SIMフリー版iPhone XRのメリット・注意点・購入方法まとめ

SIMフリー版iPhone XRのメリット・注意点・購入方法をまとめました。iPhone XRの性能・スペック等の基本情報と共に、格安SIMやドコモ・au・ソフトバンクでiPhone XRを使う方法を解説します。iPhone XRを最安で購入するおすすめの方法もご紹介します。
JCOM U26学割 SIMフリー版iPhone XRのメリット・注意点・購入方法まとめ

2018年に発売された、新作iPhoneの「iPhone XR」。

これから購入しようと思っている人も多いと思いますが、SIMフリーのiPhoneが欲しいという方もいるのではないでしょうか。

本記事ではiPhone XRのSIMフリー版の入手方法や注意点をまとめているので、SIMフリーiPhoneが欲しいと思っている方はぜひ参考にしてください。

iPhone XRの機能・特徴をおさらい

2018年の新作iPhoneは「iPhone 9」や「iPhone X Plus」など様々な憶測が飛び交っていましたが、実際に発表されたのはiPhone XRでした。

まずは、これまでのiPhoneとiPhone XRがどう違うのか見ていきましょう。

iPhone 8 Plusよりもサイズは小さく液晶は大きく

iPhone XRのサイズはiPhone 8 Plusを少し小さくした感じですが、iPhone X同様ホームボタンを取り除いたベゼルレスモデルなので、液晶サイズは大きくなります。

持ちやすいけど見やすいという2つの魅力を兼ね備えた端末になります。

新型プロセッサー「A12 Bionic」を搭載

iPhone XRには、新しいプロセッサーである「A12 Bionic」が搭載されています。

スマホの処理能力を決めるプロセッサーが進化したことで画像認識が高まりました。

Face IDの認証が早くなったり、画像編集の精度も高まっています。現在のスマホの中でライバルがいないといわれるほどのプロセッサーです。

豊富なカラーバリエーション

iPhone XRのカラーバリエーションは「ブラック」「ホワイト」「ブルー」「イエロー」「コーラル」「レッド」の6種類。

豊富なカラーバリエーションの中から選べるのも魅力のひとつと言えるでしょう。

ほどよいコスパ

iPhone XRは、実は先に発売されたiPhone XS/XS Maxほどのスペックは持っていません。

しかし、それでもiPhone XSよりも4万円ほど安く購入できるのはスペックの差を補ってなおの魅力です。

iPhone XRのSIMフリーのメリット・注意点

近年SIMフリーのスマホのニーズが高まっていますが、SIMフリーでどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

格安SIMで毎月の携帯代を安くできる

SIMフリースマホのメリットはずばり、格安SIMを使って携帯代を安くできることです。

端末にはお金を使って新作を試したくても、毎月かかる携帯代を格安SIMを使って少しでも安くしたい方は多いです。

しかし、格安SIMはSIMロックがかかったままでは利用できません。キャリアで買ったスマホには、他のキャリアのSIMが使えないようにSIMロックがかかっています。

SIMロック解除した「SIMフリー」の状態にして初めて格安SIMが利用できます。

格安SIMの場合はほとんどドコモの回線を借りているので、ドコモであればSIMロックしなくても利用できる可能性が高いです。

一括で購入した場合には購入した日に即日解除できますが、分割で購入した場合には購入日から100日経たないとSIMロック解除の手続きができないため気をつけましょう。

ちなみにSIMロックはWebから無料で可能です。もしも店舗で解約してもらいた場合でも3,000円で可能なので、不安な方は店舗でやってもらうのも手です。

格安SIMなら最低契約期間が短い、もしくはない

料金の他に格安SIMで嬉しいのが最低契約期間が短い、もしくはないことです。

最低利用期間とはキャリアの「2年縛り」のこと。キャリアでスマホを契約すると24ヶ月は解約することができず、25月目と26か月目に解約しないとまた2年間解約できなくなります。

それに対し格安SIMの場合、通信専用のSIMでは最低利用期間はありませんし、音声通話対応の格安SIMでもブランドによっては最低利用期間が設定されていない場合もあります。

また、設定されていたとしても6ヶ月や12ヶ月など、キャリアに比べてずっと短いのが特徴です。もし思っていたのと違った場合もすぐに別のブランドに切り替えることができます。

格安SIMのデメリットも理解しておこう

携帯代が抑えられる格安SIMですが、デメリットもしっかり把握しておきましょう。

一番大きいデメリットは通信速度の低下です。格安SIMの回線というのはキャリア(ほとんどドコモ)から回線を借りています。

キャリアの回線という安心材料であるのと同時に、借りている回線の太さによって回線の混雑が起きやすくなります。

スマホを利用する人が増えるお昼の時間などは、キャリアに比べてずっと遅くなることもあります。

格安SIMが表示している通信速度は理論値や最高速度なので、常にその速度であるわけではないことを理解しておきましょう。

また、格安SIMに切り替えたからといって、確実に通信料が下がるわけではありません。

例えば、格安SIMは通話し放題のプランがないため、電話をたくさんする方であればキャリアの方が安く済む場合もあります。

なんとなくで格安SIMに切り替えると、料金はさほど変わらないのに不便さだけを感じることもあるので気をつけましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

SIMサイズを要確認

SIMフリーのiPhoneで格安SIMを利用するなら、SIMのサイズも気をつけましょう。SIMのサイズには3種類あり、標準、micro、nanoがあります。

スマホにはSIMを装着するスロットというものがありますが、適したサイズのSIMでなければ装着できないため、SIMを選ぶ際に気を付けなければなりません。

iPhoneの場合は全てnanoサイズに統一されているため、SIMを買う際にはnanoサイズのSIMを選びましょう。

こちらの記事では、自分に合った格安SIMサービスの選び方や料金比較をしています。SIMフリーiPhoneで格安SIMの契約を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ドコモでiPhone XRを購入する

iPhone XRのSIMフリー版入手方法まとめ

それではSIMフリーのiPhone XRをどのようにして入手するのかその方法をまとめて紹介しましょう。

Appleストアで購入

SIMフリーのiPhoneを購入するなら王道なのが、Appleストアで購入する方法です。

Appleストアは全国に7ヶ所(銀座、渋谷、表参道、仙台一番町、名古屋栄、心斎橋、福岡天神)ある他、オンラインストアでも購入できます。

最も安心して購入できる方法ですが、逆に言うと割引やキャンペーンなどがありません。多少お金を払っても安心して購入したい方におすすめです。

キャリアで購入してSIMロック解除

先述の通り、キャリアで購入してSIMロックを解除してもSIMフリーiPhoneが手に入ることになります。

ただし、キャリアの場合契約なしで端末だけ購入することができないため、一度契約して解約するしかありません。

そのため、最新機種であるiPhone XRをSIMフリーで手にするには、解約金を払うか24ヶ月後に解約するしかありません。

iPhoneのSIMロック解除は、こちらの手順をよく読んで行いましょう。

Amazon・楽天などのECサイトで購入する

意外かもしれませんが、Amazonや楽天などのECサイトでもSIMフリーのiPhoneは販売されています。

新品でも店舗よりも安く買える場合が多いのは、店舗代や人件費がかからないためです。新発売のiPhoneでも出回っているので、一度探してみるのもいいでしょう。

中古ショップで購入

SIMフリーiPhoneを安く購入するなら、おすすめは中古ショップで買うことです。本でも服でも中古で買えば安く買えますが、スマホも変わりません。

総合的な中古ショップでもスマホは販売されていますし、スマホ専門の中古ショップも存在します。

中古ショップには店舗も、そのお店が運営しているECサイトもあるのでどちらもチェックしてみましょう。

ネット上では気軽に購入できるのが魅力ですが、小さな傷などをしっかり確認したい方は店舗に足を運んでみるのがおすすめです。

中古スマホを購入する際に気をつけたいのが白ロム、赤ロムです。

白ロムとは契約者情報がない端末のこと。新しいSIMを差し込めば問題なく利用できます。

赤ロムとは、ローンで購入された端末が全額返済されずに中古端末で売り出され、その後ローンの返済が滞って利用できなくなっていることです。もちろん新しいSIMを差し込んでも利用できません。

なぜそんなものが売られているのかと疑問に思うかもしれませんが、売られたときは白ロムでも中古ショップに売ってから赤ロムに変わることもあります。

あなたが中古ショップから購入した後に赤ロムに変わることもあるのです。

そんなリスクがあっては中古スマホは買えないと思いますが、中古ショップによっては「赤ロム永久保証」をつけている場合もあり、赤ロムだった場合には同等品と交換、もしくは返金してもらえます。

手間がかかるリスクがあっても安く買いたい人にはおすすめです。

もう一点、中古スマホはSIMロックがかかった状態であることも多いです。そして、SIMロックは購入者本人にしか解除できません。

自分が使いたい格安SIMと同じ回線のキャリアであれば問題ありませんが、もし違っていたら使えません。

SIMロックがかかっているかは一目で判断する手段がないため、中古スマホを購入する場合はスタッフに確認してもらいましょう。

スマホのアウトレットサイトで購入する

中古ショップに似ていますが、スマホのアウトレットサイトで購入するという手段も有効な手段です。


ムスビー

特におすすめなのは、白ロム専門アウトレットサイト「ムスビー」。

在庫の多さが特徴で、新個品(未使用の中古品)でも破格の安さで販売されています。もちろん使用済みの中古品であればさらに安く買えます。

最大24回払いまでのクレジットカード分割払いが可能なので、キャリアで買うように毎月の支払の負担を軽くできます。

iPhone修理サービスや買取サービスも充実している、買う時だけでなく売るときも活用したいですね。

ムスビーで中古iPhoneを購入する

イオシス

もうひとつおすすめのアウトレットサイトが「イオシス」。

ムスビーは新古品が多いですが、イオシスは中古品中心の取り扱いです。その分価格も落ちるので、新品や端末の細かい状態にこだわらない人には特におすすめです。

ちなみにネットワーク制限▲という表記の商品もあるのですが、こちらは0.03%の割合で将来的に通信できなくなりますが、その分さらに値段が落ちています。

仮に通信できなくなってしまっても無期限で交換してもらえる保証もありますし、そもそも確率が低いので安く買いたい方はネットワーク制限▲を試してみてはいかがでしょうか。

イオシスで中古iPhoneを購入する

オークション・フリマアプリで購入

ヤフオク等の総合的なオークションサイトや、メルカリ等のフリマアプリでもiPhoneは出品されています。価格はまちまちですが、破格の値段で売り出されていることも多いです。

ただし、スマホ専用のサイトなどと違い、出品されている商品についてのチェックが緩い、もしくはチェック自体ありません。

当たり前ですが、赤ロムに対する保証もサイトがしてくれるわけではないので、とてもリスキーです。

通信を使わないゲーム専用の端末にしたり、電話以外で利用するのが目的であれば使ってみてもいいかもしれませんね。

iPhone XRを安く購入する

iPhone XRのSIMフリー版をお得にゲットしよう

iPhone XRの機能・スペックのおさらいや、SIMフリー版のメリット、購入方法を解説しました。

一概にSIMフリー版の方が優れているというわけではないので、自分の用途に合ったモデルかどうかよく考えてモデルを選択しましょう。

格安SIMの契約を検討されている方は、この機会にiPhone XRで格安SIMデビューするのも良いかもしれませんね。

購入先もしっかりと検討して、お得にiPhone XRのSIMフリー版をゲットしましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2019年06月06日

鈴木光平 ― ライター
鈴木光平 ― ライター

フリーのライター、趣味は料理とダンス。たまに公園で踊ってます。見かけたら声かけてください。喜びます。結婚してからは料理男子。妻の美容と健康のために頑張ったらハワイでモテる身体に近づけてしまいました。