WiFiを使った閲覧履歴はどこまで残る?接続履歴を残さない・バレずに消す方法

WiFiでネットにアクセスする場合、閲覧履歴がばれることはあるのか疑問に思う人は多いでしょう。閲覧履歴は端末だけではなく、別の場所に保管されていることも多いです。閲覧履歴がどのように残るかを知り、正しいネットの使い方を心がけましょう。
【公式】カシモWiMAX WiFiを使った閲覧履歴はどこまで残る?接続履歴を残さない・バレずに消す方法

インターネットを閲覧すると、スマホやパソコン内に履歴が残り、いつ何を調べたのか、どのようなページを閲覧したのかがわかります。

スマホやパソコンなど、端末単位での閲覧履歴を消すだけなら、ブラウザから履歴を選択し、消去で履歴は消せます。

しかし、ネットは端末だけではなく、さらにサーバーや通信会社などに管理されており、それらの電波上には履歴が残り続けます。

日常的に使用することの多い電波にWiFiが挙げられますが、WiFiを使った場合、閲覧履歴はどのように残るのか知っておきましょう。

家や学校や会社での閲覧履歴は残るのか

一口にWiFiを使ったネット利用といっても、シーンは幅広く、いまやどのような場所でもWiFiは使用されています。

特に使用が多いのは、自宅、学校、会社などですが、これらのWiFiを使用した場合、閲覧履歴がどのように残るのか知っておくことが大切です。

同じWiFiでも使用する環境によってデータの扱い方は違い、閲覧履歴の管理状態も異なります。

一般家庭用では残らないと考えても良い

自宅でWiFiを使用してネットを利用している場合、基本的には閲覧履歴は残らないと考えましょう。

一般家庭向けのWiFiは、閲覧履歴を残しておく機能を有していないものが多く、基本的には端末単位でしか履歴は残りません。

端末での履歴を見られるとアウトですが、それさえ消しているなら、詳細な履歴まではばれることはないでしょう。

学校や大学等の教育機関では閲覧履歴がばれる

学校で使用しているネットは、セキュリティの関係からネットワークの管理者を置いていることが多いです。

一般家庭のように単に電波を発信し、それを拾ってネットに接続しているわけではなく、管理のもとにネットワークが構成されているため、閲覧履歴は保存されます。

端末単位で履歴は消去できても、ネットワークを管理する大元の部分にログが蓄積されており、それが削除されない限り、閲覧履歴はばれます。

教育機関の場合、トラブルが発生した際に備えて、データは一時的に保存されているため、それを見られた場合は閲覧履歴がばれる可能性が高いことは理解しておきましょう。

会社はプロキシサーバで閲覧履歴がばれる

会社でのネットワークも、教育機関同様に厳しく管理されているため、閲覧履歴はばれます。

会社の場合は、プロキシサーバーという、ネットワークを管理する代理のサーバーを使用して情報を蓄積、流失リスクの予防をしています。

端末で使用したデータはその代理のサーバーに蓄積されているため、それを見られると閲覧履歴はばれる可能性が高いです。

もちろん、日常的にプロキシサーバーの閲覧履歴までチェックすることは少なく、ほとんどないと言えます。

しかし、トラブルがあった際に確認されたり、サボっていないか抜き打ちで確認されたりすることはあるため、注意しなければなりません。

\今だけ限定!/
【公式】カシモWiMAX

フリーのWiFiでの閲覧履歴は残るのか

教育機関や会社など、ネットワークを厳しく管理している環境下の場合、元を辿ると閲覧履歴はばれます。

セキュリティが厳しいからこそ、履歴も残ると言えるため、反対に誰でも自由に接続できるフリーWiFiなら履歴が残らないのではないかと思う人も多いでしょう。

確かに教育機関や会社に比べると、フリーWiFiはセキュリティが甘く、徹底的な管理体制にあるわけではありません。

しかし、ネットワークを使用する以上、どこかに閲覧履歴が残る可能性はあるため注意が必要です。

閲覧履歴が残るかどうかも含め、フリーWiFiの情報管理について、理解を深めておきましょう。

もし外でよくWiFiを利用する場合、持ち運びやすいポケットWiFiを契約するのがおすすめです。

こちらの記事はおすすめ持ち運びWiFiを紹介しているので、ぜひご参考にしてください。

ホテルや公共機関、カフェなどは履歴が残る

フリーWiFiで閲覧履歴が残るかどうかは場所によって違い、ホテルや公共機関、カフェなどは履歴が残ると考えましょう。

フリーWiFiといっても管理者がいないわけではなく、ネットワークは提供元によってきちんと管理されています。

日常的に閲覧履歴が覗かれることはほとんどありませんが、犯罪やトラブルが起きた際には、情報が公開される可能性があるため注意が必要です。

また、提供元によっては、閲覧履歴をもとにマーケティング調査を行うこともあります。

個人が閲覧しているページまで、細かく見られることはほとんどありませんが、閲覧が可能なことは理解が必要です。

スマホやiPhoneの最新情報をいち早くお知らせ!
LINE友だち追加

フリーWiFiはセキュリティ面でも一番危険

フリーWiFiは誰でも気軽に接続できて便利ですが、誰でも利用できるからこそ、セキュリティ面の危険性があることは理解しておきましょう。

フリーWiFiに接続している場合、一緒に接続している人に、個人情報を盗まれたり、悪用されたりする場合があります。

実際にフリーWiFiを狙った犯罪行為も増えており、閲覧履歴がばれる以上の不利益を被る可能性があります。

便利な反面危険性もあるため、使用時には他人に見られても良い情報に限定して、個人情報に関係する重要な情報の扱いは控えましょう。

無料のWiFiを利用する際の注意点をまとめましたので、ぜひ合わせてご覧ください。

ばれることより深刻な問題がある

閲覧履歴がばれると、サボっていると思われたり、ページによっては恥ずかしい思いをしたりすることもあるでしょう。

ネットの閲覧履歴は非常に個人的な情報であるため、ばれないように隠したい、あるいは消去したいと考えるのは普通です。

しかし、ネット利用時には、閲覧履歴がばれる以上に深刻な問題があることも理解しておかなければなりません。

閲覧履歴がばれるのはあくまで個人的な問題ですが、その他の問題は、自分以外の人にも迷惑をかける可能性があるため注意が必要です。

\今だけ限定!/
【公式】カシモWiMAX
iPhone格安SIM通信アンケート

閲覧履歴よりもウィルス感染が脅威

公共の場でネットを利用する場合は、閲覧履歴よりもウイルス感染に注意しなければなりません。

ネットワーク管理者がいる場合は、閲覧履歴はリアルタイムでばれることもあります。

会社によっては注意や指導を受ける場合もありますが、ほとんどの場合で閲覧内容自体は重視されておらず、無関係なサイトの閲覧によるウイルス感染が心配されています。

ネット上には無数にウイルスが蔓延しており、サイトに接続しただけで感染するケースも少なくありません。接続するサイトの数が増えるほど、ウイルス感染のリスクが高まることは理解しておきましょう。

会社機密情報の流出やデータ損失など大損害

ネット上に存在するウイルスの数は幅広く、種類によってどのような被害を受けるかは異なります。

単に端末がフリーズしたり、いたずらでメールや画像が送られたりするだけならましですが、場合によってはデータの流失や消失の恐れもあるため注意が必要です。

データの流失や消失は、個人の端末でも問題ですが、それ以上に会社の端末だと大問題に発展します。

企業機密の情報が外部に流失したり、大切なデータが全て消去されたりして、大きな損害を出してしまう危険性もあります。

始末書どころの騒動ではなく、降格や職場に居づらくなって退職ということもあり得るため、ウイルス感染しそうな関係のないサイトへの接続は控えましょう。

ワンクリック詐欺のサイバー攻撃に逢う

信用度の低いサイトを飛び回っていると、ワンクリック詐欺の被害に遭う可能性もあるため、注意が必要です。

ワンクリック詐欺では、お金を振り込ませそうとするだけではなく、ウイルスに感染したように偽のページを表示させ、ダウンロードリンクに誘導することもあります。

ワンクリック詐欺のページが表示されているだけなら問題ありませんが、誘導されるままにファイルをダウンロードすると、ウイルスが内部にまで広がるため注意が必要です。

ウイルスの侵入を許してしまうと、情報の漏洩や消失はもちろん、サイバー攻撃でサーバー自体がダウンする可能性もあります。

会社の場合、自分が使っているパソコンから飛び火して、全社のデータに侵入される可能性もあるため、注意が必要です。

ばれる場所で閲覧しない方がいいサイトの種類

閲覧履歴がばれると、恥ずかしい思いをすることも多いため、履歴を見られる可能性がある場所では、個人的なネット利用は控えたほうが無難です。

特にウイルスに感染した場合は、関係ないサイトの閲覧とウイルス被害の両方が非難の対象になります。

閲覧履歴がばれる場所では、特に接続しないほうがサイトの種類を知って、分別を持ってネットを利用しましょう。

\5G高速WiFiなら!/
【公式】カシモWiMAX

アダルトサイトや出会い系サイト

アダルトサイトや出会い系サイトは、閲覧履歴がばれると恥ずかしい思いをするだけではなく、ウイルス感染の可能性も高いため注意が必要です。

サイト閲覧だけでもウイルスに感染する可能性もあり、ファイルのダウンロードだとより危険性は高くなります。

これらのサイトは危険性が高いことはもちろん、教育機関や会社では倫理的にも良くないため、閲覧は控えましょう。

オンラインゲームのサイト

オンラインゲームのサイトも注意が必要であり、周辺バナーにウイルスが貼りつけられている可能性もあるため、注意が必要です。

何気なくクリックしたバナーからウイルス感染し、データを乗っ取られたり、端末内部まで侵入されたりする可能性があります。

また、ウイルス感染しない場合でも、データ容量が大きいと回線がパンクし、一時的に動作が遅くなる、あるいは使えなくなる可能性もあります。

回線に不具合が生じた場合も、原因を解明すると閲覧履歴がばれるため、データ容量の多いサイトの閲覧は避けましょう。

海外のサイト

海外のサイトも注意が必要で、違法な画像や動画を配布するサイトは特に危険性が高いです。

データ配布があるサイトは、ウイルスが紛れ込んでいる可能性が高く、ダウンロードすると内部まで侵入を許してしまいます。

ウイルスは国内、海外に関係なく感染し、データの流失や破壊の危険性は同様にあるため注意が必要です。

海外サイトは作りが分かりづらいために、誘導リンクにはまってウイルスをダウンロードしてしまう危険性が高いです。

ネットニュースやまとめサイト

普段何気なく見ていることも多いネットニュースやまとめサイトにも、実はウイルスが潜んでいる可能性があるため、注意が必要です。

サイト自体には問題ないことも多いですが、記事内に貼り付けられているアフィリエイトのバナーに、ウイルスが潜んでいる可能性があります。

広告につられてクリックすると、それだけで感染する危険性があるため、注意しなければなりません。

また、これらのサイトは別のサイトへのリンクが貼られていることも多く、リンク先のサイトから感染するケースもあります。

サイトからサイトへ飛び回っていると、最終的にウイルスに感染する危険性が高くなることは理解しておきましょう。

\5G高速WiFiなら!/
【公式】カシモWiMAX

常識のある行動を心がけよう

一般家庭用のWiFiなら、端末の閲覧履歴さえ消しておくと履歴がばれることはありませんが、外部のWiFiはほとんどの場合でばれます。

管理者のネットワークからログを辿ると閲覧履歴の確認は可能なため、公共の場では見られて困るような履歴は残さないことが大切です。

また、閲覧履歴が管理されているということは、多くのネットワークと繋がっているという証拠でもあります。

一度ウイルスに感染すると、自分以外の人にも迷惑をかけてしまうため、関係のないサイトの閲覧は控えなければなりません。

閲覧履歴がばれるかどうかに関係なく、公共の場では常識ある行動を心がけ、閲覧サイトも安全なものを選びましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年03月23日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!