• Wi-Fi

ポケットWiFiの寿命はいつ?原因やバッテーリー交換時期について徹底解説!

ポケットWiFiを長持ちさせたい人に、寿命となる原因や対処方法について紹介します。ポケットWiFiの使用には搭載しているバッテリーが大きく影響します。この記事では、ポケットWiFiの寿命の原因やそれに対する対処方法について解説します。
【公式】カシモWiMAX ポケットWiFiの寿命はいつ?原因やバッテーリー交換時期について徹底解説!

ポケットWiFiは、持ち運びができて場所を問わずにいつでもインターネット接続ができる端末です。

ポケットWiFiの寿命が近付いてくるとインターネットに接続できなくなったり、通信が不安定になったりするなどの影響が出てくる場合があります。

この記事では、そんなポケットWiFiの寿命の原因や症状、対処方法について解説しています。

また、電力の消耗や長持ちに有効なポケットWiFiの機能についても紹介します。

ポケットWiFiの寿命

ポケットWiFiの寿命は、大きく分けると搭載するバッテリーによるものと通信技術の進歩に伴う端末の対応状況の2つがあげられます。

ポケットWiFiのバッテリーの寿命は約2年

ポケットWiFiのバッテリーに用いられているリチウム電池は、日々放電と充電を繰り返すことにより消耗して1年半から2年程度で寿命を迎えるといわれています。

バッテリー交換できないポケットWiFiがある

ポケットWiFiのバッテリーは、交換できるものとできないものがあります。また、交換が可能なポケットWiFiでも自分で交換できるものとメーカーでないと交換できないものがあります。

メーカーごとに提供しているポケットWiFiの中で交換可、不可のものの一例を紹介します。

メーカー 交換できるポケットWiFi 交換できないポケットWiFi
NEC WX01
WX02
WX03
WX04
WX05
WM3800R
WM3600R
※ともに生産終了
HUAWEI DATA08W

W01
W02
W03
W04
W05
HWD13
HWD14
HWD15


バッテリー交換の可否などについては、メーカーや提供しているプロバイダへ確認してみるとよいでしょう。

なお、すでに生産を中止しているポケットWiFiの場合はバッテリーの交換はできないため、機種変更を検討しましょう。

※壊れた場合は保証の対象外となりますので、あくまで自己責任のもと行ってください。

通信規格等の寿命は2年から6年

バッテリーを要因とする寿命以外に、通信技術などを要因とする寿命があります。

通信規格や方式、暗号化などの通信技術は常に進歩しています。およそ2年から6年の間に今の通信規格は古いものとなります。

新しい通信技術を用いることは、通信速度の向上やセキュリティの強化などが期待できます。

このことから、使っているポケットWiFiの通信規格が古いものとなった場合に使えなくなる、あるいはセキュリティの観点から新しいものを使用した方がよいといった場合などから寿命とする場合があります。

ポケットWiFiのバッテリーの交換時期の見極め方

ポケットWiFiのバッテリーが劣化すると、様々な症状があらわれます。

ここでは、交換時期を迎えているバッテリーの動作や症状について紹介します。

\WiMAX 5Gプラン開始!/
【公式】カシモWiMAX

バッテリーの減りが早くなった

バッテリーの減りが以前よりも早くなった場合や、フルに充電してもバッテリーが急に無くなるなどの場合は交換時期が近いことを示す要因の1つといえるでしょう。

バッテリーの充電に時間がかかるようになった

バッテリーは消耗すると、充電に時間がかかったり蓄えられる容量が減ってきたりします。このような症状が出たらバッテリー交換の目安となるでしょう。

バッテリーが膨らんできた

ポケットWiFiのバッテリーは長期間の使用による消耗で膨らむ場合があります。バッテリーが膨らむとポケットWiFiの端末が故障したり、破裂して火災を招く恐れがあります。

このような症状を確認した場合は、使用を中止してポケットWiFiのバッテリーや端末自体の交換を検討しましょう。

スマホ最新料金プラン情報を配信中!
LINE友だち追加

ポケットWiFiを長持ちさせる方法

ポケットWiFiの寿命を長持ちさせるために日頃からできることを紹介します。

充電の回数を減らす

ポケットWiFiのバッテリーに用いられるリチウム電池は、約500サイクルの放電と充電を繰り返すことで寿命を迎えるといわれています。

500サイクルを迎えると、充電してもバッテリーの減りが早いといった症状が出てくるようになります。

ポケットWiFiを充電したままの状態にしている場合には、使用しない時間帯は充電ケーブルを抜いておくとよいでしょう。

また、十分に容量が残っている状態での充電はバッテリー劣化を早める原因となります。

バッテリーの容量が少なくなってから充電するなど充電回数を減らしましょう。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX
iPhone格安SIM通信アンケート

Bluetoothテザリングを使用する

テザリングとは、インターネット接続ができるモバイル端末をアクセスポイントとして通信を中継することで、モバイル端末とLANなどで接続された機器を接続することです。

Bluetoothテザリングは、WiFiテザリングよりも通信が不安定になる可能性がありますがバッテリーの減りが少ないという利点があります。

Bluetoothテザリングを設定する方法については、次の通りです。

  1. 親機のBluetooth機能をONにする
  2. 子機側で親機のBluetoothに接続する
  3. ペアリングの表示が出てくるのでともに承諾する
  4. 接続確認をして完了

高温の状態にしない

ポケットWiFiのバッテリーは、高温状態に弱いという特性があります。高温状態ではバッテリーに影響を及ぼし劣化を早める原因となります。

【高温状態となる要因について】

  • 直射日光のあたる場所や炎天下の車内など
  • バッグや袋、衣類のポケットなど風通しの悪い場所や熱がこもる場所での保管
  • 充電をしながらの利用 
  • 長時間に及ぶ大容量のデータ通信

ポケットWiFiのような小型の精密機器は、パソコンのように熱を冷ますための冷却ファンが付いていないため、高温にならないように環境や使用方法に注意する必要があるでしょう。

使用していないときはポケットWiFiや接続端末のWiFiをOFFにする

ポケットWiFiに接続している機器がなくても、電源がONの状態であればバッテリーを消耗しています。

ポケットWiFiを利用しないときには電源をOFFにすることでバッテリーの消耗を軽減できます。また、接続している側のスマホやパソコンのWiFiをOFFにすることも有効な手段となるでしょう。

各端末のWiFi設定の解除方法については次の通りです。

【Windowsの場合】

  1. 画面右下の「Wi‐Fiアイコン」をクリックする
  2. 「Wi‐Fi」を無効にする

【Macの場合】

  1. 画面上部の「Wi‐Fiアイコン」をクリックする
  2. 「Wi‐FiをOFFにする」を選択する

【Androidの場合】

  1. ホーム画面から「設定」をタップし「Wi‐Fi」を選択
  2. 「Wi‐Fi」をOFFにする

【iPhoneの場合】

  1. ホーム画面から「設定」をタップし「Wi-Fi」を選択
  2. 「Wi‐Fi」をOFFにする

バッテリー残量が無くなった状態のままにしない

バッテリーの容量が0の状態で放置することを過放電といいます。

過放電は、バッテリーにダメージを与える要因となりますので、長期にわたって使用しない場合でも月に1度は充電するようにしましょう。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

ソフトウェアの更新を行う

ソフトウェアの更新とは、ポケットWiFiのアップデートを指します。ポケットWiFiのアップデートは定期的に行われており、機器の不具合の調整などが含まれている場合もあります。

このようなアップデートは、ポケットWiFiの劣化軽減につながりますので、ソフトウェア更新の通知が来ていたら必ずアップデートするようにしましょう。

ポケットWiFiの設定方法を変更する

ポケットWiFi自体の設定によってバッテリーの消耗を軽減することができます。

ここでは、バッテリーの消耗を軽減する2つの方法について紹介します。

省電力設定に切り替える

ポケットWiFiには省電力設定機能が備わっているものがあります。

省電力設定を行うことで通信速度や機能性に影響を及ぼす可能性があるものの、通信時間を長くすることができます。

長時間WiFi利用をしたい場合には、設定を切り替えて利用するとよいでしょう。

ポケットWiFiのディスプレイを調整する

使っているポケットWiFiに液晶画面がある場合には、ディスプレイを暗くしたり自動消灯時間を短くしたりすることでバッテリーの消耗を軽減できます。

ポケットWiFiが寿命なら買い換えよう

ポケットWiFiが寿命を迎えた場合、バッテリーを交換する以外に新しいものに買い換えるという方法もあります。

新たにポケットWiFiを購入する場合には、バッテリーの容量や機能性など自分の用途に合ったものを選ぶとよいでしょう。

おすすめのポケットWiFiについてはおすすめポケットWiFiを徹底比較したこちらの記事で詳しく紹介しています。

バッテリー容量や連続通信時間の長いポケットWiFi

ポケットWiFiは、端末によって機能や連続通信時間などが異なります。

バッテリーの消耗軽減に役立つ省電力設定機能が搭載されている場合には、長時間の使用や充電回数を減らすことができます。

また、それ以外にも自動で電源やWiFiをOFFにする機能が搭載されているものもあります。

自動電源OFFは、指定した時間を経過すると電源がOFFになり、自動WiFiOFFは、設定した時間の範囲で無通信状態が続いた場合にWiFi機能が停止されるため、バッテリーの消耗軽減につながります。

各通信会社が提供するポケットWiFiのバッテリー容量や連続通信時間については、次の通りです。

通信会社 端末名 バッテリー容量 連続通信時間
WiMAX W06 3,000mAh 約9時間
WX06 3,000mAh 約11.5時間
ワイモバイル 803ZT 3,000mAh 約12時間
801HW 3,000mAh 約8時間
603HW 2,400mAh 約6時間
楽天モバイル Rakuten WiFi Pocket 3,000mAh 約10時間

※連続通信時間は省電力設定がOFFの場合です。通信時間は使用環境や条件によって異なります。

\最短当日発送!/
【公式】カシモWiMAX

バッテリーの消耗を軽減するにはこまめに電源OFFをしよう

ポケットWiFiの寿命は、スマホや携帯と同様にバッテリーの消耗が大きく影響しています。

経年劣化は避けられませんが、ポケットWiFiの設定や充電の方法、回数を少し見直すことでバッテリーの寿命を延ばす、あるいは消耗の軽減ができるのではないでしょうか。

また、WiFiでの通信はアンテナとの距離が遠いほど消費電力が大きくなるため、使用環境を変えるだけでもバッテリーの消耗を軽減できる可能性もあります。

ポケットWiFiを新しいものに買い換えた場合でも使用環境や接続方法を気にしながら、バッテリーを長持ちさせる使い方を試してみましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年03月11日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード