WiMAXの審査内容・期間とは?審査なしで契約できるWiMAXはある?

WiMAXの審査内容やかかる期間、審査に落ちてしまう原因などをまとめました。契約審査に落ちてしまった場合の対処法や、審査に通るコツ・方法をご紹介します。安くお得に契約できるおすすめのWiMAXプロバイダを知りたい方も必見です。
【公式】カシモWiMAX WiMAXの審査内容・期間とは?審査なしで契約できるWiMAXはある?

「WiMAXを契約するときに必ず審査があるのだろうか?」「審査に落ちてしまったらどうすればいい?」

これからWiMAXを契約しようと考えている人の中には、このような疑問を持っている人もいるでしょう。

この記事ではWiMAXの審査内容・審査期間・審査に落ちる原因を詳しく解説します。

審査に落ちてしまった場合の対処法も紹介するので、WiMAXの契約を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

WiMAXの審査とは?

WiMAXの審査とはどのような内容なのか、審査期間やかかる時間を解説します。

WiMAXの審査内容

WiMAXの審査内容は、毎月の料金の支払い能力があるかどうかを判断するために行われます。

この審査はどのWiMAXプロバイダでも実施されているため、審査なしで契約できるWiMAXはありません。

審査基準については明確に公表されていませんが、毎月4,000円前後の金額が支払えるかの審査なので、そこまで厳しいものではないでしょう。

スマホを新規契約する際や機種変更する時にも毎回審査が行われており、それと同じような審査が行われます。

仮にクレジットカードの審査に落ちてしまった人でも、WiMAXの審査には通る可能性があります。

WiMAXの審査期間・かかる時間

WiMAXの審査時間やかかる時間は、申し込み方法やプロバイダによって異なります。

Web申し込み・郵送申し込み・店頭申し込みなどがあり、一番手間が少なくておすすめなのがWeb申し込みです。

各プロバイダの公式サイトで申し込みすれば、端末が手元に届くまで最短で3〜4日ほどです。郵送の場合は書類のやりとりがあるため、2週間程度かかると考えておきましょう。

プロバイダによってはクレジットカードもしくは口座振替から支払い方法が選べます。

口座振替よりもクレジットカードのほうが審査期間が短いです。口座振替の場合は別途審査が必要なので、実際に利用できるまでに時間がかかってしまいます。

プロバイダによっては端末を最短即日発送してくれますが、基本的にはクレジットカード支払いでないと即日発送は難しいでしょう。

WiMAXの審査に落ちる理由

WiMAXの審査に落ちる理由として考えられるものを6つ紹介します。

  • 理由1.入力内容に不備がある
  • 理由2.支払い方法を口座振替にしている
  • 理由3.クレカの限度額に達している
  • 理由4.過去に料金滞納・未納がある
  • 理由5.本人確認書類に不備がある
  • 理由6.ブラックリストにのっている

理由1.入力内容に不備がある

WiMAXの審査に落ちる理由の中で最も多いのが、書類の記入ミスや入力ミスによるものです。

住所などの本人情報や、口座振替に利用しているカードやクレジットカードの番号など、入力するものが多いです。そこで入力ミスをしてしまうと、本人の確認が取れず審査に落ちてしまうこともあります。

住所や支払い情報の記入ミスはよくあるので、注意して記載するようにしましょう。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

理由2.支払い方法を口座振替にしている

WiMAXを契約する際に、支払い方法を口座振替にしていると審査に落ちることがあります。

クレジットカードの場合はカードを申し込む際に審査をしているので、クレカの信用で審査が通ることがあります。

口座振替の場合はWiMAXの契約時に別途審査が必要になり、審査が落ちる可能性があります。

クレジットカードを持っているのであれば、クレジットカード払いにしたほうが審査に通りやすいでしょう。

理由3.クレカの限度額に達している

クレカの限度額に達している場合は、支払いができないので審査に落ちてしまいます。

支払い方法をクレカにしたのに審査に落ちた時は、支払い限度額に余裕があるか確認しましょう。

クレカの限度額に達していて、そのカードが使えない場合は、他のカードで支払いをすると審査に通ることがあります。

理由4.過去に料金滞納・未納がある

インターネット、公共料金、携帯電話料金の滞納・未納がある場合は、審査に通らない可能性があります。

滞納や未納があると、WiMAXの支払い能力がないと判断されるためです。

理由5.本人確認書類に不備がある

本人確認書類に記載されている住所と、現住所が異なる場合です。現住所と本人確認書類の住所が一致しないと申し込みできないので、審査に落ちます。

また本人確認書類の有効期限が切れていると、書類の不備で審査に通りません。

申し込み前に必ず住所・有効期限の確認をしておきましょう。引越しした場合や結婚して名字が変わった人は特に注意してください。

WiMAXの契約に使える本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 身体障害者手帳
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

本人確認書類に関する詳しいことは、各プロバイダの公式サイトで確認しましょう。

理由6.ブラックリストにのっている

クレジットカードやローンの支払い状況などは、信用情報機関に集められています。

過去にクレジットカードの滞納・強制解約・ローンの滞納・自己破産をしている場合は、信用情報がブラックリストにのってしまいます。

WiMAXだけでなくローンやクレジットカードの審査の際に信用情報が確認されるので、ブラックリストにのっていると審査に通りません。

自分がブラックリストにのっているかを知りたい場合は、専門機関に信用情報の請求ができます。

WiMAXの審査に落ちた際の対処法

万が一WiMAXの審査に落ちた場合の対処法を3つ紹介します。

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

対処法1:支払い先口座を変更する

WiMAX契約時に口座振替に申し込んで審査に落ちた場合は、他の口座に変更してみるとよいでしょう。可能であれば新しく口座を開設して、その口座で申し込むのがおすすめです。

また申し込み時には残高が10万円ほど入っていると、審査に通りやすい可能性があります。というのも、WiMAXを2年間利用した合計金額が10万円ほどになるので、支払い能力があることをアピールできるからです。

対処法2:他のプロバイダで申し込む

プロバイダによって審査基準は異なるので、他のプロバイダであれば審査が通る可能性があります。

口座振替よりもクレジットカード支払いのほうが審査に通る可能性は高くなるので、可能であればクレジットカードを用意して申し込みましょう。

対処法3:家族に契約してもらう

口座を変更したり、他のプロバイダで申し込んでも審査に落ちてしまう場合は、家族に契約してもらう方法もあります。

WiMAXの契約は契約者と支払い者が同一人物でないといけないので、WiMAXの名義も口座情報も家族になります。

契約してもらう家族にスマホやインターネットの支払い滞納・未納などがなければ、審査は問題なく通るでしょう。

口座振替で利用可能なWiMAX

クレジットカードの未払いなどが原因で審査に落ちてしまった場合は、口座振替で利用ができるWiMAXに申し込むとよいでしょう。

ここからは、口座振替で利用ができるプロバイダを3つご紹介します。

UQ WiMAX

UQ WiMAX
月額料金(税込) 初月~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目以降:4,950円
初期費用(税込) 契約手数料:3,300円
端末代金:21,780円
契約期間 なし
解約金(税込) 2年契約のプランで満了月前に解約した場合:1,100円

UQ WiMAXの料金プラン「ギガ放題プラス」は、「WiMAX +5G はじめる割」の適用で25ヶ月目までは4,268円(税込)、26ヶ月目以降は4,950円(税込)で利用できます。

また、都市銀行や地方銀行、農協やゆうちょ銀行などさまざまな銀行に対応しています。そのためすでにある銀行の口座か審査らでも申し込みがしやすいでしょう。

ただし口座振替の場合、毎月手数料が220円(税込)かかるので留意しましょう。

【UQ WiMAX公式】詳細はこちら

\Amazonギフト券が必ずもらえる!/
【公式】カシモWiMAX

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX
月額料金(税込) 初月:0円
1ヶ月目:1,166円
2~24ヶ月目:3,355円
25ヶ月目以降:4,928円
初期費用(税込) 申込手数料:3,300円
端末代金:21,912円(一括払い)
代金引換手数料:440円
契約期間 1年
解約金(税込) 1,100円

BIGLOBE WiMAXは初月0円、1か月目1,166円(税込)、2~24か月目3,355円(税込)で使用できるコスパが良いプロバイダです。

また契約期間もなく、いつでも解約できるので、短期間だけ使用したいという方にもおすすめです。

ただし月額料金のほかにも手数料や端末料金がかかります。特に口座振替の場合は端末代金が一括払いになるので留意しておきましょう。

口座振替は都市銀行や地方銀行などにも対応しているので便利です。ただし口座振替の場合、毎月手数料220円(税込)がかかります。

【BIGLOBE WiMAX公式】詳細はこちら

Broad WiMAX

出典:Broad WiMAX
月額料金(税込) バリュープラン
初月:3,883円
2ヶ月目以降:1,397円

フリープラン
初月:1,397円
2ヶ月目以降:4,070円
初期費用(税込) 契約事務手数料:3,300円
初期費用:20,743円
端末代金:21,780円
契約期間 バリュープラン:2年間
フリープラン:なし
解約金(税込) バリュープラン:3,883円
フリープラン:なし

業界でも格安の料金プランを提供しているBoad WiMAX。データ無制限で初月は1,397円(税込)で使用できます。

また、万が一通信速度などBroad WiMAXに満足がいかなかった場合、「いつでも解約サポート」で違約金なしで他社へ乗り換えるサービスも提供しています。

口座振替は他社プロバイダと同様にさまざまな銀行からの振込に対応しています。

ただし、口座振替だと初期費用20,743円(税込)がかかったり、毎月220円(税込)の振込手数料がかかるので留意しておくといいでしょう。

【Broad WiMAX】詳細はこちら

WiMAX審査のよくある質問

WiMAXの審査に関するよくある質問に答えします。これからWiMAXを契約しようと考えている人はぜひ参考にしてください。

審査がないWiMAX・ポケットWiFiはある?

基本的にはWiMAXのどのプロバイダも、ポケットWiFi提供会社も審査はあります。

会社としても支払い能力が確認できない人に契約させることはできないので、審査を避けることは難しいでしょう。

しかしクレジットカード支払いを選択すれば、審査に通りやすくすることはできます。

クレジットカードの申し込み時に審査が行われているので、審査に通っているということは支払い能力があると判断されるためです。

審査に不安がある人は、クレジットカードで申し込むことをおすすめします。

WiMAXの審査に落ちたらどうすればいい?

本人確認書類の不備や入力内容に不備があった場合は、正しい情報を入力して再申し込みしましょう。

そのほかの理由で審査に落ちた場合は、他のプロバイダに変更するか他の口座などでの申し込みがおすすめです。

色々な方法を試しても審査に通らないのであれば、家族にWiMAXを契約してもらいましょう。その際はWiMAXの契約者も引き落とし先の名義も同一人物である必要があります。

\工事不要ですぐ使える!/
【公式】カシモWiMAX

WiMAXの審査まとめ

  • WiMAXの審査は支払い能力の有無を判断するためのもの
  • 入力内容不備や過去の滞納が原因で審査に落ちることがある
  • 口座振替よりもクレジットカード支払いの方が審査に通りやすい

WiMAXは契約時に必ず審査があります。支払い能力を判断するための審査なので、過去にスマホなどの滞納・未納がある人、本人確認書類に不備があるなどの理由で審査に落ちることがあります。

審査に落ちた場合は、口座を変更する・プロバイダを変更するなどの対処法によって、審査に通るかもしれません。

口座振替で契約するよりも、クレジットカード支払いの方が審査に通りやすいので、不安がある人はクレジットカード支払いがおすすめです。

公開日時 : 2022年11月15日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード