ソフトバンク光

光回線が工事不要になる4つのケース!確認する方法とおすすめの光回線

光回線が工事不要になるケース4つと、工事が必要なケース3つを解説します。自宅が回線工事が必要なのか確認する方法や、工事不要の光回線も3つ紹介します。光回線の工事不要な場合、どのようにインターネットに接続するのかも見ていきましょう。
【公式】カシモWiMAX 光回線が工事不要になる4つのケース!確認する方法とおすすめの光回線

光回線の申し込みをするときに、回線工事費用がかかるかどうかが判断材料になる人も多いでしょう。

本記事では、「光回線が工事不要になる4つのケース」について解説します。

また「光回線の工事が必要かどうかを確認する方法」や、「転用時に工事不要で利用できるおすすめの光回線」についても解説するので、ぜひチェックしてみてください。

光回線が工事不要になる4つのケース

光回線が工事不要になる4つのケースを詳しく見ていきましょう。

  • 転用|フレッツ光から光コラボへ
  • 事業者変更|光コラボから光コラボへ
  • 光コンセントが自宅に設置されている
  • 光回線を再契約する場合

1.転用|フレッツ光から光コラボへ

フレッツ光から光コラボへ乗り換える「転用」のときは、光回線が工事不要で利用できます。

光コラボとは、NTTのフレッツ光回線を独自のサービスとして提供しているプロバイダーなど事業者のことです。

たとえば、ドコモ光やソフトバンク光などが光コラボにあたります。

NTTのフレッツ光から光コラボに転用する場合、既存の光回線をそのまま利用するので工事不要なのです。

しかし、NTTから「転用承認番号」を取得して、転用先の光コラボで手続きする必要があるので注意しましょう。転用承認番号の有効期限は発行日を含む15日間です。

転用承認番号は、NTTのフレッツ光ホームページまたは電話で取得できます。

転用承認番号の問い合わせ NTT東日本 NTT西日本
ホームページ NTT東日本フレッツ光
受付時間:8:30~22:00
土日・祝日も受付(年末年始除く)
NTT西日本フレッツ光
受付時間:8:30~22:00
土日・祝日も受付(年末年始除く)
電話 0120-140-202
受付時間:9:00~19:00
土日・祝日も受付(年末年始除く)
0120-553-104
受付時間:9:00~19:00
土日・祝日も受付(年末年始除く)
必要情報 ・お客さまID、ひかり電話番号もしくは契約者の連絡先電話番号
・契約者名
・フレッツ光利用場所住所
・フレッツ光利用料金の支払い方法

2.事業者変更|光コラボから光コラボへ

光コラボから光コラボへ乗り換える事業者変更のときは、光回線が工事不要で利用できます。

たとえば、ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換えることが事業者変更です。

光コラボはNTTのフレッツ光の回線を使用しているので、工事不要で光回線が利用できます。別の光コラボへ事業者変更する場合も、既存の光回線がそのまま利用できるので工事不要なのです。

しかし、契約中の光コラボ事業者から「事業者変更承諾番号」を取得して、事業者変更先の光コラボで手続きする必要があるので注意しましょう。事業者変更承諾番号の有効期限は発行日を含む15日間です。

いくつかの光コラボ事業者の問い合わせ先をまとめているので、事業者変更承諾番号の取得や乗り換え手続きに役立ててください。

光コラボ事業者 問い合わせ先
ドコモ光 ドコモの携帯専用無料窓口:151
0120-800-000
受付時間:9:00〜20:00
ソフトバンク光 0800-111-2009
受付時間:10:00〜19:00
ビッグローブ光 0120-04-0962
受付時間:9:00〜20:00(年中無休)

3.光コンセントが自宅に設置されている

光コンセントが自宅に設置されているときは、光回線が工事不要で利用できます。

光コンセントとは、宅内に引き込んだ光ファイバーケーブルとONU・ホームゲートウェイなどの通信機器を接続するための差し込み口です。

光コンセントは電気や電話回線などのコンセントに埋め込まれている一体型と、エアコンダクトなどから配線が引き込まれる分離型のタイプがあります。

自宅が建てられる際にあらかじめ回線工事が実施されていたり、前の入居者が光回線を利用していたりする場合、光コンセントが自宅に設置されていることが多いです。

光コンセントが自宅に設置されている場合でも新たに回線工事が必要になるケースもあるので、詳しくは光回線事業者に確認してもらいましょう。

4.光回線を再契約する場合

以前に光回線を解約した、または前の入居者が光回線の契約をしていた部屋に新しく入居した場合、宅内に光回線の配線がそのまま残っているケースが多いです。

その場合は、光回線を再契約するときに工事不要で利用できる可能性があります。

すでに宅内に配線の引き込みがされていたとしても、光コンセントが撤去されていて利用できないこともあるので、詳しくは光回線事業者に確認をしてもらいましょう。

光回線の工事が必要な3つのケース

光回線の工事が必要な3つのケースを見ていきましょう。

  • 新築戸建てで初めて光回線を引く
  • これまで契約したことがない光回線を引く
  • マンションの共用部のみ光回線を契約している

1.新築戸建てで初めて光回線を引く

一般的には新築戸建てが完成してから、光回線を宅内に引き込み光コンセントを設置することが多いです。

たまに、新築戸建てが完成してすぐに光回線が利用できるように、工事中に回線工事を計画する施主もいます。

2.これまで契約したことがない光回線を引く

フレッツ光や光コラボ以外のダークファイバーを利用している「auひかり」や「NURO光」などを契約する場合、別途回線工事が必要です。

auひかりからNURO光のような、独自回線を利用している光回線同士の乗り換えの場合も工事が必要になります。

3.マンションの共用部のみ光回線を契約している

集合住宅では光回線を共用部まで引き込んで、入居者が光回線を利用できる状態にしておく「共同利用方式」である場合が多いです。

そのため、入居者が光回線を利用するときは、共用部から各戸内への配線工事が必要となります。

独自回線の光回線を利用したい場合、まず管理会社へ共用部までの引き込み工事をしてもらえるかどうかの許可を得る必要があるので注意しましょう。

光回線が工事不要であるか確認する方法

光回線が工事不要であるかどうか確認する方法を2つ見ていきましょう。

1.乗り換え先のプロバイダーに問い合わせる

光回線が工事不要で利用できるかどうか、乗り換え先の事業者(プロバイダー)に確認しましょう。

光回線の事業者へ問い合わせすると、工事不要であるかの確認や現地調査の手配をしてもらえます。

工事不要であれば、転用や事業者変更などの手続きをした後に光回線が利用できるでしょう。

2.管理会社に工事が必要であるか確認する

マンションやアパートなど集合住宅の場合、管理会社に回線工事が必要であるか確認しましょう。

管理会社は該当の集合住宅に、どの種類の回線が共用部まで引き込まれているかを把握しています。

希望している光回線が共用部まで引き込まれている場合でも、各戸内への配線工事と光コンセントの設置工事があるかどうか確認が必要です。

これらを確認して工事不要であれば、事業者と手続きした後に光回線が利用できるようになります。

集合住宅の共用部に希望する光回線の引き込みがない、または共用部から各戸内への引き込みがない場合は、管理会社を通して大家(オーナー)から工事許可を得る必要があるので注意しましょう。

【転用時の工事不要】おすすめの光コラボ回線3選

転用時に工事不要なおすすめの光コラボ回線について紹介します。

内容 ドコモ光 ソフトバンク光 ビッグローブ光
月額料金(税込) 4,400円 4,180円 4,378円
平均速度 ・下り:272.54Gbps
・上り:216.2Gbps
・下り:324.52Gbps
・上り:218.63Gbps
・下り:284.4Mbps
・上り:204.95Mbps
スマホセット割 ・ドコモ ・ソフトバンク
・ワイモバイル
・au
・BIGLOBEmobile
・donedone
・UQmobile
速度参考:みんなのネット回線速度

※こちらで紹介した数値は、あくまで一個人またはユーザーから寄せられた実測値をもとに平均値を出したものです。通信速度は、お住いの地域や環境、または接続環境によって変動しますのであくまで参考値としてお受け取りください。

※本記事で紹介したキャンペーン(またはキャッシュバック)の内容は予告なく変更される可能性があるため、必ず公式ページで確認するようにしてください。

1.ドコモ光

出典:ドコモ光 代理店 株式会社ネットナビ

ドコモ光の特徴

  • 最大20,000円キャッシュバック
  • 光回線開通までモバイルルーターレンタル
  • 無線LAN付IPv6対応ルータ月額料金0円
(税込) ドコモ光
マンション月額料金 4,400円
(2年プランタイプA)
一戸建て月額料金 5,720円
(2年プランタイプA)
契約期間 2年/契約期間なし
初期費用 3,300円
解約費用 ・マンション:8,800円
・一戸建て:14,300円
工事費用 ・マンション:16,500円
・一戸建て:19,800円
スマホセット割 ・ドコモ
最大速度 下り:1Gbps
平均速度 ・下り:272.54Gbps
・上り:216.2Gbps
キャンペーン ①最大20,000円キャッシュバック
②光回線開通までモバイルルーターレンタル無料
③回線工事費用無料+dポイント2,000ptプレゼント
④無線LAN付IPv6対応ルータ月額料金0円
(BIGLOBE、@nifty、plalaを選んだ場合)
⑤セキュリティ・訪問サポートサービス無料

※こちらで紹介した最大速度数値は、あくまで理論値です。お住いの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

ドコモ光に転用すると、最大20,000円がキャッシュバックされます。

また回線工事で光回線が利用できない期間も、モバイルルーターが無料でレンタルできるので安心です。

さらに回線工事費用無料+dポイント2,000ptプレゼントや、プロバイダーによっては無線LAN付IPv6対応ルータが月額0円で利用できます。

お得なキャンペーンとセキュリティや訪問サービスで安心できるドコモ光を検討してみてください。

【ドコモ光公式】詳細はこちら

2.ソフトバンク光

ソフトバンク光の特徴

  • 乗り換え費用最大100,000円還元
  • 光回線開通までモバイルルーターレンタル
  • 最大63,400円還元でさらにお得
(税込) ソフトバンク光
マンション月額料金 4,180円(2年プラン)
一戸建て月額料金 5,720円(2年プラン)
契約期間 2年/5年
初期費用 3,300円
解約費用 ・2年プラン:10,450円
・5年プラン:16,500円
工事費用 26,400円
スマホセット割 ・ソフトバンク
・ワイモバイル
最大速度 下り:1Gbps
平均速度 ・下り:324.52Gbps
・上り:218.63Gbps
キャンペーン ①選べるキャンペーン
特典A:37,000円キャッシュバック
(転用・事業者変更は16,000円)
+回線工事費用実質0円
特典B:Nintendo Switchプレゼント

②開通前レンタルWiFi無料
③他社乗り換えで工事費24,000円キャッシュバック
④乗り換え費用最大100,000円還元
⑤オプションサービス初月無料

※こちらで紹介した最大速度数値は、あくまで理論値です。お住いの地域や接続環境によって変動しますのでご注意ください。

ソフトバンク光に転用すると、他社の光回線からの違約金やルーター返却費用など乗り換え費用が最大10万円まで還元してもらえます。

光回線事業者で違約金の料金に違いはありますが、10万円もあれば満額還元されるでしょう。

また、光回線が開通するまでの期間にAirターミナルまたはPocket WiFiが無料でレンタルできるので安心です。

最大63,400円還元のキャンペーンも受けられるソフトバンク光をぜひご検討ください。

【ソフトバンク光】詳細はこちら

3.ビッグローブ光

ビッグローブ光

ビッグローブ光の特徴

  • 最大68,000円分の特典でお得にはじめられる
  • 無線LAN付IPv6対応ルータ6か月0円
  • スマホセット割の対象が豊富
(税込) ビッグローブ光
マンション月額料金 4,378円(3年プラン)
一戸建て月額料金 5,478円(3年プラン)
契約期間 2年/3年
初期費用 3,300円
解約費用 ・2年プラン:9,500円b ・3年プラン:11,900円
工事費用 ・マンション:16,500円
・一戸建て:19,800円
スマホセット割 ・au
・BIGLOBEmobile
・donedone
・UQmobile
最大速度 下り:1Gbps
平均速度 ・下り:284.4Mbps
・上り:204.95Mbps
キャンペーン ①選べるキャンペーン
・特典1:キャッシュバック
一戸建て:60,000円
マンション:57,000円
・特典2:工事費割引+キャッシュバック
一戸建て:工事費19,800円分割引+30,000円キャッシュバック
マンション:工事費16,500円分割引+30,000円キャッシュバック

②キャッシュバック増額キャンペーン
ビッグローブ光電話加入:4,000円
ビッグローブ光テレビ加入:4,000円
③無線LAN付ルータ無料キャンペーン
無線LAN付IPv6対応ルータ月額料金6か月0円

ビッグローブ光に転用すると、最大68,000円のキャッシュバックが受けられるのでお得に乗り換えられます。

また、無線LAN付IPv6対応ルータレンタル料金が、6か月0円のキャンペーンもあるのでお得です。

ビッグローブ光を契約してスマホセット割の対象になる種類が豊富なのも魅力でしょう。

ぜひお得に乗り換えられるキャンペーンが実施されているうちに、ビッグローブ光を検討ください。

【ビッグローブ光】詳細はこちら

光回線の工事不要!インターネットを接続する方法

光回線以外でのインターネット接続方法を3つ紹介します。

  • モバイルルーターを活用する
  • ホームルーターを活用する
  • CATVを活用する

「光回線が利用できない人」や「回線工事中で開通するまでにインターネットを利用したい人」などは、ぜひ参考にしてみてください。

1.モバイルルーターを活用する

モバイルルーター(モバイルWiFiルーター)とは、インターネット接続するための通信端末です。

モバイルデータ通信なので、光回線に比べると通信速度や接続が不安定になることがあります。

しかし、手軽に持ち運びできることや、スマートフォンでテザリングするよりも通信料を抑えられるのがモバイルルーターのおすすめポイントです。

2.ホームルーターを活用する

ホームルーターとは、自宅のコンセントにさすだけでインターネットを利用できる通信端末です。

モバイルデータ通信なので光回線に比べると通信速度は劣りますが、モバイルルーターに比べて接続が安定しています。

ホームルーターは、モバイルルーターのようにバッテリーが内蔵されていないので持ち運びできません。

一方で、ホームルーターはモバイルルーターよりも接続が安定しているので、同時接続台数が多く広い間取りの自宅でも利用できます。

3.CATVを活用する

CATV(ケーブルテレビ)のインターネット回線は、テレビ線を使用する有線接続です。

有線の回線は光回線に比べると通信速度は劣りますが、安定したインターネット接続が可能で大量のデータ通信にも向いています。

また、CATVのセットで割引や特典があるので、その分光回線の料金よりもお得に感じる人もいるでしょう。

工事不要の光回線 まとめ

光回線が工事不要になるケースや、工事が必要なケースについて解説しました。

転用や事業者変更、光コンセントが自宅に設置されている場合は、工事不要で光回線が利用可能です。

一方で、新築戸建てや契約したことがない光回線を引く場合は工事が必要になります。

自分では工事不要であるかの判断ができないので、乗り換え先の事業者や管理会社に確認をするようにしましょう。

また、紹介したおすすめの光コラボ回線や光回線以外でインターネットを接続する方法もぜひ試してください。

公開日時 : 2022年06月27日

iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター
iPhone格安SIM通信 編集部 ― ライター

iPhone格安SIM通信のニュース編集部です。通信関連の最新ニュースをお届けします!