おうちでんき
  • 電気

関東エリアでおすすめの電力会社は?新電力への乗り換え方法・料金比較

関東でおすすめの電力会社13社を一覧比較します。また、ランキング形式で一人暮らしや二人暮らしにおすすめの電力会社も紹介しています。選び方や乗り換え手順についても解説しているので、どこがおすすめなのか、どのように切り換えればいいのか知りたい方必見です。
おうちでんき 関東エリアでおすすめの電力会社は?新電力への乗り換え方法・料金比較

「新電力へ乗り換えると、電気料金が安くなる」と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

電力自由化以来、東京電力など大手電力会社以外にも、さまざまな会社が小売電気事業に参入しました。

選択肢が急激に増えた一方で、どのような基準で会社を選べばよいのか、悩む人も少なくありません。

そこで、関東エリアを中心におすすめの電力会社や電力会社を選ぶ基準、新電力に乗り換える流れなどについて解説します。

Looopでんき

電気料金を見直したいなら
Looopでんきがおすすめ!

どのエリアも「基本料金」は0円で、電力量料金も1段階でシンプルでわかりやすい!乗り換えも簡単!

最低契約期間や違約金もかからないので、突然の引っ越しや万が一の解約時にも安心です。

まずは、Looopでんきの公式サイトで今の電気料金からどのくらいおトクになるのか、料金シミュレーションをチェックしてみましょう!

【関東エリア】おすすめの電力会社13社比較

関東エリアでおすすめの電力会社13社を比較しました。

どの電力会社も初期費用がかからずに利用できます

プラン 基本料金(税込) 契約アンペア 電力量料金
(税込)
解約金(税込) ガスとのセット割引 オール電化プラン
ソフトバンクおうちでんき おうちでんき 286円~ 10・15A/1kVA 19.68円
(120kWhmまで)
550円
au
でんき
でんきMプラン 286円~ 10・15・20・30・40・50・60A 19.87円
(120kWhmまで)
0円
Looop
でんき
おうちプラン 0円 5~60A 26.40円 0円
ENEOS
でんき
東京Vプラン 286円~ 10・15・20・30・40・50・60A/6kVA以上 19.88円
(120kWhmまで)
23・24ヶ月目以外1,100円
楽天
でんき
プランS 0円 30~60A 26.50円 0円
J:COM電力 従量メニュー 286円~ 10・15・20・30・40・50・60A 19.88円
(120kWhmまで)
0円
エルピオでんき スタンダードプランS 1,086.8円~ 40・50・60A 18.84円
(120kWhmまで)
0円
シン・
エナジー
きほんプラン 768.34円~ 30・40・50・60A 19.67円
(120kWhmまで)
0円
CD
エナジー
ベーシックでんき 286円~ 10・15・20・30・40・50・60A/1kVA 19.88円
(120kWhmまで)
0円
まちエネ きほんプラン 286円~ 10A/kVA 19.79円
(120kWhmまで)
0円
(1年以内に解約した場合工事費がなければ)
トーエルでんき 標準プラン 832.26円~ 30・40・50・60A 19.20円
(120kWhmまで)
0円
親指
でんき
いいねプランB 0円 30~60A 29.5円 0円
ニチガスでんき でガ割でんき1 286円~ 10・15・20・30・40・50・60A 23.93円
(200~350kWhmまで)
0円

Looopでんき、楽天でんき、親指でんきは基本料金が0円なので、よく家を空ける方や大人数で使用する方におすすめです。

また、Looopでんきと楽天でんきはガスとのセット割もあるため、セットで契約すればさらに安く使えます。

ただし電力量料金が他の電気会社より高いので、ソフトバンクおうちでんきやauでんきの方がお得に使える場合が多いです。

【関東エリア】おすすめの電力会社1~3位

関東エリアでおすすめの新電力会社、上位3社を紹介します。

1位:ソフトバンクおうちでんき

出典:おうちでんき

ソフトバンクおうちでんきは、大手電力会社の電力量料金より1%安く、120kWhまで1kWhあたり19.68円で使用できます。

現在は初月無料キャンペーンが開催されているため、1ヶ月分の電気代を節約できます。

またソフトバンクとワイモバイルユーザーは、スマホとのセット加入で「おうち割でんきセット」が適用されます。スマホの月額料金から1回線あたり、110円(税込)の割引が適応可能です。

ほかにもガラスのヒビ割れや鍵の紛失、水漏れといったトラブルを24時間365日無料で対応してくれるため、緊急時でも安心です。

【ソフトバンクおうちでんき】の詳細はこちら

2位:auでんき

auでんき 出典:auでんき

auでんきの電気料金は大手電力会社と同額ですが、その分電気料金に応じたポイントが還元されます。

使用料金や契約内容に応じて5,000円未満は1%、5,000~8,000円未満は3%、8,000円以上は5%分のPontaポイントを貯めることが可能です。

またauスマホやケータイ、auひかりをセットで契約していると、毎月110円(税込)の割引が適応されます。

【auでんき】の詳細はこちら

3位:Looopでんき

出典:Looopでんき

Looopでんきは基本料金0円で、使った分だけ支払うプランが特徴の新電力です。

ガスとのセット割もあり、セットにすると2%電力量料金が安くなります。

またオール電化向けのプランがあり、3~6月と10~11月の合計6か月間、昼間の料金が通常より10円/kWhお得に使えます。

さらに夜間の料金単価も安く設定されているため、電気代を安く抑えることが可能です。

【Looopでんき】の詳細はこちら

より詳しい新電力おすすめランキングを知りたい方は、こちらの記事をご一読ください。

【シーン別】おすすめ電力会社ランキング

シーン別におすすめの電力会社ランキングを紹介します。

一人暮らしにおすすめの電力会社

一人暮らしにおすすめの電力会社は、上記のとおりです。

Looopでんきは基本料金が0円なので、出張や短期留学などで数カ月間家を空けても問題ありません。

ソフトバンクおうちでんきとauでんきは基本料金がかかりますが、その分電力量料金がLooopでんきより安いのでお得に使えます。

【Looopでんき】の詳細はこちら

二人暮らしにおすすめの電力会社

二人暮らしに1番おすすめな電力会社は、ソフトバンクおうちでんきです。初月無料で使えるので、電気代を抑えられてお得に使えます。

シン・エナジーは使用量や使用時間を問わず、大手電力会社の電気代より安く使えるのが魅力の一つです。

東京電力と比較すると基本料金は約10.5%、電力量料金も1.1~9.4%もお得に利用できます。

【ソフトバンクおうちでんき】の詳細はこちら

オール電化におすすめの電力会社

Looopでんきは、オール電化住宅の方にもおすすめの電力会社です。夜間や春・秋の昼間の料金単価が安く設定されているため、電気をたくさん使用するオール電化の方でも、お得に使用できます。

CDエナジーとJ:COM電力にもオール電化向けのプランが用意されており、Looopでんきと同様に電気代を抑えることが可能です。

電力使用量に応じて割引率も上がっていくので、電力量が多くても安心して利用できます。

【Looopでんき】の詳細はこちら

地域ごとにおすすめの電力会社

中部の愛知・岐阜・三重、関西にお住まいの場合は、「auでんき」がおすすめです。

auでんきでは、これらのエリアに住んでいると、ガスとのセット割が可能になります。場合によってはガス会社を変更する必要はあるものの、料金が1つにまとめられて便利です。

また、北海道や北陸に住んでいる場合には、「Looopでんき」がおすすめです。Looopでんきは北海道や北陸エリアでの料金の安さに定評があります。

その他のエリアにお住まいなら、「ENEOSでんき」が料金も安く、使いやすいでしょう。

関東でおすすめの電力会社の選び方

どこの電力会社がおすすめかは、毎月の電気使用量で変わってきます。

まずは今使っている電力会社の明細を見て、月ごとの平均的な使用量を確認しましょう。

最終的には料金シミュレーションを行い、どこが安いかを比較するのがおすすめです。

電気代を調べる方法を解説した記事もあるので、ぜひ参考にしていてください。

基本料金・契約アンペア数はいくらか

まず、電力会社の基本料金と契約アンペア数を確認しましょう。基本料金は1,000円前後かかるところもあれば、無料のところもあります。

基本料金が無料の会社は「使った分だけ払う」システムなため、ほとんど使わない月がある方やもともと使用量が少ない方におすすめです。

逆に、たくさん使用する方が基本料金無料の会社を選んだ場合、従量制の料金が高く結果的に前より高くつくこともあります。

契約アンペア数に関しては、今のアンペア数と同じプランがあるか確認しましょう。

たとえば、普段20Aの契約をしている場合、乗り換え先の電力会社によっては最低30Aからしか契約できないことがあります。

10A多くなった分料金が高くなる場合があるので注意しましょう。

解約金がかかるか

電力会社によって、解約金がかかる場合とかからない場合があります。

解約金といってもあまり高額ではない会社もありますが、中には1万円以上かかる会社もあります。

せっかく毎月の電気代が安くなっても、解約金が高額になってしまうのは嫌ですよね。

そのため解約金がかからない、もしくは解約金が高くない電力会社を選ぶのがおすすめです。

セット割引があるか

会社によっては、電気とガスのセット割引が適用になる場合があります。こうしたセット割のある会社を選ぶのも1つの方法です。

ただし、セット割に申し込めば必ず安くなるとは限りません。

住んでいるエリアや加入するプランによっては、電気とガスそれぞれで安い会社を探して契約した方が、最終的な支払い額が安くなるケースもあります。

セット割に加入するときは、他に安い会社がないか念のため確認しましょう。

他にも電気とスマホ、電気とLPガスのセット割もあるので、自分に合ったセット割はどれなのか検討してみてください。

オール電化向けのプランがあるか

自宅がオール電化住宅なら、オール電化向けのプランがある電力会社を選びましょう。

オール電化向けのプランは、深夜の電気料金が日中の料金より安くなるのが特徴です。

オール電化住宅では主に深夜に蓄電するため、夜に電力を多く消費します。そのため、深夜に電気料金が安いプランの方がオール電化に向いています。

ただし、オール電化向けのプランを提供している会社は限られているので、選択肢が他より少ないので注意してください。

さらに詳しく電気会社の選び方を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

新規・乗り換え別!新電力に切り替える方法

実際に新電力に切り換える方法を、新規契約と乗り換えそれぞれのケースに分けて解説します。

電力会社の切り換えがスムーズにできるよう、申し込みの際には次の情報を用意しておきましょう。

共通して用意するもの

  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 支払いに使うクレジットカードや口座番号
  • 本人確認書類のコピー(運転免許証等)
  • 供給地点特定番号(検針票に記載された22桁の数字)

乗り換えの場合に必要なもの

  • 現在契約中の大手電力会社でのお客様番号
  • 現在契約中のプラン名
  • 検針票のコピー

新規の場合は、引越し先の供給地点特定番号が不明なことが多いですが、わからないままでも申し込みには問題ありません。

どうしても知りたい場合は、不動産会社や引越し先の管理者に連絡してみましょう。

お客様番号など、申し込みにあたって調べる必要がある情報は、すべて検針票に記載されています。過去の検針票を1枚手元に用意しておけば、それだけで申し込み可能です。

ただし乗り換え先の電力会社によっては後日、本人確認書類や検針票のコピーを郵送することがあります。

新電力に切り替える方法|新規編

まずは、引越しなどで新規に新電力を導入するケースを解説します。引越しの流れは次の通りです。

  1. 引越し先で契約する新電力を探し、契約する
  2. 今まで使っていた電力会社へ連絡し、引越しに日程を合わせて解約する
  3. 引越し当日、引越し先の物件でブレーカーを上げて電気がつくか確認

新規の場合、契約方法としては次の2パターンがあります。

  • 新規契約に対応している会社に申し込み、そのまま契約を進める
  • いったん大手電力会社と契約してから、すぐに新電力に申し込み、乗り換えとして手続きを進める

新電力の中には、一部引越しに対応していない会社もあります。

実際に近隣地域の事業者からの乗り換えのみで、北海道から九州など長距離の引越しに対応していないケースがあります。

事業者によって引越しにどこまで対応しているかは異なるので、事前に新電力へ対応可能か問い合わせておくとスムーズです。

もし対応していない場合には、大手電力会社と契約する必要があります。

大手電力会社は解約しても解約金はありません。しかし、もし新電力から新電力へ乗り換える場合、会社によっては違約金が発生します。

引越しでも契約可能な場合は、公式ホームページから申し込みましょう。申し込みが完了すると、新電力から連絡が来て新電力が使えるようになります。

解約手続きをしていないと、前の物件からも請求が来てしまうので、忘れずに解約手続きもしておきましょう。

新電力に切り替える方法|乗り換え編

乗り換えの場合は、新規契約より簡単です。申し込む新電力会社を決めたら、公式ホームページのフォームから申し込めば、新電力に切り換えられます。

乗り換えにあたって、現在使っている電力会社への連絡は不要です。

新電力会社に申し込めば、切り換えと同時に以前使っていた電力会社の解約手続きが自動的に行われます。

新電力に切り替わるのは、原則として次回の検針日です。

新電力切り替え時によくある質問

新電力切り換えを検討するときに、よくある質問と答えをまとめました。 

新電力への切り替えには時間がかかるのか?

申し込みから実際に使えるようになるまでの期間の目安は、数日~2ヶ月ほどです。新電力の切り換えは、申し込んでから次の検針日に行われます。

スマートメーターが設置していない場合は交換作業が必要ですが、もしも工事の予定が混み合っているとその分遅れる可能性があります。

これらを考慮すると、申し込みのタイミングによっては切り換えまで長引くこともあるでしょう。

たとえば、ソフトバンクでんきでは申し込みから切り換えまでに10~45日かかるとしています。

マンションやアパートでも新電力に切り替えられるのか?

マンションやアパートでも、戸建てと同じように新電力に切り換え可能です。新電力の乗り換えに、戸建てか集合住宅かの区別はありません。

ただし、集合住宅の場合、その建物全体で特定の電力会社と契約している場合があります。この場合は残念ながら、電力会社を自由に選択できません。

あらかじめ大家さんなどに、新電力に乗り換え可能な物件か確認するとよいでしょう。

生活スタイルに合ったプランを選ぼう

電力会社は数多くありますが、重要なのはプランが自分の生活スタイルに合っているかどうかです。

どんなに低料金の会社でも、たくさん使うのに従量制料金の高いプランに申し込むなど、生活スタイルとプランが合っていないと、かえって料金が高くなります。

自分がいつ、どれだけ電気を使用するのかをあらためて確認し、セット割なども加味して電力会社とプランを決めましょう。

iPhone格安SIM通信アンケート

公開日時 : 2021年10月22日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!

関連キーワード