Androidおすすめ

Androidタブレットでできることを解説と活用法!おすすめタブレット11選

Androidのタブレットは他の機種にはない特徴があります。Androidならではの魅力を知り、用途に合わせたモデルを選ぶことが大切です。Androidのタブレットの特徴を知り、自分に合ったモデルを上手に使いこなしましょう。
新型ihone12噂 Androidタブレットでできることを解説と活用法!おすすめタブレット11選

タブレットには複数の機種があり、Androidでも発売されています。

Androidのタブレットを使ってできることは多く、幅広いシーンで活躍します。

しかし、一口にAndroidのタブレットといっても種類は多く、どれを購入すべきか悩む人も多いでしょう。タブレットはモデルごとに特徴が違い、使い勝手も異なります。

どれを選ぶべきかは人によって異なりますので、モデルごとの特徴を把握して、自分に合ったAndroidのタブレットを見つけましょう。

目次

Androidタブレットの魅力

タブレットはAndroidに限らず、iPadやKindle fireといった別の選択肢もあります。

タブレット端末という位置づけは同じでも、搭載されているOSが違い、できることも異なります。

タブレットを購入する際にはどのOSを選ぶかも重要で、自分に合ったものを選択しなければなりません。

タブレットごとに特徴は違いますので、Androidならではの特徴を知り、どんな魅力があるのか知りましょう。

素早い起動で使いたい時に瞬時に対応

Androidのタブレットは素早く操作できることに強みがあり、瞬時に起動して使用できます。

反応スピードが非常に高いため、写真や動画の撮影にも瞬時に対応でき、必要な瞬間を逃さず使えるのが魅力です。

AndroidはGoogleアカウントとの連携が可能で、ログインしておけば写真やドキュメント、Gmailといった機能の切り替えも瞬時に行えます。

素早い切り替えで作業効率は上がりますので、プライベートだけではなく、ビジネスでの利用もおすすめです。

OK Googleと話しかけて音声操作出来る

Androidは音声操作が可能で、「OK Google」と話しかければ、ハンズフリーで操作できます。

検索やテキストの送信はもちろん、本体の通知設定まで行うことができ、利便性は非常に高いでしょう。

手が離せないときにも素早く作業で、直感的に操作できるため、使い勝手にも優れています。

音声認識の精度も高く、誤作動を起こしにくいのも魅力の1つです。素早い操作だけではなく、自由度が高く扱えるのもAndroidならではの特徴です。

便利なアプリを簡単に使うことができる

AndroidはGooglePlayからアプリをダウンロードするので、使用できるアプリが豊富です。

GooglePlayには便利なアプリがたくさんありますが、よく使われやすいものは、初期設定時からデバイスに搭載されています。

購入した時点からアプリの使い勝手がよく、すぐに幅広いシーンに対応できるのもAndroidならではの魅力です。

GooglePlayを利用すればさらに便利なアプリをダウンロードすることも可能であり、導入するアプリ次第でさらに利便性は高まります。

カスタマイズがしやすく、自分好みの1台に仕上げられるのもAndroidの特徴でしょう。

お手頃価格で種類が豊富

タブレットは高価なものが多く、本体価格の高さがネックになることも多いです。

Androidはその他のタブレットより比較的安く、リーズナブルに購入できるのが大きな魅力です。

価格が安いだけではなく、種類も豊富であり、幅広い選択肢から選べるのも魅力でしょう。

タブレットはiPadが主流で知名度も高いですが、iPadと比べても価格を抑えたものが数多く揃っており、コスト面で考えればAndroidはおすすめ度が高いです。

周辺機器の充実で便利に使いこなせる

Androidのタブレットはそのままでも十分使い勝手はよいですが、周辺機器を取り付ければ利便性は格段にアップします。

他のタブレットと比べても周辺機器は充実しており、自分に合ったカスタマイズができるのも特徴です。

代表的なもので言えばBluetoothのキーボードやmicroUSBがあり、これを使えばタブレット内で作成したデータを直接USBに保存が可能です。

アプリを併用すれば文書や表計算ソフトも使うことができるため、パソコン並みの環境でタブレットを使用できます。

Androidタブレットのおすすめの活用法

Androidのタブレットは幅広いシーンで活用できますが、購入するならどんなシーンで使うか考えておくことが大切です。

人によってタブレットの使用環境は違いますので、自分が求めることが実現できるかは、必ず確認しておかなければなりません。

Androidのタブレットのおすすめの活用法をご紹介しますので、自分が求める用途は該当するか確認して購入時の参考にしましょう。

電子書籍アプリで読書を楽しむ

Androidのタブレットは画面が大きいモデルもあるため、電子書籍を読むのに最適です。

電子書籍であれば紙媒体のように場所を取りませんので、蔵書を増やしても管理に困ることはありません。

また、書籍のデータはそれほど大きくありませんので、容量の大きいものを購入しておけば容量不足に悩まされることもないでしょう。

電子書籍を利用する方法は大きく2種類あります。

GooglePlayブックスアプリを無料ダウンロード

GooglePlayのブックスアプリは無料でダウンロードでき、電子書籍を利用できます。

ブックスアプリはGoogleのウェブ検索と連携しており、本を探してそのまま読めるのが特徴です。

アプリ自体は無料で使えるため、使用開始のコストはかからず、Google検索で紐づけて本を探せるため、より直感的な操作で読みたい本を見つけられるでしょう。

Google Play ブックス
無料
(2018.09.25時点)
posted with ポチレバ

Kindle無料アプリをダウンロード

AndroidではKindleアプリをダウンロードして、電子書籍を読むことも可能です。

Kindle本の専用リーダーアプリも無料でダウンロードでき、扱っている本の種類も豊富です。

加えてハイライトやメモの機能も使えますので、単に読書を楽しむだけではなく、勉強用に使用するのもおすすめでしょう。

Kindle
無料
(2018.09.25時点)
posted with ポチレバ

音楽を聴いて楽しむ

Androidのタブレットはオーディオ性能も優れており、音楽を楽しみたい人にもおすすめです。

携帯型のポータブルプレイヤーを使って音楽を楽しむ人は多いですが、タブレットならではの魅力や使い勝手のよさもあります。

音楽を聴く方法は大きく3つに分けられます。

MP3などの音楽ファイルを取込んで再生する

Androidのタブレットでは、MP3を始めとして、複数の形式の音楽ファイルに対応しています。

対応する形式の音楽ファイルを取り込めばタブレット上で再生が可能で、高音質で音楽を再現できます。

パソコンやCDに保存している音楽ファイルは、タブレットに転送すれば再生が可能です。

オーディオ機器としての楽しみ方もありますので、自宅で据え置きで使用するのもよいでしょう。

音楽配信サービスを利用する

音楽ファイルが手元にない場合でも、音楽配信サービスを使ってタブレット本体で音楽を購入すれば、再生が可能です。

タブレットでネットやアプリを通じて購入すれば、データを移し替える必要がないため、よりスムーズに音楽を楽しめます。

音楽配信サービスも充実していますので、上手に使えばお得に音楽を楽しめるでしょう。

SDカードに入れた音楽をタブレットに取込む

Androidのタブレットは、本体に直接音楽ファイルを取り込まなくても、SDカードに入れた音楽を再生することも可能です。

SDカード上に音楽ファイルを保存しておけば、タブレット本体の容量を気にすることなく、音楽を再生できます。

プレイリストを変更したい場合は、SDカード内のデータを入れ替えればよいため、音楽ファイルが大量にある場合でも、入れ替えながら音楽を楽しめるでしょう。

映像を観て楽しむ

タブレットは大画面であるため、映像を観て楽しむのもおすすめです。

Androidで無料コンテンツのYoutubeをはじめとして、有料動画配信サイトも利用できます。

また、タブレットで撮った動画や別のスマホで撮影した動画をタブレットに取り込めば、大画面で撮影した動画を楽しめます。

スマホのデータをテレビに映すのは面倒ですが、タブレットであればデータを取り込むだけで簡単に再生できますので、大勢で動画を共有したい際にもおすすめです。

YouTube
無料
(2018.09.25時点)
posted with ポチレバ

カーナビにしてドライブを快適に

タブレットはアプリを使用すればマップとして使用できるため、カーナビ代わりに使うのもおすすめです。

スマホをカーナビ代わりに使うこともできますが、画面が小さいため、道案内に困ることも多いでしょう。

タブレットなら大画面で案内が表示されるため、カーナビよりも見やすく、快適にドライブを楽しめます。

Yahoo!カーナビを無料ダウンロード

Androidではカーナビのアプリも充実しており、これを使えばさらに便利に使用できます。

おすすめはYahoo!カーナビであり、無料で使えるのが特徴です。

また、性能も高く、最新のVICSからのデータを使用しており、文字も大きくて見やすい優れたアプリでしょう。

Yahoo!カーナビ
無料
(2018.09.25時点)
posted with ポチレバ

シンプルにGoogleマップを使う

AndroidのタブレットにはGoogleマップが搭載されていますので、これを利用するのもおすすめです。

Googleマップは現在地と目的地のルートを表示するだけではなく、音声ガイドがついているのが大きな特徴です。

実際のカーナビと同様の機能で利用でき、さらに渋滞情報をリアルタイムで表示できるため、カーナビ以上の活躍も期待できます。

サブディスプレイ化して仕事の効率アップ

タブレットは大画面ですのでメインで使用する人が多いでしょうが、実はサブディスプレイとしての使用にも向いています。

TwomonUSBアプリをパソコンにダウンロードし、USB接続すればタブレットがサブディスプレイになり、仕事の効率はアップします。

また、有線での接続が邪魔になるなら、ワイヤレスで使えるTwomonAirがおすすめです。

サブディスプレイがあることで、パソコンの画面領域を広げることができ、より複雑な処理やマルチタスクも進めやすくなるでしょう。

監視カメラにして暮らしに安心を

Androidのタブレットは、監視カメラとしても使えます。

監視カメラといっても、防犯用だけが目的ではなく、自宅の状況を遠隔で確認するために使用する人は多いです。

Androidを自宅に設置していれば、遠く離れた場所でも自宅の様子を確認できるため、より安心した暮らしを実現できるでしょう。

外出先から監視映像を確認するには

AndroidにはAtHome Cameraというアプリがあり、これを使えば自宅の様子を記録できます。

外出先から映像を確認するには、AtHome Video Streamerを使用します。

配信と閲覧両方のアプリを使用すれば、遠隔操作でカメラ映像を確認できますので、ペットの様子を外出先から確認したい人におすすめです。

家の中の別の部屋の監視映像を確認するには

監視カメラアプリは、外出先からだけではなく、自宅にいる際の使用もおすすめです。

Home Streamer Liteを使えば、自宅の別の部屋の監視映像を確認できます。

赤ちゃんや小さな子供がいるときは、片時も目を離せませんので、別の部屋で作業をする際におすすめのアプリです。

Home Streamer Liteは簡単に接続でき、高画質の映像が見られますが、カメラ側と監視側が同じWiFiで繋がっていなければなりません。

あくまで近距離用ですので、外出先からの確認には、上記のアプリを使用しましょう。

Androidタブレットをお得に使うには

Androidは他のタブレットに比べて安価で購入できますが、それでも本体価格は数万円程度はします。

また、購入するモデルによっては月額の通信費もかかるため、コストが高くなる可能性もあります。

同じタブレットを購入するなら、少しでもお得に使えるに越したことはありませんので、購入するモデルや方法を工夫することが大切です。

Androidのタブレットの購入にはポイントがありますので、それを守ってお得に使いましょう。

WiFi回線を使ったタブレット通信

タブレットはWiFiモデルとセルラーモデルの2つに分けられ、購入価格が安いのはWiFiモデルです。

WiFiモデルは、WiFi回線を使ってタブレット通信を行いますので、本体代金を支払えば後はお金がかかりません。

使用を目的とする場所ですでにWiFi環境が整っており、そこでしか使わないならコストの安いWiFiモデルがおすすめです。

もし、自宅でのWiFi環境も合わせて用意したい場合は『先着300名様にタブレットを無料プレゼント』というキャンペーンを実施しているカシモWiMAXを利用するのはいかがでしょうか?

カシモWiMAXを契約すると無料でタブレットがもらえるお得なキャンペーンです。

「特定のタブレットが欲しいわけではないけどタブレットが必要!」という方にはピッタリなキャンペーンなのではないでしょうか。

タブレットはWiFiモデルが安いといえど、ある程度の金額はするので、使い始めの期間のインターネット回線が最初から安い、もしくはかからないというのはとても助かりますよね。

スマートフォンのデザリング機能を利用する

タブレットをそれほど頻繁に使用しないなら、WiFi環境がなくてもスマホのテザリング機能を使えば使用できます。

テザリングはスマホから電波を発する機能であり、バッテリー消耗が激しく、通信がやや不安定というデメリットはありますが、頻繁に使用しないなら問題ないでしょう。

テザリング機能で限定して使うなら、本体価格の安いWiFiモデルで十分であるため、コストを抑えてお得に使えます。

SIMフリータブレットを購入する

自宅にWiFi環境がない、あるいは外出先でも電波環境を気にせず使いたいなら、セルラーモデルを選びましょう。

セルラーモデルはモバイル回線を利用して通信するため本体価格が高く、月額の通信費も必要ですが、SIMフリータブレットを選べばお得に使えます。

SIMフリーなら格安SIMを挿入して使えますので、大手キャリアよりも通信費は安く、かつモバイル通信も可能です。

通信速度にやや違いはあるもののほとんど気にならない程度ですので、セルラーモデルなら格安SIMがおすすめです。

高性能でおすすめAndroidタブレット

Androidのタブレットは他の機種にはない特徴があり、種類が豊富なのも魅力の1つです。

幅広い選択肢から自分に合ったものが選べるのが強みですが、反面選択肢が多すぎるため、どれがよいのか悩んでしまう人も多いことでしょう。

タブレットを選ぶ際には、何を重要視するのか明確にすることが大切です。

ここでは高性能なCPUを搭載し、10インチの大画面で高画質なタブレットをピックアップしてみました。

Sony Xperia Z4 Tablet LTE

Sony Xperia Z4 Tablet LTEは、オクタコアのCPUを搭載した高性能モデルです。

世界最薄、最軽量の超スリムモデルで、持ち運びも非常に便利です。

スリムモデルでありながら高い防水防塵性能を誇り、安全性が高いのも魅力と言えるでしょう。

高品質の音響性能と大画面での高精細ディスプレイを搭載しており、圧倒的な高性能で幅広いシーンで活躍します。

HUAWEI MediaPad M5 Pro

HUAWEI MediaPad M5 Proは、オクタコアのCPUを搭載し、高い音楽性能と優れた映像美が特徴です。

HUAWEI史上最高とも呼ばれる音質が特徴で、タブレットながらダイナミックに音楽を楽しめます。

また、約10.8インチの大画面にも関わらず映像は細部まで美しく、額縁が狭いため画面いっぱいに画像・映像を映し出せます。

タッチペンを使用した直感的な操作も可能で、誰もが使いやすいのも魅力です。

お求めやすいおすすめAndroidタブレット

タブレット購入の際には購入価格も気になるポイントで、少しでも安く買いたいと考える人は多いでしょう。

タブレットをお得に使うポイントはありますが、さらに費用を抑えるなら、本体価格自体が安いものを選ぶ必要があります。

Androidのタブレットは価格が安いのも特徴で、低価格帯でも種類は豊富です。

予算3万円台以下で購入でき、かつ画面サイズが8~10インチ程度の使いやすいモデルをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Lenovo タブレット YOGA Tab 3 10 Android 5.1/10.1型ワイド

Lenovo タブレット YOGA Tab 3 10 Android 5.1/10.1型ワイドは、AnyPenテクノロジーが搭載されています。

専用のタッチペンだけではなく、鉛筆や金属製のボールペンも使用可能で、ぱっと何かを書きたいときにメモ帳代わりに使えます。

また、スタンドが内蔵されているため自立が可能で、動画の視聴にもおすすめです。

ディスプレイも約10.1インチとワイドサイズであり、大人数で動画の共有もできるでしょう。

ASUS 10.1インチ ZenPad 10 WiFiモデル Z301M-GY16

ASUS 10.1インチ ZenPad 10 WiFiモデル Z301M-GY16はマルチウィンドウ機能付きで、マルチタスクにも便利なモデルです。

画面や約10インチと大きく映像や音響も優れているため、音楽や動画の再生にも向いています。

便利な日本語入力システムの「ATOK」が導入されており、長文も作成しやすいです。

WiFiモデルのため使用環境には注意が必要ですが、家庭用だけではなく、ビジネス利用もできる1台でしょう。

Teclast P80H Android タブレット 8インチ

Teclast P80H Android タブレット 8インチは、10,000円以下の低価格で購入できるのが大きな特徴です。

本体価格は非常に安いですが、MTK8163 64bitクアッドコアの採用により並行作業に強く、CPU制度も高いです。

また、ディスプレイの解像度も高く、角度を変えてみても色の変化がほどんどありません。

周辺機器との互換性も高く、その他の機器でカスタマイズすれば、さらに利便性は高まるでしょう。

できることが非常に多くシーンを問わずに活用できるため、コスパは非常に高いです。

SIMフリー対応おすすめAndroidタブレット

外出先での使用やWiFi環境なしでも使用したいなら、セルラーモデルであるSIMフリー対応のタブレットを選びましょう。

SIMフリーならモバイル回線を使用するため、WiFiが繋がっていなくても使用できます。

設定を切り替えれば海外でもそのまま使えるため、利便性はさらに高いです。

SIMフリーは外出先での使用が多いことから、バッテリーが8時間以上持ちものがおすすめです。さらに高画質、高音質と基本性能が高いものもご紹介します。

ASUS ZenPad7 TABLET

ASUS ZenPad7 TABLETは、コンパクトで持ち運びがしやすいのがおすすめです。

軽量モデルでもあるため、長時間での使用でも疲れることはありません。鞄に忍ばせやすいサイズですので、ビジネスでの利用にもおすすめです。

また、ブルーライトの調整機能もついており、目の疲れを軽減して使用できます。

読書や動画の長時間利用でも疲れづらく、バッテリー性能も高いため、充電を気にせず連続使用が可能です。

ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4/A

ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL-BK32S4/Aは、最大11時間使用可能な大容量バッテリーが特徴です。

長時間連続使用が可能なため、外出先でもバッテリーの残量を心配する必要がありません。

また、解像度2Kの高画質なディスプレイも特徴で、動画や画像を楽しみたい人にもおすすめです。

加えて音質も優れており、小型のタブレットながら大迫力の臨場感を楽しめます。メモリ容量も4GBと大きく、複数の用途で使用も可能です。

Huawei 10.1インチ MediaPad M3 Lite 10 SIMフリータブレット

Huawei 10.1インチ MediaPad M3 Lite 10 SIMフリータブレットは、最大約12時間の使用が可能なバッテリー性能に優れたモデルです。

額縁いっぱいまで広がるディスプレイは約10.1インチの大画面であり、大迫力で動画や画像を楽しめます。

ディスプレイの解像度は高く、サラウンドで包み込むような豊かな音質も特徴です。

指紋認証センサーや視力保護機能の付加価値も高く、利用価値の高いモデルでしょう。

目的別おすすめAndroidタブレット

タブレットの使用用途は人によって違いますので、自身の目的に合ったものを選ぶことが大切です。

プライベート用、ビジネス用と用途を大きく決めて選ぶのもよいですが、さらに細かい条件を付けて探すのもおすすめです。

条件を限定すれば、より自分に適したモデルが見つかります。何に使うか目的をピンポイントに定めて、本当に使い勝手のよいものを選びましょう。

持ち歩き用にHuawei MediaPad T2 7.0 Pro

Huawei MediaPad T2 7.0 Proは、コンパクトでスリムなデザインが特徴の、持ち歩き用に便利なモデルです。

画面は7インチとやや小ぶりで鞄にも入れやすく、長距離の移動でも邪魔になりません。

また、コンパクトなモデルながらオクタコア搭載で性能は高く、活躍するシーンも幅広いです。

ただコンパクトで持ち歩きやすいだけではなくタブレットの機能も十分に活かせますので、プライベートからビジネスまで活用できます。

ゲーム用にHuawei 8.4インチ MediaPad M5 8 SIMフリータブレット

Huawei 8.4インチ MediaPad M5 8 SIMフリータブレットはオクタコア搭載の高性能モデルで、処理のゲームも快適にプレイできます。

ゲームアプリは高解像でデータ容量が大きいものも多く、快適に動かすにはかなりのパワーが必要です。

高性能のCPUに加えて、画像処理をつかさどるGPU 性能も強化されているため、大容量のゲームでもパフォーマンスを落とすことなく楽しめます。

バッテリーも大容量で急速充電も可能なため、バッテリー消費を気にせず長時間のプレイも可能です。

防水仕様のHuawei 10.1インチ MediaPad M3 Lite 10 wp

Huawei 10.1インチ MediaPad M3 Lite 10 wpは防水防塵機能が高く、お風呂やアウトドアでの使用におすすめです。

WiFiモデルのためネットの利用にはWiFi環境が必要ですが、タブレット内のデータの再生ならオフラインでも使えます。

また、動画や写真の撮影は電波環境に関係なく行えますので、アウトドアでの思い出の記録にもおすすめでしょう。

バッテリー性能が高く長時間の連続使用もできるため、幅広いシーンで活躍します。

Androidタブレットを賢く活用しよう

Androidのタブレットは他の機種にはない魅力があり、利用価値は非常に高いです。

種類が豊富なためどれを選べばよいか悩みやすいですが、目的を明確にして選べば、自分に合ったモデルは見つかります。

購入時には何に使うか、どれくらいの機能が必要かを考えることが大切です。

スペック不足はもちろん、オーバースペックにもならないことがお得に購入する秘訣です。

選択肢は幅広くありますので、じっくり選んで最適なAndroidのタブレットを見つけましょう。

【公式】カシモWiMAX

公開日時 : 2018年09月25日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!