ギガWiFiの評判・口コミをもとに徹底調査|どんな人におすすめ?

クラウド型ポケットWiFiを業界最安級の月額料金で提供するギガWi-Fi。この記事では、口コミや評判をもとにギガWi-Fiを解説しています。料金プランや申し込み手順もあわせて解説しているので、これからギガWi-Fiの利用を検討している方は必見です。
【公式】カシモWiMAX ギガWiFiの評判・口コミをもとに徹底調査|どんな人におすすめ?

ギガWiFiはクラウド型のポケットWiFiで、業界最安級の月額料金で利用できる点が魅力です。とはいえ、ユーザーによる口コミには良いものと悪いものの両方があります。

利用前に様々な評判を知り、あなたにとってメリットが大きいかどうかを検討することが大切です。

この記事では、口コミや評判をもとにギガWiFiについて解説していきます。

料金プランや申し込み手順もあわせて解説しているので、これからギガWiFiの利用を検討している方はぜひ役立ててください。

※この記事で紹介する速度は、あくまで理論値です。お住まいの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

ギガWiFiの特徴

ギガWiFiの特徴

ギガWiFiは、株式会社メディアサービスが運営するポケットWiFiです。無制限プランはありませんが、50GBと100GBの大容量プランを用意しています。

はじめに、ギガWiFiの特徴について理解を深めていきましょう。

ドコモ・au・ソフトバンクの回線が使えるクラウドWiFi

ギガWiFiはドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリアの回線をすべて利用できます。

これはクラウド型ポケットWiFiと呼ばれるサービスで、3社の中から最適な回線を選んで接続するので繋がりやすいのが特徴です。

たとえばドコモが混雑して繋がりにくい場合、auまたはソフトバンクの繋がりやすい回線に自動で切り替わります。

また、クラウド上で回線の切り替えが行われるため、端末にSIMカードを挿したり抜いたりする必要もありません。

海外でも使える

国内での利用に限定されているポケットWiFiの場合、出張や旅行で海外に出かける際には海外用の端末をレンタルする必要があります。

ギガWiFiの端末は海外134の国や地域に対応しているため、その都度レンタルしたり返却したりしなくてもよいです。

海外用端末の場合、利用の有無に関わらずレンタル日から返却日までの日数分の料金が発生します。一方でギガWiFiは使用した日数分だけ発生するので、費用を抑えられる点でもメリットです。

ギガWiFiの料金プラン

ギガWiFiの料金プラン

次に、ギガWiFiの料金プランを解説していきます。ギガWiFiの料金プランは、利用端末とデータ容量で異なる3種類です。

それぞれ月額料金や端末のスペックが異なるため、以下を参照してください。

利用端末 月額料金 契約期間 違約金 最大通信速度 連続通信時間 同時接続台数 搭載機能
大容量プラン(U3-2k):100GB U3 3,718円(税込) 2年間 4,950円(税込) 下り:150Mbps
上り:50Mbps
12時間 10台 現地キャリアに自動接続
大容量プラン(G4Max-2k):100GB G4Max 4,158円(税込) 2年間 4,950円(税込) 下り:150Mbps
上り:50Mbps
12時間 5台 22言語対応の翻訳機能
モバイルバッテリー機能
ライトプラン(U3-2kl):50GB U3 2,948円(税込) 2年間 4,950円(税込) 下り:150Mbps
上り:50Mbps
12時間 10台 現地キャリアに自動接続

各プランの利用端末はU3とG4Maxの2種類です。どちらも最大通信速度は同じですが、搭載機能に違いがあります

G4Maxの同時接続台数はU3の半分ですが、22言語対応の翻訳機能やモバイルバッテリー機能を搭載しているので外出先や海外での利用におすすめです。

G4Maxに対応したプランは、端末が多機能であるがゆえに月額料金はほかのプランに比べて高く設定されています。

ライトプラン(U3-2kl)の利用端末は、大容量プラン(U3-2k)と同じU3です。最安級モデルに位置付けられているものの、最大通信速度や連続通信時間はG4Maxに劣らず、決して低スペックではありません。

ギガWiFiの料金プランはデータ容量と端末のスペックによって異なるため、どれがあなたのニーズを満たしているか比較してみましょう。

ギガWiFiのメリット・デメリット

ギガWiFiのメリット・デメリット

ここでは、ギガWiFiのメリットとデメリットをまとめました。

クラウド型ポケットWiFiで繋がりやすいなどのメリットもありますが、デメリットにも着目してあなたにとってメリットが大きいかどうか比較してみてください。

メリット デメリット
高性能の端末を選べる
違約金が安い
3日間で10GBを超えても速度制限にならない
即日発送が可能
通信が制限される可能性がある
通信速度が遅い

ギガWiFiのメリット

それでは、ギガWiFiのメリットについて詳細をみていきましょう。

高性能の端末を選べる

ギガWiFiの取扱い端末は、U3とG4Maxの2種類です。このうちG4Maxは多機能な高性能端末です。英語や中国語、オランダ語など22言語の翻訳機能は、海外でコミュニケーションを取る際に役立ちます。

ポケットWiFiには珍しくディスプレイ付きで、Googleマップやトリップアドバイザーなどの便利な機能も搭載しており、スマホのように操作可能です。

また、モバイルバッテリー機能を搭載しているため、外出先でスマホやタブレットの充電器として代用できます。

違約金が安い

ポケットWiFiのプロバイダでは、更新月以外に解約した場合の違約金を設定しているケースがほとんどです。

金額はプロバイダごとに異なりますが、ギガWiFiは他社に比べて安い4,950円(税込)に設定されています。

違約金
ギガWiFi 4,950円(税込)
GMOとくとくBBWiMAX 1~12ヶ月目:20,900円(税込)
13~24ヶ月目:15,400円(税込)
25ヶ月目以降:10,450円(税込)
カシモWiMAX 1~12ヶ月目:20,900円(税込)
13~24ヶ月目:15,400円(税込)
25ヶ月目以降:10,450円(税込)
au 10,450円(税込)
THE WiFi 1~24ヶ月目:10,780円(税込)

ギガWiFiは2年契約なので更新月に解約しない場合は違約金が発生しますが、他社のおよそ半分以下の金額です。

3日間で10GBを超えても速度制限にならない

プロバイダによっては、3日間で10GBなど一定の条件を超えた場合の速度制限が設けられています。

一方のギガWiFiは基本的に速度制限がなく、短期間で動画の視聴やオンラインゲームを楽しんでも問題ありません。

ただし公式サイトでは著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信があった場合に限り、速度が約384Kbpsに制限されると記載されています。

即日発送が可能

ポケットWiFiは端末が手元に届き次第開通できますが、発送のタイミングはプロバイダごとに異なります。申し込みから端末の受け取りまでに、1ヶ月以上の期間を要する場合も少なくありません。

ギガWiFiの場合、申し込み後の利用登録さえ完了すれば端末が最短で即日発送されます。

ギガWiFi 最短即日
※土日祝日は非対応
縛りなしWiFi 最短翌日発送
※14時までの申し込み
FUJI Wifi 最短2営業日以内
BIGLOBE WiMAX 2+ 2日~1週間
※支払い方法確定後

ギガWiFiの申し込みはこちらから

\WiMAX 5Gプラン開始!/
【公式】カシモWiMAX

ギガWiFiのデメリット

高性能の端末が選べる・違約金が安いなどのメリットがある一方で、次のようなデメリットがあることも把握しておきましょう。

通信が制限される可能性がある

ギガWiFiやゼウスWiFiなどのクラウド型ポケットWiFiは、過去に大規模な通信障害が発生した事例があります。

通信障害の原因はクラウド型ポケットWiFiの無制限サービスに関係しており、各社は対策として完全無制限サービスを相次いで終了させました。

その結果、無制限プランであっても1日や月間単位でのデータ使用量を制限したり、短期間に一定以上のデータを消費した場合通信制限を設けたりするプロバイダが増えています。

今後も同様の通信障害が発生した場合は、さらなる対策が施される可能性があります。

通信速度が遅い

ギガWiFiはトリプルキャリア対応なので繋がりやすい一方で、他社やWiMAXと比べると通信速度はそれほど速いとはいえません。

最大速度
ギガWiFi 150Mbps(U3・G4Max)
ドコモ 1,288Mbps(HW-01L)
ワイモバイル 988Mbps(803ZT)
ソフトバンク 988Mbps(802ZT)
UQ WiMAX 1,237Mbps(W06)

この表をみると、ドコモ以外のポケットWiFiはWiMAXよりも通信速度が遅いことがわかります。ドコモやUQ WiMAXの1,000Mbps超えは、光回線に匹敵する通信速度です。

※この記事で紹介する速度は、あくまで理論値です。お住まいの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

ギガWiFiの良い評判

ここからは、ギガWiFiユーザーによる良い評判をTwitterの口コミをもとに紹介します。ユーザーの評判を参考にし、ギガWiFiの利用を検討する際に役立てましょう。

※こちらで紹介する口コミは、商品またはサービスの効果を確約するものではなく、あくまで一個人またはユーザーの見解です。

調子よく使える

ギガWiFiの端末は2種類あり、どちらも最大通信速度は下り150Mbpsです。他社やWiMAXに比べると通信速度は劣るものの、YouTubeを4Kで視聴する場合の目安が20Mbpsなので十分です。

最大通信速度はあくまでもベストエフォート値なので、お住いのエリアや通信環境によって変動する可能性があることを心得ておきましょう。

スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

料金が安いから満足

ギガWiFiの月額料金は他社に比べて安く、端末料金が含まれた金額です。利用期間に応じて月額料金が変動するプロバイダがある一方で、ギガWiFiは何年利用しても変わりません。

これは2年割と呼ばれる割引サービスが影響しており、最初の2年間と3年目以降で割引額が調整されているからです。月額料金に変動がないため、家計管理もしやすくなります。

前より速いから満足

ギガWiFiは場所や時間帯、利用状況に応じて最適な回線に自動で接続するクラウド型ポケットWiFiです。

幅広いエリアに対応し通信品質の高い大手キャリア3社の回線を使用しているため、他社に比べて繋がりやすいと感じたユーザーも多く見られます。

ギガWiFiの申し込みはこちらから

\WiMAX 5Gプラン開始!/
【公式】カシモWiMAX
iPhone格安SIM通信アンケート

ギガWiFiの悪い評判

ここからはギガWiFiに関する悪い評判をTwitterの口コミをもとに紹介します。

口コミからデメリットが浮き彫りになるものの、利用状況や重視する点によってはそれほど気にならない場合もあります。

※こちらで紹介する口コミは、商品またはサービスの効果を確約するものではなく、あくまで一個人またはユーザーの見解です。

速度が遅い

ギガWiFiの通信速度が速いと感じているユーザーがいる一方で、遅いことで不満を感じているユーザーの口コミも一定数あります。

確かに、WiMAXと比べるとギガWiFiの通信速度が遅いのは事実です。最大通信速度が150Mbpsでも、これはあくまでもベストエフォート値に過ぎません。

通信速度が遅いと感じる場合は、周囲の障害物によって電波が遮られている可能性も考えられます。端末を窓側に置くと改善されることもあるため、通信速度が遅い場合は試してみましょう。

電波が弱い

ギガWiFiはドコモとau、ソフトバンクの大手キャリアに対応しているため、3社のサービスエリアと同じです。

口コミの中には、お住いのエリアや通信環境によっては電波が弱いと感じているユーザーもいます。しかし、ギガWiFiは2020年1月にスタートしたサービスなので、ユーザーがそれほど多くありません。

ユーザーが多い他社に比べると口コミも少ないため、一つの評判だけを信用せず参考程度に留めておいた方がよいでしょう。

ギガWiFiがおすすめの人

ギガWiFiがおすすめの人

次の項目に当てはまる方はギガWiFiがおすすめです。デメリット考慮した上で検討してみましょう。

  • すぐにWiFiを使いたい人
  • 大容量をとにかく安く使いたい人
  • 頻繁に海外に行く人

また、こちらの記事はおすすめポケットWiFiを徹底比較しているので、色々比較したい方には、ぜひ合わせてご覧ください。

すぐにWiFiを使いたい人

ギガWiFiは開通工事が不要なので、光回線に比べて早くインターネット環境を構築できます。

最近はポケットWiFiへの需要が高まっているため、端末の発送が遅れて1ヶ月程度待たなければならないプロバイダも少なくありません。

そのような中、ギガWiFiは即日発送に対応しており、開通までの待ち時間が短い希少なプロバイダです。

また、端末は持ち運び可能なタイプなので、1台あればどこでもインターネット通信が楽しめます。

大容量をとにかく安く使いたい人

ギガWiFiの料金プランは50GBと100GBが用意されており、大容量プランでも安く利用できる点がメリットです。

通信障害によって完全無制限プランを終了するプロバイダが多い中、ギガWiFiは短期間に一定以上のデータを消費した場合の通信制限すら設けていません。

データ消費量の目安は、YouTubeを高画質で1時間視聴した場合に2GB程度、NETFLIXの場合は3GB程度になります。

100GBは、大量のデータを消費するコンテンツの利用にも支障がないレベルです。月額料金は3,718円(税込)~4,158円(税込)なので、他社よりも安く利用できます。

\最短当日発送!/
【公式】カシモWiMAX

頻繁に海外に行く人

ギガWiFiには2種類の端末が用意されていますが、どちらもそのまま海外で利用できるので出張や旅行の際に便利です。

海外用端末のレンタルにともなう手続きや返却も必要なく、利用した日数分だけ請求されるのでムダがありません。

出張や旅行で海外に行く機会が多い方は、ギガWiFiなら手間が省けコストも抑えられます。

ギガWiFiの申し込みの流れ

ギガWiFiの申し込みの流れ

ギガWiFiの申し込みは、電話またはオンラインで受け付けています。スムーズに手続きを進めるために、申し込み手順を確認しておきましょう。

  • 利用可能エリアを確認
  • 公式サイトから申し込み
  • 端末が届いたら設定して利用開始

利用可能エリアを確認

ギガWiFiはトリプルキャリア対応なので、基本的には大手キャリアのサービスエリア内であれば利用可能です。

しかし、大手キャリアでも山間部など一部エリアには対応していないため、お住いのエリアがサービスエリア内であることを確認しておきましょう。

サービスエリアの確認方法は、電話またはメールです。メールの場合は公式サイト上の専用フォーム、電話の場合は次の番号に連絡しましょう。

電話番号 0120-540-784
受付時間 9:00~20:00
※土日祝日も対応

なお、メールでの問い合わせは24時間受け付けています。

公式サイトから申し込み

サービスエリアの確認後は、電話またはオンラインで申し込みしましょう。電話は受付時間内の連絡が必要ですが、オンラインは24時間いつでも申し込み可能です。

オンラインの場合、公式サイトにアクセスして「WEBでお申し込み」をタップして手続きを進めていきます。

氏名や生年月日などの必要情報を入力し、料金プランやオプションを選んで申し込みは完了です。申し込み後は、スタッフから最終確認の連絡が入ります。

端末は最終確認後に発送されるため、インターネットを早く利用したい方はいつでも連絡できる体制を整えておくとよいでしょう。

ギガWiFiの申し込みはこちらから

端末が届いたら設定して利用開始

端末の受け取り後は、同封されている説明書に従って設定を行いましょう。クラウド型ポケットWiFiはSIMカードを挿入する必要がないため、端末側の設定は不要です。

設定が必要なのは、スマホやタブレットなどのインターネットに接続する機器です。機器の設定は機種によって異なるため、説明書を参考にするとよいでしょう。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

ギガWiFiは評判をチェックして契約しよう

ギガWiFiは評判をチェックして契約しよう

ギガWiFiは、100GBの大容量が安く利用できるクラウド型ポケットWiFiです。トリプルキャリア対応なので、一般的なポケットWiFiに比べて繋がりやすい点がおすすめポイントになります。

オプションサービスも豊富で、最新号の雑誌やマンガが無料で楽しめるものや端末補償などから選べます。サポート窓口は電話やメールに加えてチャットも利用できるため、万が一のときでも安心です。

どのサービスにも良い口コミと悪い口コミの両方がありますが、あなたにとってメリットがどれだけ大きいかを考慮して最終的に判断しましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年04月12日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード