Androidおすすめ

【ソフトバンク】新規契約審査に通らない原因と対処法|審査は厳しい?甘い?基準は?

ソフトバンクの新規契約審査に通らない人の原因と対処法をまとめました。スマホや携帯電話契約の審査に落ちた理由・事例別に、ソフトバンクで新規契約するための裏ワザをにご紹介します。審査基準がわからないがiPhoneの審査に落ちた方や、どうにか審査を甘くしたい方必見です。
新型ihone12噂 【ソフトバンク】新規契約審査に通らない原因と対処法|審査は厳しい?甘い?基準は?

携帯電話の契約手続きをしていると、まれに審査に通らない場合があります。

一口に審査に落ちるといってもその理由はいくつかあり、理由によっては対策をして再審査で通すこともできるのです。

本記事では、ソフトバンクで契約手続きに落ちる理由とその対策を、原因ごとに紹介していきます。

審査に落ちてしまって途方に暮れている方は、ぜひ参考にしてください。

ソフトバンクの審査基準は?|新規契約の方が厳しい

まず、携帯の契約には大きく「機種変更」と「新規契約」の場合があります。審査に落ちる確率は新規契約の方が高いです。

機種変更の場合は、これまでもソフトバンクを利用してきた実績があるため、信頼できるからです。機種変更をしても携帯料金が大きく変わることはあまりないので、審査に落ちることはほとんどありません。

逆に言えば、機種変更で審査に落ちるとなると、これまでの信頼が確立されていないことを表します。

一方で、新規契約の場合は支払いの実績がないため、しっかり審査をしなければなりません。

毎月携帯料金が発生するということは、経済的に負担が増えるので、審査も厳しくなります。また、今の時代に携帯を新規契約をするというのは、不正契約の可能性も考えなければなりません。

子どもが初めての携帯を持つなどの真っ当な理由があればいいのですが、現在でも不正契約をする人は存在するため、厳しく取り締まる必要があります。

携帯は詐欺などの事件の際に、身元が割れないように不正契約した携帯が使われることも多く、海外に移住して携帯代金を踏み倒そうとする人がいるのも事実です。

そのため、新規契約の場合は利用目的や契約者の情報などをよく調べられます。

なお審査内容の詳細については、ソフトバンクは明らかにしていません。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

審査には「契約審査」と「分割審査」がある

審査落ちにも種類があり、「契約審査」と「分割審査」というものがあります。どちらで落ちたかで練る対策も変わるので、どのようなものか見ていきましょう。

契約審査とは?

契約審査とは、端的にいえば契約者がしっかりした人かどうかという審査です。

ソフトバンクとしても携帯を犯罪に使われたり、携帯代を滞納されるのを防がなければなりません。

そのため、そのような可能性が見受けられた場合には、審査を通過できない場合があります。とはいえ、普通に生活していれば契約審査に落ちることはないので、心配することはないでしょう。

契約審査で落ちるケースといえば、前のキャリアで端末代金を完済していなかったり、携帯代の未納がある場合です。

また、過去に強制解約になった場合や、これまで短期解約を繰り返している人も落ちるケースが多いです。

機種変更の場合はこれまでもソフトバンクを使っている実績があるため、料金を滞納していなければ契約審査に落ちることはあまりありません。

分割審査とは?

分割審査はローンの審査です。クレジットカードやマイカーローンを契約する時も審査をしますが、それと同じです。

これまでのキャッシュングや各種ローン、クレジット、携帯の分割支払い金の借り入れ状況や返済状況、収入などが影響しているため、ソフトバンク以外との支払い環境も審査の対象です。

スマホを端末を分割で購入する際には、実質価格ではなく、本体価格での審査となるのも覚えておきましょう。

これまで携帯も含めてローン関連の支払いに遅延が多かったり、多重のローンを組んでいる人は分割審査に落ちる可能性が高まります。

こちらはローンを組む際に行われる審査なので、一括で購入される際には行われません。

この分割審査の基準は、支払いが10万円を超えるか超えないかでも大きく変わってきます。10万円以内であれば審査もさほど厳しくないため、多少遅延があったくらいではまず落ちることはないでしょう。

しかし、10万円を超えると年収や借入状況の申告も必要になり、信用情報なども含めた本格的な審査が行われます。

最近のハイスペックスマホでは、10万円以上の端末も多いので気をつけましょう。年収も審査に影響するため、パートやアルバイトの収入だけで審査を通すのは難しいかもしれません。

こちらの記事では、iPhoneの分割審査に通る方法や、キャリア別の分割購入方法を解説しています。

お金へのルーズさを記録しているCIC

分割審査では、ソフトバンクだけでなくローンなどの支払い状況も審査の材料になるとお話しましたが、それはCICという機関に問い合わせて行っています。

CICとは、ローンを組んだときやクレジットカードを使ったときの情報が集約されている期間で、借りたお金をちゃんと支払っているかがすぐにわかるのです。

つまり、CICでの評価が低ければ、それだけソフトバンクでの審査が落ちやすくなります。

CICの評価は支払いを期日通りに行っていれば自然と上がっていきますが、逆に支払いが遅れると評価が下がります。

たまに遅れる程度であれば心配ありませんが、数ヶ月間遅延するとブラックリストに載ってしまい、様々な審査が通りづらくなるのです。この記録は5年は残るため、信用を取り戻すには時間が必要になります。

自分の信用情報はCICに問い合わせれば見ることができるため、審査に落ちてしまう人は確認してみるといいでしょう。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

ソフトバンクの審査にかかる時間はどれくらい?

審査に要する時間について、「通常は申し込みの翌日までにはメールで審査結果が知らされる」とソフトバンクは回答しています。

ただし、法人契約や複数台契約、キャリアで未払金が残っていた場合などは時間がかかることもあるようなので注意しましょう。

審査に落ちてしまう原因と対処法

審査が落ちる理由は様々あると説明しましたが、対処法も審査に落ちた理由で変わってきます。それぞれ説明していくので参考にしてください。

新規契約で落とされた場合

新規契約の際に審査に落とされた場合、その審査結果を覆すのは容易ではありません。

店頭で「他社での未納が原因です」と言われたのであれば、未納分を支払いして再チャレンジしてみましょう。確実とは言えませんが、高い確率で審査に通るでしょう。

しかし、原因がわからない、総合的な判断で審査を通せないと言われると厄介です。

過去に携帯関係で問題行動を起こしていると判断されている可能性が高いです。

頻繁に新規契約を結ぶMNP乞食や、未納がかさんで強制解約になった経験のある方は注意しましょう。

この場合には、今滞納している未納分の料金を支払ったとしても、審査が通過する可能性は低いと思われます。このようなケースの対策は、別名義で契約する、もしくは端末を自前で用意する方法があります。

別名義といっても他人ではなく、親や配偶者、または子供たちの名義で契約するようにしましょう。契約者が責任を保証するという形になりますが、契約者と利用者が違う場合でも契約は可能です。

契約してくれる相手がいない場合には、スマホ端末を自ら用意するのも効果的です。

今では中古スマホなどの型落ちモデルを安く手に入れることができるため、自分でスマホを用意してSIMだけをソフトバンクで契約するのもいいでしょう。

10万円以下の端末で分割審査に落ちた場合

10万円以下の端末を購入するのに分割審査で落ちるケースは多くありませんが、例外的にあります。

よくあるパターンは、ソフトバンクの支払いを口座引き落としにしていなくて、毎月支払いが遅れてしまっている人です。

結果的に毎月払っていても、遅延が多いと信用も下がります。

もちろん携帯電話を止められるほど支払い遅れがある方は、10万円以下でも審査には通りません。

この場合は現金一括で購入するのが確実ですが、最近のハイスペックスマホは値も張るため、誰にでもおすすめできる方法ではありません。

もし支払いを口座引き落とし手にしているのであれば、クレジットカードで試してみるのも効果的です。

クレジットカードを使えば支払いの請求はクレジットカード会社にいくので、分割審査に落ちることはほとんどありません。

10万円以上の端末で分割審査に落ちた場合

10万円を超えると審査も厳しくなる上に、今やスマホ端末の代金が10万円を超えることは決して珍しいことではありません。

端末だけでなく付属品なども一緒に買うケースもあるので、10万円以上のお金が必要になることもよくあります。

一つの手段としては、端末代金を10万円以下にすることです。

もちろん値切るわけではありませんが、付属品は別に買ったり、容量の少ない端末を選んだりします。

また、下取りという手もあります。現在使っているスマホ端末を下取りに出して、その値段を端末代金から引いてもらいましょう。

端末の種類や状況によってはスマホの買取価格も変動しますが、綺麗な状態であれば、新しいスマホを半額程度に値引きすることも可能です。

さらに、自分の年収が原因で審査を通らない場合、配偶者や親の年収を合算して再審査してもらうことも可能です。

電話や店頭で合算する相手の同意を得る必要がありますが、相手の年収とローンの支払い状況なども申告すれば合算した年収で審査してくれます。パートなどで年収の低い主婦の方などは試してみましょう。

ハイスペックスマホの審査を通す裏ワザ

どうしてもハイスペックスマホの審査が通らない場合、時間はかかりますが審査に通りやすくする方法があります。

新規契約よりも機種変更の方が審査の基準が甘いと話しましたが、いきなりスマホの新規契約をするのではなく、まずは中古のガラケーを用意して持ち込み新規で契約を結びます。

プランも抑えれば月額1,000円程度で利用できます。半年くらい使った後に、機種変更としてハイスペックスマホを購入するのです。

機種変更ということもあり、半年間の支払い実績ができているため、新規で契約するよりも審査のハードルはグッと下がります。時間はかかりますが、分割でハイスペックの端末を購入できる確率がぐっと上がります。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

ソフトバンクのおすすめスマホ3選|審査に通りやすいモデル

10万円以上するハイスペックなモデルは分割払い審査のハードルが上がりがち。ソフトバンクは安くても十分使える端末をたくさん取り扱っています!

この記事では、中でもおすすめのスマホ3つをご紹介します。

arrows U

出典:富士通
価格 458円×48ヵ月
(21,984円)
ディスプレイ 5.8インチ
カメラ 1,310万画素+500万画素
バッテリー 2,880mAh

arrows Uは2万円台前半という格安の価格ながらも防水・おサイフケータイなど、必要十分な機能が揃ったコスパの良いスマホです。

ポートレートモードを搭載しており、カメラ性能も同価格帯のスマホの中では高性能。バッテリー持ちも十分なので、普段使いのスマホにおすすめです!

ソフトバンクでarrows Uを契約する

Google Pixel 3a/3a XL

出典:ソフトバンク
Pixel 3a Pixel 3a XL
価格 765円×48ヵ月
(36,720円)
1,310円×48ヵ月
(62,880円)
ディスプレイ 5.6インチ 6.0インチ
カメラ 1,220万画素+800万画素 1,220万画素+800万画素
バッテリー 3,000mAh 3,700mAh

Google Pixel 3a/3a XLはGoogle Pixel 3の廉価モデル。「夜景モード」をはじめとしたカメラ機能やGoogleアシスタントとの連携など、他のスマホにはない強みを多く持っている端末です。

▼iPhone格安SIM通信ではGoogle Pixel 3aの端末レビューを行っています。使用感や詳しいスペックについてはこちらの記事をご一読ください。

ソフトバンクでPixel 3a/3a XLを契約する

AQUOS sense3 Plus

出典:ソフトバンク
価格 458円×48ヵ月
(21,984円)
ディスプレイ 6.0インチ
カメラ 1,220万画素+1,310万画素
バッテリー 4.000mAh

AQUOS sense3 plusは、6.0インチの大画面が特徴的なスマホです。今回ご紹介した端末の中だと最も大きいサイズの端末となっています。

また、立体音響技術「Dolby Atmos」を採用したステレオスピーカーを搭載しているため、臨場感のあるサウンドを聴くことが可能! ゲームや動画をスマホで楽しむ方におすすめのモデルとなっています。

ソフトバンクでAQUOS sense3 Plusを契約する

他にも色々なスマホを見て決めたい方は、Androidのおすすめスマホを厳選紹介した記事をご覧ください。

対処法を活用してソフトバンクの審査に通ろう

ソフトバンクで新規契約の審査に落ちてしまう理由や、落ちてしまった場合の対処法をご紹介しました。

「ソフトバンクの審査で落ちたけど、格安SIMの審査には通った」というケースも中にはあります。

今回ご紹介した対処法を使っても難しい場合は、信用実績を作るために格安SIMとの契約をおすすめします。

まずはご紹介した裏ワザを活用して、ソフトバンクの審査に通るよう工夫してみましょう。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

【乗り換えで2万円】最新iPhone SE/iPhone 11シリーズ/Pixel4もキャッシュバック!

最新のiPhone SE/iPhone 11シリーズ/Pixel4に乗り換えて現金20,000円キャッシュバックを手に入れよう!

ソフトバンク乗り換えキャッシュバック.comでソフトバンクへ乗り換えると、なんとすぐに現金20,000円がキャッシュバックされます。

取り扱い機種の中には最新のiPhone SEからiPhone 11シリーズまで!ぜひこの機会にソフトバンクへ乗り換えましょう。

  • au,docomo端末からの乗り換え:20,000円現金キャッシュバック
  • 機種変更:5,000円現金キャッシュバック
  • ソフトバンクでんき契約:追加で最大10,000円の現金キャッシュバック
【月額料金例】
<iPhone11 64GBの場合>
通信プラン:ウルトラギガモンスター+(データ定額50G+)
  • 通話基本プラン 1,058円 ※通話料21.6円/30秒
  • データ定額50GB+ 7,020円
  • 端末代金 1,860円(48ヶ月)
  • 1年おトク割 -1,080円×12
  • おうち割  -1,080円
  • 下取りプログラム -900円(24ヶ月)※iPhone8下取りの場合
  • ------------------------------------------------------------

    合計 6,878円~

【対象機種 機種代金】

  • iPhone11 64GB 1,860円×48(89,280円)
  • iPhone11 128GB 1,980円×48(95,040円)
  • iPhone11 256GB 2,250円×48(108,000円)
  • iPhone11 Pro 64GB 2,650円×48(127,200円)
  • iPhone11 Pro 256GB 3,040円×48(145,920円)
  • iPhone11 Pro 512GB 3,590円×48(172,320円)
  • iPhone11 ProMax 64GB 2,970円×48(142,560円)
  • iPhone11 ProMax 256GB 3,370円×48(161,760円)
  • iPhone11 ProMax 512GB 3,910円×48(187,680円)

複数台購入の場合は「みんな家族割+」適用で上記からさらに最大月額2,160円割引となります。

人気のiPhone11シリーズでキャッシュバックが手に入るなるなんて、今回のキャンペーンを使わない手はありません。

キャンペーン価格で購入するには、以下の条件を満たす必要があります。

    【キャンペーン適用条件】
  • ドコモ・au・格安スマホ(au・ドコモ系回線)からの乗り換え(MNP)であること(※1)
  • ウルトラギガモンスター+(データ定額50GB+)の加入(翌々月10日以降に変更可)
  • データ定額&携帯自体の契約を1年間継続(データ定額は翌々月10日以降に変更可)
  • 基本パック(初月無料、以降月540円)への加入(※2)
  • 複数ある保証のオプションの中からいずれかひとつのご加入(648円~1,252円/月)(※3)
  • 割賦24回の契約は対象外となります。

ソフトバンクに乗り換えてキャッシュバックをもらう!

  【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2020年07月01日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。