iPhoneの性能をアップ!日本のクラウドファンディング製品

新しいiPhoneが登場しましたが、既存のナンバーをまだまだ使いたいという人はたくさんいます。今回はそんな人のために、手持ちのiPhoneの性能を何倍にも拡張させる製品をお届けします。
【公式】カシモWiMAX iPhoneの性能をアップ!日本のクラウドファンディング製品

iPhoneの性能を、外付けの製品によって引き伸ばすことができたらどんなに素晴らしいか。

新型iPhoneの発表を受けて、誰しもがそれに乗り換えようと考えるわけではありません。中には今使っているナンバーを延命させようと考える人も少なくはありません。

さてこの記事では、敢えて新型を選ばないiPhoneライフを後押しするクラウドファンディング製品をご紹介したいと思います。

クラウドファンディングの「問題点」

クラウドファンディングについては、すでに筆者が前回手がけた記事で簡単に説明しました。

現在、世界を二分しているのは『Kickstarter』と『Indiegogo』というサービスです。

しかし、日本人にとってこの両者にはいささか問題があります。それは「(日本人から見て)未認証製品が大半」ということです。

ここから少し、この記事の本題とは敢えて離れる製品をご紹介します。

Kickstarterに出展されたHOPiiという製品があります。

これは家庭用ビール醸造機です。プロジェクト実行者は日本への配送にも対応していますが、もしこのHOPiiを我が国の領土内で稼働させたら酒税法違反で検挙されてしまいます。

すなわち、実行者は各国の法律を必ずしも考慮しているわけではないということです。

それは携帯電話を含めた無線機器にも当てはまります。

ヨーロッパのCEマーク、アメリカのFCCマークは取得してはいるけれど、日本の総務省が発行する技適マークは未取得という場合がじつは大半です。

試験目的でなければ、未認証無線機器の使用は電波法に接触してしまう可能性があります。

国内クラウドファンディング『Makuake』とは

しかしこうした問題は、国内クラウドファンディングサービスを利用すれば乗り越えることができます。

現在、日本で最も最先端テクノロジー製品に強いサービスは『Makuake』です。ここで出展されているものは、当然ながら日本の法律に則った認証を得ています。

海外から輸入した製品であっても、その販売代理店が各省庁へ届け出なければならないのです。

ですから、先述のHOPiiを輸入してMakuakeで資金調達したいと考えても、酒税法が大幅改正されない限りは実行不可能です。

それは結局、Makuakeにある製品は順法であるという安心感をユーザーに与えています。

以下、Makuakeで出展されたiPhoneグッズを紹介します。

iPhoneの能力を引き伸ばすMakuake出展製品

MakuakeではiPhoneをより便利に利用するためのアイテムが多数掲載されています。

XVIDA

ワイヤレス充電が、いよいよ身近なものになってきました。

先日発表されたiPhone8及びⅩは、ワイヤレス充電『Qi』対応機種です。

ですがそれ以前のiPhoneは、そうではありません。ですがたとえワイヤレス充電非対応機でも、アウトフィットによりそれを可能にしてしまうことができるのです。

Makuakeに登場したXVIDAは、ワイヤレスによる「ながら充電」を可能にしたiPhoneケース。

そもそもワイヤレス充電は「置く」ことを基本にしています。当たり前じゃないかと言われそうですが、ではスマホを上下左右に傾けたい時はどうすればいいのでしょうか。

ワイヤレスの「置くだけ充電」とは、「スマホを横にしなければ充電できない」という意味でもあります。

しかし、XVIDAはそれを覆しています。専用の充電パッドは磁石でスマホ背面に接着し、それを立てても倒れないようになっています。

たとえばこの製品には車載用マウントも用意されているので、それを使えばカーナビ代わりにもなります。もちろん、その際にも充電されています。

ベッドの脇に沿うよう、壁に充電器を取り付けてみましょう。

就寝の間、この充電器にスマホをくっつけるだけで翌朝には100%の電力で満たされています。

XVIDAはスロベニアで開発されました。この点は、後述する説明の中で大きな意味を持ちます。

バッテリング

次にご紹介するのはバッテリングという製品です。

こちらはスマホの背面に貼り付けるタイプの充電器。35個の吸盤でピッタリとスマホに密着します。

フィンガーホルダーも付いていて、何かと使い勝手の利くデザインでもあります。

もちろんこれは容量2500mAhのパワーバンクですから、即座にスマホを充電するのが主用途です。

コネクタはひとつだけですが、iPhoneのLightningにもAndroidスマホのmicro USBにも差し込むことができるという設計です。

コネクタを表にすればLightning、裏にすればmicro USB。こうした超規格の製品は海外クラウドファンディングで出展されていましたが、筆者はテクノロジーライターとしてそれらを懐疑的に見ていました。

不良品が頻発する可能性があるからです。

ですが、自国の販売代理店が厳格なチェックを行ったというなら話は別です。そうした場合は、販売メーカーによる保証も付与されます。

バッテリングの日本販売企業であるCANTERA合同会社は、購入日から6ヵ月の保証期間を提供しています。

バッテリングは現在、MakuakeのECページで各色3,980円(税込)で販売されています。

まとめ

工業製品の流通を目指すなら、まずは信頼を勝ち取らなければなりません。

もしもバッテリングで使われている充電池が粗悪品で、出火事故を頻発させるような代物だとしたら、そもそもMakuakeの審査を通過できません。

流通業者は、Makuakeでの出展に先駆けて製品の試験運用を実施します。輸入したからすぐに売ろう、というわけにはいかないのです。

この製品がスロベニアで開発されたことは先述しました。

ですから、日本上陸の際はPSEマークという名の「市民権」を獲得する必要があります。

プロジェクトページには、認証をすでに取得していることが記載されています。これこそが国内クラウドファンディングのもたらす安心感であり、製品自体の安全の証でもあるのです。

参考:makuake

公開日時 : 2018年10月27日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード