Androidおすすめ

LINEMOで使える機種一覧|端末販売はない?機種変更方法は?おすすめ機種を紹介

LINEMOではセット端末は販売していないので、乗り換えをしてから後悔しないようにあらかじめ対応機種を確認しておくことが重要です。LINEMOに対応している機種を一覧で紹介します。さらにおすすめの機種3つも解説しているので、機種選びに迷った際は参考にしてください。
docomo LINEMOで使える機種一覧|端末販売はない?機種変更方法は?おすすめ機種を紹介

LINEMOに乗り換えた後で機種が対応しておらず、後悔する人もいるようです。

事前にLINEMOの対応機種を確認しておき、機能や価格を踏まえてお得に乗り換えることが大切です。

そこでこの記事では、LINEMOに対応する機種を一覧で紹介します。

機種変更の方法や、おすすめの機種も併せてチェックしましょう。

\新キャンペーン続々登場!/
docomo

【注意】LINEMOでは端末販売がない

LINEMOでは端末の販売が行われておらず、機種変更はできません。

LINEMOでは、SIMカードのみの取り扱いです。SIMカードは家電量販店やオンラインショップで購入できます。

LINEMOで使用する端末は自分で用意しましょう。

LINEMOで機種変更する2つの方法

端末が販売されていないLINEMOで機種変更するには2つの方法があります。

方法1.LINEMO対応機種を購入する

LINEMOを利用するには、LINEMOに対応した機種を選ばなければなりません。非対応の機種では操作中に不具合が発生したり、そもそも操作できなかったりします。

端末を購入するには、ソフトバンクやApple Store、家電量販店などで購入可能です。

購入する前にLINEMO公式サイトから「動作確認端末」をチェックし、対応している端末を選びましょう。

方法2.今のスマホをSIMロック解除して使う

現在使用中のスマホをSIMロック解除して使うのも1つの方法です。

SIMロックは利用中のキャリアによって異なりますが、決して難しい操作ではありません。

キャリアの店舗で依頼すると手数料をとられる場合があります。自分でSIMフリーにするにはどうしたらいいのか知りたい方はこちらの記事をご確認ください。キャリアごとのSIMロック解除の方法を解説しています。

\半年間実質0円!/
LINEMO

LINEMOの動作確認済み対応機種一覧

LINEMOで対応しているか確認するには、公式サイトの「動作確認端末」で調べることが可能です。

ここからは、「iPhone」と「Android」、「タブレット・iPad」に分けて対応機種を紹介します。

iPhoneの対応機種一覧

iPhoneは動作確認のできている機種が多く、最新機種を含むあらゆる機種が対応しています。

以下の一覧に載っていない場合は、公式サイトの「動作確認端末」でチェックしてみてください。

機種 キャリア
iPhone SE(第3世代) au
ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
楽天モバイル
SIMフリー
iPhone 13シリーズ au
ドコモ
ソフトバンク
楽天モバイル
SIMフリー
iPhone 12シリーズ au
ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
SIMフリー
iPhone SE(第2世代) au
ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
SIMフリー
iPhone 11シリーズ au
ドコモ
ソフトバンク
SIMフリー
iPhone Xシリーズ au
ドコモ
ソフトバンク
SIMフリー

動作確認が取れているiPhoneでは、「音声通話」「データ通信」「SMS」「テザリング」の機能が問題なく利用できます。

幅広い機種に対応しているので、好みの機種を選択できるでしょう。

Androidの対応機種一覧

以下の一覧に載っていない場合は、公式サイトの「動作確認端末」でチェックしてみてください。

機種 キャリア
Xperia 5 au
ドコモ
ソフトバンク
AQUOS sense6 au
ドコモ
SIMフリー
楽天モバイル
arrows We au
ドコモ
ソフトバンク
Galaxy S21 5G au
ドコモ
OPPO Reno3 A ワイモバイル
SIMフリー

Androidの場合、同じ機種でもキャリアによっては動作確認がとれていない場合があります。

端末だけでなく、キャリアも含めて確認しておくことが重要です。

タブレット・iPadの対応機種一覧

以下の一覧に載っていない場合は、公式サイトの「動作確認端末」でチェックしてみてください。

     
機種 キャリア
iPad(第9世代)au
ドコモ
ソフトバンク
SIMフリー
iPad Air(第5世代)
iPad mini(第6世代)
iPad Pro 10.5インチ
iPad Pro 11インチ(第3世代)
iPad Pro 12.9インチ(第5世代)
iPad Pro 9.7インチ

LINEMOに対応しているタブレット端末はiPadのみです。旧世代のiPadによっては、対応していない場合もあります。

最新機種を含む多くの機種で動作確認がとれているので、iPadはLINEMOでも問題なく利用できるでしょう。

【LINEMO公式】詳細はこちら

LINEMOで手持ちの機種を使う場合の設定方法

iPhone

現在使用中の機種を利用しながらLINEMOに乗り換える場合、端末ごとに初期設定が必要です。

「iPhone」と「Android」、「eSIM対応機種」の3つに分けて初期設定の方法を解説します。

iPhoneの設定方法

  1. iPhoneを電源OFFにしてLINEMOのSIMカードを挿入する
  2. iPhoneを電源ONにしてWiFiに接続する
  3. LINEMO公式サイトを開き「APN構成プロファイル」をダウンロードする
  4. iPhoneホーム画面から「設定」を開く
  5. 「プロファイルがダウンロードされました」をタップ
  6. 「インストール」をタップ

上記ステップが完了すると、LINEMOとして利用可能です。

Androidの設定方法

  1. Android端末を電源OFFにしてLINEMOのSIMカードを挿入する
  2. WiFiをOFFにして「設定」を開く
  3. 「ネットワークとインターネット」の中から「モバイルネットワーク」を選択する
  4. 「アクセスポイント名」をタップし、一覧からLINEMOを選択する

アクセスポイントの一覧にLINEMOが表示されない場合は設定ボタンを押し、「新しいAPN」を作成する必要があります。

「新しいAPN」の作成で必要な情報を入力すれば完了です。

名前 LINEMO
APN plus.acs.jp
ユーザー名 lm
パスワード lm
MCC 440
MNC 20
認証タイプ CHAP
APNタイプ default,supl,hipri

上記以外の項目は変更不要です。そのまま保存しておきましょう。

eSIMの機種変更方法

eSIMでLINEMOに契約した場合、初期設定を行う前にeSIMプロファイルのダウンロードが必要です。

初期設定以外でインターネットに接続できるスマホやパソコン、タブレットを用意し、手続きを行いましょう。

eSIMの機種変更方法

  1. 申込み審査が完了すると「eSIMプロファイルのダウンロードのお知らせ」メールが届く
  2. メール中にあるeSIM設定画面の専用URLを表示
  3. eSIMを利用する端末以外でLINEMOのeSIM設定用URLを開く
  4. 自動音声通話もしくはメールで本人確認を行う
  5. 画面に表示されたQRコードをeSIMを利用する端末で読み取る
  6. eSIMプロファイルの設定をする
  7. 端末ごとの初期設定を行う

画面に表示されたQRコードはiPhoneはカメラアプリ、Androidは「モバイルネットワーク」から「SIMダウンロード」を開き読み取ってください。

初期設定を行う端末以外にインターネットに接続可能な端末が用意できない場合、以下の方法でも設定できます。

端末 設定手順
iPhone ①ホームの設定から「モバイル通信」を選択
②「モバイル通信プランを追加」から「詳細情報を手動で入力」を選択
③必要事項を入力
Android ①ホームの設定から「モバイルネットワーク」を選択
②「SIMをダウンロード」から「自分で入力」を選択
③必要事項を入力

LINEMO対応のおすすめ機種ランキング

LINEMO対応のおすすめ機種を紹介します。機種選びに困っている方は、ぜひ参考にしてください。

※こちらで紹介しランキングは、編集部が独自に調査したものです。

1位:iPhone SE(第3世代)

端末・機種名 iPhone SE
メーカー Apple
カラー ミッドナイト
スターライト
(PRODUCT)RED
OS iOS
CPU A15 Bionicチップ
ディスプレイ 4.7インチ
内蔵メモリ 64GB
128GB
256GB
カメラ 12MP広角カメラ
バッテリー容量 ビデオ再生:最大15時間
サイズ 138.4×67.3×7.3mm
重量 144g
SIM デュアルSIM、デュアルeSIMに対応

iPhone SE(第3世代)は、2022年にAppleが発売したiPhone SEの最新モデルです。iPhone特有のホームボタンがついているモデルとして人気があります。

iPhone13にも搭載された最新のA15 Bionicを備えており、アプリ起動や切り替えなど、日常生活での操作をスムーズに行うことが可能です。

iPhoneの中ではかなり価格が安く、機能が豊富なLINEMO対応機種の中でおすすめの端末といえます。

2位:Google Pixel 6

端末・機種名 Google Pixel 6
メーカー Google
カラー Sorta Seafoam
Kinda Coral
Stormy Black
OS Android
CPU Google Tensor Titan M2™
セキュリティ コプロセッサ
ディスプレイ 6.4インチ
内蔵メモリ 128GB
256GB
カメラ 50MP Octa PD Quad Bayer 広角カメラ
バッテリー容量 標準4,614mAh
サイズ 158.6×74.8×8.9mm
重量 207g
SIM デュアルSIM

2021年にGoogleから発売されたGoogle Pixel 6は、圧倒的なカメラの性能が魅力です。

さらに高い防水防塵性能を誇り、落下の衝撃や水没の心配はありません。バッテリー容量は4,500mAhを超えており、24時間駆動できます。

LINEMO対応機種の中ではやや高額ですが、性能を重視するなら間違いなくGoogle Pixel 6がおすすめです。

3位:arrows We

端末・機種名 arrows We F-51B
メーカー FCNT
カラー ネイビー
ホワイト
パープル
レッド(ドコモオンラインショップ限定)
OS Android
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 480 5G Mobile Platform
オクタコア(2.0GHz+1.8GHz)
ディスプレイ 約5.7インチ
内蔵メモリ RAM:4GB
ROM:64GB
カメラ 有効画素数 約1,310万画素(広角)
バッテリー容量 4,000mAh
サイズ 147×71×9.4mm
重量 172g
SIM nanoUIM

「arrows We F-51B」は2021年10月にFCNTが発売したAndroidのスマートフォンです。

au・ドコモ・ソフトバンクの3キャリアで取り扱われており、防塵防水性の高さが魅力

泡タイプのハンドソープや液体タイプの台所用洗剤を使った丸洗いに対応し、常に清潔に保てるよう配慮されています。

本体にはFeliCaチップを内蔵しているため、「おサイフケータイ」として利用可能です。

LINEMO対応機種の中でも、かなり低価格で購入できます。

LINEMOの対応機種まとめ

iPhoneやAndroid、タブレット端末など、各デバイスで様々な機種がLINEMOに対応しています。

対応機種の一部を紹介しているので、乗り換え前にチェックしておくと安心です。

この記事で紹介した一覧に記載がない場合は、LINEMO公式サイトの「動作確認端末」で確認してみてください。

公式サイトに載っていない端末は動作確認が取れていないので、乗り換え端末として選ぶのは避けたほうがよいでしょう。

【LINEMO公式】詳細はこちら

公開日時 : 2021年03月16日

トシ ― ライター
トシ ― ライター

田舎育ちのフリーライター。喫茶店と読書をこよなく愛し、至高の珈琲を追い求める旅はまだ始めたばかり。気になる匂いの喫茶店への寄り道が休日の日課。「まず入ってみる」がモットー。