• 電気

引っ越し時の電気・ガス・水道の解約・開始の一括手続きができるサービスが便利!

引っ越しの際の電気・ガス・水道の手続きをまとめて行える一括切り替えサービスについて解説します。電気・ガス・水道の手続きを行うタイミングや一括切り替えサービスの利用方法、おすすめの一括切り替えサービスも紹介します。
【公式】カシモWiMAX 引っ越し時の電気・ガス・水道の解約・開始の一括手続きができるサービスが便利!

引っ越しをする際、新居探しや荷造りとあわせて忘れてはならないのが電気・ガス・水道などの手続きです。

住所変更や事業者の切り替えなどの手続きが必要になります。

それぞれの事業者でサービスの停止および開始の手続きをする必要があるため、その都度住所や個人情報を入力するのが面倒に感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし、一括切り替えサービスを利用すれば、引っ越し時のライフラインの手続きをまとめて進められます。

この記事では、一括切り替えサービスの利用方法やおすすめの一括切り替えサービス、電気・ガス・水道の停止および開始するタイミングなどを解説します。

Looopでんき

電気料金を見直したいなら
Looopでんきがおすすめ!

どのエリアも「基本料金」は0円で、電力量料金も1段階でシンプルでわかりやすい!乗り換えも簡単!

最低契約期間や違約金もかからないので、突然の引っ越しや万が一の解約時にも安心です。

まずは、Looopでんきの公式サイトで今の電気料金からどのくらいお得になるのか、料金シミュレーションをチェックしてみましょう!

電気・ガス・水道を停止・開始するタイミング

ここでは、電気・ガス・水道をそれぞれ停止および開始するタイミングを解説します。

  電気 ガス 水道
停止手続きをするタイミング 1~2週間前 2~3週間前 3日~1週間前
開始手続きをするタイミング 1~2週間前 2~3週間前 3~4日前

停止手続きをするタイミング

現在住んでいる家での電気・ガス・水道を停止する手続きのタイミングは次の通りです。

電気

電気を停止する手続きは、引っ越しの1~2週間前くらいまでに行うのがよいでしょう。

遅くても1週間前までに手続きを行えば問題なく停止できますが、引っ越しの日にちが分かればできるだけ早めに手続きを行うのが好ましいです。

電気のサービス停止手続きは、電話またはオンラインで行えます。

引っ越しをする日にブレーカーを落とすことで、停止手続きが完了します。

ガス

ガスの停止手続きは、引っ越しの2~3週間前を目安に行いましょう。

ガスは引っ越し当日に開栓するために立ち合いが必要な場合もあります。

そのため、遅くても1週間前には手続きを完了する必要があります。

立ち会いがない場合は、利用者が自分でガスの元栓を閉めて停止手続きが完了します。

水道

水道の停止手続きは、遅くても2~3日前まで、できれば1週間前までに停止手続きを行いましょう。

水道停止時の立ち会いは基本的には必要ありませんが、建物によっては必要な場合もあります。

引っ越し当日に立ち会い予約をする可能性を考え、早めに停止手続きを始めましょう。

開始手続きをするタイミング

引っ越し先で電気・ガス・水道を開始するための手続きのタイミングは次の通りです。

電気

引っ越し先での電気開始手続きをするタイミングは、引っ越しの1週間前です。

引っ越しシーズンの2~4月や年末年始に引っ越しをする場合は、電力会社も忙しくなる時季のため、2週間前など早めに手続きを進めるのがよいでしょう。

新居にある電気メーターが従来型の場合は、電気の開始手続きを行っていなくても電気を利用できます。

そのため、万が一手続きを忘れてしまったとしても、引っ越し当日に手続きを行えば電気を使い始められます。

しかし、引っ越し先のメーターが新型のスマートメーターの場合は、事前に手続きをしておかないと電気は一切使えません。

引っ越し当日に電気が使えないというトラブルに遭わないためにも、事前に開始手続きを行っておきましょう。

ガス

ガスの利用開始の手続きは、引っ越しの2~3週間前までに行いましょう。

ガスは開栓時に立ち会いが必要です。そのため、引っ越す時季によっては早めに開始手続きを申し込まないと、希望する日にちに開栓できない可能性もあります。

引っ越しシーズンや年末年始などの混み合う時期でなくても、最低でも2週間前までには開始手続きをしておくのがよいでしょう。

水道

水道の利用開始手続きは、引っ越しの3~4日前までに行いましょう。

水道は手続きをしていなくても利用できる場合もありますが、引っ越し前に開始手続きをしておくのがよいです。

引っ越し先での水道料金は、引っ越して手続きをした日から日割り計算されるため、手続きをせずに何日も使っていると、後々水道局とトラブルになる可能性もあります。

そのため、万が一引っ越し前に開始手続きするのを忘れていたという場合は、新居で水道を使用する前に管轄の水道局に開始したい旨を伝えて手続きを進めましょう。

電気・ガス・水道の一括切り替えサービスがおすすめ

引っ越しの際に電気・ガス・水道のライフラインの各手続きをするのが面倒、または手続きを忘れてしまいそうで不安という人も多いのではないでしょうか。

そのような人には、引っ越し時に必要な各種手続きをまとめて進めてくれる「一括切り替えサービス」がおすすめです。

通常は電気・ガス・水道それぞれの手続きの際に個人情報を入力する必要がありますが、一括切り替えサービスを利用すれば、一度個人情報を入力するだけでまとめて手続きを進めることが可能です。

手続きにかかる時間と手間を省けるため、引っ越し前に忙しくて時間が取れない人でもスムーズに各種の手続きが行えます。

また、一括切り替えサービスは24時間いつでも仮手続きを進められます。そのため、電話で手続きをする時間が取れない人にも便利です。

おすすめの一括切り替えサービス「引越しれんらく帳」

  電気 ガス 水道
対応事業者名 東京電力エナジーパートナー
中部電力
東京ガス
日本瓦斯
京葉ガス
大多喜ガス
武州ガス
大東ガス
堀川産業
東京都水道局
昭島市水道部
羽村市上下水道部
武蔵野市水道部
神奈川県営水道(神奈川県企業庁)
川崎市上下水道局
千葉県営水道(千葉県企業局)
八千代市上下水道局
流山市上下水道局
長生郡市広域市町村圏組合水道部
さいたま市水道局
久喜市上下水道部
富岡市水道局
宇都宮市上下水道局 など

引越しれんらく帳は、関東エリアを中心に手続きを進められる一括切り替えサービスです。

水道の切り替えサービスには大阪府、福岡県、熊本県の一部の水道局も対象となっていますが、電気やガスも一括で切り替えることを考えると、関東地方内で引っ越しをするユーザーが対象と言えます。

電気・ガス・水道のライフラインだけでなく、電話やインターネット、新聞などの事業者の手続きもできます。

入力した住所をもとに、利用できるライフラインの事業者を自動で探してくれる機能があるので、自分で調べる手間が省けます。

停止と開始両方の手続きだけでなく、停止のみや開始のみといった手続きも可能です。無料ですべての機能を利用できます。

おすすめの一括切り替えサービス「ズバット 引越し手続き」

  電気 ガス 水道
対応事業者名

東京電力エナジーパートナー
関西電力
九州電力
ENEOSでんき
Looopでんき
アンビット・エナジー・ジャパン
グリーナでんき
ジニーエナジー

東邦ガス
ニチガス
東京都水道局
豊中市上下水道局

ズバット 引越し手続きは、電気・ガス・水道のライフラインの手続きを行える無料の一括切り替えサービスです。

電気は、ENEOSでんきやLooopでんきなどの新電力にも対応しています。

電話またはメールでの問い合わせを、年末年始を除き年中無休で受け付けているため、サービス利用中にわからないことやトラブルがあればすぐに質問できます。

24時間いつでも必要な情報を入力して手続きを進められるため、電話ではなかなか手続きを進められない人にも便利です。

一括切り替えサービスの利用方法

一括切り替えサービスの利用手順は次の通りです。

  1. 会員登録をする
  2. 引っ越し手続きを行いたい内容を選ぶ
  3. 手続きをしたい事業者を選ぶ
  4. 順番に手続きを行い完了

なお、事業者によっては、手続きを進めるうえで検針票やお客様番号が必要となる場合があります。

手続きをスムーズに進めるためにも、一括切り替えサービスに情報を入力する際に、手元に各事業者との契約書類や請求書などを用意しておきましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

1.会員登録をする

まずは、一括切り替えサービスに会員登録をしましょう。

会員登録は、一括切り替えサービスのウェブサイトの「無料登録する」ボタンなどから行えます。

氏名や生年月日、メールアドレスなどの個人情報や引っ越し前後の住所、引っ越し予定日などを入力していきます。

引っ越し予定日は万が一変わってしまっても、後から変更できます。

2.引っ越し手続きを行いたい内容を選ぶ

次に、引っ越し手続きを行いたい内容を選びます。

電気・ガス・水道の中で一括切り替えサービスを利用して手続きを行いたいものを選びましょう。

一括切り替えサービスによっては、開始のみ、停止と開始、停止のみなど、手続きの内容も細かく選べます。

3.手続きをしたい事業者を選ぶ

手続きの内容を選択したら、次はどの事業者で手続きをしたいかを選択します。

今利用している事業者と、引っ越し後に利用したい事業者をそれぞれ選びましょう。

なお、一括切り替えサービスの対象となる事業者は限られているため、サービス対象になっていない事業者は選択できません。

手続き対象となる事業者は、利用する一括切り替えサービスによって異なるので、事前に利用したい事業者に対応しているのかを確認しておくとよいでしょう。

4.順番に手続きを行い完了

ここまで手順どおりに進めると、登録した個人情報や事業者の情報をもとに、手続きの期限や引っ越しまでの日にちが表示されます。

各事業者の手続きに必要な情報を入力して、順番に手続きを完了させましょう。

手順3まででできるのは、あくまでも仮申し込みだけです。そのため、会員登録をした後に各事業者での本申し込みを行う必要があります。

それぞれの事業者で本申し込みのステップは異なるので、一括切り替えサービス上で表示されるステップに沿って手続きを完了させましょう。

引っ越し時の手続きまとめ

ここでは、引っ越し時に必要な手続きをまとめて紹介します。

引っ越し1ヶ月前までに手続きしておくこと

引っ越し1ヶ月前までに手続きしておくことは次の通りです。

  • 賃貸物件の解約手続き
  • インターネットの手続き
  • 電話の手続き

現在賃貸物件に住んでいる人は、解約手続きを行う必要があります。 解約手続き期限をすぎてしまうと違約金がかかる場合もあるため、期間に注意しながら引っ越しの1~2ヶ月前までに手続きを完了しましょう。

インターネットの手続きは、引っ越しが決まったら早めに進めておきたいものの1つです。

インターネットサービスの停止のみであれば簡単に手続きを進められますが、新しい家に光回線などの初期工事が必要なインターネットを引く場合は時間がかかる可能性が高いです。早めに申し込み手続きを行いましょう。

固定電話を契約していて引っ越し後にも続けて利用したい場合は、移転手続きが必要です。

固定電話の移転手続きには立ち会い工事が必要で、工事の予約を取らなければなりません。 そのため、引っ越しの1ヶ月前までに申し込みをしておきましょう。

なお、携帯電話の場合は、プロバイダにて住所変更をするだけでよいため、引っ越し直前でも問題はありません。

引っ越し2週間~1週間前までに手続きしておくこと

引っ越し2週間~1週間前までに手続きしておくことは次の通りです。

  • 電気・ガス・水道の手続き
  • 郵便の手続き
  • 新聞の手続き

引っ越しによって住所が変わる旨を郵便局に伝え、転居の手続きを行いましょう。

転居届をだすと、引っ越し前の住所宛の郵便物を引っ越し後の住所に1年間転送してくれます。

転居手続きは、郵便局の窓口または日本郵便株式会社のウェブサイトで行えます。

現在新聞を購読していて、引っ越し先でも購読したい場合には、配達先住所の変更を2週間前までに行いましょう。

新聞は新聞販売所から直接配達されているので、郵便局で住所を変更しても配達先住所は変更できません。

郵便の住所変更をしたからと忘れがちなので、引っ越し前の手続きを忘れないようにしましょう。

新聞の配達先変更の手続きの方法は新聞社によって異なりますが、電話またはオンラインで変更できるところが多いです。

なお、一部地域のみでの発行をしている新聞社もあるので、引っ越し先でも購読できるか確認しておきましょう。

引っ越し時の手続きは一括切り替えサービスで簡単に!

電気・ガス・水道のライフラインは、引っ越しの際に必ず手続きをしなければならないものです。

しかし、それぞれの事業者で停止と開始の手続きを行うと、時間と手間がかかるため負担に感じる人も多いでしょう。

そのようなときは、一括切り替えサービスを使って手続きを進めるのがおすすめです。

一括切り替えサービスでは、スマホやパソコンから手続きに必要な情報を一度入力するだけで、電気・ガス・水道の各手続きを自動でまとめて進めてくれます。

各事業者での手続きで個人情報や引っ越し日などを入力しなくて済むため、引っ越し時の手続きが楽になります。

引っ越しの際の電気・ガス・水道の手続きは一括切り替えサービスで行ってみてはいかがでしょうか。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年01月07日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード