Androidおすすめ

auの新規契約方法・キャンペーン完全版|契約できる場所・費用・必要なもの

auで新規契約する方法、お得に新規契約できるキャンペーン情報をご紹介します。auで新規契約できる場所や、契約にかかる費用、必要なものを徹底解説。au店舗・オンラインショップで新規契約するメリットや手順をまとめました。
UQモバイル auの新規契約方法・キャンペーン完全版|契約できる場所・費用・必要なもの

auで携帯を契約しようと思った時、まず何をすればいいのかわからない方が多いのではないでしょうか。

そもそもどこで新規契約できるのか、どこで契約できるのかわからない方が多いと思います。

本記事ではauで携帯を新規契約する方法と、契約審査に落ちてしまった場合の対処方法を解説します。

auの新規契約手順・必要なもの

新規契約はauの店舗でしかできない、と思っている方が多いです。ですが、実は店舗とオンラインショップどちらでも新規契約ができます。

オンラインショップは自分の都合の良いタイミングで契約できるので、なかなか店舗に出向くことができない方におすすめです。この項では、au携帯を新規契約する方法を店舗とオンラインショップに分けてご紹介します。

auオンラインショップの場合

ネットでの新規契約に必要なもの

  • 本人確認書類
  • クレジットカード

au店舗で新規契約する方は、上記の2点を用意してください。本人確認書類として認められているものは、au公式HPで事前に確認しておきましょう。

2つ目に必要なものは、クレジットカードです。auオンラインショップで新規契約する場合は、クレジットカード払いのみとなるので注意してください。

auの新規契約はこちら

au店舗の場合

店舗での新規契約に必要なもの

  • 本人確認書類
  • クレジットカードorキャッシュカード

au店舗で新規契約する場合も、必要なものはオンラインショップとほとんど同じです。オンラインショップと異なる点は、月々の携帯料金支払いに口座引き落としを選ぶことができる点です。

月額料金をクレジット払いにする方はクレジットカード口座引き落としにする方はキャッシュカード、もしくは預金通帳+金融機関お届け印を用意してください。

auの新規契約はこちら

auの新規契約にかかる時間・費用

実際にauで携帯・スマホを新規契約するには、どのくらいの時間とお金がかかるのでしょうか。この項では、店舗とオンラインショップ別に契約にかかる時間と費用を算出しました。

au新規契約にかかる時間

auの新規契約にかかる時間は、店舗の場合は待ち時間なしで1時間程度、オンラインショップなら10分前後です。

店舗での契約時間ですが、端末を選んでいざ新規契約となっても、料金プランの選択や諸々の説明で大体1時間ほどかかります。もちろんこれは待ち時間なしの手続き時間なので、待ち時間を含めると2~3時間は覚悟しておいた方がいいでしょう。

オンラインショップの場合は、画面の案内にしたがって進めていくので10分ほどあれば完了します。自分のペースでどんどん進めることができるので、店舗での新規契約に比べて圧倒的に時短可能です。

auの新規契約はこちら

au新規契約にかかる費用

au新規契約にかかる費用は、端末代金と契約事務手数料の2点です。

新規契約にかかる費用

  • 端末代金
  • 契約事務手数料:3,300円(税込)

au店舗の場合もオンラインショップの場合も、新規契約にかかる費用は上記の2点です。ですが、auオンラインショップでは限定キャンペーン等が実施されるため、携帯を安く購入したいならオンラインショップがおすすめです。

auの新規契約はこちら

auを家族で新規契約したい!使える特典や割引は?

auは、家族で新規契約するとお得に利用できます。ここでは、家族で使える特典や割引について解説します。

家族割プラスとは

出典:au

auを家族で新規契約すると、「家族割プラス」を利用できます。家族割プラスとは、対象プランに加入している同居家族の人数に応じて、月額料金から永年割引されるサービスです。

au 家族割プラス

  • 適用条件1:同一住所に住んでいる家族であること
  • 適用条件2:割引対象の料金プランに加入していること
  • 割引額:550円(税込)~2,200円(税込)

家族割プラスの「家族」は、同一住所に住んでいることが条件です。ただし、「auスマートバリュー」に加入している場合は、50歳以上の離れて暮らす家族も割引されます。

また、auショップまたはau Styleなど店頭での手続きの場合、年齢にかかわらず住所の異なる家族の方でも、家族割プラスに加入できます。

家族割プラス適用による割引額は、対象の料金プランによって異なるので事前に確認しておきましょう。なお、家族割プラスのカウント対象にはなりますが、割引は適用されない料金プランもあります。

家族割プラス自体の適用はなし、ただしカウント対象の料金プランは、以下を参考にしてください。

カウント対象の料金プラン(割引適用なし)

5Gプラン ピタットプラン 5G(s)
povo
4Gプラン ピタットプラン 4G LTE(s)
【※受付終了プラン】
auピタットプランN(s)/auフラットプラン20N/auフラットプラン25 NetflixパックN/auピタットプラン(s)/auフラットプラン20/auフラットプラン25 Netflixパック/auフラットプラン30/auフラットプラン5(学割専用)
ガラケープラン VKプランS(N)/VKプランM(N)/VKプランE(N)/ケータイシンプルプラン/ケータイカケホプラン
【※受付終了プラン】
VKプラン/VKプランS/VKプランM/スーパーカケホ(ケータイ)/カケホ(ケータイ)

家族割プラスは、auスマートバリューとの併用が可能です。auスマートバリューは、auのネットサービスとスマホをセットで契約する場合に適用される割引サービスのことを指します。

家族4人で家族割プラスを利用する場合、現在新規受付中のプランを契約すると、1人あたり1,100円/月の割引を受けられます。4人分合わせると4,400/月の割引になるので、年間52,800円も安くなる計算です。

家族でauを新規契約すると通信費の節約につながるので、割引対象の料金プランを契約してお得にスマホを使いましょう。

auの申し込みはこちら

povoも家族割引カウント対象

出典:povo

2021年3月23日より提供しているオンライン専用新料金プラン「povo」は、複雑な割引条件がないシンプルなプランです。

そのため、家族割プラスによる割引は適用されません。しかし、2021年夏頃までにpovoを契約する場合、早期申込特典として家族割プラスのカウント対象に含まれます

こちらは、家族割プラスに加入中のauからの番号移行も対象です。割引はされませんが、家族割プラスの同一グループに所属している家族がauをお得に利用できます。

例えば、3人家族のうち2人がauの「使い放題MAX 5G」を契約し、1人がpovoを早期申込特典期間に契約した場合、家族割プラスの割引を適用している方の割引額は、auを3回線契約している場合と同じです。

家族割プラス(例) 家族1人目 家族2人目 家族3人目
契約中のプラン 使い放題MAX 5G 使い放題MAX 5G povo
月額料金(税込) 7,238円 7,238円 2,728円
家族割プラス
割引額(税込)
-1,100円
(3回線以上割引額)
家族割プラス適用後
月額料金(税込)
6,138円 2,728円

なお、povoの早期申込特典は、受付終了時期未定となっているため、早めに申し込むことをおすすめします。

auの申し込みはこちら

▼povoについて詳しく知りたい方は、povoのメリット・デメリットと評判を解説しているこちらの記事もあわせてご一読ください。

auを新規契約する場合のFAQ

auを新規契約する場合の質問をまとめました。疑問点がある場合は、こちらを参考にしてください。

SIMのみの契約ができるのか

auでは、端末とのセット契約だけでなく、SIMのみの契約も可能です。SIMカードのみ契約する場合は、SIMカードタイプを間違えないように注意しましょう。

auのSIMカードは、Android用とiPhone用に分かれています。auで使用したい端末に合うSIMカードを申し込んでください。

出典:au

また、auオンラインショップにて、他社からの乗り換えでSIMカードのみを契約すると、10,000円相当のau PAY残高がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

こちらは、オンラインショップ限定のキャンペーンなので、auショップなどでの契約は対象外です。また、回線切り替え完了の翌月下旬以降に特典が付与されます。

キャッシュバック時点までにau PAYプリペイドカードの申し込みと、au PAYアプリ(旧au WALLETアプリ)を用意しておきましょう。

auの申し込みはこちら

スマホ・ガジェットのトレンド情報を配信中!
LINE友だち追加

auで使えるiPhoneは?

auでは、2011年に発売されたiPhone 4s以降のモデルであれば使用可能です。

ただし、KDDIが携帯電話向け3G通信サービス「CDMA 1X WIN」を2022年3月末をもって終了するため、このタイミングより「au VoLTE」非対応モデルが利用できません。

iPhoneの場合は、iPhone 4s/5/5c/5sが利用不可になるので、該当機種を使っている方は機種変更を検討しましょう。

auで購入できるiPhoneは?

auで購入できるiPhoneは、以下を参考にしてください。

auで販売中のiPhone 発売日 販売価格(税込)
iPhone 12 Pro 2020年10月23日 127,495円~
iPhone 12 Pro Max 2020年11月13日 141,900円~
iPhone 12 2020年10月23日 103,430円~
iPhone 12 mini 2020年11月13日 90,065円~
iPhone SE(第2世代) 2020年5月11日 55,270円~
iPhone 11 Pro 2019年9月20日 117,515円~
iPhone 11 Pro Max 2019年9月20日 131,965円~
iPhone 11 2019年9月20日 82,405円~
iPhone XS 2018年9月21日 79,920円~
iPhone XS Max 2018年9月21日 137,520円~
iPhone XR 2018年10月26日 77,040円~
iPhone X 2017年11月3日 店頭問い合わせ
iPhone 8 2017年9月22日 58,320円~
iPhone 8 Plus 2017年9月22日 店頭問い合わせ
iPhone 7 2016年9月16日 店頭問い合わせ
iPhone 7 Plus 2016年9月16日 店頭問い合わせ
iPhone SE(第1世代) 2016年9月 店頭問い合わせ

古い機種の場合、オンラインショップで取り扱っていないため、購入を希望する方は店舗に問い合わせてください。

auに新規契約するならどのプランがおすすめ?

auを新規契約する場合、どのプランがおすすめなのでしょうか。月々のデータ使用量ごとに、おすすめのプランを紹介します。

auのおすすめプランはこれ!

  • 月間データ使用量1GB未満・店舗/電話のサポートを受けたい
    →「ピタットプラン 4G/5G」
  • 月間データ使用量3GB未満
    →UQモバイル「くりこしプランS」
  • 月間データ使用量4GB~7GB・店舗/電話のサポートを受けたい
    →「ピタットプラン 4G/5G」
  • 月間データ使用量4GB~20GB・申し込み/サポートがオンラインでも問題ない
    →「povo」
  • 月間データ使用量20GB以上
    →「使い放題MAX 4G/5G」

auの高品質な通信回線をお得な料金で利用したい場合、2021年3月23日よりサービス開始の「povo」がおすすめです。

しかし、povoは新規申し込みやサポートなどすべてオンラインに限定されるため、店舗および電話でのサポートを受けたい方はauの料金プランを選びましょう。

また、データ使用量が3GB未満の方で、スマホ代を節約したい場合は、auのサブブランド「UQモバイル」で提供している料金プラン「くりこしプラン」を検討してみてください。

auの申し込みはこちら

▼以下の記事では、auの新料金プランを比較しています。月額料金やデータ容量を比べておすすめのプランを紹介しているので、どれを契約するか迷っている方はこちらもあわせてご一読ください。

\初回限定3ヶ月無料!/
iPhone格安SIM通信アンケート

auの新規契約審査は2種類

多くの携帯キャリアでは、「分割審査」および「契約審査」という2つの審査が設けられています。

基本的には「個人信用情報機関(CIC)」の情報を参考にして、契約者の支払い能力を見るのですが、具体的な審査基準に関しては、どのキャリアも公開していません。

まずは、分割審査と契約審査の特徴をおさらいしていきましょう。

1.契約審査

契約審査は、新規契約・MNP契約・機種変更といった契約の際に行われます。

機種を変えるだけの機種変更であれば、これまでの「料金を支払っている」という実績があるため、比較的審査が緩くなっているようです。審査に落ちることはまずないでしょう。

一方、新規契約とMNP契約は話が変わります。利用する回線を新しく一台分増やすため、「個人信用情報機関」の情報を元に審査が行われるのです。こちらも過去に料金の未納や滞納なければ、まず審査に落ちることはないといわれています。

とはいえ、ケースバイケースなので「必ず審査に通る」とはいえないのが正直なところ。一度審査を通してみなければわからないことも多いようです。

2.分割審査

分割審査とは、携帯電話を購入する際の「分割払い契約に対して行われる審査」です。

機種を一括払いで購入する際にこの審査は行われませんが、近年のスマートフォンやiPhoneには高額機種が増えているため、分割払いを前提としている機種も少なくありません。

この分割審査では、機種の値段が「10万円未満の場合」と「10万円以上の場合」で審査難易度が大きく変化します。10万円未満の場合では、「個人信用情報機関」の情報に大きな問題がなければ、審査に落ちることはほとんどないでしょう。

一方、10万円以上になると「個人信用情報機関」を参照して本格的な審査を行うため、現在の収入や借り入れ状況の申告が必要となります。支払い能力に問題があるとみなされた場合は、審査に通らないというケースもあるようです。

新規契約の審査に落ちることはある?

近年、携帯キャリアによる審査は以前に比べて厳しくなっています。これまでなら新規契約が可能だった方であっても、審査に落とされるケースが増えているようです。

しかし、主婦やフリーターといった収入が少ない方でも、審査を通せる可能性があります。なぜなら、個人の正確な年収は税務署や役所しか把握できないからです。

キャリア側は、過去の信用情報を元に「この人は審査を通すべきか否か」を判断しているに過ぎません。万が一審査に落とされたなら、収入面よりも「個人信用情報機関」の信用情報に問題があると考えるべきでしょう。

過去に料金未払いなどのトラブルや深刻な金融事故を起こしていない限り、審査に通る可能性はあるといえます。

auの新規契約審査に通らない5つの理由

改めて、新規契約の審査に通らない理由を5つの項目に分けてご紹介しましょう。基本的には「本人の支払能力」と「過去の支払状況」が重要となります。

1.料金滞納

現在進行形で料金滞納がある場合は、ほぼ確実に審査に落ちます。機種の一括購入なら問題なくできますが、分割審査はまず落とされるでしょう。

また、キャリア間で支払い状況を共有しているため、他社でのMNP契約や新規契約も難しくなるようです。料金の未納を続けると強制解約が行われますので、必ず支払っておきましょう。

なお、各キャリアは5年分の支払い情報を保存しており、過去の支払い状況を鑑みて落とすこともあります。過去のことは変えようがないので、そういった状況にならないよう気を付けてください。

2.強制解約の有無

料金の支払いを滞納し続けていると、いずれ督促状が届きます。督促状が届いても料金を支払わない場合、契約の強制解約が行われるのです。

なお、強制解約が過去に行われた経験があると、分割・契約どちらの審査でも通過するのが難しくなります。

\初回限定3ヶ月無料!/

3.クレジットヒストリーの状況

「個人信用情報機関」には、「クレジットヒストリー」という過去のクレジットカードの利用履歴や、ローンの利用状況に関する情報が保存されています。

クレジットヒストリーには過去24回分の履歴が残されており、正常に支払いが行われている場合は「$」、支払いが行われていなければ「A」と記載されるのです。

履歴が全て「$」であれば全く問題ありませんが、「A」が多ければ多いほど、支払い能力に問題があると判断されてしまいます。携帯キャリアの審査にも通りづらくなるようです。

4.直近で契約・解約を繰り返している

短期間で回線の契約・解約を繰り返していた場合、審査に通りにくくなります。例えば、auなら「過去120日間に2回線以上の解約」が行われているかどうかで判断するようです。

解約から120日以上経過していれば、再び回線契約が行えるようになりますので、不安な方は少し期間を空けるとようでしょう。

5.審査が厳しいキャリアに申し込んでいる

携帯キャリアによって、審査難易度にも差があものです。一般的にはソフトバンクが最も厳しく、auやドコモが緩いといわれています。

つまりソフトバンクの審査に落ちてしまっても、auやドコモなら契約できる可能性があるのです。もしもauの審査に落ちてしまった場合は、ドコモで審査に通るか試してみるのも1つの手でしょう。

ドコモの新規契約はこちら

auで新規契約審査に落ちた時の対処法

万が一、新規契約の審査に通らなかった場合はどうしたらよいのでしょうか?

ここでは、審査に落ちてしまう原因の探り方や、クレジットカードを利用した審査の受け方について解説していきます。

原因を分析する

そもそもなぜ審査に落ちてしまったのか、その原因を探ることから始めましょう。

審査落ちの理由について、キャリアは何も教えてくれませんので、自分で推測していくしかないのです。審査に落とされる原因として考えられるのは、第一に「個人信用情報機関」の信用情報に問題があること

繰り返しになりますが、クレジットヒストリーなどに問題があると、どのキャリアの審査であっても落ちやすくなります。自身の信用情報は、申請することで確認可能です。有料にはなるものの、不安な方はあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

なお、信用情報に問題がないならば、キャリアごとの審査に落ちている可能性が挙げられます。

別のキャリアを試せば、すんなりと審査を通過できるケースもあるのです。支払いをクレジットカードにすれば、審査に通過できる可能性がグッと上がります。

ドコモの新規契約はこちら

クレジットカードで月額料金を支払う

クレジットカードを所有しているだけで、ある程度の信用が得られます。加えて、もし携帯料金の支払いを滞納していても、カード会社から支払いが行われるため、審査では有利に働くのです。

クレジットカードで支払い実績をつくってから、新規契約や機種変更を申し出るのもよいでしょう。

ドコモの新規契約はこちら

クレジットカードの分割払いを利用

機種購入時にクレジットカード一括払いを選択し、その後分割払いに変更することで実質的な分割払いが可能です。

しかしクレジットカードは金利が高く、24分割で支払うとすると1万円以上も多く支払うことになります。

金利による支払いは、分割回数を少なくすることによって抑えることができるため、可能な限り分割回数は少なくした方がよいでしょう。

分割審査対策としては、一括での機種購入が理想ではあるものの、最後の手段として覚えておいてください。

ドコモの新規契約はこちら

【2021年】auのキャンペーン最新情報

auオンラインショップで実施されているキャンペーン最新情報をまとめました。

掲載しているキャンペーンは予告なく終了する可能性があります。

auワイド学割

出典:au
  • 期間:2020年10月16日~2021年5月31日

auの学割は、22歳以下の方と、23歳~29歳以下の方で特典内容が異なります。

22歳以下の方は、データ使い放題の「auワイド学割 U22 MAXプラン」と、段階プランの「auワイド学割 U22 ピタットプラン」の2種類から選択可能です。それぞれのプランの割引額は、以下の通りです。

auワイド学割 U22 MAXプラン

対象プラン 割引額
使い放題MAX 5G/4G 3,938円(税込)×6か月
(合計23,628円[税込]割引)
使い放題MAX 5G with Amazonプライム 3,938円(税込)×6か月
(合計23,628円[税込]割引)
使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P) 3,938円(税込)×6か月
(合計23,628円[税込]割引)
使い放題MAX 5G/4G テレビパック 3,652円(税込)×6か月
(合計9,600円割引)
使い放題MAX 5G ALL STARパック 3,432円(税込)×6か月
(合計21,912円[税込]割引)

auワイド学割 U22 ピタットプラン

対象プラン 割引額
ピタットプラン 5G/4G LTE 1,188円(税込)×12か月
(合計14,256円[税込]割引)

23歳~29歳以下の方は、データ使い放題の「auワイド学割 U29 MAXプラン」を選択できます。各プランの割引額は、以下を参考にしてください。

auワイド学割 U29 MAXプラン

対象プラン 割引額
使い放題MAX 5G/4G 2,222円(税込)×6か月
(合計13,332円[税込]割引)
使い放題MAX 5G with Amazonプライム 2,992円(税込)×6か月
(合計17,952円[税込]割引)
使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P) 3,322円(税込)×6か月
(合計19,932円[税込]割引)
使い放題MAX 5G/4G テレビパック 3,652円(税込)×6か月
(合計21,912円[税込]割引)
使い放題MAX 5G ALL STARパック 2,772円(税込)×6か月
(合計16,632円[税込]割引)

auワイド学割は、家族割プラス(4人以上)や「auスマートバリュー」、「au PAYカードお支払割」などを併用することが可能です。

様々な割引キャンペーンを組み合わせると、家族全員さらにお得に利用できるので、29歳以下の方は活用してみましょう。

【au公式】最新キャンペーンはこちら

かえトクプログラム

出典:au

auの「かえトクプログラム」は、2020年2月21日(金)から開始した端末代金を残価クレジット設定して購入することができるサービスです。

auのかえトクプログラムの残価設定の扱いは、以下の通りです。

【auのかえトクプログラムの残価設定方法】

  • 残価=24ヶ月後の購入端末の価値(auの買取保証額)で価格設定
  • 支払回数は24回の分割払い
  • 本体価格から残価を除いた端末代金を23回の分割払いで支払う
  • 25ヶ月目の分割払いの最終回(24回目の支払い)は以下3つの選択肢から選択できる
    新しいauのスマホに買い替える(使っていたスマホはauに返却)
    そのままスマホを使い続ける 使っていたスマホをauに返却するのみで買い替えをしない

25ヶ月目の分割払いの最終回(24回目の支払い)の3つの選択肢について詳しく見ていきましょう。

【au公式】最新キャンペーンはこちら

購入13~25ヶ月目にかえトクプログラムを利用した場合

出典:au

まずは、かえトクプログラムを利用してスマホを購入して、25ヶ月目に新しいauのスマホに買い換える場合は、以下のような端末代金の支払い方法になります。

購入からの経過月 1ヶ月あたりに支払う端末代金
購入月 端末代金の支払い無し
2ヶ月目から24ヶ月目 (本体代金-残価)÷23
25ヶ月目 残価分の支払いは免除

【au公式】最新キャンペーンはこちら

購入25ヶ月目以降にかえトクプログラムを利用しない場合

出典:au

かえトクプログラムを利用してスマホを購入したものの、25ヶ月目以降もそのまま同じスマホを使い続ける場合は、以下の2つのいずれかの端末代金の支払い方法になります。

▼残価を一括で支払う場合

購入からの経過月 1ヶ月あたりに支払う端末代金
購入月 端末代金の支払い無し
2ヶ月目から24ヶ月目 (本体代金-残価)÷23
25ヶ月目 残価分を支払う

▼残価を24回の分割払いで支払う場合

購入からの経過月 1ヶ月あたりに支払う端末代金
購入月 端末代金の支払い無し
2ヶ月目から24ヶ月目 (本体代金-残価)÷23
25ヶ月目 残価÷24

【au公式】最新キャンペーンはこちら

下取りプログラム

出典:au

auに乗り換える方も、既にauを契約中の方も使えるのが下取りプログラムです。auで端末を購入する際に使っていた端末を下取りに出すと、最大58,300円割引を受けることができます。

下取り前の機種はiPhone・Android・ガラケー・タブレット等幅広く、画面が割れている機種も対象です。対象端末および下取り価格は、auの公式サイトから確認してください。

機種変更後スマホの使い道がない方や、自分で売るのが面倒な方はぜひ活用しましょう。下取りした機種の代金はau WALLETポイントとして還元され、1ポイント1円で機種変更時の割引に使えます。

【au公式】最新キャンペーンはこちら

Galaxy 機種変更おトク割

出典:au
  • 期間:2020年12月24日~
  • 特典:機種代金から最大22,000円割引
  • 適用条件:機種変更(12か月目以上利用)で対象機種を購入

こちらは、12か月以上の利用を条件に機種変更で対象機種を購入すると、機種代金から最大22,000円(税込)割引されるキャンペーンです。

対象機種の割引額は、以下を参照してください。

対象機種 割引額
Galaxy S20 5G 22,000円割引
Galaxy A41 11,000円割引

人気のGalaxyシリーズがauお得に購入できるので、この機会に機種変更を検討してみてはいかがでしょうか。

【au公式】最新キャンペーンはこちら

au Online Shopお得割

出典:au

auオンラインショップで2020年4月1日(水)から、対象端末が最大22,000円割引になる「au Online Shopお得割」を開催中です!

対象機種はiPhoneやiPad、先日auから発表された最新5Gスマホ「Galaxy S20 5G」「AQUOS R5G」も対象です。 最新端末への乗り換えを検討している方は今がチャンスです!

auで販売中の最新機種は、以下の記事で紹介しています。こちらもあわせてご一読ください。

  • 開催期間:2020年4月1日(水)~在庫が無くなり次第終了
  • 適用条件:新規契約または機種変更で対象端末をauオンラインショップで購入

「au Online Shopお得割」の対象端末の割引額は以下の表の通りです。

対象端末 適用条件 割引額(税込み)
iPhone SE(第2世代) 新規
MNP
11,000円
22,000円
iPhone 11 Pro(64GB/256GB) 新規
MNP・機種変更
22,000円
22,000円
iPad mini(第5世代) 新規 16,500円
Mi 10 Lite 5G 新規
MNP
11,000円
22,000円
GRATINA 新規・MNP 16,500円
ZTE al MNP 22,000円
Galaxy A41 新規
MNP
11,000円
22,000円
AQUOS sense3 basic 新規
MNP
11,000円
16,500円
Xperia 10 II 新規
MNP
11,000円
22,000円
Xperia 1 II 新規
MNP
11,000円
22,000円
Galaxy Z Flip 新規・MNP・機種変更 11,000円
HUAWEI P30 lite Premium MNP 22,000円
TORQUE 新規
MNP
11,000円
22,000円
BASIO 新規・MNP 22,000円

中でも、iPhoneやiPad、最新5Gスマホは在庫がすぐになくなってしまう可能性があるので、早めの機種変更がおすすめです!

【au公式】最新キャンペーンはこちら

au Online Shop SIMカード乗り換え特典

出典:au
  • 期間:2020年10月1日~
  • 特典:au PAY残高へ10,000円相当をキャッシュバック
  • 適用条件:au Online Shopで他社からの乗り換えにて対象のSIMカード単体を契約した場合

期間中に、au Online Shopで他社からの乗り換えで対象のSIMカードを契約すると、au PAY残高へ10,000円相当がキャッシュバックされるキャンペーンです。

対象のSIMカードは、「au ICカード(Android用)」と「au ICカード(iPhone用)」の2つです。キャッシュバック時期は、回線切り替え完了の翌月下旬以降となっています。

こちらはオンライン限定特典なので、店頭での申し込みは対象外となるので注意しましょう。

【au公式】最新キャンペーンはこちら

審査に通ってauでスマホを新規契約しよう

ここまで、携帯契約における審査基準や対処法についてご紹介しました。重要ポイントについて少しまとめてみましょう。

  • 個人信用情報機関(CIC)に記録されている信用情報が審査に大きな影響を与える
  • 審査の難易度にはキャリアごとに差があり、auが最も甘いといわれている
  • クレジットカードを利用すると審査では有利になる

過去の信用情報は変えることができませんが、クレジットカードを利用したり、契約するキャリアを変えたりすることで審査に通りやすくなる場合もあります。

ぜひ、auの審査に通ってスマホを手に入れてくださいね。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年04月07日

ポメラニアン高橋 ― ライター
ポメラニアン高橋 ― ライター

ラーメンとロックをこよなく愛する洋犬ライター

関連キーワード