OCN光

引越しにかかる期間はどれくらい?家族・単身での最短期間や引越し前後のスケジュールも解説します

引越しにかかる期間についてまとめました。引っ越す予定のある人、急遽引越しが決まった人で、引越しに平均、もしくは最短・最長でどれだけの期間がかかるのか、目安を知りたい人は参考にして下さい。引越しの全スケジュールを時系列にして、todoリストも紹介しています。
【公式】カシモWiMAX 引越しにかかる期間はどれくらい?家族・単身での最短期間や引越し前後のスケジュールも解説します

進学や就職、転勤など、様々な理由で引越しをしなくてはならなくなった時、多くの人が心配するのは「引越しには果たしてどのくらいの期間がかかるのか」ということです。

引越しには当然新居探し・新居の契約や引越し業者の選定・契約、実際の引越し作業や転居に伴う各種の手続きまで、やらなくてはいけないことが山ほど伴います。引越しを経験したことがない人は、これらにどれくらいの時間がかかり、準備期間がどのくらい必要なのかの見当がつかないと思います。

そこでこの記事では、これから引っ越す予定のある人や急遽引越しが決まった人のために、「引越しにかかる期間」に焦点をあて、紹介します。

引越しの流れを時系列に沿って、必要な期間と共に知りたい人はぜひチェックしてください。

引越しにかかる期間はどれくらい?

まず最初に、引越しには一体どれくらいの期間がかかるのか、を考えてみましょう。

なお、ここで言う「引越しにかかる期間」とは「引越し業者の見積もりから引越し日当日まで」とします。

通常は1ヵ月あれば十分

「単身者か家族か」、「実家からか1人暮らしからか」など、状況によって多少異なりますが、一般的に引越しの準備は1ヵ月程度あれば十分です。

ただし2月から4月にかけては入学・入社・転勤などで引越しをする人が多く、不動産業者や引越し業者が繁忙期になるので、多少余裕を持って1カ月半程度を考えておくとよいでしょう。

また、家族での引越しや実家からの引越しの場合、どうしても荷物の整理に時間がかかってしまうので、繁忙期同様1ヵ月半程度で考えておくと余裕を持って作業ができます。

急ぎの場合は最短で何日?

「単身者で荷物が少ない」「既にある程度荷造りが出来ている」「引越し先にすぐに入居出来る」といった条件さえ整っていれば、急ぎの場合は最短でその日のうちに、あるいは翌日に引越しをすることも場合によっては可能です。

家探しから入居までの引越しスケジュールの目安

次に、家探しから入居までの引越しスケジュールの目安を紹介します。

引越し2ヵ月前|家探し

引越しをするには、引越し先の物件が決まっていることが前提となります。

引越し当日から逆算すると、引越し先の物件探しは概ね2ヵ月程度前には探し始めておく必要があるでしょう。

ただし引越し先の物件の条件(間取りや予算、周辺環境など)が厳しい人、家族での引越しの場合などは物件探しが難航することも考えられます。そのような場合はもう少し前、引越しから3、4ヵ月前には物件探しを始めることをおすすめします。

物件探しの際にやるべきこと

  • 物件に求める条件を整理しておく
  • 家族の場合は十分話し合いをしておく
  • ネットや情報誌で実際に物件探しを始める
  • 目欲しい物件を見つけたら不動産業者に連絡をし、内見の予約をする
  • 実際に内見に行って物件や周辺環境をチェックする
  • 入居手続きに必要な書類(源泉徴収票や納税証明書、印鑑証明書、住民票など)を用意しておく
  • 入居したい物件が決まったら入居手続きを行う

引越し1ヵ月前|引越し手続き

引越し1ヵ月前までには引越し手続きを済ませておきましょう。

直前になってから引越し業者を手配しようとすると、希望の日時に来てもらえない可能性があります。物件と引越し予定日が決まったら、なるべく早く手配するとよいでしょう。

引越し見積もり・業者決定

引越し業者の選定は、引越し業者の見積もりを取るところから始まります。

引越し業者の見積もりは、ネットで行うのが便利です。中には1度に複数の引越し業者の見積もりが取れるサービスもあるので、時間がない人にはおすすめです。

もちろん自宅の近所の引越し業者に直接出向き見積もりを取る、という手もあります。

なお、見積もりの際は金額にばかり目が行きがちですが、ダンボールや梱包資材がどの程度無料で提供されるのか開梱した後の使用済みダンボールは回収してくれるのか営業スタッフや作業スタッフの質はどうか、など、あらゆる点を考慮した上で引越し業者を決定するようにしましょう。

質の悪い引越し業者と契約をしてしまうと、後々トラブルに発展してしまう可能性もありますし、気持ち良く引越しすることが出来ないからです。

引越し見積もり・業者決定の際にやるべきこと

  • 引越し先の物件と引越し日を決める
  • 利用したい引越し業者のサイト・営業所などで見積もりを取る
  • いわゆる「引越し一括見積もりサイト」で複数の引越し業者の見積もりを取る方法もある
  • 引越し料金やその他の条件を参考に、引越し業者を決定する
  • 決定した引越し業者と、引越し契約を行う
  • 契約の際は「キャンセル料」「無料提供される梱包資材の有無」「使用済みダンボール回収の有無」などをよく確認する

引越し2~3週間前|退去・引越し準備

物件と引越し日、引越し業者が決まったら、いよいよ今の物件から退去する手続きと、引越しの準備を進めることになります。

荷造り

荷造りは一気にやろうとすると大変なので、毎日少しずつ進めるのがおすすめです。

家族の引越しの場合、各自の荷物は各自が荷造りをするとして、家族共用の荷物(リビングやキッチン、トイレや風呂場、庭の物置のものなど)はいつ、誰が荷造りをするのか、きちんと話し合いをしておくようにしましょう。

また、荷造りの際に必ず必要となるのがダンボールやガムテープ、緩衝材、マジックといった梱包資材です。一般的にこれらは引越し業者が一定量を無料提供してくれることが多いですが、無料提供がない場合や無料提供を超える分は自分で用意する必要があります

これらはホームセンターや通販で入手することができますので、荷造りの進捗状況を見つつ手配をするようにしましょう。

ちなみにガムテープは布製のものがカットしやすく、より便利です。

荷造りの際におすすめなのは、転居先での荷物の搬入場所を「リビング」「2階手前の子供部屋」「1階の和室」のようにダンボールに書いておくことです(家具には搬入場所を書いたガムテープを貼っておく)。

こうしておくと転居先での搬入時に、引越し業者がスムーズに搬入できます。

搬入場所に加えて中に何が入っているのかも書いておくと、荷解きがスムーズに進みます。特に引っ越してすぐ使うものはわかりやすいようにしておきましょう。

そして荷造りを行う際に、どうしても大量のゴミが出ます。普段のゴミ収集に出せるものならあまり問題はありませんが、自治体に連絡して回収に来てもらう粗大ゴミは、引越し当日までに回収に来てもらえるよう、スケジュールに注意してください。

ゴミ袋も大量に必要になるので、事前に購入しておくようにしましょう。

荷造りの際にやるべきこと

  • ダンボールなどの梱包資材を用意しておく
  • 家族の引越しの場合は、家族共有の荷物の荷造りを誰がいつするのかも決めておく
  • 粗大ゴミが出る場合は自治体などに連絡して回収に来てもらう

転出手続き

荷造りと同時並行で進める必要があるのが「転出手続き」です。

転出手続きは多岐に渡るので、最初にまとめて紹介しておきます。

引越しの際に必要な転出手続き

  • 今住んでいる物件が賃貸の場合は、物件の解約手続き
  • 別に駐車場を借りている場合は、駐車場の解約手続き
  • 電気・ガス・水道・電話・インターネット等、ライフラインの解約・移転・開始手続き
  • 携帯電話会社・クレジットカード会社など、毎月請求書が送られてくる会社への住所変更手続き
  • 子供の転校を伴う転居の場合は、学校の転校手続き
  • 郵便局へ郵便物の転送手続き
  • (別の市区町村へ転居する場合)市区町村役場へ転出届の提出
  • (別の市区町村へ転居する場合)国民健康保険の資格喪失手続き
  • (別の市区町村へ転居する場合)印鑑登録の抹消手続き
  • (別の市区町村へ転居する場合)原付バイクの廃車手続き(「廃車証明書」の発行手続き)
  • (別の市区町村へ転居する場合)児童手当の住所変更手続き(「児童手当受給事由消滅届」の提出と「所得課税証明書」の発行手続き)

転出手続きは、大きく「物件の契約自体に関するもの」「ライフラインに関するもの」「学校・郵便局・役所に関するもの」の3つに分かれます。

物件の契約自体に関するものは、引越しが決まったらすぐに管理会社や大家さんなどに連絡するようにしましょう。

ライフラインに関するものは、各社へ電話もしくはネット経由で連絡をすることになります。こちらも引越し日が決まったら忘れないうちに連絡するようにします。

ライフラインに関するものは「今の物件で利用を止める手続き」と「新しい物件で利用を始める手続き」の両方が必要になるので注意してください。

よくありがちなのが利用を止める手続きだけやって、利用を始める手続きを忘れてしまうことです。利用を始める手続きを忘れていると、引越し当日にライフラインが使えない場合もあります。

また、ライフラインは事前に利用開始手続きが必要なものと、必要のないものとがあります。この点は物件契約時に不動産会社によく確認するようにしてください。

学校・郵便局・役所に関するものは、各自必要に応じて手続きをすることになります。役所で必要な手続きは自治体によって多少異なりますが、役所の人に状況を説明すれば、どんな手続きが必要になるかを教えてくれるはずです。

引越し当日・入居

いよいよ引越し当日です。

引越し作業

引越し作業自体は、基本的に引越し業者が全てやってくれます。

引越し業者が判断出来ないことは判断を求められるので、その際は的確かつ迅速な判断をして引越し業者がスムーズに作業出来るよう心掛けましょう。

荷物が全て搬出された後は、物件内部を軽く掃除しておくようにしましょう。特にゴミは絶対に残さないように注意してください。

引越し作業の際にやるべきこと

  • 引越し作業自体は引越し業者に任せておけばOK
  • 判断を求められた際は的確かつ迅速な判断をする
  • 荷物が搬出された後、物件内部を軽く掃除しておく

入居先へ移動

入居先へ移動した後は荷物を搬入することになりますが、これも搬出時同様に引越し業者が全てやってくれます。

ただし、搬入時は家具やダンボールなどをそれぞれの部屋まで搬入する必要があるため、搬出時以上に指示出しや判断を求められることが多いです。

この時、荷造りの際に紹介した「ダンボールに搬入場所を書いておく(家具には搬入場所を書いたガムテープを貼っておく)」ことが出来ていると、搬入が非常にスムーズに進み、結果的に引越し業者や自分の負担が減ります。

また、入居時には電気と水道の開始・開栓を行う必要があります。

電気は事前に使用開始手続きをしておかないと使えない場合と、使用開始手続きをしなくても使える場合(後から手続きをする)とがあり、これは電気設備によって違います。物件の契約時に不動産会社に確認しておくようにしましょう。

水道は原則として、事前の使用開始手続きがなくても開栓して使用することができます(後から手続きをする)。

ガスは自分で開栓することが出来ず、必ずガス会社の人に開栓作業をしてもらう必要があります。そのため事前にスケジュール調整をしておきましょう。

入居先へ移動の際にやるべきこと

  • 引越し作業自体は引越し業者に任せておけばOK
  • 判断を求められた際は的確かつ迅速な判断をする
  • ライフラインの使用開始作業・手続きを行う

引越し後

引越し後に行うのは「荷解き」と「転入手続き」です。

荷解き

荷解きは、すぐに使うものから先に行うようにします。これも、荷造りの際にきちんとわかるようにしておくことが重要です。

荷解きの際に問題になるのは、使用済みのダンボールの処理方法です。

引越しの規模にもよりますが、家族での引越しともなると大量の使用済みダンボールが出ます。これを自治体のゴミ収集に出すのはかなり大変です。

そのため、引越し業者との契約時に「使用済みダンボールは回収してくれるのかどうか」はよく確認をしておく必要があります。

回収をしてくれる場合、引越しから数日後に回収に来てくれます。自分で自治体のゴミ収集に出す必要がなく、とても便利です。

荷解きの際にやるべきこと

  • すぐに使うものから優先して荷解きをする
  • 使用済みダンボールを処理する

転入手続き

引越しが済んだら、各種の「転入手続き」を行う必要があります。

引越しの際に必要な転入手続き

  • 子供の転校を伴う転居の場合は、学校の転校手続き
  • (同じ市区町村へ転居した場合)市区町村役場へ転居届の提出
  • (別の市区町村へ転居する場合)市区町村役場へ転入届の提出
  • (別の市区町村へ転居する場合)国民健康保険の加入手続き
  • (別の市区町村へ転居する場合)印鑑登録手続き
  • (別の市区町村へ転居する場合)原付バイクの登録手続き(「前の住所地で発行された廃車証明書」の提出)
  • (別の市区町村へ転居する場合)児童手当の認定申請手続き(「児童手当認定請求書」と「前の住所地で発行された所得課税証明書」の提出)
  • (車を持っている場合)車庫証明書の取得申請
  • (車を持っている場合)車検証の住所変更手続き
  • (免許証を持っている場合)免許証の住所変更手続き

転入手続きは原則として「転出手続きの逆」となりますが、「新しい車庫証明の取得」や「車検証の住所変更」「免許証の住所変更」など、転出手続きの際は手続きをしなかったものが追加される点に注意してください。

転入手続きは役所に関するものが主となりますが、何を手続きしたらよいのかわからない場合は、転出手続きの際と同様、役所の人に状況を説明して必要な手続きを教えてもらうのが手っ取り早いです。

期間に余裕を持って引越すためのポイント

最後に、期間に余裕を持って引っ越すためのポイントを4つ紹介しましょう。

退去予告の期限を知っておく

「退去予告の期限」とは、賃貸物件の退去に関する取り決めのことで、賃貸物件契約時の契約書に明記されています。

一般的には「退去を希望する日の約1~3ヵ月前までに申し入れる」と決められていることが多いです。

つまり3月31日が退去を希望する日の場合、「退去を希望する日の1ヵ月前までに申し入れる」となっていたら2月28日までに、「退去を希望する日の3ヵ月前までに申し入れる」となっていたら前の年の12月31日までに管理会社や大家さんに退去を申し出る必要があります。

この退去予告の期限を過ぎてから退去予告をすると、違約金が発生する場合があります。

そのため、引越しを考え始めたら必ずこの退去予告の期限を確認するようにしてください。

入居審査は最低3日必要

「入居審査」とは、賃貸物件の契約前に行われる「家賃の支払い能力の有無に関する調査」のことです。

これは入居申込書に記載した内容と、併せて提出した源泉徴収票や収入証明書などによって行われますが、審査には最低3日は必要になります。

実際の賃貸契約はこの入居審査が終わってから改めて行われるので、いきなり不動産会社に行って即契約が出来るわけではありません(審査不要物件の場合は出来る)。

初めて1人暮らしをする人などは、この入居審査に必要な期間を計算に入れずにスケジュールを組んでしまうことがありますが、必ず入居審査の日数分の余裕を持って計画を立てるようにしてください。

引越し前後に必要な手続き3つは優先的に抑える

引越し前後に必要な手続きは「転出手続き」「転入手続き」として先に紹介しましたが、その中でも本当に重要な3つの手続きについては、他の手続きよりも優先して行うようにしましょう。

転入・転出手続き

ここでいう「転入・転出手続き」とは、同一市区町村内で引越しをした際の「転居届」、別の市区町村へ引越しをする(した)際の「転出届」と「転入届」の他、国民健康保険や児童手当など役所関係で行う手続きのことです。

これらの手続きは即生活に直結するものであり、手続きを怠ると行政サービスの恩恵を受けることが出来なくなってしまいます。

そのため引越しにまつわる手続きの中では、優先順位が高いです。

ライフラインの手続き

ライフラインの手続きも、役所関係の手続き同様に即生活に直結するものです。

特に転居先で電気やガス、水道が使えないと、転居後の生活はもちろんのこと、場合によっては引越し作業時に困ることになります。

そのため転居先のライフラインの使用開始の手続きは、特に注意して行う必要があります。

前述のように、原則として電気と水道は自分で開始・開栓作業をした上で、後からはがきや電話・ネットなどで手続きを行うことができます(自分で出来ない場合もあるので必ず事前に不動産会社に要確認)。

ガスの開栓は危険が伴うため、必ずガス会社の人が行う必要があります。事前のスケジュール調整が必要なので、引越し前に必ず連絡をするようにしてください。

また、最近はインターネット回線も電気・水道・ガス並みに重要なライフラインだ、という人も多いと思います。

通常、自宅の固定インターネット回線は光回線かケーブルテレビ回線ですが、どちらも転居先に設備が設置していなければ、開通工事が必要になります。

開通工事はあらかじめ工事日の予約をした上で、業者に来てもらう必要があります。そのため、入居当日からインターネットネット回線を使いたければ、事前に工事予約をして入居日までに工事を済ませておかなくてはなりません。

マンションやアパートの中には、既に設備が設置されていて、開通手続きさえしておけば入居日から即インターネット回線が使えるようになるところも多いです。

自分が転居する先のインターネット回線の状況がどうなっているか、必ず事前に確認をして準備を進めておくようにしましょう。

もしもインターネット回線の開通工事が面倒だ、という場合は、開通工事の必要がないモバイル回線を自宅の固定回線代わりに使う、という手もあります。

WiMAXを始めとするモバイル回線は、光回線やケーブルテレビ回線と同等、もしくはより安い料金で、容量無制限で使うことができます。通信速度も十分に高速で、常時オンラインゲームに接続でもしない限りは固定回線として十分に使用に耐えうるものです。

iPhone格安SIM通信では工事不要で無制限に使えるおすすめWiFiについて以下のような記事を用意していますので、併せてご一読ください。

郵便物等の住所変更

郵便物等の住所変更も、引越しの際には最優先にしたい手続きの1つです。

引越しをする際は、必ず転居元の住所地を管轄する集配郵便局で「転居・転送サービス」の手続きをしてください。

この手続きをしておけば、転居元(旧住所)宛てに出された郵便物は、転居先(新住所)へ1年間自動的に転送してもらえます。費用は無料です。

この手続きと併せて、携帯電話会社やクレジットカード会社、スポーツジムやよく利用する通販会社、美容院のように郵便物を送ってくるところへは住所を変更した旨を届け出ておきましょう。

引越しにかかる期間を知ってから準備しよう

以上、引越しにかかる期間やスケジュールについて紹介しました。

引越しは新居探し・引越し業者との契約・実際の引越し作業・引越しに伴う各種手続きなど、様々なステップがあり、引越しに慣れていない人にとってはどのステップも戸惑うことが多いと思います。

そのため、初めて引っ越す人や引越し経験の浅い人は、十分な準備期間をとった上で引越しに臨むことをおすすめします。

1度引越しを経験すれば、2度目以降の引越しはスムーズに出来るようになるはずです。

また、引越しの際は新居探しや引越し作業にばかり頭が行ってしまい、行政関係やライフライン関係の手続きが後回しになりがちです。特にライフライン関係の手続きは、出来ていないと転居先での生活に影響しますので、引越しが決まったらチェックリストを作成するなどして絶対に忘れないようにしてください。

公開日時 : 2021年03月18日

二階堂卓也 ― ライター
二階堂卓也 ― ライター

関連キーワード