格安スマホのデメリットと対処法を知って契約しよう!おすすめ格安SIM業者も紹介

「格安スマホの契約を考えているけれど、デメリットについて網羅的に知りたい」と考えている人もいるでしょう。そこで本記事では、格安スマホのデメリットと対処法、おすすめの格安SIMについて解説します。
BIGLOBEmobile20190724_desc 格安スマホのデメリットと対処法を知って契約しよう!おすすめ格安SIM業者も紹介
格安スマホのデメリットと対処法を知って契約しよう!おすすめ格安SIM業者も紹介

通信費を少しでも安くするのであれば、格安スマホや格安SIMの活用がおすすめです。格安スマホは5万円以下など比較的低価格で購入できるスマートフォンのこと。一方で格安SIMとは、通信料金が安いスマホ向けデータ通信プランを提供している仮想通信事業者のことです。

ただしここでは、格安SIMのことも含めて「格安スマホ」と表現しています。

格安スマホを活用すれば、大手通信キャリアの半額以下まで月々の通信費を抑えることも可能。「スマートフォンの通信費が高くて悩んでいる」という方は、この機会に格安スマホを契約しませんか。

格安スマホのデメリットと対処法

ここでは、格安スマホを活用するデメリットと対処法についてご紹介します。

LINEのID検索ができなくなる

格安スマホを契約すると、LINEのID検索が利用できません。

LINEのID検索はドコモ、au、ソフトバンクといった大手通信キャリアで利用できる機能です。一方でほとんどの格安スマホでは、LINEのID検索を利用できません。

一方で、ID検索以外の方法で友達追加は可能です。また、LINEアプリ自体は通常通り使えます。

大手通信キャリアから格安スマホに乗り換えるときは、LINEのID検索が利用不可でも問題ないか、検討してから乗り換えましょう。

通信速度が遅くなりやすい

格安スマホを利用すると、平日のお昼時など混雑時間帯に通信速度が遅くなりやすいです。

格安SIMは、大手通信キャリアから回線の“一部”をレンタルして提供しているサービスのこと。よって平日のお昼休憩中など回線負荷が高まりやすい時間になると、通信速度が低下します。

通信速度が遅くなると、インターネット検索やSNSのチェックにも時間がかかったりするもの。格安スマホに乗り換えると、大手通信キャリアを利用していたときより通信速度が遅くなる可能性が高いという点に注意しましょう。

通信速度が速い格安スマホを利用する

安い通信プランを契約しつつ通信速度も重視するのであれば、「サブブランド」と呼ばれる格安SIMとの契約がおすすめです。

UQモバイルワイモバイル といったサブブランドは、大手通信キャリアより安い通信プランを提供しながら、通信速度は他の格安SIMより速いです。

料金を抑えつつ通信速度を重視するのであれば、UQモバイルやワイモバイルといった「サブブランド」の格安SIMを利用しましょう。

クレジットカード決済が多い

格安スマホの多くは、「支払い方法はクレジットカード決済のみ」としている業者が多いです。

大手通信キャリアでは、クレジットカード決済のほかに「口座振替」や「請求書払い」に対応しているもの。一方で格安スマホを提供している多くの会社では、クレジットカード決済のみというケースが多いです。

クレジットカードが手元にない人は、口座振替に対応した格安スマホを契約しましょう。

口座振替に対応した業者を選ぶ

格安スマホのなかには、口座振替での決済に対応している業者もあります。

口座振替に対応している格安SIM

  • ワイモバイル
  • UQモバイル
  • BIGLOBEモバイル(データ通信専用SIM利用者のみ)

数日使えない期間が生まれる

転出手続きを行うと、新しいSIMカードが自宅に届くまで利用できません。

よって新しい通信キャリアに乗り換える場合、SIMカードが自宅に郵送されるまでの数日間は、通信できない期間が発生します。

もし通信できない期間を発生させずにキャリアを乗り換えるなら、「即日MNP」に対応した格安SIMと契約しましょう。

即日MNPに対応した業者を選ぶ

即日MNPとは、新しいSIMカードが届いたときに回線の切り替え手続きができる仕組みのこと。

通常のMNP転出では、MNP転出手続きから新しい格安SIMが届くまでの数日間は、通信を利用できなくなるもの。しかし即日MNPであれば、格安SIMが届いて設定した瞬間に回線の切り替え手続きが行われるため、使えない期間は発生しません。

即日MNPの利用方法は簡単。まずは通常通り、MNP予約番号を入力して、新しいSIMカードを契約します。SIMカードが届くまでの間、既存のモバイルデータ通信はいままで通り利用可能。そしてSIMカードが届いてスマホへ挿入・初期設定が完了した瞬間に切り替えて続きが完了します。

スマホを利用できない期間が発生するのが嫌であれば、即日MNPに対応した業者を選びましょう。

故障サポートが不十分

格安SIMで取り扱っている格安スマホをセット購入する場合、残念ながら端末の故障サポートは大手キャリアほど手厚くありません。

大手通信キャリアであれば、携帯に不具合がある場合、キャリアショップに持ち込むことでサポートを受けられます。しかし格安SIMの場合、実店舗数がそもそも少ないので、スマホが故障したときにサポートを受けにくいという実態があります。

もし故障サポートを希望するのであれば、スマホの保険サービスへ加入しましょう。

保険サービスに入る

たとえば端末の保障サービスに加入すれば、スマホの不具合が発生したとき修理費用が安くなる、といったおトクなサポートを受けられます。

スマホ向け保険サービスは、格安SIMが提供しているケースがあります。また「スマホ向けの保険」を提供している会社もあるため、別途加入を検討するのもおすすめです。

格安SIM通信では「スマホ保険」について紹介していますので、ご利用を検討される方はチェックしてみてください。

家族割引サービスが少ない

大手キャリアでは、家族全員で契約すると通信費の割引サービスがあります。家族で利用するほど通信費が割引されるので、おトクですよね。

しかし格安スマホの場合、家族割引サービスを提供している業者は少ないです。

格安スマホはもとの通信料金が安いので、家族割引を受けられなくても大手通信キャリアよりおトクになるケースが多いです。

とはいえ「家族全員で格安スマホを利用してもメリットを受けにくい」というのも、少し残念ですよね。

家族割引サービスのある格安スマホを利用する

実は、対応している業者こそ少ないですが、格安スマホの中にも「家族割引サービス」を提供しているところがあります。

家族割引のある格安SIM

  • ワイモバイル
  • mineo

もし家族全員で格安スマホを利用するのであれば、家族割引のある業者と契約すると、よりおトクにスマホを利用できます。

キャリアメールが使えない

格安スマホを利用すると、大手通信キャリアの提供しているキャリアメールが利用できません。

例えばドコモから格安スマホに乗り換えると、ドコモメールが利用できません。

よって格安スマホに乗り換えるときは、キャリアメールに登録してあるメールアドレスを、事前にフリーメールアドレスへ移しましょう。

フリーメールを活用する

格安スマホに乗り換えると大手通信キャリアのキャリアメールは利用できないため、代替手段として「フリーメール」を活用しましょう。

GmailやYahoo!メールといった無料のメールサービスを利用すれば、格安スマホでも手軽にメールを利用できます。

フリーメールはどの通信キャリアでも利用できるので、頻繁にキャリアの乗り換えを行う人にとっては必須のツールといえます。

また格安SIMによっては独自のキャリアメールを提供しているところもあるため、無料のフリーメールは嫌という方は、独自のキャリアメールを提供している格安スマホと契約しましょう。

通話定額プランが少ない

格安スマホのデメリットは、通話定額プランが少ないことです。

大手通信キャリアでは国内通話かけ放題サービスなどありますが、格安スマホで通話定額プランを提供しているところは少ないです。

「3分間かけ放題」や「10分間かけ放題」といった「条件の付いた通話定額オプション」はありますが、「24時間、国内通話かけ放題サービス」を提供しているところは少ないのが残念なポイントです。

通話定額プランのある格安スマホを利用する

数こそ少ないですが、格安スマホの中には「国内通話かけ放題オプション」を提供している事業者もあります。スマホで通話を頻繁に、かつ長時間利用する人は、国内通話かけ放題プランを提供している格安スマホの利用がおすすめです。

国内通話かけ放題サービスのある格安SIM

  • ワイモバイル
  • UQモバイル
  • 楽天モバイル

また最近では「LINE電話」など、インターネット回線を利用した通話サービスもあります。「データ通信環境が不安定だと音質も不安定になる」というデメリットもありますが、音声通話をたくさん利用する方は「LINE電話」などの活用もおすすめです。

スマホ・ガジェットのトレンド情報を配信中!
LINE友だち追加

対応店舗が少ない

格安スマホは、実店舗で契約できる業者が少ないです。

大手通信キャリアであれば、全国各地にキャリアショップがあるもの。しかし格安スマホの場合、店舗数が少ないため、ほとんどはオンラインで契約する必要があります。

オンラインで契約からオプションの追加、解約まで対応できるので便利ですが、オンライン手続きに不慣れな人にとっては不便を感じるかもしれません。

実店舗数の多い格安スマホを利用する

実店舗で格安スマホを契約するのであれば、実店舗数の多い格安スマホを利用しましょう。

実店舗数の多い格安SIM

  • ワイモバイル
  • UQモバイル
  • 楽天モバイル
  • イオンモバイル

大手通信キャリアほどではありませんが、これらの業者は実店舗数が多いため、対面で契約手続きを行いやすいです。

選べる機種の種類が少ない

格安SIMで提供しているスマートフォンは、大手通信キャリアほど種類は多くありません。

また基本的に安いスマートフォンを中心に取り扱っているため、最新モデルのハイスペックスマートフォンは取り扱われていないことが多いです。

端末は自分で購入する

格安SIMで取り扱っているスマホで自分の利用したい端末がない場合は、「自分で端末を購入する」ことをおすすめします。

例えばiPhoneを利用したい場合、格安SIMでは最新のiPhoneを取り扱っていないことが多いもの。しかしiPhoneは別途自分で購入すれば、格安SIMで利用できます。

自分の利用したい端末が格安SIMで取り扱われていない場合は、自分で購入して持ち込み利用しましょう。ただし端末によっては通信回線を利用できないケースもあるため、事前に各会社のホームページに掲載されている「対応端末一覧」をチェックすることをおすすめします。

災害時に音声通話の規制がかかる

大きな災害が発生した場合、音声通話に規制がかかることがあります。

災害時は安否確認の電話が殺到するため、通話が一部規制されることもあるでしょう。

ただし大手通信キャリアでも同様の問題が発生するので、問題は格安スマホに限ったことではありません。

データ通信を活用する

災害が発生すると音声通話に規制がかかるケースは、大手通信キャリアでも同様です。

よって音声通話がつながらないときは、データ通信を活用して家族や友達と連絡を取りましょう。

たとえばLINEのメッセージで家族や友達の安否を確認したりメールを送ったりするなど、音声通話を利用しない方法で安否確認を行うべきです。

iPhone格安SIM通信アンケート

自分で初期設定をする必要がある

自分で格安スマホを利用する場合、「APN設定という初期設定を自分で対応する必要があります。

大手通信キャリアであればキャリアショップ側がAPN設定を行っていましたが、格安スマホの場合は自分でこれらの初期設定を行う必要があります。

とはいえAPN設定はそれほど難しいことではありません。基本的に各社が公開している手順通りに設定を行えば、問題なく通信できます。

マニュアル通りにAPN設定を行う

APN設定の方法は、各格安SIMによって設定手順が異なるものです。

各キャリアがホームページ上で公開している「APN設定の手順」を参考に、自分でAPN設定を行いましょう。

APN設定マニュアルは、Google検索を活用すれば簡単に発見できます。「(利用している格安SIMの名前) APN設定」で検索すれば、マニュアルが見つかるはずなので試してください。

APN設定は、手順通りに行えば誰でも簡単に対応できるもの。「自分には難しそう」と思うかも知れませんが、この機会にぜひチャレンジしてみましょう。

格安スマホのメリット

ここからは、格安スマホを利用するメリットについて解説します。

料金プランがキャリアに比べて安くシンプル

格安スマホの魅力は、料金プランが大手通信キャリアと比べて安くてシンプルであることです。

大手通信キャリアでは家族割引やセット割引など様々な割引があり、実際どれくらい料金が発生するのか分かりづらいもの。一方で格安スマホであれば、料金プランがシンプルなので、実際に支払う料金のイメージがつきやすいです。

通信料金が安くてシンプル」というのが、格安スマホを利用する大きなメリットです。

契約年数の縛りがない

格安スマホでは、契約年数の縛りがないため、好きなタイミングで別の通信キャリアへ移動しやすいです。

契約年数の縛りがあると、解約するときに契約更新月以外だと違約金が発生するもの。そのため、気軽に通信キャリアを変更しないことがあります。

しかし格安スマホでは契約期間による縛りがないため、違約金を気にせず好きなタイミングで通信キャリアを乗り換えやすいです。

格安スマホをおすすめできる人

格安スマホをおすすめできる人は、以下のような人です。

格安スマホをおすすめする人

  • 通信費を安くしたい人
  • あまりデータ通信を利用しない人
  • 自分で契約から設定までできる人

「通信費をとにかく安くしたい」「あまりデータ通信を利用しない」という人にとって、格安スマホはおすすめできます。また格安スマホとの契約は基本的にオンラインで行うため、ある程度自分で設定やトラブルに対応できるのも必須条件です。

一方で格安スマホの利用にはデメリットもあり、以下のような人は大手通信キャリアと契約した方がよいかもしれません。

格安スマホをおすすめできない人

  • 通信速度が遅くなると困る人
  • 通話かけ放題オプションが必要な人
  • オンライン契約が苦手な人

格安スマホは時間帯によっては通信速度が遅くなるもの。また24時間の通話定額オプションも提供している業者が少ないのがデメリットです。またオンライン契約に苦手意識があったり、自分で設定やトラブル対応を行うのに自信が無かったりする場合は、大手通信キャリアと契約することをおすすめします。

\初回限定3ヶ月無料!/

デメリットを感じさせないおすすめ格安スマホの事業者

ここでは、上記で挙げた格安スマホのデメリットを感じさせない、おすすめの格安スマ(サブブランドを含む)を紹介します。

安定した通信速度を望むなら「ワイモバイル」

ワイモバイル 出典:ワイモバイル

格安スマホは大手通信キャリアよりも通信速度が遅いもの。格安スマホで安定して速い通信速度が必要な人は、ワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、格安スマホ並みに安い通信プランを用意していながら、通信速度が遅くなりにくいです。

「通信料金を安くしたいけれど、通信速度が遅いのは嫌だ」という方は、ワイモバイルと契約してみませんか。

【ワイモバイル】最新キャンペーンはこちら

口座振替で決済もできる「UQモバイル」

出典:UQモバイル

※ 2021年2月1日よりauからUQモバイルへのMNP転出に限り10,000円キャッシュバックは対象外となります。

格安スマホの多くは、クレジットカード決済のみに対応しているもの。もし通信速度が早くて口座振替でも対応した格安スマホを利用したい人は、UQモバイルをおすすめします。

UQモバイルはauのサブブランドで、安定した通信速度と通話かけ放題オプションを提供しているのが魅力的。また口座振替での決済にも対応しており、クレジットカードが手元にない人にもおすすめです。

「クレジットカードが手元にないけれど、できるだけ高品質な格安スマホを利用したい」と考えている方は、UQモバイルと契約しませんか。

【UQモバイル公式】最新キャンペーンはこちら

即日契約ができる「楽天モバイル」

楽天モバイル 出典:楽天モバイル

第4の大手通信キャリアとして携帯業界に参入した楽天モバイルですが、料金プランは格安スマホと同じくらい安いので、ここで紹介します。

SIMカードが届くまで数日のタイムラグがあり、契約してから利用できるまで時間がかかる格安スマホ。しかし楽天モバイルなら、大手通信キャリアほどではありませんが全国にキャリアショップがあるため、即日契約できるのが魅力的。

「安い格安SIMと即日契約したい」という方は、楽天モバイルと契約しませんか。

【楽天モバイル】最新キャンペーンはこちら

家族でまとめるとお得になる「IIJmio」

出典:IIJmio

格安スマホは通信費が安いですが、家族割引がないのが残念なポイント。もし家族全員で格安スマホを利用したいと考えている方は、IIJmioがおすすめです。

IIJmioは「ファミリーシェアプラン」を提供しており、大人数で契約するほど通信費が安くなるもの。

「家族で利用するとお得になる格安スマホに興味がある」という方は、IIJmioと契約しませんか。

【IIJmio公式】キャンペーン最新情報はこちら

通話かけ放題が外せないなら「HISモバイル」

出典:H.I.S.モバイル

格安スマホは国内通話かけ放題サービスを提供している事業者が少なく、音声通話をたくさん利用する人に不向きです。もし国内通話かけ放題の格安スマホを利用したいなら「HISモバイル」がおすすめです。

HISモバイルでは新プラン「格安弐拾」を提供しており、データ容量20GB月額料金2,178円(税込)なので、大手通信キャリアよりも安いのが魅力的。またかけ放題専用の通話アプリを利用する必要も無く、標準の通話アプリでも合計70分(1,400円相当)の無料通話が可能です。

「できるだけ安く音声通話かけ放題を利用したい」という方は、HISモバイルと契約しませんか。

【H.I.S.モバイル】最新キャンペーンはこちら

デメリットが少ないと感じたら格安スマホを契約しよう

格安スマホは安くてお得なサービスですが、デメリットもあります。「通信費が安くなるから」と思ってデメリットに注目せず契約すると、「こんなはずじゃなかった」と後悔することもあるでしょう。

しかし格安スマホのデメリットをカバーする、魅力的なサービスを用意している事業者もあります。また大手通信キャリアと契約するよりも、通信費が大幅に安くなるのも事実です。

「スマートフォンの高い通信費に悩まされていた」という人は、この機会に格安スマホを利用して、通信費を節約してみませんか。

格安SIMの速度や料金の比較をこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年04月09日

国立 久吉 ― ライター
国立 久吉 ― ライター