iPhoneの電源が入らない・つかない・起動しない!原因と対処法

iPhoneの電源が入らない・電源つかない・起動しない場合の原因と対処法をまとめました。修理に出す前のバックアップ方法や、自分でできる解決方法をご紹介。iPhone 7やiPhone 8を使っている方や、いきなりiPhoneの電源が入らなくて緊急の方も必見です。
ワイモバイル新プラン iPhoneの電源が入らない・つかない・起動しない!原因と対処法

いつも使っているiPhoneが急に電源が入らなくなってしまった。

そんなことがあったらとても不安になってしまいますよね。

本記事では、いきなりiPhoneの電源が入らなくなってしまう原因や対処法、修理の方法について解説していきます。

\しかも一年無料!/

iPhoneの電源が入らなくなる原因は?

iPhoneの電源が入らなくなってしまう原因についてチェックしてみましょう。

下記3つが主に考えられる原因です。

  • うまく充電ができていなかった
  • 本体そのものの故障
  • バッテリーのトラブル

使用しているiPhoneの状態が気になる方やトラブルが見受けられる方は、ぜひ以下の記事を読んでiPhoneの買い替えを検討してみてくださいね。

iPhoneの電源が入らない試してみるべきこと

iPhoneの電源が入らない時にまず試してみてほしい、簡単にできる対処法をご紹介します。

iPhoneの充電をする

夜に充電をして寝たはずなのに朝になったら電源が入らないという方は、もしかしたらきちんと充電できていないのかもしれません。

「え、そんなこと?」と思うようなことではありますが、充電コードが劣化していて接触が悪くなっていた、iPhoneのケーブル差込口が汚れていてきちんと充電できなかったといった原因であることが多いのも事実です。

一度ケーブルを確認するとともに、iPhone本体のケーブル差込口を綿棒などで軽く掃除してみましょう。

その後再度ケーブルをつないで充電し、しばらく経ったら電源を入れ直してみて下さい。

iPhoneを強制再起動する

iPhoneの電源が入らない時、次に試してほしいのがiPhoneの強制再起動です。

iPhone 7以前の機種の場合は、電源ボタンとホームボタンを同時に長押しをすることで強制再起動することが可能です。

iPhone 7と7 Plusの場合は電源ボタンとボリュームダウンキーを同時長押しします。

iPhone 8以降の場合は音量を上げるボタンを押してすぐ放し、その次に音量を下げるボタンを押してすぐ放した後、電源ボタンを電源が切れるまで長押しすることで、強制再起動が行えます。

iPhoneの機種ごとの強制再起動方法については、こちらを参考にしてください。

対処法でもiPhoneの電源が入らない場合

先述の対処法を試しても直らなかった場合に試していただきたい初期化の方法について解説していきます。

こちらで紹介する初期化については、パソコンとパソコンに入ったiTunesが必要になります。

リカバリーモードで初期化

リカバリーモードはiPhoneに起きた不具合に対し、iPhone内のiOSを最新に更新することでトラブルを解決するために行います。

  • iTunesを起動
  • iPhoneの電源をオフにする
  • iPhoneの「ホームボタン」を押したままにする(iPhone 7以降はボリュームダウンキー)
  • パソコンにiPhoneを接続する
  • Appleロゴの状態から「iTunesへ接続」の画面が出てくるまで待つ
  • iPhoneを復元
  • 復元と更新でリカバリーモードへと移行します

iPhoneの不具合に有効なリカバリーモードについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

DFUモードで初期化をする

リカバリーモードで直らなかった場合は、これからご紹介するDFUモードでの初期化を試してみてください。

リカバリーモードはiPhone内部の起動プログラムからiTunesと接続するのに対して、DFUモードはiPhone内のiOSの起動プログラムを使用せず、強制的にiTunesにiPhoneを接続させる方法です。

  1. iTunesを起動させる
  2. パソコンにiPhoneを接続する
  3. iPhoneの電源をオフにする
  4. 電源ボタンを3秒間押し続ける
  5. 2つのボタンを10秒間ほど押し続ける
    iPhone 6s以前、またはiPad、iPod touchの場合:電源ボタンとホームボタン     
    iPhone 7以降の場合:ボリュームダウンキー+ボタンと電源ボタン
  6. 電源ボタンだけを離す
  7. ホームボタン(ボリュームダウンキー)はそのまま押し続ける

※DFUモードは非公式の方法です。DFUモードを行う場合は自己責任で行ってください。

iPhoneの電源が入らなくなった場合データは?

皆さんが心配しているのは、iPhone本体よりも中に入っている写真や動画、友人の連絡先やLINEなどのアプリのデータがちゃんと残っているかでしょう。

基本的に電源が入らなくなったからといって、中のデータまでがなくなることはあまりありません。

しかし、場合によってはデータが破損してしまうことがあり、データが破損している場合はデータを取り出すことやバックアップを取ることが難しくなってしまいます。

いつ起こるかわからないトラブルのために、日頃からバックアップをとることを心がけましょう。

バックアップしておけば、バックアップした最後の日までのデータは取り戻せますので、被害を最小限にすることができますよ。

簡単にできるiPhoneのバックアップ方法やデータを復元する方法については、こちらを参考にしてください。

\しかも一年無料!/
iPhone格安SIM通信アンケート

iPhoneの電源が入らない|Appleで修理する

初期化等でもiPhoneの電源が入らない場合は、一度修理に出してみましょう。

AppleでiPhoneを修理してもらう

1番安心なのは、iPhoneの販売元であるAppleで修理をしてもらうことです。

もしくは、カメラのキタムラやビッグカメラといった、Appleの正規修理サービスプロバイダに出すのも良いでしょう。

お店に行く場合は、あらかじめ電話にて自分の持っている機種がお店にあり、交換してもらえる状況かどうかを確認しておくとよいです。

正規サービスプロバイダでの修理費用は?

iPhoneの保証期間内であれば、特に外的損傷がなくiPhoneのシステム及び内部が原因のものに関しては無償で交換してもらえます。

iPhoneの保証期間は、通常であれば購入から1年間、Apple Care+に加入すれば2年間が保証対象となります。先述の通り、無償交換の対象は外的損傷がないことが条件となります。

画面破損や内部に液体の侵入形跡が確認された場合は、たとえシステムの問題であったとしても有償での交換となります。外的損傷がある場合は保証期間でも保証対象外。

Apple Care+に加入の場合はiPhone 5以降の機種は一律11,800円で交換できます。

加入していない場合は機種によって値段が変わりますので、こちらをご確認ください。

こちらの記事では、Apple Care+加入がお得かどうかをケース別に検証しています。

Apple Care+に加入しようか悩んでいる方、損したくない方はぜひ参考にしてください。

iPhoneの電源が入らない|修理業者に依頼する

Appleの正規修理は費用が高く時間がかかる場合が多いです。

安く早くiPhoneを修理したいという方は、一般の修理業者に依頼することをおすすめします。

iCracked

出典:iCracked
  • 総務省の登録修理業者で安心
  • 修理パーツで初期不良が生じた場合90日間保証
  • 即日修理可能

iCracked(アイクラックト)は、総務省の登録修理業者で、経験豊富な技術者が高品質のパーツを使用して修理する安心のサポート店です。万が一、iCrackedの修理パーツで初期不良が生じた場合も90日間の保証期間を設けています。

また、iCracked Storeでは対面カウンターで修理を行っており、お客様はその全行程を目の前で見ることができるので、プライバシーの詰まった端末を預けることに抵抗がある方におすすめです。

もし落として画面を割ってしまっても即日修理が可能なiCracked Storeへ予約をしてから来店すれば、通常待ち時間もゼロで案内される点も魅力です。

iCrackedで修理する

アイサポ

出典:アイサポ

「とにかくすぐ修理をしたい」「安く修理をしたい!」という方にはアイサポがおすすめです。修理は即日で可能。

持ち込みであれば「10分程度で終わってとても早い!」との声があがるほど。とにかく早く修理を終わらせてくれることで評判です。

また長年経験を積んだプロが修理を行っていますので、その技術力の高さにも定評があります。

そして何より値段。メーカー修理より最大80%OFFという値段で修理をすることが可能です。

安く、早く、そして確かな技術という3拍子揃ったお店ですので安心して修理を依頼できます。

アイサポでiPhoneを修理する

対処方法でも直らない場合や修理代がもったいないと感じる方は、買い替えを視野に入れてもいいかもしれません。

iPhoneを買い換えるべきか悩んでいる方は、iPhoneに安く機種変更する方法や買い替えタイミングを解説した記事を参考にしてください。

修理費0円!?iPhoneを格安修理する方法

iPhoneの修理業者をいくつかご紹介しましたが、いずれもそれなりに修理費用がかかってしまいます。

自分でiPhoneを直せない場合は修理に出すしかありませんが、なるべく安く修理する方法はないのでしょうか?

実は、修理費用0円で電源が入らないiPhoneを直す裏ワザがあるんです

スマホ補償の1つであるモバイル保険では、年間最大10万円まで何度でも修理費用を負担してくれます。そのため、モバイル保険に加入していれば実質無料でiPhoneを修理することが可能なのです。

スマホ補償というと、Apple Care+や大手キャリアの補償が有名ですが、モバイル保険の方が補償金額・補償回数共に優れています。

端末購入から1年以内であれば加入できるので、格安SIMを使っている方や、スマホ補償に入り損ねた方にもおすすめです。

モバイル保険について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せて読んでみてください。

モバイル保険を申し込む

こまめにiPhoneのバックアップをとっておこう

今回のiPhoneの電源が入らないなどのトラブルはもちろんのこと、それだけではなくいつ見舞われるかわからないiPhoneのトラブルのために、先述の通り日頃からバックアップをしておくことがおすすめです。

iPhone本体を電源及びWiFiにつないだ状態にしておけば、iCloudなどでバックアップ可能ですし、iTunesに繋いでおけばパソコンにバックアップできます。

簡単にできますので、大切なデータを守るためにぜひ普段からこまめにやっておくといいでしょう。困った時はぜひ、ご活用くださいね!

そのほか、iPhoneが故障したときの対処法や、地域別のおすすめ修理店を紹介した記事もあるので、iPhoneを直したい方iPhoneが故障したときのために備えたい方はご覧ください。

もし、最新のiPhoneを検討している方なら、最新iPhoneのお得購入方法を紹介していた記事もありますので、ぜひご参考にしてください。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2020年07月11日

Remi ― ライター
Remi ― ライター