Androidおすすめ

世界で話題の高性能スマホ!HUAWEI Mate 20 Pro情報まとめ

10月16日に発表された、HUAWEIのMate 20 Proのデザイン・CPU・カメラ・メモリ・ストレージ・価格等のスペック情報をまとめました。Leica監修レンズのカメラ機能や大容量メモリ、日本での発売日等、気になる新製品情報をご紹介します。
docomo 世界で話題の高性能スマホ!HUAWEI Mate 20 Pro情報まとめ

HUAWEIの「Mate 20 Pro」をご存知でしょうか。

海外ではすでに発売となっていて、今秋発売されたスマートフォンの中でも高性能ということで話題となっています。

今回はそんなHUAWEIの新スマートフォン「Mate 20 Pro」をご紹介していきます。

\新キャンペーン続々登場!/
docomo

HUAWEI(ファーウェイ)とは?

HUAWEI(ファーウェイ)は1987年に設立された中国の会社で、通信事業者向けネットワーク事業などを手がける大企業です。

最近では高性能なスマートフォンで有名で、シェアを拡大しています。

そんなHUAWEIが手がけた新作スマホMate 20 Proはどんなスマホなのでしょうか。詳細を見ていきましょう。

HUAWEI Mate 20 Proのスペック

HUAWEI Mate 20 Proのスペック一覧は以下のとおりです。

デザイン

カラーは4種類を展開しており、どれもシックで落ち着いた大人のデザインです。

参考までにカラーの一つである「トワイライト」は「ミッドナイトブルー」より明るめでツヤのある青色となっています。

6.39インチの大型スクリーンはノッチ付きの「OLED(有機EL)ディスプレイ」になっています。OLEDディスプレイは色彩豊かなことでも知られています。

また、厚みは8.6mmと薄く、重さも189gと非常に軽いです。持ちやすいようにスムーズで流れるようなデザインになっていることも特徴的です。

CPU

HUAWEI Mate 20 Proは、HUAWEI最新のCPUである「Kirin 980」を搭載しています。

こちらのCPUは従来のものより、CPUのパフォーマンスが75%も向上しており、GPUに関しても46%もパフォーマンスが向上しています。

\半年間実質0円!/
LINEMO

カメラのスペックが高い!

カメラは先程ご紹介したとおり、メインカメラの画素数はなんと4000万画素。

さらには、それを2000万画素と800万画素のカラーセンサーカメラを搭載したLeica(ライカ)トリプルカメラです。

Leica(ライカ)はライカカメラ社の商品名であり、この会社のカメラは世界的に愛好家が多いことで有名です。

そんなLeica(ライカ)監修の下、HUAWEI Mate 20 Proのカメラの性能は格段にアップしました。

四角いカメラユニットはとてもユニークで目を引きます。しかもAIの認識機能により、より優れた写真を撮ることが出来ます。

さらには夜景にも強く、手ブレや写真がぼやけることなく、バランス良いコントラストで写真を撮ることが可能です。

接写機能も進化していて、ワイドアングルレンズにより、被写体から2.5cmのという近さから接写が可能です。

「AIシネマモード」ではまるで映画監督になった気分で写真・動画を撮ることができます。

21:9の比率によるスクリーンでワイドな撮影、また「リアルタイムHDR」により、色つぶれの少ない写真を撮影することが出来ます。

機能

HUAWEI Mate 20 Pro防水機能「IP67」を搭載しています。

IP67は完全な防塵構造と水面下(15cm〜1m)に30分間までは耐えられるという高い防塵・防水性能を持ち合わせています。そのため、ビーチや雨の中でも使用することができます。

また、3D顔認証機能も搭載しており、30000点以上もの顔のポイントを認識して、認証を行います。

この機能はアプリ、個人情報のロック解除にも使用でき、セキュリティ対策としても有効です。

さらには、指認証をスクリーン内で解除することも可能です。画面内に指認証機能が埋め込まれており、デザイン性を保ったままセキュリティもしっかりとしたデザインになっています。

メモリとストレージ

メモリとストレージはそれぞれ以下の通りとなっています。

  • 6GB / 128GB
  • 8GB / 256GB

通常のスマートフォンのメモリは多くて約4GBですが、HUAWEI Mate 20 Proそれを大幅に超える最大8GBのメモリがあります。

Apple最新のiPhoneXSでもメモリは4GBなので、どれほどHUAWEI Mate 20 Proのメモリが多いかがわかります。

メモリが多ければ多いほど多くのアプリを開けるため、作業効率が上がるということです。

また、ストレージは保存容量を表し、こちらも多ければ多いほど保存容量が上がります。

8.6mmという薄さにそれほどのメモリやストレージが組み込まれているのは、本当にすごいですよね。

バッテリー

大容量のバッテリーは4200mAhもあります。

40Wの充電にも対応していて、さらには30分間の充電で、70%のバッテリーを高速充電することができるそうです。

また、15Wのワイヤレス高速充電も可能で、HUAWEI Mate 20 Proをバッテリーとして他のワイヤレス充電に対応したスマートフォンなどに充電することができます。

HUAWEI Mate 20 Proの購入はこちら

HUAWEI Mate 20 Proの発売日はいつ?

日本ではSIMフリー版とソフトバンク版の発売が予定されています。

ソフトバンク版は12月中旬とまだ確定していませんが、SIMフリー版は11月30日(金)より発売中です。

価格

ソフトバンクでの価格は未発表ですが、SIMフリー版は11万1880円(税抜)と発表されています。

予約方法

日本での発売が発表されていないため未定です。HUAWEIからの発表を待ちましょう。

HUAWEI Mate 20 Proの購入はこちら

HUAWEI Mate 20 Proはこんな人におすすめ!

重い作業をすることが多い方

ビジネスなどで重いファイルやアプリなどを使用する方に、HUAWEI Mate 20 Proはとてもおすすめです。

メモリが最大8GBと多いことから、様々なタスクを開いても重くなりにくく、CPUであるHUAWEI Kirin 980は従来のものに比べてパフォーマンスが向上しているので、重い作業でもサクサクこなせるのではないのでしょうか。

重いゲームを頻繁にする方

最近のスマホゲームといえば、グラフィックス性が上がり高画質なものばかりですよね。

ですが、その分スマホへの負担が大きく、動きなどが遅くなりやすいです。

そんな方には高性能のHUAWEI Mate 20 Proはピッタリと言えるでしょう。

カメラの性能がいいスマホが欲しい方

ご紹介したとおり、HUAWEI Mate 20 ProはLeica(ライカ)トリプルカメラを搭載し、カメラ性能に大きく重点を置いた機能性となっています。

AIが自動で写真を様々なカテゴリから調整してくれるため、初心者の方でも、きれいな写真を取ることが出来ます。

また、夜景に強いこともおすすめの理由の一つです。HUAWEI Mate 20 Proで写真を撮って高画質で思い出を残してみてはいかがでしょうか。

HUAWEI Mate 20 Proの購入はこちら

驚異のハイスペックスマホを手に入れよう!

ハイスペックでデザイン性にも優れている、HUAWEI Mate 20 Proをご紹介しました。

HUAWEI Mate 20 Proへ買い替えを考えている方は、故障や画面割れに備えて「モバイル保険」に加入しておきましょう。

月々わずかな金額を支払うだけで、高額な修理費用を支払う事態を防ぐことができます。

キャリアの補償とモバイル保険の補償金額を比較した、こちらの記事もぜひご覧ください。

HUAWEI Mate 20 Proの購入はこちら

公開日時 : 2018年11月22日

ひろこがね ― ライター
ひろこがね ― ライター

英語を学んでいるごく普通の女子大生。趣味は映画を観ることと、パソコンをいじることです。柴犬が大好きです。アメリカにはたまに足を運びます。

関連キーワード