Androidおすすめ

ソフトバンクの新規契約審査の基準・通らない原因は?裏技を紹介

ソフトバンクの新規契約審査に通らない原因と対処法をまとめました。ソフトバンクを新規契約する際に、審査に通る可能性を高めるための裏ワザを紹介します。ソフトバンクのスマホを契約したいと考えているものの、審査を通過できるかどうか不安な方は必見です。
モバイル保険 ソフトバンクの新規契約審査の基準・通らない原因は?裏技を紹介

携帯電話の契約手続きをしていると、まれに審査に通らない場合があります。

一口に審査に落ちるといってもその理由はいくつかあり、理由によっては対策をして再審査で通すことも可能です。

本記事では、ソフトバンクで新規契約審査に落ちる理由とその対策を、原因ごとに紹介します。

審査に落ちてしまって途方に暮れている方は、ぜひ参考にしてください。

ソフトバンクで新規契約するときの審査基準

ソフトバンクでは審査内容の詳細を明らかにしていないため、予想して対策する必要があります。はじめに、審査にかかる時間や無職でも契約できるかどうかを解説します。

審査にかかる時間

審査に要する時間について、「通常は申し込みの翌日までにはメールで審査結果が知らされる」とソフトバンクは回答しています。

ただし、法人契約や複数台契約、キャリアで未払金が残っていた場合などは時間がかかることもあるようなので注意しましょう。

無職でも契約できる?

結論から言うと、無職で現在収入がなくても契約は可能です。審査で問題ないと判断されれば、無職という理由で断られることはありません。

ただし、ローンの滞納や自己破産などの記録が残っていたり、高額なスマホを契約する場合は審査に通らない可能性もあります。

無職でも審査に通りやすくするには、金融事故の記録がなくなるまで待つという対処が有効です。価格が安いスマホを契約するという対策方法もあります。

また、少しでもお得にスマホを購入したいのであれば、キャンペーンをフル活用するのは必須です。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

ソフトバンクの新規契約審査は2種類

審査には、「契約審査」と「分割審査」の2種類があります。どちらの審査に落ちたかで練る対策は変わるので、どのようなものかチェックしましょう。

契約審査

契約審査とは、ソフトバンク回線を契約するための審査です。

後述する分割審査よりも審査のハードルが低く、普通に生活していれば契約審査に落ちる可能性は低いといわれています。

契約審査で落ちるケースは、前のキャリアで端末代金を完済していなかったり、携帯代の未納がある場合です。

また、過去に強制解約になった場合や、これまで短期解約を繰り返している人も落ちるケースがあります。

機種変更の場合は、ソフトバンクの利用実績があるので、料金を滞納していなければ契約審査に落ちることはあまりありません。

分割審査

分割審査は、端末代金を分割で支払うためのローン審査です。クレジットカードやマイカーローンを契約するときも審査をしますが、それと同じです。

キャッシングやローン、クレジットカードの利用状況などソフトバンク以外での支払い環境も審査の対象になるといわれています。

ローンの支払い遅延が多かったり、多重ローンを組んでいる方は、分割審査に落ちる可能性が高くなります。

分割審査はローンを組む際に行われる審査なので、一括で購入する場合は行われません。そして、分割審査の基準は、支払い金額で大きく変わってきます。

10万円以内であれば審査もさほど厳しくないため、多少遅延があったくらいで落ちることはないでしょう。

しかし、10万円を超えると年収や借入状況の申告も必要になり、信用情報なども含めた本格的な審査が行われます。

新しいハイスペックスマホには、10万円以上の端末も多いので注意しましょう。

年収も審査に影響するため、パートやアルバイトの収入だけで審査を通すのは難しいかもしれません。

スマホ端末を分割で購入する際には、実質価格ではなく、本体価格での審査となることも覚えておきましょう。

CICのサイトで確認可能

分割審査では、ソフトバンクだけでなくローンなどの支払い状況も審査の材料になると解説しました。これらの情報は、CICという機関に問い合わせて確認しています。

CICとは、ローンを組んだときや、クレジットカードを使ったときの情報が集約されている機関です。借りたお金を利用者がきちんと支払っているか、すぐにわかります。

つまり、CICでの評価が低ければ、それだけソフトバンクでの分割審査が落ちやすくなるということです。

CICの評価は、支払いを期日通りに行っていれば自然と上がっていきますが、逆に支払いが遅れると評価が下がります。

たまに遅れる程度であれば、さほど心配はありません。しかし、数ヵ月間遅延するとブラックリストに載ってしまい、様々な審査が通りづらくなります。

この審査記録は5年残るため、信用を取り戻すには時間が必要です。

自分の信用情報はCICに問い合わせをすると見られるため、審査に落ちてしまう方は確認してみるとよいでしょう。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

ソフトバンクの新規契約審査に落ちる原因・対処法

次に、ソフトバンクの新規契約審査に落ちる原因と、その対処法を紹介します。1度落ちてしまった方でも、改善すれば審査に通ることがあるため、ぜひ参考にしてください。

携帯料金の滞納

過去に携帯料金を複数回滞納したことがある場合は、契約審査・分割審査に落ちる可能性があります。

現在滞納している方は、滞納分の料金を速やかに完済することが審査に通るための必須条件です。

携帯料金を滞納しているという情報は、5年間残ります。1~2度支払いが遅れてしまった程度ではあまり問題ありませんが、何度も繰り返している方は注意してください。

このような場合は滞納金を完済後、端末を分割払いではなく一括払いで新規契約した方が、審査に通りやすくなるかもしれません。

ローンの滞納・自己破産をしたことがある

金融事故の記録は、CIC(個人信用情報機関)に保管されています。

ローンを滞納した記録が残っていたり、自己破産などの金融事故を起こした場合は、分割審査に通る可能性が低いといわれています。

金融事故によりCICのブラックリストに登録されている状態となり、審査に落とされる原因になるためです。

繰り返し滞納していたり、3ヵ月連続で滞納したという情報があると、ブラックリスト入りすることがあるので注意しましょう。

また、ローンの支払いだけでなく、クレジットカードや奨学金の滞納も含まれます。心配な方は、CICで自分の信用情報を調べてみましょう。

クレジットヒストリーがない

クレジットヒストリーとは、クレジットカードを使って支払いをした履歴のことです。

クレジットヒストリーがない場合、クレジットカードをまったく使ったことがない、もしくはカードを持っていないと判断されます。

クレジットカードで過去にカード料金を支払った実績があると、支払い能力を持っていると予測されて審査に通りやすくなります。

反対に、クレジットヒストリーがないと、ソフトバンクが信用できるだけの判断材料がないということです。

クレジットヒストリーがない方は、クレジットカードを作って少額でも支払い実績を作ると、審査に通る可能性が高くなるでしょう。

10万円以上の端末は審査が厳しい

端末代金が10万円を超えることは珍しくありませんが、10万円以上の高額な端末は分割審査が厳しくなります

10万円以上の端末を契約しようとして審査に落ちた場合は、10万円以下の端末に変更すると分割審査に通ることがあります。

また、自分の年収が原因で10万円以上の分割審査に通らない場合、配偶者や親の年収を合算して再審査してもらうことも可能です。

合算する相手の同意を得る必要がありますが、相手の年収とローンの支払い状況なども申告すれば合算した年収で審査してくれます。

学生やパートなどで年収の低い方は、収入を合算した再審査を試してみましょう。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

ソフトバンクの新規契約審査の窓口

ソフトバンクには、審査専用の窓口はありません。しかし、カスタマーサポートがあるので、不明な点がある場合は電話で問い合わせてみましょう。

ソフトバンクのカスタマーサポート

  • 0800-919-0157
  • 受付時間:自動音声応答サービス【24時間】/オペレーター対応【9:00~20:00】

また、ソフトバンク公式ホームページよりチャットでの問い合わせも可能です。オペレーターになかなか繋がらない場合は、チャットを利用してみてください。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

ソフトバンクの新規契約時に必要なもの

ここでは、ソフトバンクで新規契約をする際に必要なものを紹介します。必要なものが揃っていないとスムーズに契約が進まないため、申し込む前に用意しておきましょう。

ソフトバンクショップの場合

ソフトバンクショップで新規契約する際に必要なものは、以下の通りです。

口座振替の場合

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
  • 口座名義・口座番号がわかるもの(通帳・キャッシュカードなど)
  • 金融機関届出印
  • 機種購入代金

「家族割引」に加入する場合は別途書類が必要です。金融機関がPay-easy(ペイジー)に対応している場合は、金融機関届出印は必要ありません。

クレジットカードの場合

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポートなど)
  • クレジットカード
  • 機種購入代金

クレジットカードで支払う場合にも、「家族割引」に加入する場合は別途書類が必要になるため、事前に確認しておきましょう。

クレジットカードでの支払いに設定できるカードは、VISA・マスター・JCB・アメリカンエキスプレス・ダイナースクラブです。

オンラインショップの場合

ソフトバンクのオンラインショップで新規契約を申し込む場合にも、本人確認書類と支払い方法に関する情報が必要です。

本人確認書類は、画像アップロードまたはFAX・郵送で受け付けています。早く契約を進めたい方は、画像をアップロードするのがおすすめです。

画像をアップロードする際には、必ず原本をカラー撮影しましょう。保存形式は「JPG」または「PNG」で、ファイル容量は3MB以下で送信します。

未成年は同意書が必要

未成年の場合、ソフトバンク指定の親権者同意書と、親権者または後見人・保佐人・補助人・施設関係者の本人確認書類が必要です。

同意書は公式サイトからダウンロードできるほか、Web上で作成できる「どこでも同意書」を利用するという方法もあります。

どちらも、ソフトバンクの公式サイトから利用できるので、未成年の方は必ず確認しましょう。

頭金の支払いは必要?

頭金は通常、代金を分割払いする際に最初にある程度代金を支払っておき、毎月の返済額を抑えるものです。

しかし、ソフトバンクの場合、頭金を支払っても機種代金の分割金額は減りません。

この頭金は、ソフトバンクの代理店が独自に設定しているだけなので、ソフトバンク自体は頭金を設定していません。

そのため、頭金を支払う必要はないのですが、頭金の支払いによって代理店の利益につながるので支払うようにいわれてしまいます。

ソフトバンクのオンラインショップやWeb上の代理店なら頭金が発生しないため、オンラインでの申し込みがおすすめです。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

ソフトバンクの審査を通す裏技

次に、ソフトバンクの新規契約審査を通す裏技を紹介します。

以下の方法を試すと、確実に審査に通るわけではありませんが、可能性は高くなるので不安な方は試してみてください。

中古の携帯を持ち込んで新規契約をする

まずは、中古のスマホを持ち込んでSIMカードのみ新規契約するという方法です。

1度ソフトバンクの契約審査に通っていると、端末を購入する際の分割審査に通りやすくなります。

SIMカードのみ契約する場合の審査は、端末を購入する場合よりもゆるいので、この方法が有効です。

端末を購入しようとして審査に落ちた場合は、SIMカードのみの契約をしてから端末の購入を試してみましょう。

安いスマホを購入する

前述したように、10万円以上の高額なスマホは審査が厳しい傾向にあります。

10万円以上のスマホで審査に落ちた場合、安いスマホを一括で購入し、ソフトバンクの信用を作るという方法を試してみましょう。

通常、半年後に新端末の割賦契約ができるので、このときに最新のスマホや好きな機種を購入してみてください。

ソフトバンク以外の契約審査について知りたい方は、こちらもご覧ください。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

対処法を活用してソフトバンクの審査に通ろう

ソフトバンクで新規契約の審査に落ちてしまう理由や、落ちてしまった場合の対処法を紹介しました。

「ソフトバンクの審査で落ちたけど、格安SIMの審査には通った」というケースも中にはあります。

今回紹介した対処法を使っても難しい場合は、信用実績を作るために格安SIMの契約をおすすめします。

まずは、紹介した裏ワザを活用して、ソフトバンクの審査に通るよう工夫してみましょう。

【ソフトバンク】最新キャンペーンはこちら

 

公開日時 : 2023年01月30日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!