Androidおすすめ

スマホを紛失したときの対処法|万が一でも悪用させない!事前対策から紛失防止グッズまでご紹介

スマホを紛失した際には、素早く対処して端末を見つけなければなりません。スムーズに見つけるためには、事前に設定をしておくことが大切です。紛失時に備える事前策からなくした時の対処法までを確認しておくことで、スマホ紛失のリスクに備えましょう。
新型ihone12噂 スマホを紛失したときの対処法|万が一でも悪用させない!事前対策から紛失防止グッズまでご紹介

普段スマホを使っていて、もっとも怖いのが紛失です。スマホが使えなくなるのは不便ですが、それ以上に誰かに拾われて悪用されるリスクも少なくありません。

スマホには個人情報が大量に入っているため、紛失すると非常に危険です。紛失時に備える事前策から、なくしてしまったときの対処法までを良く知り、万が一の事態が起きても焦らず行動することが大切です。

スマホを紛失したときの対処法

実際にスマホを紛失してしまった場合は、以下の方法で対処します。

  • 悪用されないことを最優先に行動する
  • iPhoneを探す機能を使ってスマホを探す
  • Androidデバイスマネージャーを使ってスマホを探す

状況に応じて用いる方法は異なりますが、素早く行動することが大切です。

悪用されないことを最優先に行動する

スマホ紛失時の最優先事項は、「悪用されないこと」です。検索機能を使ってスマホを探せるなら、第三者に拾われないうちに素早く回収しなければなりません。また、事前設定をしておらず検索機能が使えない場合は、契約している携帯キャリアに連絡して、回線を一時停止してもらうことが大切です。(検索機能の事前設定については後述します)

各キャリアの店舗窓口だけではなく、公式サイトから遠隔操作して画面のロックや回線の一時停止はできます。時間の経過に従って悪用されるリスクは高まるため、何をすべきか素早く判断して行動することが大切です。

【iPhoneを探す】を使ってスマホを探す

「iPhoneを探す」をオンにしているなら、この機能を使って紛失したスマホを探せます。機能を利用する際の手順は、大きく以下2つです。

  1. 別の端末を用意してサインイン
  2. 紛失したiPhoneを遠隔操作する

なくしたときに備えて、操作方法も把握しておくことが大切です。

別の端末を用意してサインイン

「iPhoneを探す」を使うには、別の端末を使ってサインインしなければなりません。iPadやMacならサインインできるため、自身で持っている別の端末を使うか、他の人に借りるかして端末を用意します。

設定から「iPhoneを探す」を選択すると、Apple IDとパスワードの入力を求められます。紛失したiPhoneの情報を打ち込むと、画面上に地図が表示され、スマホの位置情報が確認可能です。

紛失したiPhoneを遠隔操作する

地図上で紛失したiPhoneの位置が表示されたものの、詳細な場所が分からなかったり、iPhoneがある場所に行くまでに時間がかかる場合があります。

「iPhoneを探す」では、位置情報を表示するだけではなく遠隔操作も可能なため、これも使いながら探すことが大切です。

紛失した場所付近に来たものの、どこにあるのか分からないなら、「サウンド再生」を使用します。紛失したiPhoneから音が鳴るため、近くまで来ているのに見つからないときにおすすめです。また、すぐに現場に向かえず、第三者に悪用される危険性があるなら、「紛失モード」をオンにして画面をロックできます。

また、拾った人向けにメッセージや連絡先も通知できるため、すぐに見つけられないときに使うのがおすすめです。どうしても見つからず、悪用される危険性が高いなら、「iPhoneを消去」を選択しデータを削除します。

バックアップを取っているなら見つけた後に復元し、元通りの状態に戻せます。最終手段のデータ消去を使う場合に備えて、バックアップはこまめに取っておくことが大切です。

Androidデバイスマネージャーを使ってスマホを探す

Android端末の場合は、「デバイスマネージャー」を使って紛失したスマホを探します。使い方はiPhoneとほぼ同じで、紛失したスマホの情報を使ってログインし、位置情報から紛失場所を辿るだけです。ただし、細かい操作方法や機能はiPhoneとは違うため、注意が必要です。

別の端末を用意してログイン

紛失したスマホは、別のAndroid端末からログインして探します。Android端末でGoogle playを開き「端末を探す」というアプリをインストールします。アプリ起動後、紛失したスマホで使っているGoogleアカウントでログインすると、スマホの位置情報が確認可能です。

紛失したスマホを遠隔操作する

Androidのデバイスマネージャーでも遠隔操作が可能であり、使える機能は以下の3つです。

  • 音を鳴らす:スマホから着信音を5分間鳴らす
  • 遠隔ロック:スマホにロックをかけメッセージと連絡先を表示する。
  • 遠隔消去:スマホのすべてのデータを削除する

周囲まで来て見つからないなら音を鳴らす、回収までに時間がかかりそうなら遠隔ロックで悪用を防ぐのがおすすめです。遠隔消去は最終手段であり、これを使うためにもバックアップはこまめに取っておかなければなりません。

どうしてもスマホが見つからないときは

紛失時に備えた予防策を講じ、対処法を試しても、どうしても見つからないということはあります。紛失したスマホが発見できないなら、以下の方法で対処が必要です。

  • キャリアに連絡して回線を停止する
  • データを消去する
  • 遺失物届を提出する

まずは自身でしっかり探し、それでもだめだった場合のみ、これらの方法を用います。

キャリアに連絡して回線を停止する

スマホが見つからないなら、悪用を防ぐためにも回線をストップさせることが大切です。契約している携帯キャリアに連絡すると、回線を一時的にストップさせられます。

店舗窓口に行かなくても、公式サイトから手続きは可能なため、素早く行うことが大切です。スマホが見つかった後は、回線再開の手続きをすることで、これまで通りに使用できます。

遠隔操作でデータを消去する

回線を停止しても完全に安全とは言えないため、万全を期すならデータを消去しなければなりません。iPhone、Androidともに事前設定をしているなら、遠隔操作でデータの消去は可能です。また、携帯キャリアに申し出ることで、端末のリセットやSDカードのデータ消去もできます。

データを消してもバックアップがあるなら、復元できるため問題ありません。データ消去は最大の防御と言えるため、個人情報漏洩やスマホの悪用を防ぐにはおすすめです。

遺失物届を提出する

回線の停止やデータの消去をした後も見つからないなら、警察に遺失物届を出すのがおすすめです。いつ、どの辺で落とした覚えがあるのか、スマホの特徴はどのようなものかを伝えると、見つかったときに連絡してもらえます。

ただし、遺失物届の提出は、あくまで見つかった場合に連絡が来るだけで、探してもらえるわけではありません。スマホが見つかるかどうかは運次第と言えるため、提出後は見つかるまで気長に待つ必要があります。

スマホの紛失を防止するおすすめグッズを紹介

紛失後の対処も大切ですが、まずはなくさないことが大切です。紛失防止のグッズは、以下の6つがおすすめです。

  • ROCONTRIP スマホストラップ
  • Toovren スマホストラップ
  • Tile Mate
  • GLCON キーファインダー
  • GLCON キーファインダー 探し物発見器
  • Aosnow キーファインダー

これらはスマホの紛失を防止したり、失くした際に探しやすくしたりする効果があります。

iPhone格安SIM通信アンケート

ROCONTRIP スマホストラップ

スマホホルダーとネックストラップの両方の機能を持つ「ROCONTRIP スマホストラップ」は、スマホの落下防止に役立ちます。落下による故障から守れるだけではなく、首掛けで常にスマホを確認できるため、紛失の防止にも繋がります。

シリコン製のホルダーは伸縮性が高く、着脱しやすいのが特徴です。伸縮性の高さから4.7~6.5インチのスマホに対応しており、iPhoneやAndroidと機種を選ばず付けるのも魅力と言えます。

Toovren スマホストラップ

ピンクの可愛いデザインが特徴の「Toovren スマホストラップ」は、愛らしい見た目に反して耐久性に優れています。衝撃吸収力の高いシリコン素材が使われているため、落下に強くスマホを外部の衝撃から守ります。また、ネックストラップが付いているため、首からかけておくと紛失する心配もありません。

対応画面サイズは4.5~6.0インチと幅広く、小型サイズに対応しているのも魅力です。ネックストラップの強度は最大500gのため、長く使用していてもストラップが切れる心配はありません。

Tile Mate

紛失したスマホの位置を特定したいなら、「Tile Mate」がおすすめです。Tile Mateはスマホに取り付けるだけで使え、近くに端末がある状態でTile Mateをダブルクリックすると音を鳴らせます。外出先で紛失した場合だけではなく、自宅でスマホがどこに行ったか分からないときにも便利です。

また、自分で探すだけではなく、Tile Mateを使っている他の人に探してもらうこともできます。Tile Mateを利用している人が、スマホの近くを通ると、アプリに通知が来ます。通信距離は最大45mですが、他の利用者も含めるならスマホの探索はしやすいと言えるでしょう。

GLCON キーファインダー

スマホにタグを取り付ける「GLCON キーファインダー」は、専用アプリでタグを鳴らして場所を特定できます。コンパクトサイズのタグのため、付けていても邪魔になりません。

また、タグのボタンを数回押すと、Bluetoothを使ってスマホを鳴らせます。スマホとタグの通信が途切れた場合は警告音で知らせてくれるため、紛失の防止にも役立ちます。

GLCON キーファインダー 探し物発見器

キーリングと固定用粘着シールを使う「GLCON キーファインダー 探し物発見器」は、紛失物の位置を音で知らせてくれます。送信機1つに対して受信機は6つあり、それぞれ対応したボタンを押すと、その番号の受信機が音を鳴らします。

スマホに取り付けるだけではなく、その他複数の持ち物にも付けられるため、物をなくしがちな人におすすめです。ネット環境が不要であり、最大35mまで通信できます。

Aosnow キーファインダー

カラフルなデザインが特徴の「Aosnow キーファインダー」は、色分けされた端末を取り付けることで、音を鳴らして紛失物の場所を知らせます。赤、青、緑、紫の4色があり、送信機のボタンを押すと、対応する色の端末が鳴ります。

コンパクトなサイズで取り付けがしやすく、スマホならキーリングと固定用粘着シールの両方で取り付け可能です。スマホ以外にも取り付けられるため、各種小物もすぐに探したい人におすすめです。​

万が一のスマホを紛失に備えて事前にすべきこと

スマホは紛失しないよう大切に扱うことが大切ですが、どれだけ気をつけていてもなくしてしまうことはあります。万が一の場合に備えるためにも、紛失時に素早く対応できるよう準備をしておくことが大切です。

  • 悪用されないためにセキュリティ対策をしておく
  • スマホを探すための事前設定をしておく

これら2つの対策をしておくと、仮に紛失してもスムーズに対処できます。

悪用されないためにセキュリティ対策をしておく

スマホ紛失の際にもっとも怖いのは、データの悪用です。これを防ぐためには、日頃からセキュリティ対策をしておかなければなりません。ロック画面を開くためのパスコード設定は4ケタよりも多い数で設定するのが無難です。

また、アプリごとにロックをかけられるものは、二重にかけておくとさらに安心です。iPhoneでもAndroidでも、それぞれSIM PINを登録し、SIMカードにロックがかけられます。設定からSIM PINのロックはかけられるため、事前にやっておくことが大切です。

もっとも強力なセキュリティ対策は、データを消してしまうことです。紛失時に遠隔操作でデータを消しても問題がないよう、こまめにバックアップを取ることも重要な対策と言えます。

スマホを探すための事前設定をしておく

紛失したスマホはアプリを使うことで、GPS信号を読み取り、場所を検索できます。どこで落としたかと記憶を辿って探す必要がないため、より確実に素早くスマホを見つけられます。

ただし、検索アプリを使うには、事前に設定をしておかなければなりません。設定をしていないとアプリが使えず、記憶を手繰りながら探すことになります。

iPhoneの場合

設定アプリから「Apple ID」→「iCloud」と進むと、「iPhoneを探す」という項目があります。「iPhoneを探す」は機能をオンにしているだけで利用可能です。

初期設定ではオンになっていますが、自身でオフに変更していると機能が使えなくなるため注意しなければなりません。

Androidの場合

設定からGPSをオンにし、「端末を探す」もオンにすると、「デバイスマネージャー」という機能が使えます。これも端末を探す機能であり、両方がオンになっていないと使えないため注意が必要です。名称が違うものの、基本的な機能はiPhoneもAndroidもほとんど同じです。

スマホ紛失時に備えて対策しておこう

大切に使っているつもりでも、ふとした拍子にスマホを紛失することはあります。万が一紛失した場合に備えて、事前に対策をしておくことが大切です。

スマホの紛失防止から紛失時の対策、なくしたときの対処法まで身につけて、不測の事態にもスムーズに対応しましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年07月26日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード