工事不要のインターネット回線って?メリット・デメリットを調査

「気軽にインターネットに接続できる工事不要の回線が気になる」という人も多いでしょう。今回は工事不要のインターネット回線のメリット・デメリットを調査しました。工事必須の固定回線と比較しながら、自分に合うインターネット接続方法をみつけましょう。
【公式】カシモWiMAX 工事不要のインターネット回線って?メリット・デメリットを調査

インターネットへの接続方法はさまざま。なかには工事不要でインターネットに接続できるものもあります。

では、インターネットは工事不要の回線で十分なのでしょうか。

工事不要の回線と、工事必須の固定回線を比較してみましょう。それぞれのメリット・デメリットがわかってきます。

「どんな方法でインターネットに接続するか迷っている」という人におすすめです。

工事不要のインターネット回線とは

まずは、工事不要のインターネット回線についてチェックしていきます。

ホームルーターを使用したインターネット

ホームルーターは、無線の固定回線を利用したインターネット接続方法です。コンセントに挿すだけでインターネットに接続できるため、とても手軽です。

ホームルーターには、SSIDと暗号キーが記載されているため、情報をスマホやPC端末に入力すればOK。すぐにインターネットを使えます。

モバイルルーターを使用したインターネット

モバイルルーターとは、持ち運びできる小型の無線ルーターのこと。

対応エリア内であれば、どこでもインターネットが使えます。もちろん、屋外だけでなく自宅でもインターネットを使用可能です。

サイズも小さめなため、持ち運びもとても便利。外出先でインターネットに接続する際に活用できるでしょう。

通信会社を契約をしていないタブレット・スマホ端末を持っている人にもおすすめです。

工事不要のインターネット回線のメリット

次に、工事不要のインターネット回線のメリットをチェックしていきます。

値段が安い

工事不要のインターネット回線であれば、当然工事費用がかかりません。

工事をする場合、費用として20,000~40,000円かかりますが、ホームルーターやモバイルルーターであれば工事にかかる費用はいりません。

初期費用をぐっと抑えてインターネットを使用できるでしょう。

すぐに使用が開始できる

ホームルーターやモバイルルーターは、端末を購入してすぐにネットが使えます。

これは、工事不要のインターネット回線の大きなメリット。

ホームルーターやモバイルルーターを契約したその日から、すぐにインターネットを使用できます。

モバイルルーターなら配線が不要

ホームルーターはコンセントが必要ですが、モバイルルーターであれば配線は一切なし。

端末を持っているだけで、インターネットに接続できます。

ごちゃちゃとした配線は見栄えも使い勝手もよくありません。

スマートなモバイルルーターであれば、配線の管理に悩むこともないでしょう。

モバイルルーターなら自宅以外でも使える

モバイルルーターは、自宅以外でも使用可能です。

対応エリア内であれば、旅行先や出張先でもPCやタブレットでインターネットが使用できます。

フリーWi-Fiスポットなどもありますが、実際に探すとなると大変です。

モバイルルーターがあれば、いつでも簡単にインターネットにアクセスできるのです。

工事不要のインターネット回線のデメリット

次に、工事不要のインターネット回線のデメリットをチェックしていきましょう。

契約プランによっては通信制限が掛かる

工事不要のインターネット回線の場合、契約プランによっては通信制限がかかってしまう可能性があります。

スマホの契約と同様、一定のデータ通信量をこえると通信速度が著しく低下してしまうのです。

無制限のプランであれば、通信料を気にする必要はありませんが料金は割高になってしまいます。

制限のある低料金プランの場合、通信制限によって動画視聴やアプリのダウンロードに支障がでてしまう可能性があることを覚えておきましょう。

通信が不安定になることがある

工事不要のインターネット回線は、無線電波を使用した接続となります。

そのため、固定回線と比較すると通信が不安定。状況によっては「インターネットに接続できない」ということもあります。

これでは、快適にインターネットを使用することができません。

インターネットを使って重要な仕事などをおこなう場合は、安定した固定回線を使用することをおすすめします。

モバイルルーターは対応エリア外では使えない

モバイルルーターは会社によって対応エリアに違いがあり、エリア外で使用することができません。

毎日決まった場所で使用する場合は問題ありませんが、いろいろな場所でインターネットに接続したい場合は注意が必要です。

モバイルルーターを契約する場合は、事前に対応エリアを確認することが大切。対象外のエリアを把握しておきましょう。

工事が必要な固定回線のメリット

次に、工事が必要な固定回線のメリットをチェックしていきます。

通信がほぼ常に安定している

工事が必要な固定回線は、やはり安定性があります。

高速通信が安定しているため、動画の視聴や大きなデータをダウンロードする場合にも安心です。快適にインターネットを使用できます。

また、固定回線であれば状況によって通信が不安定になってしまうこともほとんどありません。

毎日安定した速度で快適にインターネットを使用できることは、大きなメリットといえるでしょう。

アプリをダウンロードをする機会や動画を視聴する機会が多い人には、とくに固定回線の利用をおすすめします。

無制限のプランであれば、通信制限を気にする必要なく存分にインターネットを楽しむことが可能です。

工事が必要な固定回線のデメリット

最後に、工事が必要な固定回線のデメリットをチェックしていきましょう。

初期費用が工事不要の場合に比べて高い

ホームルーターやモバイルルーターは、工事不要のため初期費用を抑えられます。

対して、固定回線を使用する場合は工事が必須。毎月の利用料金のほかに初期費用として工事費がかかることを覚えておきましょう。

また、工事費は居住環境により異なります。

戸建てやマンションなど居住環境によって費用に差があるケースが多いため、事前にかかる費用をしっかりと確認してください。

申し込んでからすぐに使用することができない

工事が必要な固定回線は、申し込んでからすぐに使用することはできません。

必然的にインターネットに接続できるのは、工事完了後となります。

固定回線を申し込み、工事をおこなうまでには平均1カ月程度の期間がかかります。

急ぎでインターネットしたい場合は、そのほかの手段を考えましょう。

また、工事完了までにかかる期間はそのときの予約状況によっても異なります。

インターネットに接続したい日が決まっている場合は「その日までに工事をすることは可能か」事前に確認してください。

自分に合ったインターネットを使おう

工事不要の回線と工事必須の固定回線、どちらにもメリット・デメリットが存在します。

大切なのは、自分の用途に合わせて回線を選ぶこと。

安定性を重視したいのか、気軽さを重視したいのかによって選ぶ回線は異なります。

自分に合った回線を選ぶことで、より便利にインターネットを使用できるでしょう。

それぞれを比較しながら、回線を選んでください。

【公式】カシモWiMAX
沖田理紗 ー ライター
沖田理紗 ー ライター

物心ついた頃からiPhoneがあるスマホネイティブ世代。SNSから最新情報を取得するのが日課。趣味はダンス。

関連キーワード