS:902円
SMS+データ:682円
データ:550円
通常:22円/30秒
MatePhone利用:11円/30秒
10分かけ放題オプションを利用:10分以内無料(以降、11円/30秒)
43.93Mbps OPPO端末購入キャンペーン ドコモ 88円/100MB
550円/1GB
LINEMO
(3GB)
音声通話+データ+SMS:990円 通常料金:22円/30秒
5分かけ放題:550円/月
無制限かけ放題:1,100円/月
70.04Mbps ・他社からの乗り換えで最大5,940円相当のPayPayポイントプレゼント
・通話定額オプションが7ヶ月目まで無料
ソフトバンク 550円/1GB
DTI SIM
(3GB)
データ通信:825円
データ通信/SMS:935円
データ通信/SMS/10分かけ放題:1,650円
10分以内の通話:無料
10分を超えた場合:11円/30秒
11.47Mbps ドコモ 330円/500
550円/1GB

引用:みんなのネット回線速度

HISモバイル|音声通話付きプランが最安級

HISモバイル バナー

HISモバイルは、大手旅行会社のHISが展開する格安SIMです。

そんなHISモバイルの3GBプランの最大の魅力は、音声通話付きプランが最安級であるという点です。

音声通話付きプランでも月額770円(税込)で利用できます。かけ放題プランに加入しても+500円です。

他社の音声通話付きプランの場合は1,000円以上が相場なので、通話頻度が高い方にとって、 非常に魅力的です

HISモバイルの詳細は以下の通りです。

容量 3GB
月額料金(税込) 音声通話+データ+SMS:770円
データ:580円
速度
(下り)
118.45Mbps
割引
キャンペーン
サマーセール(端末代金割引)
通話料金(税込) 通常料金:9円/30秒
5分かけ放題
:500円/月
完全かけ放題
:1,480円/月
回線の種類 ドコモ
ソフトバンク
データ追加料金(税込) 200円/1GB

引用:みんなのネット回線速度

【HISモバイル公式】詳細はこちら

LinksMate|ゲームとの相性が良い

リンクスメイト

LinksMateは、スマホやインターネット通信を販売する株式会社LogicLinksが提供する格安SIMです。

3GBプランは、550円(税込)から利用できます。

LinksMateは、スマホのオンラインゲーム利用者との相性が良いことも特徴の一つです。

人気のシャドウバースやウマ娘プリティダービーなどと連携をすると、LinksMateユーザーでしかもらえないゲーム内特典がもらえます。

3GBプランなら、1つのゲームと連携が可能です。初回の連携特典も受け取れます。

さらに、カウントフリーオプションに申し込めば、対象のゲームやコンテンツ、SNSの通信量カウントを90%以上オフにできます。

契約期間に縛りがないため、ゲームにハマっている期間だけでもお試しで契約してみるのも良いでしょう。

LinksMateの詳細は以下の通りです。

容量 3GB
月額料金(税込) 音声通話+データ+SMS:902円
SMS+データ:682円
データ:550円
速度
(下り)
43.93Mbps
割引
キャンペーン
OPPO端末購入キャンペーン
通話料金(税込) 通常:22円/30秒
MatePhone利用:11円/30秒
10分かけ放題オプションを利用:10分以内無料(以降、11円/30秒)
回線の種類 ドコモ
データ追加料金(税込) 88円/100MB
550円/1GB

引用:みんなのネット回線速度

格安SIMの難点とも言われている 支払い方法に柔軟性があることも魅力です。一般的な格安SIMの場合、毎月の支払い方法はクレジットカード一択ですが、LinksMateならLPポイントを購入して支払うことが可能です。

LPポイントはLinksMateが独自に提供しているポイントサービスで、事前に「コンビニエンスストア決済」「銀行決済」「クレジットカード決済」でLPを購入することでスマホの支払いに充てることができます。

【LinksMate公式】詳細はこちら

LINEMO|LINEアプリのデータを消費しない

LINEMO

LINEMOは、大手キャリアのソフトバンクが提供している新しい格安プランのブランドです。

月額料金は、990円(税込)と格安ですが、本家ソフトバンクと同じ回線を使用しているため、高速で安定した通信が行えます

また、LINEMOはLINEギガフリーのため、LINEアプリでのトークや、音声通話・ビデオ電話でデータを消費しません

普段から、LINE通話をよくする方や家族や動画・写真共有をする方にとっては大きなメリットです。

さらに、今なら他社からの乗り換えで最大5,940円相当のPayPayポイントプレゼントされるキャンペーンや通話定額オプションが7ヶ月目まで無料になるキャンペーンも実施されています。

LINEMOの詳細は以下の通りです。

容量 3GB
月額料金(税込) 音声通話+データ+SMS:990円
速度
(下り)
70.04Mbps
割引
キャンペーン
・他社からの乗り換えで最大5,940円相当のPayPayポイントプレゼント
・通話定額オプションが7ヶ月目まで無料
通話料金(税込) 通常料金:22円/30秒
5分かけ放題:550円/月
無制限かけ放題:1,100円/月
回線の種類 ソフトバンク
データ追加料金(税込) 550円/1GB

引用:みんなのネット回線速度

以下の記事では、LINEMOの評判についてまとめています。ぜひ本記事と併せてご覧ください。

【LINEMO公式】詳細はこちら

DTI SIM|データは翌月に繰り越し可能

DTI SIM

DTI SIMは、モバイル通信におけるSIM活用をいち早く提供してきた株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが提供している格安SIMです。

用意しているプランは10GBまでと、小容量使用のスマホユーザーにおすすめです

小容量でも余ったデータは翌月に繰り越せるので、毎月無駄なく使い切れるのも魅力の一つでしょう。

なお、4GBプランは月額825円(税込)から利用できます。

また、音声プランなら10分間通話料がかかりません。家族との連絡やお店の予約などちょっとした通話を良くする方におすすめです。

DTI SIMの詳細は以下の通りです。

容量 4GB
月額料金(税込) データ通信:825円
データ通信/SMS:935円
データ通信/SMS/10分かけ放題:1,650円
速度
(下り)
11.47Mbps
割引
キャンペーン
通話料金(税込) 10分以内の通話:無料
10分を超えた場合:11円/30秒
回線の種類 ドコモ
データ追加料金(税込) 330円/500
550円/1GB

引用:みんなのネット回線速度

【DTI SIM】詳細はこちら

3GBで速度も重視したい人におすすめの格安SIM

せっかく格安SIMに契約をするなら、毎月の料金だけではなく通信速度も気になるでしょう。

ここからご紹介するのは、3GBプランが安いだけでなく快適な速度で利用できることが特徴の格安SIMです。

先述したように、スマホをストレスなく快適に利用できる速度は30Mbp以上です。もちろん、それ以上なら圧倒的な速度でサクサクとスマホを使うことができます。

動画を視聴する機会が多い人などはぜひここからご紹介する3社の格安SIMもチェックしてみてください。

キャリア 月額料金(税込) 通話料金(税込) 速度
(下り)
割引
キャンペーン
回線の種類
HISモバイル
(3GB)
音声通話+データ+SMS:770円
データ:580円
通常料金:9円/30秒
5分かけ放題
:500円/月
完全かけ放題
:1,480円/月
118.45Mbps サマーセール(端末代金割引) ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
(シンプル2S:4GB)
音声通話+データ+SMS:2,150円 通常料金:22円/30秒
10分かけ放題:880円/月
無制限かけ放題:1,980円/月
85.35Mbps ソフトバンクからの乗り換えで基本料初月0円特典 ソフトバンク
UQモバイル
(ミニミニプラン:4GB)
音声通話+データ+SMS:2,365円 通常料金:22円/30秒
10分かけ放題:880円/月
月間最大60分かけ放題:660円/月
無制限放題:1,980円/月
108.75Mbps 他社からの乗り換えで最大10,000円相当のau PAY 残高を還元 au

引用:みんなのネット回線速度

※上記は、2024年6月直近3ヶ月に計測された通信速度の平均値を計算したものです。通信速度は場所・時間帯・通信環境によって変動するため、あくまでも目安として考えてください。

HISモバイル|100Mbps を超える圧倒的な速さ

HISモバイル バナー

HISモバイルは、3GBプランの料金の安さだけが魅力ではありません。

平均ダウンロード速度がなんと100Mbpsを超える圧倒的な速さも魅力です

動画配信を視聴したりオンライン会議でスマホを使っても無理なく通信できるレベルなので、ストレスなく使用し続けることができるでしょう。

また、平均アップロード速度も20.21Mbpsと高速です。SNS投稿に時間がかかったり電波の悪いところでLINE送信がしにくくストレスに感じていた人も、HISモバイルなら今までより圧倒的に楽になるでしょう

容量 3GB
月額料金(税込) 音声通話+データ+SMS:770円
データ:580円
速度
(下り)
118.44Mbps
割引
キャンペーン
サマーセール(端末代金割引)
通話料金(税込) 通常料金:9円/30秒
5分かけ放題
:500円/月
完全かけ放題
:1,480円/月
回線の種類 ドコモ
ソフトバンク
【HISモバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイル|セット割適用で毎月-1,650円割引

ワイモバイル バナー ※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください。

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドとして提供されている格安SIMです。

月額料金は今までご紹介した他社よりも高いですが、おうち割光セットなどでセット契約をすれば、毎月-1,650円割引になるので、光回線の切り替えが問題ない人におすすめです。

また、速度は平均ダウンロード速度は85.27Mbps、平均アップロード速度16.66Mbpsです。他社に比べて速いことはもちろん、安定的な通信環境に定評があることも特徴です

容量 4GB(シンプル2 S)
月額料金(税込) 音声通話+データ+SMS:2,365円
速度
(下り)
85.27Mbps
割引
キャンペーン
ソフトバンクからの乗り換えで基本料初月0円特典
通話料金(税込) 通常料金:22円/30秒
10分かけ放題:880円/月
無制限かけ放題:1,980円/月
回線の種類 ソフトバンク
【ワイモバイル公式】詳細はこちら

UQモバイル|自宅セット割&カードお支払い割が適用可能

UQモバイル バナー ※内容は記事更新日時点の情報です。最新の情報については必ず公式サイトをご確認ください。

UQモバイルは、KDDI社が提供する格安SIMです。auの回線を使っているため安定した高速な通信が可能です。

平均ダウンロード速度は106.8Mbps、平均アップロード速度は18.18Mbpsと、安定的な速さの通信速度です。

なお、料金はワイモバイル同様に他社より少しお高めですが、UQモバイルも自宅セット割を適用すると 永年ー1,100円/月の割引が受けられます。

さらに、au PAYカードお支払いで支払うことで永年ー187円/月が割引になります。

もともとauユーザーの方なら通信量速度が速くて安くなるUQモバイルは相性が良いのではないでしょうか。

容量 4GB(ミニミニプラン)
月額料金(税込) 音声通話+データ+SMS:2,365円
速度
(下り)
106.8Mbps
割引
キャンペーン
他社からの乗り換えで最大10,000円相当のau PAY 残高を還元
通話料金(税込) 通常料金:22円/30秒
10分かけ放題:880円/月
無制限放題:1,980円/月
回線の種類 au
【UQモバイル公式】詳細はこちら

3GBを超えても安い!おすすめの格安SIM

今回メインでご紹介しているのは格安SIMの3GBプランですが、使用環境によっては「3GB以上使うかもしれない…」と不安な方も多いことでしょう。

そこでここからは、3GBを超えた場合でも料金が安いおすすめの格安SIMをご紹介します。

従量制プランや、4GB、5GBなどを用意している格安SIMの中からとくに「安い」と評判の良い事業者を厳選したので、こちらもぜひ参考にしてください。

キャリア 月額料金(税込) 通話料金(税込) 速度
(下り)
割引
キャンペーン
回線の種類
楽天モバイル
従量制プラン(0~無制限)
~3GB:968円
3GB~20GB:2,068円
20GB~無制限:3,168円
通常料金:30秒22円
Rakuten Link利用時:0円
113.68Mbps ・最大12,000円ポイント還元
・端末代金最大26,930円引き
楽天
QTモバイル
(4GB)
音声通話+データ通信:1,540円
データ通信のみ:990円/月
通常料金:11円/30秒 44.61Mbps 最大15,000円キャッシュバック ドコモ
au
ソフトバンク
IIJmio
(5GB)
660円~990円 11円/30秒 41.73Mbps ・スマホ大特価セール
・最大54,000円引き
ドコモ
au

引用:みんなのネット回線速度

※上記は、2024年6月直近3ヶ月に計測された通信速度の平均値を計算したものです。通信速度は場所・時間帯・通信環境によって変動するため、あくまでも目安として考えてください。

楽天モバイル(従量制プラン)|RakutenLinkアプリで通話料無料

楽天モバイル バナー

楽天モバイルは、独自の回線(楽天)を保有しているキャリアですが、格安な料金が魅力です。

一般的な格安SIMの場合は定額プランですが、楽天モバイルの場合は毎月の利用量に応じて自動的にプランが確定します。

3GBまでは月額1,078円(税込)です。万が一超えてしまっても20GBまでは2,178円(税込)、20GBを超えても3,278円(税込)で利用できます。

また、RakutenLinkアプリを使用して通話をすれば通話料はかかりません。

データも通話も多めがよいという方におすすめです。

キャリア 楽天モバイル
容量 3GB
月額料金(税込) ~3GB:968円
3GB~20GB:2,068円
20GB~無制限:3,168円
速度
(下り)
113.68Mbps
割引
キャンペーン
・最大12,000円ポイント還元
・端末代金最大26,930円引き
通話料金(税込) 通常料金:30秒22円
Rakuten Link利用時:0円
回線の種類 楽天モバイル

引用:みんなのネット回線速度

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

QTモバイル(4GB)|九州エリアに在住の方におすすめ

QTモバイル バナー

QTモバイルは、九州電力が展開する格安SIMです。

九州電力のユーザーなら毎月の料金が割引になる特典も受けられるので、 九州エリアに在住の方にとくにおすすめです

3GB以上のプランは4GBから展開していますが、4GBが非常にお得です。

割引なしの通常料金でも、音声通話+データ通信:1,540円、データ通信のみ:990円/月なので、同じ4GBプランを展開しているUQモバイルやワイモバイルよりも圧倒的に格安です。

また、音声+データ通信のコースをお申し込みなら九州電力が展開する各サービスとのセットでさらにお得になります。

4GBプランは本来月額1,540円(税込)ですが、電気(九州電力)と光回線(BBIQ)とセットにすれば月額1,210円(税込)で利用できます

キャリア QTモバイル
容量 4GB
月額料金(税込) 音声通話+データ通信:1,540円
データ通信のみ:990円/月
速度
(下り)
44.61Mbps
割引
キャンペーン
最大15,000円キャッシュバック
通話料金(税込) 通常料金:11円/30秒
回線の種類 ドコモ
au
ソフトバンク

引用:みんなのネット回線速度

【QTモバイル公式】詳細はこちら

IIJmio(5GB)|キャンペーンが充実

IIJmio バナー

IIJmioは、5GBプランの音声通話付きeSIMプランがおすすめです。

通常料金は月額990円(税込)と安いですが、2024年9月2日までのお申し込みなら、月額利用料金が660円(税込)という圧倒的な安さで契約できます。

また、2GBプランの場合は、キャンペーン適用で月額410円(税込)で契約できます。3GB程度で抑えたい方にも最適です。

さらに、今なら対象のスマホが大幅割引されるキャンペーンも実施されているため機種変更を検討している方にもおすすめです。

キャリア IIJmio
容量 5GB
月額料金(税込) 音声通話+データeSIM:660円
音声通話+データ通信:990円
音声通話+データ通信+SMS:970円
速度
(下り)
41.73Mbps
割引
キャンペーン
・スマホ大特価セール
・最大54,000円引き
通話料金(税込) 通常料金:11円/30秒
5分かけ放題:500円
10分かけ放題:700円
無制限かけ放題:1,400円
回線の種類 ドコモ
au

引用:みんなのネット回線速度

以下の記事では、IIJmioの評判についてまとめています。ぜひ本記事と併せてご覧ください。

【IIJmio公式】詳細はこちら

3GBで端末も合わせて購入する人におすすめの格安SIM

乗り換えることで毎月の料金が安くなることはもちろん、端末購入ができる格安SIMならお得に購入できるキャリアを選ぶことも大切です。

今回ご紹介するのは、端末の種類が豊富で購入代金が安い楽天モバイルとワイモバイルの2社です。

端末はなくなり次第終了になるため、ぜひお早めにチェックしてください。

キャリア 月額料金(税込) 通話料金(税込) 速度
(下り)
割引
キャンペーン
回線の種類
楽天モバイル
従量制プラン(0~無制限)
~3GB:968円
3GB~20GB:2,068円
20GB~無制限:3,168円
通常料金:30秒22円
Rakuten Link利用時:0円
113.68Mbps ・最大12,000円ポイント還元
・端末代金最大26,930円引き
楽天
ワイモバイル
(シンプル2S:4GB)
音声通話+データ+SMS:2,150円 通常料金:22円/30秒
10分かけ放題:880円/月
無制限かけ放題:1,980円/月
85.35Mbps ソフトバンクからの乗り換えで基本料初月0円特典 ソフトバンク

引用:みんなのネット回線速度

※上記は、2024年6月直近3ヶ月に計測された通信速度の平均値を計算したものです。通信速度は場所・時間帯・通信環境によって変動するため、あくまでも目安として考えてください。

楽天モバイル|プログラムで25ヶ月目以降の残債が不要

楽天モバイル バナー

楽天モバイルは、最新のiPhone15シリーズや、Android端末なら話題のGalaxyやXperiaなどを豊富に取り揃えています。

料金の高い最新のスマホですが、「楽天モバイル買い替え超トクプログラム(48回払い)」を利用して25ヶ月目以降に機種変更をすれば、残債が不要になります。

最新のスマホは10〜15万円ほどするため、最新スマホを手にしたい方は本プログラムを利用しない手はないと言えるのではないでしょうか。

また、端末購入をすると 最大12,000円相当の楽天ポイント がバックされます。

楽天ポイントは楽天ショッピングやドラッグストアなどで利用できるので、生活費の足しにも嬉しいポイントです。

人気のスマホの購入価格(税込)
iPhone15(128GB ) 通常131,800円→支払い総額65,880円
(買い替え超トクプログラムで25ヶ月目に返却した場合)
iPhone14(128GB ) 通常120,800円→支払い総額60,384円
(買い替え超トクプログラムで25ヶ月目に返却した場合)
AQUOS wish3 通常29,700円→支払い総額9,700円
(キャンペーン適用した場合)
Xperia 10 V 通常59,290円→支払い総額32,360円
(キャンペーン適用した場合)
【楽天モバイル公式】詳細はこちら

ワイモバイル|端末が1円で購入可能

ワイモバイル バナー ※詳細はワイモバイルの公式サイト(https://www.ymobile.jp/store/)でご確認ください。

ワイモバイルは楽天モバイルほど最新機種の用意はないものの、本体価格が格安なため少しでも購入代金を抑えたい方におすすめです。

例えば、iPhone13なら本来115,200円(税込)ですがワイモバイルで購入すると 93,600円(税込)になります

Android端末ならなんと1円の機種もあり、AQUOS wish3が本来21,984円のところ1円で購入できます

また、ソフトバンク認定の中古端末も用意しているので「高性能な機種を少しでも安くしたい」という人にもおすすめです。

人気のスマホの購入価格(税込)
iPhone13 通常115,200円→93,600円
iPhoneSE(第3世代) 通常73,440円→55,440円
AQUOS wish3 通常21,984円→1円
Android One S10 通常31,680円→9,800円
【ワイモバイル公式】詳細はこちら

月3GB使えるおすすめ格安SIMに関するよくある質問

最後に、格安SIMの3GBプランに契約を検討している方からよくある質問についてお答えします。

メリットやデメリットを整理しながら契約を検討できるよう、こちらもぜひ参考にしてください。

3GBで足りなかったらギガの追加はできる?

基本的にどの格安SIMでもギガの追加は可能ですが、割高です。

例えば、ワイモバイルやLINEMOで3GBを超えた場合、1GB追加するごとに550円(税込)が発生します。

もし追加の可能性があるのであれば、従量課金制を導入している楽天モバイルがおすすめです。

【楽天モバイル公式】詳細はこちら

格安SIMに乗り換えるデメリットは?

通信速度が大手キャリアに比べると若干劣る点と、支払い方法の選択肢が狭い点です。

格安SIMは基本的に大手キャリアの回線を利用しているため、お昼の時間帯などの混雑時は繋がりにくいケースがあります。

また、支払い方法はどのキャリアでもクレジットカード払い一択です。

クレジットカード払いに抵抗がある方や、クレジットカードをお持ちでない方は、LPポイントを購入することで支払いに充当できるLinksMateがおすすめです。

【LinksMate公式】詳細はこちら

3大キャリアで3GBのプランはいくら?

ドコモ、au、ソフトバンクの3GBプランの料金は以下の通りです。

  • ドコモ(irumo):2,167円(税込)
  • ソフトバンク(ミニフィットプラン+):5,478円(税込)
  • au(スマホミニプラン 5G/4G):4,928円(税込)

ソフトバンクやauの場合は、格安SIMの料金と比べると3倍以上にも上ぼるため、コスパ重視でスマホを使いたいなら圧倒的に格安SIMを選ぶべきと言えるでしょう。

月3GB使えるおすすめ格安SIMまとめ

今回は3GBプランをお得に使える格安SIMをご紹介しました。

本記事で紹介した3GBプランで最もおすすめなのは、HISモバイルの3GBプランです。

HISモバイルは、音声通話付きプランが月額770円(税込)で利用できるにも関わらず、平均ダウンロード速度が100Mbpsと大手キャリア並みの非常に高速な通信ができます。

また、3GB以上使用するかもしれない場合は、使った分だけ支払う従量制プランの楽天モバイルもおすすめです。

月額料金や通信速度、端末代金、実施されているキャンペーンなどを基準にぜひご自身にあったプランを見つけてみてください。

【HISモバイル公式】詳細はこちら

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード