さすガねっと

テザリングでパソコンをインターネットに接続する方法!繋がらない原因と対処法

テザリングの接続方法は「Wi-Fi」「Bluetooth」「USB」の3通りです。本記事ではテザリングの接続手順と接続方法ごとの特徴、テザリング利用時に注意すべき点とトラブルの対策方法についてご紹介します。
【公式】カシモWiMAX テザリングでパソコンをインターネットに接続する方法!繋がらない原因と対処法

「テザリングの利用方法を知りたい」「テザリング利用時の注意点や接続できないときの対処法が知りたい」

このように悩んでいる人へ、本記事ではテザリングを活用してパソコンをインターネットに繋げる方法についてご紹介します。

本記事では、下記について詳しくご紹介しています。

  • テザリングでパソコンをネットに接続する方法
  • テザリングにおすすめのキャリア
  • テザリング利用時の注意点
  • テザリングができないときの原因と対策

「テザリングを活用して外出先でもパソコンをネットに繋ぎたい」と考えている方は、ぜひこの機会にテザリングの利用方法を取得してみてはいかがでしょうか。

テザリングでパソコンをネットに接続する方法

テザリングの方法は「WiFi接続」「Bluetooth接続」「USB接続」の3つがあります。

無線でインターネットに接続するイメージのあるテザリングですが、USB接続の場合はパソコンとスマホをUSBケーブルで繋いでテザリングを利用します。

それぞれテザリング方法の接続方法や特徴、メリット・デメリットについては、下記をご確認ください。

WiFi接続

WiFi接続は名前の通り、WiFi通信を活用してスマホとパソコンを繋ぐ方法です。

WiFi接続でのテザリング方法は、下記の通りです。

WiFiテザリング方法(iPhone)

  1. 「設定」から「インターネット共有」を開く
  2. 「ほかの人の接続を許可」をONにする
  3. パソコンから接続パスワードを入力する

WiFiテザリング方法(Android)

  1. 「設定」から「ネットワークとインターネット」を開く
  2. 「アクセスポイントとテザリング」から「WiFiアクセスポイント」をタップ
  3. テザリングを「ON」にする
  4. パソコンから接続パスワードを入力する

※「接続パスワード」はスマホのテザリング設定画面に表示されます。

WiFi接続でのテザリングは、iPhone・Androidともに設定アプリから繋げられます。

次に、WiFi接続のメリット・デメリットについてご紹介します。

WiFi接続のメリット・デメリット

  • メリット:WiFi接続に対応しているデバイスが多い
  • デメリット:スマホのバッテリー消費が速い

WiFiはパソコン以外にも様々なデバイスで採用されている通信方法です。WiFi接続でのテザリングなら、多くのデバイスとインターネット通信を共有しやすいです。

一方でWiFi接続でのテザリングはスマホへの負担が大きく、バッテリーを消費しやすい点に注意が必要です。WiFi接続でテザリングする場合は、モバイルバッテリーを準備したり、電源がある場所で行ったりする方がよいです。

Bluetooth接続

WiFi接続とは別の無線通信方法として「Bluetooth」があります。実はスマホのテザリングは、Bluetoothを活用して行うこともできます。

Bluetooth接続でテザリングを行う方法は、下記の通りです。

Bluetoothテザリング方法(iPhone)

  1. 「設定」から「インターネット共有」を開く
  2. 「ほかの人の接続を許可」をONにする
  3. 「WiFiはオフです」と表示されたら「BluetoothとUSBのみ」をタップ(既にBluetooth接続がONになっているときは表示されません)
  4. パソコンから自分のスマホへ接続する
  5. スマホに表示される「PIN番号」をパソコンに入力する
  6. パソコンのBluetooth設定にて「自分のスマホ」を選択し、「右クリック」→「接続方法」→「アクセスポイント」を選択

Bluetoothテザリング方法(Android)

  1. 「設定」から「Bluetooth」をONにする
  2. 「ネットワークとインターネット」から「アクセスポイントとテザリング」をタップする
  3. 「Bluetoothテザリング」をONにする
  4. パソコンのBluetooth設定にて「自分のスマホ」を選択し、「右クリック」→「接続方法」→「アクセスポイント」を選択

WiFi接続よりもやや設定方法が難しいため、よほどの理由がない限りはWiFi接続でのテザリングで問題ないです。Bluetooth接続のメリット・デメリットについても確認してみましょう。

Bluetooth接続のメリット・デメリット

  • メリット:スマホのバッテリー消費が抑えられる
  • デメリット:WiFi接続よりも通信速度が遅く、通信可能範囲が狭い

「スマホのバッテリー消費を抑えたい」というときには、Bluetooth接続でのテザリングを行ってもよいかと思います。

ただし通信速度はWiFi接続より遅く、バッテリー持ちを考えるなら後述のUSB接続の方が優れているため、実際に利用する機会はあまりないでしょう。

USB接続

WiFiやBluetoothとは異なり、有線でもテザリングは活用できます。スマホとパソコンを有線(USBケーブル)でテザリングする方法は、下記の通りです。

USB接続でのテザリング方法(iPhone)

  1. 「設定」から「インターネット共有」を開く
  2. 「ほかの人の接続を許可」をONにする
  3. 「WiFiはオフです」と表示されたら「BluetoothとUSBのみ」をタップ(既に接続がONになっているときは表示されません)
  4. Lightningケーブルをパソコンに接続する

※iPhoneとWindowsパソコンをUSB接続でテザリングする場合、パソコン側にiTunesがダウンロードされている必要があります。

USB接続でのテザリング方法(Android)

  1. 「設定」から「ネットワークとインターネット」→「アクセスポイントとテザリング」をタップする
  2. 「USBテザリング」をタップ
  3. AndrodiスマホとパソコンをUSB接続する

USBケーブルを利用するメリットとデメリットは、下記の通りです。

USB接続のメリット・デメリット

  • メリット:データ通信速度が速く、かつスマホへ充電可能
  • デメリット:USBケーブルが必要

USBケーブルを持ち歩く必要があるものの、WiFiやBluetoothよりも通信速度が速く、スマホへの充電も行えるのは嬉しいポイント。

テザリングを頻繁に利用しているひとやスマホの電池持ちが気になる方は、USBケーブルを活用したテザリングを利用してみてはいかがでしょうか。

テザリングでパソコンを利用するのにおすすめなキャリアと格安SIM

「テザリングを利用したいけど、どの通信キャリアで利用したほうがよいのか知りたい」という方へ向けて、この項目ではテザリング利用におすすめの通信キャリアについてご紹介します。

結論を述べると、ドコモもしくは格安SIMであれば原則無料でテザリングを利用できます。通信費を抑えたい人は格安SIM、通信品質にこだわる人は、ドコモでテザリングを利用しましょう。

auおよびソフトバンクは、一部プランではテザリング利用に月額料金が発生します。また初回利用時には申し込み手続きが必要なので、やや煩わしいのも残念なポイント。ちなみにドコモや格安SIMは、原則手続き不要でテザリングを利用できます。

ただし一部格安SIMや端末やプランによってはテザリングを利用できなかったり、テザリング初回利用時に手続きが必要だったりするので注意しましょう。

キャリア・SIM名 料金 申し込みの有無 通信量
ドコモ 無料 不要 通信プランによって異なる
au 無料(※一部プランでは月額550円(税込)) 必要 通信プランによって異なる
ソフトバンク 有料(※ただし通信プランによっては無料) 必要 通信プランによって異なる
ワイモバイル 無料 不要 通信プランによって異なる
UQモバイル 無料 不要 通信プランによって異なる
楽天モバイル 無料 不要 自社回線の場合は無制限
LINEモバイル 無料 不要 通信プランによって異なる
マイネオ 無料 不要 通信プランによって異なる
IIJmio 無料 不要 通信プランによって異なる
BIGLOBEモバイル 無料 不要 通信プランによって異なる

大手通信キャリアの場合は大容量プランが用意されており、テザリングを利用しやすいです。ただし通信料金はお高めなのが気になるところ。

一方でUQモバイルやワイモバイルといったサブブランドの通信キャリアは、通信速度が速くて月額料金は安いもの。しかし大容量プランに対応していないため、テザリングを利用する場合はやや心もとないです。

また格安SIMの場合、キャリアによっては月額料金が安くて大容量プランを用意しているケースがあります。ただし通信速度が遅くなりやすい点に注意が必要。

様々な選択肢があり迷うところですが、テザリングで通信キャリアを選ぶ際に注目すべきポイントは「月額料金が発生するか」「テザリング利用に手続きが必要か」「自分のスマホがテザリングに対応しているか」の3つです。

キャリアショップで店員さんに確認したり、各社HPに記載されている情報を参考にしたりして、自分の利用用途に合った通信キャリアでテザリングを利用しましょう。

テザリングでパソコンをネットに接続する注意点

「テザリングを利用するときに注意すべき点を知りたい」と考えている方へ向けて、この項目ではテザリング利用時の注意点についてご紹介しています。

テザリングで注意すべきポイントは、下記の通りです。

テザリングの注意点

  • 接続方法や回線によって通信速度が変わる
  • 通信制限を受けるリスクがある
  • スマホのバッテリーを消費しやすい
  • セキュリティ管理を行う必要がある

詳しくは、下記でご紹介します。

テザリングの通信速度

通信回線やテザリングの接続方法によって、通信速度が変わります。

USB接続やWiFi接続は通信速度が速いですが、Bluetooth接続は通信速度が遅めです。また格安SIMを利用していたり、通信速度制限を受けたりすることで回線自体の通信速度が遅くなります。

テザリングの通信速度にこだわるなら、接続方法はWiFiもしくはUSB、通信回線は時間帯による通信速度制限を受けにくい、大手キャリアのドコモがよいでしょう。

通信制限

テザリングとは、スマホの通信回線を利用してインターネット通信を他端末と共有する方法のこと。テザリングで接続したパソコンで通信を行いすぎると、通信容量を使い切ってしまい速度制限を受けるリスクがあります。

対策としては、スマホの大容量通信プランを契約する、動画閲覧など通信容量を消費しやすい動作を行わない、といったことが挙げられます。

どうしても外出先で動画閲覧など大容量通信を行わなければならない人は、モバイルルーターやフリーWiFiの活用を検討しましょう。

バッテリー消費

テザリング利用中は、スマホのバッテリー消費が激しくなります。

スマホでテザリングを行いすぎると、スマホのバッテリーが無くなり、外出先からの帰り道に困ることもあるでしょう。

テザリングを利用する場合は、モバイルバッテリーを用意するなど電源の確保も重要です。また利用していない古いスマホにデータSIMを差し込み、モバイルルーター代わりにするという方法もおすすめです。

セキュリティー対策

特にWiFi接続でテザリングを利用する場合、パスワードの管理には注意しましょう。

パスワードが流出すると、インターネット共有中はだれでもあなたの回線を利用できてしまいます。またテザリング先を指定する際に端末名が自分の本名になっていると、知らない人に自分の名前が知られてしまうリスクもあります。

接続パスワードは、極力外部に教えないよう注意が必要です。また端末の名前も、偽名やニックネームに設定しておくことをおすすめします。

テザリングでパソコンがネットに接続ができない原因と対策

「テザリングを初めて利用したけど、なぜか接続できない」と悩んでいる人へ向けて、この項目ではテザリングを利用できないときの原因と対策をご紹介します。

「初めてテザリングにチャレンジしてみたけど、うまくいかない」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

なお「既に何度かテザリングを利用した経験があるけど、突然テザリングが利用できなくなった」という方は、こちらの記事を参考にしてください。

テザリングオプションに加入しているか確認

通信キャリアによっては、テザリングを利用するのに申し込みを行う必要があります。

auもしくはソフトバンクでテザリングを行う場合、利用開始手続きが必要になるので注意しましょう。手続きはWebもしくは店頭で行えます。

通信プランによっては月額料金が発生することもあるので、あわせて注意が必要です。

パスワードを確認

テザリングを起動しているのにスマホとパソコンが繋がらない場合、パスワードの入力ミスが考えられます。

こちらのチェックリストを参考に、正しくパスワードを入力できているか再度チャレンジしてみましょう。

  • 大文字と小文字で入力できているか
  • 0(ゼロ)とO(アルファベットのオー)を間違えていないか
  • 単純な入力ミスをしていないか

通信制限にかかってないか確認

契約しているスマートフォンの通信量以上のデータ通信を行うと、通信速度制限が発生します。「テザリングを利用しているけど、通信速度が遅く感じる」という人は、通信速度制限がかかっていないか確認しましょう。

通信量や契約中のプランは各キャリアのマイページから確認できます。データ通信を使いすぎて通信制限がかかった人はデータチャージを行い、速度制限を解除しましょう。

また格安SIMの場合、お昼などインターネットへのアクセスの多い時間帯は、テザリングでも通信速度が遅くなります。格安SIMでテザリングを利用している方は注意しましょう。

ほかのWiFi・Bluetooth接続機器をオフにする

「ほかの機器とはテザリングできているのに、なぜかパソコンとだけ繋がらない」という方もいるでしょう。そのようなときは、一度他のデバイスとのテザリングを解除してからパソコンと繋いでみましょう。

テザリングで複数端末とスマホをデータ共有する場合、接続端末が多すぎるとうまくテザリングできないことがあります。

新しいデバイスとスマホをテザリングできない場合は、既存デバイスとのデータ共有をオフにすることをおすすめします。

デバイスを再起動する

スマホやパソコンを再起動することで、改善されることもあります。

特にスマホの場合、電源を完全にオフにする機会は少ないもの。電源を完全にオフにしてから再起動することで、テザリングがうまく繋がったりスマホの動作が軽くなったりすることもあります。

設定できたはずなのになぜかテザリングがうまくいかない場合は、スマホやパソコンの再起動を試してみましょう。

スマホ側のトラブルシューティングを行う

テザリングがうまく起動しない場合、スマホ側の問題が考えられます。

下記リストを参考に、スマホを最新の状態にアップデートしましょう。

スマホのトラブルシューティング方法

  • OSを最新の状態にアップデートする
  • デバイスを再起動させる
  • スマホがテザリングに対応しているか確認する

手動でネットワークを選択する

うまくテザリングが繋がらない場合は、手動でネットワーク設定を行ってみましょう。

通常パソコンは以前接続したことがあるネットワークなら自動で接続するものですが、設定によっては手動でネットワークを選択しなければ繋がらないこともあるようです。

パソコンのWiFi接続(またはBluetooth設定)から自分のスマホを選択し、インターネット共有を試みましょう。

ネットワーク設定を一度削除する

「ネットワークを手動で設定しても、なぜか繋がらない」という場合は、既存のネットワーク設定を一度削除してみましょう。

通常一度インターネットと繋がったことがあるネットワーク設定は、自動でパソコン側に設定が残ります。残った設定を活用して次回以降の接続がスムーズになるのですが、トラブルが発生するとうまくいかないことがあります。

パソコン側に残っているスマホとのネットワーク設定を一度削除し、再びスマホとパソコンをテザリングで繋いでみましょう。

違うタイプのテザリング設定を利用する

どうしてもテザリングがうまく行かない場合、異なるテザリング方法を活用すればうまくいくことがあります。

WiFi接続がうまくできない場合はBluetooth接続で、それもうまく行かないならUSB接続を試してみはいかがでしょうか。

接続方法を変えることで、テザリングがうまくいく可能性があります。

まとめ

本記事ではテザリングを行う方法や、テザリング利用時の注意点、トラブル対処方法についてご紹介しました。簡単に本記事の内容をまとめると、下記の通りです。

本記事のまとめ

  • テザリング方法には「WiFi」「Bluetooth」「USB」がある
  • 通信速度制限やバッテリー消費には注意が必要
  • 端末を再起動するとトラブルが改善しやすい

テザリングを活用すれば、モバイルルーターを持ち運ぶ必要がないため、外出先でパソコンやタブレットをインターネットに簡単に繋げやすいのがメリット。スマホのバッテリー消費問題や通信速度制限に注意する必要があるものの、テザリングは外出先で安全なネットワーク回線を確保するのにおすすめの手段です。

急なメール対応が必要なサラリーマンや外出先のカフェでパソコンを使いたいビジネスマンの方は、この機会にテザリングの使い方を覚えてみてはいかがでしょうか。

公開日時 : 2021年05月20日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!