• Wi-Fi
  • 更新日:2023年10月09日

長期レンタルできるおすすめポケットWiFi9社!国内・海外・無制限の格安WiFi

長期レンタルできるおすすめポケットWiFi9社!国内・海外・無制限の格安WiFi

※当記事はPRを含みます。詳しくはこちら
※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。

一時帰国や長期の入院、海外旅行や出張の際に、1ヶ月や3ヶ月など数ヶ月だけWiFiを利用したいという方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、長期レンタルのWiFiです。レンタルサービスを利用すれば、数ヶ月のために端末を購入したりプロバイダ契約をしたりする必要はありません。

今回は、WiFiを1ヶ月以上長期レンタルするのはお得かどうかとあわせて、長期レンタルにおすすめのWiFiを紹介します。

国内利用と海外利用それぞれおすすめのWiFiレンタルサービスをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

WiFiを1ヶ月以上長期レンタルするのはお得?

お金を出してレンタル方法を選ぶ以上は、気になることはお得なのかどうかです。WiFiのレンタル自体、どのようなサービスなのかということを、解説していきます。

レンタルは初期費用などを抑えられる

旅行や出張、回線工事が終わるまでの期間など、一時的にしかWiFiを使わないなら、レンタルをすることで端末代金や利用料金を安く抑えられます。

通信会社などのポケットWiFiなどを新規契約すると初期費用がかかるほか、契約期間内に解約をすると違約金が発生しますが、レンタルすればそれらの費用は発生しません。

長期で借りるほど日額は安くなる

多くのWiFiレンタル会社では、レンタル期間が長くなるほどに1日あたりの利用料金が安くなる料金プランを提供しています。

例えば、あるサービスでレンタルする場合は、「1ヶ月のレンタルで1日約152円」「3ヶ月のレンタルで1日約133円」「6ヶ月のレンタルで1日約122円」「12ヶ月のレンタルでは1日116円」とされており、少しずつですが安くなっていることが分かります。

各社の長期プランでお得になる日数は異なる

WiFiのレンタルができる会社はいくつかあり、各社によって提供している料金プランが異なります。

利用する期間によってはお得に使えるレンタルサービスが変わってくるため、利用する期間を明確にしたうえで、比較してみるとよいでしょう。

一般的には20日程度のレンタルで、日額で借りるよりもお得になる場合が多いようです。

購入したほうが安くなるケースもある

頻繁に長期出張や海外旅行へ行くという人は、長期レンタルをするよりも購入したほうがお得になる場合があります。

利用するサービスによっては、延長利用の追加料金が高くつくことがあるため注意が必要です。

また、通信制限もあり快適に使用できなくなるリスクや、レンタルなので、万が一壊れてしまったときの弁償リスクも考えられるでしょう。

もちろん、購入型のWiFiは初期費用が高くつきますが、結果的にどちらがお得になるのかを見極めなければなりません。

購入型のWiFiも知りたい方は、こちらの料金が安いおすすめWiFiを比較した記事をご覧ください。

WiFiの長期レンタルがおすすめな場合

WiFiの長期レンタルをおすすめできるケースは、どのような場合なのでしょうか。いざレンタルをする前に、おすすめのケースをチェックしておきましょう。

海外旅行や出張をする場合

まず、WiFiの長期レンタルを利用するのにおすすめな人は、海外旅行や出張へ行くことが多い人です。

海外向けのWiFiレンタルだと、1ヶ月程度の旅行や出張、語学留学などで渡航するときに使用している人が多いようです。

ちなみに、海外向けであっても、対応している国が各社によって異なる場合もあるので、必ず事前に確認しておきましょう。

契約前のお試しとしてレンタル利用する場合

購入型のWiFiの場合、2年や3年といった契約期間の縛りがあることも少なくありません。

そのため、通信品質に不満を感じて契約解除するとなった場合でも、タイミング次第では違約金が発生してしまいます。

利用を検討しているWiFiの使用感に不安を感じている場合は、レンタルが可能か確認してください。

可能であれば、実際に利用して自分の生活圏で問題なく通信できるか確認してみるとよいでしょう。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/

引っ越しなどで一時的にWiFiが使えなくなる場合

引っ越しなどでWiFiの環境が用意できない場合の期間にもWiFiの長期レンタルがおすすめです。

引っ越し先で新たに固定回線を契約もしくはWiFiの環境を整えようとしても、予定が合わず長引くケースもあります。

そのような場合、WiFiの長期レンタルで環境が整うまで繋ぐという方法もあります。

また、WiFiレンタルサービスの多くは期間延長に対応しているため、予想外のケースに見舞われてしまった場合でも安心です。

【国内】おすすめ長期WiFiレンタル

国内で長期レンタルできる、おすすめのポケットWiFiを紹介していきます。

長期の旅行や出張、入院などでポケットWiFiのレンタル利用を検討している方はぜひ参考にしてください。

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむ

おすすめポイント

  • 当サイト限定のお得な料金でレンタルできる
  • 無制限ポケットWiFiが1ヶ月5,720円で使える
  • 15時までの申し込みで当日発送に対応
  • 国内の主要空港10ヶ所で受取可能

WiFiレンタルどっとこむは、利用者が累計1,800万人を突破・国内用WiFiレンタル5年連続1位を誇る人気のサービスです。

当サイトからの申し込みで通常価格よりも安くポケットWiFiをレンタルできます。

以下に無制限で使える「SoftBank E5383」をレンタルする場合の料金をまとめてみましたので参考にしてください。

SoftBank
E5383 無制限
限定価格
(税込)
通常価格
(税込)
1日 470円 496円
30泊31日 5,720円 7,430円
延長料金/日 184円 239円

※受取手数料が550円(税込)、返送手数料が517円〜550円(税込)かかります。

当サイト経由で申し込むと、データ無制限のポケットWiFiが2,000円近くお得に利用できます。1ヶ月程度の入院や一時帰国でポケットWiFiを利用したい人におすすめです。

1ヶ月を超える場合も、1日あたりの延長料金184円(税込)で利用できます。自動延長されるので、別途延長手続きをする必要はありません。

発送は、平日15時までの申し込みで当日発送に対応しています。

【WiFiレンタルどっとこむ】詳細はこちら

受取・返却方法

WiFiレンタルどっとこむでは、宅配・空港・コンビニ受け取りが可能です。

受取方法

  • 宅配受取
  • 空港受取
  • コンビニ受取

※どの方法も受け取り手数料は550円(税込)です。

返却方法は、以下の3つの方法があります。

返却方法

  • ポスト返却
  • 空港返却
  • 宅配返却

WiFiレンタルどっとこむは、返却方法によって返却手数料が異なります。

ポスト返却の場合は517円(税込)ですが、空港返却または宅配返却の場合は550円(税込)と少し高いため、ポスト返却がおすすめです。

利用終了日の翌朝8時までの投函で期限内の返却となります。

【WiFiレンタルどっとこむ】詳細はこちら

WiFiレンタル屋さん

出典:WiFiレンタル屋さん
  • 1ヶ月〜6ヶ月まで選べるお得なパック料金
  • WiMAXの5G端末をレンタルできる
  • 秋葉原の店舗で受け取り可能
  • 夕方17時までの注文で即日発送

WiFiレンタル屋さんは、株式会社ジェイフィールドが運営しています。レンタル実績100万件を達成し、10周年を迎えた老舗のレンタルWiFiサービスです。

レンタル料金は長い期間レンタルするほどお得で、1ヶ月〜6ヶ月までのお得なパックプランを提供しています。

ドコモやソフトバンク、auなどのポケットWiFiを取り扱っていますが、無制限で利用できるのはWiMAXの「Galaxy 5G WiFi」です。

WiMAX Galaxy 5G WiFiレンタル料金(税込)
1泊2日プラン 980円
13泊14日プラン 6,860円
1ヶ月パック
(15日〜31日)
7,350円
2ヶ月パック
(60泊61日)
13,050円
3ヶ月パック
(90泊91日)
18,300円
4ヶ月パック
(120泊121日)
23,000円
5ヶ月パック
(150泊151日)
27,800円
6ヶ月パック
(180泊181日)
32,000円

※往復送料1,100円(税込)がかかります。

発送は、土日祝日も17時まで即日発送に対応しているので、夕方の申し込みでも最短で翌日から利用できます。

【WiFiレンタル屋さん】詳細はこちら

受取・返却方法

受け取り方法は、以下の3つに対応しています。

受取方法

  • 宅配受取
  • 店舗受取
  • 空港受取

当日受け取りたい場合は秋葉原の店舗で即日受取が可能です。店舗受取なら送料分が値引きされるので、レンタルにかかる費用を抑えることができます。

返却方法は、ポスト返却又は店舗返却の2つの方法があります。

返却方法

  • ポスト返却
  • 店舗返却

ポスト返却を利用する場合は、レンタル終了日翌日午前8時までの投函で期限内の返却となります。

店舗返却する場合、営業時間内であればいつでも返却可能です。返送用のレターパックを持っていけば、注文時に請求された返送料を現金で返金してもらえます。

【WiFiレンタル屋さん】詳細はこちら

NETAGE

おすすめポイント

  • 築地事務所で即日受け取れる
  • 平日17時・土曜12時までの申込みなら当日発送
  • 無制限プランの取り扱い数が多い
  • 国内でも海外でも使えるWiFiがレンタルできる

NETAGEは、株式会社ベネフィットジャパン グループが運営するWiFiレンタルサービスです。

ドコモやソフトバンク、auなどキャリアのポケットWiFiの他に、データ無制限のWiMAXや海外でも利用できるクラウドSIMのWiFiを取り扱っています。

無制限で利用できるポケットWiFiは以下の通りです。

  • ドコモ:5G FS040W、5G FS030W
  • SoftBank:802ZT、601HM、501HW
  • WiMAX:5G X11

各キャリアとWiMAXのポケットWiFiから選べます。価格重視で選ぶなら、「SoftBank FS040W」がおすすめです。

以下に「SoftBank FS040W」をレンタルする場合の料金をまとめてみましたので参考にしてください。

無制限プラン (税込)
31日間 9,240円
32日以降 298円/日

※往復送料1,100円(税込)がかかります。

今ならソフトバンク、クラウドSIMの端末が最大40%オフでレンタル利用できるお得な「ハロウィーンキャンペーン」も実施中。10月31日16時までの申し込み分が対象です。

平日17時・土曜12時までの申し込みで当日発送に対応しています。

【NETAGE】詳細はこちら

受取・返却方法

受け取り方法は、宅配受取や店舗受取が利用できます。法人限定でバイク便受取も可能ですが、バイク便の送料は自己負担です。

受取方法

  • 宅配受取
  • 店舗受取
  • バイク便受取(法人限定)

当日受取は東京の築地事務所で対応しています。受付時間は平日と土曜の10:00~17:30までで、日曜と祝日は対応していませんので、ご注意ください。

返却方法は、宅配又はポスト返却の2つの方法があります。

返却方法

  • ポスト返却
  • 宅配返却

ポスト返却を利用する場合は、ポスト投函日または郵便局の消印日がレンタル終了日となります。手間がかからないおすすめの返却方法です。

宅配返却を利用する場合の送料は利用者自身の負担となります。

【NETAGE】詳細はこちら

MONSTER MOBILE

MONSTER MOBILE
  • プラン変更・ギガ追加で容量を増量できる
  • 契約期間・容量が選べる
  • 最短即日発送のスピード対応
  • 月初発送を希望できる

MONSTER MOBILEは、株式会社NEXTが運営するモバイルWiFiサービスです。

20/50/100GBまでの容量別プランから好みの容量を選択できます。

容量別プランは、縛りなしプランと2年プランがあり、縛りなしプランなら1ヶ月のみの利用も可能です。利用期間中のギガ追加やプラン変更もできます。

縛りなしプランの料金は以下をご確認ください。

データ容量 月額料金(税込)
20GB 2,640円
50GB 3,190円
100GB 3,938円

※契約事務手数料として初月に3,300円(税込)がかかります。

最短即日〜3営業日(無制限プランは5営業日)以内となっています。希望すれば次月の月初に発送してもらえるので、翌月から使いたいというときにも便利です。

今なら、14日間お試しキャンペーンを実施中です。

【MONSTER MOBILE】詳細はこちら

受取・返却方法

MONSTER MOBILEの受取方法は宅配受取のみです。

受取方法

  • 宅配受取

なお、返却する際には解約手続きが必要です。解約はWEBフォームで申請でき、毎月15日までに連絡すれば、当月末に解約できます。

解約後も月末までは利用できますので、利用期間が決まっている場合は余裕を持って手続きを行いましょう。

なお、返送時にかかる送料は自己負担となります。

【MONSTER MOBILE】詳細はこちら

縛りなしWiFi

  • レンタル期間が1日単位と1ヶ月単位で選べる
  • 最大5ヶ月間の値引きキャンペーンあり
  • クレカ以外の支払方法を選べる
  • 海外でも端末そのままで利用できる
  • 最短翌日発送

縛りなしWiFiは、フォン・ジャパン株式会社が提供しているレンタルWiFiです。

その名の通り契約期間の縛りがないので、いつ解約しても解約金や違約金はかかりません

料金体系は1日単位と1ヶ月単位の2種類なので、利用する期間にあったプランを選べるのが魅力です。

1日単位のレンタルプランは10GBのみですが、1ヶ月単位なら10〜90GBまで必要な容量を選べます。縛りなしWiFiを1ヶ月単位で利用する場合の料金は以下の通りです。

データ容量 キャンペーン料金
(税込)
月額料金
(税込)
10GB 1,980円 2,178円
30GB 2,800円 3,278円
60GB 3,480円 4,103円
90GB 3,940円 4,818円

※契約事務手数料として初月に3,300円(税込)がかかります。

縛りなしWiFiでは、現在「Go!Go!キャンペーン」を実施中です。容量に応じて、月額料金が最大5ヶ月間値引きされます。

容量が大きいほどお得なので、大容量WiFiのレンタルを検討している方には特におすすめです。

申し込み後、最短翌日発送に対応していて通常は発送から1日~3日ほどで端末が届きます。

【縛りなしWiFi公式】詳細はこちら

受取・返却方法

縛りなしWiFiの受取方法は宅配受取のみです。

受取方法

  • 宅配受取

返却する場合は、レンタル期間が1ヶ月ごとの自動更新なのでレンタルを終了する際に、マイページから解約手続きしてください。

25日までの申請で当月末での解約、26日以降の申請は、翌月末での解約となります。

なお、返却の際にかかる送料は自己負担です。

【縛りなしWiFi公式】詳細はこちら

【海外】おすすめ長期WiFiレンタル4社

続いては、海外向けの長期レンタルWiFiのおすすめを紹介していきます。選んだ基準は以下の通りです。

海外旅行や出張、短期留学用のポケットWiFiをレンタルする予定がある方は、ぜひ参考にしてください。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/

グローバルWiFi

グローバルWiFi

グローバルWiFiは、海外WiFiレンタル利用者数6年連続NO.1の会社です。

受け取り手数料が無料で、1,000円割引になるキャンペーンも実施していて、お得に利用できます。

おすすめポイント

  • 200以上の国と地域に対応
  • 安心のパケット定額制
  • 24時間365日サポート体制
対象国 早割料金/日
韓国 670円〜
ベトナム 770円〜
台湾
ハワイ
タイ
中国
アメリカ
グアム
シンガポール
970円〜

※海外で使用する通信料金は課税対象外です。

上記の料金プランは4G(高速)プランですが、他にも5G対応の無制限プランも用意されています。無制限プランの対応国は、韓国・台湾・ヨーロッパ・アメリカなど91カ国です。

また、対象国によっては、速度や容量など複数の料金プランから選択できます。

  • 5G(超高速)プラン:容量無制限
  • 4G(高速)プラン:容量無制限、超大容量(1.1GB/日)、大容量(600MB/日)、300MB/日
  • 3G(中速)プラン:大容量(600MB/日)、300MB/日
  • 2G/3G(低速)プラン:300MB/日

【グローバルWiFi公式】詳細はこちら

受取・返却方法

グローバルWiFiでは、以下の受取方法に対応しています。なお、受取手数料は550円(税込)です。

受取方法

  • 空港受取
  • 現地受取(ハワイ・韓国)
  • 宅配受取

国内で19ヶ所の空港と、35ヶ所のカウンターで受取・返却が可能です。

ハワイと韓国なら現地受取も可能なので、移動時間を含めない最短の期間でWiFiをレンタルできます。

また、事前にWiFiを受け取っておきたいという場合は、宅配受取も可能です。自分の目的に合った受取方法を選びましょう。

返却方法

  • 空港返却(返却ボックス)
  • 宅配返却

返却時は、空港の国内カウンターや返却BOXで簡単に返却できます

万が一空港に返却窓口がない場合や返却を忘れて帰宅してしまった場合も、宅配便での返却が可能です。

【グローバルWiFi公式】詳細はこちら

海外WiFiレンタルショップ

海外WiFiレンタルショップ

海外WiFiレンタルショップは、電源を入れなかった日は料金無料という業界初のサービスを提供しています。

    おすすめポイント

  • 電源を入れなかった日は通信料無料
  • 最大5日前に受け取りできる
  • 帰国後はポストに返却するだけ
地域 1GBプラン
1日~
無制限プラン
1日~
アメリカ・ハワイ 600円(税込) 1,150円(税込)
グアム 800円(税込) 980円(税込)
韓国 500円(税込) 750円(税込)
台湾・香港 500円(税込) 700円(税込)
中国 600円(税込) 900円(税込)
タイ 500円(税込) 650円(税込)
シンガポール 600円(税込) 750円(税込)
フィリピン 700円(税込) 800円(税込)
ベトナム 500円(税込) 650円(税込)
スペイン 700円(税込) 850円(税込)

通信料は、「国による利用料金×電源を入れた日数」+「レンタル料金220円(税込)/日」です。

電源を入れなかった日は通信料が発生しないため、上手く利用すれば無駄な通信料を抑えられるでしょう(※)

海外WiFiレンタルショップは手続きもネットから簡単に申し込めて、平日15時までに申し込めば当日発送してもらえます。

※ レンタル料は、電源OFFの日も発生します。

【海外WiFiレンタルショップ公式】
詳細はこちら

受取・返却方法

受け取り方法は、以下3つから選択可能です。

受取方法

  • 宅配受取
  • コンビニ受取
  • 店頭受取

コンビニなら、全国のローソン・ミニストップのLoppiが設置されている店舗で、好きな時間に受け取りできます。

宅配で受け取りの場合、最大5日前に商品を受け取れます。出発の2日前までの指定は無料で、3~5日前なら+550円(税込)で発送してもらえます。

出発直前にバタバタしたくない、早めに商品を受け取っておきたいという方は、宅配での受け取りがおすすめです。

ホテルでの受け取りも可能ですが、受け取りたい日の3営業日以上前の15時までの注文が必要なので、余裕をもって申し込みましょう。

返却方法

  • ポスト返却

返却方法は、レンタルした商品を専用の袋に入れて、日本到着日の翌日午前中までにポスト投函するだけでOKです。

返却期限に返却ができなかった場合はその旨をメールで連絡してください。

期限を超過したあとに端末の返却が確認できなかったり連絡が取れなかったりすると、延滞料金が発生するため注意しましょう。

【海外WiFiレンタルショップ公式】
詳細はこちら

jetfi

jetfi

jetfiは、国内でも海外でも利用できるクラウドSIMのポケットWiFiをレンタルできます。

日本国内でも、追加費用なしで利用可能です。端末が到着したその日から接続できるので、出発前に設定を済ませることができます。

おすすめポイント

  • クラウドSIMで日本でも海外でも使える
  • 世界100カ国以上の国で利用できる
  • 1カ国・周遊どちらにも対応
  • 海外旅行保険とセットでお得になる
  • 1日198円(税込)の電話かけ放題オプション
1カ国プラン 容量/日
350MB 500MB 1GB 無制限
アジア 878円~ 1,170円~ 1,270円~ 2,070円~
アジア以外 953円~ 1,270円~ 1,570円~ 2,200円~

※海外で使用する通信料金は課税対象外です。
※無制限プランはjet-phoneの利用はできません。

上記は1カ国のみで利用できるWiFiのレンタル料金の一部を紹介しています。

アジアやヨーロッパなどで複数カ国に滞在する場合は、周遊プランも利用可能です。周遊プランの料金については、公式ホームページで確認してください。

なお、jetfiでは、通話機能を搭載した海外WiFiルーターを提供しています。「jet-phone機能」オプションを申し込めば、海外から日本へ1日198円(税込)で電話がかけ放題になります。

海外で電話をかける機会が多い方にとっては、お得なオプションサービスですので、ぜひ活用しましょう。

なお、法人限定のカスタムプランも提供していますので、仕事で海外出張に行くという場合は、ぜひ相談してみてください。

【jetfi公式】詳細はこちら

受取・返却方法

jetfiでは、以下の受取方法に対応しています。

受取方法

  • 空港受取
  • コンビニ受取
  • 郵便局受取
  • 宅配受取

空港受取に関しては、空港カウンターが設けられているわけではなく空港内のコンビニや郵便局での受け取りとなります。

空港によって営業時間が異なりますので、受取予定の時間に営業しているか事前に確認しておくのがおすすめです。

返却の際は、申し込み時に選択した方法で返却します。

返却方法

  • 返却パック同梱
  • 自分自身で返送

「返却パック同梱」を選んだ場合、同梱されているレターパックを使って郵便局に持ち込むかポスト投函で返却してください。なお、レターパックを紛失しないように注意しましょう。

「お客様ご自身で返送」を選択した場合は、宅配便などを利用して下記の返送先に返却してください。

返送先住所
  • 〒110-0016
    東京都台東区台東2-29-3 米十永野ビル1階
    jetfi配送センター 宛

【jetfi公式】詳細はこちら

U.S.DATA

U.S.DATA

U.S.DATAは、名前の通りアメリカ専用のWiFiレンタルサービスです。

米大手通信会社「Verizon社」と「AT&T社」の回線を利用しており、通信エリアはアメリカ全土(アラスカ州を除く)をカバーしています。

おすすめポイント

  • データ利用が完全無制限
  • 超高速の4G対応
  • 長時間利用できる大容量バッテリー
  • 往復配送料が無料
  • 1日608円〜で業界最安級
容量 料金/日
300MB 608円
700MG 618円
1GB 663円
無制限 890円

※海外で使用する通信料金は課税対象外です。

レンタル料金の最安は608円/日(300MB)で、無制限プランでも890円/日と格安です。申し込み時に、必要な容量を選択しましょう。

また、現在U.S.DATAでは、往復の送料無料キャンペーンを実施中です。通常1,100円(税込)が無料になるので、お得にレンタルできます。

【U.S.DATA】詳細はこちら

受取・返却方法

U.S.DATAでは、以下の受取方法に対応しています。

受取方法

  • 空港受取
  • 宅配受取

空港受け取りを選択する場合は、各空港内のJALエービーシー又は郵便局で受け取ります。

窓口によって営業時間が異なるため、営業時間内に受け取れるようにしましょう。

なお、羽田空港で受け取る場合は、受け取り手数料として500円がかかります。また、22時をすぎると深夜受取手数料として別途200円がかかるため、ご注意ください。

返却方法

  • ポスト返却

返却の際は、同梱されているレターパックを利用します。利用が終了したらレターパックにレンタルしたものを一式入れ、郵便局に持ち込むか郵便ポストに投函するだけです。

【U.S.DATA】詳細はこちら

WiFiを長期レンタルする際の注意点

購入型でもレンタル型でも、メリット・デメリットがありますが、WiFiを長期レンタルするときには、注意しなければならないことがあります。

利用するにあたっては、注意点をよく踏まえておきましょう。

必要なデータ容量や速度を選択する

レンタルできるWiFiにはさまざまな機種があり、それぞれデータ容量や通信速度などのスペックが異なります。

安さだけで選んでしまうと、後々「データ容量が足りない」「通信速度が遅い」といったトラブルにつながりかねません。

WiFiレンタルを申し込む前に、どれくらいの通信速度が必要なのかを把握し、適したものを選ぶ必要があります。

データ容量を気にしたくない方や利用中に低速になると困るという場合は、無制限プランがあるWiFiをレンタルしましょう。

契約期間の確認が必要

WiFiをレンタルする場合、契約期間について必ず確認しておきましょう

利用開始期間を間違えてしまうと、必要な日に受取できず、最悪の場合はせっかく手配したWiFiが無駄になってしまいます。

また、契約期間内にWiFiを返却できないと、延滞料金や違約金が発生することがあるため注意が必要です。

旅程の変更や不測の事態により予定通りに返却ができなくなることも考えられます。このような場合に備えて、延長手続きや延長料金についても確認しておくと安心です。

総額でかかる費用を比較する

WiFiレンタルにかかるトータル費用を確認しておくことも大切です。利用するサービスによって配送料や事務手数料などが異なります。

基本的にWiFiレンタルサービスは事務手数料や違約金などはかかりません。レンタル料金以外にかかるのは、受取と返却にかかる送料などで往復で1000円程度です。

レンタルではなく、WiFiサービスの縛りなしプランなどを利用する場合は契約事務手数料として3000円程度の費用がかかります。

受取時の送料はかかりませんが、返送時の送料は自己負担となりますので、ご注意ください。

また、万が一に備えて機器保証などのオプションを追加する場合も、忘れずにトータル費用に加算して比較するようにしてください。

長期プランが割高な場合がある

レンタルが長期になるほど料金が安くなるプランが多い中で、料金が変わらない場合や割高になるプランを提供しているレンタルサービスもあります。

1ヶ月間のレンタル料金が低価格であっても、トータルで安くなるとは限らないことを覚えておきましょう。

レンタル期間を決めておき、各社で長期プランを比較検討しましょう。あとから損だったとならないように、きちんと見極めることが大切です。

海外ではSIMのほうが安いことがある

海外での通信料を抑える一つの手段として、海外SIMを購入する方法があります。

ポケットWiFiよりも料金が安いことが多く、端末をレンタルする必要がないので、有料の補償オプションなどに入る必要もありません

物理SIMやeSIMなどを予めネットで購入しておけば、手持ちのSIMフリースマホやポケットWiFiが海外で利用できます。

ただし、自分でSIMの設定をする必要があるため、不安がある方は取り扱いが簡単なWiFiをレンタルしておいたほうがよいでしょう。

WiFiを長期レンタルするときの流れ

WiFiを長期で借りる時の申し込み~返却までの基本的な流れを説明します。レンタル会社によって申し込みや返却方法は異なりますので、参考程度にご覧ください。

WiFiレンタルの流れ

  1. WiFiを申し込む
  2. 端末が届いて利用する
  3. 契約期間が終わったら返却する

上記の流れに沿って利用していくことになります。1つずつ詳細について見ていきましょう。

WiFiを申し込む

まずはレンタルしたいWiFiを決めて申し込みを行います。ここで必ずおさえておきたいことが次の3点になります。

確認しておきたいこと

  • 契約期間
  • 終了日・返却日
  • レンタルにかかるトータルコスト

契約期間をきちんと把握していないと、レンタル終了日や返却日を過ぎて違約金を請求されたり、延長料金がかかったりします。

無駄な費用をかけないためにも、事前に確認をしておきましょう。

端末が届いて利用する

端末が届いたら、利用開始に向け準備していきましょう。

基本的にレンタル日数は届いた日を1日目とします。ただし一部のサービスでは発送日を1日目とする場合もありますので確認が必要です。

端末が届いたら、まずはテスト通信を行ってください

発送中に何らかの影響で故障して使えないということも考えられるので、すぐに使用する予定が無くても動作チェックはおこなっておきましょう。

契約期間が終わったら返却する

契約期間が終わったら端末を返却しましょう。返却日についてはサービスによって違いますので、必ず把握しておく必要があります。

特に、レンタル機器が「期限日当日中まで」に到着するように返却の手続きをする必要がある場合は注意が必要です。

郵送の期間も含めて期限日までに返却できるよう、あらかじめ返却手続きを行う日を決めておくと安心です。

長期契約ならカシモWiMAXがお得!

カシモWiMAX

※カシモWiMAXは株式会社マーケットエンタープライズの関連会社、株式会社MEモバイルが運営しています。
※月額4,378円(税込)のプランは受付終了し、新プランへ移行しました。

長期で契約をするなら、カシモWiMAXがおすすめです。

5G対応の無制限プランが初月1,408円(税込)、翌月以降はずっと月額4,378円(税込)と格安で利用できます。分割支払いを選択すれば、端末代金も実質0円です。

さらに、au・UQ WiMAXモバイルユーザーならスマホセット割が適用されます。毎月のスマホ代が最大1,100円(税込)が割引になるため、よりお得です。

今なら新規申込みで10,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中。

【カシモWiMAX公式】詳細はこちら

長期レンタルできるおすすめのWiFiまとめ

今回は、1ヶ月や3ヶ月などの長期利用におすすめのレンタルWiFiを紹介しました。WiFiレンタルサービスはたくさんあり、サービスごとにレンタル料金や手数料が異なります。

割高なサービスやプランを選択しないよう、自分が利用する期間と必要な容量に応じて各社の料金を比較することが大切です。

なお、半年以上WiFiを利用する予定なら、レンタルよりも端末を購入したほうが安く済む場合があります。

おすすめのポケットWiFiをまとめた記事がありますので、こちらもあわせてチェックしてみてください。

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード