格安SIMに乗り換え時にモバイル保険は必要? 補償内容は?

スマホ端末補償に関する記事です。 盗難・水没や液晶画面ひび割れ等破損について楽天モバイル・IIJmio・OCNモバイルONE・BIGLOBE・NifMo・UQモバイル・LINEモバイル持込端末・DMMモバイルの修理交換日数・保証内容を紹介しています。
BIGLOBEmobile20190724_desc 格安SIMに乗り換え時にモバイル保険は必要? 補償内容は?

「地面に落下して液晶が割れてしまった」「誤って水没させてしまった」「画面がフリーズして突然動かなくなってしまった」など、自然故障や破損は起こりうるもの。モバイル保険に加入していない場合は、高額な修理費用を自己負担しなければなりません。

新しく買い換えようにも、最新機種だと端末代だけで数万円近くしてしまう端末もあるため、「ひび割れ程度なら…」と我慢して使っている人も多いのではないでしょうか?

「モバイル保険=キャリアスマホ」というイメージがありますが、
格安SIMにも故障・破損・水没などの場合にお得に修理・交換してくれるサービスを提供している会社があるんですよ。

そこで今回は、修理代金を補償してくれる「モバイル保険」のある格安SIMを紹介したいと思います。

これから格安SIMへの乗り換えを検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

格安SIMに乗り換えるときはモバイル保険への加入が必須

モバイル保険サービスとは?

モバイル保険サービスとは、モバイル端末の補償サービスです。

故障・破損・水没などによる修理費用を、保険内でまかなうことができるのです。

また、『docomo』、『au』、『SoftBank』以外の格安SIMでも加入することが可能。

キャリアやappleの補償については下記の記事で紹介しています。

一度申し込んでしまえば、対象端末を最大3台まで登録でき、不要になった場合はログイン画面からいつでも解約手続きを行えます。

格安SIMを提供している携帯会社によって補償上限金額は異なりますが、月々500円で最大10万円まで何度でも補償してくれるのです。

複数のモバイル機器を利用している方、画面の破損や水没による故障が心配な方は、ぜひモバイル保険への加入をオススメします。

BIGLOBEmobile20190724_incontent

モバイル保険サービスのある格安SIM

つながる端末補償 by 楽天モバイル

楽天モバイル」は、楽天株式会社が運営・提供している格安SIMです。

「つながる端末補償 by 楽天モバイル」は、自然故障や落下による破損、

全損、水没といったトラブルに備えた、端末交換・修理サービスです。

格安SIMはもちろん、docomoの専用端末、SIMロックされているキャリアスマホも補償対象となります。

サービス詳細

  • つながる端末保証 by 楽天モバイル
  • 料金:月額500円
  • サービス利用料:4,000円(1回目)/8,000円(2回目)
  • 修理補償上限:50,000円
  • SIM加入時のみ加入可能
楽天モバイル

IIJmioつながる端末補償

個人向けインターネットサービスとして、数ある格安SIMの中でも業界トップシェアを誇る「IIJmio」。

格安SIMを契約した際のオプションサービスとして人気のある「IIJmioつながる端末補償」は、画面割れや水濡れ、部分破損など幅広いトラブルに対応しています。

端末補償サービスの内容は、下記の2パターンです。

修理サービス

IIJmio(みおふぉん)の指定修理店舗へ故障端末を持ち込むか指定場所へ郵送します。補償金額内での修理が可能であればそのまま修理・返送。

万が一、補償金額上限を超える修理や交換対応の場合には利用者への連絡があり、修理・交換の実施、またはサービス停止という流れとなります。

交換サービス

故障品の見積もり結果をもとに修理不可となった場合は交換対応となります。

交換となる機種は、「IIJmio」が指定するSIMフリー端末となり、故障品と同型への交換は補償不可です。

また、交換する機種を選ぶことはできません。

サービス詳細

  • つながる端末保証
  • 料金:月額380円/500円
  • サービス利用料:4,000円(1回目)/8,000円(2回目)
  • 修理保証上限:50,000円

SIM加入時のみ加入可能で、定期的にお得なキャンペーンを開催しています。

IIJmio

OCNモバイルONEあんしん補償

「OCNモバイルONE」は、NTTドコモのLTEとFOMAに対応した格安SIMです。

オプションプランの「OCNモバイルONEあんしん補償」は月額500円で、

自然故障や事故による画面割れ、落下、水濡れといったトラブルをカバーしてくれます。

また、「iPhone7」や「iPhone7Plus」などの大型端末の大画面割れにも、最大50,000円まで修理補償が可能です。

ちなみに、補償対象期間は、自然故障の場合は対象機器の発売日から36カ月間で、日本国内で販売されたメーカーの正規品のみ。

サービス詳細

  • あんしん保証
  • 料金:月額500円
  • サービス利用料:4,000円(1回目)/8,000円(2回目)
  • 修理補償上限:50,000円

いつでもオプション加入できますが、音声通話SIMでの契約のみ加入可能です。

BIGLOBEモバイル端末保証サービス

「BIGLOBEモバイル端末保証サービス」は、BIGLOBEモバイルの格安SIMに対応している補償サービス。

対象となる端末はAndroidのみで、iPhoneは補償対象外となります。

破損によるディスプレイ修理は実費だと20,000円以上、水没や全損による新品交換の場合は本体価格と同等の高額な費用がかかることも…。

しかし、「BIGLOBEモバイル端末保証サービス」なら、修理であれば最大40,000円までを補償してくれるのです。

尚、修理交換する際は、サービス月額料500円のほかに、4,000円~の別途費用がかかります。

サービス詳細

  • BIGLOBEモバイル端末保証サービス
  • 料金:月額500円
  • サービス利用料:4,000円(1回目)/8,000円(2回目)
  • 修理補償上限:40,000円

1契約で複数台スマホを保証(シェアSIM利用など)

BIGLOBEモバイル

NifMoあんしん補償 for SIMフリー

「NifMo」は、インターネットサービスプロバイダ大手のNiftyが提供している格安SIM。

対象となる端末は、AndroidまたはiOS搭載のスマートフォン、タブレット端末で、最大40,000円までを補償してくれます。

ちなみに、修理または交換にかかる日数の目安は下記の通りです。

スマホ交換修理
iPhone約2日約3日
Android約2日約2週間

タブレット交換修理
iPad約2日約7日
Android約2日約2週間

盗難、紛失、故意の破損、改造、消耗、変質、変色、傷、汚損、塗装の剥離といった軽度の破損については、サービスの対象外となります。

また、「NifMoあんしん保証 for SIMフリー」の補償にSIMカードは含まれていないため、ご注意ください。

最大2ヶ月無料キャンペーンも実施されているので、万が一に備えて試しに加入してみてはいかがでしょうか。

サービス詳細

  • NifMoあんしん保証 for SIMフリー
  • 料金:月額500円
  • サービス利用料:4,000円(1回目)/8,000円(2回目)
  • 修理補償上限40,000円

UQモバイル つながる端末保証

「UQモバイルつながる端末保証」は、au回線の格安SIMと格安スマホを提供している、UQモバイルの安心補償サービスです。

こちらの補償サービスでは、キャリアスマホでは補償対象外となる「自損」「水漏れ」による故障もカバー。

加入方法は、サービスを付けたい端末に格安SIMを差し込み、公式サイトに名前や電話番号、クレジットカード番号などの情報を登録するだけで完了です。

購入してから1年以上たっている端末でも加入できるので、乗り換えやタブレットの購入を考えている方にもオススメですよ。

サービス詳細

  • UQモバイルつながる端末保証
  • 料金:月額500円
  • サービス利用料:4,000円(1回目)/8,000円(2回目)
  • 修理補償上限:50,000円
U-mobile

LINEモバイル 持込端末保証

「LINEモバイル持込端末保証」は、自然故障や水濡れ、破損といった故障をサポートしてくれる有料オプションです。

ちなみに加入できるのは、LINEモバイルを申し込んだときと、回線変更の際に「端末+SIMカード」を選択した場合のみ。

注意点として、「バッテリーの減りが早い」「ケーブルと本体の接続不良」「塗装がはげてしまった」といった劣化によるトラブルは、補償の対象外となります。

尚、サービスの対象となる端末のは下記の通りです。

  • 修理:Android端末、iOS端末
  • 交換:Android端末
    ※iOS端末(iPhone/iPad)は修理のみとなります。

サービス詳細

  • LINEモバイル持込端末保証
  • 料金:月額500円
  • サービス利用料:4,000円(1回目)/8,000円(2回目)
  • 修理補償上限:50,000円
LINEモバイル

DMMモバイル つながる端末保証

DMMモバイル」は、オンラインゲーム、動画配信、電子書籍を運営する合同会社DMM.comで提供している格安SIM。

DMMモバイル」は、月額440円~使うことができる安さが魅力で、格安SIMユーザーの間でも「スマホ代の節約にもってこい」と人気を集めています。

そんな、ファンの多いDMMモバイルでも「つながる端末保証」を、月額500円で付けることができます。

対象となる端末は、購入したSIMフリースマホ、DMMモバイルを利用前に使っていたキャリアスマホ(docomo)。

「つながる端末保証」に加入しておけば、「カメラが起動しない」「画面がフリーズする」といった自然故障をはじめ、落下による液晶の破損、水没による故障を、無償修理もしくは安い価格で端末を交換するこができます。

ただし、盗難や紛失などのトラブルはサービスの対象外となるのでご注意ください。

サービス詳細

  • DMMモバイルつながる端末保証
  • 料金:月額500円
  • サービス利用料:4,000円(1回目)/8,000円(2回目)
  • 修理補償上限:50,000円

※料金はすべて税抜き価格です。

DMMモバイル

まとめ

格安SIMの提供元の保険・補償について紹介しました。購入時やSIM自体の契約期間内など細かな条件が提供元ごとに違います。

格安SIMを頻繁に切り替えたり、端末を変えたりする場合は契約でなく端末に紐付く補償の加入がおすすめです。

保険と言うと生命保険や自動車保険等が一般的ですが、スマホにかける保険を提供し、今注目を集めているのがさくら小額短期保険が提供する「モバイル保険 」です。月々700円で加入ができ主端末1台と副端末2台の合計3端末まで1年間に10万円まで何度でも補償を受けることができます。

モバイル保険を申し込む

予期せぬ故障や落下による液晶の破損やひび割れ、水漏れといったトラブルは、実費で修理をするとなると高額になってしまいます。

もしものときに備えて、モバイル保険には加入しておくと安心ですよ。

Y!mobile1,080円~

公開日時 : 2018年10月12日

渡辺結 ― ライター
渡辺結 ― ライター

紙媒体の編集を経て、フリーのライターに。インフルエンサーでもなければ才能でもないですが、コツコツと地道に書いてます。年内にタイに移住する予定で、タイ語を猛勉強中。

関連キーワード