WiMAX審査に落ちた人に共通することとは?原因と対処法

WiMAX審査に落ちた人に共通することや、落ちてしまった時の原因と対処法をまとめました。WiMAX申込で口座振替にしたら残高が足りなかった等、審査落ちする理由や対策方法を解説します。WiMAXの審査基準が知りたい方や、審査に通るか不安な方必見です。
【公式】カシモWiMAX WiMAX審査に落ちた人に共通することとは?原因と対処法

WiMAXには申し込みの審査があるので、申し込みをしても審査で落ちてしまう人が少なからずいます。

仕事などで使う予定のある人にとっては大きな痛手ですね。

本記事ではWiMAXの審査になぜ落ちてしまうのか、その理由と審査に落ちてしまった時の対策を紹介します。

WiMAXの審査に落ちてしまって途方に暮れている方は参考にしてください。

WiMAX審査に落ちる理由

まずはなぜWiMAXに落ちてしまうのか、その理由を見ていきましょう。

クレジット支払いに審査は厳しくない

まずクレジット支払いにして審査に落ちることはあまりありません。

審査に落ちて困っている方もクレジット支払いではなく、口座支払いにしているのではないでしょうか。

現にクレジット支払いの場合は最短1日で終わります。クレジットカードの場合は、カードを作る際に審査があるため、WiMAXの方でもそこまで審査は厳しくないのです。

そのため、クレジットカードを持っている人はクレジット支払いにした方が無難でしょう。

過去に料金滞納、延滞がある

WiMAXは慈善事業ではないため、支払い能力のない人にはサービスを提供してくれません。

過去に「インターネット料金」「携帯電話料金」「公共料金」等を滞納したことがある人は、審査に通りづらいのです。

これまで滞納を繰り返している人はWiMAXから支払い能力が低い人、また支払いを滞納する可能性が高い人とみなされてしまいます。

キャッシング、ローンを滞納した

インターネットや携帯の料金だけでなく、キャッシングやローンの滞納があった人も審査に落ちる可能性は高くなります。

WiMAXは申し込みがあってから過去5年分は支払い実績を確認しているため、過去に滞納している人はまた滞納する確率が高いため、審査に落とされるのです。

WiMAXを過去に強制解約された

WiMAXに口座支払いで契約できた後も、口座の残高不足などで料金の未払いが続くと強制解約されることもあります。

もし過去に強制解約をされたことがあると、再び申し込みをしても審査に落ちる可能性は高くなります。これは以前強制解約されたプラバイダに限りません。

現在のWiMAXはどのプロバイダもUQコミュニケーションズの回線を借りているため、強制解除したユーザーのリストは共有されているのです。

どこかのプロバイダで強制解除になったから別のプロバイダで契約というわけにはいきません。

信用情報機関のブラックリスト

クレジットカードやローンの支払い情報は信用情報機関という組織が収集し、共有しています。

過去のカードやローンの支払いが、信用情報機関のデータに遅延や未払いとしてデータが蓄積されていくのです。あまりにそれらの情報が貯まると「ブラック」として扱われます。

WiMAXに申し込む際もこの信用情報機関のデータにアクセスして、対象の支払い能力を確認しているため、ブラックの状態で審査に通りません。

ちなみにこちらでブラックの状態になっていると、WiMAXだけでなく新しくクレジットカードを作ったり、住宅ローンも組めなくなります。

入力した住所とアップロードした本人確認書類の住所が異なる

過去の支払い実績だけでなく、書類の不備で審査に落ちる場合もあります。

WiMAXは契約の際に名前の他に住所と生年月日も記載する必要がありますが、こちらが提出した本人確認書類と違うと審査が通りません。

名前と生年月日を間違えるケースは珍しいですが、住所が書類と異なるケースはよくあります。

引っ越しをするタイミングWiMAXに申し込む人も多いため、前の住所を記入してしまうのです。間違えないように本人確認書類を見ながら書類に記載しましょう。

本人確認書類の有効期限切れ

申し込み時に提出する確認書類には、それぞれ有効期限があります。

それらの有効期限が切れた書類を提出すると審査に落ちてしまいます。

期限のある本人確認書類は「運転免許証」「パスポート」「特別永住権」「健康保険証+補助書類」の4種類となります。

WiMAX審査に落ちた時の対処法

それでは実際にWiMAXの審査に落ちた際におすすめの対策を紹介していきます。

新しく口座を作る

審査に落ちた口座で再び申し込みをしても、審査に通る可能性はもちろん低いです。

そのため、新しく口座をつくって再び申し込みをする必要があります。その時は審査に落ちた口座とは別の口座を作らなければなりません。

また、口座を作ったからといってすぐに申し込みをしていいわけではありません。申し込み用として使う前に大体5万円くらいを口座にいれておきましょう。

なぜ5万円かというと、WiMAXの「ギガ放題」の月々の料金が約4000円で、2年契約とした場合48,000円となるからです。

WiMAXの審査は結局、月々の料金を支払う能力があるかどうかがポイントなので、契約期間分の料金が口座に入っていればWiMAXとしても安心できることになります。

別のプロバイダから申し込む

もし一つのプロバイダで審査に落ちてしまっても、別のプロバイダで改めて申し込みをしてみましょう。

別のプロバイダでも同じ情報を扱うことになりますが、プロバイダによって審査のハードルは異なるため、プロバイダを変えれば審査に通るかもしれません。

ちなみに審査がいちばんゆるいのは本家UQ WiMAXです。

プロバイダのようにキャッシュバックなどがないため割高になりますが、どうしてもWiMAXを使いたい場合は本家WiMAXで申し込みましょう。

家族の口座を使わせてもらう

どうしてもWiMAXが必要なのに審査に通らず使えないと言う人の最後の手段として、家族の口座を使うという方法があります。

もちろん家族に許可をとらなければいけませんが、両親や夫婦などに事情を説明して口座を使わせてもらいましょう。

ご家族がこれまで支払いの滞納がなければ審査に通るでしょう。月々の料金はしっかり家族に払ってください。

お得なプロバイダを選ぼう

せっかくWiMAXを使うならお得なプロバイダを選びましょう。

料金が高いプロバイダを選んでしまっては、また支払いができずに支払い実績に傷を作ってしまうことにもなりかねません。

最後にお得なプロバイダの選び方を紹介するので参考にしてください。

2年間プランでもキャンペーンが適用されるか

WiMAXの契約期間はプロバイダによって2年契約と3年契約の場合があります。

どちらの方がお得かという2年契約となります。3年プランとなると同じルーター端末を36か月間も使わなければなりません。

ルーター端末というのは毎年のように新しい端末が発表されるため、2年もすれば最新の端末に見劣りしてしまいます。

2年契約であればその時点で新しい端末に切り替えられますが、3年契約の場合はあと1年同じ端末を使わなければなりません。

また使う期間が長くなれば故障のリスクも高くなりますし、バッテリーの持ちが悪くなってバッテリー交換をするなど別途費用が発生する可能性も高くなります。

しかし、プロバイダとしてはできるだけ長く契約してほしいため3年契約を勧める場合もあります。

そのため、格安キャンペーンをアピールしますが、その条件に3年契約を設定しているのです。

魅力的なキャンペーンを見つけた際も本当に2年契約でその値段なのかしっかり確認しましょう。

新しい端末で2年のトータル費用が安いか

先述したようにWi-Fiルーターは毎年のように最新の端末が発表されており、2年もすれば性能も大きく異なります。

通信速度やバッテリー性能などが大きく異なるため、できるだけ新しい端末を使った方がいいでしょう。

プロバイダによっては料金は安いけども、その代わり古い端末しか借りれない場合も少なくありません。

料金を比較する際には同じ端末が使えるかどうか確認してから比較しましょう。

また、料金の比較の際は2年間のトータル料金で比較してください。

プロバイダによっては、月々の料金は安く設定して、その代わりオプションをつけるのを条件にしている場合もあります。

広告で代替的に打ち出している数字を見るだけでなく、しっかり2年間のトータル費用を計算しましょう。

キャッシュバックに要注意

トータル料金が安いプロバイダの中にはキャッシュバック制を採用しているプロバイダも多いです。

契約してから数か月後に届く、キャッシュバック用のメールに返信をすれば、キャッシュバックが受けられるというものです。

メールの返信するのは簡単なので、メールに気付けば誰でもキャッシュバックを受けられますが、普段メールを確認しない人の中にはキャッシュバックを受けられない人がいるのも事実です。

キャッシュバックを受けられなければ、通常料金と変わらないので全然お得ではありません。

普段からメールを確認している人はいいですが、普段あまりメールチェックをしない人はキャッシュバックをしているプロバイダは危険かもしれません。

おすすめはカシモWiMAX

上記の条件を踏まえておすすめのプロバイダが「カシモWiMAX」。

2年契約が可能で、その安さも業界ではトップクラス。貸し出している端末も最近のものなので、性能を見ても文句ありません。

またキャッシュバックではなく、通常料金が安いので、メールを見落として結局割高になる心配もないのです。

比較的新しいプロバイダのため、審査の厳しさはまだ分かりませんが、これまで滞納などがない人は一番に申し込みをおすすめしたいプロバイダです。

カシモWiMAXでWiMAXを契約する

【公式】カシモWiMAX
鈴木光平 ー ライター
鈴木光平 ー ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。